いつでもどこでも使用できる「ポータブルシャワー」。海水浴やキャンプ、災害時に役立つアイテムとして注目を集めています。最近では、電力タイプや手動タイプなどさまざまなモデルが発売されており、どのモデルを購入すべきか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのポータブルシャワーをご紹介します。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ポータブルシャワーの選び方

給水タイプで選ぶ

電力タイプ

By: amazon.co.jp

電力タイプのポータブルシャワーは、気軽に使用できるのが特徴です。車のシガーソケットやUSB口につなげるだけで給水でき、一定の水圧を維持できるのがポイント。サーフィンやキャンプでの車中泊などで重宝します。

一方、車の近くでないと使用できないのがデメリットです。また、電圧が合わないモデルを使用すると、車のバッテリーに支障をきたす可能性があります。電力タイプのモデルを購入する際は、どの電圧に対応しているのか事前に確認しておきましょう。

乾電池タイプ

By: amazon.co.jp

乾電池タイプのポータブルシャワーは、乾電池さえあれば場所を選ばずに使用できるのが魅力です。車から離れたキャンプ場やトレッキングでの使用におすすめ。また、コードがないため広範囲に水をかけることも可能です。

また、電池が切れた場合には、乾電池を交換するだけで継続して使用できるので、シャワーが途中で止まってしまう心配もありません。さらに、ほかのタイプに比べてコンパクトなのもポイント。持ち運びやすいモデルを探している方は、ぜひ検討してみてください。

手動ポンプタイプ

By: amazon.co.jp

電力いらずで使用できるのが、手動ポンプタイプのポータブルシャワー。災害による停電時や、乾電池が不足しているときでも、手でプッシュして使用することが可能です。なかには、より効率よく使用できる、足でプッシュするタイプのモデルも発売されています。

また、携帯性にも優れているため、災害時以外にも海水浴やアウトドアシーンで使用できるのも魅力です。一方で、ほかのタイプに比べて水が止まりやすいのがデメリットのため、長時間使用できるモデルを選びましょう。

吊り下げタイプ

By: amazon.co.jp

木や柱などに吊り下げることで、落ちてくる水をシャワーとして使うポータブルシャワーは、収納性に優れているのが魅力です。タンクとシャワー部分が一体化しているモデルが多く、未使用時は折りたたんでおけるので、場所を取らずに保管できます。

また、電力を使用せずに利用できるため、災害時はもちろん、アウトドアシーンでも気軽に使用可能。タンクに水を入れあたためておけば、温水シャワーとして使用することも可能です。なお、重力を利用するタイプなので、止水スイッチが付いているモデルを選ぶと、より便利に使えます。

長さをチェック

By: amazon.co.jp

ポータブルシャワーを選ぶ際は、長さもチェックしておきましょう。サーフィンや海水浴後に使用したい場合には、身長以上の長さがあるモデルを選ぶと、より快適にシャワーを浴びられます。2mの長さがあるモデルであれば、水をかけられる範囲が広くなるため、洗車にも使用可能です。

一方で、手を洗ったり、お皿を洗ったりする程度であれば、短めのモデルでも十分事足ります。使用用途に合う長さのモデルを選びましょう。

水圧の強さをチェック

By: amazon.co.jp

ポータブルシャワーは、モデルによって水圧の強さが異なります。海での砂を落としたり、キャンプで使用したアイテムの汚れを落としたりするには、水圧が強めのモデルを選ぶのがおすすめです。目安としては1分間で3L放水できるモデルであれば、十分快適に使用できます。

温水を使うなら耐熱温度をチェック

By: amazon.co.jp

温水のシャワーを浴びたい場合には、ポータブルシャワーの耐熱温度もチェックしておきましょう。一般的に、快適に浴びられるシャワーの温度は38〜40℃とされているため、耐熱温度が45℃程度あれば、問題なく使用できます。

一方で、温泉のお湯をタンクに入れ、シャワーとして使用したい場合には、耐熱温度50℃以上のモデルを選ぶのがおすすめ。使用用途に合わせて、最適な耐熱温度のモデルを選びましょう。

浄水システムの有無をチェック

By: amazon.co.jp

浄水システムが付いているポータブルシャワーなら、周りに水道がなくても川の水を利用することが可能。汚れが濾過されるシステムが搭載されているため、川の水を浴びるのに抵抗がある方にもおすすめです。

また、水道水を使用する場合でも、よりきれいな水をシャワーとして使用できるので、小さな子供に使用させる際にも安心です。

フックや吸盤の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ポータブルシャワーは、一般的なモノと同様、手で持って使用するモデルが一般的。しかし、フックや吸盤が付いているモデルを選べば、木に引っ掛けたり、車の窓にくっつけたりして使用することが可能です。

手が空いている状態でシャワーを浴びられるので、より快適に使用できます。

ポータブルシャワーのおすすめ

ロゴス(LOGOS) パワードシャワー

放水量が1分あたり5Lとパワフルな水圧が魅力のポータブルシャワーです。シャワーヘッド下部のボタンで水量を調節できるので、水を効率的に使えるのもおすすめポイント。ホースの長さは約2mあり、車やバイクの洗浄からマリンスポーツ後のシャワーまで、さまざまな用途で使用可能です。

また、シャワーホルダー・S字フック・吸盤が付属するので、木や柱に引っ掛けられるのはもちろん、車の窓やドアに固定することも可能。持ち運びに便利な収納袋も付いています。

さらに、アウトドアシーンに馴染むカラーデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。なお、当モデルはDC12Vの電源にのみ対応しているので、事前に使用可能かチェックしておきましょう。

ロゴス(LOGOS) 2電源・どこでもシャワー

車のシガーソケットから電源が取れるうえ、乾電池でも使用できるポータブルシャワーです。場所を問わずに使用できるため、アウトドアシーンだけでなく、災害時にも活躍します。

ホースの長さは約2mと高身長の方でも快適に使用可能。コードも6mあるので、シガーソケットから電源を得る際に、より広範囲で使用しやすいのもおすすめポイントです。また、シャワーホルダー・吸盤・S字フックが付属するため、ハンズフリーでシャワーを浴びられます。

さらに、付属の収納袋に入れれば、21×11×25cmとコンパクトに収まるのも魅力のひとつ。場所を取らずに保管して置けます。

KEDSUM ポータブルシャワー

長時間使用できるモデルを探している方におすすめのポータブルシャワー。1回の充電で約60分使用できる充電式電池が2つ付属しており、車やPCのUSBポートから充電できます。

また、1分あたり4L放水されるので、水圧が強く、汚れを落としやすいのも魅力です。ホースは約1.8mあるため、快適にシャワーを浴びられます。

さらに、S字フックや吸盤も付属しているので、木や柱、車の窓に固定して使用すれば、ハンズフリーで使用可能。重量は約714gと1kgに満たないため、持ち運びしやすい点も便利です。

innhom ポータブルシャワー

充電可能な電力タイプのポータブルシャワーです。車のシガーソケットに接続して使用できるのはもちろん、充電しておけば場所を選ばずに使用できるのが魅力。ホースの長さは1.83mあるので、洗車にも使用できます。

また、放水量が1分あたり4〜5Lと水圧が強いのもおすすめポイント。海水浴やバーベキューなどの汚れを落とすのに十分です。さらに、フック・ホルダー・吸盤が付属しているため、木や柱、車に取り付けて使用することも可能。バッテリーとポンプが別々の構造なので、より安全に使用できるのも人気の理由です。

気軽に使用できるうえに、さまざまな用途で活躍するモデルを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

Laserbeak ポータブルシャワー

充電式のポータブルシャワーです。付属のUSBケーブルを使用して4時間充電することで、約60分間使用できます。また、シャワーの水圧を2段階に調節できるのもおすすめポイント。ハイパワー時は1分あたり4L、ローパワー時は1分あたり3L放水可能です。

さらに、ホースの長さは約2.1mあるため、海水浴後のシャワーや洗車など、さまざまなシーンで使用できます。そのほか、充電が少なくなると赤いランプが点灯する仕様なので、急な充電切れを防げるのも魅力のひとつ。吸盤式フックが付いているため、両手が空いた状態でシャワーを浴びられます。

XJCSPORT アウトドアシャワー

1回の充電で約80分使用できるポータブルシャワーです。発電方法によるものの、充電時間は約5時間。ポンプを水の入ったバケツに浸してモーターのスイッチをオンにするだけで給水されるので、初心者でも使用しやすいモデルです。

また、ホースの長さは約2mあります。最大で1分あたり約4L放水されるため、身体についた砂や、食器についた汚れを落とすのに十分な水圧です。水圧は調節可能なので、さまざまなシーンで使用できるのもポイント。S字フックやホルダーが付属しているため、木や車に引っ掛けて使用することも可能です。

なお、本体サイズは15×9.3×7.2cm。未使用時はコンパクトに収納できるので、持ち運びしやすいモデルを探している方も、ぜひ購入を検討してみてください。

マグナ(MAGNA) ポータブルシャワー

シャワーヘッドに精密なステンレス製の散水板が使用されているポータブルシャワーです。水圧が強いだけでなく、節水効果も見込めるので、水の無駄遣いを避けられます。また、ワンタッチで水を止められるので、使いやすいのも人気の理由です。

家庭のコンセントや車のシガーソケットなどで充電でき、1回の充電で連続約120分給水し続けられるのもおすすめポイント。ホースの長さは約2mあり、場所を選ばずに使用できるので、海水浴やキャンプにはもちろん、車の洗車にも役立ちます。

吸盤式フックが付属するので、手が空いた状態でシャワーを浴びられるのも魅力のひとつです。

JOYTUTUS ポータブルシャワー

DC12Vシガーソケットに対応している電力タイプのポータブルシャワーです。車の近くで使用することになりますが、ホースが1.8mと長いため快適に使用できます。1分間で最大約3.8L放水可能と、身体についた砂や食器についた汚れ、車のホイール汚れなどを落とすのに十分な水圧です。

また、止水スイッチが付いたシャワーヘッドが付属するため、水の無駄遣いを防げるのも魅力。さらに、フックとシャワーヘッドホルダーも付いています。重量が750gと軽量なので、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

タカギ(takagi) アウトドアポンプ A122

手動ポンプタイプのポータブルシャワーです。電力が必要なく、給水口ネジ部分が外径50mm、または65mmのポリタンクにセットするだけで使用できるのが特徴。キャップを20回プッシュし、切り替えレバーをひねれば、約1.5Lの水が出る仕様です。

また、止水レバーが付いているので、水の無駄遣いを避けられるのもおすすめポイント。耐熱温度は最大60℃のため、温水シャワーを浴びたい方にもぴったりです。

さらに、フックも付いているので、木に吊り下げればハンズフリーでも使用できます。

モルスコ(MOLUSKO) シャワー 7L MS-32

シャワーとポンプが一体化している、手動ポンプタイプのポータブルシャワー。ポンプ部分のハンドルをプッシュし、ポンプ内に圧力をかけることで放水が可能です。

レバーの操作によって断続的にシャワーを利用したり、連続的にシャワーを浴びたりと、使い分けることが可能。ホースの長さは約1.6mなので、サーフィン後のシャワーやバーベキュー後の食器の洗浄など、さまざまなシーンで活躍します。

また、電力を必要としないため、災害用に準備しておくのもおすすめ。さらに、40℃以下であれば、お湯を入れて温水シャワーを浴びることも可能です。なお、水が漏れるのを防ぐためにも、持ち運ぶ際は、タンク内を空にした状態にしておきましょう。

メルテック(meltec) どこでもポンピングウォッシュ DPW-05

手動ポンプタイプのポータブルシャワー。汚れにダイレクトにシャワーを当てられるストレート噴射、広範囲に放水できるシャワー噴射と出方を調節できるのが特徴です。容量は5Lで、マリンスポーツ後にはもちろん、ガーデニングや洗車など、さまざまなシーンで使用できます。

また、ショルダーベルトが付いているため、持ち運びしやすいのもポイント。電力を必要としないので、災害対策として用意しておくのもおすすめです。

マルハチ産業 ポンプ式 水圧クリーナー おそうじ当番

ブラシ付きのシャワーヘッドが付いている手動ポンプ式ポータブルシャワーです。電源・電池が不要なうえに、ブラシから水が出る仕様なので、車・バイク・自転車はもちろん、普段手の届きにくいベランダ・窓・サッシの洗浄にも役立ちます。

また、約50℃の温水に対応しているため、汚れを落としやすいのも魅力のひとつです。シャワーヘッドを交換する際は、ワンタッチで簡単に取り外し・取り付け可能。通常のシャワーヘッドは、簡単にオンとオフの切り替えができるため、水の無駄遣いを避けられます。なお、容量は6Lです。

W.zz ポータブルシャワー

足で加圧することでシャワーを浴びられるポータブルシャワーです。ほかの手動ポンプタイプのモデルとは異なり、フットポンプを付属しているのが特徴。ポンプを踏むだけでタンク内に圧がかかるため、簡単に使用できるのが魅力です。

また、ホースは約2mと長いので、より広範囲に放水可能。容量は15Lあり、海水浴後のシャワーやガーデニング、バーベキュー後の洗い物と多岐にわたって使用できます。電力を必要としないので、場所と問わず手軽に使えるモデルを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ksiuiue ソーラーキャンプシャワー

約20Lの水を入れられる、吊り下げタイプのポータブルシャワーです。吸熱性が高い素材を採用しているため、水を入れた後に太陽光を当てておけば、温水シャワーを浴びることも可能。袋の内部の水温を確認できるので、水があたたまりすぎるのを防げます。

また、水圧を調節できるシャワーヘッドを採用しているため、水の無駄遣いを防げるのもおすすめポイントです。さらに、小物を入れておけるメッシュポケットが付いていたり、滑りにくいハンドルが付いていたりと、機能性に優れているのも人気の理由。

サイズは48.5×32×43cmと大きめですが、未使用時には折りたたむことでコンパクトサイズに収まります。

KingCamp ポータブルシャワー

吊り下げ式のポータブルシャワー。アウトドアにはもちろん、災害時にも重宝するモデルです。タンクには最大20Lの水が入ります。本体が黒いため太陽の熱を吸収しやすく、温水シャワーを浴びたい方にもおすすめです。また、給水の勢いを調節できるスイッチが付いているので、用途に合わせて使用できます。

さらに、ストラップも付いてくるので、柱や木など、吊り下げられる場所であればどこでも使用可能。未使用時は折りたたんでおけばコンパクトに収まるので、持ち運びや保管がしやすいのも人気の理由です。

Latoo ポータブルシャワー

複数人でポータブルシャワーを使用したい方におすすめのモデルです。40Lと大容量の水を入れられるのが魅力。袋には太陽光を吸収しやすい黒のポリ塩化ビニールを使用しているので、水を入れて太陽に当てれば、あたたかいシャワーを浴びることが可能です。

また、シャワーの先端部分を操作することで水を止められるので、効率的に水を使えるのもおすすめポイント。さらに、ロープとフックが付属するのも魅力のひとつ。ロープは高さを調節できるため、木や柱など、どこにでも吊り下げられます。

本体の重量は約480gと軽量なので、持ち運びしやすいのもポイント。未使用時は折りたたむことで約30×15cmとコンパクトサイズに収まるため、場所を取らずに保管しておけます。

Equipt Streamline ポータブルシャワー

専用のバケツとシャワーがセットになっているポータブルシャワーです。バケツには約2人分の水を汲むことが可能。未使用時は折りたたんでおけるため、車への積載や自宅での収納の際に場所を取りません。

また、吸盤・フック・シャワーホルダーが付属するので、両手が空いた状態でシャワーを使用でき、水の無駄遣いを避けられるのも魅力のひとつです。

Simple Shower 携帯簡易シャワー

ドライブ時のちょっとした汚れ落としや、海水浴後のテントの砂落としなど、手軽に少量のシャワーを使用したい方におすすめのモデルです。ペットボトルに取り付けるだけで、簡易的なシャワーが完成します。

また、本体が30×8×8cmとコンパクトなため、携帯性に優れているのもおすすめポイント。水を入れたペットボトルを太陽に当てておけば、温水シャワーにもなります。

ポータブルシャワーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ポータブルシャワーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。