上品さとラフさのバランスが取れたローファーは、大人カジュアルコーデにぜひ取り入れたいアイテム。学生靴のイメージが強いアイテムだからこそ、大人ならではのアイテム選びのセンスが問われます。

そこで今回は、大人の女性にぴったりのローファーを展開しているおすすめブランドと人気アイテムをご紹介。ローファーの種類や、選ぶ際にチェックすべきポイントなどについてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

レディースローファーの種類

コインローファー

コインローファー

By: amazon.co.jp

ローファーのなかでも最もスタンダードなアイテムが、サドル部分に切り込みが入った「コインローファー」。諸説ありますが、1950年代にアメリカの学生がファッションとして切り込み部分に1セント硬貨(ペニー)を挟んでいたことから、ペニーローファーとも呼ばれます。

シンプルなデザインで、汎用性が高いため大人ローファーの1足目にぴったり。特にメンズライクなコーデとの相性は抜群です。

タッセルローファー

タッセルローファー

By: amazon.co.jp

オンオフ兼用で履ける1足を探すなら、房飾りがあしらわれた「タッセルローファー」がおすすめ。ローファーのなかではドレス度が高いアイテムで、ビジネスシューズとして広く認識されているため、オフィスコーデにもぴったりです。

また、タッセルのほかにキルトなどがあしらわれたデザイン性の高いアイテムが多いのも特徴。シンプルカジュアルのワンポイントとしても映えます。

ビットローファー

ビットローファー

By: amazon.co.jp

大人らしいフェミニンなコーデに合わせるなら、「ビットローファー」がおすすめ。「ホースビット」と呼ばれる馬具の形をした金具があしらわれているのが特徴で、エレガントな足元を演出してくれます。

また、あえてカジュアルな着こなしに合わせ、きれいめのワンポイントとして使うのもアリ。パンツ・スカートどちらにも合わせやすいので重宝します。

ヴァンプローファー

ヴァンプローファー

By: amazon.co.jp

「ヴァンプローファー」は、サドルを含め、装飾が一切ないシンプルな作りが特徴。マニッシュなテイストが強いアイテムで、パンツスタイルには特にマッチします。また、レディースではアイテム数が少なめなので、人とかぶらないアイテムを探している方にもおすすめです。

レディースローファーの選び方

カラーで選ぶ

By: haruta-shoes.co.jp

ローファーの定番カラーは、黒とブラウン。どんなボトムスとも合わせやすい汎用性の高さが魅力で、初めてローファーを購入する方にもおすすめです。

一歩進んだおしゃれを目指す方なら、ベージュ・ネイビー・ホワイトもおすすめ。ほかのカラーと調和しやすいため着まわしやすく、女性らしさも演出できるカラーです。

また、アイテム数は少ないものの、レッドなどの鮮やかなカラーを採用したローファーもリリースされています。人とかぶりたくない方や、個性派の着こなしを好む方はぜひチェックしてみてください。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ローファーのアッパーに使われる定番素材は、なめらかな質感のスムースレザー。クセがなく、デザイン次第でカジュアル・ビジネスの両方に対応できます。

そのほか、コーデによってはエナメルやスエード素材もおすすめです。エナメルはドレッシーな雰囲気で、きれいめコーデの足元にぴったり。反対にスエードはカジュアルな印象で、かっちりしすぎないこなれ感のあるスタイリングが楽しめます。

ヒールローファーも要チェック

By: amazon.co.jp

ローファーはフラットタイプのものがほとんどですが、スタイルアップを目指すならヒールローファーもチェックしておきたいところ。安定感のある太ヒールのアイテムが多く、歩きやすいのでヒール靴が苦手な方にもおすすめです。また、白ソックスとの相性がよく、ガーリーな足元を演出したい時にも重宝します。

レディースローファーのおすすめブランド

ジーエイチバス(G.H. BASS)

ローファーの定番ブランドとして高い人気を誇る「ジーエイチバス」。コインローファーを生み出したブランドとしても有名です。上質な素材を用い、丁寧な縫製で作られるローファーは何年も愛用できます。コストパフォーマンスに優れているのも人気の理由のひとつです。

ジーエイチバス(G.H. BASS) WAYFARER

ジーエイチバス(G.H. BASS) WAYFARER
数あるコインローファーのなかでも、定番として長く愛されている1足。シンプルかつ洗練されたデザイン・フォルムで、大人の女性の足元を上品に彩ります。

中底からアッパーと本底を縫い合わせるマッケイ製法で作られる本アイテムは、軽量で屈曲性に優れているのが特徴。履き始めはやや固く感じるものの、馴染んだあとは足を包み込むような優しい履き心地を体感できます。

大人カジュアルコーデに合わせるローファーの1足目にぴったりのおすすめアイテムです。

ジーエイチバス(G.H. BASS) WEEJUN Esther Bow

ジーエイチバス(G.H. BASS) WEEJUN Esther Bow
大人らしい品のよさと、かわいらしさを兼ね備えたレディースローファーです。アクセントとなっているリボンはレザー製で、甘さ控えめのデザインに。また、キルトの装飾はクラシックな印象で、いつものカジュアルコーデがグッと上品に仕上がります。

フラットヒールで歩きやすく、たくさん歩く日にも適しているのが魅力。シンプルスタイルのワンポイントとして、ぜひ取り入れてみてください。

リーガル(REGAL)

上質な革靴を良心的な価格で展開する「リーガル」は、ビジネスパーソンから根強い人気を集める定番ブランド。履き心地にこだわる方や、1足を長く履き続けたい方におすすめです。ローファーはシンプルデザインのものが多く、オンオフ兼用で使えるアイテムが揃っています。

リーガル(REGAL) レディース アドバン仕上げローファー FH14AH

リーガル(REGAL) レディース アドバン仕上げローファー FH14AH
リーガルの定番ローファーを、華やかなカラーで仕上げたおしゃれなアイテムです。カラーバリエーションはグレー・ネイビー・レッドの3色。「アドバン仕上げ」による濃淡のある表情と、鏡面加工によるツヤが高級感を醸し出します。

「ビーフロール」と呼ばれる、糸で巻いたような装飾をサイドにあしらったメンズライクなデザインは、クールなパンツスタイルと好相性。また、あえて甘めスタイルの引き締め役として取り入れてもおしゃれです。

リーガル(REGAL) レディース レザー ローファー F19H

リーガル(REGAL) レディース レザー ローファー F19H
カジュアルスタイルはもちろん、きちんと感のある装いにも対応可能な優秀ビットローファー。スマートなフォルムとは裏腹に靴幅は3Eとゆとりのある作りで、幅広足の方でも安心して履けます。

ごくシンプルなデザインなので、流行に関係なく、長く愛用できるのも嬉しいポイント。ジャケットスタイルなど、かっちりめの着こなしを好む方におすすめの1足です。

ハルタ(HARUTA)

ローファーといえばこのブランドと名前が挙がるほど、知名度が高い「ハルタ」。学生用ローファーで圧倒的なシェアを誇るブランドですが、大人の女性にぴったりのおしゃれアイテムも数多くラインナップしています。カラーや装飾のバリエーションが豊富なので、デザインにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

ハルタ(HARUTA) ヒールアップタッセルローファー SF475

By: haruta-shoes.co.jp

通勤やオフィスなど、ビジネスシーンでも使えるシンプルなデザインのタッセルローファーです。4.5cmのヒールが、ほどよくフェミニンな雰囲気を演出。安定感のある太ヒールなので、ヒール靴に慣れていない方でも安心です。

足囲も3Eと幅広の作りで、窮屈感のないストレスフリーな履き心地が体感できます。カラーは汎用性の高いブラックとダークブラウンがラインナップ。オンオフ兼用で使えるローファーを探している方はぜひチェックしてみてください。

ハルタ(HARUTA) エナメルレザーウェッジタッセルローファー NE303

ハルタ(HARUTA) エナメルレザーウェッジタッセルローファー NE303

By: haruta-shoes.co.jp

コーデにドレッシーな雰囲気をプラスできる、エナメル素材のタッセルローファー。きれいめのジャケットスタイルに合わせたり、カジュアルな着こなしを上品に仕上げるアイテムとして取り入れたりと、組み合わせを考えるのが楽しい1足です。

また、ウェッジソールを採用しているのも本アイテムの特徴。一般的なヒール靴よりも安定感があり疲れにくいため、1日中歩きまわる日にもぴったりです。

コールハーン(Cole Haan)

「コールハーン」はアメリカ発のファッションブランドで、1928年創業の老舗です。もともとはシューズブランドとしてスタートしたことから靴の人気が高く、なかでもローファーは履き心地のよさとデザイン性の高さに定評がある代表的なアイテム。

機能性を高める独自のテクノロジーが詰め込まれたシューズが手に入ります。

コールハーン(Cole Haan) ピンチ ロブスター ローファー W12776

コールハーン(Cole Haan) ピンチ ロブスター ローファー W12776
上品なスタイルにも難なくフィットする、スマートな細身フォルムのレディースローファー。サドルのないスッキリとしたデザインに、ゴールドのロブスターアイコンが映えます。

また、「GRAND OS」と呼ばれるコールハーン独自のテクノロジーを採用することで、機能面に優れているのもポイント。軽量性・クッション性・屈曲性など、快適な歩行をサポートする機能がギュッと詰め込まれています。

コールハーン(Cole Haan) ピンチ ウィークエンダー ラックス W10891

コールハーン(Cole Haan) ピンチ ウィークエンダー ラックス W10891
コールハーンの人気アイテムであるコインローファーを、モダンなデザインへと進化させた注目の1足。ホワイトソールがカジュアルな雰囲気を醸し出し、スニーカーのように気軽に履けるアイテムに仕上がっています。

立体的なカップインソールを採用しているため、履き心地も良好。カジュアルコーデの足元にはもちろん、きれいめスタイルのハズしアイテムとしても重宝します。

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI)

「ファビオルスコーニ」は、デザイナーのファビオ・ルスコーニ氏によって設立されたシューズブランド。イタリアンメイドにこだわって作られるシューズは、洗練されたデザインでおしゃれ感度の高い女性たちから支持されています。幅がやや広めに作られているのも特徴で、日本人の足にもフィットしやすいと評判です。

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI) ローファー エナメル 4286

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI) ローファー エナメル 4286
大人の女性にぴったりの、スマートなフォルムを持つおすすめヴァンプローファー。装飾のないスッキリとしたデザインゆえ、ツヤのあるエナメル素材の質感が際立ちます。

いつものカジュアルコーデに取り入れれば、上品さがグッとアップ。また、セットアップのパンツスーツのような、かっちりめのアイテムとも難なく調和します。フラットタイプのローファーなので、たくさん歩きまわる日にも適しているアイテムです。

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI) ローファー フラットヒール 3726

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI) ローファー フラットヒール 3726
パンプス感覚で取り入れられるおすすめの1足です。ローファーでは珍しいポインテッドトゥのアイテムで、足元がほどよくフェミニンな雰囲気に。ごくシンプルなデザインなので、コーディネートしやすいのも嬉しいポイントです。

マニッシュなローファーにはやや抵抗があるという方でも履きやすいアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

ハンター(HUNTER)

おしゃれなレインブーツでお馴染みの「ハンター」は、英国で1856年に創業。英国王室御用達ブランドでもあり、品質の高さに定評があります。ハンターならではの防水技術を活かしたローファーは、レインシューズとは思えないスタイリッシュなデザインが人気です。

ハンター(HUNTER) ORIGINAL PENNY LOAFER

ハンター(HUNTER) ORIGINAL PENNY LOAFER
アッパーに天然ラバーを採用した、防水仕様のローファー。一般的なレインシューズとは一線を画すデザイン性の高さで、きれいめのコーディネートにも難なくマッチします。定番カラーから華やかな色味のモノまで、カラーバリエーションも豊富です。

甲部分の美しいステッチは、実はフェイク。縫い目をなくすことで、高い防水性を実現しています。靴底も、濡れた路面をしっかりグリップできるよう凹凸のある作りに。梅雨時期もおしゃれな足元を叶えてくれる優秀な1足です。

レディースローファーのおすすめコーデ

ビットローファーでエフォートレスな足元に

By: wear.jp

大人の余裕がにじみ出る、上品な秋冬コーディネートです。ビッグシルエットのコートで、トレンド感を演出。ブラウンを軸にした季節感のあるカラーリングもおしゃれです。

コンサバに寄りすぎないよう、足元にはフラットヒールのビットローファーをチョイス。上品な雰囲気をキープしつつ、キメすぎないこなれたコーディネートに仕上がっています。

定番黒ローファーはカラー靴下で華やかにスタイリング

By: wear.jp

黒をベースにしたシックな雰囲気のおしゃれなコーディネート。ベレー帽とニットワンピースはいずれもあたたかみのある素材を採用したアイテムをチョイスし、季節感たっぷりに仕上げています。

そして、注目は足元のスタイリング。アクセントカラーの赤が入ることで、グッと華やかさが増しています。定番の黒ローファーをおしゃれに取り入れるテクニックとして、ぜひ参考にしてみてください。

爽やかな夏コーデにはホワイトローファーがぴったり

By: wear.jp

通勤やオフィスにぴったりの、清潔感あふれるフェミニンコーデです。レーストップスはタックインしてスッキリとまとめ、甘すぎない大人の着こなしに。ブルー×ネイビー×ホワイトという爽やかなカラーリングもポイントです。

足元には、きれいめコーデと相性のよいビットローファーをチョイス。アンクル丈パンツと合わせて足首を見せることで、抜け感を演出しています。

チノパン×ローファーでボーイズライクに

By: wear.jp

海外の少年のような雰囲気がただよう、ボーイズライクな着こなし。カジュアルなチノパンと、きちんと感のあるビットローファーの組み合わせが新鮮です。

ニットタンク・チノパン・ローファーはアースカラーで統一し、まとまりのあるカラーリングに。ふんわり袖のブラウスでさりげなく女性らしさをプラスしているのもおしゃれポイントです。

ヒールローファーで作る大人ガーリーコーデ

By: wear.jp

フェミニンな魅力がたっぷり詰まった、大人かわいい春夏コーディネートです。コンパクトなトップスとフレアシルエットのスカートの組み合わせは、細見え効果抜群。さらにハイウエスト×タックインで、脚長効果もプラスされています。

足元も、白ソックスとヒールローファーを組み合わせてとことんフェミニンに。甘くなりすぎないよう、全体をモノトーンカラーでまとめているのもポイントです。

靴下とニット帽の色合わせに注目

By: wear.jp

靴下×ローファーのスタイリングにチャレンジしてみたい方におすすめのナチュラルコーディネート。やや深みのある落ち着いたカラーの靴下なら大人コーデに馴染みやすく、かつこなれ感のあるコーデにまとまります。

さらに、ニット帽と靴下のカラーをリンクさせることでより統一感のある仕上がりに。パンプスに近いフォルムのローファーをチョイスしているので、フェミニンなワンピースとも難なく調和しています。

マニッシュと大人らしさの絶妙バランスを参考に

By: wear.jp

チェック柄のトラッドなセットアップを用いたハンサムコーデ。インナーにはきれいめカラーのブラウスをチョイスし、しっかり女性らしさもキープしています。

ローファーも柔らかな印象のベージュカラーのアイテムを選ぶことで、マニッシュに寄りすぎるのを防止。ビジネスシーンにも対応できるきちんと感を備えた大人コーデに仕上げています。