Linuxマシンがポケットに。

USB ArmoryはUSBスティックと同じくらいのサイズながらLinuxを搭載した本格的なPCです。CPUにFreescale社のi.MX53(ARM Coretex-A8)800MHzを採用し、65mm x 19mm x 6mmとコンパクトなサイズながら一般的なLinuxのディストリビューションであればインストールが可能です。

USB ArmonyはポケットサイズにするためにUSB以外の外部接続端子を搭載していないため、WindowsやLinuxなどのホストコンピューターにUSBデバイスとして接続、Xウィンドウやターミナルなどを通じて操作を行うことになります。OSのブートはmicroSDカードから行うことになります。

また、USBホストアダプターでを拡張し、キーボードやマウスなどを接続することによりスタンドアローンな環境として利用することも可能です。USB Armoryは通常版が$130、USBホストアダプターが$10で別売りです。

ポケットサイズなので、どこにでも持ち運びできるLinux環境として使えるので開発者には便利な環境ですね。USBホストアダプターを利用すれば利便性も大きく向上するので、エンベッドの開発環境には十分かも。