現代の日本を舞台に、少年少女たちの成長を描いたRPG「ペルソナ」シリーズ。最近では海外人気も高まっており、全世界での累計出荷本数が1100万本を突破。TVアニメや映画、音楽ライブ、舞台など、メディア展開も積極的に行われている人気タイトルです。

そこで、今回は「ペルソナ」シリーズのおすすめタイトルをご紹介。メインタイトルはもちろん、スピンオフ作品も取り上げているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ペルソナシリーズとは?

By: playstation.com

アトラスから発売されている「ペルソナ」シリーズ。現代日本を舞台に、特殊能力〈ペルソナ〉に目覚めた少年少女たちの成長を描いたRPG作品群です。元々は「女神転生」シリーズの派生として誕生したタイトルでしたが、女神転生は難易度が高かったのに対して、ペルソナはカジュアルに遊べるのが特徴。現在は日本を代表する国産RPGのひとつとして、国内はもちろん、海外のゲーマーからも愛されています。

「ペルソナ」シリーズは、基本的にそれぞれのタイトルでストーリーが完結しているので、どこから始めても楽しめます。ただし、初期タイトルは現在から見ると不親切なところも多いため、ゲームに慣れていない方は要注意。ゲーム初心者の方、RPGが苦手な方は『ペルソナ3』以降の作品がおすすめです。

ペルソナシリーズのおすすめ|メインタイトル

女神異聞録ペルソナ【PS,PSP】

女神異聞録ペルソナ

ペルソナシリーズの始まり。ゲーマーでも結構厳しい高難易度RPG

1996年に初代プレイステーション用ゲームソフトとして発売されたRPG『女神異聞録ペルソナ』。タイトルからも分かるとおり、女神転生の流れをくみつつも、新しい試みを取り入れたペルソナシリーズの第一作目です。

独特の世界観やゲームシステムは高く評価されており、現在も根強いファンがいます。しかし、『P3』以降のカジュアルなイメージとは違って、難易度が非常に高いのが特徴。ザコ敵が強すぎたり、セーブポイントが少なかったりと、今からすると不親切な部分も多いので、万人におすすめできるゲームではありません。

2009年にはPSPでリメイク版『Persona』が発売。難易度調節がされて遊びやすくなっている一方、音楽や効果音などの演出面は賛否両論があります。遊びやすさを重視するならPSP版、演出を重視するならPS版がおすすめです。

Persona

・女神異聞録ペルソナ(PS版)

・Persona(PSP版)

ペルソナ2 罪・罰【PS,PSP】

ペルソナ2 罰

2部構成の大作RPG。大人向けのシリアスなストーリーが魅力

ペルソナシリーズの2作目は、1999年に初代プレイステーションで発売されたRPG『ペルソナ2 罪』と、その翌年に出た『ペルソナ2 罰』による2部構成です。物語的にはそれぞれ完結していますが、両方をクリアすることで物語の全貌を知ることが可能。前作のキャラクターも出てくるので、なるべく『P1』を含めてセットで遊びたい作品です。

本作は、噂が現実になってしまう「珠閒瑠(すまる)市」が舞台。『罪』はメインキャラクターに高校生が多いのに対して、『罰』は社会人メンバーが中心となっているのが特徴です。ストーリーもダークな雰囲気で、大人でも楽しめます。

2011年にはリメイクされたPSP版が登場。オリジナル版と比べると遊びにくい部分もありますが、初めて遊ぶなら特に気にならないレベルです。古いゲームではあるものの、ダウンロード版も配信されているので、比較的遊びやすいのも魅力。面白い長編RPGを探している方におすすめです。

ペルソナ2 罪・罰

・ペルソナ2 罪(PSP版)

・ペルソナ2 罰(PSP版)

ペルソナ3【PS2,PSP】

ペルソナ3

システムを一新。後期ペルソナの基礎を作ったタイトル

2006年にPS2用ゲームソフトとしてリリースされた『ペルソナ3』。従来シリーズと比べて、ストーリーがやや明るい雰囲気になっていますが、『P4』や『P5』のように和気あいあいとしたものではありません。メインストーリーでは仲間同士でぶつかり合うことも多く、お互いに傷つけながらも徐々に心を開いていくといった、リアルな人間ドラマが描かれています。

ペルソナ3の特徴は「コミュニティ」。キャラクターと交流することで親密度が上がり、ランクに応じてペルソナが強くなる、いわゆる恋愛ゲーム風のシステムです。異性のキャラクターとは恋愛関係になることも可能。うまく立ち回れば複数人と付き合うこともできます。ただし、バレると大変なことになるので注意しましょう。

今から遊ぶなら、後日談が追加されたPS2リメイク版『ペルソナ3 フェス』、または女性主人公が追加されたPSP版『ペルソナ3 ポータブル』の二択。ただし、後日談は賛否両論あります。遊びやすさにおいてはPSP版がおすすめです。

ペルソナ3

・ペルソナ3 ポータブル(PSP版)

・ペルソナ3 フェス(PS2リメイク版)

ペルソナ4【PS2,PS Vita】

ペルソナ4

コアなゲームから大衆作品へ。万人向けの人気タイトル

2008年にPS2用ゲームソフトとして発売された『ペルソナ4』。ダークな雰囲気だった前作とは一変して、全体的に明るいイベントが多いのが特徴。主人公を通して充実した高校生生活を追体験できることから、国内はもちろん、海外からも人気の高いタイトルです。

家庭の事情で、親戚の家に預けられることになった主人公。転校先の高校で知り合った仲間たちとともに、怪奇連続殺人事件に挑むといったストーリーです。メインからサブに至るまで、キャラクターが魅力的。ゲームシステムも洗練されており、ストレスなくプレイできます。

これまでコアなゲーマー向けだったシリーズを、万人向けの大人気タイトルへと押し上げた『ペルソナ4』。2012年には、PS Vitaでリメイク版の『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』が登場。オリジナル版と比べて格段に遊びやすくなっているほか、新規イベントも大量に追加されています。これから遊ぶ方はリメイク版がおすすめです。

ペルソナ4 ザ・ゴールデン

・ペルソナ4 ザ・ゴールデン(PS Vita版)

ペルソナ5【PS3,PS4】

ペルソナ5

これまでの長所を生かして、欠点を補ったシリーズ集大成

2016年にPS3とPS4で同時発売された『ペルソナ5』。前作から8年越しに発売されたナンバリングタイトルで、シリーズ20周年記念作品でもあります。海外のレビュー収集サイト「Metacritic」では、100点中93点というハイスコアを獲得。世界中から高評価を受けている超人気タイトルです。

主人公は、渋谷に引っ越してきた男子高校生。心の力〈ペルソナ〉を使って、歪んだ欲望を持つ大人たちを改心させるピカレスク・ロマンです。『P3』や『P4』のゲームシステムを発展させつつ、『P2』で好評だったシャドウとの交渉を復活させるなど、シリーズのいいとこ取りをしているのがポイント。まさに集大成といっても過言ではありません。

2019年にはPS4で『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』をリリース。新キャラクターや新規イベント、追加要素などを収録しています。これからプレイするなら『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』がおすすめです。

ペルソナ5

・ペルソナ5 ザ・ロイヤル(PS4版)

ペルソナシリーズのおすすめ|スピンオフ

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ【PS4,Switch】

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ

ペルソナ5の正統続編。シリーズ初のアクションRPG!

2020年2月にPS4とニンテンドースイッチで発売された『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』。無双シリーズで有名なコーエーテクモゲームスと共同開発した作品で、シリーズで初めてのアクションRPGです。

本作は、『P5』の後日談を描いた作品。主人公が東京を去ってから半年後、再び怪盗団のメンバーたちが純喫茶・ルブランに集合するところから物語は始まります。本編では描ききれなかった、メインキャラクターたちの新たな側面が見れるのが魅力です。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ

・ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(PS4版)

・ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(ニンテンドースイッチ版)

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト【PS4,PS Vita】

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

P5初のスピンオフ。名曲に合わせてダンシング!

2018年にPS4とVitaで発売された『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』。P5主人公をはじめとする人気キャラクターたちが、楽曲に合わせてスタイリッシュなダンスを繰り広げる音ゲーです。

OPの「Wake Up, Get Up, Get Out There」、 通常戦闘曲の「Last Surprise」など、さまざまな楽曲を収録しています。また、本編と同様に仲間たちと絆を育むとミニイベントが発生するなど、ファンに嬉しい仕様。難易度調節ができるので、音ゲーが苦手な方にもおすすめのゲームソフトです。

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

・ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(PS4版)

・ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(PS Vita版)

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト【PS4,PS Vita】

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

P3初のHD作品。あの名作が音ゲーとして甦る

『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』は、2018年にリリースされたリズムアクションゲーム。『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』と同時発売されたソフトで、本作はP3のキャラクターたちが登場します。

ベイベベイベの愛称で親しまれている通常戦闘曲「Mass Destruction」、シリーズでも屈指の名曲とされる「キミの記憶」など、全25曲を収録。DLCを導入すればさらに多くの楽曲をプレイすることもできます。P3ファンなら見ているだけでも幸せな気分に浸れるおすすめのゲームソフトです。

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

・ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(PS4版)

・ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(PS Vita版)

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス【3DS】

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス

P3とP4のクロスオーバー作品。お気に入りのキャラでダンジョンに挑もう

2014年にニンテンドー3DSでリリースされた『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』。本作はペルソナの世界観を活かしつつ、アトラスの人気タイトル「世界樹の迷宮」シリーズのゲームシステムを取り入れたダンジョン探索型RPGです。

『P3』と『P4』のキャラクターが登場するクロスオーバー作品で、タイトルの垣根を超えた交流が楽しめるのがポイント。「世界樹の迷宮」シリーズは高難易度で有名ですが、本作はそこまで難しくないため、ダンジョン探索型RPGを遊んだことがない方にもおすすめです。

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス

・ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス(3DS版)

ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド【PS3】

ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド

鋼のシスコン番長が帰ってきた!

2014年にPS3で発売された『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』。アトラスがアークシステムワークスと共同開発した2D格闘ゲームの2作目です。時系列的には『P4』の続編となっており、『P3』の一部キャラクターも参戦するお祭りゲーの要素もあります。

限定版の「プレミアム・ニューカマーパッケージ」では、前作『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』のストーリーモードを収録。通常版でもDLCを導入すれば、前作のストーリーのみを追うことができます。難易度を調節できるので、格闘ゲームが苦手な方にもおすすめです。

ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド

・P4U2 プレミアム・ニューカマーパッケージ(PS3版)