一人暮らしをしている方に人気のソファベッド。1台でベッドとソファの2役をこなせるので、「家具の置き場所を確保しづらい」とお悩みの方にとっては便利なアイテムです。一人用のパーソナルソファタイプやL字型のコーナーソファタイプなど、バリエーションは思いのほか豊富です。収納機能付きならば、省スペース化にも役立ちます。

そこで今回は一人暮らしにぴったりのソファベッドをピックアップ。ソファベッドの選び方などのポイントもあわせて解説します。

ソファベッドのメリット

部屋を広く使える



ソファベッド最大のメリットは、部屋を広く使えるという点。ソファとベッドを別々に設置しようとすると相応のスペースが必要ですが、1台で2つの機能を兼ねるソファベッドならばその心配もありません。例えばワンルームのように生活空間が限られている場合におすすめ。また、家具が減ることでお部屋に開放感が生まれるのもポイント。断捨離を検討している方も検討の余地ありです。

費用を抑えられる



ソファベッドは生活コストを抑えたい方にとっては大きな候補となるでしょう。ソファとベッドをそれぞれ買い揃えるよりも、ソファベッドを購入したほうがリーズナブルに済むケースがほとんど。
これから一人暮らしを始める場合、引っ越し費用をはじめ、家電や家具など、さまざまな出費がかさみます。なるべく経済的な負担を減らしたいと思っている方にもおすすめ。

急なゲストにも対応できる



来客用のベッドとしても最適なソファベッド。普段はソファとして使用しながら、友人や知人が遊びに来た時にはベッドに早変わりします。ゲスト用のエクストラベッドを別途用意する必要がないので、知人を招く機会が多い場合におすすめです。
また、足乗せ台が付属しているタイプならば、来客時に切り離して、一人掛け用の椅子にすることもできます。お部屋のスペースに余裕がなく、椅子をたくさん置けないという方にも便利なアイテムといえるでしょう。

ソファベッドのデメリット

用途によって予算が変わる



ソファベッドは大きく分けると「ソファに近いタイプ」と「ベッドに近いタイプ」のふたつに分類されます。ソファに近いタイプを普段使いのベッドとして使うと、クッションが比較的早く劣化してしまうので注意。寝心地を重視する場合はベッドに近いタイプがおすすめ。スプリングを使用しているものは寝心地がよい一方、価格が高めです。

切り替えに手間がかかる



横になってゆったりとくつろぎたいときに便利なソファベッド。ゲスト用として時より切り替えるぐらいならば気になりませんが、朝にはソファ、夜にはベッドというように、頻繁に使い分ける場合はストレスに感じてしまうことがあります。
また、大型のベッドソファの場合は、変形するときに結構な体力を必要とするものもあります。一人暮らしの方は注意が必要です。最近は小さい力で切り替えられるように工夫されている製品もあるので、重さが気になる方は構造もチェックしてみてください。

ニオイ対策が必要



ソファベッドは基本的に干すことができません。ソファが寝汗などで湿ってしまうと、不快なニオイの原因になってしまいます。近年はカバーを簡単に取り外しできるもの、抗菌・防ダニ仕様のもの、通気性に優れたものなど、さまざまなタイプがあります。清潔に使用するためにも、メンテナンスの方法は事前に確認しておきましょう。

ソファベッドはどんな人におすすめ?



ソファベッドは一人暮らしの方におすすめです。ソファとベッドの両方を設置しようとしてもスペースの関係で難しいことがあります。しかし、これらふたつの機能を持つソファベッドに置き換えれば、空間をより効率的に使えるようになります。

また、なるべく家具をコンパクトにまとめたい方も要チェック。部屋にモノが多く、圧迫感を覚えるときは導入を検討してみはいかがでしょうか。

ソファベッドの選び方

張地



ソファベッドの表面に使われている素材は、主にファブリック・本革・合成皮革の3種類。この表面材によってそれぞれ性質が異なります。
ファブリックとは布のことで、リーズナブルな価格帯なのが特長。肌触りもよく、普段使いにぴったりです。ただし、汗を吸収しやすいのがマイナスポイント。シミができたり、不快なニオイの原因になったりします。ベッドとして使用するときはタオルなどを敷くように心がけましょう。

本革の特長は丈夫であること。衝撃に強く、ほかの素材と比べて長持ちします。ダニやホコリが付着しづらいので、アレルギー体質の方にもおすすめです。デメリットとしては価格が高くなりがちな点が挙げられます。

合成皮革の特長はお手入れが容易であること。ちょっとした汚れならば水拭きで対応できます。本革と比べると安価で、加工しやすい点から、カラーバリエーションも豊富です。ただし、合皮は通気性がほぼありません。夏場は蒸れやすいので、注意しましょう。

詰め物



使い心地を左右するのがソファベッド内の詰め物。代表的なものはウレタンと羽毛、そして綿です。流通している製品のほとんどはウレタンで、しっかりと体を支えてくれるのが特長。耐久性も比較的高めです。羽毛や綿は空気を多く含むため、ふんわりと包み込んでくれます。

詰め物の種類や量によって価格は異なりますが、高ければ良質というわけではありません。懐事情と用途を考慮して購入に踏み切ってください。

内部構造



ソファベッドを選ぶ際に重要になるのが内部構造。リラックスするためのものですから、特にこだわりたいポイントです。座り心地や寝心地と直結するのがスプリング。主なものとして、Sスプリング・コイルスプリング・ポケットコイル・ウェービングベルトが挙げられます。

Sスプリングとは、S字型のバネを採用したタイプで、座面全体で体重を受け止めます。適度に弾力があり、耐久性も良好。

コイルスプリングは、コイル状のスプリングを連結したタイプ。Sバネよりも強い弾力があります。クッション性を重視する人におすすめです。

ポケットコイルは、コイル状のスプリングがそれぞれ独立しているのがポイント。体を点で支えているのでフィット感があります。

そして、近年増えているのがウェービングベルト。座面下にベルト状のゴムやポリプロピレンなどを張ったもので、金属製のスプリングと比べてコスト的に優れています。

スプリング部分は、種類・太さ・長さなどによって使用感が大きく変わってきます。座り心地がしっくりこないときはクッションなどで調整する方法もあります。

サイズ



用途によって、適したソファベッドのサイズも変わってきます。例えば、テレビを見る機会が多いのならば、やや高さのあるものがおすすめ。複数人で利用するときは人数プラス1人のサイズにすると、身体が触れ合わない程度にゆったりと使えます。

また、重要なのがソファベッド周りの空間。テーブルとの距離が近すぎると、足を延ばしづらくなってしまうことがあります。リラックスした姿勢で座るためにも、前方に60cm程度のスペースを空けておきたいところ。

そして忘れやすいのが搬入経路。部屋にはピッタリのはずが、玄関や廊下、エレベーターを通過できずに注文をキャンセルする人も少なくありません。大きめのソファベッドを購入するときはどのように搬入するかについても、しっかりと検討しておく必要があります。

体重



主にベッドとして使用する場合は、ある程度の硬さが必要。マットが柔らかすぎたり、逆に硬すぎたりすると、背骨が理想のS字カーブを描けなくなってしまいます。ポイントとなるのが体重。重い人は体がベッドに沈みがちなので硬めのもの、軽い人は体が浮きがちなのでやや柔らかめのものがおすすめです。

また、耐荷重も要チェック。オーバーしたらすぐに壊れるというわけではありませんが、クッションの質が劣化しやすくなったり、スプリングが弱くなったりする可能性があります。

おすすめのソファベッド

2人掛けソファベッド Siesto

ワンルームにちょうどいいサイズの2人掛けソファベッドです。足置き台が付いているので、ゆったりと足を伸ばしてリラックスタイムを過ごせます。また、ソファに連結すればベッドとして使えるのはもちろん、ソファの前方に設置すればカウチソファとしても利用可能。ゲストが来たときには一人掛けの椅子としても使えます。カスタマイズ性の高さが魅力です。

張地にはファブリックが採用されています。布地なので通気性に優れているのがポイント。肌触りも良好です。弾力は硬すぎず、柔らかすぎない絶妙なバランス。長時間座っても疲れづらいので、映画鑑賞や読書にも大活躍します。心身ともにリラックスできるソファベッドです。

セルタン ソファベッド MT3

切り替えがとても簡単なソファベッド。座面を引き出すだけでベッドとして使用できます。広げると全長201cmになるので、身長が高い方も安心です。背もたれは14段階で調整可能。細かく角度を変えられるのは大きなメリットです。また、取り外し可能なランバークッション付き。腰当てはもちろん、抱き枕として使うこともできます。

クッションにはウレタンを採用。中身がしっかりと詰まっており、弾力はやや硬めです。もっちりと体を支えてくれるので、ベッド性能を重視している方にもおすすめ。コンパクトながら多機能なソファベッドを求めている方におすすめです。

ソファベット Natura 引出し収納付き

レザーと木目調がおしゃれなソファベット。座面の下にはふたつの引き出しがあり、雑誌やDVD、掛布団などが収納できます。スライドレールによって簡単に取り出せるのもポイント。部屋をコンパクトにまとめたい方におすすめ。また、背もたれの部分には飲み物やスマートフォンを置くのに便利な収納式のテーブルもあります。

張地はファブリックと合成皮革の2タイプ。いずれもお手入れがしやすく、価格もリーズナブルなのが特長。ライフスタイルや部屋の雰囲気に合わせて選べるのでおすすめです。

コンパクトソファベッド ビータII

シングルサイズのソファベッド。1台でソファ・カウチ・ベッドの3役をこなす便利なアイテムです。横幅92cmというコンパクトタイプで、置く場所を選びません。背もたれを倒して、座面を引き出すだけでベッドに早変わり。変形するのにほとんど力を使わないので、一人暮らしの女性も安心です。また、本体と同じ色のクッションがひとつ付いてきます。カバーは取り外し可能。サイズは65cm×33cmと大きめなので、枕としても使えます。

ソファベッドの中にはウレタンがしっかりと詰まっています。ほどよい弾力があり、寝心地も良好。一部組み立て式ですが、付属の工具だけで簡単に組み立てられます。デザインがシンプルで、カラーバリエーションも豊富。インテリアと合わせやすいのもポイントです。

エムール ソファベッド クラウディー

雲のような凹凸が特徴的なソファベッド。背もたれには5段階のリクライニング機能が付いており、簡単にスタイルを変えられます。長い座面はファスナーで簡単に切り離すことが可能。分離させた後は枕やロングクッションとして使うことができます。また、ソファと同色のクッションがふたつ付属するのもポイントです。

詰め物にはウレタンを採用。ふんわりと柔らかな素材でありながら、しっかりと体を支えてくれます。また、生地にはファブリックを使用しているので通気性も抜群。一年を通して快適に使えます。

フランスベッド ソファベッド スイミーM2 ロータイプ

耐久性が高いソファベッド。マットレスと同じスプリングを使っているため、寝心地が良好です。クッション性能や耐久性を優先したい方に向いています。また、座面を軽く持ち上げるだけで簡単に切り替えられる「ローリング式」を採用。昼はソファ、夜にはベッドとして使うなど、頻繁に切り替えたい方にも要チェックです。

張地にはファブリックを使用しています。掃除機やブラッシングで簡単にお手入れできるのがポイント。脚は低めの9.5cm。圧迫感が減るので、お部屋を広く見せたい場合におすすめです。

2人掛けソファベッド 北欧デザイン

デンマーク発のソファベッド。両サイドのアームレストは3段階でリクライニングします。軽く持ち上げるだけで、ソファ・カウチ・ベッドに切り替えられるのがポイントです。奥行きは北欧サイズの750mm。一般的なソファベッドと比べて大きめに設計されているので、体が大きい方も安心して使えます。

張地は、コットンが7割とポリエステル3割の混合タイプ。それぞれの素材をミルフィーユのように重ねることで、心地よい弾力を生み出しています。寝心地を重視している方にもぴったりです。

ソファベッド シエスタ オットマン付き

ベーシックなデザインのソファベッドです。大人2人がゆったりと座れるワイドサイズ。足乗せ台の位置を変えるだけで、カウチソファやコーナーソファとして利用可能。来客時にはセパレートソファになるので便利です。さらに、同じソファをもう1台連結すれば3人掛けに早変わり。カスタマイズのしやすさもポイントです。

張地には、厚手のファブリックを採用。キルティング加工された生地には高級感があります。カラーリングも落ち着いたものが多いため、リビングや寝室、書斎など、さまざまなシーンにピッタリです。

JAJAN 天然木すのこソファベッド シオン

「すのこ」を利用したソファベッド。通気性に優れているのが特長で、蒸し暑い梅雨や残暑厳しい早秋でも快適に過ごせます。ベッドとして利用していると寝汗によってマットが湿ってしまうことが多いのですが、すのこならば空気が通りやすいので、カビの発生を抑えられます。また、ソファからベッドへの切り替えも簡単。フレーム部分をスライドさせ、専用のマットレスを敷くだけとお手軽。

木材には、フィンランドパイン材を採用。厚みのあるフレームはとても頑丈で、耐荷重は約250kgです。大人2人が座っても大丈夫。耐久性の高いソファを探している方にもおすすめです。

ソファベッド Steed

パッチワーク柄が特徴のソファベッド。本体と同配色のクッションがひとつ付属しています。ソファのときは腰当て、ベッドのときは枕に使えるので便利です。背もたれは3段階のリクライニング仕様。軽く持ち上げるだけで簡単に形状を変えられるので、一人暮らしの女性も安心。また、木脚を外せばローソファとして使うこともできます。

張地には、肌触りのよいファブリックを採用。その生地の下には、まるで羽毛のようなふかふかとしたシリコンフィル綿が敷き詰められています。座り心地はもちろん、寝心地も追及したソファベッドを探している方におすすめです。