機能的な登山靴としてはもちろん、最近はファッションアイテムとしても注目されている「マウンテンブーツ」。ボリューミーで無骨なデザインが特徴で、タウンユースでも履きこなす方が増えてきています。

とはいえ、実際に履き比べて製品を選ぶのはなかなか難しいもの。そこで今回はマウンテンブーツに定評のある人気ブランドをピックアップして、製品をご紹介します。選び方のポイントやコーディネートについても解説するので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

マウンテンブーツとは?

By: amazon.co.jp

マウンテンブーツとは登山靴の一種で、過酷な環境下でもしっかりと足を守れるよう防水性や耐久性が高いのが特徴です。

アッパーに使われる素材はレザーが一般的。防水透湿性に優れた素材、ソールには高いグリップ力を備えたモノが採用されることが多く、登山での快適性が考慮されています。また、足首を保護するためにハイカット仕様なのもポイントです。

最近ではマウンテンブーツがファッションアイテムとしても認知されるようになったため、デザイン性を優先したタウンユース向きのアイテムも増加。コーディネートとしてはアメカジやミリタリーテイストとの相性が良好です。

なお、マウンテンブーツと混同されやすいアイテムとして「トレッキングシューズ」が挙げられます。厳密な違いはありませんが、マウンテンブーツが冬山などの重登山用に対して、トレッキングシューズは夏山などの軽登山用と分類することができます。ぜひ認知しておきましょう。

マウンテンブーツの選び方

かかとを合わせてつま先に1cm程度の余裕があるサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

マウンテンブーツのサイズ選びは街歩きで履くのか、登山用途も加味するのかで異なってきます。タウンユース用であればさほど気にする必要はありませんが、登山用であれば足のむくみや厚手のソックスを履くことを考慮するのがポイント。サイズとしては普段よりやや余裕のあるモノを検討するのがベターで、つま先に1cm程度のスペースがあるのが理想です。ぜひ覚えておきましょう。

素材をチェック

丈夫でファッション性が高い革製がおすすめ

By: amazon.co.jp

マウンテンブーツのアッパーに採用される基本素材はレザー。革の種類によって質感や艶、柔らかさに違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

スムースレザーは、上品な光沢と艶が特徴。大人っぽい着こなしにもマッチするので、幅広いコーデに使えます。また、ワイルドさや個性を出したいならスエードなど起毛素材の革もおすすめ。他にもシボ感があるモノやアンティーク加工を施した革などバリエーションに富んでいるため、好みのモノを探してみましょう。

なお、革の種類によってメンテナンスの方法が異なる点は注意が必要。お手入れを怠ると劣化を早めてしまうことに繋がるので、その点は留意しておきましょう。

快適性を追求するなら高機能素材を採用したモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

マウンテンブーツは悪天候のシーンやぬかるみなどの悪路で履くことも考えられるので、高い防水性能が求められます。そのため、多くのモデルは防水加工が施されていますが、採用されている素材として注目すべきなのが「ゴアテックス」という素材です。

ゴアテックスとは、アメリカのメーカー「WLゴア&アソシエイツ」が製造販売する防水透湿性素材のこと。防水性に長けている一方、通気性にも優れているので、シューズ内の蒸れを防いでくれるのが特徴です。特に初めてマウンテンブーツの購入を検討している方はチェックしておきましょう。

タウンユースなら色やデザインを重視

By: wear.jp

タウンユースで履くなら幅広いコーディネートに対応できるアイテムを選びたいところ。そのためには、カラー選びも大切なポイントとなります。

アイテムのラインナップが多く、コーデを選ばず合わせやすいのはやはりブラック、ブラウンなどの定番カラー。カジュアルだけでなく、きれいめスタイルのハズしアイテムとしても使いやすいため重宝します。手持ちの服にダークカラーが多い方やデニムに合わせたい方は、ベージュもおすすめです。

マウンテンブーツのおすすめ人気ブランド

ダナー(Danner)

「ダナー」は1932年にアメリカのオレゴン州で創業されたブーツメーカー。世界で初めてゴアテックスをブーツに採用したことで注目を集め、現在ではアウトドアブーツの定番ブランドとして知られています。快適性と軽量性を兼ね備えたアイテムが多いのも特徴です。

ダナー(Danner) Danner LIGHT 30465

ダナー(Danner) Danner LIGHT 30465

世界で初めて防水透湿性素材の「ゴアテックス」を採用したマウンテンブーツ。ロングセラーモデルとして知られているアイテムで、快適性とブーツならではの頑丈さを兼ね備えているのが特徴です。

レーストゥトゥのブーツなので型崩れが起こりにくいのがポイント。また、ビブラム社の「クレッターリフトソール」をアウトソールに採用しており、耐久性も良好です。

ダナー(Danner) MOUNTAIN LIGHT 30520

ダナー(Danner) MOUNTAIN LIGHT 30520

根強い人気を誇る同社の代表的なモデル。アッパーには革のなかでも最高級素材として知られる「フルグレインレザー」を採用しています。革の銀面にヤスリがけなどの加工を施していないため、自然な風合いが楽しめるほか、お手入れ次第で長く愛用できるのが特徴です。

防水透湿性の高い「ゴアテックス」を素材に採用しているのもポイント。雨や雪など外側からの水の侵入を防ぎつつ、汗による水蒸気は外へと排出してくれます。また、ソールにはビブラム社の「クレッターリフトソール」を使っており、悪路でもスムーズに対応できます。

ダナー(Danner) MOUNTAIN 600 62242

ダナー(Danner) MOUNTAIN 600 62242

機能性が充実しているマウンテンブーツ。「ダナードライ」というメーカー独自の素材を採用しており、防水性が高いのが特徴です。

注目したいのはスポーティさを際立たせているソール。クッション性とグリップ性が良好なほか、かかと部分にも安定性があるので、スムーズな足運びが可能です。普段の着こなしにも合わせやすいので、アウトドアでもタウンユースでも活躍してくれるマウンテンブーツを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ダナー(Danner) MOUNTAIN RIDGE D214010

ダナー(Danner) MOUNTAIN RIDGE D214010

同社が培ってきた技術とノウハウに日本のクラフトマンシップが融合したマウンテンブーツ。登山やキャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、タウンユースでも履きやすいモデルです。

マッドで深みのあるカラーリングにインパクトがあるので、コーディネートの差し色として活用する際にも便利。存在感のあるマウンテンブーツを求めている方におすすめです。

パラブーツ(Paraboot)

「パラブーツ」はフランスを代表するシューズブランド。ブラジルのパラ港から直輸入した天然のラテックスをゴム素材に使用していたことが名称の由来になっています。品質のよさに定評があり「大人になったらパラブーツを履け」と言われるほど信頼度が高いのが特徴です。

自社でラバーソールを製造しているのもポイントで、創業から100年以上経った現在でも変わらないスタイルを継承。その堅牢性と実用性の高さから、フランス海軍の軍靴にも採用されています。

パラブーツ(Paraboot) AVORIAZ

パラブーツ(Paraboot) AVORIAZ

同社定番のマウンテンブーツ。独特のシボ感が魅力のグレインレザーを採用しており、ファッション性にも配慮したアイテムです。

「ノルウェイジャン製法」によって作られる本製品は、高い防水性と耐久性、さらに高いクッション性をも備えているのが特徴。マウンテンブーツらしい重厚感がありながら、落ち着きのあるフォルムに仕上がっているので、都会的なコーディネートにもマッチします。

パラブーツ(Paraboot) Garivier AVORIAZ MOUTON LIS OLIVE

パラブーツ(Paraboot) Garivier AVORIAZ MOUTON LIS OLIVE

冬のコーディネートに取り入れたいマウンテンブーツ。アッパーには光沢のあるスムースレザー採用して無骨さがあるものの、履き口にはムートンがあしらわれているため、柔らかい印象に仕上がっているのが特徴です。

登山靴に用いられるソールのなかでは柔らかい「ジャンヌソール」を採用しているのもポイント、高いクッション性と軽快な履き心地が感じられるおすすめの1足です。

ブッテロ(BUTTERO)

「ブッテロ」は1974年にイタリアのトスカーナ地方で創業。マウンテンブーツのほか、乗馬用のブーツやモッズブーツを展開しているシューズブランドです。

特徴は革の質。同ブランドでは「ナチュラルタンニング・レザー」は頑丈で伸縮も少なく、傷がついても時間が経てば自然と消えるという特殊なモノを採用しています。なお、東京と大阪に直営店を構えるなど、日本でも積極的に展開しているのも注目ポイントです。

ブッテロ(BUTTERO) CANALONE B4382 B4382UTHGB

ブッテロ(BUTTERO) CANALONE B4382 B4382UTHGB

多くのブーツが揃う同ブランドのなかでも、根強い人気のある定番アイテム。生後3か月未満の子牛からのみ取れるベビーカーフを使用しているのが特徴で、全体的に丸みを帯びたフォルムに仕上がっています。

靴底には「ビブラムソール」を採用し、歩行が安定しているのもポンと。おしゃれにこだわる大人の男性におすすめのマウンテンブーツです。

ブッテロ(BUTTERO) マウンテンブーツ B2932

ブッテロ(BUTTERO) マウンテンブーツ B2932

ボリューミーな作りながらも、甲がやや薄めに作られているマウンテンブーツ。アッパーにはキルティング加工のスエードレザーを採用しており、無骨なフォルムながらも軽い印象に仕上がっています。

ヒール部に切り返しを施すことでメリハリをつけ、レースステイにDリングを用いて本格的なディティールにしている点にも注目。アウトソールにはビブラム社の「Betullaソール」を採用しており、耐久性に加えて歩きやすさにも配慮しています。

ブッテロ(BUTTERO) マウンテンブーツ スエード×ムートン B4960

ブッテロ(BUTTERO) マウンテンブーツ スエード×ムートン B4960

寒い季節のタウンユース用としておすすめのマウンテンブーツ。耐久性の高いビブラム社の「Betullaソール」を採用しているほか、ムートン素材を活用しており、温かみが感じられる1足です。

アッパーにはメーカー独自の素材であるオイルドスエードのSCAAを使用。履き口の周辺にはパッドが搭載されており、フィット感も良好です。

マウンテンブーツのおすすめメンズコーデ

大人な雰囲気とアクティブ感を融合

By: wear.jp

ウールジャケットで大人な雰囲気を出しつつも、サロペットやパーカーでアクティブな印象もプラスしているコーデ。足元に黒のマウンテンブーツを採用することで、アクティブな部分が強くなり過ぎないように抑えているところもポイントです。

90年代のストリートスタイルを再現

By: wear.jp

パーカーに野球帽、ゆったりめのパンツと90年代のストリートファッションを意識したカジュアルなコーデ。マウンテンブーツは太いジーンズとの相性がよいので、色落ちやダメージ感で違いを出すのがポイントです。

ライダースとマウンテンブーツで無骨な秋コーデ

By: wear.jp

ライダースジャケットにマウンテンブーツを合わせた無骨な秋コーデ。全体的なボリュームを抑え、スリムにまとめているのが特徴です。マウンテンブーツの存在感を際立たせています。インナーにベージュをチョイスしており、季節感を意識しているのもポイントです。

シンプルながらもインパクトのあるコーデ

By: wear.jp

無地のTシャツにデニムというシンプルなコーデ。ボリュームのあるマウンテンブーツを合わせることでトータルバランスに配慮しています。ネックレスやブレスレッド、時計など各アイテムが際立つように見えるのも特徴です。

マウンテンブーツのおすすめレディースコーデ

落ち着いた色でまとめた大人女子コーデ

By: wear.jp

マウンテンブーツにロングワンピースと細身のパンツを合わせた、落ち着きあるコーデです。インナーにやや明るめのモノをチョイスしているほか、トップに帽子をもってくることで、バランスにも配慮しています。

ワンピースを使ったはずしコーデ

By: wear.jp

白のワンピースと細めのデニムでシンプルにまとめたスタイルに、ボリューミーなマウンテンブーツを合わせることで足元をおしゃれに際立たせているコーデです。山ガールファッションを意識したコーデにトライしたい方はぜひ参考にしてみてください。

ダウンベストとマウンテンブーツでオシャレかつスポーティに

By: wear.jp

ダウンベストにゆったりめのデニムパンツとマウンテンブーツを組み合わせたスタイル。オシャレかつスポーティにまとめたコーデです。ダウンベストは細身のモノを選び、マウンテンブーツもボリュームがあまりないモノを入れることで、スタイリッシュに仕上げています。インナーに紫のボーダーシャツを合わせているのもポイントです。