大人の筆記用具といえば万年筆を思い浮かべる方も多くいますが、「ガラスペン」も大人に人気のアイテムです。ガラス素材特有の繊細な美しさはもちろん、書き味がよいのも魅力。

そこで今回は、ガラスペンのおすすめ製品をご紹介します。選び方と使い方も解説するため、参考にしてみてください。

ガラスペンとは?

ガラスペンとは、日本で誕生したガラス製のペンのことで、1902年に風鈴職人の佐々木定次郎によって考案されました。最大の魅力は、ガラス特有のエレガントな輝きと、高級感溢れる美しいデザイン。また、ペン先に刻まれた溝がインクをたっぷり吸収するためインク持ちがよく、鉛筆のようにさまざまな方向に筆記が可能なのも特徴です。

美術品にも例えられる美しさと、滑らかな書き味で人気を博したガラスペンは、瞬く間に世界中に広まりました。特にガラス工芸の歴史があるヨーロッパでは、現在でもさまざまなガラスペンが誕生しています。握り心地、書き味がそれぞれ異なるので、購入前にしっかり確認しておきましょう。

ガラスペンと万年筆の違いは?

By: amazon.co.jp

ガラスペンと万年筆との違いは、インクの入れ方にあります。ガラスペンは、ペン先にインクを吸収させるのが特徴。一方、万年筆はボディの内部にインクを入れます。

インクを気軽に変えられるのも違いのひとつです。ガラスペンのお手入れは、水が入った容器にペン先を入れて洗うだけ。違うインクへサッと切り替えられます。また、さまざまな色を使用した作品の製作にもおすすめです。

ガラスペンの使い方

By: amazon.co.jp

ガラスペンは、付けペンの一種。別途購入したインクをペン先に付けて使用します。ペン先の表面には細かい溝が掘られており、毛細管現象によって吸い上げることで、インクを溜める構造です。一度インクを付ければ、インクが乾かない限り、ハガキ1枚分程度の文字が書けます。

ガラスペンの使用後は、ティッシュで拭き取ったり水で洗ったりして手入れをしましょう。水でも落ちにくい汚れは、ぬるま湯に浸すことで落とせます。ペン先に溜まったインクを落とせば、別の色のインクを使うことも可能です。

ガラスペンの選び方

形状をチェック

見た目が美しい「一体型」

By: amazon.co.jp

ペン先から軸までがすべてガラス製で作られているのが一体型です。全体がガラスで作られているため、工芸品のような美しさが特徴。統一感のあるデザインが魅力のガラスペンを探している方は、一体型のモノを選びましょう。

ペン先が劣化しても取り替えられませんが、メーカーによってはペン先が破損したり摩耗したりした場合に修理してもらえるアイテムも存在します。

ペン先を交換できる「分離型」

By: amazon.co.jp

軸とペン先を分けられているのが分離型。劣化した場合に、ペン先のみを交換できます。ガラスペン自体を買い換えなくてもよいため、経済的です。また、気に入ったデザインのペンを長く使い続けられるメリットもあります。

軸とペン先の素材が異なることもあるので、購入前に確認しておきましょう。ガラスペン特有の美しさや実用性を重視するのであれば、軸もペン先もガラスでできているタイプを選ぶのがおすすめです。

素材をチェック

リーズナブルな「一般ガラス」

By: amazon.co.jp

一般ガラスは、1枚でできたガラスのことを指します。軟化温度が低いため、簡単に加工できるのがメリットです。ただし、耐久性は高くなく、硬化ガラスより壊れやすいデメリットがあります。扱いには十分注意して使用しましょう。

耐久性に優れた「硬質ガラス」

By: kanseifu.com

一般ガラスよりも耐久性に優れている硬質ガラス(耐熱ガラス)は、ガラスペンによく使われている素材。硬質ガラスは一般ガラスより軟化温度が高く、簡単には加工できない硬いガラスです。

耐久性や耐熱性、耐摩耗性に優れているので、ペン先がすり減りにくいのが魅力。ガラスペンを製造しているメーカーの多くは、壊れにくい硬質ガラスを採用しています。

グリップ部分の太さをチェック

By: amazon.co.jp

軸も含めてすべてガラス製のアイテムは、ラバークリップなどの柔らかい素材を採用しているボールペンと比べると、握り心地は硬いのが特徴です。長時間握っていると手が疲れてしまうこともあるため、気になる方はグリップ部分が太いガラスペンを選びましょう。

グリップ部分が太いと握りやすく、手に負担がかかりにくいのがメリット。また、重さがあるので重心が低くなって持ちやすく、安定した筆記ができます。

書き心地をチェック

ガラスペンは、ペン先の溝の数や精巧さによって書き心地が変わります。一般的に、溝の数が少ないとガラス特有のカリカリとした硬めの書き心地が楽しめ、素材感を味わいながら筆記可能。反対に、溝の数が多くなると、サラサラと滑らかな書き心地を得られます。

滑るような書き心地を重視するなら、溝の数が多く、より精巧に作られたガラスペンがおすすめです。

また、メーカーや種類によって太い線が得意なモノ、細い線が得意なモノがあります。細・中・太字と、書きたい文字の太さに合わせてペン先を選びましょう。

転がりにくい形状のモノも

By: amazon.co.jp

ガラスペンは繊細な素材ゆえに衝撃で割れてしまうことがあるため、置いた際に安定しているかどうかもチェックポイントです。球形で装飾のないデザインのモノは、卓上で転がって床へと落下してしまう場合も。さらに、破損で出た破片に触れてしまうと、ケガをする恐れもあります。

破損によるケガなどを防ぐためにも、転がりにくい設計のモノを選ぶようにしましょう。本体が三角形になっていたり、装飾があしらわれていたりする製品は、平面でも安定して置きやすいのでおすすめです。

ケースやペン置き、スタンド付きだと安心

球面のガラスペンや装飾の少ないモノを使いたい場合は、ペン置きやスタンドが付属していると便利です。ガラスペンを置く際にペン置きやスタンドなどをストッパーとして活用すれば、卓上などの平面から転がり落ちるのを防げます。破片によるケガや破損の心配を減らせるため、安全性に配慮しながらキレイな状態でガラスペンを管理しやすいのがメリットです。

また、ガラスペンを持ち運びたい場合は、ケースや専用ボックス付きの製品を選ぶのがおすすめ。ガラスペンだけではなく、付属のスタンドやインクなども傷やホコリから保護しながら運べます。まとめて一気に持ち運びしやすいのも、ケースやボックス付きの利点です。

持ち歩きできるかチェック

By: amazon.co.jp

ガラスペンは、非常に繊細で割れやすいのがデメリット。基本的には自宅で楽しむ筆記具ですが、持ち歩いて日常的に使いたい場合には、キャップ付きの製品を選びましょう。

万年筆のボディにガラスペンのペン先を備えたハイブリッドなガラスペンなら、ほかの筆記具と一緒にペンケースへ入れて、外出先でも気軽に使えます。インク瓶の持ち歩きも不要な、カートリッジ式やコンバーター式のガラスペンもおすすめです。

インクがセットかどうかチェック

By: amazon.co.jp

ガラスペンのインクは、各メーカーからさまざまな種類がラインナップされており、用途や目的に応じて使用できます。しかし、初心者の方やどのインクを使えばよいのかわからない方は、インクとセットになったモノを選ぶのがおすすめです。

タイプによっては、執筆用や書道用、アート用など、数種類のインクがセットになっている場合もあります。付属されているインクを試しながら、自分に合ったインクを選ぶ参考にもなるため効率的です。これからガラスペンを使ってみたい方は、インクがセットになっているかどうかもチェックしてみましょう。

ガラスペンのお手入れ方法は?

ガラスペンを長く快適に使うためには、適切なお手入れが必要です。デリケートなペン先を守るためにもきちんとケアをしましょう。

使い終わったらガラスペンのペン先に付いたインクを水で洗い流し、柔らかい布やティッシュで水分を拭き取ればお手入れは完了します。インクがペン先にこびりついて落ちにくい場合には、水の代わりにぬるま湯を使用してみましょう。

また、お手入れの後は適切に保管する必要があります。ペン立てなどに立てるのではなく、専用ケースなどに入れてペン先を保護するのがおすすめです。

ガラスペンのおすすめメーカー

佐瀬工業所

By: glasspen.jp

ガラスペンの生みの親である佐々木定次郎のもとで修行をした先代が、独立してその技術を伝承しているのが「佐瀬工業所」です。佐々木定次郎の技術を唯一受け継いだガラスペンを製造しているメーカーとして、人気を集めています。

佐瀬工業所のガラスペンは、工芸品のような美しさと滑らかな書き心地を実現しているのが特徴。明治45年創業の長い歴史に裏付けられた、高いクオリティで人気を集めています。

ガラス工房ほのお

By: kanseifu.com

ガラス工房ほのおは、硬質ガラス採用のペンを完成させた職人・菅清風のガラスペンを取り扱うメーカーです。バーレーン王国との調印式で菅清風作のガラスペンが使用されるなど、品質の高さに定評があります。

硬質ガラスを採用した繊細なガラスペンを作っているのが魅力です。

ガラスペンのおすすめ|一体型

ハリオ(HARIO) 毎日使いたいガラスペン BRIDE

耐熱ガラスメーカーの「ハリオ」が展開しているガラスペン。ガラス職人が丁寧に作り上げており、シンプルながら高級感のあるフォルムが特徴です。

手に馴染みやすい作りで、扱いやすいのがメリット。軸が10mmと太く安定感があるほか、持ち手部分はくびれているためしっかりと握って書けます。あえて太くて短い形状にし、性別や年齢に関係なく使用しやすいデザインを採用。コンパクトでかさばらないので、持ち運びの際にも便利です。

プレーンで装飾がなく、左利きの方も使いやすいのがメリット。ガラスペンを装飾品ではなく実用的に使いたい方や、毎日気軽に手に取りたい方へおすすめの製品です。

Claurys ガラスペン

ガラス職人による手作業で製作されたガラスペン。ひねりのある形状が指にしっかりフィットし、筆記中に滑りにくいのが特徴です。グリップの幅は15mmと太めで安定感も良好。書き心地を追求したい方に適しています。

ペン先が繊細に作られているため小さな文字を書いてもつぶれにくく、イラストも細部まで書き込むことが可能。カラーラインナップも豊富で、好みのモノを見つけやすいのも魅力のガラスペンです。

佐瀬工業所 ガラスペン カモネオリジナル KO03-120

8本の溝の美しいねじり模様

明治45年創業の老舗メーカーのガラスペン。軸の太さは約12mmとやや細めなので、細かな箇所にも書きこみやすく作られています。握る部分が凹んでいるため握りやすく、同メーカーで特に人気のあるシリーズです。

本製品の美しいねじり模様は、8本の溝のあるガラス棒を均等に左右へひねって付けられています。両手を同じ速さで回す高度な技術が必要とされ、1本ずつ丁寧な手作業で作られているのも特徴。デザイン・書き味ともに優れており、国産の信頼できるモノが欲しい方がおすすめの製品です。

ガラス工房まつぼっくり ストームグラス

気温が下がると結晶が現れるガラスペンです。ヨーロッパで、かつて天気予報に使われていたストームグラスを使用しています。使うタイミングごとに変わる表情を楽しみながら筆記できるのが魅力です。

ペン先に溜まるインクの量が多いのもポイント。一度インクに浸すと、約300~400文字書けると謳われています。何度もインクをつけ足さず使えるのも特徴です。

転がりにくい形状のうえ、ペン置きなしで机の上に置いてもインクが垂れにくいのも便利。少し筆を休めながら文字を書きたい方にもおすすめです。

伊勢硝子 ガラスペン 豊宮川

生活に寄り添う道具やアート作品をガラスで製作している、伊勢硝子のガラスペンです。三重県伊勢市に工房があり、職人の手で手作りされています。製品名である豊宮川は、昔から伊勢神宮とのつながりがある一級河川の名前からつけられました。

硬質ガラスを使用したシンプルなつくり。紙面の文字を映し出せるほど透明に仕上がっています。美しい輝きを感じながら書き進められるモノを探している方におすすめです。

the Neon ガラスペン

シンプルな形状のガラスペンです。トップにあしらわれた色ガラスがポイント。本体は透明感があります。

全長は約120~130mm。重さは約10gです。字幅は約0.3mmの極細タイプなので、手帳に文字を細かく書き込みたいときにも便利です。

ペン置きが付いており、机の上に置けるのも魅力。実用性を重視したい方にもおすすめです。

ペント(Pent) Pent by 硝子工房YUKI ガラスペン ふわり はなしらべ 44127

昆虫をモチーフにしたユニークなガラスペンです。トップの装飾は、トンボやセミがもつ「はね」をイメージしたデザインを採用。色や模様からも着想を得ています。

ボディ内部は、花畑で風に吹かれた花弁がふわりと舞うシーンを再現。ダイクロガラスによるキラキラとした輝きが目を引きます。

サイズは約全長155×軸径9mmで、重量は約10.5g。滑らかな書き心地が楽しめるおすすめのガラスペンです。

エルバン(J.HERBIN) ガラスペン つむぎ

涼しげなボディが特徴のガラスペン。1点1点手作りのため、色の透明度や柄などの絶妙なゆらぎを楽しめます。ペン先には細かな溝が施されており、インク切れを気にせず使用可能。スムーズな書き心地で、扱いやすいのが魅力です。

ボディの長さは、約200mm。「ブルー」や「ターコイズ」など深みのある色合いをはじめ、「クリア」「グレー」「エメラルド」「パープル」など、全8色の豊富なカラーバリエーションで展開されています。

また、専用ボックスに入っているため、プレゼントしたい場合にもおすすめ。卓上から転がり落ちるのを防ぐため、ペン置きの代わりに使用できて便利です。ハンドクラフトならではのあたたかみあるガラスペンが欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

エルバン(J.HERBIN) ガラスペン ねじり&ミニインクセット

1670年にパリで生まれた、インクの老舗ブランドのガラスペン。ペン先から軸にかけてのレッド・クリア・パープルのコントラストが美しい、おしゃれな製品です。

軸径は約15mmあるため安定感があり、長時間使用しても疲れにくいのもポイント。ガラスペンとミニインクはおしゃれなボックスに収納されているため、プレゼントにもおすすめの製品です。

ガラス工房ほのお 硬質ガラスペン 清風

持ちやすく書きやすいため、初心者にもおすすめ

ペン先が摩耗しにくく耐久性に優れた硬質ガラスを採用したガラスペン。グリップ部分の幅が約15mmとしっかりした太さがあり、重心が低く設計されています。持ちやすく書きやすいので、ガラスペンの初心者にもおすすめです。

パイロットの黒インクが付属しており、すぐに使い始められるのもポイント。宝石のような美しい輝きがあり、大切な方へのプレゼントを探している方はチェックしてみてください。

ガラス工房ほのお 硬質ガラスペン 93流れ

水が流れるような美しいデザインが特徴

ガラス職人・菅清風が93歳を迎えた記念として作られた限定モデル。胴部全体が清流をイメージして作られており、水が流れるような美しいデザインが特徴です。軸の太さは約11.5mmと、ガラスペンとしてはやや細め。細かな箇所への書き込みに適しています。

ベルベット仕立てのケースとパイロット黒インクも付属しているため、初心者でもすぐに使い始められるのがうれしいポイント。さまざまな用途に使えるモノが欲しい方におすすめのガラスペンです。

モノッコ(monocco) ガラスペン スタンドセット

ガラスペンとスタンドがセットになっている製品。スタンドはインクを入れられる仕様で、毎回インクを準備する手間が省けます。

ガラスペンはねじりのあるおしゃれなデザインで、握りやすいのが魅力。ペンと同じくガラス製のスタンドは、曲線が美しく、卓上に設置するだけでエレガントさを演出できます。

ガラスペンを手軽に使いたい方や、インテリア性のあるガラスペンを探している方におすすめです。

ルビナート(RUBINATO) ガラスペン インクセット 28/ALF+INK

1950年代にイタリアで創業した筆記用具ブランド「ルビナート」のガラスペン。軸のなかにゴールドの装飾が入っており、光に当たると上品に輝くのが特徴です。さまざまなカラーラインナップがあり、プレゼントとしても人気があります。

9ccのインクがセットになっているため、すぐに使い始められるのもポイント。ネジ式のキャップが付属しており、インクが乾いたりホコリが入ったりせずに保管できます。値段も比較的手頃なので、ガラスペンの初心者にもおすすめの製品です。

リュリュ 空景色 ガラスペンセット ひこうき雲 SOGP-04

インクやペン置きが付属しており、プレゼントにもおすすめのガラスペンです。インクは空をイメージしたカラー。ペン置きは、雲の結晶をモチーフとしたデザインです。

鮮やかなグラデーションが美しいパッケージデザインを採用しているのもポイント。また、ガラスペンのペン先は、溝が直線状に伸びた形状で、少々ふくらみをもたせているのも特徴です。

エル クリスタルガラスペン 星空ユニコーン

ガラスペンと12色のインクがセットになっている製品。購入してすぐにさまざまな色彩の文字を楽しめます。本体の色はホワイト・グリーン・ティール・ダークブルー・ライトブルー・パープルピンクと、全6種類を豊富に展開。ガラスペンをファッショナブルに使いたい方に適しています。

パッケージには、ユニコーンが描かれたかわいらしいギフトボックスを採用。自分で使うのはもちろん、プレゼントにもおすすめのガラスペンです。

モコシャレ ガラスディップペンインクセット 18点セット

2本のガラスペンだけでなく、14種類のインク・ペンホルダー・ガラスカップが付属したセット。ガラスペンは丸みのあるモノとねじりが加えられたモノの2種類があり、好みに合わせて使用できます。

インクは無害と謳われている素材と顔料から抽出され、安全性に配慮されているのもポイント。乾きが速く摩擦にも強いので、文字だけでなくイラストを描くのにも適しています。各ボトルに金粉が含まれ、発色のよさも良好です。

おしゃれなボックスにすべてのツールが収納でき、プレゼントにもおすすめ。ガラスペンを使い始めるのに必要なアイテムが含まれており、初心者にぴったりの製品です。

GC QUILL ガラスディップペンインクセット JP-13

ガラスペンをはじめて使う方にぴったり

ガラスペンと12色のインクがセットになった製品です。ガラスペンの素材には高品質な硬質ガラスを採用。ペン先がブラシ型のため吸水性に優れ、文字がかすれにくく滑らかな筆記を実現します。

インクには金粉が含まれており、上品な輝きを放つのも魅力。価格も比較的リーズナブルなので、ガラスペンをはじめて使う方やちょっとしたプレゼントにもおすすめのセットです。

ガラスペンのおすすめ|分離型

Lanxivi ガラスペン 特殊ペン先 万年筆

ガラスのペン先だけでなく、0.6mmの万年筆用ペン先が付属する製品です。カートリッジも2本付いているため、万年筆を頻繁に使う方にもおすすめです。キャップ式なので、持ち運び時のインク漏れやペン先の欠けも気にせずに使えます。

万年筆用ペン先とガラスのディップペン先は、先端をねじるだけで交換可能。収納時は約100mmで重さは約15gと非常に軽量なため、携帯性も良好です。自宅はもちろん、外出先でも気軽に使えるモノが欲しい方はチェックしてみてください。

Lanxivi 万年筆 極細字 ガラスペン

極細字のペン先とガラスペンがセットになっている製品です。ペン先を交換すれば、万年筆としてもガラスペンとしても使用できます。キャップが付属しているため、破損を気にせずに持ち運べるのもポイントです。

ボディには軽量のセルロイドを採用し、携帯性のよさと高級感のあるデザイン性を実現。全長は145mmで筆箱や胸ポケットにも収納しやすいサイズ感も魅力です。外出先でもガラスペンを使いたい方や、万年筆と使い分けたい方はチェックしてみてください。

ゲッコーデザイン(GeckoDesign) デビル ディップペン GD-GDB-DV

ガラスペンだけではなく、スチールペンとしても使えるおすすめのアイテム。ガラスペンとスチールペンのペン先を用途にあわせて使い分けられます。

ガラスペンのペン先はインクをスムーズに吸収できるのが特徴。快適にインクを補充できます。

木軸はアフリカン エボニー・アフリカン ブラックウッド・アフリカン パドックの3種類を展開。長く愛用できるガラスペンを探している方にもおすすめです。

ペン先を木軸に差し込み、付属のゴムリングで留めるだけで簡単に使用可能。使わないときは、ガラスペンのペン先を木軸に内向きで挿し込みます。ペン先を保護できるモノを探している方にもぴったりです。

番外編:ガラスペン用のおすすめインクメーカー

ウィンザーニュートン(Winsor Newton)

「ウィンザーニュートン」は、イギリス・ロンドンの由緒ある絵具ブランド。1832年に科学者のウィリアム・ウィンザーとアーティストのヘンリー・ニュートンにより創立されました。速乾性、耐水性、透明性があり、原料素材の持つ色彩と鮮やかな発色を追求したカラーインクをラインナップしているのが特徴です。

ウィンザーニュートン(Winsor Newton) ドローイングインク 14ml

イラストレーターやデザイナーに長年愛用され続けている、鮮やかで透明なドローイングインク。ガラスペンを直接ボトルに差し込んで使ったり、蒸留水で薄めて使ったりとさまざまな使い方ができます。インク同士を混ぜ合わせることも可能です。

なお、水で薄めると透明感が増し、厚く塗ると光沢のある仕上がりに。1本のインクで2種類の色合いが楽しめます。耐水性があり、紙にのせたインクが乾いた後は、水をはじくようになるのもポイント。

また、置いておくだけでおしゃれに映える、インク瓶のかわいいデザインもポイント。カラーの種類は豊富にあるので、複数揃えるのもおすすめです。

パイロット(PILOT)

1918年創業の文具メーカー。書くことにとことんこだわりぬいた万年筆からボールペン、手帳やビジネスバッグに至るまで、さまざまな製品の製造・販売を行っています。

なお、パイロットのインクはカラーバリエーションの豊富さと、発色のよさが特徴。書くことを存分に楽しみたい方におすすめです。

パイロット(PILOT) 色彩雫 INK-50

日本の美しい自然や景色から創造された、彩り豊かなカラーインク。発色がよく、書く楽しみが広がります。また、日本の情景が浮かぶインクひとつひとつのネーミングもポイントです。

使われているインク瓶は「日本パッケージデザイン大賞2011」の家庭用品・一般雑貨部門で金賞を獲得。しっかりとした安定感があり、香水瓶のようにスタイリッシュでおしゃれなデザインが特徴です。

エルバン(J.HERBIN)

1670年にフランス・パリで創業された、シーリングワックスとインクの老舗ブランドです。

インクの本格的な生産は1700年に開始されました。自然の豊かな色のイメージに着想を得たインクは、毎回使うのが楽しくなるほどカラーバリエーションが豊富。発色もよく、濃淡がきれいに出るのも魅力です。

エルバン(J.HERBIN) トラディショナルインク 30ml ガラスボトル入り

エルバンのトラディショナルインクは、自然の美しい色をテーマにして作られた製品です。ブルーやレッド、ブラックといったスタンダードな色からビビッド、やわらかな淡色のモノまで揃い、全35種類とカラーバリエーションが豊富。その日の気分に合わせて、好みのカラーを選ぶ楽しさが味わえます。

なお、トラディショナルインクの代表的なカラーは、すみれから生まれた濃い紫色の「ヴィオレパンセ」。1966年まで、フランス全土の小学校で指定色として愛用されてきた歴史と深みのあるカラーです。

また、四角いフォルムのインク瓶には、それぞれのカラー名を象徴するイラストが印字されています。シンプルかつおしゃれなデザインで、置いておくだけでもインテリアのアクセントとして活躍。個性的なインクを探している方におすすめです。