フルーティーさと濃厚な甘味が魅力のウイスキー「スキャパ」。同じ蒸溜所で複数の種類が造られており、なかにはスモーキーさを加えて複雑な風味を楽しめるモノもあります。

また、スキャパは、さまざまな種類のウイスキーをブレンドして造られる「バランタイン」のキーモルトとしても有名です。今回は、スキャパの魅力を詳細にご紹介。濃厚な甘味と爽やかな風味を併せ持つ、奥深い味わいを楽しんでみてださい。

スキャパの特徴

By: scapa-whisky.jp

スコットランド北海のオークニー諸島にある、メインランド島にある蒸溜所で造られる、「スキャパ」。海辺にある樽貯蔵庫で熟成されるので、ほのかな潮の香りが感じられるウイスキーです。

また、一般的なスコッチウイスキーとは異なり、スキャパは、トロピカルフルーツや洋梨のようなフルーティーな香りを持ちます。そして、メロンやバニラのような芳醇な甘味も感じられるのが魅力です。

さらに、麦芽の風味も強く感じられ、ザラメやカステラのような複雑で奥深い風味もポイント。「デザートモルト」とも称され、複数種類のキーモルトを使用する「バランタイン17年」などのフルーティーさを演出する役割を果たしています。

スキャパの歴史

By: amazon.co.jp

スキャパは、1885年にメインランド島で設立された蒸溜所から生まれました。また、第一次世界大戦中には英国海軍の兵舎としても使用されており、現在でもその痕跡を有している、歴史ある蒸溜所でもあります。

スキャパ蒸溜所では、当初から原料の栽培・発酵・蒸溜・貯蔵の全行程を行っており、当時の最新技術である蒸気エンジンも備えていたのがポイント。さらに、石炭からの直火を使った蒸溜が一般的だった時代に、蒸気を熱源とした蒸溜も取り入れていました。

また、1954年には「カナディアンウイスキー」で有名なハイラム・ウォーカー&サンズ社に買収され、1959年に設備を改修。1970年代から蒸溜器「ローモンド・スチル」を導入し、現在でも変わらず使用されています。

スキャパの製造方法

By: amazon.co.jp

スキャパは、英国本土から入荷した麦芽を、ドライイーストで発酵させています。そして、蒸溜所からおよろ3kmほど離れた、オークイルにある硬水を使用して糖化。美しいドーム型のステンレス製の仕込槽で、およそ5時間ほどで13500Lの生産が可能です。

また、15℃程度の温度を維持しながら、100時間以上という長い発酵時間を設けているのも特徴。発酵させた原料は、蒸溜器「ローモンド・スチル」にておよそ5時間ほどで蒸溜され、新品の革とパイナップルのような香りを持つようになります。

発生させた蒸気は、「コンデンサー」と呼ばれる冷却器で、蒸溜所の背後にある、リングロ・バーンの小川の水を使用して冷却。出来上がった原酒は新品の樽を意味する「ファーストフィル」のバーボン樽に詰められ、熟成工程に入ります。

スキャパの種類

スキャパ スキレン

ノルウェー語で「輝き」や「明るい空」を意味する「スキレン」。オークニー諸島の美しい風景をイメージしたネーミングで、北海に浮かぶ帆船を彷彿とさせるデザインが特徴です。

スキレンは、フレッシュな洋梨や花のような香りと、バニラのような甘い香りが共存。高い糖度をもつ種類のメロンのような、濃厚な甘味が感じられます。さらに、レモンシャーベットのような爽やかさがあり、心地よい甘さと爽やかな余韻も残る魅力的な1本です。

スキャパ グランサ

バーボン樽での熟成を経た後、強い香りを持つ種類の「エクストラピーテッドウイスキー」の樽で追加熟成させた、独自の製法が特徴の「グランサ」。樽由来のスモーキーさが加わり、複雑でコクのある風味が楽しめるウイスキーです。

味わいは、口に含んだ瞬間に広がる、ヘザーハニーのような芳醇な甘さと若干の薬品感が特徴。カスタードやキャラメルなどの、なめらかで濃厚な甘味も感じられ、フレッシュなライムなどのフルーティーな香りも楽しめます。

さまざまな飲み方の種類でも楽しみやすく、ソーダを加えて爽やかさを追加するハイボールもおすすめです。

スキャパ 12年

熟成年数12年以上の原酒をヴァッティング(組み合わせ)して造られる「スキャパ 12年」。金色の美しい本体と、ココナッツや青リンゴ、ミルクチョコレートのような甘くて芳醇なフルーティーさを持つ香りが魅力の1本です。

また、カラメルや練乳、ダークチョコレートなどの濃厚でコクのある甘味もポイント。そして、ほのかに感じるオーク樽のスモーキーさとコショウのスパイシーさが余韻に残るのも魅力のひとつです。

いろいろな種類の味わいが絶妙に組み合わさり、バランスのよい味わいになっている、おすすめのウイスキーです。

スキャパのおすすめの飲み方

スキャパは、どのような飲み方にも合わせやすいシングルモルトです。特に香りと味をじっくり楽しみたい方はストレートがおすすめ。また、氷が溶けて味の変化が生じるロックも、スキャパの上手な楽しみ方のひとつといえます。

そして、もともとフルーティーさと爽やかさ持っているスキャパ。とりわけ、ソーダで割って飲むハイボールはスキャパによく合う、おすすめの飲み方です。