高級シャンパンとして知られる「アルマンド」。芳醇でフルーティーな味わいをもち、カラフルでおしゃれなボトルデザインからクラブなどでも大人気のお酒です。

いくつかの種類があるアルマンドは、どの銘柄も飲みやすく、シャンパンに馴染みのない方でも楽しみやすいのが魅力。そこで今回は、アルマンドの特徴とおすすめの銘柄をご紹介します。

アルマンドとは?

By: adbjapan.co.jp

すっきりとした辛口で、ほのかな甘さも感じられるフルーティーな味わいが魅力の「アルマンド」。正式名称は「アルマン・ド・ブリニャック」といい、高級なシャンパンとしても有名です。安いモノでも高級シャンパン「ドンペリ」の3倍近い価格が設定されています。

アルマンドは、日本では高級クラブなどで高い人気を有しており、どの種類もクセがなく飲みやすいのが特徴です。絹のようになめらかで、クリーミーな口当たりも魅力のひとつ。最高級シャンパンの名にふさわしい、豊かな味わいを備えています。

アルマンドの歴史

By: adbjapan.co.jp

アルマンドは、1763年にフランスのシャンパーニュ地方で創業されたキャティア社が展開する「シャンパーニュ・ブランド」です。以来、伝統の手法でシャンパンを製造し続け、2006年にアルマンド「アルマン・ド・ブリニャック ゴールド」が誕生しました。

アルマンドは、モンターニュ・ド・ランス地区で生産された1番摘みのブドウを使用。少人数の熟練したシャンパン職人によって造られ、1本ずつ手作業で製造しているのが特徴です。

また、アルマンドは1時間に30本しか造られない、希少な種類のシャンパンとしても有名。そして、アメリカのラップ歌手がPVで使用したことから世界的に認知され、セレブの間で根強いブームとなりました。

現代の日本では、高級クラブなどで人気があり、カラフルなボトルデザインはインスタ映えアイテムとしても活躍。3種類のボトルを揃える「アルマンド信号機」がひとつのステータスともされています。

アルマンドの種類

アルマン・ド・ブリニャック ゴールド

アルマン・ド・ブリニャック ゴールド

2006年、アルマンドのなかで最初に発売された「アルマン・ド・ブリニャック・ゴールド」。存在感のある金色のボトルから、「ゴールド」とも呼ばれている、アルマンドの定番銘柄です。

原料には、ほどよい酸味と渋みが少ない、エレガントな味わいを持つ種類のブドウ「ピノ・ノワール」を使用。また、フレッシュな果実感とやさしい口当たりを持つ種類のブドウ「ピノ・ムニエ」をブレンドし、クリーミーできめ細かい口当たりを実現しています。

また、ゴールドは、アルマンドのなかでも比較的入手しやすいのもポイント。ほかの銘柄に比べて価格が安く、アルマンドを初めて試してみたい方におすすめです。

アルマン・ド・ブリニャック ロゼ

アルマン・ド・ブリニャック ロゼ

ゴールドに次いで、2008年に発売された2番目のアルマンド「アルマン・ド・ブリニャック・ロゼ」。ピンクのかわいらしいボトルが特徴で、インスタ映えするお酒として女性から高い人気を獲得しています。

ロゼの原料には、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエに加えて、すっきりとした酸味とミネラル感を持つ種類のブドウ「シャルドネ」をブレンド。フレッシュでフルーティーな風味と、若干のスモーキーさ、ほどよいスパイシーさを感じられるバランスのよさが魅力です。

また、濃厚な果実感と、絹のようになめらかな余韻が長く感じられるのもポイント。見た目が綺麗で飲みやすいことから、シャンパンを楽しみたい女性にぴったりの1本です。

アルマン・ド・ブリニャック ドゥミセック

アルマン・ド・ブリニャック ドゥミセック

「レッド」や「赤」などとよく呼ばれる、「アルマン・ド・ブリニャック・ドゥミセック」。シャルドネの配合を増やし、地下の貯蔵庫で約6年間の長期熟成させているのが特徴です。

柑橘類のような爽やかな香りと、ブラックベリーや蜂蜜のようなフルーティーで濃厚な甘味を感じられるのもポイント。長期熟成によって生まれたきめ細かい、繊細な泡立ちも有しています。

また、アルマンドのなかでも甘味の強い種類なので、お酒が苦手な方でも楽しみやすいのが魅力。余韻に濃厚な甘味が長く感じられ、料理やデザートにもよく合う、おすすめのアルマンドです。

アルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ブラン

アルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ブラン

「アルマン・ド・ブリニャック・ブラン・ド・ブラン」は、「シルバー」とも呼ばれる、すっきりとした酸味が特徴のアルマンドです。高級感あふれるシルバーのきらびやかなボトルは、専門の装飾業者によって手がけられています。

原料にはさわやかな酸味が特徴のブドウ品種、シャルドネを100%使用しているのがポイント。また、アルマンドに限らず、シャルドネを100%使用した種類は「ブラン・ド・ブラン」と呼ばれます。

角のとれた、なめらかな口当たりとミネラル感があり、芳醇でフルーティーな風味を感じられるのが魅力のひとつ。余韻が非常に長く、複雑でバランスのよいクリアな風味が楽しめます。

アルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ノワール

アルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ノワール

原料のブドウの種類に、ピノ・ノワールを100%使用したシャンパンを指す「ブラン・ド・ノワール」の名が授けられたアルマン・ド・ブリニャックです。通称、「黒」ともいわれ、生産数が少なく希少価値の高い1本として知名度があります。

ラズベリーやアプリコットのようにフルーティーな香りと、柑橘類のようなさわやかさをかすかに感じられるのがポイント。繊細で奥深い味わいを持つピノ・ノワールの魅力をよく活かしています。

アルマン・ド・ブリニャック グリーン マスターズエディション

アルマン・ド・ブリニャック グリーン マスターズエディション

ゴルフトーナメントの世界最高峰「マスターズゴルフトーナメント」の第75回大会記念として作られた限定ボトル「マスターズエディション」。マスターズ優勝者に贈られるジャケットにちなんだグリーンカラーのボトルが特徴です。

メタリックなグリーンカラーは存在感があり、コレクターから高い人気を誇っています。また、インスタグラムなどのSNS映えに人気の「アルマンド信号機」に欠かせないカラーでもあり、所有するだけでステータスにもなる希少なボトルです。