キャンプや車中泊など、アウトドアで活動する際にあると便利なのがカーサイドタープ。車で乗り付けた場所が、簡単にくつろげる空間になる利便性の高さが魅力的です。

車の横やリアハッチに設置するカーサイドタープは、車内とタープを合わせるとかなり広い居住スペースになります。今回は、さまざまなアウトドアライフに応用できるカーサイドタープのメリットとデメリットとを解説しつつ、おすすめの製品をご紹介。

カーサイドタープとは?

By: amazon.co.jp

「カーサイドタープ」とは、車の横やリアハッチにタープを広げて居住空間とするアイテムです。よく似たアイテムに「カーサイドオーニング」がありますが、こちらは車体横に広げる巻き上げ式タープで、車のルーフに据え付けるタイプ。

カーサイドタープは車体を利用して固定しますが、フレームを通してタープを張る普通のテントに近いタイプといえます。

カーサイドタープのメリット・デメリット

カーサイドタープのメリット

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、タープをフレームで張り、車体と地面を用いて固定するため、サイドオーニングと比較して風に強いという特徴があります。

オーニングタイプは、車両購入時にオプションで付けると10万円以上が相場ですが、カーサイドタープは1~2万円前後からとお手頃価格なのもおすすめしたいポイントです。

車で出かけた現地で、手軽に日除けや雨風をさえぎる快適な居住空間が作れることに加えて、リーズナブルな価格設定は大きなメリットといえます。

カーサイドタープのデメリット

By: amazon.co.jp

サイドオーニングタイプと比較すると、通常のタープと同様に設営時にフレームやペグを打つ作業が必要なので、その手間はデメリットといえます。

また、手軽さは魅力ですが、製品によっては密閉性が低いタイプもあり、防寒や防虫性能はキャンプ用テントほどではありません。一度設営すると車を移動できなくなる点にも注意が必要です。

カーサイドタープの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープは、車に合わせてミニバン用、ワゴン用、SUV用などがあり、車体サイズに合わせて選ぶことをおすすめします。車の横で広げた際に、サイズが合わないと日除けや風雨を防げず、気持ちよく使えません。

使用する人数が快適に過ごせる広さや、使用目的に応じた空間の確保も重要なポイントです。

使い方で選ぶ

By: amazon.co.jp

カーサイドタープには、いろいろな使い方に応じた各種タイプがありますが、どのような使い方をするかで選択肢は異なります。

着替え用で十分なのか、日除け用としてか、雨風を防ぎ密閉性の高さを求めるのか、あるいはテントとして使える汎用性まで求めるか、使用目的に合わせた選択肢が豊富です。

簡単に設営できるタイプは、さっと設置して素早く撤収するデイキャンプに向いています。車中泊やオートキャンプのベースにするなら、しっかり固定できる安定型のカーサイドタープがおすすめです。

カーサイドタープのおすすめ

ロゴス(LOGOS)プレミアム PANELグレートドゥーブルXL-AF

高い強度と居住性に優れたパネルシステムを採用した2ルームタイプのテント。ジョイント吸盤を車体に固定しフライシートのリングに引っかけることで、フライシートのスクリーンをカーサイドタープとして使える高機能タイプです。

着脱式のインナーテントを取り付ければ、カーサイドの大型リビングとして使用可能。耐水圧10000mmと強力なフロアシートや7075超々ジュラルミンポールを採用して、優れた耐水・耐風性能を実現。高機能とワイドで快適なカーサイドタープを探している方におすすめです。

キングキャンプ(KingCamp)カーサイドテント3~5人用KT3085

コストパフォーマンスのよさで知られるキングキャンプのカーサイドタープです。275×275cmと広い室内は、高さも220cmとゆとりある居住空間を実現。

車体とカーサイドタープを連結する調整可能なスリーブが付いて、設置時に車体とテント間を微調整できます。5人で使える大きなサイズで、車中泊やオートキャンプに最適です。単体でもテントとして使用可能な汎用性の高いお買い得アイテムといえます。

ライトラインギア(RIGHTLINE GEAR)110907 SUVテント

SUVやハッチバックタイプなどのリアハッチがある車に連結して利用するテントです。縦243×横243×高さ219cmと広い居住空間は4名が就寝可能で、防水仕様の生地を採用して耐水性と快適性も高めています。

テントの固定は、ラゲッジフックなどを使用して安定感も高く、テント単体でも使用可能なおすすめの製品です。

ロゴス(LOGOS)日除けミニバンリビング

リアハッチへの取り付けはジョイント吸盤を使用するだけと、取り付けも簡単で使い勝手のよいミニバン専用のカーサイドタープ。屋外にいながら、日除けや着替えルームを簡単に設置して、車内では窮屈に感じた着替えも快適です。

また、別売のテントポールとロープがあれば、車の後部をリビングスペースにするキャノピースタイルとして使用可能。付属品のウォールシートやペグなどを含めても、重量は1.54kgと軽くコンパクトなのもおすすめのポイントで、常時車内に積載しておけます。

ロゴス(LOGOS)軽バンリビング

軽自動車のハイトワゴン車のリアハッチにジャストフィットするカーサイドタープ。日除け用スクリーン、オープンタイプのリビングスペース、クローズスタイルの着替えルームの3タイプの使い分け可能。

着替えルームは、軽自動車サイズのため隙間もなく安心して使用できおすすめポイントといえます。

キングキャンプ(KING CAMP)タープテント車用日よけテント

吸盤式の固定方法で、アウトドア初心者でも簡単に設置可能な日除けテント。市販のペグで地面に固定すれば、さらに耐風性が高くなります。

リアハッチに設置すれば屋根代わりとなり、軽自動車からミニバンまで幅広い車種に対応可能。展開時のサイズは、幅215×奥行き315cmと大きくタープの下に4~6名収容でき、ポール2本とペグがあればタープ単体でも使用可能と、使い勝手のよさも魅力的。

耐水圧も1500mmと十分な性能で、悪天候でも頼りになるデイキャンパーにおすすめしたいカーサイドタープです。

オガワ(OGAWA)カーサイドタープAL

車のルーフだけでなくリアハッチにも固定可能で、簡単にリビングスペースを設置できるカーサイドタープ。軽自動車のリアハッチにも取り付けられ、車種を選ばない汎用性も魅力です。

ポールの先端が地面に接地しペグで固定するタイプで、耐水圧1800mmのポリエステル生地は雨や風に強く安定感の高いのが特徴。タープは、通風と中からの視認性を高めるメッシュ窓を装備。

コンパクトに収納できるため、車の空きスペースに積載可能で、日帰りドライブや釣り、デイキャンプで活躍するおすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS)neos LINKパネルPLR

別売のカーセット用ジョイントポールとロープで、車と連結すればカーサイドリビングとして使えるロゴス独自のパネルルーフを採用。

パネルルーフ独自の「筋交い構造」で、高い強度がありタープ使用時にランタンを設置可能。湾曲したルーフ形状は水たまりを防いでくれるので、降雨時もストレスを感じません。

車だけでなく、テントと連結すればスクリーンタープとしても使用可能で、別売パーツとの併用でさらに多彩な使い勝手を見せます。難燃性生地の採用で、万が一火の粉が付着しても燃え広がりにくい点もキャンプアイテムとしておすすめのポイントです。

ロゴス(LOGOS)neosパネルカーテン

風と強い日射しを防ぐ、neos LINKパネルPLR用のサイドウォール。LINKパネル下部に吊り下げるタイプのサイドウォールで、サイズは195×200cmと広く3面に展開すれば快適なリビングスペースにできます。

サイドウォールは、万が一火の粉が付着しても燃え広がりにくい米国の難燃性基準CPAI-84に適合した難燃性ポリエステル生地を使用。耐水圧も2000mmと優れています。

UVカット加工により有害紫外線を約90%カット。雨や紫外線にも強く、高い断熱効果も期待できるコストパフォーマンスの高いおすすめのカーサイドタープです。

ロゴス(LOGOS)neosカーサイドオーニング

ワンボックス車やミニバンのドアに横付けするタイプのカーサイドタープ。車体連結用吸盤ジョイントのフックを倒せば、簡単に車のルーフへしっかりと固定可能です。居住空間は190cmと余裕の高さがあり、車内とタープ間もスムーズに行き来できます。

タープ下部に、雨水や害虫が入りにくいマッドスカートを装備。3方向から出入りできる利便性と、車体との密着性を合わせ持ったおすすめのカーサイドタープです。別売りのポールとロープでキャノピーも設置可能で、拡張性の高さも魅力といえます。

フレームは、軽く丈夫なグラスファイバー製。フライシートの生地は、難燃性ポリエステルタフタを採用し、耐水圧も2000mmと高く、UVカット加工によりタープ内を有害紫外線から守ります。

オガワ(OGAWA)カーサイドリビングDX

車高170~200cmまでの車に適し、車の横に連結し快適なリビングスペースとなるカーサイドタープ。サイズは幅330×奥行き320cmで、イス4脚が展開できる十分な広さがあります。

サイドタープを展開するとボディに密着し、タープ下部のマッドガード装備で降雨時の排水性も高く、雨風に強い造りもおすすめのポイントです。

タープ生地は難燃性ポリエステルを採用し、耐水圧は2000mmと高く、テフロン加工やUVカット加工も施され、耐水性や耐候性に優れています。デイキャンプの日除けやオートキャンプのリビングとして活躍する、おすすめのカーサイドタープです。

エリッゼ(ELLISSE)オーニングテントAW-2017

トレーラーやキャンピングカーのオーニングやルーフレールに固定するオーニングテント。テント下部やタイヤの隙間から吹き込む冷気をシャットアウトするフロアスカート付きで、居住空間は快適に過ごせます。

組み立ては、ドームテントと同じ要領で3本のポールを通すだけと簡単に設置可能。室内天井にランタンを取り付けるパイプも装備され、夜間も安心して使える仕様です。

カーサードタープのAmazonランキングをチェック

カーサードタープのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。