フィッシングシーンにあると便利なのが「偏光サングラス」。物理的に目をガードするのはもちろん、水中の様子が裸眼よりも見えるようになり、より釣りに集中できるのが特徴です。

そこで今回は釣り向きの偏光サングラスをご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

偏光サングラスとは?

By: amazon.co.jp

「偏光サングラス」とは、偏光レンズが付いたサングラスのこと。光の反射を抑えて視界をクリアにするのが特徴で、釣りにおいては裸眼で目視するよりも水面の様子を把握しやすいアイテムです。

また、偏光レンズには複数のカラーがあり、それぞれに違いがあるのもポイント。水質や天候など、状況に応じて適したアイテムが用意されています。

釣り用偏光サングラスの選び方

可視光線透過率をチェック

By: talex.co.jp

「可視光線透過率」とは、レンズが自然光を通す割合のこと。可視光線透過率が低ければレンズの色は濃くなり、より強い陽射しをカットする効果が期待できます。

サングラスのレンズカラーが濃いモノは可視光線透過率の数値が低く、薄いモノは可視光線透過率の数値が高い傾向にあるので、ぜひ確認しておきましょう。

偏光度をチェック

By: talex.co.jp

「偏光度」とは、レンズが光をどれだけカットするかを数値化したもの。この数値が高ければ高いほど、雑光をカットしやすくなります。

なお、偏光度はレンズカラーの濃淡によって違いがあるのもポイント。レンズカラーが濃くなればなるほど偏光度は高くなり、より反射をカットします。一方、レンズの色合いが薄ければ薄いほど偏光度は低く、裸眼に近い視界になります。映り込みやギラつきが少ないアイテムを探している方は、偏光度の高いレンズが採用されたモノを選ぶようにしましょう。

レンズのカラーをチェック

釣りにおける偏光サングラスの役割は、ルアーや仕掛けをキャストする際の目の保護、さらには強い日差しや紫外線のケアなども含まれますが、重要なポイントは水中の様子を見やすくすること。水面のギラつきを抑えることによって、魚の動きを確認したり、地形の変化を把握したりするのに役立ちます。

なお、釣り用の偏光サングラスにはレンズのカラーが複数あり、天候やフィールド状況によって最適な色合いが変わるのもポイント。メーカーによってはかなり細かく分かれていたり、名称も異なっていたりしますが、カラーの系統でおおよその傾向があります。タイプとしては大きく分けて以下の3つです。

グレー系

By: amazon.co.jp

水面の眩しさをカットするに有効なのがグレー系のカラー。釣り用のレンズとしては「トゥルービュー」などが含まれるジャンルで、可視光線透過率は30%前後が目安になります。

天候としては晴天から曇天に対応。光量がコロコロ変わる状況においても適宜乱反射を抑え、ナチュラルな視界を確保できるのが特徴です。

イエロー・グリーン系

By: amazon.co.jp

ローライトなコンディションで有効なのがイエロー・グリーン系のカラー。釣り用のレンズとしては「イーズグリーン」などが代表的で、可視光線透過率は40%前後が目安になります。

天候としては曇天から雨天に対応。光を通す量が多く、朝夕マズメなどの薄暗い状況でも明るく見えます。マッディウォーターではシャローのシェードが、クリアウォーターでは4〜5mラインのボトムまで確認できるのが特徴です。

オレンジ・ブラウン系

By: amazon.co.jp

水中でのコントラストをより強調したい際に有効なのがオレンジ・ブラウン系のカラー。釣り用のレンズとしては「アクションコパー」や「ラスターオレンジ」などがあり、可視光線透過率は20%前後が目安になります。

天候にはそれほど左右されず、晴天から雨天まで幅広く対応。その一方で、太陽光の当たり具合や水質を意識することが重要です。

太陽光が強い場合や水質がマッディーの場合はオレンジ寄り、太陽光が弱い場合や水質がクリアな場合はブラウン寄りを選ぶのがおすすめ。裸眼ではアバウトだった魚影や地形の輪郭を浮き彫りにし、把握しやすくなります。

UVカット機能の有無をチェック

紫外線は皮膚だけでなく眼にも影響を与え、ダメージを受け続けると疲労感につながります。偏光に限らず、サングラスを選ぶ際はUVカット機能の有無、しいてはどれぐらい紫外線をカットするかも念のため確認しておきましょう。

なお、紫外線はレンズに対して正面からだけではなく、レンズの上から差し込まれたり、動き次第では横から来ることも考えられます。顔の形に合ったフレームを選んだり、フィット感を考慮することも重要となるので、併せて考慮しておきましょう。

フレームデザインとレンズのカーブをチェック

一般的なサングラスには顔の輪郭に合わせてさまざまなタイプが用意されていますが、釣り用の偏光サングラスにおいては視認性とフィット感を考慮した横長の長方形の「スクエア」、逆台形の「ウェリントン」、タマゴ型の「オーバル」が代表的です。

また、偏光サングラスはフレームに合わせてレンズのカーブに違いがあるのもポイント。湾曲度合いが異なる3タイプがあり、数字表記別に4・6・8のカーブに分かれています。

よりフロントがフラットなフレームに適しているのが4カーブ、一般的なサングラスフレームに適している6カーブ、フロントが湾曲しているフレームに適している8カーブとなっているので、確認しておきましょう。

クリップオンやオーバーグラスもおすすめ

By: amazon.co.jp

普段の生活でメガネを掛けている方は手持ちのメガネに装着できる「クリップオン」や「オーバーグラス」を選ぶのもひとつの方法です。「クリップオン」とは、パーツになった偏光レンズの部分を手持ちのメガネに取り付けるタイプ。一方、「オーバーグラス」はメガネを掛けた状態からさらに偏光サングラスを被せるタイプです。

度付きの偏光サングラスを用意するには手間とコストがかかるので、釣りに行く頻度が多い方は検討してみてください。

釣り用偏光サングラスのおすすめメーカー・ブランド

ティムコ(TIEMCO)

By: amazon.co.jp

ルアーやフライなどの釣具のほか、アウトドア用品も取り扱っている「ティムコ」。偏光サングラスに関しては「サイトマスター」というシリーズを展開しています。

機能性が充実しているほか、ラインナップが豊富なのもポイント。プロ・アマ問わず、多くのアングラーから支持されているので、ぜひチェックしておきましょう。

ゼクー(Zeque)

By: amazon.co.jp

アイウエアのなかでも、特にフィッシングシーンに精通している「ゼクー」。さまざまな釣りジャンルのプロアングラーからフィードバックを受け、開発に力を入れているのが特徴です。

もともとは「ジールオプティクス(ZEAL OPTICS)」という名前で偏光サングラスを製造していましたが、ブランド強化を海外進出を目指しネーミングを刷新。今後の展開にも注目が集まるおすすめメーカーです。

タレックス(TALEX)

By: stores.jp

偏光サングラスのなかでも国内外を含めトップレベルの「偏光レンズ」を開発しているメーカー。卓越した技術が秀逸であるのはもちろん、これまで長年培ってきた経験のノウハウによって、アングラーの要望にしっかりと応えられる製品を多く販売しています。

レンズ提供も多く、ティムコの「サイトマスター」のほか、ゼクー、KIOB、ダイワ、デプスの「次元」など、多くの釣りブランドに同社のレンズが活用されています。信頼と実績の高さを求める方におすすめです。

釣り用偏光サングラスのおすすめ

ティムコ(TIEMCO) サイトマスター ロトンド

遮光性と風防性に優れた釣り用の偏光サングラス。顔に沿うようにデザインされたフレームと湾曲の度合いが高い8カーブレンズを採用しており、フィット感が高いのが特徴です。

レンズ内面の上部にエアダクトを用意しており、くもりに配慮しているのもポイント。また、こめかみ部やノーズパット、テンプルなどの細部パーツに至るまでこだわっており、掛け心地も良好です。

ティムコ(TIEMCO) サイトマスター エノルメ

ややフロントが大きめの釣り用偏光サングラス。フレームデザインは逆台形のウェリントンを採用しつつも、大型の6カーブレンズを組み合わせることによって、視野の広さと遮光性を両立しているのが特徴です。

ゆとりあるサイズ感ながら重さが気にならないのもポイント。掛け心地もタイトさを抑えた設計で、安心して使い続けられるのも魅力です。

ティムコ(TIEMCO) サイトマスター インテグラル

フィット感にこだわった釣り用の偏光サングラス。フロントとテンプルの間にβチタン製の蝶番を設けることで顔の輪郭に合わせやすいのが特徴です。

また、テンプル自体にチタン製の心棒が入っているのもポイント。曲げられるので、調節して快適さを追求できるのも魅力です。

バスフィッシングで使用しているアングラーが多く、例えばメディアで活躍する川村光大郎氏が着用していたり、アメリカのバスプロ大会に参戦している伊藤巧氏のモデル「ブラウンデミPRO」がラインナップされていたりするので、気になる方はチェックしておきましょう。

ティムコ(TIEMCO) サイトマスター キネティック

顔の輪郭にしっかりと沿うタイプの釣り用偏光サングラス。βチタン製の薄型バネ蝶番を搭載しており、タイトにフィットするのが特徴です。

レンズカーブも細かいフィッティングを可能にした8カーブ仕様となっているほか、フロントの前傾角にこだわっているのもポイント。斜め下を見ることの多いアングラーに配慮した角度に設定されているのも魅力です。

なお、ラインナップには日本トップクラスのバスプロとして知られる青木大介氏のイメージカラーをアクセントとした「グレースモークPRO」も用意されています。

ティムコ(TIEMCO) サイトマスター ベクター

掛け心地を追求した釣り用の偏光サングラス。顔にしっかりとフィットするようなフレームデザイン、さらにレンズは8カーブレンズの中型を採用しており、タイトにフィッティングするのが特徴です。

サイドからの遮光性を高めているほか、テンプル部分はワイド仕様で加圧を分散しているのもポイント。重量や遮光性、視野角などのトータルバランスに配慮しているのも魅力です。

なお、同シリーズには度付対応フレームもラインナップ。さらには国内のバスプロのなかでもサイトフィッシングに精通している福島健氏をイメージした「ダークグリーンマイカPRO」も用意されています。

ティムコ(TIEMCO) サイトマスター セプター

アメリカで活躍する日本人バスプロ・大森貴洋氏が愛用していることでも知られる偏光サングラス。レンズカーブは顔を覆うような8カーブを採用しており、薄型ですっきりとしたデザインで掛け心地に一体感があるのが特徴です。

レンズは軽さと視野の広さに配慮しており、バランスは良好。テンプルには一体型の弾性蝶番を搭載し、柔らかさがありがらも確実にフィットする仕様となっています。

ゼクー(Zeque) ステルス

やや大きめのシェイプを採用した釣り用偏光サングラス。樹脂製スプリングヒンジを搭載することによって、従来の6カーブレンズに比べて、よりフェイスラインに沿うようなフォルムに仕上がっているのが特徴です。

また、レンズサイズがありつつも鼻をまたぐブリッジ部分が絞り込まれており、デザインにシャープさがあるのもポイント。遮光性と広い視界に配慮した仕様となっています。

ゼクー(Zeque) ヴェロ セカンド

スタイリッシュなデザインを採用した釣り用偏光サングラス。従来モデルの「ヴェロ」から進化し、シリーズとしてはロングセラーとなっているモデルです。

着用時に最適な形状を保つバネ構造のテンプルによって、フレームやレンズの負荷を軽減するのもポイント。フレームデザインはやや「オーバル」寄りですが、フロント上下のシェードによって遮光性を高め、さらに風の巻き込みにも配慮しています。使い勝手良好のおすすめモデルです。

ゼクー(Zeque) フェイズ

細みのフレームデザインを採用した偏光サングラス。フレーム素材はカーボンとチタンのハイブリッド仕様で、極薄かつ軽量ありながら強靭さを兼ね備えているのが特徴です。

シンプルでありながら掛け心地は柔らかく、長時間の使用でも快適。なお、ラインナップにはフロントサイズや掛け幅を小さめに設計した「フェイズ オルタ」も用意されています。

ゼクー(Zeque) オーパ

オーバーグラスの釣り用偏光サングラス。フレームの随所に設けられたエアインテークによって通気性を確保し、メガネを掛けた状態でセットしても快適に過ごせるのが特徴です。

遮光性がしっかりとありがらも、本製品の重量は22gと軽量。さらに耳にかかるモダン部分は圧迫感を抑えたエラストマー形状を採用しており、汗ズレ防止にも配慮しています。

スワンズ(SWANS) ウォーリアー7

アイウエアに精通する山本光学のスポーツライン「スワンズ」の偏光サングラス。ゴルフやランニング、サイクリング、のほかフィッシングシーンにも適したアイテムをリリースしています。

本製品はロングセラーシリーズの第7弾で、釣りに適したフルリム仕様を採用。遮光性が高く、眩しさをしっかりと抑えるのが特徴です。ノーズパッドは調節が可能なほか、肌あたりやフィット感のよいラバーパッドを採用しているのもポイント。レンズカラーはシルバーミラー×偏光ULアイスブルー、偏光スモーク、偏光ULライトグリーン、偏光ULローズスモークから選べます。

KIOB Bin5

日本人のフェイスラインに合わせたハイカーブ仕様の偏光サングラス。アメリカで活躍する日本人バスプロ・伊豫部健氏プロデュースのモデルで、頬やサイドからの余計な光の侵入をしっかりと抑えられるのが特徴です。

レンズのくもりを軽減するサイドインテークを搭載しているのもポイント。また、鼻をまたぐブリッジの幅を抑えることで、レンズシェイプをスクエアにし、釣り場でしっかりと視界を確保できるのも魅力です。

ストームライダー(STORM RIDER) TRUTH SR-019P

快適な装着感と視界の広さを両立した6カーブレンズ仕様の偏光サングラス。フレームデザインとしては視認性とフィット感を考慮した横長の長方形の「スクエア」と逆台形の「ウェリントン」の中間的で、包み込むようでありがらもホールド感があるのが特徴です。

レンズカラーは4種類をラインナップ。製品名の語尾の数字によって分かれており、「SR-019P-1」はテンダーグレー、「SR-019P-2」はテンダーブラウン、「SR-019P-3」はグリーン系のG-15A、「SR-019P-4」はスマートグレーとなっています。

ストームライダー(STORM RIDER) BRUTAL SR-017P

ゆとりある大きめのサイズ感が特徴的な偏光サングラス。6カーブレンズ仕様で、顔の幅が広い方にも適したモデルです。

テンプル部分も太く、フィッシングシーンのほか、さまざまなスポーツやアクティビティとも相性は良好。レンズカラーは製品名の語尾の数字によって分かれており、テンダーグレー、グリーン系のG-15A、マロンブラウン、スマートグレーの4種類をラインナップしています。

ダイワ(Daiwa) TLQ 019

タレックスのレンズを採用したクリップタイプ。レンズは4カーブで、度付きのメガネに合わせやすい仕様となっています。

レンズはコーティング加工が施されており、余計なチラつきや反射を抑え、視界は良好。また、拭き取り回数を最小限に抑えた超撥水ハードマルチコートによって使い勝手にも配慮しています。

レンズカラーはイーズグリーン・エアリーパープル・トゥルービュー・トゥルービュースポーツの4種類をラインナップ。それぞれ取り外しが容易なほか、コンパクトに折りたためるので、使い分けが釣り場でスムーズにできるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) TLO 028

タレックスのレンズを採用したオーバーグラスの釣り用偏光サングラス。レンズは6カーブで、包み込むようなデザインながらもクリアな視界で釣りができるのが特徴です。

レンズカラーはイーズグリーン・ラスターオレンジ・トゥルービュー・トゥルービュースポーツの4タイプ。なお、ラスターオレンジとトゥルービュースポーツにはシルバーミラー仕様も用意されているので、ラインナップとしては計6種類が用意されています。

ダイワ(Daiwa) DN-4387

同社オリジナルのハードコートレンズを使用した釣り用偏光サングラス。軽さと耐衝撃性に優れたポリカーボネイト製で、安心して掛けられるのが特徴です。

フラッシュミラーコート仕様で、逆光や日射にしっかりと対応できるのもポイント。レンズは8カーブ、フレームデザインはややスクエア寄りのウェリントンとなっており、遮光性とフィット感に配慮しているのも魅力です。

価格帯としてはお得感が高く、コスパも良好。レンズは可視光線透過率15%、偏光度99%のグレーフラッシュシルバーミラーを採用しています。

シマノ(SHIMANO) Indicator-TiCF HG-125P

チタンフレーム仕様のスタイリッシュな釣り用偏光サングラス。テンプルにはカーボン素材を採用しており、軽さとしなやかさを備えているのが特徴です。

レンズは眼鏡の生産地として有名な福井県鯖江のメーカー「コンベックス」の「Polawing SPX レンズ」を使用。カラーはドゥーブル・ライトグリーン・ライトコパー・キャメル・シルバーミラーミドルドゥーブルの5種類で、それぞれ可視光線透過率と偏光度に優れているのも魅力です。

デプス(Deps) 次元 ヴェリファイン

逆台形・ウェリントンタイプの釣り用偏光サングラス。タレックスの大型レンズを採用しており、ファッショナブルに身に着けられるのが魅力です。

フレームと分離されたノーズパッドを使用しており、鼻の高さに合わせた調整が可能。滑りにくいシリコン素材とも相まった、汗をかいてもズレにくい仕様となっています。

テンプルはβチタン素材で弾力性と耐久性を備えているのもポイント。捻じれによるグラつきも抑えられているので、ストレスなく掛け続けられるのも魅力です。

オークリー(OAKLEY) HOLBROOK

オーソドックスなデザインと同社がこれまで培ってきた技術を調和させたモデル。掛けると柔らかい印象を与えられるのが特徴で、顔型としては四角や面長の方にもおすすめです。

偏光サングラスタイプにはメーカー独自のレンズを採用。独自のテクノロジーを駆使しており、視界の歪みが起こりにくいほか、眩光除去性能も99%を謳うほどで、クリアに映し出せるのも魅力です。

オークリー(OAKLEY) FUEL CELL

シンプルかつクールなデザインに仕上がっているモデル。フレームは視認性とフィット感を考慮した横長の長方形の「スクエア」と逆台形の「ウェリントン」をミックスしたようなデザインで、掛け心地に一体感があるのが特徴です。

レンズタイプは複数あり、釣りには色調やコントラストをはっきりとさせる「PRIZM DEEP WATER POLARIZED」や色合いが鮮明になる「GREY POLARIZED」が用意されています。

コールマン(Coleman) CO3020-2

コスパ良好の偏光サングラス。フィット感のあるフレームデザインを採用しており、スタイリッシュに身に着けられるのが特徴です。

本製品のフレームカラーはブラックで、レンズカラーはブラウン。レンズは可視光線透過率15%で紫外線透過率は1.0%以下のUVカット仕様となっています。重さも20gと軽量。気軽に使える釣り用の偏光サングラスを求めている方はぜひチェックしておきましょう。