分厚いフタが特徴の「ダッチオーブン」。これひとつで焼く・煮る・蒸すなどさまざまな調理が可能なので、アウトドアに持っていけば料理のレパートリーが広がるアイテムです。

そこで今回は、おすすめのダッチオーブンを素材別にご紹介。選び方やおすすめメーカー、手入れ方法も解説していますので、合わせてチェックしてください。

ダッチオーブンとは?

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンとは、分厚い金属製のフタが付いた鍋のことです。フタの上に炭火を置けば、上側からも加熱できるのが特長。焼く・煮る・蒸す・炒める・揚げるなどさまざまな調理ができる万能鍋です。

また、ダッチオーブンはフタが重厚。一般的な鍋と比べて水蒸気を逃がしにくく、食材が持つ水分をそのまま調理に生かせます。圧力鍋のように旨味をギュッと閉じ込める効果があるので、アウトドアシーンでしっかりと料理を作りたい方におすすめです。

ダッチオーブンの種類

ダッチオーブンには、脚が付いているタイプと付いていないタイプの2種類があります。脚付きはキャンプ用で薪や炭の上に設置しやすいのがメリット。脚のないタイプは、家庭用のコンロやIHクッキングヒーターでも使えます。アウトドアで使う場合は重さに耐えるしっかりした五徳や焚火台、あるいは鍋を吊り下げるスタンドが必要。なお、ダッチオーブンに使われている素材は基本的に鋳鉄製、黒皮鉄板製、ステンレス製の3種類です。

鋳鉄製

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンの素材は、使うほどに油が馴染み焦げ付きにくくなる鋳鉄製が主流です。長年使用して黒光りするようになったダッチオーブンは“ブラックポット”と呼ばれ、キャンパーの間でも一目置かれる存在。価格も手頃でコスパにも優れています。

ただし、鋳鉄製は非常にサビやすく、洗剤の使用もNG。お手入れには少々手間が掛かります。また、使用後の熱いうちに急に水をかけてしまうと割れてしまう恐れがあるなど、取り扱いには十分注意してください。

黒皮鉄板製

By: amazon.co.jp

1枚の鉄板を鍋状にプレス成型したのがこのタイプ。ユニフレーム製のダッチオーブンはこの黒皮鉄板製である点が特長で、鋳鉄製よりもサビにくいというメリットがあります。洗剤でゴシゴシ洗えるのでお手入れも簡単。他の製品と比べて価格も手頃なうえ、メンテナンスもしやすいのでダッチオーブン初心者の方におすすめです。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製は耐蝕性と耐熱性に優れています。使い始めのシーズニングも不要で、洗剤で洗えるので手入れも簡単です。家庭用の鍋感覚で使えるので初心者にもおすすめ。使い勝手は良好ですが、価格はやや高めです。

ダッチオーブンの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

鋳鉄製、黒皮鉄板製、ステンレス製のほかにも、遠赤外線効果で料理が美味しく仕上がるという「カーボン製」や強度を高めつつ軽量化もした「ダクタイル鋳鉄製」など新素材も登場しています。新素材は使い勝手がよい分、価格はやや高めです。

手入れのしやすさで選ぶならステンレス製、本格的にキャンプを楽しみたい方には鋳鉄製がおすすめ。そしてバランスよく両方の特性を組み合わせたのが黒皮鉄板製です。さまざまな素材の特性を理解した上で、ユーザーの用途にあったものを選択してください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ダッチオーブンを選ぶ際に迷うのがサイズ。初心者の場合は、10インチか12インチがおすすめです。男性がメインで料理も多めに作りたい方は12インチがベスト。目安の例としては、丸鶏のローストチキンを作る場合に鶏一羽が余裕で収まる大きさです。

女性には10インチがおすすめ。12インチに食材や水などを入れるとかなりの重量になるので、取り扱いが大変です。また、キッチンコンロに乗せて使うことも考えると、ひとまわり小さい10インチが適しています。

「鋳鉄製」のおすすめダッチオーブン

ロッジ(LODGE) ダブルダッチオーブン 10 1/4インチ L8DD3

商品価格 ¥ 11,469

鋳鉄製のダッチオーブンを取り扱っている「ロッジ」の人気モデルです。使い勝手良好の10インチ。フタにも高さがあるので、丸鶏も余裕で収まります。

フタをひっくり返すとスキレット(フライパン)にもなるので、パエリアを作ったり、ステーキを焼いたり、炒め物したりなどさまざまな料理に対応できます。汎用性の高いエントリーモデルとしておすすめです。

コールマン(Coleman) ダッチオーブンSF 12インチ 170-9391

商品価格 ¥ 10,216

キャンプではお馴染みのメーカー「コールマン」の12インチダッチオーブン。植物性オイル仕上げなのでシーズニングの必要がなく、すぐに使い始められます。熱くなったフタを持ち上げるリッドリフターと収納ケースも付属しているモノポイントです。

シチューやカレーなどの煮込み料理にも最適。大人数での使用を想定されている方におすすめの製品です。なお、脚なしタイプのため家庭でも使えます。

ロゴス(LOGOS) SLダッチオーブン ディープ(バッグ付き)

商品価格 ¥ 7,037

総合アウトドアブランド「ロゴス」の定番ダッチオーブン。面倒なシーズニングが不要ですぐに使い始められます。収納ケース付きで持ち運びにも便利。サイズは8インチ、10インチ、12インチの3種類から選べます。

価格はリーズナブルで、コスパ良好な点が大きな魅力。キャンプで初めてダッチオーブンを試してみたいという方におすすめです。

ペトロマックス(PETROMAX) ダッチオーブン ft9-t 12721

商品価格 ¥ 11,347

灯油ランタンで知られる「ペトロマックス」のダッチオーブン。使い始めのシーズニングは不要ですぐに使い始められます。本製品のフタはオリジナリティ溢れるデザイン。もちろん機能面も十分で、熱をじっくりと伝える鋳鉄製なので肉や野菜など素材の旨味をしっかり引き出してくれます。脚はなく、家庭用のガスコンロやIHヒーターでも使用可能。価格もリーズナブルなのでおすすめです。

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン26 CS-520

商品価格 ¥ 25,077

高機能アウトドアギアで定評のある「スノーピーク」のダッチオーブン。強度を高めて軽量化に成功したダクタイル鋳鉄製です。サビや衝撃、急激な温度差にも強く、長く使える一生モノのキャンプ用品です。

鍋とスキレット、フタの組み合わせでさまざまなバリエーションに対応可能。ハイエンド向けの製品のため、しっかりこだわって使いたい方におすすめです。

「黒皮鉄板製」のおすすめダッチオーブン

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン スーパーディープ 12インチ 660966

商品価格 ¥ 16,900

黒皮鉄板製にこだわるユニフレームのダッチオーブンです。手入れが簡単でサビに強く丈夫。温度変化にも強いので、鋳鉄製で起こりうるヒートショックによるひび割れの心配もあまりありません。シーズニングもフライパン同様の簡単なものでOKです。

フタの上に炭をのせて上下から加熱することでローストビーフもおいしく仕上がります。鍋を置くスタンドと底網が付いていて便利なのもポイント。価格はやや高いですが、満足度の高いおすすめアイテムです。

「ステンレス製」のおすすめダッチオーブン

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン10インチセット ST-910YS

商品価格 ¥ 23,720

着火器具やアウトドア用品を取り扱う「ソト」のステンレス製ダッチオーブン。使い始めのシーズニングや使用後に油を馴染ませるお手入れが不要です。サビや衝撃にも強く丈夫で長持ち。キャンプシーンはもちろん、脚なしタイプなので家庭用のコンロやIHクッキングヒーターでも使用できます。

リッドリフターと収納ケースがセットになっているので初心者でもすぐに使用可能。本格的な料理が作れて、お手入れも簡単という使い勝手良好なダッチオーブンです。

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン 10インチデュアル・リフターセット ST-910DLS

家庭用として使うことを重視した「ソト」のステンレス製ダッチオーブン。100V・200VのIH調理器、ガスコンロ、電気プレートなどさまざまな熱源に対応します。

保温性が高い4mm厚のステンレス鋼板を採用。専用のリフターが付属しているので、テコの原理を利用して軽く持ち上げられます。まずは家庭でダッチオーブンを使ってみたいという方におすすめです。

ダッチオーブンのおすすめメーカー

ロッジ(LODGE)

By: lodgemfg.com

鋳鉄製なら「ロッジ」がおすすめ。120年を超える歴史を誇るアメリカのキャストアイアン調理器具メーカーです。サイズや形状の種類も豊富で、入門者からベテランまでダッチオーブン調理の世界を存分に楽しめます。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

黒皮鉄板製はユニフレーム。独創的なアウトドアギアで定評のあるユニフレームならではの手入れが簡単なダッチオーブンは、エントリーモデルとしてもおすすめです。

ソト(SOTO)

By: shinfuji.co.jp

ステンレス製ならソトがおすすめ。買ってすぐに使えて手入れも簡単なお手軽ダッチオーブンをお探しの方にぴったりです。

ダッチオーブンの手入れ方法

By: lodgemfg.com

ダッチオーブンを長く使い続けるための基本的なお手入れ方法をご紹介します。

1.たわしで洗う

使い終わったダッチオーブンはお湯を沸かして汚れを浮き上がらせた後、たわしでゴシゴシ洗って汚れを落とします。なお、鋳鉄製の場合に洗剤を使用するとコーティングされた油を落としてしまうので、注意してください。

2.から焼きして水分を飛ばす

汚れを落としたら鍋を空焼きして、水分を完全に飛ばします。水分が残っているとサビの原因になってしまうので要チェックです。また、熱したダッチオーブンは急激な温度変化に弱く、熱いうちに水を入れるとひび割れを起こすことがあります。事前に留意しておきましょう。

3.油を馴染ませる

ダッチオーブンがまだ熱いうちにサラダ油をひいてキッチンペーパーで薄く延ばして油を全体に馴染ませます。鍋の外側や底面、そしてフタも忘れずに。仕上げに再加熱して余分な油を拭き取ります。熱がとれたら本体、フタをそれぞれ新聞紙で包み専用のケースに入れて保管しましょう。