履き心地のよさとスタイルアップができるという特徴を兼ね備えることで、おしゃれな女性の間で人気が高まっている「厚底サンダル」。デザインやヒールの形状・高さなど、あらゆる種類のものが販売されています。

そこで今回は、自分に似合う厚底サンダルの選び方とおすすめのアイテム、さらに厚底サンダルを使ったおしゃれな夏コーデをご紹介します。暑い夏を楽しむための、お気に入りの1足を見つけてください。

厚底サンダルの魅力

By: rakuten.co.jp

厚底サンダルは、ヒール自体が太くソール全体が高くなっているので、美脚・脚長効果が期待できます。また、安定感があるため、歩きやすいことも魅力。コーディネートの幅を広げてくれるファッションアイテムとして人気です。

また、最近の厚底サンダルはソールが軽く、クッション性に優れているものも多く、歩いていて疲れにくいことも魅力のひとつ。ヒールの形状や高さなどによってもデザインが大きく違ってくるため、自分のお気に入りを見つけられます。

厚底サンダルの選び方

ソールの種類で選ぶ

ヒールタイプ

By: amazon.co.jp

ソールがヒールタイプになった厚底サンダルは、もっとも大人っぽくクールな印象に見えることが特徴。

また、見た目の存在感が強く、コーディネートのアクセントや主役として活躍します。スタイルアップさせてくれるサンダルでありながら、ヒールの幅が広いため、安定感をしっかり確保することが可能。ヒールの高い靴をカッコよく履きたいけれど、ピンヒールは歩きにくくて苦手、という方におすすめです。

ウェッジソール

By: rakuten.co.jp

くさび型の靴底という意味のウェッジソールは、つま先からかかとにかけて高くなる形状が特徴のソールです。ヒール部分が独立しているヒールタイプとは違い、つま先からヒールまで一体となっているので、その分安定感が高いことが魅力。

大人っぽいものから女性らしいフェミニンなデザインやカジュアルなデザインなど、さまざまなデザインのものが販売されているので、コーディネートを選ばずどんなスタイルにも合わせることが可能です。

フラットソール

By: amazon.co.jp

つま先からかかとまで同じ高さのフラットソールは、カジュアルな見た目と歩きやすさが特徴。ラフな印象のものやスポーティなデザインのものも豊富です。

特に、厚底タイプのスポーツサンダルはクッション性が高く、歩いていても疲れにくいので人気があります。

ソールの高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソールの高さによって歩きやすさはもちろん、見た目の印象も大きくかわります。8cm以上あるソールは存在感があり、見た目のインパクト抜群なのが特徴。高さの分、安定感に欠けるのがデメリットですが、カジュアルに履きこなせるのが魅力です。

6cm前後のソールはもっともバランスがよく、程よい高さのソールです。8cm以上だと存在感が強すぎるけれど、4cm以下のものでは高さが物足りない、という方にぴったり。4cm前後の低めのソールは、もっとも歩きやすいのが特徴。安定感があるため、長時間歩く場合や軽めのアウトドアにもおすすめです。

歩きやすいかどうかをチェック

By: rakuten.co.jp

厚底サンダルを選ぶ際に、歩きやすいかどうかをチェックすることも重要なポイント。クッション性の高いインソールを使用している厚底サンダルは、足が疲れにくく歩きやすいことが魅力です。

また、厚底サンダルはソールの分、どうしても重量が重たくなるという傾向があります。重たくなればなるほど足への負担は大きくなってしまうため、ソール部分に軽量素材を使用しているなど、できるだけ軽量なものを選ぶことも大切です。

ほかにも、足首やかかとなどにベルトやストラップがあるものは、足とサンダルをしっかりと固定してくれるので、歩きやすさを重視する方はぜひチェックしてみてください。

厚底サンダルのおすすめアイテム

エモダ(EMODA) チャンキーヒール ESPADRILLEサンダル

エモダ(EMODA) チャンキーヒール ESPADRILLEサンダル

モード感と夏らしさがミックスされた、エモダのヒールタイプの厚底サンダルです。10cmの高さがあるので、履くだけで大人っぽい足元を演出してくれます。アッパーの素材にはレザーを使用しており、シックで落ち着いた印象。ソール全体を覆った麦わら素材は、レザーとは対照的に夏らしい雰囲気です。

フロントのクロスされたストラップは、足首を細く見せる効果もあります。さらに、足首を固定してくれるストラップにより、安定感をプラスしていることも魅力のひとつ。ロングスカートやデニムなどとの相性ぴったりの厚底サンダルです。

スナイデル(SNIDEL) サボサンダル

スナイデル(SNIDEL) サボサンダル

トレンド感のあるカジュアルなデザインと気軽に履けるラフな形状が魅力の、ヒールタイプの厚底サンダル。12cmとかなり高めのヒールで、スタイルアップできるのが特徴です。

しっかりと太いヒールと足が疲れにくいクッション入りのインソールにより、安心して歩き回れます。ストラップなどがなく、簡単に脱ぎ履きができるのも嬉しいポイント。

ブラックはシックで大人っぽい雰囲気、クリアはより夏らしく涼しげな雰囲気に仕上がっています。デニムとラフに合わせるだけでも小慣れたコーディネートにまとめることが可能です。

ムルーア(MURUA) メッシュ ウェッジサンダル

ムルーア(MURUA) メッシュ ウェッジサンダル

つま先からかかとへの傾斜がゆるい、ウェッジソールタイプの厚底サンダルです。傾斜がゆるいことで、長時間歩いても疲れにくいのがポイント。

レザーを使用したアッパーのメッシュは、涼しげでありながらクールなデザインです。また、ウッド調と無地で切り替えられたソールのデザインは、カジュアルさとモード感の両方を兼ね備えた見た目に仕上がっています。

個性的で存在感のあるデザインなので、シンプルなコーディネートに合わせるだけでかわいくコーディネートが可能。夏の足元をおしゃれに見せてくれます。

トリーバーチ(TORY BURCH) サンダル 厚底

トリーバーチ(TORY BURCH) サンダル 厚底

9cmの高さがあるウェッジソールタイプの厚底サンダル。エレガントさとカジュアルさを兼ね備えたデザインが特徴です。アッパーには、柔らかくしなやかな肌触りが特徴の山羊革を使用。見た目から上品さが伝わる高品質なレザー素材は、存在感抜群です。アッパーだけでなく中敷部分にも山羊革を贅沢に使用しているため、履き心地のよさも実現しています。

甲部分の大きなゴールドリングや中敷部分のゴールドのスタッズなど、カジュアルさのなかに高級感を感じるデザインもポイント。どんなコーディネートにもエレガントさを加え、夏の主役として活躍してくれます。

シャカ(SHAKA) サンダル ネオバンジー プラットフォーム

シャカ(SHAKA) サンダル ネオバンジー プラットフォーム

シャカの定番モデルとして日本でも人気がある、厚底のスポーツサンダルです。つま先からかかとにかけて微妙に傾斜したソールは、履き心地のよいスポーツサンダルでありながらスタイルアップの効果も期待できます。

簡単に調節可能なウェビングテープが3箇所に配置されており、自由自在にサイズを調整することが可能。

クッション性が高く滑りにくいソールも大きな特徴で、アウトドアシーンでも大活躍してくれます。カジュアルやアウトドアスタイルはもちろん、きれいめスタイルのハズしアイテムとしてもおすすめです。

テバ(TEVA) サンダル Flatform Universal

テバ(TEVA) サンダル Flatform Universal

男女問わず人気のあるテバの定番モデルを、厚底タイプにしたスポーツサンダル。ソックスと合わせるコーディネートにおすすめです。

フラットソールのため、履き心地がよいのが魅力。4.5cmと控えめな厚みなので、スポーティでカジュアルな印象はそのままに、程よい存在感が加わっています。

軽量でクッション性の高いソールは、長時間のお出かけやアウトドアでも活躍。カラー展開も豊富なため、自分好みのカラーを選べることも嬉しいポイントです。

ステラ マッカートニー(Stella McCartney) プラットフォーム レザーサンダル

ステラ マッカートニー(Stella McCartney) プラットフォーム レザーサンダル

高さ14cmのフラットソールと、ステラマッカートニーらしいハイセンスなデザイン性が魅力の厚底サンダルです。

アッパーにはホワイトの上質なレザーを使用しており、カジュアルでありながら上品な印象。ブラックのスポーティなマジックテープは履き心地とフィット感を確保しつつ、ホワイトのレザーにアクセントを加えています。 

波型にカットされた独特なアウトソールは、フェミニンで女性らしい見た目です。また、三層に分かれたモノトーンのソールデザインは、モードな雰囲気や清潔感も感じられるおすすめの厚底サンダルです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) ストラップ付き プラットフォーム 厚底 レザーサンダル クラリッサ

ドクターマーチン(Dr.Martens) ストラップ付き プラットフォーム 厚底 レザーサンダル クラリッサ

ドクターマーチンのなかでも絶大な人気を誇るブーツのデザインを取り入れた、厚底サンダルです。レザーの質感と5cmのフラットソールによりほかのサンダルにはない抜群の存在感と個性のあるデザインが魅力。

一目でドクターマーチンと分かるイエローステッチと、かかと部分に配されたプルタグは、ドクターマーチン好きには嬉しいポイントです。

無骨でクールな印象とどこかガーリーな印象を兼ね備えたデザインは、コーディネートの主役にぴったり。柔らかく履き込むことで足に馴染むアントサリーレザーを使用しており、経年変化を楽しめます。

アグ(UGG) 本革 厚底サンダル レザーサンダル サボサンダル

アグ(UGG) 本革 厚底サンダル レザーサンダル サボサンダル

大ぶりなリボンとフラットソールにより、ガーリーさ抜群の厚底サンダル。アッパーのリボンはスエード素材を使用しており、ガーリーでありながら上品な印象です。

ヒールの高さは4cmと安定感があり、軽いお出かけにも気軽に履いていけます。また、軽量でしなやかなインソールを採用しているため、履き心地がよいのもポイントです。カラーは3色展開で、どれも明るく品のあるパステルカラー。ラフすぎず女性らしいかわいいデザインの厚底サンダルです。

厚底サンダルのおすすめコーデ

厚底サンダルとワンピースを合わせたシンプルでかわいいカジュアルコーデ

By: wear.jp

ドット柄のワンピースを主役にしたシンプルなコーデ。トップスはワンピースが引き立つよう白色の無地Tを合わせています。

かわいい印象のワンピースに対して、足元はスポーティな印象のスポーツサンダルをチョイス。厚底サンダルにすることで、スポーティでありながら、トレンド感とガーリー感を演出しています。サンダルがギリギリ見えるワンピースの丈感もポイントです。

大人っぽいヒールタイプの厚底サンダル×ガーリーなカジュアルコーデ

By: wear.jp

同系色のTシャツとスカートのカジュアルな雰囲気に対し、大人っぽくクールな印象を与えるヒールの高い厚底サンダルを合わせたコーデ。ガーリーながら、大人っぽい雰囲気も兼ね備えており、全体的にバランスがよいのがポイントです。

透け感がある丈の長いスカートと厚底サンダルの組み合わせにより、美脚・脚長効果も抜群。カラフルで発色のよいウエストポーチが全体を明るい印象にまとめています。

ワンピース×デニム×厚底サンダルで大人カジュアルコーデ

By: wear.jp

細身のワンピースとタイトなデニムの相性が抜群のコーデ。厚底サンダルによって、縦長のシルエットをさらに引き立てるため、スタイルアップを可能にしています。

ワンピースの下にデニムを履くことで足の露出を控えていますが、上半身はノースリーブで大人っぽさを演出。清潔感がありながら、大人の色気も感じるコーデです。

ラフなパンツを合わせたクールなコーデ

By: wear.jp

どのアイテムもラフでシンプルなデザインばかりですが、サイズ感と小慣れたカラーリングによりクールな印象に仕上がっています。ラフでイージーなブラウンのパンツは、厚底サンダルがぴったりと隠れる丈感がポイント。

サンダルを絶妙に隠すことで、ナチュラルでかっこよく脚長効果を演出できます。ブラウンのパンツ以外はすべてブラックに統一することで、全体をシックで大人な雰囲気に見せることが可能です。

ドクターマーチンの厚底サンダルを引き立たせるモノトーンコーデ

By: wear.jp

プリントTシャツとクリーム色のスカートに、黒いレザーの質感がかっこいいドクターマーチンの厚底サンダルを合わせたコーデ。白と黒のモノトーンコーデは、爽やかながらモードな雰囲気に仕上がっています。

厚底サンダルのレザーと、ポーチのレザーの組み合わせもこのコーデのアクセント。スカートは真ん中に深いスリットが入っており、女性らしいポイントも取り入れています。

ラフさと色気がミックスしたコーデ

By: wear.jp

ラフなキャミソールにラフなパンツで程よく力を抜きながら、ヒールの高い厚底サンダルとレザーバッグで大人の色気をプラス。女性らしい色っぽさと脱力感が絶妙なバランスです。

サイドにスリットが入ったパンツも大人っぽく見せるための大きなポイント。身長が高い方に特におすすめのコーディネートです。

ワイドなデニムとスポーツサンダルで小慣れた脚長コーデ

By: wear.jp

カットオフしたワイドなデニムとフェミニンなブラウスの相性がよいコーディネート。デニムのカジュアルな雰囲気とブラウスのガーリーな雰囲気をうまくミックスしています。

厚底サンダルがちょうど隠れる丈感にすることで、自然な脚長効果を演出。ブラウスをデニムにタックインしハイウエストで履きこなしているのもポイントです。