キャンプや車中泊など、車で出かけるアウトドアにあると便利なのが「カーサイドタープ」。車で乗り付けた場所が、簡単にくつろげる空間になる利便性の高さが魅力です。車の横やリアハッチに設置するカーサイドタープは、車内とタープを合わせると非常に広い居住スペースを作れます。

そこで今回は、さまざまなアウトドアライフに応用できるカーサイドタープをご紹介。メリットとデメリットについても解説するので、自分のスタイルにあった製品を見つけてみてください。

カーサイドタープとは?

By: amazon.co.jp

「カーサイドタープ」とは、車の横やリアハッチにタープを広げて居住空間にするアイテムです。よく似たアイテムに「カーサイドオーニング」があります。カーサイドオーニングは、車のルーフに備え付けておき、体の横に広げるタイプです。

カーサイドタープは車体を利用して固定しますが、フレームを通してタープを張るので普通のテントに似ているのが特徴です。

カーサイドタープのメリット・デメリット

カーサイドタープのメリット

By: amazon.co.jp

カーサイドタープはタープをフレームで張り、車体と地面を用いて固定するため、サイドオーニングと比較して風に強いのが特徴です。オーニングタイプは、車両購入時にオプションで付けると10万円以上しますが、カーサイドタープは1万円からとお手頃価格で購入できます。

車で出かけた際に、日差しや雨をしのげることに加えて、リーズナブルなので導入しやすいのもメリットです。

カーサイドタープのデメリット

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、設営時に通常のタープと同様フレームやペグを打つ作業が必要なので、やや手間がかかります。また、製品によっては密閉性が低いタイプもあり、防寒や防虫性能はキャンプ用テントほどではありません。一度設営すると車を移動できなくなる点にも注意が必要です。

カーサイドタープの選び方

車体に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、ミニバン用やワゴン用、SUV用などがあるので、車体サイズに合わせて選びましょう。車の横で広げた際に、サイズが合わないと風雨を防げず、気持ちよく使えません。また、使用する人数と目的に応じた空間の確保も重要なポイントです。

使い方で選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープにはさまざまなモデルがあり、事前に使用用途を確認しておくことが重要です。カーサイドタープは大きく分けて2種類あり、日差しや雨をしのげるタープと、居住空間として使えるカーサイドテントがあります。

簡単に設営できるタイプは、さっと設置して素早く撤収するデイキャンプにおすすめ。車中泊やオートキャンプのベースにするなら、しっかり固定できる安定型のカーサイドタープが適しています。

耐水圧を確認

By: amazon.co.jp

多くのカーサイドタープには、耐水圧が記載されています。耐水圧は、生地の上に1cm四方の筒を立てて水を入れていき、何mmの高さで水が浸透したかを表しており、数値によって対応できる雨の量が変わるので、購入前に確認しておきましょう。雨でも使えるカーサイドタープを探している方は、できるだけ耐水圧の高いモノがおすすめです。

収納時サイズや重量をチェック

By: amazon.co.jp

カーサイドタープを選ぶ際は、収納時のサイズや重量もチェックしておきましょう。収納時のサイズが小さいほど車内を有効活用できるほか、保管時も場所をとりません。

また、重量も大切なポイントです。軽量なカーサイドタープは持ち運びがしやすく、設営も容易。一人で設営をする方や設営を手軽にしたい方は、軽量なカーサイドタープがおすすめです。

カーサイドタープのおすすめ|軽自動車・コンパクトカー向け

フィールドア(FIELDOOR) カーサイドタープ

比較的安い価格の製品ながらも、多機能なカーサイドタープ。タープ以外にも、ポール・吸盤フック・ペグ・ロープ・専用の収納バッグが付属しており、単体での設営も可能。付属のポールはアルミニウム合金で軽量のため、本体重量も約2.2kgと取り回しがよいモデルです。

タープには、風の通りをよくするベンチレーションに加え、自由に開け閉めできるメッシュ窓を完備しています。テント内側には、ランタンの取り付けが可能なフックがあるのも嬉しいポイントです。

車体に取り付ける吸盤フックは、レバーを使ったワンタッチ操作で固定できるので、初心者でも扱えます。タープの吸盤フック用の留め穴は複数あり、車のサイズに合わせて調節できる点も魅力です。

カーサイドタープのおすすめ|ミニバン・ワゴン車向け

オガワ(ogawa) カーサイドタープ AL

硬い地面の環境でも設営ができるカーサイドタープ。ペグが差し込めない場合は、付属のアンカーバッグに水入りペットボトルや砂で重しにできます。車高170~200cmの車に設営でき、カーサイドに限らずリアゲートにも取り付けが可能です。リアゲートは跳ね上げ式や、ジムニーのような横開きのタイプにも対応しています。

車への固定には、付属の吸盤フックを使用。車輌の天板がフラットであれば容易に接続でき、タープの展開も簡単なため、手軽に設営できます。タープの素材はポリエステルを採用しており、耐水圧は1000mmに対応。小雨程度であれば、充分に水の侵入を防止できます。

フレームはアルミニウム合金製で、全体重量の軽さに寄与しているのも特徴。UVカット加工も施されているので、紫外線が気になる方にも安心の製品です。

ロゴス(LOGOS) neos ミニバンリビング-AI

車のリアゲート専用のタープで、プライベートスペースを確保したい方におすすめの製品。設営方法は、付属の吸盤をリアゲートに貼り付け、ペグで裾を固定するだけなので、女性でも扱いやすいモデルです。四方が囲まれた状態になるため、アウトドアでの着替え時に適しています。

キャノピーポールを立てれば、リビングスペースとして機能するのもポイント。リアゲートの分も含めて、スペースが広く使える点は魅力です。総重量は約2.5kgと軽量、かつ専用の収納バッグも付属しているので、車に常備しておくのにも適しています。ただし、リアゲートの窓から陽の光が差し込んでしまう点には注意が必要です。

ロゴス(LOGOS) neos ALカーサイドオーニング-AI

タープの側面と正面の入り口が大きくて出入りがしやすく、リビングスペースも広く確保できるタイプの製品。すべての出入り口を閉じれば、プライベートスペースにもなるので、アウトドアでの着替え目的の方にも適しています。

タープの裾は、雨水や虫などが侵入しにくいスカート付きなのも嬉しいポイントです。タープの生地は耐水圧1600mmと防水性に優れており、UVカットも施されているので紫外線もシャットアウトします。

展開時のサイズは320×250×190cmとなり、広々としたスペースで快適。フリードのような車体の大きさであれば、存分にタープの大きさを活かすことが可能です。

フレームはアルミ素材を採用しており、錆びに強く取り回しやすいのがポイント。設営は、付属されているフック付きの吸盤を用いて車と接続する方式で、取り付けも簡単です。

アイビームド(iBeamed) リアゲートタープ

被せる構造のリアゲート用タープで、簡単に設営したい方におすすめのモデル。本製品は、跳ね上げ式のリアゲートのみ対応です。リアの天井付近に吸盤で固定したのちに、バンドを留めるだけでスピーディーに設営できます。付属のボトルカラビナを使えば、ペットボトルを重りとして固定することも可能です。

四方を囲んだ状態になるので、プライバシー保護に適しています。天井もタープが覆いかぶさっているので眩しくないのも嬉しいポイント。また、適度な採光性もあるので、プライベートスペースが暗くなることもありません。

本製品には、ハトメ穴やベルトが取り付けてあり、別途キャノピーポールやロープを使えば、リアゲートに限らず設営可能です。タープ本体の重量は1.4kgと軽量で、車に常備するのにも適しています。比較的安価ながら、汎用性が高いカーサイドタープを探している方におすすめです。

レヴォルヴァ(Levolva) 汎用リアゲートタープ LVRT-01

ミニバン・ワゴン車のリアゲートへの取り付けで、プライベートスペースが確保できるタープです。ベルトと吸盤のみで車に固定するため、誰でも簡単に設営が可能。また、ベルトと吸盤のロープの長さは調節できるので、跳ね上げ式のリアゲートであれば幅広い車種に対応できます。

固定パーツはいずれも樹脂製が採用されており、車をキズ付けにくい設計に。タープの素材はナイロンを採用しているため、撥水性に優れています。別途ポール・ロープ・ペグを用意すれば、開放的なリビングスペースとしても使用可能。収納バッグも付属しているので、汚れが付いても車を汚すことなく保管できます。

カーサイドタープのおすすめ|SUV向け

オガワ(ogawa) カーサイドシェルター

カーサイドタープとカーサイドシェルターの2通りの使い方ができる製品です。どちらの側面にも出入口があり、巻き上げるとカーサイドタープとして使用可能。正面はメッシュ窓を完備しており、通気性が必要なときに役立ちます。

メッシュ窓をクローズにすれば、雨よけも可能。タープは防水加工が施されており、急な雨でも安心です。また、UVカット効果もあるので夏場のアウトドアでも紫外線を気にせず使えます。本体の展開サイズは幅285×奥行247×高さ210cmで、スペースが広めなのも特徴です。

KingCamp カーサイドタープ

プラスチック製フックにより、車体にキズが付きにくいカーサイドタープ。ホイールやハンドルにも引っ掛けられるため、汎用性があります。ペグとキャノピーポールが付属しており、タープ単体でも使用可能です。

展開時は幅215×奥行315cmと広めで、4人程度での使用にも対応しています。耐水圧は1500mmあるので突然の雨でも安心です。収納サイズは65×15×15cmとコンパクトになり、重量も約4kgなので簡単に持ち運べます。さまざまなアウトドアシーンで活躍するので、車に常備しておくのにもおすすめです。

Kadahis カーサイドタープ

展開すると高さ約3.5m程度まで達し、広い空間でくつろげるカーサイドタープ。SUVからミニバンまで幅広く対応しており、リアゲートを広げて設置したり、車側に連結したりと、用途に合わせて使い分けられるので便利です。

本製品は、耐水圧3000mm以上の撥水加工を施したPU生地を採用しているのも特徴。突然の雨もしっかりとはじきます。また、タープフレームには高強度航空アルミ、タープポールには鉄管を使用。耐久性を有しており、アウトドアを心置きなく楽しめます。

簡単に設営できる吸盤付きなので、アウトドア初心者の方にもおすすめ。車に取り付けて使うだけでなく、単体での活用もできて便利なアイテムです。

カーサイドタープのおすすめ|大型バン向け

オガワ(ogawa) カーサイドリビングDX

4人で使用しても快適に過ごせるほどの広さを備えた、カーサイドタープです。ファミリーでリビングスペースを楽しみたい方におすすめ。グラスファイバー製のポールにより、タープ天井にテンションがかけられより室内を広く感じられます。

左右の入り口はクルクルと巻き付けて固定でき、大きく開けられる設計。プライベートスペースとして使用するなら、ファスナー付きの入り口から出入りすることもできます。正面にはメッシュ窓も完備しており、任意に開閉して通気性を調節可能です。

タープの裾にはベロが設けられていて、虫や雨が侵入しにくく、かつ足元が見えないよう配慮された作りなのもポイント。本製品は車高が170~200cmであれば取り付けは可能ですが、大型バンのような車体が大きい車だと、よりタープのサイズを活かせます。

neru海 ハイエース 200系 ワイドボディ マルチサイドタープ

200系ハイエース用に製作されたカーサイドタープ。車への取り付けは専用のレールフックを用いるため、工具を必要としません。レールフックの材質はMCナイロンを採用しており、車体にキズが付きにくい設計です。

ポールの高さは約90~230cmの調節が可能で、ポールを低くして覆い被さるように使えば、日差しが避けやすくなるといった使い方ができます。タープの生地は、耐水圧3000mmと高い防水効果があるほか、UPF50のUVカット加工が施されているのもポイント。天井にはランプを吊るためのフックも完備されています。

設営が約5分でできる点も魅力。別売のサイドウォールを取り付ければ、タープ内部を日差しから守れて、プライベートな空間を楽しめます。