スマホの普及により写真を撮る機会が多くなりましたが、撮った写真の家族との共有やバックアップってどうしていますか?

iCloudやDropboxに代表される公共クラウドサービスに保管する場合、アクセスが集中すると処理スピードが遅いことに加えて個人情報流出などのセキュリティ上の懸念が残りますよね。そこで中国のチームが開発したのが、完全プライベートで安心安全な家庭用クラウドシステムのTimeCloudです。

見た目のことを言えば、映画『ウォーリー』(原題:WALL-E)のEveというキャラクターにインスパイアされたという近代的なデザインと色は、他の機器とも調和するうえ手のひらサイズで置くところにも困りません。

肝心の機能ですが、インターネット上に保管される他社サービスと比べて最大60倍もの速さで、スマホからワイヤレスに写真を転送できます。SDカードやモバイルHDDを本体に差し込んで接続することも可能ですが、それも面倒くさい?そんなときは、TimeCloudがつながる範囲内にいれば、スマホと連携して自動的に全ての写真をバックアップ転送してくれます。

そのように保存されたデータを、最大8人まで同時に様々なデバイスから接続して見ることができます。保存容量はGB(ギガバイト)のさらに上をいくTB(テラバイト)だそう。どんどん蓄積してゆく写真は、日時や場所、それぞれの思い出ごとに分類もできますし、その分類自体をインテリジェンス分析機能を搭載しているTimeCloudに自動的にやってもらうことも可能です。至れり尽くせりですね。

現在は出資を募っていて、開発段階にあります。