大人の筆記用具といえば万年筆を思い浮かべる方も多いと思いますが、忘れてはならないのが「ガラスペン」です。ガラス素材特有の繊細な美しさはもちろん、書き味がよいのも魅力のひとつ。そこで今回はガラスペンの選び方と使い方をはじめ、おすすめの製品をご紹介します。

ガラスペンとは?

By: rakuten.co.jp

ガラスペンとは日本で誕生したガラス製のペンで、1902年に風鈴職人の佐々木定次郎によって考案されました。最大の魅力は、ガラス特有のエレガントな輝きと、高級感溢れる美しいデザイン。また、ペン先に刻まれた溝がインクをたっぷり吸収するためインク持ちがよく、鉛筆のようにあらゆる方向に筆記が可能なのも特徴です。

美術品とも例えられる美しさと、滑らかな書き味で人気を博したガラスペンは、瞬く間に世界中に広まりました。特にガラス工芸において歴史のあるヨーロッパでは、現在でもさまざまなガラスペンが誕生しています。また、職人による手作業で、一つひとつ丁寧に作られているのもガラスペンの魅力。握り心地、書き味がそれぞれに異なるので、購入前はしっかり確認しておきましょう。

ガラスペンの使い方

By: amazon.co.jp

ガラスペンは、つけペンの一種です。そのため、別途購入したインクをペン先につけて使用します。ペン先の表面には細かい溝が掘られていて、毛細管現象によって吸い上げることで、インクを溜めるという構造です。一度インクを付ければ、インクが乾いてしまわない限り、ハガキ1枚分程度の文字が書けます。

ガラスペン使用後は、ティッシュで拭き取ったり水で洗ったりして手入れをしましょう。水でも落ちにくい汚れは、ぬるま湯につけることで落とせます。ペン先に溜まったインクを落とせば、別の色のインクを使うことも可能です。

ガラスペンの選び方

形状をチェック

見た目が美しい「一体型」

By: glasspen.jp

1つ目の形状は、ペン先から軸までがすべてガラス製の一体型です。全体がガラスで作られているため、工芸品のような美しさが特徴。統一感のあるデザインが魅力のガラスペンを探している方は、一体型のモノを選びましょう。

ペン先が劣化しても取り替えることはできませんが、メーカーによってはペン先が破損したり摩耗した場合に修理したりしてもらえることもあります。

ペン先を交換できる「分離型」

By: amazon.co.jp

2つ目の形状は、軸とペン先を分けられる分離型。劣化したら、ペン先のみを交換できます。ガラスペン自体を買い換えなくてもよいため、経済的です。また、気に入ったデザインのペンを長く使い続けられるというメリットもあります。

軸とペン先の素材が異なることもあるので、購入前に確認しておきましょう。ガラスペン特有の美しさや実用性を重視するのであれば、軸もペン先もガラスでできているタイプを選ぶのがおすすめです。

素材をチェック

リーズナブルな「一般ガラス」

By: amazon.co.jp

一般ガラスは、1枚でできたガラスのことを指します。軟化温度が低いため、簡単に加工できるのがメリットです。しかし、耐久性に優れているとは言い難く、硬化ガラスより壊れやすいというデメリットがあります。そのため、扱いには十分注意して使用しましょう。

耐久性に優れた「硬質ガラス」

By: kanseifu.com

一般ガラスよりも耐久性に優れている硬質ガラス(耐熱ガラス)は、ガラスペンによく使われています。硬質ガラスは一般ガラスより軟化温度が高く、簡単には加工できない硬いガラスのことです。

耐久性や耐熱性、耐摩耗性に優れているので、ペン先がすり減りにくいのが魅力。ガラスペンを製造しているメーカーの多くは、壊れにくい硬質ガラスを採用しています。

グリップ部分の太さをチェック

By: rakuten.co.jp

ガラスペンは軸がガラス製なので、ラバークリップなど柔らかい素材を採用しているボールペンなどと比べると、硬い握り心地です。長時間握っていると手が疲れてしまうこともあるため、グリップ部分が太いガラスペンを選びましょう。

グリップ部分が太いと握りやすく、手に負担がかかりにくいのがメリット。また、重さがあるため重心が低くなって持ちやすく、安定した筆記ができます。

ガラスペンのおすすめメーカー

佐瀬工業所

By: glasspen.jp

ガラスペンの生みの親である佐々木定次郎氏のもとで修行をした先代が、独立してその技術を伝承しているのが佐瀬工業所です。佐々木定次郎氏の技術を唯一受け継いだガラスペンを製造しているメーカーとして、人気を集めています。

佐瀬工業所のガラスペンは、工芸品のような美しさとなめらかな書き心地を実現しているのが特徴。明治45年創業という長い歴史に裏付けられた、高いクオリティで人々を魅了しています。

ガラス工房ほのお

By: kanseifu.com

ガラス工房ほのおは、硬質ガラス採用のペンを完成させた職人・菅清風氏のガラスペンを取り扱うメーカーです。バーレーン王国との調印式で菅清風氏作のガラスペンが使用されるなど、品質の高さに定評があります。

硬質ガラスを採用しているため、高温の中で繊細なガラスペンを作っているのがポイント。通常の使用によってペン先が欠けてしまった場合は、無償で修理してもらえる永久保証を受けられます。期限を設けていないので、お気に入りのガラスペンを長く使用可能です。

川西硝子

By: rakuten.co.jp

芸術性と実用性を両立させたガラスペンを製造している、川西硝子。ほとんどの製品が酸素バーナーを使った「フューミング」と呼ばれる着色技法で作られており、幻想的な模様が浮かび上がった美しいデザインが特徴です。

また、強い力を加えなくても、ペンの重さだけでスラスラと書けるよう計算されて作られているのも魅力。重心や溝の本数などの細かい点にこだわることで、書きやすさを実現しています。製品によって書き心地が異なるため、自分好みのデザインと使いやすさを併せ持ったガラスペンを探し出しましょう。

ガラスペンのおすすめ製品

川西硝子(Kawanishi Glass) ガラスペン 細波

川西硝子(Kawanishi Glass) ガラスペン 細波

波の細かなうねりをモチーフにした、繊細な模様が特徴のガラスペン。輝きは光の種類や背景によって異なり、特に白い紙の上では、より一層優しく柔らかい光を放ちます。刻まれている模様は美しいだけでなく、手にしっかりとフィットし、滑りにくいのもポイント。さらに、ペン先の12本の溝がしっかりとインクを吸い上げ、滑らかな書き味を維持します。

桜・黄青・虹などのカラーバリエーションがあり、温かみのある上品な輝きが魅力です。ペン先は細字と中字の中間の太さで、初めてガラスペンを使用する方にもおすすめ。実用性とデザイン性を兼ね備えた、長く愛用できるガラスペンです。

ガラス工房 まつぼっくり ガラスペン モール ツブツブ

ガラス工房 まつぼっくり ガラスペン モール ツブツブ

本体のツブツブとした装飾が複雑な輝きを作り出しているガラスペン。装飾は軸の内側に施されており、表面はツルツルとした手触りが特徴です。素材は、一般的なガラスに比べて軽量で耐久性が高く、もともとは工業用として使用されていた「硼珪酸ガラス」を採用しています。

カラーはベーシックなブルーやイエローなど全7色がラインナップされており、ペン先は細字・中字・太字の3種類から選択が可能。バリエーションが豊富なので、男女問わずプレゼントにもおすすめのアイテムです。

ペント(Pent) ガラスペン ガラス工房 LUC 光の螺旋~Spiral of light~

ペント(Pent) ガラスペン ガラス工房 LUC  光の螺旋~Spiral of light~

光の種類や角度によって輝き方が変わる「ダイクロガラス」を採用したガラスペン。全体に施された螺旋模様の美しい煌めきが魅力です。本体上部にあるオパールのモチーフは、Star(星)・Earth(地球)・Moon(月)の3種類。控えめながら個性があり、ガラスの特性が最大限に生かされたデザインに仕上がっています。

約30gの適度な重量で安定感があり、なめらかな書き味も特徴。実用的で洗練されたデザインのガラスペンを探している方におすすめです。

スタジオ嘉硝 ガラスペン 1101 オーロラ

スタジオ嘉硝 ガラスペン 1101 オーロラ

福井県の工房でガラス工芸品を制作するスタジオ嘉硝のガラスペンです。透明感のある美しさを追求したアイテムで、素材はアメリカのガラスメーカー、ブルズアイ社の工芸用ソーダガラスを採用。また、爽やかなマーブルカラーと、流れるような曲線のシンプルなフォルムも魅力です。

定番シリーズの本アイテムのほか、桜や花火、紅葉など、季節ならではのデザインも豊富。ガラスに溶け込む淡い色合いで高級感があり、プレゼントにもおすすめです。すべてのアイテムに、ペンを置くための「ペンレスト」がセットになっています。

セラス(CERAS) ガラスペン

セラス(CERAS) ガラスペン

ガラスの透明感が引き立つ、滑らかな曲線のフォルムが美しいガラスペン。軸の中央からペン先にかけて緩やかに膨らんでおり、握りやすく書きやすいのが特徴です。

軸部分がストレートなタイプは全3色、ねじれたタイプは全4色がラインナップされています。上品な色味で高級感があり、シンプルなデザインも魅力。比較的リーズナブルな価格なので、初めてガラスペンを使用する方にもおすすめです。

佐瀬工業所 カネモオリジナル 透明-2層 12.0mm KO09-120

長い歴史を誇る佐瀬工業所のガラスペンのなかでも、人気の高い製品。ガラスペンならではの、ひねり加工が魅力です。握る部分が凹んでいるため、握りやすいのが特徴。しっかりと握れて書きやすいガラスペンといえます。

ガラスという素材を活かした透明感と、着色の2層構造も人気の理由です。ガラスに閉じ込められた色が、ガラス単体のペンとは異なる顔を見せてくれます。軸は太めに作られているので、長時間使用しても疲れにくいのがメリット。伝統ある日本製のガラスペンを探している方におすすめです。

ガラス工房ほのお 硬質ガラスペン 清風

京都の工房で作られる、菅清風氏のこだわりが詰まったガラスペン。螺旋模様のダイヤ絞りは、1200℃の高温でガラスを加熱しながらねじることで付けられています。軸が太く作られているので、握りやすいのが特徴。重心が低くなるため、安定した筆記が可能です。

永久無償修理保証が付いているため、通常の使用によってペン先が破損したり、摩耗したりした場合は修理してもらえます。気に入ったガラスペンを長く使い続けたい方におすすめです。

川西硝子(Kawanishi Glass) ガラスペン

ガラスだからこそ出せる透明感を活かした着色が美しいガラスペン。酸素バーナーを用いて、純金や純銀を吹き付けて色や模様をガラス内に閉じ込めるフューミングという技法によって作られています。

置く場所や光の当たり方によって、大きく異なる表情を見せてくれるのが特徴。つい時間を忘れて見とれてしまう、美しい色合いが魅力です。上部にはペンが転がって落下するのを防ぐ回り止めが付いています。安心して使い続けられる、おしゃれなデザインのガラスペンを探している方におすすめです。

川西硝子(Kawanishi Glass) ガラスペン 矢絣

透明なガラスのなかで、縁起のよい和柄とされている矢絣(やがすり)模様が煌めくガラスペン。置く場所や光の当て方によって、異なる色合いの模様が立体的に浮かび上がるのがポイントです。

日本ならではのデザインが施されたガラスペンを探している方におすすめ。握る部分は太めに作られているので疲れにくく、安定した筆記ができます。デザイン性と実用性を兼ね備えたガラスペンを、ぜひチェックしてみてください。

ガラス工房 まつぼっくり ガラスペン 色管モノクローム 1418207

細かく溝が掘られたペン先と、ガラスの滑らかさを全面に押し出したデザインの軸が特徴です。シックなデザインのため飽きがこず、長く使い続けられます。

軸の内部を空洞にしているため、手にしてみると一般的なガラスペンよりも軽いのが特徴。また、転がりを防止する仕様のため落下しにくく、ペン先のインクが垂れにくいためペン置きを持っていなくても安心して使えます。

ガラス工房 まつぼっくり ガラスペン モール

ガラスペンの内部に、金雲母や銀雲母の粉末を散りばめた美しいデザインです。見る角度を変えればキラキラと光り、ガラスの美しさが引き立ちます。ガラスペンが転がらないよう、転がり防止機能が付いているのもポイント。安心して使える日本製のガラスペンを探している方におすすめです。

また、ペンの内部が空洞のため軽く、スラスラと動かせます。スリムなデザインで、軽やかな雰囲気を醸し出しているのも魅力です。

大西製作所 キャップ付きガラスペン アセテート ラピスラズリ

ひとつひとつ手作りで手がけるガラスペンや万年筆が好評の、大西製作所。本製品はペン先がガラス、軸が化学繊維のアセテートでできています。軸は艶が出るように磨き上げられているので、ガラス製のペン先と調和しているのが特徴です。

キャップ付きのガラスペンなので、ペン先を保護しながら持ち運びも可能。出かけた先でも使えるガラスペンを探している方におすすめです。デザインのモチーフであるラピスラズリは幸運を招く石といわれているため、プレゼントにも向いています。

エルバン(HERBIN) ねじりガラスペン hb21212set

フランスのパリで1670年から創業を続ける、シーリングワックスとインクの老舗メーカー「エルバン」。ガラスペンとインクのセットも展開しています。

本製品はねじった軸がおしゃれなガラスペンとミニインクのセットです。すぐに使い始められるので、プレゼントにもおすすめ。ハンドクラフトによる1点モノで、美しいマーブル模様が魅力の製品です。

トマージ(TOMMASI) ガラスペン シルバーリーフシリーズ P1

イタリアで装飾用ガラス製品を製造しているメーカー「トマージ」。高い職人技が光る、繊細なガラス製品が人気を集めています。本製品は、軸に銀箔が入った豪華なデザインが特徴です。

ガラスペンのなかでも細い字が書けるタイプなので、画数の多い漢字でも書きやすいのもポイント。豪華なデザインと実用性の高さを兼ね備えたガラスペンを探している方におすすめです。