分厚いフタが特徴の「ダッチオーブン」。これひとつで焼く・煮る・蒸すなどさまざまな調理が可能で、アウトドアに持っていけば料理のレパートリーが広がる便利なアイテムです。調理後、そのまま食卓に出せるデザイン性の高さも魅力で、自宅でも活躍します。

そこで今回は、おすすめのダッチオーブンをご紹介。種類や選び方についても解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ダッチオーブンとは?

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンとは、分厚い金属製の鍋で、炭火を載せられるように平らなフタにフチが付いたモノです。もともとはアメリカの西部開拓時代に使用されていた伝統的な調理道具。諸説ありますが「ダッチ」と呼ばれていたオランダの商人が売っていたため、その名が付いたと言われています。

「万能鍋」とも呼ばれており、焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げる・燻すなど、1台で幅広い調理に対応できるのが魅力です。炭火を載せればオーブンのように上下から同時に加熱できるので、ローストチキンやピザなどを焼くのにもおすすめ。フタが平らなため、ひっくり返してフライパンのように使えるほか、鍋を重ねて調理することも可能です。

また、フタが重く密閉性が高いため食材から出た水蒸気を逃しにくく、圧力鍋のように旨味をギュッと凝縮した美味しい料理が仕上がります。水を加えなくても食材から出た水分で調理する「無水調理」ができるのもダッチオーブンの特徴です。

ダッチオーブンの種類

鋳鉄製

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンの素材として主流となっているのが鋳鉄製。高温で溶かした鋳鉄を鍋状の型に流し込んで作られたモノで、他素材に比べて厚く重量があり、蓄熱性・保温性に優れているのが特徴です。食材をムラなく加熱できるのはもちろん、素材から出る水分を利用した「無水調理」も可能。旨味が凝縮した美味しい料理が仕上がります。

ただし、鋳鉄製のダッチオーブンは「シーズニング」という慣らし作業が必要です。製品の多くは出荷時にサビ防止用のワックスなどが塗られているため、使用前に落として表面を油でコーティングします。少しでも手間を減らしたい方はシーズニング不要のモデルがおすすめです。

鋳鉄製はサビやすく洗剤が使えないため毎回メンテナンスが欠かせないものの、アウトドアの醍醐味として愛好家から人気。しっかりメンテナンスすることで長持ちし、「ブラックポット」と呼ばれる黒く光るダッチオーブンへと育ちます。育てる楽しみがあるのも鋳鉄製ならではのメリットです。

黒皮鉄板製

By: amazon.co.jp

黒皮鉄板製のダッチオーブンは、製造工程中に鉄を約1200℃の高温で加熱した際に作られた、「黒皮」と呼ばれる「酸化皮膜」に守られているのが大きな特徴。酸化皮膜は表面が酸化して生成されているため、洗剤や金タワシでゴシゴシ洗っても表面が劣化しにくいことが魅力です。

赤サビが発生しにくいといったメリットもありますが、酸化皮膜で保護されているとはいえ完全なサビ防止ではないのでメンテナンスは欠かせません。使用後は洗って乾かし油を塗りましょう。使い始めはサビ止め用のワックスが塗られているため、シーズニングが必要です。

また、1枚の鉄板をプレス成型して作られており、衝撃や急な温度変化に強いタフさを備えているのも黒皮鉄板製のメリット。業務用の中華鍋やフライパンなどにも使用されている素材で、油なじみがよく熱伝導率が高いのも特徴のひとつです。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

鋳鉄製や黒皮鉄板製に比べて圧倒的に扱いやすいのがステンレス製のダッチオーブンです。使用前のシーズニングや調理後に油をなじませるなど特別なメンテナンスが必要ないことも魅力。食器用洗剤で洗うだけとお手入れが簡単なので、手間を省きたい方や初心者におすすめです。

また、ステンレスはサビに強いのが特徴。余った料理をタッパーや皿に移し替える必要がなく、料理を入れたまま保管でき、そのまま再加熱できます。家庭用のガスコンロはもちろん、IHヒーターや電気プレートなど多くの熱源に対応しているため、自宅でもダッチオーブン料理を楽しめるのが魅力です。

ダッチオーブンの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

鋳鉄製・黒皮鉄板製・ステンレス製のほかにも、遠赤外線効果で料理が美味しく仕上がる「カーボン製」や、強度を高めつつ軽量化も実現した「ダクタイル鋳鉄製」など、新素材も登場しています。新素材は使い勝手がよい分、価格はやや高めです。

本格的にキャンプを楽しみたい方には鋳鉄製、お手入れのしやすさで選ぶならステンレス製がおすすめ。両者の特性をバランスよく組み合わせたのが黒皮鉄板製です。さまざまな素材の特性を理解した上で、用途にあったモノを選びましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンを選ぶ際に重要なのがサイズです。ダッチオーブンを初めて扱う方は、10インチか12インチがおすすめ。料理を多めに作りたい方には12インチがベスト。目安としては、ローストチキンを作る場合に丸鶏1羽が余裕で収まる大きさです。

一方、それほどの量を要さない方は10インチがおすすめ。12インチに食材や水などを入れるとかなりの重量になるので、取り扱いが大変です。また、キッチンコンロに乗せて使うことも考えると、ひとまわり小さい10インチが適しています。

ダッチオーブンのおすすめメーカー

ロッジ(LODGE)

By: lodgemfg.com

鋳鉄製のダッチオーブンなら、120年を超える歴史を誇るアメリカの鋳鉄調理器具メーカー「ロッジ」がおすすめ。サイズや形状の種類も豊富で、入門者からベテランまでダッチオーブンを存分に楽しめます。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

黒皮鉄板製のダッチオーブンで有名な「ユニフレーム」。独創的なアウトドアギアで定評のある同ブランドならではのお手入れが簡単なダッチオーブンを展開しています。エントリーモデルとしてもおすすめです。

ソト(SOTO)

By: shinfuji.co.jp

「ソト」は、1978年設立の新富士バーナー株式会社によるアウトドア製品ブランド。用途に応じて選べる、さまざまなタイプのステンレス製ダッチオーブンを展開しています。買ってすぐに使えてお手入れも簡単なお手軽ダッチオーブンを探している方にぴったりです。

ダッチオーブンのおすすめ人気モデル

ロッジ(LODGE)キッチンオーヴン10 1/4インチ

使い勝手のよいロッジのダッチオーブン。シーズニングを終えた状態で出荷されるので慣らしの必要がありません。使用後もお湯で洗って乾かし、オリーブオイルを塗るだけとお手入れも簡単です。フタは同メーカーの「ロジックスキレット」と共用できます。使い込んでいくうちに黒光りしてくる「ブラックポット」に変化する過程が楽しめるのもポイントです。

また、サイズがおよそ内径26×深さ10cm、重量6.1kgと非常に使いやすいサイズなのも魅力。丸鶏粥や牛スジの煮込みなど、じっくり時間をかけて煮込みたい料理に適したダッチオーブンです。

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン 8インチ ST-908

素材にステンレスを使用したダッチオーブン。4mm厚のステンレスを採用し、耐衝撃性と蓄熱性を兼ね備えています。面倒なシーズニングが不要で錆びにくく、お手入れが簡単。直火はもちろん、IHやハロゲンヒーター、電気プレートなどでも使用できます。

本体にはハンドルのほかに左右に持ち手が付属。フタの取っ手は十字型になっており、菜箸や棒などを差し込んで開閉できる便利な構造になっています。

大きさは内径20.6×深さ9cmで重量が3.5kgと、ダッチオーブンのなかでは比較的軽量サイズ。コンパクトで持ち運びしやすくアウトドアに最適なモデルです。容量は2.6Lなので、2人~4人ほどの料理に向いています。付属の底網を使えば温野菜や蒸し料理も調理可能です。

ペトロマックス(Petromax) ダッチオーブン

ペトロマックスの鋳鉄製シリーズのなかでもコンパクトなモデルです。直径18cm、深さ11.5cmとコンパクトな上、容量は1.04Lなのでソロキャンプやツーリングキャンプに向いています。サイズが小さいのでお手入れもしやすく、持ち運びや収納にも便利。また、ハンドルと取っ手が付いており、小さくても使いやすいのが特徴です。

鋳鉄製のため、熱をじっくりと食材に伝えることで旨みを引き出します。シーズニングされた状態で出荷されるので届いたその日からすぐに使用可能。サイズ違いの2個目として、既にダッチオーブンを持っている方にもおすすめの製品です。

コールマン(Coleman) ダッチオーブン10インチ

多くのキャンパーから愛されているコールマンのダッチオーブンです。植物性のオイルで仕上げているためシーズニングは不要です。鋳鉄製なので、自分で使い込み育てていく楽しさがあります。

本製品は、専用ケースとリッドリフターが付属。特にリフターが付属している製品は少ないため、コストパフォーマンスにも優れているのが魅力です。

サイズは内径23.5×深さ11cm、重量は6kgとファミリーキャンプに適しています。子供と一緒にパンを焼いたり、ローストビーフなどを作ったりして料理の楽しさを味わうのもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) SLダッチオーブン

IHヒーターに対応しており、家庭でも毎日の料理に使用できるダッチオーブン。ワックスを使わず植物性のオイルで仕上げてあるため、シーズニングの必要がありません。

シンプルでどことなくレトロ感が漂うデザインは、キャンプだけでなく囲炉裏など和の雰囲気にも馴染みます。また、大きなロゴマークがプリントされた専用のキャリーバッグが付属されています。

内径23.7×深さ10.5cm、重量は約5.5kgとファミリーキャンプに適したサイズです。別売りの焚き火ピラミッドグリルを使用することで、焚き火をしながら調理することもできるので、より本格的なアウトドアを楽しみたい方はチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンビギナーセット

コストパフォーマンスに優れたキャンプ道具を販売しているキャプテンスタッグのダッチオーブン。本製品はシーズニング処理をしていないため、自分で一から育てる楽しみを味わえるという醍醐味があります。

ビギナーでも使いやすいように、本体のほかにリッドリフターやオーブンスタンドなどが付属。煮る・蒸す・炊くはもちろん、フタの上で焼き料理もでき、オーブンや燻製器としても使えます。購入しやすい価格帯で、ダッチオーブンを初めて購入する方や試してみたい方におすすめのセットです。

エリッゼ(ELLISSE) TSBBQ ライトステンレス ダッチオーブン

金属加工産業が盛んな新潟県燕市で作られた製品です。ステンレスとアルミの三層鋼を採用しており、鋳鉄製と比べ重量が約30%も軽量化されています。表面はステンレスなのでシーズニングが不要な上、錆びにくいのが特徴。さらに、中央にアルミを挟むことで熱伝導率がアップし、フタ部分まで素早く温まります。

直火・IH・ハロゲンヒーター・シーズヒーターなど、さまざまな熱源に対応しているのもポイント。

内径は25.5cmとやや大きめです。持ち運びのハンドルは、使う人の用途に合わせ着脱が可能。また、食材の栄養分や旨みを逃さない無水料理もできます。吹きこぼれにくい形状と美しい鏡面加工も魅力のダッチオーブンです。

スノーピーク(snow peak) コロダッチ カプセル CS-502

細長い形状が特徴的なスノーピークのダッチオーブン。新潟県の燕三条地区で作られています。素材に極薄の鋳鉄を採用し、蓄熱性・熱伝導率性・耐衝撃性の優れているのが特徴。

内寸28.2×深さ9cm、重量は1.9kgと軽量コンパクトながら、トウモロコシが丸ごと1本入るサイズなので、ソロキャンプにも重宝します。フタには取っ手が付いていませんが、同メーカーから専用のリフターが販売されています。

縦長の形状を生かして手羽先や餃子などをきれいに並べて入れたり、丸いパンを並べて入れたりしてもおしゃれ。焼き秋刀魚や焼きバナナにもおすすめのダッチオーブンです。

チャムス(CHUMS) ダッチオーブン CH62-1217

ブランドのロゴマークがあしらわれたおしゃれなチャムスの製品。フタにはブービーバードの足跡があしらわれています。鋳鉄製なので、ブラックポットになるまで育てたいという方におすすめ。また、焚き火で使いやすいよう3本脚が付いているのもポイントです。

サイズは、内径24.4cm×深さ13cm、重量7kg、容量が4L。チャムスのロゴがしっかりとプリントされたキャリーケースも付属しています。フタはフラットな形状なので、焼いた石や熱した炭を置いて上下から熱する料理ができます。サツマイモやピザを焼いたり、フタの足跡を活かしてパンケーキを焼いたりするのもおすすめです。

及源(OIGEN) 南部鉄器 クックトップ

日本で古くから使われている鉄器、南部鉄器を採用したダッチオーブン。金属造型作家の廣瀬慎氏がデザインした製品です。フタには開閉式の蒸気抜きが施され、煮る・炊く・焼く・蒸すなどさまざまな調理法に対応。ほかとは違った製品を探している方におすすめです。

サイズは内径19×深さ8.7cm、重量が2kg、容量2Lの比較的コンパクトなサイズなので、ソロキャンプやツーリングなどに適しています。熱をムラなく伝える鉄鍋で、和洋問わず美味しい煮込み料理を作りたい方におすすめです。

ダッチオーブンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ダッチオーブンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ダッチオーブンを使った人気レシピ

ローストビーフ

パーティーのオードブルやおせち料理で人気のローストビーフ。酒の肴としてもサンドイッチの具としても使え、みんなに喜ばれるメニューです。そんなローストビーフは、ダッチオーブンを使えば簡単に調理できます。

作り方はとても簡単。常温に戻した牛ロースに塩コショウを手でよくすりこんで、油を引いたダッチオーブンで焼きます。表面全体に焼き色がついたら取り出して、さらに底網の上で30分ほどロースト。フォークを刺して好みの焼き色になっていたら、火から外します。その後、アルミホイルで包んで15分ほど休ませると出来上がり。ホースラディッシュや柚子胡椒、マスタードなどを添えるのが一般的です。

ローストチキン

By: amazon.co.jp

丸鶏を使ったローストチキンは見た目も豪華。チキンや野菜の旨みとハーブの香りが食欲をそそる、ダッチオーブン料理のなかでも人気の高いメニューです。

下ごしらえに時間がかかるので、キャンプで作るなら自宅で準備しておくとよいでしょう。丸鶏は内臓を取り除いてきれいに洗い、塩とニンニクを全体にすりこんでおきます。カットした野菜をローズマリーやイタリアンパセリなどのハーブとともに丸鶏の中に詰め、丸鶏のおなかを楊枝でとめて両足をタコ糸で縛ったら、スタッフドチキンの出来上がり。

アルミホイルの上に丸鶏を乗せ、その表面とダッチオーブンの底網にオリーブオイルを塗って焼き始めます。丸鶏の周りに野菜を敷くとよいでしょう。焼き時間は1時間30分ほど。余熱でさらに30分加熱するのがポイントです。

ラムのトマト煮

By: captainstag.net

キャンプ料理らしいラムのトマト煮も、ダッチオーブンで簡単に調理できるメニューです。

塩コショウしたラムチョップの表面に火を入れて、いったん取り出します。次にタマネギやニンジンやセロリなどを小さく切って炒めたら、ラムチョップを戻してホールトマトやワイン、そしてひたひたの水で1時間程度蒸し煮にするだけです。最後に塩コショウで味を整えます。