着用することで就寝中のバストの形状や正しい姿勢をキープしやすくするナイトブラ。シンプルなデザインから、レースなどをあしらったかわいらしいものまで、さまざまなナイトブラが販売されています。

そこで今回は、おすすめのナイトブラをランキングでご紹介。トリンプやワコールなどの大手人気メーカーのものや通販サイトで売れ筋のアイテムを多数ピックアップしているので、選ぶ際の参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ナイトブラとは?

By: zozo.jp

ナイトブラとは、文字通り夜に着けるブラジャーのこと。寝ている間に胸にかかる重力や摩擦などによる負担を、着用することで物理的に軽減するアイテムです。

日中着用するブラジャーや補正下着と異なり、寝返りなどによってバストがあらゆる方向に流れるのを防ぎ、正しい位置に固定するのがナイトブラの目的。ナイトブラを着けただけで根本的にバストアップや豊胸、育乳ができるといった効果はないことは、あらかじめ留意しておきましょう。

お風呂に入った後から朝起きるまでは、リラックスムードを高めるためにも下着を着けない方が多くいますが、就寝中もバストケアをしたい方は、ナイトブラの着用を検討してみてください。

ナイトブラの効果

就寝中のバストの位置を正しくキープし、重力などの負担を軽減

By: zozo.jp

ナイトブラは、着けている最中のバストを正しい位置でキープできるアイテムです。バストは「クーパー靭帯」によって支えられており、揺れなどの簡単な動作でも負担がかかってしまいます。就寝中は、寝返りを打つなど運動量が多く、動くたびに胸の形が変わったり胸周りのお肉が流れたりしがち。ナイトブラを着けて寝ることで、バストが横流れするのを防ぎます。

また、就寝時は仰向けに寝ても横向きに寝ても身体にかかる上から下への重力は変わらないため、重力に負けないためにもバストを固定するナイトブラを着用するのがおすすめ。胸自体の自重もあるので、身体をきつく締め付けない程度のホールド感があるものを選んで使いましょう。

睡眠中にかく汗を吸収

By: zozo.jp

一般的に、寝ている間に一晩でかく汗は、夏でも冬でも変わらずコップ1杯分といわれています。ナイトブラは、日中に着けるブラジャーとは異なり、肌触りがよく吸水性の高い繊維で生地がつくられていることが多いのが特徴です。

特に夏場は、汗をかくことで肌に衣類がまとわり付くなどしてさらに寝苦しさを感じやすくなりますが、吸水性の高いナイトブラの着用で快適な睡眠環境をつくれます。

睡眠モードに入るルーティンとしての効果も

By: zozo.jp

ナイトブラの着用を毎日続けていくと、睡眠前のナイトルーティンとして身体が記憶し、眠りに入るためのリラックスモードに導く効果が期待できます。お風呂に入る・歯を磨くなどと同様にルーティン化してしまえば、スムーズに入眠しやすくなるためおすすめです。

育乳、バストアップ効果はある?

By: amazon.co.jp

ナイトブラ自体には、育乳・バストアップなどの効果はありません。あくまでも、着用時のバストの位置を固定するために活用するアイテムであることを踏まえて、ナイトブラを購入するようにしましょう。

また、ナイトブラを着用している間のみ、バストが横に流れるのを防いだり、きれいな形に整えたりといった一時的な効果を実感できます。製品によって着用時のバストシルエットが異なるため、自分の好みにあわせて選んでみてください。

ナイトブラの選び方

ジャストフィットサイズなら着け心地もUP

By: amazon.co.jp

ナイトブラは、必ずジャストサイズのものを選びましょう。トップバスト・アンダーバストともにサイズを測っておくのがおすすめ。日中に着けるブラジャーと異なり、ナイトブラはS・M・Lなどのサイズで展開されていることが多く、カップサイズでは判別できないこともあります。

ナイトブラのサイズは、小さすぎると胸や身体を締め付け、寝苦しさやバスト周りに痛みを感じやすいため要注意。反対にサイズが大きすぎても、バストを正しい位置に固定したり胸周りのお肉が流れるのを防いだりできなくなるので、必ずジャストサイズを選ぶことが重要なポイントです。

バストをしっかり支えるサポート力があるか

By: zozo.jp

ナイトブラはバストを正しい位置で固定することで、揺れや横流れによる負担からバストを守る目的で使われます。バストを支えられるパワーがあるかどうかは、必ずチェックすべきポイント。脇の部分が高めに設計されているアイテムやバストを保護する部分が広くつくられているタイプがおすすめです。

脇に高さがあれば、胸のお肉が横流れするのを防げるほか、正しい位置でバストをキープしやすいのが魅力。バストを広く保護できるタイプのアイテムなら、寄せたバストをしっかりとホールドしておけるため、着用している間は綺麗な形のバストを保てます。

安定感が気になる方は布面積が大きいタイプがおすすめ

By: zozo.jp

寝返りなどによってナイトブラの位置がずれてしまうのが気になる方は、布面積の大きさをチェック。布面積が大きいタイプのナイトブラなら、安定感のある快適な着け心地を保てます。

バスト全体をカバーできるかはもちろんのこと、肩紐や背面の設計も重要なポイント。肩紐や背面が太めに作られているものは、ズレたり身体に食い込んだりしにくく、睡眠を妨げにくいのでおすすめです。

バストを締め付けないノンワイヤーがおすすめ

By: zozo.jp

ナイトブラは、ワイヤーを使用していないノンワイヤータイプが主流。ワイヤーが入っていることでブラジャーの形自体は固定しやすくなりますが、ワイヤーが硬いと痛みや擦れなどのトラブルが起こりやすく、就寝中に着けるナイトブラとしてはあまり適していません。

生地の素材や機能によって、やさしくホールドするように固定できるノンワイヤータイプのナイトブラは、バストや身体を締め付けずに着用できるので、寝心地もよく快適。圧迫感のないナイトブラを探している方は、ノンワイヤータイプを選んでみてください。

肌触りのいい素材を選ぼう

By: amazon.co.jp

ナイトブラに使われている素材は、アイテムによって異なります。ナイロンやポリエステル、スパンデックスなどといった化学繊維を使用しているものは、サラッとした軽い肌触りで通気性がよいので、年間を通して使いやすいのが特徴です。また、カビや虫食いにも強く、長く使い続けたい方にも適しています。

シルクやコットンなどの天然素材でつくられているものは、肌あたりのよさを求める方におすすめ。シルクはしっとりとした贅沢な着け心地を体感できるほか、保温性・保湿性に優れているため冬場の着用にもぴったりです。ただし、家庭洗濯が難しい素材なので、お手入れする際は洗濯表示を必ず確認しましょう。

反対にコットン素材は、通気性や吸湿性が高いタイプ。寝ている間に汗をかく夏場にナイトブラを着用する場合は、コットン素材のアイテムを選ぶのもおすすめです。

化学繊維やコットン素材は安いものが多く、シルク素材は比較的高めと、素材によって価格に差が出ます。化学繊維・コットン素材のアイテムは洗濯もしやすいため、長く清潔に使い続けたい方はチェックしてみてください。

パッドが一体型か取り外し可能かもチェック

By: zozo.jp

パッドには、バストの形を支えたり整えたりする重要な役割があります。アイテムによってパッドのタイプが異なるため、ナイトブラを選ぶ際は注目してみてください。

安定感がありズレにくいものを選びたいなら、一体型のパッドを採用したものがおすすめ。一方で、取り外し可能なパッドのナイトブラは、バストに合わせて位置を調節できるのがメリットです。

パッドは、毎日の着用や洗濯によって型くずれやヨレが起きやすいパーツでもあります。事前に洗濯表示を確認し、正しい方法でお手入れすることが大切です。

ナイトブラは昼間の着用はNG?

By: direct-teleshop.jp

ナイトブラは、昼夜兼用タイプであれば昼間の着用も可能です。身体やバストを締め付けずに着用できるため、昼間でも快適に着けていられます。

ただし、ナイトブラは、バストを下から支え持ち上げる昼間に着用するブラジャーとは性質が異なり、寝ている間にバストにかかる重力や負担などから保護するためのアイテム。そもそもの着用目的が異なるので、就寝中に着けることを推奨されているナイトブラの場合は、昼用と夜用で使い分けるのがおすすめです。

ナイトブラのおすすめランキング|コスパ重視

第1位 トリンプ(Triumph) 美胸ナイトブラ6030 ハーフトップ

トリンプ(Triump) 美胸ナイトブラ6030 ハーフトップ
フロント部分のクロス構造がバストをキープ

ノンワイヤーでつくられており、快適な着け心地で眠りやすいナイトブラです。フロント部分に採用されたクロス構造が、バストをしっかりと支えてキープ。仰向けになったり横向きに寝たりしても、胸のお肉が左右に流されにくく、着用中のバストを美しい形に整えます。

生地には伸縮性が高く、肌触りのよい綿混素材を採用。シンプルな無地デザインで、色はグレーとピンクが用意されています。フロントのセンター部分にある切れ込みから手を入れて、バストの形を整えることもできる便利なアイテムです。

第2位 グンゼ(GUNZE) Tuche ナイトブラ

グンゼ(GUNZE) Tuche ナイトブラ
なめらかな触り心地で眠りを邪魔しにくい

なめらかな触り心地のナイトブラを探している方におすすめのアイテム。「やわらかマシュマロタッチ生地」を採用しているほか、洗濯タグが肌に当たらない設計なので、眠りを邪魔しにくいのが魅力です。

パワーネットを内蔵しているタイプで、胸の側面をやさしく支えてキープするのが本アイテムの特徴。寝ている間のバストを正しい位置で支えます。かわいらしい柄が施されたデザインから無地のデザインまで、さまざまなアイテムが展開されているのも魅力です。

第3位 ジニエ(genie) ジニエブラ

ジニエ(genie) ジニエブラ

締め付け感が少なく、着用時に美しいバストラインを保ちやすいアイテム。ショルダーの幅は広めなので、肩への食い込みやズレ落ちを減らします。ワキ部分は高さのあるつくりで、ワキのお肉をはみ出さないように抑えてキープするのが特徴です。

中央に向かって厚みを持たせたオリジナルのパッドは、バストラインを下から持ち上げるのがポイント。着用時に自然で丸みのあるバストラインに整えます。さらに、生地は伸縮性に優れており、ぴったりフィットするのが魅力です。

そのほか、本アイテムはナイトブラとしてはもちろん、日常生活やスポーツ時にも着用できます。さまざまなシーンで活躍するものを求める方におすすめです。

第4位 ラディアンヌ(RADIANNE) すっぴんナイトブラ

ラディアンヌ(RADIANNE) すっぴんナイトブラ

快適な着心地ながら、バストの形を綺麗にキープするナイトブラ。柔らかい生地でバストを包み込むため、苦しさを感じにくいのが特徴です。ワキには12cmのサイドテープを2重に施しているので、バストの横流れを防ぎます。

また、独自の「寄せ上げクリップパッド」にワキのお肉をしっかり入れ、バストを寄せ上げられるのも魅力。快適さとサポート力を兼ね備えています。サイズはXS〜XXXLまでの7パターンを用意しており、A〜Gカップの方に対応。カラーはブラック・ダークグレイ・ホワイト・ライトパープル・ライトピンクなど、8種類をラインナップしています。

第5位 ヘヴンジャパン(HEAVEN Japan) 夜寄るブラ+plus ナイトブラ

ヘヴンジャパン(HEAVEN Japan) 夜寄るブラ+plus ナイトブラ

全体がレース調でエレガントな雰囲気をまとっているナイトブラ。ラグジュアリーなデザインで、年齢を問わず幅広い方におすすめのアイテムです。

本製品は、胸を圧迫してつぶさないためにパッドを入れず、独自の立体製法を採用しています。ノンワイヤーで痛みも出にくく、締め付け感もほどよいので、快適に着用できるのがポイントです。

サイズ・色ともに幅広く展開しているため、身体にあったものや好みのカラーのものが見つかりやすいタイプ。ナイトブラのなかでは価格帯も安めなので、価格と品質とのバランスがよいものを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第6位 ワコール(Wacoal) ウンナナクール パッド付きナイトアップブラ ノンワイヤーブラ

ワコール(Wacoal) ウンナナクール パッド付きナイトアップブラ ノンワイヤーブラ

やさしい肌触りの素材を使用したノンワイヤータイプのナイトブラです。バストを包み込むように支え、仰向き寝でも横向き寝でもしっかりホールドできるのが特徴。LLサイズはバックに二重構造を採用しており、大きなバストもしっかり支えます。高コスパで着心地のよいナイトブラを探している方におすすめです。

付属の左右一体型パッドを入れることで、日中にも着用可能。アンダーバスト部分のサポート力が高いため、重力による垂れからも守ります。また、服に響きにくいシンプルなデザインで作られているのもポイントです。

ナイトブラのおすすめランキング|着け心地重視

第1位 ワコール(Wacoal) ウィング ナイトアップブラ 睡眠時に動くバストをサポートするノンワイヤーブラ

ワコール(Wacoal) ウィング ナイトアップブラ 睡眠時に動くバストをサポートするノンワイヤーブラ

伸縮性の高いオリジナルの編み立て成型で、バストの形を問わず快適に着用できるナイトブラです。テープレスタイプなので、アンダーバスト付近の過剰な締め付け感がないのが特徴。肌あたりがやさしいアイテムを探している方におすすめです。

独自構造により、横向きでも仰向けでもバストのお肉が流れるのを防げるのがポイント。包み込むように無理なく支え、着用中のバストを適正位置に整えます。サイズはM・L・LL・3Lの4種類で、カラーはピンクとパープルの2色展開です。

第2位 シークレットビューティ CINDERELLA シンデレラマシュマロリッチナイトブラ・リラックス

シークレットビューティ CINDERELLA シンデレラマシュマロリッチナイトブラ・リラックス

汗などの蒸れを防ぐ吸水速乾タイプのナイトブラ。特に蒸れやすい背中周りには、メッシュ編み構造を採用しています。抗ピリング加工が施されているので、毛玉ができにくく、長く綺麗に使い続けやすいのがポイントです。

本アイテムは、着用中にお椀型のまんまるバスト形状を保てると謳われているのが特徴。カップの中に集めた胸のお肉を、綺麗な形でキープする美バスト形成ギャザーを取り入れています。また、バストを支える三角パッドは取り外し可能で、自由に位置を調節できるのが魅力です。

背面はクロス編みになっているので、美しい姿勢をサポート。着用中の後ろ姿を綺麗に整えたい方におすすめです。

第3位 HRC ルーナ ナチュラルアップナイトブラ

HRC ルーナ ナチュラルアップナイトブラ

AAA~Cカップの小胸さんに特におすすめのナイトブラです。バスト周りのお肉を寄せてキープする滑り止めシートによって、ノンワイヤーでもしっかりとバストを支えられる構造を採用しています。また、バストを優しく持ち上げて谷間をつくる、ハンドリフトアップパッドも搭載。ハンモック構造によって、寝返りを打ってもバストにフィットしやすいのも魅力です。

身体を締め付けにくいストレッチ素材を採用しているほか、洗濯タグが肌にあたらない位置に縫い付けられているなど、細部にわたってこだわってつくられています。カラーもベーシックなブラックやグレー・ホワイトから、個性を感じられるグリーンやブルーなどまで、豊富に揃えられているアイテムです。

第4位 ルルクシェル(Lulu Lushel.) くつろぎ育乳ブラ

ルルクシェル(Lulu Lushel.) くつろぎ育乳ブラ

背面を広めに設計することで、背中やワキ周りのお肉をバストに移動させやすいナイトブラ。着用中はふっくらとした丸みのあるバストに整えながら、すっきりとした後ろ姿を演出します。

着用することで中央にキュッとバストを寄せるので、正面からも綺麗な形に見せたい方におすすめ。フロントホックによって、寝返りを打っても正しい位置に寄せたバストをしっかりとキープします。

カラーはブラックのほか、アッシュブルー・ローズピンク・アイボリー・ボルドーと、個性的な色を展開。ストラップ部分がレース状になっているのもかわいらしいアイテムです。

第5位 ヴィアージュ(Viage) ビューティアップ ナイトブラ Air

ヴィアージュ(Viage) ビューティアップ ナイトブラ Air

パッドやサイド、背面に至るまでメッシュ素材やレース素材を使用しており、通気性にこだわってつくられているナイトブラです。暑く寝苦しさを感じる夜でも、生地に熱がこもることによる不快さを感じにくく、快適な睡眠環境を整えられます。

背面のシアーレースが背中のお肉をバストに誘導してキープするほか、脇高設計を採用しているため、就寝中のバストの横流れを防げるのが魅力。アンダーバスト部分に施された着圧ラインによって、着用中のバストを丸みのあるお椀型に形成します。

洗濯タグは、チクチク感を防ぐために付属しておらず、生地に直接刺繍で刻まれているのもポイント。細部にまでこだわってつくられているおすすめアイテムです。

第6位 ツーハッチ(tu-hacci) ナイトブラ

ツーハッチ(tu-hacci) ナイトブラ

サイズが全部で14タイプあるので、自分にぴったりなものを見つけやすい「ツーハッチ」のナイトブラ。カラーバリエーションも10種と豊富です。

弾力があるハンド型パッドによって、バストを包み込むように持ち上げて支えられるのが本アイテムの魅力。素材にはストレッチの効いたソフトな生地を使っているため、寝返りなどを打ってもズレにくく、快適に着用できるのも、おすすめのポイントです。

ナイトブラとして活用するのはもちろん、産前・産後・授乳期におけるマタニティブラとしてもおすすめ。どんなライフステージでも使いやすいアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 アンジェリール(Angellir) ふんわりルームブラ

アンジェリール(Angellir) ふんわりルームブラ

しっかりと胸をホールドしながらも、締め付け感が少なく着心地のよいナイトブラです。ノンワイヤータイプなほか、ホックが3段階で身体にあわせて調節しやすいのが魅力。圧迫感によって睡眠が妨げられるのを防ぎます。

カップの下にはアンダーレースの装飾が施されており、ボディラインを細く見せるデザインを採用。後ろ姿も綺麗に見える仕様で、着用時のスタイルアップも叶えます。

全16色とカラーバリエーションが豊富なのもうれしいポイントです。花柄レースが大人っぽさとキュートさを両立しており、年齢を問わず取り入れやすいアイテムです。

第8位 ピーチ・ジョン(PEACH JOHN) ぷるふわナイトブラ

ピーチ・ジョン(PEACH JOHN) ぷるふわナイトブラ

肌触りにもこだわったナイトブラ。アンダーバストからバックパネルまでには、伸縮性に優れた生地を使用しています。また、上下辺にゴムを使っていないため、肌あたりがやさしいのもポイントです。

ウレタンカップの下側には厚みがあるので、バストを持ち上げてふっくらとした谷間をつくります。また、カップ下とカップサイドにパワーネットパネルを配しており、バストを寄せ上げて位置を安定させるのが魅力。バストの動きを抑えてサポートするおすすめのアイテムです。

さらに、リブ風の柄と花柄を組みあわせたレースを採用することで、おしゃれな雰囲気を演出。カラーは、ピンクとブラックを展開しています。そのほか、ホックがない仕様で、かぶって着用するのが特徴です。

第9位 ジニエ(genie) メルティタッチブラ

ジニエ(genie) メルティタッチブラ

ナイトブラとしてはもちろん、普段使いやスポーツの際に着ける下着としても活躍するアイテム。肌にぴったりとなじむ薄く柔らかい生地でつくられており、着けていることを忘れるような快適な心地よさを実感できます。

生地は接触冷感タイプで、吸水速乾機能も付いているので、暑い夏場の着用にもおすすめ。汗をかいてもすぐに吸収して蒸れなどを防ぐため、サラッとした状態を保てます。

サイドクローズパッドによって、ワキの下に流れたお肉をしっかりガード。汗を吸い取るので、アウターに汗ジミができにくいのも魅力です。パッド下にボリュームを加えるバランスドクッションにより、着用中ふっくらとしたバストラインに整えられます。高機能なナイトブラを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第10位 トリンプ(Triumph) スロギー ゼロ フィール ハーフトップ ナイトブラ

トリンプ(Triumph) スロギー ゼロ フィール ハーフトップ ナイトブラ

接着技術を採用し、無縫製で仕上げたナイトブラ。縫い目によるチクチクとした不快感がないため、快適に着用できます。肌にフィットしやすく、楽な着心地を求める方におすすめのナイトブラです。

バスト全体をすっぽりと包み込むような構造で、重力によって横流れするのを防ぎます。パッドは取り外しでき、バストに合わせて位置を調節可能。サイズはM・L・LLの3種類、カラーは6色展開されています。

第11位 ツーハッチ(tu-hacci) ラクシア for room ナイトブラキャミ

ツーハッチ(tu-hacci) ラクシア for room ナイトブラキャミ

キャミソール一体型でルームウェアとして気軽に着用できるナイトブラです。バスト部分とストラップ部分に上品なレースがあしらわれているほか、裾にむかって美しいAラインを描くおしゃれなデザインが魅力。ブラックだけでなく、くすみピンクやカーキなどといったトレンドカラーが展開されています。

カップの横にパワーネットが設置されているため、着用中にバストのお肉が横流れするのを防止。パッドはハンド形状のものを採用しており、胸をまるごとやさしく包み込むような着け心地を実現しています。

また、伸縮性があり肌あたりもやさしいので、産前産後のマタニティブラとしても活躍。夜だけでなく日中兼用で使えるナイトブラを探している方におすすめです。

第12位 フィオニー(FEONY) night style bra

フィオニー(FEONY) night style bra

アパレルブランド「Ungrid (アングリッド) 」とコラボしたナイトブラ。カップ上とカップ横のパワーネットにより、無理なく胸を寄せ上げられるのが特徴です。上端は二重構造なので、胸下をやさしく支えます。

就寝中に胸が流れないように、胸を包み込むカシュクールデザインを採用しているのもポイント。また、ワキ部分までテープを入れることで、サイドへの広がりを抑えます。さらに、カップには通気性に優れた素材を使っているため、蒸れを減らすのがメリット。長時間の着用でも快適に過ごしやすいおすすめのアイテムです。

カラーはコーラルピンク・サンドベージュ・ブルーアズール・オフホワイト・チャコールグレーを展開。サイズはS・M・Lを用意し、A〜Fカップの方に対応します。

ナイトブラのおすすめランキング|補正力重視

第1位 ヴィアージュ(Viage) ビューティーアップナイトブラ

ヴィアージュ(Viage) ビューティーアップナイトブラ

12色のカラーバリエーションが用意されている、ナイトブラにもこだわりたい方へおすすめのアイテム。シンプルな無地デザインと、アンダーバストのラインが切り替えになっているデザインの2パターンのタイプがあります。

本アイテムは、背中のお肉をバストに誘導して着用することで、後ろ姿も綺麗に整えられるのが特徴。また、コットン100%の脇高設計によって、寝ている間にバストのお肉が横流れするのを防げるのも魅力です。

さらに、着用中のバストラインを綺麗な丸みのあるお椀型に整える胸高設計を採用しており、バストをしっかりと中央に寄せられるのもポイント。サイズはS・S/M・M・M/L・L・LLの6種が展開されています。

第2位 マルコ(MARUKO) おやすみブラ

マルコ(MARUKO) おやすみブラ

補正下着が人気のブランド「マルコ」とボディケア用品を開発する「ファイテン」のコラボアイテム。伸びやすい編地設計によって、身体や肩甲骨の動きにフィットする着心地です。

カップの下部はメッシュ編みを採用しており、就寝時に寝返りを打っても美しい形のバストをキープしやすいのが特徴。バストに負担がかかりにくいほか、横流れも防げます。ブラック1色のシンプルなデザインで、30代・40代の方も着やすいナイトブラです。

第3位 ドクターメソッド(DR METHOD) セレブラ

 ドクターメソッド(DR METHOD) セレブラ

ホールド力がありながら、快適な着心地のナイトブラ。肩からバージスラインまで配置したパワーメッシュは適度な着圧があり、ワキに流れがちなバストをしっかりホールドします。また、パッドはサイドに厚みを持たせているため、着用中にバストを中央へ寄せるのが特徴です。

パーツによって着圧の強さを変えているのもポイント。身体にやさしい着心地を実現しています。さらに、デザインが幅広くラインナップされているので、自分好みのものを見つけやすいのが魅力。機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

サイズはS・M・GM・L・GL・LLの6種類を用意しており、A〜Gカップの方に対応します。

第4位 ブラデリスニューヨーク(BRADELIS New York) イージーナイトブラ

ブラデリスニューヨーク(BRADELIS New York) イージーナイトブラ

さまざまな30代・40代向けファッション誌で取り上げられている、人気の高いナイトブラです。柄のない無地タイプでシンプルなほか、パール・ブラック・チャコール・ネイビー・ライラック・ピンクベージュと、取り入れやすいカラーを取り揃えています。

フロントの八の字クロスパターンによって、バストを全方位から包み込める設計。幅広のアンダーによって、高さをキープした状態で着用中のバストを美しくキープします。伸縮性が高くハリのある素材なので、身体にフィットするほか脱ぎ着も簡単。ブランドネームや洗濯タグは生地に転写しているため、タグによるチクチクを感じないのも魅力です。

第5位 ルルクシェル(Lulu Lushel.) リフティナイトブラ

ルルクシェル(Lulu Lushel.) リフティナイトブラ

デコルテまでふっくらと見せて若々しい印象を与えるナイトブラ。着用することで、出産や加齢に伴うバストの形状変化を目立ちにくくします。

Wショルダーでバストをしっかりと持ち上げて支えるため、重力による揺れや垂れから守れるのが特徴。脇高設計を採用しており、ワキに流れたお肉をしっかりとキャッチしてバストの方に寄せ集めます。背面はパワーネットなので、背中のお肉をしっかりとバストに誘導できるのも魅力です。

カップには下からふんわりと支えつつ、ボリュームアップして見せられるふっくらパッドが付属しています。アンダーゴムやショルダーが幅広で身体に食い込みにくく、着心地がよいのもおすすめポイントです。

第6位 アガリズム(AGARISM) GYDA アップミースタイリングブラ

アガリズム(AGARISM) GYDA アップミースタイリングブラ

厚みのあるモールドカップがセットされており、どの体勢でもバストをしっかりとホールドしやすいナイトブラ。クロスベルトが着用中の美しい姿勢をサポートし、バストの位置を引き上げます。脇高設計なので、両胸をぎゅっと寄せるように固定したい方におすすめです。

部位によって適切な着圧がかかるよう設計されているため、着心地は快適。丈が長めでアンダーベルトも幅広いので、肋骨のあたりまでカバーして綺麗なくびれを演出します。

吸水速乾性や放湿性の高い素材を採用しており、夏場でもサラリと着用できるのがポイント。ナイトブラとしてはもちろん、ジムでスポーツをする際や休日のリラックスタイムにも活躍します。

第7位 ロザブルー(ROSA BLU) ナイトブラ

ロザブルー(ROSA BLU) ナイトブラ

胸の形や大きさにあわせたパッドを内蔵している、カップ一体型のナイトブラ。ズレにくく、バストを持ち上げるように固定します。肩紐にはアジャスターを備えているため、自分のバストの位置にあわせて固定しやすいのも特徴です。

また、フロントには4段階で調節できるホックが付いています。サイドからお肉を寄せてキープできるのがメリット。さらに、脇高設計を採用しているので、バストのお肉が横流れするのを防ぎます。着用時に、後ろ姿もすっきり見えるおすすめのアイテムです。

サイズは、XS・S・M・L・XLを用意しており、A〜Gカップの方に対応します。そのほか、刺繍レースをあしらったおしゃれなデザインも魅力です。

第8位 ミアー(miour) エッセンシャル ナイトブラ

ミアー(miour) エッセンシャル ナイトブラ

バストを360°しっかりホールドするナイトブラ。可動式カップ構造を採用することで、動きにフィットしながらバストを中央に寄せるのが特徴です。肌側のパネルは、バストの横流れを防ぎます。

ストラップは太めなので、大きなバストもしっかり支えるのがポイント。また、副乳をカバーするパネルが付いています。生地には伸びのよい綿混素材を使用しているため、肌にやさしいのがメリットです。

さらに、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。サイズはXS〜Lgまで用意しており、AA〜Iカップの方まで対応しています。幅広い方が着用しやすいおすすめのアイテムです。

第9位 バンビウォーター(BAMBI WATER) スタイルナイトブラ

バンビウォーター(BAMBI WATER) スタイルナイトブラ

脇・バスト下・谷間を支えるラインによって、お椀型のバストに整えられるナイトブラです。背中部分の着圧が強く、寄せ集めたお肉をしっかりキープ。バストの横流れを防ぐ脇高のデザインで、きれいな谷間を作れます。

三日月型のパッドは、下部に厚みを持たせているのが特徴。角度や高さが細かく設定されており、バストを下から持ち上げるように支えます。

伸縮性と通気性が高く、体にフィットしながらも快適な着け心地を実現。チクチク感を防ぐために、タグレス設計を採用しています。また、服に響きにくいシンプルなデザインと、豊富なカラー展開も魅力。昼夜兼用できるおすすめのアイテムです。

ナイトブラの売れ筋ランキングをチェック

ナイトブラのランキングをチェックしたい方はこちら。

ナイトブラの正しい付け方とポイント

基本は上からかぶるのではなく下から足を通して着ける

By: zozo.jp

ナイトブラは、バストをふっくらと下から支えるために使うもの。上からかぶるように着けてしまうと、バストを上から押し付けてしまう場合もあり注意が必要です。

アイテムによって異なりますが、下から足を通して着用するのがナイトブラの基本的な着け方。バストのあたりまで引き上げ腕を通したら、カップの部分をしっかりと胸にあわせ、背面もワキのあたりまで持ち上げましょう。

上半身を傾けて背中やワキから脂肪を寄せ集める

By: miour.jp

バストのあたりにカップを沿わせたら、上半身を傾けてお辞儀をするような体勢をとります。お辞儀をすることで背中やワキ周りにあるお肉を、無理なくバストに寄せ集めやすくなりおすすめです。片胸ずつ、痛みが出ない程度にカップにバストを入れていきましょう。

カップの中でバストの形を整える

By: zozo.jp

背中やワキ周りからお肉を寄せ集めたら、バストの形を整えていきます。カップの底面に手を添えて固定しながら、もう片方の手はカップの中に入れ、バストを上にやさしく持ち上げましょう。

この段階でワキから漏れたお肉があれば、横からカップに入れ込んでみてください。デコルテ周りがふっくらとして、バストトップが胸の真ん中にくる位置に整えたら完成です。

「ゴールデントライアングル」を意識

By: zozo.jp

ナイトブラを着用した後は、上半身が映る鏡でナイトブラの位置がズレていないか確認します。バストトップが肩~ひじにかけての中心よりも高くなるように整えられているかどうかチェックしましょう。

正面を向いたときに、鎖骨の真ん中にあるくぼみと2つのバストトップを結ぶ線が正三角形になっているのがベスト。「ゴールデントライアングル」と呼ばれ、この状態に整えることで就寝中の寝返りなどにも左右されず、正しい位置でバストをキープできます。

ナイトブラを長持ちさせるためのお手入れ方法

ナイトブラは、きちんとお手入れすることで長持ちします。まずは、着用するたびに洗うことが大切。ナイトブラに汗や皮脂汚れが付着した状態で放置しておくと、生地を傷めてしまったり、シミになったりすることがあるためです。

洗う前には、洗濯表示を要チェック。洗濯表示にあった方法で洗うことで、型くずれや生地の傷み・伸びを防げます。パッドが取り外せる場合は、はじめに取り外してから洗うのがおすすめです。

手洗いが推奨されている製品は、軽く振り洗いをします。特に汚れが気になる部分は、つかみ洗いをするようにしましょう。しっかりすすいだ後、やさしく押し絞ってタオルで水分を取ります。洗濯機で洗える製品の場合は、洗濯ネットに入れ、ソフト洗いなどの水流が弱いコースで洗ってみてください。

洗濯後は風通しのよいところで陰干しして、しっかり乾かします。乾燥機やアイロンは生地が傷む原因になるため、使用は避けましょう。