キャンプや車中泊など、車で出かけるアウトドアにあると便利なのが「カーサイドタープ」。車で乗り付けた場所が、簡単にくつろげる空間になる利便性の高さが魅力です。車の横やリアハッチに設置するカーサイドタープは、車内とタープを合わせるとかなり広い居住スペースになります。

そこで今回は、さまざまなアウトドアライフに応用できるカーサイドタープをご紹介。メリットとデメリットについても解説するので、自分のスタイルにあった製品を見つけてください。

カーサイドタープとは?

By: amazon.co.jp

「カーサイドタープ」とは、車の横やリアハッチにタープを広げて居住空間にするアイテムです。よく似たアイテムに「カーサイドオーニング」があります。カーサイドオーニングは、車体の横に広げて車のルーフに備え付けておくタイプです。

カーサイドタープは、車体を利用して固定しますが、フレームを通してタープを張る普通のテントに近いタイプといえます。

カーサイドタープのメリット・デメリット

カーサイドタープのメリット

By: amazon.co.jp

カーサイドタープはタープをフレームで張り、車体と地面を用いて固定するため、サイドオーニングと比較して風に強いのが特徴です。オーニングタイプは、車両購入時にオプションで付けると10万円以上しますが、カーサイドタープは1万円からとお手頃価格なのもポイント。

車で出かけた際に、日差しや雨をしのげることに加えて、リーズナブルなので導入しやすいのもメリットです。

カーサイドタープのデメリット

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、設営時に通常のタープと同様フレームやペグを打つ作業が必要なので、やや手間がかかります。また、製品によっては密閉性が低いタイプもあり、防寒や防虫性能はキャンプ用テントほどではありません。一度設営すると車を移動できなくなる点にも注意が必要です。

カーサイドタープの選び方

車体に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、ミニバン用、ワゴン用、SUV用などがあるので、車体サイズに合わせて選びましょう。車の横で広げた際に、サイズが合わないと風雨を防げず、気持ちよく使えません。また、使用する人数と目的に応じた空間の確保も重要なポイントです。

使い方で選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープには、さまざまなモデルがあり、事前に使用用途を確認しておくことが重要です。カーサイドタープは大きく分けて2種類あり、日差しや雨をしのげるタープと、居住空間として使えるカーサイドテントがあります。

簡単に設営できるタイプは、さっと設置して素早く撤収するデイキャンプに最適。車中泊やオートキャンプのベースにするなら、しっかり固定できる安定型のカーサイドタープがおすすめです。

耐水圧を確認

By: amazon.co.jp

多くのカーサイドタープには、耐水圧が記載されています。耐水圧は、生地の上に1cm四方の水柱をたてて、何mmの高さで水が浸透したかを表しており、数値によって対応できる雨の量が変わるので、購入前に確認しておきましょう。

耐水圧300mmで小雨、耐水圧10,000mmで大雨に対応できるため、雨でも使えるカーサイドタープを探している方は、耐水圧の高いものがおすすめです。

収納時サイズや重量をチェック

By: amazon.co.jp

カーサイドタープを選ぶ際は、収納時のサイズや重量もチェックしておきましょう。収納時のサイズが小さいほど車内を有効活用できるほか、保管時も場所をとりません。

また、重量も大切なポイントです。軽量なカーサイドタープは持ち運びがしやすく、設営も容易。一人で設営をする方や設営を手軽にしたい方は、軽量なカーサイドタープがおすすめです。

カーサイドタープのおすすめ|軽自動車・コンパクトカー向け

キングキャンプ(KingCamp) テントタープ KT3083

キングキャンプ(KingCamp) テントタープ KT3083

キングキャンプは2001年に中国北京で設立されたアウトドア用品メーカー。キャンプや登山、レジャー用品など1000種類以上ものアイテムを取り扱っており、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れた製品は海外においても高い評価を受けています。

当モデルは1万円を切る低価格ながらも、機能性に優れたカーサイドタープです。生地には耐水圧1500mmの高耐水加工を施したPU生地を採用。小雨程度であれば、急な天候悪化でも慌てることはありません。

組み立ては、付属の強力プラスチックフックを使用して、ホイールやハンドルなどに固定するだけでよいため、不慣れな方でも簡単に設営できます。また、単体でも使用可能なのもポイント。壁に立てかければウォールタープとしても使用できるので、海辺や公園など車が乗り入れできない場所でのデイキャンプにもおすすめです。

カーサイドタープのおすすめ|ミニバン・ワゴン車向け

ステークホルダー(Stakeholder) 日よけサイドテント

ステークホルダー(Stakeholder) 日よけサイドテント

3×3mの大きなスクリーンが特徴のカーサイドタープです。日差しをしっかりとブロックでき、日除け部分の長さも調整可能なので、日差しの角度に関わらず快適に過ごせます。また、安全性に優れている点もおすすめポイント。ハトメ部分の瞬間耐荷重量は約4kgなので、急な突風にも耐えられます。

さらに、無段階調整できる大型吸盤により強力に車と連結可能です。吸盤がはずれてしまう場合に備えて安全フックをかけておくこともできるため、安心して使用できます。なお、生地には撥水加工を施していますが、防水加工ではないので急な雨には注意が必要です。

レヴォルヴァ(Levolva) 汎用リヤゲートタープ LVRT-01

レヴォルヴァ(Levolva) 汎用リヤゲートタープ LVRT-01

ミニバンや軽バンのリアゲートと連結して使用するカーサイドタープです。ベルトと吸盤で取り付けるタイプで、ベルトの長さや吸盤のロープの長さは調整できるため、始めてカーサイドタープを使用する方でも車種を選ばず簡単に設営可能です。ただ、横開きや両開きのバックドアを採用している車には取り付け不可なので注意してください。

また、当モデルの便利なポイントは、2通りの使い方ができることです。通常のアウトリビングとして使用するほか、日よけ部を下ろしてサイド部と接続すればプライベート空間を作れるため、着替えをしたり、荷物置きとして使用したりもできます。

オガワ(ogawa) テント カーサイドリビングDX 2325

オガワ(ogawa) テント カーサイドリビングDX 2325

車のルーフと接続し、カーサイドリビングとして使用できるカーサイドタープ。サイド部は巻き込み式なので、フレキシブルに調整可能です。ポイントは快適に過ごせる工夫を施したオールシーズン対応のカーサイドタープであること。

フライ生地には耐水圧1800mmのポリエステル75Dを採用しているほか、雨風の侵入を防ぐ泥除けを備えているため、突然の天候悪化にも対応できます。また、天井に設けられたリッジポールにより雨の流れ具合を調節できます。加えて、全面にはワイドなメッシュ窓を配置。フラップ付きで開閉できるため、日射しを遮りつつ開放的な空間でアウトドアを満喫できます。

コベア(KOVEA) カーサイドテント KECT9TW-03

コベア(KOVEA) カーサイドテント KECT9TW-03

登山大国ともいわれる韓国のアウトドアメーカー「コベア」のカーサイドタープ。車後部のみならず、サイドにも設置可能です。トンネル型のフォルムが特徴的で、ミニバンやSUVなどさまざまな車と連結できます。また、取り外し可能なインナーテントが付属しているため、簡易的なテントとしての利用も可能です。

加えて、テント本体とフロア部は耐水圧2000mm、グランドシートは耐水圧1500mmと防水性も抜群。雨水の浸水や結露からテントを守れるため、快適なアウトドアを楽しめます。

カーサイドタープのおすすめ|SUV向け

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル XL

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル XL

1966年にリリースされたロゴスを代表する2ルームテントです。広いリビングと寝室は家族5人でもゆったりと過ごせます。独自のパネルシステムを採用しており、フルクローズのテントとしてはもちろん、アウトドアリビングとしても使用可能。

テントとカーサイドタープをシーンによって使いたい方におすすめです。また、キャノピーは車との連結も簡単。2個のジョイント用吸盤を車のルーフに固定し、キャノピー端のリングに引っかけるだけなので、初心者でも簡単に設営できます。

さらに、防水性も抜群です。フライシートは耐水圧2000mm、フロアシートには耐水圧3000mmのポリエステルタフタを採用しており、急な天候悪化にも対応できるので快適に過ごせます。

ライトラインギア(Rightline Gear) SUVテント 110907

ライトラインギア(Rightline Gear) SUVテント 110907

ハッチバッグタイプのSUVと連結する場合におすすめのカーサイドテントです。バックドア全体を包み込むように連結するので大型SUVのみならず、ジムニーのような小型SUVにも対応可能。大きさは幅243×奥行243×高さ219cmと広いスペースを確保でき、4人程度であればスペースに余裕をもって過ごせます。

なお、テント単体でも使用可能なので、車が乗り入れできない場所でテントを張りたい場合に便利です。また、生地は防水加工が施されているので多少の雨なら問題ありません。付属のレインフライをかぶせれば雨天時のキャンプにも対応できます。

スランバージャック(SLUMBERJACK) ロードハウスタープ A58755517

スランバージャック(SLUMBERJACK)  ロードハウスタープ A58755517

1957年創業のアメリカの老舗アウトドアブランド「スランバージャック」。当モデルの特徴はミリタリーで男らしい雰囲気のデザインです。車後方に連結するタイプで、タープ上部をルーフレールに接続し、下部はホイールのスポークに固定します。

最大のポイントは、広大なスペースを確保する488×406×262cmもの大きさです。特徴的な台形型の超大型タープなので、大人数のキャンプでも広い空間を共有できます。

カーサイドタープのおすすめ|ハイエース向け

ネルカイ(neru海) マルチサイドタープ

ネルカイ(neru海) マルチサイドタープ

200系ハイエース専用として開発されたカーサイドタープです。ハイエースにぴったり適合する専用取り付け器具(レールフック)を使用してガッチリと車体と連結できるため、車に穴を開けることなく手軽に取り付けられます。また、レールフックには耐摩擦性に優れた「MCナイロン」を採用しており、愛車に傷をつけません。

そのうえ機能性に優れているのもポイントです。防水性に優れた耐水圧3000mmの生地にはUPF50のUV加工を施しており、強力な紫外線からも肌を守ります。タープの高さは90~230cmの間で調整が可能。日差しの角度に合わせて調整すれば、炎天下でより快適に過ごせます。