オフィスでの室内バ履きにおすすめの「オフィスサンダル」。履き心地がよいモノからおしゃれなアイテムまで、幅広くラインナップされています。

そこで今回は、オフィスサンダルの選び方とおすすめのアイテムをご紹介。履き心地のよいモノや美脚をめざせるモノ、デザイン性の高いモノなど人気の高いアイテムをピックアップしたので自分にぴったりの1足を選んでみてください。

レディース向けオフィスサンダルの選び方

ヒールの高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスサンダルには、さまざまな種類のヒールを備えたモノがあります。一般的に、疲れにくいといわれているのは、3~6cm程度のヒールを備えたタイプ。また、ヒールが太いモノやウェッジソールのモノは安定感があるので、歩きやすく快適です。

疲れにくいサンダルが欲しい場合、ヒールのないタイプを選ぶ方も多くいますが、必ずしも楽とはいえません。歩行時の衝撃がそのまま足に伝わるため、かえって足が疲れることがあります。ヒールのないサンダルを選ぶなら、ソールやかかとが分厚いモノか、衝撃を吸収するインソールが搭載されたモノを検討してみてください。

ファッション性を大事にしたい方や、デスクワークが多めの方には、7cm程度のヒールがあるタイプもおすすめ。オフィスサンダルとして作られた製品は、クッション性に優れ、ヒールが高くても疲れにくいモノが多くラインナップされています。

デザインで選ぶ

オフィスサンダルは基本的に職場で履くモノなので、飾り気のないシンプルなデザインを選びたいところ。スカートとパンツの両方にあわせやすいデザインかどうかもチェックポイントです。

また、取引先や来客と対面する機会が多い方は、ひと目で室内履きと分かるサンダルを履いていると、マナー違反になってしまう場合があります。バックストラップがついているモノなど、きちんと感のあるデザインのアイテムがおすすめです。

オフィスサンダルとして人気があるカラーはブラックですが、季節や服装にあわせて履き替えられるよう、色違でもう1足用意しておくと便利。服装にルールのない職場なら、オフィスサンダルも自分好みのデザインを選んでみてください。

健康をサポートする機能や美脚効果をチェック

オフィスサンダルを選ぶ際は、インソールやつま先のデザインにも注目しましょう。たとえば、足裏のアーチをサポートする構造のモノを選べば、足裏がしっかりと支えられて疲労感を軽減できます。また、冬の寒さ対策や、エアコンによる冷えが気になる方はつま先までしっかり覆うモノがおすすめです。

見た目のきれいさにこだわりたい方には、ヒールの高いモノや、厚底タイプのモノを選びましょう。「美脚」「脚長」を謳ったサンダルも販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

歩きやすさと疲れにくさをチェック

歩きやすく、疲れにくいオフィスサンダルが欲しい場合は、インソール部分のクッション性が高いモノを選ぶのがおすすめ。歩行時の衝撃を吸収し、足に負担をかけにくいのが特徴です。また、足先や甲部分をやさしくホールドするデザインのモノは、サンダルの中で足が滑りにくいのがポイント。余計な力を入れずに済むので、スムーズに歩けます。

また、オフィスサンダルは基本的には室内履きのため、スリッパのような軽い履き心地のモノが理想的。足が疲れにくいだけでなく、開放的な気分で仕事に取り組めます。

そのほか、底面の屈曲性に優れたサンダルや、足裏を適度に刺激するインソールつきのサンダルなどもおすすめです。

レディース向けオフィスサンダルのおすすめ

ナースリー(NURSERY) オフィスサンダル

約5cmの程よいヒール

ふわふわのインソールが入ったレディース用のオフィスサンダルです。クッション性に優れた高反発のインソールが採用されているため、足に負担がかかりにくいのが魅力。片足約170gの軽量設計なので、長時間履き続けるシーンにもぴったりです。

幅広のベルトが2本ついたデザインで、歩きやすいのもポイント。足の甲をしっかりホールドするので安定感があり、段差や階段もラクに歩けます。

また、約5cmと程よいヒールの高さで、脚がキレイに見えるのもうれしいところ。インソールには抗菌防臭加工が施されているので、ニオイが気になる方にもおすすめです。

ピュアウォーカー(Pure Walker) コンフォート バックバンドサンダル

足裏にあわせたフットベッドで足への負担をかけにくい

履き心地にこだわったオフィスサンダルです。足にしっかりフィットするように足幅が調節できます。バッグストラップタイプでしっかり足をホールドできるのが魅力。ストラップの裏側にはフェルト素材が使われているため、靴ずれしにくく快適に履けます。

また、足裏の凹凸にあわせたフットベッドも特徴。衝撃を分散するため、長時間履いていても足に負担をかけにくいのが魅力です。オフィス内を移動する機会が多い方は、ぜひチェックしてみてください。

ファーストレイト(First Rate) ナースシューズ

シンプルでおしゃれなナースシューズ

クロスタイプのオフィスサンダル。バッグストラップが足首をしっかりホールドするので、安定感のある履き心地です。一部にゴムを採用しているため、窮屈すぎないのもポイント。

EVAスポンジを内蔵した中敷きは、程よいやわらかさで長時間履く方にもおすすめ。ヒールの高さは約4cmと程よく、ウェッジヒールなので疲れにくいのもうれしいところです。

カラーは、ブラック・ホワイト・ピンク・サックスの4色展開。クロスしたベルト部分にはステッチが入っており、シンプルながらおしゃれなデザインに仕上がっています。

レディワーカー(Lady woker) オフィスサンダル LO-16370

アンクルストラップつきで安定感がある

アシックスから生まれた女性のためのブランド「Lady woker」のオフィスサンダル。細いベルトをクロスした華奢なデザインを採用しており、上品な雰囲気に仕上がっています。

ヒールの高さは6cmと程よく、脚がキレイに見えるのもうれしいポイント。アンクルストラップつきで安定感もあります。甲部分、足首部分に面ファスナーを採用。足に負担がかかりにくいように、インナーソールにやわらかいパッドを内蔵しているのも特徴です。

レディワーカー(Lady woker) オフィスサンダル LO-16390

面ファスナー採用で締めつけすぎず快適に過ごせる

アンクルストラップタイプのシンプルなオフィスサンダル。インナーソールにやわらかいパッドを採用しているため、足の指にフィットしやすいのが魅力です。足あたりがよく、夕方になっても疲れにくいようにこだわって作られています。

甲部分と足首部分に面ファスナーを採用しており、自由自在に調節できるのもポイント。安定感がありながら締めつけすぎないので快適に過ごせます。着脱も簡単なので、毎日オフィスで履き替える方にもおすすめです。

ヒールは約6cmと程よい高さのウェッジタイプを採用。歩きやすさだけでなくデザインも重視したい方は、チェックしてみてください。

クロックス(crocs) サンダル ライトライド クロッグ

長時間履いても快適に過ごせる軽い履き心地

軽い履き心地のモノを探している方におすすめのオフィスサンダルです。やわらかさ・弾力性・軽量さを備えたフットベッドを採用しているのが特徴。フィット感のある履き心地を実現しています。

アッパーには柔軟性のあるTPU素材を採用しており、長時間履いても快適に過ごせるのがうれしいポイント。オフィスでのデスクワークが多い方など、スリッパのような感覚で履きたい方にもぴったりです。

また、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。ベーシックなカラーから鮮やかなカラーまで揃っているので、職種や職場の雰囲気にあわせて選びやすくおすすめです。

パンジー(Pansy) ウェッジヒール オフィスサンダル

働く女性のために快適さを追求したオフィスサンダルです。3ポイントインソール設計を採用。クッション性のあるソフトパッドを3ヶ所に配置し、土踏まずのサポートやかかとへの衝撃緩和により快適さを向上しています。

クロスデザインのベルトが2本、幅広ベルトが1本ついているため、安定感も良好。バッグストラップタイプでしっかり足首をホールドします。

抗菌防臭加工が施されているのもポイントです。アウトソールは屈曲性にこだわって作られているので、オフィスで長時間動き回る方でも安心。履くほど足になじみやすくなるので、長く履けるモノを探している方にもおすすめです。

アモジ(Amoji) サンダル AM1702

通気性に優れたメッシュタイプのオフィスサンダルです。アッパー全体にメッシュを採用しており、どの方向からも空気が通るのが特徴。汗ムレも気になりにくいので、オフィスで長時間履くシーンにもぴったりです。

片足が約110gと軽量設計なのもうれしいポイント。履いていることを忘れるような軽い履き心地で、軽快に過ごせます。

水を吸収しない素材を使っているため、オフィスサンダルとしてはもちろん、マリンスポーツやビーチ、キャンプといったアウトドアシーンでも活躍。ちょっとした外出の際にも気軽に履けます。リーズナブルな価格も魅力のオフィスサンダルです。

クロックス(crocs) サンダル カリン クロッグ

通気性に優れたクロックスのオフィスサンダル。甲部分に穴があるため空気がよく通り、夏でも快適に過ごせます。クロスライト素材を全面に使用しており、軽い履き心地で足に負担がかかりにくいのも魅力です。

フロントとバッグには可動式ストラップを採用しているうえに、足にぴったりフィットするので、靴ずれしにくいのもポイント。着脱も簡単なので、毎日オフィスで履き替える方にもおすすめです。

水と石けんで洗えてお手入れが簡単なのもうれしいポイント。ベーシックなカラーがラインナップされているので、好みにあわせて選んでみてください。

アキリコ(akiriko) ウェッジミュールサンダル

日本製の本革を使用した、シンプルなウェッジミュールサンダル。幅広のベルトで甲部分をしっかりホールドするので、安定感があります。ベルトがないデザインなので、着脱も簡単。

ソールのかかと部分をカッティングすることで1歩目を踏み出しやすく仕上げるなど、細かい部分までこだわって作られているのが特徴です。

インソールには耐久性の高い素材を使っているうえに、つま先まで低反発クッションを配置。長く使えるオフィスサンダルを探している方におすすめのアイテムです。

パルフェ(Parfait) オフィスサンダル 17018

クロスベルトデザインがおしゃれなオフィスサンダル。やわらかい素材のベルトが使われており、足あたりがよいので快適に履けます。ベルトの使い方でミュールタイプにもネックベルトタイプにもなるのもポイント。シーンによって使い分けられて便利です。

また、幅広設計なのもポイント。外反母趾の方やむくみが気になる方でも足に負担がかかりにくくおすすめです。ホワイトやブラックなどの定番色のほか、ミントやパープルなどのパステルカラーが揃っています。

クロックス(crocs) サンダル パトリシア

クロックスのウェッジヒールタイプのサンダル。約4.5cmと程よいヒールの高さで、歩きやすいのが特徴です。クロスライト素材を使用しており、軽量でクッション性にも優れています。

床が傷つきにくいソールを使用しているので、室内履きにぴったり。突起がついたフットベッドを採用しているため、オフィスで長時間使用する方にもおすすめです。

ブラックやカーキなど、落ち着いたカラーがラインナップされています。

パルフェ(Parfait) オフィスサンダル 106572

おしゃれなレディース用のオフィスサンダルです。クロスデザインにさりげなく編み込みデザインを採用しているのがポイント。シルバーのハートがデザインされており、かわいらしい雰囲気に仕上がっています。

ミュールタイプにもネックベルトタイプにもなる2WAY仕様もポイント。シーンによって使い分けでき、オフィスだけでなくちょっとしたお出かけの際にも活躍します。

ルチアーノ バレンチノ(Luciano Valentino) オフィスサンダル IM3913

脚をきれいに見せられる7cmヒールのオフィスサンダルです。スクエアヒールがトレンド感を演出するうえに、安定感も良好。細めのベルトがくるぶしをホールドして歩行をサポートします。

SS〜3Lの6サイズ展開なので、自分の足にあったものを選びやすいのも魅力。また、シンプルなデザインなので、きれいめなパンツやロングスカートなど、どんなオフィスカジュアルともマッチします。

ファッション性の高いオフィスサンダルを探している方におすすめです。

セシール(cecile) ロメオバレンチノ オフィスサンダル RF-1048

程よいツヤとモダンなデザインが目を惹くオフィスサンダルです。脚の凹凸に沿う中敷が、滑りを防いで脚をしっかり固定。ウェッジソールなので安定感があり、小走りでも脚がもつれにくいのも魅力です。

デザインはブラックAとブラックBの2種類から選べます。ブラックAは、太めのベルトと足首のアンクルベルトでサイズ調節が可能。ブラックBは、クロスデザインが特徴でよりデザイン性にこだわってつくられています。

クロックス(crocs) ブルックリン ミッド ウェッジ ウィメン

脱ぎ履きが楽な1足を探している方におすすめのアイテムです。フットベッドに新素材の「ライトライド」を使用し、履き心地を高めています。

2本のストラップを採用したデザインはシンプルで、派手にならずオフィスシーンにマッチ。ヒールは7cmと少々高めですが、安定性のあるウェッジソールで快適な歩行をサポートします。

サニーシューズ(SUNNY SHOES) ナースシューズ 233

クッション性の高いEVA素材を採用し、どんな環境でも快適な歩行をアシストするオフィスサンダル。クロスバンドとアンクルストラップが脚を包み込むように支えるので、安定感があります。凹凸加工されたアウトソールを採用しているので、滑りにくいのもポイントです。

ミディアムヒールは傾斜がかかっていて歩きやすく、長時間履いていても足が疲れにくいように設計されています。さらに日本製のソフトな抗菌PVCレザーを使用し、蒸れによるニオイなどを防げるのも魅力です。