卒業式や入学式など、晴れの日の装いを華やかにしてくれる「コサージュ」。同じスーツでも、コサージュを変えるだけで雰囲気が変わるので、シーンに合わせていくつか持っておくと便利なアイテムです。

しかし、コサージュは普段使わないだけに、どのようなものを選べばいいのか分かりづらいもの。そこで今回は、おしゃれに見えるコサージュの選び方とおすすめをご紹介します。

コサージュとは?

By: rakuten.co.jp

コサージュとは、女性が洋服の胸もとにつける花飾りのこと。フランスでは、昔からお祝い事の際に貴婦人が胸もとにコサージュを飾る習慣があり、それが日本でも取り入れられるようになりました。

色や形などバリエーションはさまざまで、つけ方によっても印象が変わります。基本的には左側の鎖骨下あたりにつけると顔まわりがパッと華やかになる上、相手の目線も上がってスタイルがよく見えるのでおすすめです。

コサージュの選び方

素材で選ぶ

シルクフラワー

By: rakuten.co.jp

シルクフラワーとは、造花の総称で、シルクのように美しいことからその名がつけられました。アートフラワー、アーティフィシャルフラワーと呼ばれることもあり、ポリエステルをはじめさまざまな素材を使って作られています。

プリザーブドフラワーや生花に比べて色・形・大きさなど、表現できる幅が広いため、さまざまなデザインのコサージュが揃うのも魅力。また、比較的丈夫で長持ちするため、まだ小さい子どもを連れている方でも安心してつけられるのがポイントです。

プリザーブドフラワー

By: rakuten.co.jp

生花の持つみずみずしい美しさをそのまま長く楽しめるよう、特殊な薬品を使って加工した花がプリザーブドフラワー。自然の花ならではの繊細な質感と、鮮やかな色合いが特徴です。

まるで生花のように見えるので高級感があり、フォーマルなセレモニーにはぴったり。晴れの日の装いをランクアップしたい方におすすめです。しかし、繊細な素材なので取り扱いには注意が必要。きれいな状態をキープするためにも、湿気や直射日光を避けるなど、保存やお手入れに気をつけましょう。

オーガンジー・サテンなどの布花

By: amazon.co.jp

優しい雰囲気のコサージュをお探しなら、オーガンジーやサテン、シフォンなど、布を使って作られたコサージュがおすすめ。透け感のあるオーガンジーやシフォンは軽やかで若々しい印象、ツヤのあるサテンは華やかでエレガントな印象になります。

なかでも、ベージュやピンクなど淡い色合いのものは入学式の装いにぴったり。軽くてつけ心地がよいものが多いのもメリットです。

季節や服装にあう色を選ぶ

By: amazon.co.jp

季節や服装に合う色合いのものをセレクトするのも、コサージュを選ぶ際に重要なポイントのひとつ。一般的に、厳かな式典である卒業式にはブラックやネイビーなど、落ち着いた色合いの装いをすることが多いため、主張しすぎない控えめな色合いのものがおすすめです。

オフホワイトやベージュ、ペールピンクといった淡いカラーは、ダークカラーの装いにもよく映える上、厳粛で華やかな雰囲気を演出できます。そのほか、淡いパープルや水色、シルバーなどもおすすめです。

一方、入学式ではピンクやベージュといった明るい色合いのスーツが好まれます。スーツの色に合わせて、ピンク・オレンジ・水色・イエローなど春らしく華やかな色合いのコサージュを選びましょう。顔まわりが明るくなり、お祝いの雰囲気も高まります。

卒業式と入学式、どちらにも対応できるコサージュが欲しいなら、ホワイトやオフホワイトなど、どちらのスーツにも合わせやすい色合いを選ぶとシーンを選ばず使えて便利です。

形・大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

卒業式や入学式の際につけるコサージュのサイズは、悪目立ちせず上品につけられる直径10cm前後がおすすめ。特に小柄な方は、バランスが悪くならないよう小さめのものを選ぶのがおすすめです。

卒業式も入学式も、あくまで主役は子どもなので、コサージュは控えめに、上品な雰囲気でつけられるかどうかがポイント。ボリュームが大きすぎるものや、ラメやビジューなど装飾が多すぎるもの、派手な色合いのコサージュは避け、スーツになじむ雰囲気のものを選ぶとよいでしょう。

留め具をチェック

By: amazon.co.jp

コサージュの留め具は、おもにクリップタイプと安全ピンタイプの2種類があります。クリップタイプは服を挟んで留めるため、襟などつける場所が限られますが、服に穴が開かないため大事なスーツが傷まないのがメリット。

一方、安全ピンタイプは服に穴が開いてしまいますが、好きな場所にしっかりと留められます。クリップと安全ピン、どちらもついているタイプのコサージュも多いので、シーンに合わせて使い分けるとよいでしょう。

コサージュのおすすめ

クレインズコレクション(Cranes Collection) シフォン コサージュ

クレインズコレクション(Cranes Collection) シフォン コサージュ

はずむようなシフォンの花びらが印象的なコサージュ。ふんわりとボリュームのあるデザインですが、透け感のある素材なので重くならず、軽やかにつけられるのが魅力です。

花びらの後ろに見え隠れするパールや、サテンリボンが華やかさをさらにアップ。色合いはピンクとホワイトの2種類で、どんなスーツにもよく合います。クリップと安全ピンどちらも使える2WAYタイプで、シーンに合わせて使い分けられるのもポイントです。

AJMstyle フラワーパールコサージュ

AJMstyle フラワーパールコサージュ

ふっくらとした花びらが可愛らしい印象のコサージュ。柔らかく優しい雰囲気のオーガンジーを使用しており、上品なツヤと軽やかな透け感が魅力です。花びらのまわりにはパールビーズがあしらわれ、胸もとに上品な華やかさをプラスします。

カラーは6色と多彩な色合いが揃うのも魅力のひとつです。なかでも、シルバーグレーやゴールドベージュは、落ち着いた色合いで卒業式の装いにおすすめ。クリップと安全ピンの2WAYタイプで、好きなところにつけられるのもポイントです。

Sheary Bijou フォーマルコサージュ

Sheary Bijou フォーマルコサージュ

サテン生地をたっぷりと使用した上品な雰囲気のコサージュ。サテンのツヤと、布花ならではの柔らかな質感が、優しく可愛らしい雰囲気です。花の中央にあしらわれたパールとオーロラストーンが、胸もとでさりげなくきらめき、高級感と華やかさをプラスしてくれます。

サイズは直径10㎝と使いやすい大きさ。カラーは5色展開で、なかでもベージュ・グレー・ピンクの淡い色合いは卒業式・入学式どちらにも対応できるのでおすすめです。

東京ソワール プチソワール コサージュ

東京ソワール プチソワール コサージュ

つややかなサテンを使用して作られたハリのある花びらと、花びらの周りをふちどるベビーパールが上品で高級感あふれるカメリアコサージュ。サイズは8×7cmと小さめですが、抜群の存在感を放つアイテムです。

美しいホワイトがダークカラーのスーツに映えるので、卒業式の装いにおすすめ。パールアクセサリーとコーディネートすると、より厳かで上品な雰囲気を演出してくれます。安全ピンタイプで、好きなところにつけられるのもポイントです。

ラナンキュラスとローズのフォーマルコサージュ

ラナンキュラスとローズのフォーマルコサージュ

大ぶりなバラがメインの華やかなコサージュ。横に添えられたラナンキュラスが可憐さを、つぼみや小花、グリーンがフレッシュさを演出し、豪華ななかにもナチュラルな雰囲気に仕上がっています。

シーンにぴったりのものをチョイスできる6カラー展開。なかでも、ピーチピンクやイエローピンクは春らしい色合いで、入学式の装いにおすすめです。コサージュピンが付属していますが、慣れない方のために安全ピンもついているので初心者の方も安心してつけられます。

胡蝶蘭のリーフデザインフォーマルコサージュ

胡蝶蘭のリーフデザインフォーマルコサージュ

上品で高級感のある胡蝶蘭をメインにしたコサージュ。胡蝶蘭の独特なフォルムが存分に生かされたシンプルなデザインで、つけると装いがグッと大人っぽく、上質な雰囲気になるのが魅力です。間にあしらわれたグリーンがよいアクセントになっています。

精巧に作られたシルクフラワーを使用し、職人がひとつひとつ手作業で仕上げているため生花にも見劣りしない存在感があるのがポイント。比較的丈夫で使い勝手もよいのも嬉しいところです。カラーはホワイトとピンクの2種類があり、シーンに合わせて選べます。

ふんわり薔薇花いっぱいエレガントレースコサージュ

ふんわり薔薇花いっぱいエレガントレースコサージュ

ふんわりと咲き誇るバラを束ねて、ブーケにしたようなデザインのコサージュ。一輪のものよりもグッと華やかさが増し、顔まわりを明るくしてくれます。花の隙間からチラリとのぞく上品な小粒のパールもポイントです。

素材は上品な光沢のあるサテンレースを採用しています。ボリュームがありますが、透け感がある素材なので重くなりすぎず、軽やかな雰囲気。カラーはホワイト・グレー・ベージュ・ピンクの4種類で、さりげなくつけられる優しい色合いが魅力です。

アトリエ美鈴 アイシーブルーアネモネのコサージュ

アトリエ美鈴 アイシーブルーアネモネのコサージュ

卒業式にぴったりの色合いの、爽やかなアイシーブルーのアネモネが印象的なコサージュ。脇に添えられたグリーンやホワイトの花がフレッシュな雰囲気をプラスし、厳かななかにも華やかで若々しい印象をもたらします。

ダークカラー・ペールカラーどちらにも映える色合いなので、スーツの色を選ばないのも魅力。後ろにコサージュピンがついており、慣れていない方でも簡単につけられます。丈夫なシルクフラワー製で、傷みを気にせず気軽につけられるのも嬉しいポイントです。

アトリエ美鈴 エクリュ ローズ アートフラワーコサージュ

アトリエ美鈴 エクリュ ローズ アートフラワーコサージュ

こぼれんばかりに咲き誇る、大輪のバラが豪華なコサージュ。幾重にも重なった花びらが、繊細で上質な雰囲気を演出します。ところどころについた大きなパールは、まるで朝露のようにも見え、上品ななかにもフレッシュな雰囲気を感じられるのが魅力です。

カラーは14種類から選べますが、なかでもおすすめはアンティークベージュ。落ち着いた上品な色合いが、さりげなく華を添えてくれるため大人の女性にぴったりです。安全ピンとクリップどちらもついた2WAYタイプで、場所を選ばずつけられます。

アウローラ 日本製コサージュ 3花ミックス

アウローラ 日本製コサージュ 3花ミックス

ツヤのあるサテンと、透け感のあるジョーゼットを組み合わせて作られた軽やかなコサージュ。上品で繊細な雰囲気は、卒業式の装いにぴったりです。ひとつひとつの花が小さめなので、目立ちすぎずさりげなく胸もとに華やかさを添えてくれます。

花芯部分にはストーンやパール、花びら部分にはラメがあしらわれており、動くたびにさりげなくきらめくのもポイント。カラー展開は7色で、スーツの色やシーンに合わせて選べます。シルバー・ブルー・ホワイトは入学式・卒業式ともに使えて便利です。

Kamakura Craft 桜のコサージュ

Kamakura Craft 桜のコサージュ

入学式の装いにおすすめしたい、春らしい桜のコサージュ。柔らかいサテン生地を使用し、熟練の職人が立体的に組み立てているため、ふっくらと優しい雰囲気に仕上がっています。花びらの周りを組み紐でふちどることで、可愛らしい桜のフォルムが際立っているのもポイントです。

はかなげな淡いピンクは、どんなスーツにも合わせやすいので使い勝手は抜群。シンプルなデザインで、コサージュをつけ慣れていない方も気軽にトライできます。裏側には安全ピンがついていて、好きなところにつけられるのも嬉しいところです。

ガーベラのプリザーブドフラワーコサージュ

ガーベラのプリザーブドフラワーコサージュ

春らしく、可愛らしい雰囲気のガーベラがメインのコサージュ。プリザーブドフラワーならではの繊細な質感が魅力です。横にはミニローズとカーネーション、小花があしらわれており、より豪華な雰囲気に仕上がっています。

軽やかなオーガンジーのリボンやきらめくストーンが華やかで、入学式の装いにおすすめ。カラーは6種類から選べますが、装いになじみやすく、さりげなくつけられるホワイト・イエロー・オレンジが特におすすめです。

プリザーブドフラワー フォーマルコサージュ

プリザーブドフラワー フォーマルコサージュ

バラとアジサイをメインにした、豪華なコサージュ。プリザーブドフラワーのイキイキとした美しさが、晴れの日の装いを一段と華やかにしてくれます。動くたびにフワフワと揺れるマラボー羽つきで、寒い時期の卒業式にもおすすめのデザインです。

全体的にホワイトが基調のコサージュなので、ダークカラーのスーツと合わせるのがおすすめ。バラは9色から選べますが、なかでもライラック・ピーチ・ヘーゼルナッツは絶妙なニュアンスカラーで大人っぽくつけられるのでおすすめです。

カドゥ(cadeaux) ダリア 2wayコサージュ

カドゥ(cadeaux) ダリア 2wayコサージュ

大輪のダリアの花をモチーフにした、シンプルなコサージュ。ひらひらと重なる花びらが愛らしい印象ですが、落ち着いた色合いなので甘くなりすぎず、大人っぽくつけられます。ムラ染め加工を施すことにより、奥行きがありアンティークのような雰囲気に仕上がっているのがポイントです。

どんな色のスーツにも合わせやすく、入学式・卒業式どちらにも使えるので便利。つける場所を選ばない、クリップと安全ピンの2WAYタイプなので胸もとにつけるほか、バッグや髪につけてもおしゃれです。