ナチュラルなアイラインが描ける、ペンシルアイライナー。ペンシルアイライナーは多くのメーカーから販売されており、さまざまな製品がラインナップされています。そのため、どの製品を購入すればよいか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのペンシルアイライナーをご紹介。ペンシルアイライナーの選び方や使い方のコツもまとめました。ぜひ参考にしてみてください。
※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ペンシルアイライナーの魅力

By: cliocosmetic.jp

ペンシルアイライナーは、リキッドアイライナーと比べると、ふわっとしたやわらかい線が描けるアイライナー。目元の印象をやさしく仕上げられるので、ナチュラルメイクをするときにおすすめのアイテムです。

また、ペンシルアイライナーは簡単にぼかせるのも特徴。失敗しても修正しやすいため、アイライナー初心者の方でも使いやすいのが魅力です。

ペンシルアイライナーの選び方

繰り出しタイプか鉛筆タイプかで選ぶ

By: imju.jp

繰り出しタイプのペンシルアイライナーは、芯を繰り出して使えるアイテムです。削り器を使わずに使い続けられるのがメリット。なかには繰り戻しができない製品もあり、うっかり芯を出し過ぎて戻せなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

鉛筆タイプのペンシルアイライナーは、鉛筆のように削り器で削りながら使うアイテム。削り器で削るのはやや手間がかかりますが、芯の太さを自分で調節できるのが魅力です。

カラーを選ぶ

By: amazon.co.jp

ペンシルアイライナーには、さまざまなカラーが販売されています。目元の印象をしっかり引き出したいならブラック、ナチュラルに仕上げたいならブラウンがおすすめです。

また、カラーアイライナーもおすすめ。難易度が高いと思われがちですが、ぼかして使うことで、さりげなく目元にニュアンスを加えられます。

アイシャドウに溶け込むように仕上げると自然とアイメイクになじませられるので、まだカラーアイライナーを使ったことがない方も、ぜひメイクに取り入れてみてください。

太さや滑り止めなどの描きやすさをチェック

By: amazon.co.jp

好みに合った太さのペンシルアイライナーを選ぶことも、大切なポイント。繊細なラインが描ける極細タイプのペンシルアイライナーや、印象的なラインを描ける太めのペンシルアイライナーがあります。

また、太めのものや角張った滑り止め形状のものなど、持ち手が握りやすい形状のペンシルアイライナーがおすすめ。しっかりと力を込めて握れるので、アイラインを描くときにブレにくく便利です。

落ちにくいものならウォータープルーフ・スマッジプルーフタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

目のキワは涙や皮脂によりメイクが落ちやすいので、化粧持ちのよいペンシルアイライナーを選びましょう。水に濡れても落ちにくいウォータープルーフタイプや、皮脂に強いスマッジプルーフタイプのものをチェックしてみてください。

なかには、ウォータープルーフとスマッジプルーフの両方の機能を備えたペンシルアイライナーもあります。メイクのキープ力を重視する方は、落ちにくさをうたっているペンシルアイライナーを選ぶのがおすすめです。

ペンシルアイライナーのおすすめランキング|プチプラ

第1位 イミュ(imju) デジャヴュ 密着アイライナー ラスティンファイン 極細クリームペンシル

イミュ(imju) デジャヴュ 密着アイライナー ラスティンファイン 極細クリームペンシル

なめらかでにじみにくいペンシルアイライナー。直径1.5mmの極細芯を採用しており、初心者の方でも細くきれいなラインが描けます。まつげの間や目尻など細かいところに描きたい場合にもおすすめです。

肌あたりがやさしい「ルースピグメント処方」の芯を採用しており、描いているときにひっかかりを感じにくい仕様。皮脂・汗・涙をはじくスーパーウォータープルーフタイプで、にじまないのも魅力です。

第2位 カネボウ(KANEBO) ケイト レアフィットジェルペンシルN

カネボウ(KANEBO) ケイト レアフィットジェルペンシルN

とろけて固まる、ジェルタイプのペンシルアイライナー。なめらかな描き心地ながら速乾性が高く、色移りしにくいのが特徴です。目の形を問わず落ちにくいので、一重の方にもおすすめ。号泣してもにじまないラスティング力を備えています。

ベーシックなブラックやブラウンから、抜け感のあるピンクベージュやネイビーブルーまで、豊富なカラーバリエーションがあるのも魅力。描きやすい1.5mmの極細芯の繰り出しタイプです。

第3位 ディー・アップ(D-UP) エアクリームペンシル

ディー・アップ(D-UP) エアクリームペンシル

ホイップクリームを固めたような、ふわとろ質感のペンシルアイライナーです。摩擦の少ない軽やかな描き心地で、ベタッとしないふんわりとしたテクスチャーが特徴。まつげや肌の凹凸にひっかからず描きやすいので、初心者の方にもおすすめです。

広い面と細い面を持つ極細の楕円芯を採用しており、自在にラインを描けます。繰り戻せるタイプで使いやすいのもポイント。水・皮脂・汗に強いスーパーウォータープルーフタイプながら、肌に色素が残らない顔料を採用しています。

第4位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク クリーミータッチライナー

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク クリーミータッチライナー

くっきりと発色する人気のペンシルアイライナー。とろけるような描き心地のジェルタイプの芯で、きれいなラインが描けます。ウォータープルーフ&スマッジプルーフで1度描いて密着すれば落ちにくいので、化粧直しができない方にもおすすめです。

1.5mmの極細芯を採用しており、まつげの隙間も簡単に埋められます。美容液成分を配合しており、乾燥しがちな肌にも使いやすいペンシルアイライナーです。また、カラーバリエーションが豊富にあります。

第5位 アンドビー(&be) ペンシルアイライナー

アンドビー(&be) ペンシルアイライナー

ひとぬりで目元をしっかり彩るペンシルアイライナー。やわらかいテクスチャーでスルスルと描けて、繊細な目元の肌にもやさしいペンシルアイライナーです。リキッドアイライナーの下地としても使えます。

ウォータープルーフ&スマッジプルーフで、美しい仕上がりが長持ち。界面活性剤・紫外線吸収剤・パラベン・エタノール・タール系色素・香料不使用です。こだわりのカラーが展開されており、こなれ感のあるアイメイクができます。

第6位 伊勢半 ヒロインメイク ソフトディファイン クリームペンシル

伊勢半 ヒロインメイク ソフトディファイン クリームペンシル

スルスルと描ける「レアクリーム製法」のペンシルアイライナー。細い線も描きやすいスリム楕円芯を採用しています。うるおい成分のヒアルロン酸・コラーゲン・野バラオイル・パンテノール・リピジュア・センブリエキスを配合しているのも特徴です。

涙・汗・皮脂・こすれに強く、きれいなラインをキープ。瞳色になじむブラウンで、濃すぎず自然な陰影を演出します。ヘーゼルブラウンやチェリーブラウンなど、おしゃれなカラーがラインナップされているペンシルアイライナーです。

第7位 イミュ(imju) オペラ アイカラーペンシル

イミュ(imju) オペラ アイカラーペンシル

ツヤ感の美しいペンシルアイライナー。カラーパール高配合のグロウ質感のペンシルアイライナーで、抜け感のある目元に仕上げられます。肌に溶け込むようになじむので、ナチュラルメイクをしたいときにもおすすめです。

密着力が高く、汗・皮脂・涙・こすれに強いのもポイント。グレーベージュ・ブラウンレッド・カシスなどおしゃれなカラーが展開されているため、好みやファッションに合わせて色選びを楽しめます。

第8位 コーセー(KOSE) ヴィセ リシェ ブラウンズ クリーミィペンシル

コーセー(KOSE) ヴィセ リシェ ブラウンズ クリーミィペンシル

濃くも薄くも描け、印象を自在に操れるペンシルアイライナーです。体温付近でとけるワックスが配合されており、とろけるような描き心地。跳ね上げなど難しいラインも簡単に描けるので、初心者の方にもおすすめです。

汗・水・涙に強く、仕込みラインもにじみにくい仕様。保湿成分のコラーゲンとスクワランを配合しており、目元のうるおいを保ちます。ブラウンに特化したカラーバリエーションが展開されているのも特徴。透明感のある目元に仕上げられるのが魅力です。

第9位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ジェルアイライナー

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ジェルアイライナー

ぼかせばアイカラーにもなる、2in1のペンシルアイライナー。オイルリッチ処方で、なめらかな使用感です。保湿成分のヒアルロン酸・コラーゲン・レチノールを配合しています。水・汗・涙・こすれに強く、きれいな仕上がりをキープできるのも魅力です。

ブラック以外のカラーはパール入りなので、ツヤのあるこなれたアイメイクができます。プチプラなうえ、バーガンディーやテラコッタブラウンなどさまざまなカラーがラインナップされているため、使ったことのないカラーを気軽に試してみたい方にもおすすめです。

第10位 常盤薬品工業 エクセル ニュアンスフル ペンシルライナー

常盤薬品工業 エクセル ニュアンスフル ペンシルライナー

人気プチプラコスメブランド、エクセルから展開されているペンシルアイライナー。とろけるような描き心地で、目のキワにも使いやすいのが魅力です。保湿成分のパンテノール・ヒアルロン酸・センブリエキスが配合されており、目元のケアもできます。

汗・皮脂・水・こすれに強く、きれいな仕上がりをキープできるのもポイント。やわらかな発色のニュアンスカラーが展開されているので、こなれ感のあるアイメイクができます。

第11位 日本ロレアル メイベリン ニューヨーク ハイパーイージー ジェル ライナー

日本ロレアル メイベリン ニューヨーク ハイパーイージー ジェル ライナー

ナチュラルに目元の印象をアップさせるペンシルアイライナー。整肌成分のアルガンオイルが配合されており、なめらかなテクスチャーです。持ちやすく滑りにくい6角形グリップを採用しています。

ウォータープルーフタイプなので、パンダ目になりにくいのもポイント。ブラック・ダークブラウン・ミディアムブラウンと使いやすいカラーが展開されています。

第12位 ディーエイチシー(DHC) ジェルペンシル アイライナーEX

ディーエイチシー(DHC) ジェルペンシル アイライナーEX

描き心地を追求したペンシルアイライナー。乾燥が気になる目元にも描きやすい、なめらかな描き心地が魅力です。保湿成分のオリーブバージンオイル・スーパーヒアルロン酸・ビタミンEが配合されています。

フレッシュで艶やかな発色もポイント。涙・皮脂・汗に強くにじみにくい、高いラスティング力があります。開け閉めしやすいワンタッチキャップを採用しているのも特徴です。

第13位 クリオ(CLIO) エクストリーム ジェルプレッソ ペンシル ライナー

クリオ(CLIO) エクストリーム ジェルプレッソ ペンシル ライナー

韓国コスメ、クリオのペンシルアイライナー。細すぎず太すぎない3mm芯を採用しており、何度も重ねなくてもきれいにアイラインが描けます。持ちやすい四角形のホルダーなので、アイラインを描くときにブレにくいのも魅力です。

ナチュラルで深みのあるカラーをラインナップ。ブラックブラウン・ディープブラウン・ベーシックブラウン・グレーブラウン・ミュートブラウン・ソフトブラウンが展開されています。

ペンシルアイライナーのおすすめランキング|デパコス

第1位 シャネル(CHANEL) スティロ ユー ウォータープルーフ N

シャネル(CHANEL) スティロ ユー ウォータープルーフ N

くっきりラインを描けるペンシルアイライナー。目のキワにも繊細なラインを描けるので、自由自在にアイメイクができます。涙・湿気・皮脂に強く、きれいな仕上がりをキープできるのも魅力です。

繰り出しタイプで使いやすいのもポイント。カラーバリエーションが豊富にそろっており、マット・サテン・メタリックの質感があります。メイクアップの幅を広げたい方にもおすすめのペンシルアイライナーです。

第2位 カネボウ(KANEBO) ルナソル シークレットシェイパーフォーアイズ

カネボウ(KANEBO) ルナソル シークレットシェイパーフォーアイズ

ナチュラルに目元の印象を強くできるペンシルアイライナー。さりげないツヤのある目元に導きます。汗・水・皮脂に強く、きれいな仕上がりを長時間キープできるので、落ちないペンシルアイライナーを探している方にもおすすめです。

ニュアンスカラーが展開されているため、目元の印象をさりげなく変えられます。Brown Neroli・Malty Brown・Velvet Ruby・Olive Leaf・Charcoal Shadeの5色展開です。

第3位 ディオール(Dior) ディオールショウ 24H スティロ ウォータープルーフ

ディオール(Dior) ディオールショウ 24H スティロ ウォータープルーフ

思い通りのラインを叶えられるペンシルアイライナー。クリーミーなテクスチャーで、なめらかに描けます。ナチュラルにも大胆にも仕上げやすく、自在にアイメイクができるアイテムです。

ウォータープルーフタイプで、長時間美しい仕上がりをキープ。カラーはマットタイプとパーリータイプがあり、豊富に展開されています。シャープナーと、ラインをぼかすスマッジアプリケーターが付属しているのも特徴です。

第4位 クリニーク(CLINIQUE) クリーム シェイパー フォー アイ

クリニーク(CLINIQUE) クリーム シェイパー フォー アイ

リッチに発色する鉛筆タイプのペンシルアイライナー。瞬時に美しいラインを描けるので、スピーディにメイクを仕上げたいときにもおすすめです。濃くも薄くも思うままに描けて、自在にアイメイクができます。

クリーミーなテクスチャーで、描き心地がよいのも特徴。カラーバリエーションは、「ブラックダイアモンド」「エジプシャン」「チョコレートラスター」を展開しています。

第5位 アルビオン(ALBION) エクシア ペンシル アイライナー

アルビオン(ALBION) エクシア ペンシル アイライナー

ソフトマットな質感のラインが描けるペンシルアイライナー。やわらかくクリーミーなテクスチャーで、使いやすいのが魅力です。ウォータープルーフタイプなので、きれいなラインが長時間持続します。

カラーバリエーションは、ブラック・チェスナットブラウン・アンバーブラウン・ブルー・オリーブゴールドを展開。ラインをぼかせるチップが付属しているため、簡単にナチュラルメイクができます。

第6位 アクロ(ACRO) THREE メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル

アクロ(ACRO) THREE メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル

クリームのようになめらかなテクスチャーのペンシルアイライナー。太さ・角度・濃淡が思いのまま、自由自在にアイメイクができます。ブラシが付属しており、跳ね上げやぼかしも簡単に描きやすいペンシルアイライナーです。

ウォータープルーフ処方で、にじみにくいのもポイント。軽やかにツヤめくゴールディッシュカーキ「PERFECT DAY」や、エレガントなピーチコッパー「FM:KILLER QUEEN」など、こなれ感のあるおしゃれなカラーがラインナップされています。

第7位 コーセー(KOSE) アディクション ザ カラーシック アイライナー

コーセー(KOSE) アディクション ザ カラーシック アイライナー

使いやすさにこだわったペンシルアイライナーです。芯がやわらかく描きやすいので、アイラインを描くのが苦手な方にもおすすめ。まぶたにピタッと密着するロングラスティングタイプで、色持ちも良好です。

黒が潜む、深みのあるシックなカラーがラインナップ。見たままの色で、しっかりと発色します。スモーキーで印象的な目元に仕上げやすく、こだわりのアイメイクができるペンシルアイライナーです。

第8位 ゲラン(GUERLAIN) クレヨン ユー

ゲラン(GUERLAIN) クレヨン ユー

瞳をやさしく際立たせるペンシルアイライナー。クリーミーなテクスチャーなので、やわらかなラインを描けます。シャープナーが内蔵された繰り出しタイプで、使いやすいのが魅力です。

自然のカラーにインスパイアされたカラーを多数ラインナップ。黒檀のようなディープブラック「ブラック エボニー」や、ピオニーの花びらようなセンシュアルプラム「プラム ピオニー」などが展開されています。

第9位 ローラ メルシエ(LAURA MERCIER) ロングウェアクリームアイペンシル

ローラ メルシエ(LAURA MERCIER) ロングウェアクリームアイペンシル

繊細なラインが簡単に描ける、鉛筆タイプのペンシルアイライナー。なめらかなテクスチャーでするすると描けるので、初心者の方にもおすすめです。泣いてもこすってもにじみにくく、色持ちが優れています。

発色がよく、目元の印象を強くすることが可能。シンプルなブラック「NOIR」、あたたかみのあるブラウン「ESPRESSO」、ナチュラルな印象のチャコールグレー「SLATE」、華やかなパープル「VIOLET」が展開されています。専用のシャープナーが付属しているのもメリットです。

第10位 資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ スティロアイライナー

資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ スティロアイライナー

ナチュラルに目元の印象を際立たせるペンシルアイライナー。ソフトなタッチで繊細にアイラインを描けます。ブラック系やブラウン系、ブルー系など、目元に深みを出すカラーをラインナップしているのも魅力です。

本製品は、専用のホルダーにカートリッジをセットして使う仕様。カートリッジの部分だけを買い足して使い続けられるため、コストパフォーマンスも良好です。専用ホルダーには、完成度の高いラインに仕上げられるチップが付属しています。

・カートリッジ

・ホルダー

ペンシルアイライナーの売れ筋ランキングをチェック

ペンシルアイライナーのランキングをチェックしたい方はこちら。

ペンシルアイライナーの上手な引き方

By: clinique.jp

ペンシルアイライナーでアイラインを引くときは、まつげとまつげの間を点で埋めるようにしながら描くのがおすすめ。まぶたを軽く持ち上げながら、目のキワに細かい線を描き足していくように描くときれいなラインに仕上がるので、試してみてください。

ナチュラルなアイラインに仕上げたいときには、描いたラインを指や綿棒、チップなどでぼかすのがおすすめ。アイシャドウになじんで、自然な印象に見せられます。