キャンプや車中泊など、アウトドアシーンであると便利なのがカーサイドタープ。車で乗り付けた場所が、簡単にくつろげる空間になる利便性の高さが魅力です。

車の横やリアハッチに設置するカーサイドタープは、車内とタープを合わせるとかなり広い居住スペースになります。そこで今回は、さまざまなアウトドアライフに応用できるカーサイドタープをご紹介。メリットとデメリットについても解説するので、自分のスタイルにあった製品を見つけてください。

カーサイドタープとは?

By: amazon.co.jp

「カーサイドタープ」とは、車の横やリアハッチにタープを広げて居住空間にするアイテムです。よく似たアイテムに「カーサイドオーニング」があります。カーサイドオーニングは、車体の横に広げて車のルーフに据え付けるタイプです。

カーサイドタープは、車体を利用して固定しますが、フレームを通してタープを張る普通のテントに近いタイプといえます。

カーサイドタープのメリット・デメリット

カーサイドタープのメリット

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、タープをフレームで張り、車体と地面を用いて固定するため、サイドオーニングと比較して風に強いのが特徴です。

オーニングタイプは、車両購入時にオプションで付けると10万円以上しますが、カーサイドタープは1万円からとお手頃価格なのもポイント。

車で出かけた際、手軽に日差しや雨をしのげることに加えて、リーズナブルな価格がメリットです。

カーサイドタープのデメリット

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、設営時に通常のタープと同様フレームやペグを打つ作業が必要です。

また、手軽さは魅力ですが、製品によっては密閉性が低いタイプもあり、防寒や防虫性能はキャンプ用テントほどではありません。一度設営すると車を移動できなくなる点にも注意が必要です。

カーサイドタープの選び方

車体に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、ミニバン用、ワゴン用、SUV用などがあるので、車体サイズに合わせて選びましょう。車の横で広げた際に、サイズが合わないとや風雨を防げず、気持ちよく使えません。

また、使用する人数と目的に応じた空間の確保も重要なポイントです。

使い方で選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープには、さまざまなモデルがあり、事前に使用用途を確認しておくことが重要です。カーサイドタープは大きく分けて2種類あり、日差しや雨をしのげるタープと、居住空間として使えるカーサイドテントがあります。

簡単に設営できるタイプは、さっと設置して素早く撤収するデイキャンプに最適。車中泊やオートキャンプのベースにするなら、しっかり固定できる安定型のカーサイドタープがおすすめです。

耐水圧を確認

By: amazon.co.jp

多くのカーサイドタープには、耐水圧が記載されています。生地の上に1cm四方の水柱をたてて、何mmの高さで水が浸透したかを表しており、数値によって対応できる雨の量が変わるので、購入前に確認しておきましょう。

耐水圧300mmで小雨、耐水圧10,000mmで大雨に対応できるため、雨でも使えるカーサイドタープを探している方は、耐水圧の高いものがおすすめです。

収納時サイズや重量をチェック

By: amazon.co.jp

カーサイドタープを選ぶ際は、収納時のサイズや重量もチェックしておきましょう。収納時のサイズが小さいほど車内を有効活用できるほか、保管時も場所をとりません。

また、重量も大切なポイントです。軽量なカーサイドタープは持ち運びがしやすく、設営も容易。一人で設営をする方や、設営を手軽にしたい方は、軽量なカーサイドタープがおすすめです。

カーサイドタープのおすすめ|軽自動車・コンパクトカー向け

キングキャンプ(KingCamp) カーサイドタープ KT3086

2017年に国際デザイン賞を受賞した折りたたみベッドをはじめ、コスパに優れたアウトドアアイテムを多数ラインナップしているキングキャンプ。本製品は、1万円未満とリーズナブルでありながら機能性に優れているのが特徴です。

展開時は幅215×奥行315cmと大きいため、ファミリーキャンプをする方にもおすすめ。また、幅広い使用用途に対応しており、カーサイドタープとしてはもちろん、単体で使えばタープ、壁にたてかければウォールタープとしても使用できます。キャンプはもちろん、公園や海辺などでも大活躍。設営も容易なので、初心者の方でも安心です。

ただし、耐水圧1,500mmの素材を使用しているものの、縫い目からの防水性が低いため、雨天時の使用には注意が必要。軽自動車からミニバンまで幅広い車種に対応しているカーサイドタープです。

キングキャンプ(KingCamp) テントタープ KT3083

単体でタープとしても使用できる利便性の高いカーサイドテントです。長さを調節できる車両用スリーブにより、軽自動車からミニバンまで適応するのがポイント。バックドアを開けてスリーブで車体後部を覆えば、車内泊の際も広い空間でアウトドアを楽しめます。

テントのリアゲートを開けて、サイドに設置すれば快適なリビングスペースとして使用可能です。用途が多彩で、アウトドアの楽しみ方が広がるおすすめの製品です。

メルテック(Meltec) カーサイドタープ LS-21

メルテックのコストパフォーマンスに優れたカーサイドタープです。車のルーフにカーサイドタープを固定することで、リビングスペースとして使用可能。吸盤で留めるタイプなので、簡単に設置できます。

タープの重量は1,5kgと軽いため、女性でも簡単に持ち運べるのが魅力。パッケージサイズは、550×100×100mmとコンパクトで、収納時も幅を取りません。耐水圧1,000mmのポリエステルを使用し、小雨程度の雨なら使用できます。

ただし、吸盤やペグが少々弱いため、代用品を用意しましょう。使い勝手のよい、リーズナブルなカーサイドタープを探している方におすすめです。

カーサイドタープのおすすめ|ミニバン・ワゴン車向け

ステークホルダー(Stakeholder) 日よけサイドテント

3×3mと大型でありながら、簡単に装着できるカーサイドタープです。付属の吸盤を使うことで、短時間で設置できるのが魅力。吸盤は、大型の無段階調節できるタイプで、幅広いワゴン車に適しています。

前に垂れている日除け部分は長さ調節ができるため、日差しを軽減することが可能。ほかにも、風によるねじれを防止するバンドや、耐荷重量に優れたハトメなど、豊富なアタッチメントが付属しているのもポイントです。

ただし、日差し避けがメインなので、雨にはそれほど強くありません。車高170~200cmのワゴン車に適応するおすすめのカーサイドタープです。

レヴォルヴァ(Levolva) 汎用リヤゲートタープ LVRT-01

軽ワゴンからミニバンまで幅広い車種に対応するカーサイドタープです。バックドアが横開きや両開きではない車種に装着できます。

使用用途が広く、バックカーテンを開けてリビングモードとして、バックカーテンを閉めてプライベートモードとして使用可能です。リビングモードにすれば、木陰のように日差しをカットし、心地よい風や空気を感じながらゆっくりとくつろげます。

また、プライベートモードにすれば、着替えスペースにしたり、荷物置場にしたりと有効活用できるのも魅力です。長さ調節のできるベルトと吸盤で設営も容易。2万円未満とコストパフォーマンスが高く、用途も多彩なおすすめのカーサイドタープです。

オガワ(ogawa) カーサイドタープAL 2332

車のサイドはもちろん、跳ね上げ式のリアゲートにも設置できるカーサイドタープです。サイドに取り付ければ、リビングとしての使用に最適。ネジ式の吸盤は、初心者の方でも簡単に装着可能です。

また、跳ね上げ式のリアゲートに設置する際は、レザーパッチで固定します。レザーパッチは左右に3箇所ずつあるため、取り付け箇所の調節が可能です。

付属のアンカーバックに砂やペットボトルを入れれば、硬い地面に固定できるのもポイント。重量は2.5kgと軽量で、耐水圧は1,800mmあります。オガワらしいしっかりした作りで、車高170〜210cmの車両に適応する、快適でおすすめのカーサイドタープです。アウトドア愛好家からの支持率が高いスズキジムニーにも対応しています。

オガワ(ogawa) カーサイドリビングDX 2325

防風性や防雨性に優れたオールシーズン使用できるカーサイドテントです。フライの素材には耐水圧1,800mmのポリエステルを採用しており、多少の雨であれば対応できます。シームシール加工を施しているため、縫い目からの雨漏りも軽減。下部には、雨水や風の侵入を軽減する泥除けを備えており、テント内を快適に保つことができます。

UVカット加工を施しているのもポイントで、アウトドアが盛んな夏に使用する際も、紫外線を気にせず使用可能です。セット内の吸盤を使うことで、設置も容易。車高170~200cmの車両に対応するカーサイドタープを探している方におすすめです。

コベア(KOVEA) カーサイドテント KECT9TW-03

韓国のアウトドアメーカー「コベア」のカーサイドテントです。インナーテント付きで家族4人でゆったりと使用できるサイズ。

インナーテントを外せば、広々としたリビングスペースになり、使用すれば、前室付きの寝室として使用できます。窮屈になりがちな車内泊も、テントを使用することによって、広い空間で休憩できるのが魅力です。

テントの本体とフロアは耐水圧2,000mmで雨天時の使用も安心。更に耐水圧1,500mmのグランドシートも付いてくるので、床への浸水や朝露による濡れも軽減します。単体でテントとしても使用できるおすすめのカーサイドテントです。

ロゴス(LOGOS) neos LINKパネルPLR

テントや車両に連結することで、幅広い用途に使用できるリンクパネルです。PLR対応テントに設置してキャノピーとして使用できるほか、カーセット用ジョイントを購入することで、車との連結も可能。食事や休憩を楽しむカーサイドリビングとして活躍します。表面に撥水加工、裏面にはポリウレタン樹脂加工を施しており、汚れや雨に強いのも魅力です。

米国の難燃性基準「CPAI-84」に適合した生地で、燃えにくいのもポイント。万が一キャンプ中に火の粉が飛んできても、燃え広がりを軽減します。キャリー付きの専用バッグが付いているため、持ち運びに優れたカーサイドタープです。

Ocamabe カーサイドタープ

「人型寝袋」で有名なOcamabeが販売するカーサイドタープです。サイズは190×240×200cmと大きく、大人5~8人で使用できる広めの設計。カーサイドタープを傾けて設置すれば雨や風を軽減でき、平行に設置すれば圧迫感の少ない、広い空間でくつろぐことが可能です。

重量は2.95kgと軽量で、持ち運びにも優れています。タープには、耐水圧3,000mm以上の撥水加工を施したPU生地を使用しているため、雨天時の使用も可能。ミニバンからSUVまで対応した、コストパフォーマンスに優れたカーサイドタープです。

カーサイドタープのおすすめ|SUV向け

ロゴス(LOGOS) neos PANELスクリーンドゥーブル XL

1996年の発売以来、高い人気を維持し続けるロゴスの2ルームテントです。独自のパネルシステムを搭載し、強度と居住性に優れているのが特徴。利便性が高く、テントはもちろん、インナーテントを外せばスクリーンタープとして使用できます。また、車にリンクすれば、寝室を備えたリビングスペースとしても最適です。

フライシートをカーサイドタープとして使用する際は、車に吸盤を付けて、シートのリングを引っ掛けるだけなので、初心者の方でも簡単に設置できます。耐水圧2,000mmで防水性と耐久性に優れたテントを探している方におすすめです。

キングキャンプ(KingCamp) カーサイドテント KT3085

キングキャンプの出入り口が2個あるカーサイドテントです。ドアを全て開ければ、アクティブで開放的なアウトドアを楽しむことができます。

耐久性に優れたポリエステルリップストップを採用しているため、長く使用できるのも魅力。SUVとミニバンに対応しており、車との接続後は275×275×220cmの広いリビングルームとして使用できるおすすめのテントです。

カーサイドタープのおすすめ|ハイエース向け

ライトラインギア(Rightline Gear) SUVテント 110907

防水対策に特化したライトラインギアのSUVテントです。素材には、防水性の高いPU2000生地を採用し、多少の雨なら対応可能。備え付けの雨除けでテントを覆うと、さらに防水性がアップします。

縫い目には防水加工を施し、テント内の水滴や雨漏りを防げるのが特徴、また、床面にはPEバスタブフロアを採用し、地面からの浸水も軽減します。243×243×219cmと広いため、大人4人がゆったり就寝できるのも魅力。

後部にハッチドアかバーンドアを備えたミニバンからキャップ付きピックアップトラックまで、幅広い車種に適応したモデルです。

ネルカイ(neru海) マルチサイドタープ

200系のハイエース全グレードに適応するカーサイドタープです。専用の取り付け器具(レールフック)を車体に装着することで、車体に穴を開けることなく手軽にカーサイドタープを設置できるのがポイント。レールフックには、車を傷つけにくいMCナイロンを使用しており、車への負担を軽減します。

UV加工を施し、紫外線による肌へのダメージも軽減。炎天下でも安心してアウトドアを楽しむことができます。工具も不要で、5分程で装着できるのも魅力。車に常備しておけば、出先ですぐに使用できます。タープの高さは900~2,300mmまで稼動し、日差しの高さに合わせて調節することもできるカーサイドタープです。