2018年12月1日からBS・110度CSにてスタートする「新4K・8K衛星放送」。地デジ放送の4倍もの高精細な画質を楽しめるため、注目している方も多いのではないでしょうか。そんな「新4K・8K衛星放送」を4K画質のまま視聴するのに活躍するのが「4Kチューナー」。放送開始にあたり、各メーカーから続々と発売が開始されています。

そこで今回は注目の4Kチューナーをご紹介。高画質な映像を存分に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

新4K衛星放送とは?

By: amazon.co.jp

新4K衛星放送とは、BS・110度CSでスタートする新しい4K放送のことです。現行ハイビジョンの4倍もの画素数で高精細かつ臨場感ある映像を楽しめるのが魅力。なお、現在流通しているほとんどのテレビには、新4K衛星放送の番組を受信する機能が搭載されていません。そのため、新4K衛星放送を受信するためには新規格に対応したテレビやチューナー及び新しいCAS(ACASチップ)を用意する必要があります。

広色域化

現在のハイビジョン放送と比較し、表現できる「色」の範囲が大幅に広がるため、人間が”実際に見える色”で映像を観ることができます。

画像の高速表示

現在主流のデジタルハイビジョン放送(2K)では、1秒間に30コマしか表示できませんが、新4K衛星放送では最大で60コマの表示が可能。動きの速いスポーツなどをより鮮明に映し出せるため、2020年のオリンピックに向けて導入を検討している方も多いです。なお、画像の高速表示を実現するためにはテレビも4K放送に対応している必要があります。

多階調表現

色や明るさの濃淡を段階で表す「階調表現」がデジタルハイビジョン放送(2K)の8ビットに対して、10ビットと多くなります。これによって、色や明るさの変化がより自然に表現されるため、夕日などのグラデーションのある映像を楽しむ際にもおすすめです。

輝度

HDRに対応するテレビであれば、明るさの幅を広くするHDR技術により、一段と現実に近い明るさの映像を楽しめます。

4Kチューナーとは?

By: biccamera.com

新4K衛星放送を気軽に楽しむための機器

新4K衛星放送では従来の衛星放送とは違った規格の放送波が使われるため、既に販売されている「4Kテレビ」だけでは、新4K衛星放送の視聴ができないモノがほとんどです。そのため、新4K放送を4Kで視聴するには、新しい放送波に対応する4Kチューナーや「BS・110度CSアンテナ」が必要になってきます。

なお、新4K衛星放送がスタートしてもデジタルハイビジョン放送(2K)は継続するため、現在使用しているテレビやチューナー、アンテナが使えなくなる心配はありません。

視聴できるチャンネル

新4K衛星放送を視聴できるチャンネルは「BS日テレ4K」「BS朝日4K」「BS-TBS4K」「BSジャパン4K」「BSフジ4K」「NHK SHV 4K」(予定含む)などがあります。

4Kチューナーはいつ発売される?

ピクセラや東芝、パナソニック、シャープなど、各メーカーが2018年10月より随時発売を予定しています。

4Kチューナーの選び方

By: amazon.co.jp

仕様表の録画機能をチェック

新4K衛星放送を録画するには、チューナーに外付けハードディスクを接続するのが一般的。ただし、将来的にバージョンアップで録画に対応予定のモデルもあるので、公式サイトなどをチェックする必要があります。録画メインの視聴を考えている方は、録画機能に関してもチェックしましょう。

ビデオオンデマンドやAndroid TV搭載の有無をチェック

4Kチューナーのなかには、ビデオオンデマンドやAndroid TVが搭載されたモデルもあります。好みのアプリを入れることで、AbemaTVやYouTubeの視聴などもでき、より便利に楽しく使えるので、ぜひチェックしてみてください。

4Kチューナーのおすすめ

東芝(TOSHIBA) 地上・BS・110度CS4Kチューナー TT-4K100

地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルチューナーが2基搭載されている4Kチューナーです。地上・BS・110度CSデジタルの番組を視聴しながら別番組の録画が可能。録画には別売されているUSB接続の外付けハードディスクが必要ですが、2TBのハードディスクを使えば約129時間の4K番組を録画できます。

また、多様なHDMI信号フォーマットに対応するところもポイント。4Kテレビやハイビジョンテレビなど、さまざまなテレビに接続可能で、接続するテレビに応じた適切なHDMI信号フォーマットを出力します。

リモコンには文字の大きなチャンネルボタンを搭載。また、番組表には高精細で表示可能な「4K表示番組表」が採用されているため、使いやすさや見やすさにも配慮されています。本製品はレグザのリモコンだけでも操作可能。レグザを持っている方にもおすすめの4Kチューナーです。

パナソニック(Panasonic) 地上・BS・110度CS4Kチューナー TU-BUHD100

「Googleアシスタント」や「Chromcast built-in」などが搭載された4Kチューナーです。スマホのような感覚で操作できるところが魅力。

本製品専用のリモコンに話しかけるだけで、番組表や録画番組を検索したり、ネットに繋いでYoutube内の動画検索や視聴をしたりできます。また、スマホの対応アプリと4Kチューナーを連携すればテレビでスマホのコンテンツを楽しむことも可能。

なお、新4K衛星放送を録画するためには別売りのUSBハードディスクが必要です。また、ビエラリンクに対応することもポイント。4Kビエラのリモコンでも操作できるため、4Kビエラをお持ちの方や購入を検討している方にもおすすめの4Kチューナーです。

ピクセラ(PIXELA) 4K Smart Tuner Android TV搭載 チューナー PIX-SMB400

Android TVが搭載された4Kチューナーです。HDCP2.2に対応するテレビであれば、テレビはもちろん、YouTubeやNetflixなどのなど多彩なコンテンツを楽しめます。

リモコンには操作のしやすさが追及されたシンプルなデザインのモノを採用。リモコンに搭載された「Google アシスタントボタン」を押しながら、ドラマのタイトルなどを言うだけで番組を簡単に検索できます。

機種によっても異なりますが、ピクセラのほか、シャープ・東芝・三菱電機のテレビにもHDMI接続可能。なお、録画機能は2018年11月末頃にアップデート対応予定で、別途USB接続に対応したハードディスクが必要です。

ソニー(SONY) BS/CS4Kダブルチューナー 地上デジタル BS 110度CS DST-SHV1

地上・BS・110度CSチューナーのほか、BS4K/CS4Kチューナーが2基搭載された4Kチューナーです。BS4K/CS4K放送を見ながら、違う4K放送の録画が可能。なお、 録画には別途USB接続の外付けハードディスクが必要です。

付属のHDMIケーブルを4Kブラビアと繋げることで、ブラビアのリモコンで操作できるのも魅力。特に4Kブラビアをお持ちの方はもちろん、購入を検討している方にもおすすめの4Kチューナーです。

シャープ(SHARP) 4Kチューナー 新4K衛星放送対応 4S-C00AS1

高さ34mmの薄型設計が特徴の4Kチューナーです。狭いスペースにも置けるので、収納が心配な方にもおすすめ。また、HLG方式非対応のテレビでもHDR映像を楽しめる「HDR10変換」機能が搭載されているのも魅力。明暗表現豊かな映像を楽しむことができます。

液晶テレビ「AQUOS 4K」と組み合わせることで、テレビのリモコンだけで操作可能。なお、新4K衛星放送の録画には別売りの外付けハードディスクが必要です。