分厚いフタが特徴の「ダッチオーブン」。これひとつで焼く・煮る・蒸すなどさまざまな調理が可能なので、アウトドアに持っていけば料理のレパートリーが広がるアイテムです。また、デザイン性にも優れているので、調理後そのまま食卓に出せるなど、自宅でも活躍します。

そこで今回は、おすすめのダッチオーブンをご紹介。種類や選び方、おすすめメーカーも解説していますので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ダッチオーブンとは?

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンとは、分厚い金属製のフタが付いた鍋のことです。フタに炭火を置けば、上側からも加熱できるのが特徴。焼く・煮る・蒸す・炒める・揚げるなど、さまざまな調理ができます。

また、ダッチオーブンはフタが重厚。そのため、一般的な鍋と比べて水蒸気を逃がしにくく、食材が持つ水分をそのまま調理に生かせます。圧力鍋のように旨味をギュッと閉じ込める効果があるので、アウトドアシーンでしっかりと料理を作りたい方におすすめです。

ダッチオーブンの種類

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンには、脚が付いているタイプと付いていないタイプの2種類があります。脚付きはキャンプ用で、薪や炭の上に設置しやすいのがメリット。脚のないタイプは、家庭用のコンロやIHクッキングヒーターでも使えます。アウトドアで使う場合は、重さに耐えるしっかりした五徳や焚火台、あるいは鍋を吊り下げるスタンドが必要。

なお、ダッチオーブンに使われている素材は基本的に鋳鉄製、黒皮鉄板製、ステンレス製の3種類です。

鋳鉄製

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンの素材は、使うほどに油が馴染み、焦げ付きにくくなる鋳鉄製が主流です。長年使用して黒光りするようになったダッチオーブンは”ブラックポット”と呼ばれ、キャンパーの間でも一目置かれています。価格も手頃でコスパに優れているのが魅力です。

ただし、鋳鉄製は非常にサビやすく、洗剤が使えないためお手入れには少々手間が掛かかります。また、使用後の熱いうちに急に水をかけると割れてしまう恐れがあるため、取り扱いには十分注意しましょう。

黒皮鉄板製

By: amazon.co.jp

黒皮鉄板製は、1枚の鉄板を鍋状にプレス成型したタイプです。「黒皮」とは、鉄を1200℃ほどに熱して作り上げた酸化皮膜のことを指し、鋳鉄製よりもサビにくいというメリットがあります。洗剤でゴシゴシ洗えるのでお手入れも簡単です。

人気ブランド「ユニフレーム」のダッチオーブンは、この黒皮鉄板製であることが特徴。他のタイプと比べて価格も手頃な上、メンテナンスしやすいのでダッチオーブン初心者の方におすすめです。

ステンレス製

By: shinfuji.co.jp

ステンレス製は、耐蝕性と耐熱性に優れています。表面に油の膜を作る「シーズニング」作業も不要で、洗剤で洗えるので手入れも簡単です。家庭用の鍋感覚で使えるので初心者にもおすすめ。価格はやや高めですが、使い勝手に優れているのが特徴です。

ダッチオーブンの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

鋳鉄製、黒皮鉄板製、ステンレス製の他にも、遠赤外線効果で料理が美味しく仕上がる「カーボン製」や、強度を高めつつ軽量化も実現した「ダクタイル鋳鉄製」など、新素材も登場しています。新素材は使い勝手がよい分、価格はやや高めです。

本格的にキャンプを楽しみたい方には鋳鉄製、手入れのしやすさで選ぶならステンレス製がおすすめ。また、両者の特性をバランスよく組み合わせたのが黒皮鉄板製です。さまざまな素材の特性を理解した上で、用途にあったモノを選びましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンを選ぶ際に重要なのがサイズです。ダッチオーブンを初めて扱う方は、10インチか12インチがおすすめ。料理を多めに作りたい方には12インチがベスト。目安としては、丸鶏のローストチキンを作る場合に鶏1羽が余裕で収まる大きさです。

一方、それほどの量を要さない方や女性の方は10インチがおすすめ。12インチに食材や水などを入れるとかなりの重量になるので、取り扱いが大変です。また、キッチンコンロに乗せて使うことも考えると、ひとまわり小さい10インチが適しています。

ダッチオーブンのおすすめメーカー

ロッジ(LODGE)

By: lodgemfg.com

鋳鉄製のダッチオーブンなら「ロッジ」がおすすめ。120年を超える歴史を誇る、アメリカの鋳鉄調理器具メーカーです。サイズや形状の種類も豊富で、入門者からベテランまでダッチオーブンを存分に楽しめます。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

黒皮鉄板製のダッチオーブンで有名な「ユニフレーム」。独創的なアウトドアギアで定評のある同ブランドならではの手入れが簡単なダッチオーブンを展開しています。エントリーモデルとしてもおすすめです。

ソト(SOTO)

By: shinfuji.co.jp

「ソト」は、1978年設立の新富士バーナー株式会社によるアウトドア製品ブランド。用途に応じて選べる、さまざまなタイプのステンレス製ダッチオーブンを展開しています。買ってすぐに使えて手入れも簡単なお手軽ダッチオーブンを探している方にぴったりです。

ダッチオーブンのおすすめ人気モデル

ロッジ(LODGE) キャンプオーヴン 12インチ DEEP L12DCO3

ロッジ(LODGE) キャンプオーヴン 12インチ DEEP L12DCO3

多くのキャンパーに愛用されているロッジのダッチオーブンです。素材に蓄熱性が高く保温性に優れた「鋳鉄」を採用しており、一度熱すると食材を入れても冷めにくく一定の温度をキープできるのが特徴。食材への火の当たりが柔らかいため、ムラなく加熱し旨味を引き出します。

また、鋳鉄製はしっかりメンテナンスして使い込むと、油が馴染んで黒光りする「ブラックポット」へと成長します。自分だけのブラックポットに育てる楽しみがあるので本格的にキャンプを楽しみたい方におすすめです。

本製品は面倒なシーズニングの必要がなく、お湯でサッと洗うだけですぐに使用できます。フタは背が高めのフチ付きで炭が乗せやすく上火調理も可能。底面には3本の脚が付いているので安定して置けます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブンスーパーディープ 12インチ 660966

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブンスーパーディープ 12インチ 660966

ロッジと並ぶ人気を誇る「ユニフレーム」の黒皮鉄板製のダッチオーブンです。1枚の鉄板で作られているため熱伝導率が高く、大きな食材もムラなく加熱します。衝撃や急な温度変化を与えても割れにくいタフさを備えているのも魅力です。

また、酸化皮膜である「黒皮」が表面を保護しているため赤サビが生じにくく、家庭用洗剤や金タワシで洗えます。使用前のシーズニングは必要ですが、使用後は洗って油を塗るだけとメンテナンスが簡単なので初心者の方にもおすすめです。

精密な機械加工により本体とフタのかみ合わせがよいのも特徴のひとつ。しっかり密閉することでフタまで熱が伝わり、効率よく食材を加熱できます。焦げ付きを防ぐステンレス製の底網や火力調節の際に便利なステンレス製のスタンド、29種類のメニューを掲載したレシピブックが付属しているのもポイントです。

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン ST-910

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン ST-910

初めての方でも手軽に扱えるオールステンレスのダッチオーブン。丈夫でサビに強いステンレス製のため使用前のシーズニングが不要で、家庭で使う鍋のように洗剤で洗えます。サビやすい鋳鉄製のダッチオーブンとは異なり、残った料理をそのまま保存し再加熱することも可能です。

使用後はサビ防止油を塗る必要がなく調理時に油が浮かないので、ご飯も汁物も美味しく仕上がります。熱伝導率が低く温めに時間がかかりますが、蓄熱性は抜群で一度熱すると冷めにくく少ない火力でも加熱可能です。

また、落下などによる衝撃や急な温度変化に強く割れにくいため長く愛用できるのもポイント。ガスコンロはもちろん、IHにも対応しているのでキャンプだけでなく家庭での使用にもおすすめです。最大5.2Lと容量が大きくホームパーティーなどでも活躍します。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンセット 30cm M-5527

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンセット 30cm M-5527

キャンプの雰囲気にマッチする無骨な鋳鉄製のダッチオーブン。肉厚で重量がありますが、蓄熱量が高く温度が下がりにくいため、ムラなく均一に加熱調理ができます。焼く・煮る・蒸すはもちろん、スモークチーズや一夜干しなど燻製作りも可能です。

本体サイズ直径33×高さ19cm、容量8.3Lと大きく、チキン1羽を丸ごと入れたりブロックの肉を調理したりなど豪快な料理も楽しめます。熱いフタを持ち上げるためのリッドリフターと持ち運びに便利な収納バッグが付属しているのも嬉しいポイントです。

リーズナブルな価格で手に入れやすく、高価なモデルとは異なり気兼ねなく使えるのが魅力。コスパ重視の方や初心者の方におすすめのダッチオーブンです。しっかりメンテナンスを行うと美しいブラックポットへと育つので愛着も湧きます。

コールマン(Coleman) ダッチオーブン SF 10インチ 170-9392

コールマン(Coleman) ダッチオーブン SF 10インチ 170-9392

日本でも広く認知されているアメリカ発のアウトドアブランド「コールマン」のダッチオーブン。初心者からベテランキャンパーまで人気を集めています。植物性オイル仕上げの鋳鉄製で使用前のシーズニングが不要。手間なく使いたいときにすぐに調理できるのが魅力です。

直径25×高さ13cmと4人程度で使うのに最適なサイズでファミリーキャンプにおすすめ。家庭用のガスコンロでも使用可能な脚なしタイプのため、自宅でも圧力をかけた美味しい本格料理が楽しめます。

フタを持ち上げるリッドリフターとコールマンのロゴが入った専用収納ケース付きで使い勝手も携帯性も良好。人気アウトドアブランドながら比較的手が出しやすい価格設定も嬉しいポイントです。

ロゴス(LOGOS) SLダッチオーブン 8インチ 81062228

高品質な製品をリーズナブルな価格で展開する日本のアウトドアブランド「ロゴス」のダッチオーブン。直径20.7×高さ10cm、重さ3.7kgと使いやすいサイズで少人数のキャンプや2台目のダッチオーブンとしておすすめです。

腐食防止に植物性オイルを使用しているため面倒な慣らし作業は不要。サッと丸洗いするだけですぐに調理できます。また、家庭用のガスコンロだけでなくIHにも対応しているので自宅用としてもおすすめ。脚なしタイプで使いやすく、メニューの幅も広がります。

油が染みにくく丈夫なポリエステル素材のおしゃれなキャリーバッグが付属しているのも嬉しいポイントです。本製品は8インチですが10インチ・12インチも展開しているので、人数に合わせて適したサイズが選べます。

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン 26 CS-520

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン 26 CS-520

「金物の町」として知られる新潟県燕三条の職人技術が詰まったスノーピークのダッチオーブン。「燕三条極薄鋳鉄」とも呼ばれ海外からも注目されている逸品です。調理性能を損なわずに最薄部約2.25mmの薄さと総重量7.9kgの軽さを実現しています。

リッド・スキレット・本体の3点セットでスタッキングしてすっきり収納できるのが魅力。リッド+スキレットやリッド+ポットの使い方はもちろん、スキレットを逆さにしてポットと組み合わせれば、丸鶏1羽を調理することも可能です。IHに対応しているので自宅用としても使用できます。

フタは深めのフチ付きで炭が乗せやすく、左右にはリフターに対応した持ち手を装備。本体には持ち運びや吊り下げに便利なハンドルを備えています。他製品にはない丸みを帯びた和風のデザインも魅力のひとつ。やや高価ですがこだわりの逸品を求めている方におすすめです。

ペトロマックス(Petromax) ダッチオーブン ft1t

ペトロマックス(Petromax) ダッチオーブン ft1t

無骨で男前なアイテムを多数展開するドイツ発の老舗灯油ランタンブランド「ペトロマックス」のダッチオーブンです。サイズが20×17×11.5cm、容量1.7Lの大きさでソロキャンプやデュオキャンプにおすすめ。重さ約2.8kgと軽く持ち運びも便利です。

高品質な鋳鉄製でゆっくり加熱し、食材の美味しさを最大限に引き出します。旧モデルでは底面に脚が付いていましたが、現行モデルはフラットに仕上がっているので安定感は抜群。フタを置いた際に脚になる突起が付いているのもポイントです。

本製品は最小サイズですが、ペトロマックスは全7サイズと豊富に展開しているので、使用人数や用途に合わせて選べます。他製品にはない、かっこいいデザインのフタも魅力です。

ダッチオーブンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ダッチオーブンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ダッチオーブンを使った人気レシピ

ローストビーフ

パーティーのオードブルやおせち料理で人気のローストビーフ。酒の肴としてもサンドイッチの具としても使え、みんなに喜ばれるメニューです。そんなローストビーフは、ダッチオーブンを使えば簡単に調理できます。

作り方はとても簡単。常温に戻した牛ロースに塩コショウを手でよくすりこんで、油を引いたダッチオーブンで焼きます。表面全体に焼き色がついたら取り出して、さらに底網の上で30分ほどロースト。フォークを刺して好みの焼き色になっていたら、火から外します。その後アルミホイルで包んで15分ほど休ませると出来上がり。ホースラディッシュや柚子胡椒、マスタードなどを添えるのが一般的です。

ローストチキン

By: amazon.co.jp

丸鶏を使ったローストチキンは見た目も豪華。チキンや野菜の旨味とハーブの香りが食欲をそそる、ダッチオーブン料理の中でも人気の高いメニューです。

下ごしらえに時間がかかるので、キャンプで作るなら自宅で準備しておくとよいでしょう。丸鶏は内臓を取り除いてきれいに洗い、塩とニンニクを全体にすりこんでおきます。カットした野菜をローズマリーやイタリアンパセリなどのハーブとともに丸鶏の中に詰め、丸鶏のおなかを楊枝でとめて両足をタコ糸で縛ったら、スタッフドチキンの出来上がり。

アルミホイルの上に丸鶏を乗せ、その表面とダッチオーブンの底網にオリーブオイルを塗って焼き始めます。丸鶏の周りに野菜を敷くとよいでしょう。焼き時間は1時間30分ほど。余熱でさらに30分加熱するのがポイントです。

ラムのトマト煮

By: captainstag.net

キャンプ料理らしいラムのトマト煮も、ダッチオーブンで簡単に調理できるメニューです。塩コショウしたラムチョップの表面に火を入れて、いったん取り出します。次にタマネギやニンジンやセロリなどを小さく切って炒めたら、ラムチョップを戻してホールトマトやワイン、そしてひたひたの水で1時間程度蒸し煮にするだけ。最後に塩コショウで味を整えます。