ルーズリーフよりカッコいい?

無類の文房具好きな日本人。お店で使い方をアレコレ想像しながら、筆記用具を手に取る幸せタイムが大好き! という人も多いのでは。そこで今回は、ルーズリーフでもないのにページの入れ替えができるマグネット式ノート Rekonect Notebook をご紹介いたします。「紙のノートにこだわりがある!」というあなたに、果たして気に入ってもらえるでしょうか?

愛着がわきそうなノート

Rekonect Notebook のノート用紙のサイズは12.7×20.32で、イメージとして Evernote クラシックノートブック の大きさ。

ハードカバーにはフェイクレザーが使用され、中身を入れ替えながら永く使う用途にぴったりな愛着がわきそうなノートに仕上がってます。もちろんクラシックな雰囲気に合うゴムバンド装備!

マグネットでまとまるページ

カバーの背の内側にあるのはツイストリングやバインダーリングではなく、棒状のマグネット。そのマグネットに特殊なコーティングを施したページが吸着してまとまっています。

最大で60枚を収納可能なノート用紙は、白紙、罫線、ドット、方眼から選択できます。一冊のジャーナルタイプのノートで種類の異なる用紙を使えるのはスリムで便利!

また、マグネット装備であるゆえにノートの背付近に、メタルクリップ付きのペンを吸着させて持ち運べるのが利点。デジタルデバイスにも安全な磁力だというのでひと安心です。

Kickstarter にて目標額を達成している Rekonect Notebook は39ドルから。アナログノート回帰にぴったりなアイテムかもしれません!