パンツやスカートの下に穿くインナーの「ペチパンツ」。スカートのまとわり付きを防止したり、下着のラインが出てしまうのを防いだりするだけでなく、汗や静電気などのさまざまな悩みを解決してくれる便利なアイテムです。

ペチパンも各メーカーからいろいろなタイプのものが販売されており、どれを買おうか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、ペチパンの選び方やおすすめアイテムをご紹介。選び方やおすすめメーカーも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ペチパンツとは?

By: rakuten.co.jp

ペチパンツとは、スカートやパンツの下に穿くインナー。スカートタイプのペチコートに対して、足が通せるパンツタイプのもののことです。

ペチパンを穿くことで、スカートが足にまとわり付きにくくなったり、下着のラインが見えるのを防いだりすることができます。また、基本的にはインナーなので、外からは見えないように穿くものですが、裾がレースになっているなどデザイン性があるものをチラ見せするのもコーディネートのひとつです。

ペチパンツの選び方

長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ペチパンを選ぶときには、まず長さをチェック。どの洋服の下に穿くかを想定して、スカートやワンピースなどの裾よりも5cm程度短いものを選ぶようにしましょう。あまり裾ギリギリの長さのものを選んでしまってペチパンが見えてしまうのは基本的にNG。逆に短すぎても、まとわり付き防止や吸汗の意味がなくなってしまうので注意しましょう。

デザイン性のあるものを裾から見せたい場合も、動いた時にちらりと見える程度がおすすめです。見えすぎるとみっともなくなってしまうので気をつけましょう。

カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

ペチパンのカラーは、ペチパン自体が透けてしまうかどうかに影響します。外から透けないことものを選びたいなら、ベージュやモカなどの茶系のカラーがおすすめ。肌に近い色を選べば、透けにくく着回しもしやすいので便利です。

ベージュやモカ系は、地味に見えて嫌だという場合は、レースが付いているようなデザイン性の高いものを選ぶとよいでしょう。

見えない部分のおしゃれにもこだわりたい女性には、黒や白も人気。ただし、合わせて着る服との組み合わせによってはペチパンが透けてしまうこともあるので、注意して選ぶようにしましょう。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

ペチパンの素材は、主にシルク・コットン・ポリエステルなどです。まとわり付きを防ぎたい方には、さらりとした質感のシルクやポリエステルが向いています。シルクは、光沢がキレイで高級感があるだけでなく、吸湿性に優れているのが特徴。天然素材なのでお肌に優しいのも魅力の素材です。

ポリエステルは、より耐久性が高くお手入れも簡単。価格もリーズナブルですが、吸湿性は低いため、暑さの厳しい季節などは蒸れやすく、乾燥しているときは静電気も起きやすいというデメリットもあります。

コットン素材のものは、シルクやポリエステルに比べ滑りにくい素材ですが、吸汗性が高く肌に優しいものを選びたい方にはおすすめ。いずれの素材でも吸汗速乾・制電などにこだわったアイテムもあるので、機能性にこだわる方は注意して見てみましょう。

ペチパンツのおすすめメーカー

ワコール(Wacoal)

By: amazon.co.jp

ワコールは、女性用下着を中心とした日本の衣料品メーカー。下着メーカーならではの機能性の高い製品がたくさんラインナップされているのが特徴です。アンフィやウンナナクールなど、コンセプトの違ったさまざまなブランドも展開しているので、いろいろなデザインのなかから自分に合ったものを選べます。

トリンプ・インターナショナル(Triumph International)

By: rakuten.co.jp

トリンプは、スイスに本社がある世界最大規模の女性用下着メーカー。1886年にドイツで創業され、女性の「自分らしく美しくありたい」という気持ちに寄り添うことをコンセプトに下着を作り続けています。アモスタイルなど、若い年代の女性をターゲットにしたブランドも展開。エレガントからキュートまでさまざまなデザインのアイテムがラインナップされています。

ピーチ・ジョン(Peach John)

By: amazon.co.jp

プチプラ下着が人気のピーチ・ジョン。甘くてキュートなデザインの下着が若い女性を中心に人気です。ペチパンやペチコートも、かわいい見た目にこだわったアイテムを展開しているのが特徴。お手頃価格でインナーにもこだわったコーデをしたい女性におすすめです。

ペチパンツのおすすめアイテム

ウイング(Wing) キュロットペチコート

ウイング(Wing) キュロットペチコート

ワコールが展開するブランドのひとつであるウイングのペチパンは、シンプルなデザインが魅力です。滑りのよいポリエステル素材で、吸汗性や速乾性にもこだわって作られたアイテム。

じめじめと暑い季節でも、さらりとした着心地をキープしながら、まとわり付きもしっかり防いでくれます。

肌なじみのよいシナモンブラウンは、高級感があり地味な印象にならないため、ベージュ系に抵抗のある方にもおすすめ。丈が短めのデザインなので、ミニ丈や膝上丈のボトムスに合わせましょう。

デイト(Date.) キュロットペチコート

デイト(Date.) キュロットペチコート

裾のサイド部分にレースをあしらったエレガントなデザインが魅力のペチパン。ポリエステル・ナイロン・ポリウレタンを混合して作られた素材には、静電気が起こりにくい加工を施しているため、乾燥しがちなときでも安心して着られるのが魅力です。

長めのキュロット丈に加え、位置の調節がしやすい幅のあるウエストデザインになっているので、丈感を調節しやすいのが便利なポイント。さまざまなボトムスの下に穿きやすいため、初めてペチパンを買う方にもおすすめです。

トリンプ(Triumph) クールマックスキュロットペチコート

トリンプ(Triumph) クールマックスキュロットペチコート

吸湿速乾性に優れたスムース素材「クールマックス」を使用したペチパン。汗をかいてもサッと吸収し、すぐに乾くので、さらりとした着心地をキープしてくれます。

また、ポリエステル素材でできており、お手入れが簡単なのも嬉しいポイント。軽い穿き心地でストレスもなく、暖かい春夏シーズンの日常使いとして活躍します。

普段使いとして選ぶなら、着回しやすく透けにくいベージュがおすすめ。真っ白なホワイトは、ウエディングシーンにも使えるので、結婚式を控えている方は1つ持っておくと安心です。

ピーチ・ジョン(PEACH JOHN) レーストリムサテンタップパンツ

ピーチ・ジョン(PEACH JOHN) レーストリムサテンタップパンツ

ピンクにミントグリーンのレースをあしらったキュートなペチパン。ふんわりと広がるようなシルエットがかわいらしいデザインは、インナーにも気を抜かないおしゃれ女子におすすめです。

伸縮性のあるストレッチサテン素材を使用しているため、ストレスのない軽い穿き心地も魅力。同シリーズのキャミソールを合わせれば部屋着としても使えるので便利です。色違いのブラックなら、セクシーな雰囲気を演出することもできます。

セシール(cecile) フレアパンティ

セシール(cecile) フレアパンティ

サイドの裾にあしらわれた大きなフラワーレースが上品なペチパン。レース部分は透け感があり、女性らしいエレガントなデザインが特徴です。

素材に使用されているポリエステルは、スカートなどにまとわり付きにくいだけでなく、吸汗・速乾・静電気防止の加工が施されています。暑い夏場でも乾燥しがちな冬場でも、快適に着こなせるのもポイント。

同デザインのキャミソールも展開されており、エレガントなナイティを探している方にはセット買いもおすすめです。

セシール(cecile) ロングキュロットペチコート

セシール(cecile) ロングキュロットペチコート

高感度ポリエステル素材を使用したロングタイプのペチパン。美しいドレープと光沢が魅力です。膝下まである長め丈は、ロングワンピやマキシ丈スカートなどのまとわり付き防止にぴったり。ワイドパンツの中に穿くペチパンを探している方にもおすすめです。

吸汗性・速乾性に優れた素材なので、見た目のなめらかな風合いだけでなく、まとわり付きのないさらりとした穿き心地が魅力。暖かい季節のパンツスタイルに取り入れるだけで、快適さがグッとアップします。

カザン(kazan) レースペチパン

カザン(kazan) レースペチパン

豪華にあしらわれたレースが乙女心をくすぐるペチパン。サイドのリボンはかわいいだけでなく、サイズ調節にも使えるように穿き心地にも配慮されています。

メッシュ素材で作られているため、豪華なルックスにもかかわらず通気性は抜群。暑い季節でも快適に穿けるので、季節を問わずおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

カラー展開は、清楚でラブリーなホワイトとシックなブラック。ミニ丈のスカートのチラ見え防止にぴったりのアイテムです。

アライクス(Alaix) 3分丈ショーツ

アライクス(Alaix)3分丈ショーツ

裾周りのレースがフェミニンなルックスのペチパン。素材には、ポリエステルから作られたレーヨンシルクを採用しており、とってもなめらかな肌触りが特徴です。吸汗性や速乾性にも優れている素材なので、肌が弱くて悩んでいる方にもおすすめ。

裾のレース部分には程よい透け感があり、かわいらしさのなかにもセクシーさを感じられるデザインです。また、豊富なカラー展開も魅力のひとつ。合わせたいボトムスにぴったりのカラーを選べるので、インナーにまでこだわったおしゃれなコーディネートを楽しめます。

アライクス(Alaix) ひらひらフリルペチパンツ

アライクス(Alaix) ひらひらフリルペチパンツ

4段になったフリルがラブリーな雰囲気のペチパン。ウエスト部分はプレーンなデザインとなっており、ボトムスの下に穿いても着心地はスッキリとします。

通気性・吸放湿性に優れたレーヨン素材、モダールで作られているので、ジメジメとした季節でも快適です。伸縮性にも優れているので、お尻周りもぴったりフィット。まとわり付きも防げるので、ストレスを感じることなくおしゃれを楽しめます。

ミルティラーナ(Mille Ti Rana) 6段フリルペチパン

ミルティラーナ(Mille Ti Rana) 6段フリルペチパン

ゴージャスな6段フリルがキュートなペチパン。ホワイトとブラックの2色展開で、ホワイトは裾部分がベージュとのコンビネーションカラーがおしゃれです。

ややボリュームがあるタイプなので、インナーが透けないようにするだけでなく、スカートをよりふんわりさせたいという方にもオススメのアイテム。太もも飾りがセットになったものもあるので、ハロウィンなどでコスプレを楽しみたいときにも活躍してくれます。

フェリーチェ(Felice) 丈が選べるシンプルなロングフレアパンツ

フェリーチェ(Felice) 丈が選べるシンプルなロングフレアパンツ

非常に透けにくくサラッとしたニット素材の裏地が特徴的なロングタイプのペチパン。吸水性にも優れているため、暑い季節でも涼しい着心地を実感できるのが魅力です。帯電防止の加工も施されているため、静電気によるまとわり付きが気になる方も心配ありません。

ロング丈ですがやわらかい質感の素材なのでごわごわすることもなく快適。ガウチョパンツやロングスカートなど、長めのボトムスの中に合わせるインナーを探している方におすすめです。

アツギ(ATSUGI) ペチパンツ ヌードメイク

アツギ(ATSUGI) ペチパンツ ヌードメイク

フレアシルエットやかわいいペチパンツ。シンプルながらもこだわったシルエットや、絶妙にきれいな中間色のおかげで、ベージュ系の地味さが気になる方でも穿きやすくデザインされています。

帯電防止性に優れた素材を使用することで、スカートやパンツはまとわり付きにくくなっており、快適な穿き心地が魅力。シンプルなデザインなので、1着持っておくと着回しもきいて便利です。

ジャコンヌ(JACONNE) トイレで便利な裾ゴム入りペチパンツ

ジャコンヌ(JACONNE) トイレで便利な裾ゴム入りペチパンツ

本アイテムは、ワイドパンツを穿く女性の悩みを解決してくれる便利なアイテム。ロング丈の裾にはゴムが入っているため、お手洗いのときは裾を折り返すことでワイドパンツの裾をホールドでき、大切なお洋服を清潔にキープできます。

カラーは、着回しやすいシナモンベージュとキュートなピンク、シックな黒と使いやすいラインナップ。ワイドパンツをよく穿く方は複数買いしておくのもおすすめです。

ロンウー(Longwu) 総レースペチパンツ

ロンウー(Longwu) 総レースペチパンツ

レースを豪華に使ったガーリーなデザインのペチパン。シンプルながらも、穿くだけで女子力がアップできるかわいらしさが魅力です。

シルエットはやや広がりのあるフレアタイプなので密着感はありません。素材には、伸縮性のあるポリエステルを採用しており、肌触りもさらりとしています。

色は使いやすいホワイトとブラック。レースのバリエーションも、豊富なラインナップから選べるのがポイントです。

ハベリィ(Haberry) ペチパンツ

ハベリィ(Haberry) ペチパンツ

シンプルすぎず甘すぎない2段フリルのデザインが魅力的なペチパンです。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開で、どちらの色も上品な女性らしさがあります。

フリルの下にはしっかりとパンツタイプになっているので、下着が見えてしまうのもしっかりと防ぐことができ、ミニスカートとの相性は抜群です。

伸縮性と通気性の高いストレッチ生地を使用しており、腰回りに優しくフィット。暑い季節でも蒸れにくくなっています。裾はぴったりとフィットするので、ダンスなどのスポーツシーンにもおすすめです。

インクリスターロ(In Cristallo) かぼちゃパンツドロワーズ

インクリスターロ(In Cristallo)かぼちゃパンツドロワーズ

ウエストと裾にゴムが入ったかぼちゃパンツシルエットがかわいいペチパン。さらっとしていて肌触りのいいポリエステル生地は、光沢もありサテンのような高級感があります。

スカートのまとわり付きや下着が見えてしまうのを防ぐのはもちろん、少し膨らんだシルエットなのでミニ丈のスカートをボリュームアップしたいときにも便利。

裾が太ももにぴったりフィットするため、冬場などの寒い時期に風が入り込みにくいのもポイントです。