住まいでの足音を抑える「防音スリッパ」。数ある防音グッズのなかでも手軽に導入できるのが特徴で、一人暮らしの方はもちろん、小さな子供がいるファミリー層からも、マンションやアパートの騒音対策として注目されています。

そこで今回は、おすすめの防音スリッパを大人用と子供用に分けてご紹介。これから騒音対策を始めたい方や足音が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

防音スリッパの選び方

かかとが離れにくいルームシューズタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

スリッパは、かかとがない「スリッパタイプ」と、かかとがある「ルームシューズタイプ」の2種類に大きく分けられます。スリッパタイプは着脱が簡単にできるというメリットがありますが、歩くときにパタパタと音が鳴りやすいので注意しましょう。

防音目的で選ぶならルームシューズタイプがおすすめ。歩く際にかかとが離れにくいので、パタパタ音が少ない傾向があります。足の甲から足首側まで覆われているタイプだと、より音を軽減することが可能。ただし、夏場は蒸れやすいため、季節によってスリッパタイプと使い分けるなどの工夫が必要です。

底面に吸音素材が使われているかチェック

By: amazon.co.jp

足音とは、足に踏まれた床から発生する音です。インソール部分が柔らかかったとしても、スリッパの底面部分が硬い場合は床面と接触するときに音が鳴ってしまいます。少しでも足音を抑えたい場合は、底面部分にスポンジや布など、柔らかくて軽い「吸音素材」が使われているタイプがおすすめです。

足にフィットするサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

スリッパを選ぶ際は、自分の足のサイズにフィットするモノを選びましょう。小さすぎたり、大きすぎたりするとスリッパと足の間に隙間が生まれて、足音が鳴る原因になってしまいます。S・M・Lとサイズ分けされている場合がほとんどですが、メーカーによって具体的な大きさが異なるので注意。必ずセンチ表記をチェックしておきましょう。

防音スリッパのおすすめ|大人用

グンゼ(GUNZE) ウチコレ ルームシューズ 内側マシュマロタッチ

あたたかみのある、おしゃれなデザインの防音スリッパ。ボアタイプのライニングをあしらっているため、秋から冬にかけての冷え込む季節に重宝します。

靴底にはスエードの柔らかな生地を採用しており、歩く際に音が出にくいのがポイント。ピンクやブラウンといった味わい深いカラーリングがラインナップしています。

グンゼ(GUNZE) ルームシューズ ウチコレ オウチスリッポン

アッパーに通気性のよいメッシュ素材を採用しており、夏場も履き心地が快適な防音スリッパ。かかとまでが覆われるスリッポンタイプのアイテムです。コンパクトに丸められるため、持ち運びに便利。カバンに入れておけば、旅先のホテルなどでも活躍します。

底面の防滑・防水性が高く、キッチンをはじめとする水まわりでも安心して履けるのが魅力。洗濯が可能で、清潔な状態をキープできます。

フロンティア(FRONTIER) room’s スリッパ

室内でも快適に歩けるように、靴と同じ製法で作られた防音スリッパです。足底には弾力性に優れたEVAフォームを採用。爪先部分には通気性のよいメッシュ素材を使用するなど、部位によって素材を使い分けているのが特徴です。

また、底面に静音性が高いポリエステルスエード素材を採用。滑り止め素材も採用されているので、フローリングなどの床も安心して歩けます。シンプルなデザインで、服装を選ばずに使えるのも魅力。機能性とおしゃれさを兼ね備えた、おすすめの防音スリッパです。

ベルメゾン 天然素材混生地でつくった足にフィットするスリッパ

毎日履くことを考えて、履き心地と耐久性に注目した防音スリッパです。内側は柔らかなパイル素材を使用。中敷きにはゴム素材を使用しており、歩く際にもしっかりとフィットするのが魅力です。素足で履いても快適に過ごせます。

形状安定加工が施されているため、型崩れしにくいのがポイント。また、洗濯に対応しているので、ネットを使えば、洗濯機で丸洗いできます。日々のお手入れのことも考えて作られた、おすすめの防音スリッパです。

セシール(cecile) コットンタオルスリッパ

心地よい肌触りを楽しめるタオル生地を使用した防音スリッパです。吸水性に優れているため、お風呂上りの濡れた素足で履いても快適。足指が解放される草履風のデザインを採用しており、リラックス感を重視する方にぴったりです。

底面は音を立てにくいスエード調の素材を使用。さらに、滑り止めが取り付けられています。また、汚れてしまった場合は洗濯機で丸洗いが可能。カラーリングにはグレー・ピンク・ブラウン・ペールミントがラインナップしているので、好みに合わせて選べます。

オクムラ JyabJyab 洗って絞れるスリッパ

片足の重さが約40gという軽量仕様で、履き心地のよい防音スリッパ。手洗いはもちろん洗濯機での丸洗いにも対応しており、清潔に使えるのが魅力です。内部に堅い芯などが入っていないため、洗った後には絞って陰干しできます。

靴底はスエード調のポリエステルで、歩いた時のパタパタ音が鳴りにくく静音性を重視したい方にもおすすめ。素材をメッシュ・コットンリネン・パイルの3種類から選択できるのも嬉しいポイントです。

クロックス(crocs) クラシック スリッパ

クロックスのジビッツホールを思わせるエンボス加工がアクセントとなった防音サンダル。フットベットにはあたたかなライニングを使用しており、寒い季節に重宝するアイテムです。

柔らかなフェルトのアウトソールを採用しているため、音を立てにくいのが魅力。また、靴底にはシリコン素材の滑り止めが付いています。カラーは、ベーシックで使いやすいブラウンのほか、豊富なバリエーションが取り揃えられています。

ハフリンガー(HAFLINGER) ルームシューズ 3110

上質なルームシューズで支持を集めるドイツブランド「ハフリンガー」の防音スリッパ。メインの素材は通気性と保温性を兼ね備えるウールで、冷房などによる足元の冷えが気になる方におすすめです。

人間工学に基づいてデザインされたフットベッドを採用しており、立ち仕事を長時間続けても疲れにくいのが特徴。靴底には耐久性の高いポリプロピレンの不織布使用しているので、足音を抑えられます。

防音スリッパのおすすめ|子供用

フロンティア(FRONTIER) room’s mini

靴の製法を用いて作られた防音スリッパ「room’s」の子供用です。インソールには、弾力性に優れたEVAフォームを使用。蒸れやすいつま先には、通気性が高いメッシュ素材を使用するなど、履き心地にこだわっています。

底面には静音効果が期待できるポリエステルスエードを使用。また、滑り止めを2箇所に配置しているほか、先端部分を反らせることでつまずきにくいようにするなど、細かい部分にも工夫が施されています。部屋を元気に歩き回る子供におすすめの防音スリッパです。

リサ・ラーソン(Lisa Larson) スリッパ 砂浜イギーとピギー

ハリネズミをモチーフにした刺繍があしらわれた、愛らしいデザインの防音スリッパ。へちまタワシのような硬い素材をメインで使用しており、足裏を心地よく刺激するのが特徴です。

また、足の形に合った凹凸のある立体的な作りの中敷きを採用。底材は柔らかなポリエステルスエードで、静音性に優れています。2種類のサイズが用意されているため、家族で揃えるのもおすすめです。

モズ(MOZ) キッズスリッパ

スウェーデンで生まれた人気ブランド「モズ」のキッズ用防音スリッパです。日本製で、スリッパの産地として知られる山形県・河北市で製造。ひとつひとつ手作業によって縫製しているのが特徴で、肌に当たる部分には柔らかなコットン素材を使用するなど、素材にもこだわっています。

底面には、静音性に優れたアウトソールを使用。柔らかい素材のため、地面を傷つけにくいのもポイントです。また、洗濯にも対応しているので清潔を保ちやすいのも魅力。ヘラジカのモチーフもおしゃれなおすすめの防音スリッパです。