「犬用ベッド」は、愛犬が室内でより快適に過ごすためのアイテム。愛犬のサイズや季節によって合うモノも変わってくるため、購入前にさまざまなポイントを確認しておくことが大切です。

最近ではさまざまな形状や素材のモノがあり、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめの犬用ベッドを形状別にご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

犬用ベッドの選び方

形状で選ぶ

クッション・マットタイプ

By: rakuten.co.jp

囲いがないフラットなクッションやマットタイプは、大型犬を飼っている方やケージ内で使用したいときにおすすめです。

気軽に持ち運びができるため、シーンを選ばず活用できるところがポイント。中綿がたっぷりと入っているモノが多く、ふかふかで弾力があります。 開放感があるので、狭い場所が好きな愛犬にはケージの隅や壁際に置くなど工夫しましょう。

カドラータイプ

By: amazon.co.jp

狭いところを好む愛犬には、縁や四方が盛り上がっているカドラータイプがおすすめです。また、あご乗せが好きな愛犬にもぴったりのアイテム。カドルは英語で「抱きしめる」という意味を持っており、犬の体にフィットする仕様が特徴です。

愛犬に安心感を与えられるところが最大の魅力。愛犬の大きさによってフィット感も変わるので、サイズ選びは重要なポイントです。また、犬はくつろいでいると体を伸ばすため、縁が邪魔にならないサイズのモノをおすすめです。

ドームタイプ

By: rakuten.co.jp

屋根が付いているドーム型は、寒い冬やエアコンによる影響が気になるときにおすすめです。ハウス型などしっかりと囲われている構造のモノが多いため、周囲が気になる犬や寒がりの犬に適しています。

また、ドームタイプは出入り口が狭い構造のモノが多いので、怖がりの愛犬は寄り付かない可能性も。その場合は無理に入れることはせず、中にお気に入りのおもちゃや毛布を入れて自然に入るまで待ちましょう。

ドームタイプは本体ごと洗えるモノが少ないため、マーキング癖がある場合は購入前に確認しておくのがおすすめです。

愛犬に合わせたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

犬用ベッドを選ぶ際は、愛犬の大きさに合ったモノを選ぶことが大切です。小さすぎると窮屈になりストレスを与えてしまいます。特に囲いがあるドームタイプは、愛犬が十分に体を伸ばせるサイズを選びましょう。

また、体の大きさ以外にも、囲われた場所を好むか広い場所でのびのびとくつろぐのが好きなのかなど、愛犬の性格に応じてサイズを選ぶこともポイントです。

高齢犬や体の弱い犬、また小型犬などは、マットやクッションなど高さがあるタイプだと負担になるのでサイズ選びには注意しましょう。

季節に合わせた素材を選ぶ

By: amazon.co.jp

愛犬がより快適に過ごせるよう、季節に合わせた素材を選ぶことが大切。春夏には通気性がよく熱がこもりにくい素材や、接触冷感生地タイプをおすすめです。

秋冬には、朝晩の冷え込みにもあたたかく過ごせる素材が最適。ベッドの部分がボア素材になったタイプや、中綿がたっぷりと入った柔らかい生地がおすすめです。フローリングで利用する際は、床の冷たさが伝わりにくい厚手タイプを選びましょう。

洗濯できるタイプなら衛生面も安心

By: amazon.co.jp

洗濯できるかどうかは、犬用ベッドを購入する前に必ず確認しておきたい重要なポイントです。長く使用すると汚れるため、洗えるタイプであれば衛生面においても安心。 クッションやマット、カドラータイプは取り外し可能なカバーが付いているモノが豊富です。

ドームタイプは、付属のクッションのみ洗えるタイプや、モノによっては本体ごと手洗い可能なタイプもあります。ただし、本体が洗えるタイプは少ないため、衛生面が気になる方は購入前の確認が必須。

また、犬は嗅覚が非常に優れているので、洗濯時は香りが強くない柔軟剤や洗剤を使用するのがおすすめです。

犬用ベッドのおすすめ|クッション・マットタイプ

リコメン堂 ブレスエアー(R) ペット用マット

大型犬対応サイズで、シニア犬の床ずれケアにもおすすめのマットタイプです。クッション材には、東洋紡の「ブレスエアー」を採用。クッション性や通気性、耐久性に優れています。

高反発なので体が沈み込みにくく、動きが鈍くなったシニア犬でも寝返りや起き上がりがラクに行える構造です。体圧分散性に優れており、愛犬の体への負担を軽減。通気性と断熱性が備わっており、夏涼しく冬はあたたかいのでオールシーズン快適に過ごせます。

また、クッション材は撥水性が高く、水で洗えるところもポイントです。ファスナーで取り外し可能なカバーは、ソフトPUレザーを採用しています。汚れてもさっと拭けるので、お手入れが簡単なのも魅力です。

ペットスタイル(PetStyle) ラージマット ペットベッド

2種類の肌触りを選べるラージサイズのマットです。ボアタイプの起毛素材とベロア調の両面仕様で、季節や好みに応じて使えます。3本の中材を使用した、表面に凹凸のある構造も特徴のひとつです。

カバーはファスナーで取り外し可能なので、汚れても洗えるところがポイント。M~XLの3サイズ展開なので、愛犬の大きさに応じて選択可能です。LまたはXLサイズなら、大型犬でもゆったりと休めます。

ゆったりしたサイズのマットを探している方におすすめの犬用ベッドです。

アイドッグ&アイキャット(IDOG&ICAT) unage WCOOL低反発マット12714

夏に快適なひんやりとした質感のマットタイプです。中材のウレタンに、熱を吸収し発散するひんやりジェルを直接塗布。取り外し可能なカバーは冷感素材の生地を採用しており、ダブルの効果で涼しく快適に過ごせます。

マットの高さは約5cmで、シニア犬や体の弱い愛犬でもラクに乗り降りできるところがポイントです。マットは低反発素材と高密度ウレタンの2層構造。固めのウレタンを下部に使用しているため、愛犬の体が沈み込みすぎることなく自然な姿勢で休めます。

カバーはファスナーで開閉でき、汚れても洗えるので常に清潔な状態を保てます。マット裏面に滑り止めが付いており、フローリングでも動きにくい仕様。暑い夏でも快適な犬用ベッドを求める方におすすめのアイテムです。

ボストーク(bostolk) マシュマロクッション

ふんわりと柔らかな質感が魅力のクッションタイプの犬用ベッドです。小型犬がゆったりくつろげる、直径約60cmサイズのアイテム。低反発ウレタンチップをたっぷりと使用しており、体がほどよく沈み込みます。

愛犬の体にフィットし優しく包み込み、快適な寝心地を実現。ファスナー付きのカバーで、簡単に取り外しが可能です。水で洗えるため、いつでも清潔な状態をキープできます。

レオワイド(Reowide) ワンダフルクッション

ふかふかの中綿が入ったクッションタイプの犬用ベッドです。小型犬向きの50×70cmサイズ。外側は、薄起毛を施したピーチスキン加工と呼ばれる生地を採用。柔らかな肌触りが魅力です。汚れてもクッションごと洗えるので、常に清潔な状態を保てます。

中綿には、通気性がよく保温性が高い極細繊維のマイクロファイバー綿を使用。一般的な綿よりきめ細かいため、ふんわりと柔らかでへたりにくいのが特徴です。

使ううちに綿の偏りが気になったときは、 縦横方向から叩くと戻ります。大きめの枕のようなサイズで、場所を選ばず使用可能なところもポイント。洗えるクッションタイプの犬用ベッドを求める方におすすめです。

犬用ベッドのおすすめ|カドラータイプ

ねどっこ(neDOGko) ふわふわ ドッグカウチベッド

寝具や家具職人が製作したカドラータイプの犬用ベッドです。縁にも中綿をたっぷりと入れており、立体的な構造がポイント。ふっくらとボリュームのある作りで、愛犬の体を優しく包み込みます。

体重をしっかりと支え、底付き感を予防。 床からの冷気をカットし、冷えにくいためあたたかく快適に過ごせます。滑らかな肌触りも魅力。カバーは取り外しができ、洗濯機で洗えるところもポイントです。

M~XLの3サイズ展開で、愛犬の大きさに応じて選べます。また、カラーバリエーションが豊富で、インテリアに合わせて選択可能。お手入れしやすい犬用ベッドです。

マジックドッグ(Magic Dog) 犬用ベッド

季節に応じて使用面を選べるマットレス付きの犬用ベッドです。起毛感があり柔らかな生地と、熱がこもりにくい短毛の生地がリバーシブルになっており、季節や愛犬の好みに応じて変更できます。

マットレスの中材には、柔軟性に優れたPPコットンをたっぷりと使用。犬が快適にくつろげるよう設計されています。カバーはファスナーで開閉でき、洗濯機で洗うことも可能です。

裏面にはラバーが付いているため、フローリングでも滑りにくいのもポイント。3サイズ展開で、愛犬の大きさに応じて選択できます。

ラディカ(RADICA) キルトラウンドベッド R8099

デザインのバリエーションが豊富なカドラータイプの犬用ベッドです。 チェック柄やドット柄などかわいいデザインが揃っており、インテリアや好みに応じて選べます。縁にもたっぷりと綿が入っており、柔らかな触り心地が魅力です。

縁で囲われたラウンド型で、入り口部分は出入りしやすいよう低く作られています。ベッド内部には、取り外し可能なクッション付き。犬の体重でベッドが潰れにくいよう、縦ステッチが施されています。

手洗い可能なところもポイント。小型犬を多頭飼いしている家庭にもおすすめです。

ライブイット(liveit) 高反発ペットベッド

約20.5cmの高さがある縁で囲われた、角型の作りが特徴の犬用ベッドです。入り口部分を広くとり、出入りがしやすいよう低くなっています。

マットは、凹凸のある高反発ウレタンを採用。体圧分散が均等に行われ、体への負担を軽減。通気性に優れており熱がこもりにくく、快適な温度を保ちます。

マット部分のカバーはファスナー付きで取り外しができ、ネットを使用すれば洗濯機で丸洗いが可能。 小型犬や中型犬におすすめの犬用ベッドです。

ペットプロ(PetPro) マイライフベッド

ふわふわの寝心地が魅力のカドラータイプの犬用ベッドです。小型犬に適したSSサイズ。愛犬があごを乗せられる、ほどよい高さの縁付きです。もこもこの質感が特徴の生地を使用しており、愛犬の体を優しく包み込みます。

裏側には、ペット用の暖房器具を入れられる便利なポケット付き。寒い冬でもよりあたたかく快適に過ごせる工夫が凝らされています。滑り止め付きで安全面にも配慮。コンパクトなサイズで、場所を問わず使用できるおすすめの犬用ベッドです。

犬用ベッドのおすすめ|ドームタイプ

プラスナオ(plusnao) ドーム型ペットベッド

ボア素材のドーム型犬用ベッドです。直径約114cmと大きめのサイズで、中型犬や大型犬にもおすすめ。屋根付きながらも入り口が適度に広く、クッションに近い構造が特徴です。

内側はボア付き素材のためあたたかく、ふんわりと愛犬の体を包み込みます。しっかりと厚みがあり、フローリングの上に置いても床の冷気が伝わりにくいところもポイント。冬場や寒がりの愛犬におすすめの犬用ベッドです。

ペットスタイル(PetStyle) ドーム型 ペットベッド

コンパクトに折りたためるドーム型の犬用ベッド。全面ファスナー式で平らに折りたためるので、使わないときは場所をとらず収納可能です。

内側には触り心地のよい起毛生地を使用しており、あたたかく保温性があります。サイズが複数あり、愛犬の大きさに合わせて選択可能。大型犬が使用できるXXLサイズもあります。

ストライプ柄やレンガ柄などデザインが複数パターンあるため、インテリアや好みに応じて選べるところもポイントです。

K&Hペットプロダクツ ペットコットハウスベッド 1612

アウトドアでも利用可能な犬用ベッドです。Mサイズの中型犬向き。コットと呼ばれる簡易ベッドに、テントが付属された画期的なアイテムです。テントを外して、簡易ベッドとしても使用可能。バラして折りたためるため重宝します。

地面からベッドまで高さがあり、地面の熱や冷気を直接感じにくいところがポイント。アウトドアシーンにおいても、愛犬が快適に過ごせる構造です。テントの両側には、ファスナーで開閉可能な窓付き。空気の循環ができるため、熱がこもりにくいところも魅力です。

テントが取り外し可能なので隅々まで掃除がしやすく、衛生面においても安心。犬小屋のようなデザインがおすすめのアイテムです。

PAWZ Road 2WAYペットベッド

2way仕様の犬用ベッドです。かわいいハチの巣形デザインが特徴。 ドーム型としてだけでなく、折りたためばカドラータイプのベッドに仕様を変更可能です。

季節や愛犬の様子に応じて形を変えられる、万能なアイテム。 愛犬がより快適に過ごせるよう、取り外し可能なふわふわのクッションが付属しています。

ベッド部分は手洗い可能なところもポイント。いつでも清潔に保てるよう、衛生面にも配慮されています。用途によって使い分けたい飼い主の方におすすめの犬用ベッドです。

ペットパラダイス(PET PARADISE)スヌーピー お庭付き赤い屋根のハウス

赤い屋根が目を引くハウス型の犬用ベッドです。見た目がかわいいだけでなく、しっかりと囲われているため周囲が気になる小型犬が安心してくつろげます。

ハウス型で中はあたたかく、冬などの寒い時期には特に重宝します。クッションのみ手洗い可能。かわいいデザインのドーム型犬用ベッドを求める方におすすめのアイテムです。

ペットパラダイス(PET PARADISE) スヌーピー バスハウス

開け閉めできるドアや、前方や横に愛犬が顔を出せる窓付きのアイテムです。好奇心を刺激する、遊び心たっぷりの構造が特徴です。

サイズは幅70×奥行き38cmほどで、4kg未満の超小型犬であれば中でゆったりとくつろげる大きさ。多頭飼いの遊び場としてもおすすめです。見た目のかわいさだけでなく、ふかふかの質感で触り心地も良好。探求心旺盛の小型犬に適した犬用ベッドです。

犬用ベッドのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

犬用ベッドのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。