分厚いフタが特徴の「ダッチオーブン」。これひとつで焼く・煮る・蒸すなどさまざまな調理が可能で、アウトドアに持っていけば料理のレパートリーが広がる便利なアイテムです。調理後、そのまま食卓に出せるデザイン性の高さも魅力で、自宅でも活躍します。

そこで今回は、おすすめのダッチオーブンをご紹介。種類や選び方についても解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ダッチオーブンとは?

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンとは、分厚い金属製の鍋で、炭火を載せられるように平らなフタにフチが付いたモノです。もともとはアメリカの西部開拓時代に使用されていた伝統的な調理道具。諸説ありますが「ダッチ」と呼ばれていたオランダの商人が売っていたため、その名が付いたと言われています。

「万能鍋」とも呼ばれており、焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げる・燻すなど、1台で幅広い調理に対応できるのが魅力です。炭火を載せればオーブンのように上下から同時に加熱できるので、ローストチキンやピザなどを焼くのにもおすすめ。フタが平らなため、ひっくり返してフライパンのように使えるほか、鍋を重ねて調理することも可能です。

また、フタが重く密閉性が高いため食材から出た水蒸気を逃しにくく、圧力鍋のように旨味をギュッと凝縮した美味しい料理が仕上がります。水を加えなくても食材から出た水分で調理する「無水調理」ができるのもダッチオーブンの特徴です。

ダッチオーブンの種類

鋳鉄製

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンの素材として主流となっているのが鋳鉄製。高温で溶かした鋳鉄を鍋状の型に流し込んで作られたモノで、他素材に比べて厚く重量があり、蓄熱性と保温性に優れているのが特徴です。食材をムラなく加熱できるのはもちろん、素材から出る水分を利用した「無水調理」も可能。旨味が凝縮した美味しい料理が仕上がります。

ただし、鋳鉄製のダッチオーブンは「シーズニング」という慣らし作業が必要です。製品の多くは出荷時にサビ防止用のワックスなどが塗られているため、使用前に落として表面を油でコーティングします。少しでも手間を減らしたい方はシーズニング不要のモデルがおすすめです。

鋳鉄製はサビやすく洗剤が使えないため毎回メンテナンスが欠かせないものの、アウトドアの醍醐味として愛好家から人気。しっかりメンテナンスすることで長持ちし、「ブラックポット」と呼ばれる黒く光るダッチオーブンへと育ちます。育てる楽しみがあるのも鋳鉄製ならではのメリットです。

黒皮鉄板製

By: amazon.co.jp

黒皮鉄板製のダッチオーブンは、製造工程中に鉄を約1200℃の高温で加熱した際に作られた、「黒皮」と呼ばれる「酸化皮膜」に守られているのが大きな特徴。酸化皮膜は表面が酸化して生成されているため、洗剤や金タワシでゴシゴシ洗っても表面が劣化しにくいことが魅力です。

赤サビが発生しにくいといったメリットもありますが、酸化皮膜で保護されているとはいえ完全なサビ防止ではないのでメンテナンスは欠かせません。使用後は洗って乾かし油を塗りましょう。使い始めはサビ止め用のワックスが塗られているため、シーズニングが必要です。

また、1枚の鉄板をプレス成型して作られており、衝撃や急な温度変化に強いタフさを備えているのも黒皮鉄板製のメリット。業務用の中華鍋やフライパンなどにも使用されている素材で、油なじみがよく熱伝導率が高いのも特徴のひとつです。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

鋳鉄製や黒皮鉄板製に比べて圧倒的に扱いやすいのがステンレス製のダッチオーブンです。使用前のシーズニングや調理後に油をなじませるなど特別なメンテナンスが必要ないことも魅力。食器用洗剤で洗うだけとお手入れが簡単なので、手間を省きたい方や初心者におすすめです。

また、ステンレスはサビに強いのが特徴。余った料理をタッパーや皿に移し替える必要がなく、料理を入れたまま保管でき、そのまま再加熱できます。家庭用のガスコンロはもちろん、IHヒーターや電気プレートなど多くの熱源に対応しているため、自宅でもダッチオーブン料理を楽しめるのが魅力です。

ダッチオーブンの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

鋳鉄製・黒皮鉄板製・ステンレス製のほかにも、遠赤外線効果で料理が美味しく仕上がる「カーボン製」や、強度を高めつつ軽量化も実現した「ダクタイル鋳鉄製」など、新素材も登場しています。新素材は使い勝手がよいぶん、価格はやや高めです。

本格的にキャンプを楽しみたい方には鋳鉄製、お手入れのしやすさで選ぶならステンレス製がおすすめ。両者の特性をバランスよく組み合わせたのが黒皮鉄板製です。さまざまな素材の特性を理解したうえで、用途にあったモノを選びましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンを選ぶ際に重要なのがサイズです。ダッチオーブンを初めて扱う方は、10インチか12インチがおすすめ。料理を多めに作りたい方には12インチがベスト。目安としては、ローストチキンを作る場合に丸鶏1羽が余裕で収まる大きさです。

一方、それほどの量を要さない方は10インチがおすすめ。12インチに食材や水などを入れるとかなりの重量になるので、取り扱いが大変です。また、キッチンコンロに乗せて使うことも考えると、ひとまわり小さい10インチが適しています。

ダッチオーブンのおすすめメーカー

ロッジ(LODGE)

By: lodgemfg.com

鋳鉄製のダッチオーブンなら、120年超の歴史を誇るアメリカの鋳鉄調理器具メーカー「ロッジ」がおすすめ。サイズや形状の種類も豊富で、入門者からベテランまでダッチオーブンを存分に楽しめます。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

黒皮鉄板製のダッチオーブンで有名な「ユニフレーム」。独創的なアウトドアギアで定評のある同ブランドならではの、お手入れが簡単なダッチオーブンを展開しています。エントリーモデルとしてもおすすめです。

ソト(SOTO)

By: shinfuji.co.jp

「ソト」は、1978年設立の新富士バーナー株式会社によるアウトドア製品ブランド。用途に応じて選べる、さまざまなタイプのステンレス製ダッチオーブンを展開しています。買ってすぐに使えてお手入れも簡単なお手軽ダッチオーブンを探している方にぴったりです。

ダッチオーブンのおすすめ人気モデル

ロッジ(LODGE) キッチンダッチオーブン L8DO3

ロッジ(LODGE) ロジック10.25インチ キッチンダッチオーブン L8DO3

ロッジの鋳鉄製ダッチオーブンです。煮る・焼く・炒める・蒸すなどのさまざま料理を1台でこなします。使用するにつれて黒光りして味わいが出てくる「ブラックポット」への変化を楽しめるため、長年にわたって愛用できるモデルを探している方におすすめです。

また、シーズニング済みなので、面倒な手間がいらないのもポイント。使用後は洗剤を使用せずにお湯で洗い、オリーブオイルを塗っておくだけで済むためお手入れも簡単です。重さは約5.1kgで容量4.7L。じっくりと時間をかけて煮込み料理を楽しみたいシーンにも適しています。

ロッジ(LODGE) サービングポット L2SP3

ロッジ(LODGE) サービングポット L2SP3 2qt

厚さ5mmの鋳鉄を使用したサービングポットです。出荷前に大豆油でシーズニングされているので、面倒な慣らし作業は必要ありません。ハンドルが備わっており、両手で安定して持ち運びできます。

内径20×深さ7cm、重量約2.9kgと軽量コンパクトです。電子レンジでは使用できませんが、IHクッキングヒーターやオーブンなど幅広い調理器具に対応しています。また、食器洗浄機で洗えるのもポイント。2〜3人程度の調理をする時に便利なダッチオーブンです。

ロッジ(LODGE) ダブルダッチオーヴン 10+1/4インチ L8DD3

ロッジ(LODGE) ダブルダッチオーヴン 10+1/4インチ

ファミリーキャンプで使いやすい、10+1/4インチサイズのダッチオーブン。素材は5mm厚の鋳鉄です。調理時に温度のムラが少なく、食材を入れても温度が下がりにくいのがメリット。初心者でも調理しやすいダッチオーブンです。

本体の大きさはおよそ内径26×深さ11cm。重量は約5.7kgです。フタをしっかりと閉じれば、調理中に圧力がかかるため、無水調理も可能です。なお、フタも深型なので、フライパンとしても使えます。

シーズニング不要でIHクッキングヒーターにも対応。本体底面には脚がなく、キッチンでの使い勝手が良好です。表面がコーティングされているため、長年使い込んだような風格も魅力。トータルバランスに優れたダッチオーブンです。

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン 12インチ ST-912

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン 12インチ ST-912

蓄熱性が高い4mm厚オールステンレス素材を用いたダッチオーブンです。サビや衝撃に強く、シーズニングも不要なので、手入れが簡単。IHクッキングヒーターをはじめガスコンロ・電気プレート・ハロゲンヒーターなど、さまざまな熱源に対応しており、家庭のキッチンでも使いやすいのがポイントです。

12インチサイズで、外形寸法幅41×奥行32×高さ16cm、重量約7kg。満水容量が8.2Lのビッグサイズです。丸鶏を使ったローストチキンやカレーを作りやすいのがメリット。ファミリーキャンプにおすすめの大型ダッチオーブンです。

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン ST-908

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン ST-908

4mm厚のオールステンレスを採用したダッチオーブンです。使用前のシーズニングや、調理後に油をなじませるなどの手間がないのが特徴。手軽にダッチオーブンを使用したい方におすすめです。

衝撃やサビに強いのもポイント。鋳鉄製と異なり落としても割れないので、扱いに気を使う必要もありません。フタの取っ手部は十字型になっており、菜箸や棒を差し込んでフタを開けられるため便利です。

8インチの軽量コンパクトなタイプなので、2~4人程度のキャンプでダッチオーブン料理を楽しみたい場合に活躍します。また、IHヒーターに対応しているのも魅力です。

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン 10インチハーフ ST-910HF

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン 10インチハーフ ST-910HF

サイズが外径37×高さ11cmと浅型の10インチダッチオーブンです。ハンバーグやカレーなどの料理を作るときに、じっくりと加熱できるのがポイント。また、持ち運びや収納の際も便利です。素材は衝撃に強いステンレスを採用しており、IHクッキングヒーターにも対応しています。

フタはフライパンとしても利用可能です。さらに、ステンレス製底網が付属しているので、焦げやすい食材の調理や蒸し料理も簡単。家庭のキッチンでも使いやすいダッチオーブンです。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFダッチオーブン10インチ 660942

ユニフレーム(UNIFLAME) UFダッチオーブン10インチ 660942

厚さ4.5mmの黒皮鉄板を用いた、10インチダッチオーブンです。1枚の鉄板から作られており、熱伝導性が高く、全体がムラなく加熱されます。また、衝撃や熱変化、サビに強いのがメリット。さらに、家庭用洗剤や金タワシで洗っても表面が剥がれにくいので、手入れも簡単です。

サイズは内径26×深さ約11cm、満水容量は約5L。1~7合の炊飯に対応しており、ファミリーキャンプやグループキャンプで使いやすいサイズです。重量は約5.8kg。本体底面は脚がないので、ツインバーナーやキッチンで使いやすいのもポイントです。IH調理器具にも対応しています。なお、クリアラッカー焼付塗装が施されており、シーズニングが必要なことは考慮しておきましょう。

ペトロマックス(Petromax) ダッチオーブン ft12-t 14L 12722

ペトロマックス(Petromax) ダッチオーブン ft12-t 14L 12722

重厚なデザインが魅力のペトロマックス製ダッチオーブン。素材は鋳鉄を採用しており、熱をじっくり伝えます。そのため、食材本来の旨味を引き出せるのがメリットです。

本体サイズは径39×深さ20cm、重量14.7kg。約14Lと大容量なので、一度に大量の料理ができます。大人数でのキャンプなどで使う、本格的ダッチオーブンを探している方におすすめのモデルです。

ペトロマックス(Petromax) ダッチオーブン 12736

ペトロマックス(Petromax) ダッチオーブン  1.04L12736

本体サイズ直径20×高さ11.5cm、重さ約2.8kgの小型ダッチオーブンです。容量1.7Lと少量の調理に適しているほか、持ち運びに便利なハンドルも付属しているのが特徴。ソロキャンプやツーリングキャンプで使用したい場合におすすめのモデルです。

鋳鉄製のダッチオーブンで食材本来の旨味を最大限引き出してくれるため、じっくりと調理する煮込み料理に最適。また、本製品はシーズニング済みなので、購入後すぐ使用できるのもポイントです。1人用鍋として、自宅で使用するのにも適しています。

コールマン(Coleman) ダッチオーブン 170-9392

コールマン(Coleman) ダッチオーブン10インチ 170-9392

老舗アウトドアブランド「コールマン」のダッチオーブンです。大きさは10インチと扱いやすいサイズ。脚のないタイプなので、ファミリーキャンプのほか、日常使いにもおすすめのモデルです。植物性オイル仕上げで腐食防止ワックスを使用していないため、シーズニング不要ですぐに使えます。

保管や持ち運びに便利な専用ケースのほか、熱くなったフタを取る際に便利なリッドリフターも付属。コスパのよさも魅力的なアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ココット ダッチオーブン UG-3040

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ココット ダッチオーブン UG-3040

キャプテンスタッグのリーズナブルなダッチオーブンです。本体の内径18cm、高さ13cm。重量約3kg、容量1.6Lとコンパクトなので、1〜2人用としておすすめです。鋳物製で均一に熱を伝えられるのがメリット。オーブン料理に適していますが、煮る・蒸す・焼くなどさまざまな調理にも使えます。

面倒なシーズニングは不要。食器用洗剤で洗った後、油を塗るだけで調理を始められます。IHクッキングヒーターやオーブンにも対応しており、多彩な料理を作りたい方におすすめのダッチオーブンです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ビギナーセット 鋳鉄製 6点セット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ビギナーセット 鋳鉄製 6点セット

コスパに優れたアウトドア用品を販売していることで人気の「キャプテンスタッグ」のダッチオーブン。鋳鉄製の本体にくわえて、ダッチオーブンスタンドやレザーグローブ、リッドリフターなど6点がセットになっています。レシビ本も付属しており、はじめてダッチオーブンを使用する方におすすめです。

また、専用の収納袋も付属しているため、持ち運びしやすいのもポイント。鋳鉄製のダッチオーブンならではの、味わいのある雰囲気を楽しみたい方に最適なモデルです。

ロゴス(LOGOS) SLダッチオーブン

ロゴス(LOGOS) SLダッチオーブン

幅28.5×高さ15.5cm、重さ約5.5kgの10インチダッチオーブン。扱いやすいサイズなので、ファミリーキャンプに最適なモデルです。別売りの「焚き火ピラミッドグリル」を使用すれば、焚き火をしながら吊るすことが可能。ワイルドで本格的なアウトドア料理を楽しみたい方におすすめです。

IHヒーターに対応しているため、自宅での毎日の料理に活用できるのもポイント。脚がないので、ガスコンロにかけることも可能です。出荷時に防サビ剤を使用せず、植物性オイルでコーディングしているため、面倒なシーズニングは不要。1度丸洗いすればすぐに使用できるので便利です。

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン 26 CS-520

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン 26 CS-520

フタとポットに加えて、スキレット(フライパン)も重ねて使えるスノーピークのユニークなダッチオーブンです。カレーやご飯ならフタとポット、フタとスキレットを使えば、浅くても調理できるハンバーグや焼き魚の際に便利です。さらに、スキレットを逆さにしてポットに載せれば底が深くなるため、ローストチキンも調理できます。

素材は、電気炉で1500℃の高温で製造された鋳鉄。強靭性に優れているうえに、鋳鉄製ダッチオーブンとしては薄くて軽いのが特徴です。満水容量はスキレットが2.5L、ポット5.3L。実用性が高い、おすすめのダッチオーブンです。

バンドック(BUNDOK) ダッチオーブン BD-381

バンドック(BUNDOK) ダッチオーブン BD-381

コストパフォーマンスに優れた鋳鉄製のダッチオーブンです。サイズは内径24×深さ9.5cm。容量が4.2Lと大きいので、5〜6人分の料理も調理できます。重量は5.4kg。なお、使う前にはシーズニングが必要です。

底面に脚がなく平らなので、バーナーなどでも使いやすいのもポイント。リーズナブルながらリッドリフターも付属しています。シチューやローストチキンなどをたっぷり作れる、安価なダッチオーブンを探している方におすすめのモデルです。

チャムス(CHUMS) ダッチオーブン CH62-1217

チャムス(CHUMS) ダッチオーブン CH62-1217

フタにチャムスのブランドキャラクター「ブービーバード」の足跡をあしらった、かわいらしいデザインが特徴的なダッチオーブンです。鋳鉄製ながらシーズニング不要なのがポイント。面倒な手間を省きたい方におすすめです。

サイズは内径24.4×高さ13.5cm、重さは約7kg。フタはフラットな形状を採用しているため、フタの上に炭を置いて上下から加熱するなど、本格的なダッチオーブン料理が楽しめるモデルです。

及源 南部鉄器 クックトップ CT-4

及源 南部鉄器 クックトップ CT-4

鉄のクラフト作家として有名な、廣瀬慎氏がデザインした鋳鉄製のダッチオーブンです。日本で古くから使われている南部鉄器を採用しているほか、フタに蒸気穴を設けているのが特徴。煮る・炊く・焼く・蒸すなど、さまざまな料理に対応できるモデルです。

容量2.1Lとコンパクトなので、ソロキャンプのほか、少人数のキャンプで鍋を囲む際にもおすすめ。厚みのあるしっかりとしたつくりで、直火だけでなく、IHヒーターやオーブンでも使えます。

ダッチオーブンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ダッチオーブンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ダッチオーブンを使った人気レシピ

ローストビーフ

パーティーのオードブルやおせち料理で人気のローストビーフ。酒の肴としてもサンドイッチの具としても使え、みんなに喜ばれるメニューです。そんなローストビーフは、ダッチオーブンを使えば簡単に調理できます。

作り方はとても簡単。常温に戻した牛ロースに塩コショウを手でよくすりこんで、油を引いたダッチオーブンで焼きます。表面全体に焼き色がついたら取り出して、さらに底網の上で30分ほどロースト。フォークを刺して好みの焼き色になっていたら、火から外します。

その後、アルミホイルで包んで15分ほど休ませたらできあがり。ホースラディッシュや柚子胡椒、マスタードなどを添えて食べるのがおすすめです。

ローストチキン

By: amazon.co.jp

丸鶏を使ったローストチキンは見た目も豪華。チキンや野菜の旨みとハーブの香りが食欲をそそる、ダッチオーブン料理のなかでも人気の高いメニューです。

下ごしらえに時間がかかるので、キャンプで作るなら自宅で準備しておきましょう。丸鶏は内臓を取り除いてきれいに洗い、塩とニンニクを全体にすりこんでおきます。カットした野菜をローズマリーやイタリアンパセリなどのハーブとともに丸鶏の中に詰め、丸鶏のおなかを楊枝でとめて両足をタコ糸で縛ったら、スタッフドチキンのできあがり。

アルミホイルの上に丸鶏を乗せ、その表面とダッチオーブンの底網にオリーブオイルを塗って焼き始めます。丸鶏の周りに野菜を敷くとよいでしょう。焼き時間は1時間30分ほど。余熱でさらに30分加熱するのがポイントです。

ラムのトマト煮

By: captainstag.net

キャンプ料理らしいラムのトマト煮も、ダッチオーブンで簡単に調理できるメニューです。

塩コショウしたラムチョップの表面に火を入れて、いったん取り出します。次にタマネギやニンジンやセロリなどを小さく切って炒めたら、ラムチョップを戻してホールトマトやワイン、そしてひたひたの水で1時間程度蒸し煮にするだけです。最後に塩コショウで味を整えます。