ガスコンロや電子レンジ、冷蔵庫などに付着する頑固な油汚れ。毎日の調理時に気になるものの、放っておくとだんだんと落としにくくなってしまいます。頑固な油汚れに、苦労した経験がある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、油汚れ洗剤に含まれる成分や洗剤タイプの違いを説明し、それぞれのおすすめ製品をご紹介します。参考にしてみてください。

油汚れ洗剤の選び方

普段のお掃除には「家庭用洗剤」

「家庭用」「住宅用」などと表記のある油汚れ洗剤は、家庭で使用することを想定した成分を配合した洗剤です。普段の油汚れ掃除には問題なく使えます。

なかには、界面活性剤などの洗剤成分や強力洗浄成分を含まず、素手のまま使用できる製品も存在。しかし、ほとんどはゴム手袋やマスクの着用を推奨されているため、製品の裏などに記載のある使用方法を確認しましょう。

頑固な油汚れには「業務用洗剤」がおすすめ

「業務用」と表示のあるモノは調理現場などで使用されるような、より洗浄力を高めた洗剤です。強力な成分を使用しているため、手ごわい油汚れを簡単に落とせる一方、使用には十分な注意が必要です。

製品に記載のある洗剤の規定量や、洗剤につけ置く時間などを守って使用しましょう。また、ゴム手袋やマスク、ゴーグルなどの使用、換気の必要性がある製品も多いので、掃除をする前に確認が必要です。

洗剤の液性で選ぶ

アルカリ性

By: rakuten.co.jp

油汚れは酸性の汚れです。中和して汚れを落とすためには、酸性とは反対の液性であるアルカリ性の洗剤を使ってみてください。

ついてすぐの油汚れは比較的落ちやすいものの、時間が経過した汚れは付着力が強くなり、簡単には落とせません。アルカリ性の洗剤なら、時間が経過した油汚れでも中和して落とす効果が期待できます。油汚れをしっかり落としたい方は、アルカリ性と表示のある洗剤を選びましょう。

弱アルカリ性

By: amazon.co.jp

弱アルカリ性の洗剤は、洗浄力を残しつつ素材や手肌に配慮した洗浄ができるため、幅広い素材への使用が可能です。一方、アルカリ性は強力な洗浄力がありますが、素材や手肌への配慮が必要になります。

弱アルカリ性の製品はアルカリ性洗剤に比べると洗浄力は劣るものの、調理器具などの素材を傷めたくない方にはおすすめです。

中性

By: amazon.co.jp

中性の洗剤はアルカリ性のモノに比べると油汚れに弱いといわれています。一方で、油汚れ以外にもさまざまな場所に使える洗剤が多いのが魅力。家中の掃除など、ほかの場所にも同じ洗剤を使いたい方にはおすすめです。

洗浄力には劣る一方で、家財などを傷めにくいのが特徴。洗浄力よりも汎用性を重視したい方はチェックしてみてください。

洗剤のタイプで選ぶ

スプレータイプ

By: duskin-art.com

油汚れ洗剤でスタンダードなのがスプレータイプ。トリガーを引くことで、泡状の洗剤を噴霧できるのが特徴です。

なかには、洗剤の粘性を工夫している製品も。垂直面や高い場所に吹きかけても液だれしにくいため、壁や換気扇などの掃除にぴったりです。

さらに、噴霧口を調節することで、洗剤を吹きかける範囲を変えられるモノもあります。汚れに対して、ピンポイントで洗剤をかけたい場合は狭い範囲に噴射可能。壁や冷蔵庫などの一面を掃除したい場合は、広い範囲に吹きかけられるので便利です。

液体タイプ

By: yashinomi.jp

液体タイプの油汚れ洗剤は、主に食器用洗剤に多いのが特徴です。必要な分だけをスポンジにつけ、泡立ててから使います。液性が製品によって異なるので、汚れの程度や手肌への負担を考えて選びやすいのがポイントです。

香料にこだわったモノや、無香料のモノもあります。香りを気にする方は、香料を使っているかも確認するのがおすすめ。皮膚刺激テストを行っている製品もあるので、手肌ヘのダメージが気になる方は注目してみてください。

粉末タイプ

By: oxicleanjapan.jp

粉末タイプの油汚れ洗剤には、酸素系漂白剤や重曹などがあります。酸素系漂白剤は、酸素の泡が発生して汚れを落とすのが特徴。少し熱めのお湯に適量の洗剤を入れて溶液を作り、溶液に浸して絞った布巾で油汚れを除去するのが基本の使い方です。

重曹は、天然クリーナーとして研磨作用とアルカリ性の性質で油汚れにアプローチします。粉のまま使うのはもちろん、少量の水を加えてクレンザーとして使うことも。重曹は一般的に地球にかける負担が少ないといわれているため、環境に配慮したい方にもおすすめです。

シートタイプ

By: amazon.co.jp

シートタイプの油汚れ洗剤は、シートに洗浄成分がしみ込んでいるのが特徴。メーカー独自の洗浄成分を含んでいる製品もあります。洗剤を直接吹きかけたくない家電や、ちょっとした油汚れを拭き取るのに便利です。

頑固な油汚れはスプレータイプや粉末タイプで落とします。日常のちょっとした油汚れはシートタイプを使うなど、汚れに応じて使い分けるのがおすすめです。

食器用油汚れ洗剤の選び方

泡立ち・泡ぎれのよさをチェック

By: amazon.co.jp

食器用油汚れ洗剤を選ぶ際は、製品によって異なる泡立ちや泡切れのよさも大切なポイントです。泡立ちのよい製品であれば、少量をスポンジにつけるだけで多くの食器を洗えます。途中で洗剤を継ぎ足す回数も少なくて済むので、経済的にもお得です。

ただし、泡立ちがよすぎると泡切れが悪いデメリットも。メーカーが独自に泡立ちや泡切れを工夫している製品もあります。自分の洗い方に合った食器用洗剤を探してみてください。

液性をチェック

By: amazon.co.jp

食器用油汚れ洗剤は、液性にも注目してみてください。液性は主に「弱酸性」「中性」「弱アルカリ性」の3種類です。

弱アルカリ性の食器用洗剤は油汚れにも強く、油汚れのついた食器がたくさん出る場合におすすめ。洗浄力が高いので、食器洗いの時短にもつながります。手荒れが気になる方には、手肌への負担を軽減する工夫が施されている製品もおすすめです。

なかには、一般的に油汚れ向きではないとされる弱酸性のモノも。重曹を配合するなど、油汚れ洗剤として便利な製品もあるので、注目してみてください。

油汚れ洗剤のおすすめ|家庭用

リンレイ(RINREI WAX) ウルトラハードクリーナー 油汚れ用

プロが認めた洗浄力を持つと謳われる油汚れ洗剤。落としにくい油汚れの除去に役立つ製品です。

頑固な汚れを相手にするプロの現場で、75年かけて培った業務用ノウハウと技術を結集。水酸化ナトリウムと水酸化カリウムを配合することで、固着・堆積をした強烈な油汚れに効果を期待できます。

強力な洗剤でありながら、低臭タイプなのも魅力です。本製品はアルカリ性で、スプレータイプで700mlの大容量サイズ。使用する際は保護メガネや炊事用手袋などを着用するのがおすすめです。

允・セサミ 技職人魂 油職人

冷たい水でも効果を発揮すると謳われている強力な油汚れ洗剤です。現場のプロが開発した製品。中和ではなく、油を石鹸とグリセリンに分解する「けん化」によって油汚れを落とすのが特徴です。

効果を発揮しやすいように、2種類のアルカリ剤を独自のバランスで配合しています。硬化した油や焦げ付きなど、こびりついた油汚れにも効果的なのがうれしいポイントです。

洗浄力が強いため、長時間のつけ置きが不要で忙しいときでも便利。アルカリ性です。スプレータイプで、容量は500ml。時間をかけずに油汚れを掃除したい方におすすめです。

アズマ工業 CH862アズマジック油汚れ洗剤

ハウスクリーニングのプロもおすすめする油汚れ洗剤です。より簡単に早く汚れを落とせるように、プロの現場で使用している洗剤をベースとして家庭用にアレンジした製品。除菌効果もプラスしています。

洗剤を汚れに吹き付けるだけで、頑固な油汚れを細かく分解。落としやすくするのが特徴です。なかなか落ちない汚れには、5分ほどつけ置きすると効果的。洗剤が汚れになじむことで、より簡単に汚れを落とせます。

スプレータイプで容量は400mlです。液性はアルカリ性。プロが推奨するクオリティの洗剤を試してみたい方におすすめです。

ダスキン(DUSKIN) 油汚れ用洗剤

ガスレンジやタイル壁の油汚れに便利な油汚れ洗剤です。掃除用品や掃除サービスの専門家である「ダスキン」が手がけています。

レンジや換気扇まわりに付着した頑固な油汚れにも、泡が密着して強力に落とせるのが魅力。泡が消えにくく、壁面のしつこい油汚れでも洗剤が効果を発揮しやすいのがポイントです。

拭き上がりは触感がよく仕上がります。オレンジの香り。液性はアルカリ性です。容量は500ml。掃除の専門家が手がけた油汚れ洗剤を使いたい方におすすめです。

シーバイエス スーパーブレークアップTG

フライヤーやオーブンまわりなどの焼き付いた油汚れに効果が期待できる油汚れ洗剤です。ポイントは洗剤の粘性。垂直面の汚れにもしっかり浸透し分解します。フォームタイプの洗剤と専用のスプレーボトルを採用し、汚れにピンポイントで当てやすいのも特徴です。

容量は600mlのスプレータイプ。トリガーは、使いやすく手が汚れにくい構造です。液性はアルカリ性。洗剤が白濁色なので、噴霧した場所が分かりやすく、無駄に洗剤を使いたくない方におすすめです。

ウエキ(UYEKI) スーパーオレンジ 消臭・除菌泡タイプ

天然ヤシ油を主原料とした界面活性剤を使用した油汚れ洗剤です。浸透力や溶解力に優れた天然のオレンジオイルを豊富に配合しています。

油汚れだけでなく、ガラスや床など幅広く使えるのもポイント。キッチンに限らずさまざまな場所で活躍する合理的な洗剤を探している方におすすめです。用途に合わせて、洗剤を希釈して使います。

生分解性99%なので、地球にもやさしいと謳われているのが特徴。スプレータイプで480mlです。洗剤液は、壁にスプレーしてもたれにくい仕様。広い範囲にも狭い範囲にも吹きかけられる泡タイプです。

レック(LEC) セスキ密着泡スプレー

「激落ちくん」シリーズから展開されている、泡タイプの油汚れ洗剤です。水を独自の方法で電気分解したアルカリ電解水に、セスキ炭酸ソーダを配合しています。アルカリパワーを持つ泡が油汚れに密着。汚れを包み込んで、浮かせて落とします。

洗剤を汚れに吹きかけ、しばらく置いてから拭くとより効果的です。ニオイのもととなる汚れを取り除くので、除菌・消臭効果も期待できます。界面活性剤は不使用。2度拭きも不要です。

容量は400mlのスプレータイプ。洗剤を使いたくない場所の油汚れを除去したいときにおすすめです。

ロケット石鹸 セスキ炭酸ソーダスプレー

界面活性剤を使っていない油汚れ洗剤です。セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすく、酸性の汚れを落とすのに効果的な成分。洗浄力が高いのに肌が荒れにくいとされており、やさしい使い心地の洗剤を探している方におすすめです。

本製品は、洗浄成分がセスキ炭酸ソーダのみ。界面活性剤は不使用です。液性は弱アルカリ性で、容量530mlのスプレータイプ。冷蔵庫やレンジなどはもちろん、換気扇などにも使用できて便利です。

東邦 ウタマロクリーナー

中性洗剤ながら、頑固な油汚れに効果が期待できる油汚れ洗剤です。汚れを落とすパワーは十分にありながら、手肌に負担の少ない中性であることにこだわった製品。主な洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分です。

嫌なニオイが少なく、素手で使いやすいのが魅力。使い方は、スプレーして拭き取るだけです。中性洗剤なので、キッチンまわり・お風呂・トイレ・窓ガラスの頑固な汚れ・その他水拭き可能な家具・床・壁紙などに幅広く使えます。

さわやかなグリーンハーブの香り。容量は400mlのスプレータイプ。刺激が少なく、中性の油汚れに使える洗剤を探している方におすすめです。

日本珪華化学工業 ハイホーム

天然の研磨剤とヤシ油でできている高品質石鹸を使った自然派のクレンザーです。研磨剤として配合しているのは珪華石。粒子が細かく柔らかいのが特徴で、磨くモノに傷がつきにくく汚れだけを取りやすいのが魅力です。

用途別に洗剤を変える必要がなく、さまざまな場所の掃除で使用可能。容量は400gで、ペーストタイプです。

さらに、石油系原料・合成界面活性剤・りん酸塩・蛍光剤・着色剤・脱色剤・香料は不使用。石鹸系の界面活性剤なので、手肌や環境への負担が気になる方にもおすすめです。布などに少量をつけて、そのまま磨いて空拭きしたり、泡立てて汚れを洗い流したりして活用してみてください。

レック(LEC) 激落ち 重曹 粉末

粒々の研磨作用とアルカリ性の性質で、油汚れを中和する天然クリーナーです。粉末タイプなので、粉のまま使ったり少量の水を加えてペーストにしたりと、さまざまな使い方ができるのが魅力。水に溶けにくいので、クレンザー効果で汚れを落とす効果も期待できます。

保管に便利なファスナー付き。容量は1kgで、大掃除のときでも気兼ねなく使える大容量です。環境にやさしく、洗浄・研磨・消臭の効果が期待できる洗剤を探している方に適しています。

グラフィコ(GRAPHICO) オキシクリーン

漂白と消臭の効果がひとつになった粉末タイプの酸素系漂白剤です。酸素の泡が発生して汚れを落とします。油汚れ洗剤として使う際は、40~60℃のお湯にオキシクリーンを入れて溶液を作り、溶液に浸して絞った布巾で汚れを拭いてみてください。

香料は不使用。弱アルカリ性です。容量は1500gのほかに、500gと詰め替え用の1000g、2000gがあります。

油汚れ以外に、血液・醤油・黄ばみ・汗ジミなどの頑固な汚れに効果が期待できる汎用性の高さも魅力。さまざまな掃除に使える便利な洗剤を探している方におすすめです。

レック(LEC) セスキの激落ちくん シートキッチン用

セスキの「激落ちくん」と共同開発したウエットシートタイプの油汚れ洗剤です。セスキ炭酸ソーダとアルカリ電解水を配合した掃除用のシート。アルカリ性で、油を浮かせて落とします。

界面活性剤は不使用。洗剤を使いたくないキッチンまわりを掃除する際におすすめです。容量は1パック20枚入り。IH・ガスコンロ・レンジまわりの壁など、キッチンまわりの油汚れを気軽に拭き取りたい方は試してみてください。

油汚れ洗剤のおすすめ|業務用

ドーイチ 業務用クリーナー 厨房

100%天然由来で作られている業務用の油汚れ洗剤です。アメリカの農務省が認定した、プロの洗浄力を発揮すると謳われています。液だれしにくい泡タイプの製品。抗菌・消臭・防カビ効果も期待できます。

使い方は、洗剤を汚れに直接スプレーするか、布巾にスプレーしてから拭き取るだけ。汚れによってはしばらく放置してから拭き取ってみてください。容量は420ml。刺激の少ない換気扇掃除用洗剤を探している方におすすめです。

ニイタカ ニューケミクール

厨房内のしつこい汚れを落とす、業務用の油汚れ洗浄剤。レンジやレンジまわり、キッチンの床、グリーストラップの洗浄にぴったりです。アルカリ剤に界面活性剤と浸透剤を配合した製品。一般向けの製品に比べて、10倍強力と謳われています。

5~500倍に希釈して使用するのがポイントです。頑固な油汚れでも、本製品を塗布して少し放置すれば簡単に除去できます。4kgのほか、2.5・18・20kgをラインナップ。力を入れてこする必要がないので、手早く掃除を済ませたい方におすすめです。

油汚れ洗剤のおすすめ|食器用

シャボン玉本舗 シャボン玉台所用せっけん泡タイプ

泡タイプなので、無駄なく使えて油汚れもしっかり落とせる食器用洗剤です。香料・着色料・酸化防止剤・合成界面活性剤不使用の無添加石鹸。食器にニオイが移りにくいのもメリットです。

昔ながらの釜炊き製法「ケン化法」で製造。出てくる泡には天然の保湿成分が含まれていると謳われています。すべての方にアレルギーや刺激が起こらないわけではありませんが、皮膚アレルギーテスト・皮膚刺激テスト済み。弱アルカリ性なのも特徴です。

野菜を洗うのにもおすすめ。容量は300mlで、泡タイプの食器用油汚れ洗剤を探している方に適しています。

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) ジョイコンパクト バレンシアオレンジ

「超吸着泡」がプラスチックに残る粘性の原因である油戻りを防ぐ食器用洗剤です。メーカーを代表する「ジョイ」シリーズのなかでも、特に優れた製品に仕上がったと謳われています。

泡立ちを改良することで、洗い流し時における泡切れもスピーディーに。2度洗いをする必要がないため、食器洗いをスムーズに進められます。「バレンシアオレンジ」はジューシーなオレンジをベースに、オレンジブロッサムの香りを配合。バレンシアの良質なオレンジを彷彿とさせる、フレッシュな香りが魅力的です。

ほかに、「ローマミント」「フロリダグレープフルーツ」があります。香りにこだわりたい方にもおすすめの油汚れ洗剤です。

花王(Kao) キュキュット ハンドマイルド カモミールの香り

スキンケア発想の食器用洗剤です。食器洗い時における手肌へのダメージを軽減すると謳われている、うるおいキープ処方の製品。独自のうるおい洗浄成分を配合することで、手肌のうるおいを残しながらの洗浄を可能にしています。

油汚れにも適しているのがポイント。カモミールエッセンスを配合することで、香りも楽しめる製品です。容量は230ml。食器洗いで手肌へのダメージが気になる方におすすめの油汚れ洗剤です。

ライオン(LION) Magica 速乾+ カラッと除菌 クリアレモンの香り

水切れスピードの速さが特徴の食器用油汚れ洗剤です。ポイントは独自配合している植物繊維由来成分。すべり落ちるような水切れを実現していると謳われています。

食器を洗ったあとに水気が残りにくいことで、菌の繁殖を抑える効果も期待できるのが魅力です。油汚れに適した洗浄力も備えています。

「クリアレモンの香り」のほか、「ホワイトローズの香り」「シトラスミントの香り」をラインナップ。洗い上がりの水切れを少しでも早くしたい方におすすめの製品です。

サラヤ(SARAYA) ヤシノミ洗剤

植物生まれのやさしい成分にこだわり、ヤシの実由来の洗浄成分で作られている食器用洗剤です。1971年の誕生以来、長く愛され続けている製品。すべての方に刺激が起こらないわけではありませんが、皮膚刺激テスト済みです。無香料・無着色の洗剤なので、食器にニオイが移りません。

また、高い生分解性を有し、洗ったあとの排水は微生物によって水と二酸化炭素に分解されると謳われています。液性は中性です。

洗浄成分の濃度は16%。洗浄力と手肌にかかる負担のバランスが取れる濃度を独自に導き出しています。使用者や環境のことを考えて作られた油汚れ洗剤を使いたい方におすすめです。

旭化成ホームプロダクツ フロッシュ 食器用洗剤 重曹プラス

手荒れの原因のひとつといわれている、アルコールを取り除いた食器用洗剤です。洗浄成分には、ヤシ油や菜種油などから作られる植物由来のモノを使用。自然の力で食器の汚れにアプローチします。

環境への負荷をおさえる工夫が施されているのも魅力。洗剤自体だけでなく、容器も100%再生可能なモノを採用しています。

液性は弱酸性ですが、重曹を配合することで、油汚れ洗剤として機能するのもポイントです。容量は300ml。油汚れにも使える食器用洗剤を探している方におすすめです。