シンプルなトップスやワンピースに合わせるだけで、こなれ感がグッとアップするファッションアイテム「つけ襟」。定番のカジュアルコーデやシンプルスタイルも、つけ襟を活用するだけで見違えるほどに格上げできます。

スポーティーな印象のTシャツも、つけ襟ひとつでレディライクなコーディネートに大変身。そこで今回は、つけ襟の選び方やおすすめアイテム・コーデをご紹介します。

つけ襟とは?

By: amazon.co.jp

つけ襟とは、洋服の襟の部分だけが単体になったファッションアイテム。シンプルなクルーネックやVネックの襟元にワンアクセントをプラスできます。

カジュアルな印象のアイテムに合わせて、きちんと感を演出するのもおすすめ。首周りに布がないボートネックやオフショルダーのアイテムに合わせて、ネックレス感覚で着用するスタイルもあります。

つけ襟の選び方

付け方で選ぶ

襟のみタイプ

By: amazon.co.jp

襟のみタイプのつけ襟は、首に巻き付ける感覚で使用する襟だけが独立しているアイテムです。首元が大きく開いたドレススタイルに合わせるなど、チョーカー感覚で活用できます。Tシャツなどの上から被せて使う、セーラー風のつけ襟も襟のみタイプです。

パールやレース素材のつけ襟をトップスの上から着用すれば、上品で華やかなワンアクセントをプラスできます。また、シャツなどのリアルな襟の上にさらにつけ襟を重ねる着こなしもおすすめです。

襟+身ごろタイプ

By: amazon.co.jp

襟に身ごろがついているタイプのつけ襟は、主にインナー感覚で着用します。トップスやワンピースの内側につけ襟を重ねることで、襟のついた洋服をレイヤードしているように見えるのが特徴。つけ襟のズレが気になる方には、脇の下にゴムや紐を通して動かないようにできるアイテムも人気です。

夏の暑い日に重ね着をすると暑苦しくなってしまいますが、つけ襟なら涼しげにレイヤード風スタイルが楽しめます。ただし、襟に身ごろ部分の布が付属しているので、背中や首元が開きすぎている洋服には合わせられられないので注意しましょう。

タイプで選ぶ

レースタイプ

By: rakuten.co.jp

レースタイプのつけ襟は、透け感のある上品なアイテム。シャツやブラウス風のつけ襟にも多く採用されています。また、レース素材のタートルネック風のつけ襟も、トレンド感をアップさせるのにぴったり。合わせるトップスを選ばず、ニットやプルオーバーなど、さまざまなアイテムにフェミニンなテイストをプラスできるのが魅力です。

襟付きのシャツやブラウスに同じ形のレースつけ襟を重ねて、ドレッシーさをアップさせる活用方法もあります。

ワイシャツタイプ

By: rakuten.co.jp

ワイシャツタイプのつけ襟は、襟に身ごろがついたアイテムがほとんどです。ニットやワンピースにワイシャツタイプのつけ襟を重ねることで、インナーにシャツをレイヤードしているように見せられるのが特徴。丸襟と角襟の違いだけでも、印象が大きく変わります。

シンプルトップス一枚では少し寂しいと感じるとき、ワイシャツタイプのつけ襟をプラスするだけでこなれ感がグッとアップするのが魅力です。白やストライプなど、ベーシックなデザインは重ね着しやすいので便利。デニムシャツ風のつけ襟も、着回し力が高いのでおすすめです。

フリルネックタイプ

By: amazon.co.jp

フリルネックタイプのつけ襟は、タートルやモックネックなどのデザインに多く採用されているアイテムです。首元にさりげなくフリルをあしらうことで、定番のデイリーコーデを簡単に格上げできます。

つけ襟に身ごろが付いているのが一般的で、ブラウスを重ね着しているように見せるデザインが多いのが特徴。クルーネックにもVネックにも合わせやすく、Tシャツ×デニムなどのカジュアルスタイルもフリルで女性らしく演出できます。

タートルネックタイプ

By: amazon.co.jp

タートルネックタイプのつけ襟は、秋冬に大活躍してくれるアイテムです。白・黒・グレーなどのシンプルな無地デザインが多く、インナーにタートルネックをレイヤードしているような着こなしが楽しめます。

少し寒くなる季節には、おしゃれな防寒アイテムとしても活用できると人気。ニット素材のタートルネックつけ襟もあり、着ぶくれしやすいニットをインナーに仕込むレイヤードスタイルを気軽に再現できるのが魅力です。

つけ襟のおすすめアイテム

Wearlizer レースシャツつけ襟

Wearlizer レースシャツつけ襟

上品で女性らしい印象を与える、レース素材のつけ襟です。立て襟デザインになっているので、ハイネックのレースブラウスをインナーに重ねているような着こなしに仕上がります。

シンプルなホワイトで、どんなアイテムにも合わせやすいのが魅力。ニットやTシャツなど、一年を通して活躍してくれます。黒のトップスやワンピースと合わせて、モノトーンコーデを楽しむのにもぴったりです。

FJKAN SHOP フェイクパールビーズ付け襟

FJKAN SHOP フェイクパールビーズ付け襟

襟のみタイプで、黒のフェイクパールを採用したつけ襟です。ネックレス感覚で着用できるアイテムで、首元が開いたトップスやワンピースに合わせるだけでもサマになります。黒の上品なデザインは、ドレッシーなスタイリングにもおすすめ。

白シャツの襟の上に重ねて、シンプルなワイシャツをつけ襟でアップグレードしてもおしゃれにキマります。

MSP ビジューつけ襟

MSP ビジューつけ襟

レースとビジューを組み合わせた、襟のみタイプのつけ襟です。キナリ色のレトロなデザインが、クラシカルな印象を与えるアイテム。キラキラと輝くイミテーションパールとレースの刺しゅうが、女性らしさを格上げしてくれます。

ワンピースやトップスのつけ襟として着用するのはもちろん、ドレスと合わせてチョーカー風にスタイリングするのもおすすめです。

おしゃれウォーカー(osharewalker) パール付きリバーシブル付け衿

おしゃれウォーカー(osharewalker) パール付きリバーシブル付け衿

丸襟のフォルムがキュートな印象の、襟のみタイプのつけ襟です。ドット柄と無地のベロア調生地のリバーシブルで、気分やその日のコーディネートに合わせて使い分けできます。つけ襟の裾にはパールがずらりと並び、繊細な上品さを演出。

ワンピースや少し首元が開いたトップスに合わせて、アクセサリー感覚で身に着けられるアイテムです。タートルネックの洋服に重ねても、素敵なコーディネートが楽しめます。

M&S “ズレない”つけ襟

M&S ”ズレない”つけ襟

カラー展開が豊富で、手持ちの洋服にも合わせやすいシンプルな無地のつけ襟。角襟タイプ9カラー、丸襟タイプ8カラー、フリルタイプ3カラーのなかからお好みのデザインとカラーを選べるのが大きな魅力です。

デニム素材のシャツやブラウスを重ね着しているように見える、インディゴカラーのつけ襟もラインナップ。ズレ防止のストラップ付きなので、つけ襟を初めて利用する方にもおすすめです。

FRERES 無地シンプルつけ襟

FRERES 無地シンプルつけ襟

襟に身ごろがついた、シンプルデザインのワイシャツ風つけ襟です。黒・白・ネイビーのベーシックカラーが揃っていて、どの色を選んでも着回し力は抜群。腕に通せるストラップが付いているタイプなので、ズレを気にすることなくつけ襟コーデを楽しめます。

とことんシンプルなデザインなので、柄トップスやワンピースに合わせるのもおすすめ。カジュアル見えするニットやTシャツに重ねれば、きちんと感のあるコーディネートに仕上がります。

ル・フタール(LE FUTUR) ブラウスつけ襟

ル・フタール(LE FUTUR) ブラウスつけ襟

白のブラウスをレイヤードしているように見える、ストライプデザインのつけ襟です。フリル付きの立ち襟仕様で、スウェットトップスなどとも相性抜群。身ごろにはボタンも付いていて、着用時のバランス感を調整できます。

ショート丈のタンクトップのような形になっているつけ襟なので、しっかりと固定されてズレる心配がありません。ストラップタイプは着用感が気になるという方におすすめのつけ襟です。

BOUQUET 手とお花の刺繍つけ襟

BOUQUET 手とお花の刺繍つけ襟

首元にお花を持った手が寄り添っているような、ユニークなデザインのつけ襟です。白シャツ風の身ごろが付いているので、ニットなどのシンプルトップスと合わせて首元にワンアクセントをプラスすると素敵な印象に仕上がります。

デイリーコーデがシンプルすぎると感じている方や、ちょっぴり個性派なスタイリングを楽しみたい方におすすめのつけ襟です。

CITRINE Chakra フリルハイネックつけ襟

CITRINE Chakra フリルハイネックつけ襟

フェミニンな甘さを演出できる、フリルデザインのハイネックつけ襟です。無地・レース・チェックの3タイプが揃っていて、白黒カラーから選ぶことができます。ズレ防止用のストラップが付いているので、着用感も気になりません。

無地はどんなトップスやワンピースとも相性抜群ですが、トレンド感をアピールしたい場合はチェック柄やレースデザインもおすすめ。柄トップスに合わせても、大人っぽく上品にまとまります。

アクアガレージ(AquaGarage) 付け襟タートルネック

アクアガレージ(AquaGarage) 付け襟タートルネック

頭からすっぽりと被るだけで着用できる、タートルネックタイプのつけ襟です。トレンド感たっぷりのリブ編み素材を採用していて、カジュアルもきれいめもスタイルを選ばずにコーディネートに取り入れられます。

カーディガンや、素材違いのニットワンピースと合わせるコーディネートがおすすめ。胸元のボタンを開けたシャツやスウェットと重ね着すれば、着ぶくれすることなく、おしゃれなレイヤードスタイルを気軽に楽しめます。

キラキラショップ(KiraKira Shop) シースルーつけ襟

キラキラショップ(KiraKira Shop) シースルーつけ襟

チュールレース素材で作られた、大きめサイズのシースルーつけ襟です。シンプルなトップスやニットなどの上に重ねて着用するタイプで、デニムなどを合わせたカジュアルスタイルを大人ガーリーに変身させてくれます。

白の透け感が印象的なつけ襟なので、黒のトップスやワンピースと相性抜群。白のシフォンやレース系アイテムと合わせて、ホワイトコーデにまとめるのもおすすめです。

つけ襟のおすすめコーデ

スポーティーなTシャツがつけ襟でフェミニンに変身

By: wear.jp

ブルーのTシャツを、ベージュのフレアスカートにタックインしたカジュアルコーディネート。スポーティーな雰囲気のアディダスTシャツに、あえてフリルのつけ襟をプラスすることで、カジュアル×ガーリーのミックススタイルが楽しめます。

足元は白のスニーカーでカジュアルに仕上げつつ、つけ襟と色を合わせることで統一感を生み出しているのがポイントです。

チェック柄スカートを白つけ襟できちんとコーデに

By: wear.jp

黒の半そでニットプルオーバーに、チェック柄のひざ丈スカートを合わせたモノトーンコーデ。シンプルになりすぎないようプラスした白のつけ襟が、きちんと感を演出するほどよいワンポイントになっています。

足元は黒ではなくネイビーのパンプスを合わせて、さりげないワンポイントに。洗練された上品さと、チェック柄のカジュアルさを上手にまとめたコーディネートです。

青のTシャツ×カーディガンでセットアップ風つけ襟コーデ

By: wear.jp

ブルーのTシャツに、同系色のカーディガンを合わせたセットアップ風のスタイリングです。白のつけ襟をプラスすることで、シンプルな青Tシャツを今風のコーディネートに格上げしています。

ボトムスにはゆるシルエットのパンツを合わせて、つけ襟のきちんと感が強くなりすぎないようバランスをとっているのがポイントです。

レースつけ襟をボーダートップスの上からレイヤード

By: wear.jp

洋服の上から重ねるタイプの、レースつけ襟を茶色のボーダートップスに合わせたコーディネートです。ビッグシルエットのつけ襟なので、シンプルアイテムもグッとおしゃれに格上げしてくれます。

ネイビーのロング丈スカートを合わせて、ガーリーになりすぎないよう引き締めているのもポイント。足元には赤のキャンバス素材スニーカーを合わせて、ナチュラルな印象の着こなしに仕上げています。

ニット×デニムをつけ襟できれいめカジュアルに

By: wear.jp

ベージュのゆるニットトップスに、白のフリルネックつけ襟を合わせたコーディネートです。デニムパンツを合わせたベーシックな着こなしですが、襟元からフリルのつけ襟を覗かせるだけで、雰囲気がガラリと変わるのがポイント。

足元はグレーのパンプスを合わせて、デニムスタイルをきれいめカジュアルに着こなしています。

スウェットトップスをつけ襟で上品スタイリングに

By: wear.jp

袖にボリューム感のあるスウェットトップスを、黒のタイトスカートにタックインしたコーディネート。白のハイネックつけ襟を取り入れて、グレー×黒のベーシックカラーに上品な華やかさをプラスしています。

足元は黒の靴下と白のスニーカーで、カジュアルとフェミニンをほどよく混ぜ込んだスタイリングに。ショルダーバッグも黒でそろえて、定番カラーのみを使用した今風コーデに仕上げています。

カジュアルフェミニンなコーデはつけ襟をアクセントに

By: wear.jp

マスタードカラーのトップスに、白のハイネックつけ襟を取り入れた着こなしです。チェック柄のフレアスカートとネイビーのマウンテンパーカーを合わせて、秋冬にぴったりなトラッド感漂うコーディネートに。

カジュアルな印象のアイテムを多めに取り入れた着こなしですが、つけ襟がフェミニンさを高めてくれます。足元も赤の靴下にバレエシューズで、クラシカルな女性らしさをアピール。バランスのよいコーデに仕上げています。

シャツ×タイトスカートのレイヤードコーデはつけ襟でこなれ感をアップ

By: wear.jp

ベージュのロング丈シャツに、ボルドーのタイトスカートを合わせたコーディネート。あえてシャツはタックインせずに、ベルトでウエストマークしてバランスを調整しているのがポイントです。

シャツはボタンを少し開けて、フリルのつけ襟がしっかり覗くようにスタイリング。フェミニンなアイテムを合わせたレイヤードスタイルを、グレーの靴下とスニーカーで上手にカジュアルダウンしています。