新4K衛星放送(4K放送)は、地デジ放送の4倍もの高精細で美しい次世代の映像が楽しめるので、視聴を検討している方も多いはず。しかし、これまでとは異なる新しい規格での放送方式となるため、4K映像を出力できるテレビ以外に、4K放送に対応した「4Kチューナー」が必要になります。

そこで今回は、各メーカーから発売されている注目の4Kチューナーをご紹介します。色鮮やかで高精細かつ、滑らかな動きの4K放送を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

4Kチューナーとは?

By: amazon.co.jp

4K放送をテレビに映像として映し出すために必要な機器を「4Kチューナー」と呼びます。4K放送は、従来の放送方式とは異なる、新しい規格での放送方式。そのため、従来のテレビや4K対応テレビだけでは視聴できません。

そこで必要となるのが4Kチューナー。4K放送をテレビ単体で視聴するのであれば、4Kチューナーが内蔵されている「4Kテレビ」が、自宅のテレビや「4K対応テレビ」で視聴する場合は、4Kチューナーが必要になります。

4Kチューナーの種類

シングルチューナー

By: .iodata.jp

4Kチューナーを1基のみ内蔵したチューナーで、1チャンネルのみの録画が可能です。そのため、録画中の4K放送と同じ番組の視聴はできますが、ほかの4K放送の視聴はできません。しかし、その分価格が安いので、4K放送を見る頻度が高くない方にはシングルチューナーがおすすめです。

ダブルチューナー

By: sony.jp

4Kチューナーを2基内蔵したチューナーです。4K放送を視聴しながら、同時に別の番組録画ができるので、同じ時間帯に見逃せない番組がある場合など、裏番組を録画できる点がメリット。

価格はシングルチューナーよりも高価になりますが、家族でテレビを共有している場合や、テレビが大好きな方にはおすすめです。

4Kチューナーの選び方

放送波とアンテナをチェック

By: .iodata.jp

4Kチューナーでは4K放送の放送波が受信可能。放送波には「右旋」と「左旋」があり、それぞれ視聴できるチャンネルが異なります。また、現状モデルの多くはどちらの放送波にも対応していますが、視聴するには別途それぞれに対応したアンテナやケーブルが必要です。

まず、右旋のチャンネルには「BS朝日 4K」「BSテレ東 4K」「BS日テレ 4K」「NHKBS 4K」「BS-TBS 4K」「BSフジ 4K」が割り当てられており、視聴するにはBSアンテナが必要です。

左旋には「ショップチャンネル 4K」「4K QVC」をはじめ、4K有料放送や8K放送などのチャンネルが割り当てられており、視聴するには高い周波数帯に対応するアンテナやケーブルなどが必要となります。

4K放送を視聴するにはチューナーだけでなく、放送派のチェックやアンテナなどの環境を整える必要があるので、注意しておきましょう。

設置場所に合わせてサイズをチェック

By: rakuten.co.jp

4Kチューナーは総じてコンパクトサイズのモノが多いので、設置場所に困ることは少ないでしょう。しかし、配線の都合上、テレビに外付けする必要があるので、購入前にサイズや重量をチェックしておく必要があります。テレビ周辺にあまりスペースがない場合は、狭い場所でも設置できる薄型設計のチューナーがおすすめです。

スマートTV機能の有無をチェック

By: panasonic.jp

4Kチューナーの機種のなかには、4K放送が視聴できるだけでなく、YouTubeやその他の動画配信サービス、アプリ、音声認識などのスマートTV機能が楽しめるモノもあります。

さらに「Googleアシスタント」を搭載したモデルもあり、リモコンに話しかけるだけでGoogle検索やIoT照明などの遠隔操作、ネットショップへの注文などができて便利。テレビをスマートフォンのように操作ができ、可能性が広がります。

迷ったらテレビ同じメーカーのモデルを選ぼう

さまざまなメーカーから発売されている4Kチューナー。どのメーカーの4Kチューナーを購入しても、4K対応テレビであれば、接続が可能なモノがほとんどです。もし、どんな4Kチューナーを購入したらよいか迷った場合は、今所有している4K対応テレビと同じメーカーの4Kチューナーを選ぶのがベター。同じメーカーの4Kチューナーであれば、テレビのリモコンからでも操作が可能で便利なので、購入前にチェックしてみてください。

4Kチューナーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

VIERAシリーズでお馴染みのパナソニック。画質だけでなく使いやすさにも定評があります。「ビエラリンク」に対応しており、4Kビエラのリモコン1つで、快適に操作できるのが特徴。幅広いニーズにマッチするおすすめのメーカーです。4Kビエラと連動して電源のオン・オフが自動的にできる点も便利です。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ったことで知られるシャープ。AQUOSシリーズを展開しています。「AQUOS 4K」などの4K対応テレビとの接続がベスト。「ファミリンク」対応「AQUOS 4K」と4Kチューナーを組み合わせることで、テレビのリモコン1つで連携操作が可能になります。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

AV機器では絶大な人気と安定した支持を集めるソニー。テレビではBRAVIAシリーズを展開しているメーカーで、対応機器間の連動が特徴の「ブラビアリンク」も魅力です。もちろん、4Kチューナーも「ブラビアリンク」に対応しており、HDMIケーブル1本で4Kブラビアとつなげば、4Kブラビアのリモコンから快適に操作ができて便利です。

4Kチューナーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 4Kチューナー TU-BUHD100

スマートTV機能が搭載されている4Kチューナーです。アシスタントキーとマイクを搭載した専用リモコンを使ってさまざまな情報が検索できる「Googleアシスタント」や、スマートフォンに表示されている画面をテレビに表示できるミラーリング機能「Chromecast built-in」を搭載。テレビの大画面で存分にコンテンツが楽しめます。

さらに、4Kビエラの「ビエラリンク」に対応しており、4Kビエラのリモコン1つで快適に操作できて便利。4Kビエラと連動して自動的に電源がオン・オフできるのも魅力です。

シャープ(SHARP) 4Kチューナー 4S-C00AS1

薄型でスタイリッシュなデザインが特徴の4Kチューナーです。高さを抑えたコンパクトサイズですっきり収納できます。

「ファミリンク」に対応した「AQUOS 4K」と組み合わせることで、テレビのリモコンから連携操作が可能。また、他社製の4K対応テレビ・リモコンにも対応しています。外付けハードディスクを接続すれば録画も可能です。

そのほか、番組表も4K解像度なのでクリアでクッキリ。HLG方式に対応していないテレビでもHDR映像を楽しめる「HDR10変換」機能が搭載されており、明暗表現力が豊かな映像が楽しめる点も魅力です。

ソニー(SONY) BS/CS4Kダブルチューナー BRAVIA DST-SHV1

地上・BS・110度CSチューナーをそれぞれ2基、さらにBS4K・CS4Kチューナーを2基搭載した4Kチューナーです。別売りのUSBハードディスクを用意することで、4K放送の番組を視聴しながら同時に裏の4K放送番組が録画できます。

また、ソニーの「ブラビアリンク」に対応いている「4Kブラビア」と本機とをHDMIケーブルで繋げば、テレビのリモコンから連携操作が可能です。

そのほか、録画したい番組が簡単に見つかる「ジャンル検索」予約に対応しているのもポイント。テレビだけでなく、HDMI端子が付いているモニターなどとHDMIケーブルで繋ぐことで、さまざまな番組が楽しめます。

つい触りたくなる質感や、あたたかみのある色合いが特徴の「ソフトミニマリズム」に基づいたデザインを採用しており、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) BS/CS 4K録画対応チューナー TT-4K100

ハードディスクレコーダーのようなコンパクトサイズが特徴の4Kチューナーです。地上・BS・110度CSチューナーをそれぞれ2基ずつ搭載しており、4K放送の番組を録画しながら、裏番組も録画できます。

付属のリモコンは大きな文字で使いやすい「ラージフォントリモコン」を採用。テレビ画面上の電子番組表も高精細な4K表示なので、小さな文字も読みやすく、番組探しが快適に行えます。

また、「レグザリンク」に対応しているので、対応テレビと本機とをHDMIケーブルでつなげば、レグザのリモコンから簡単に操作可能。さらに、「レグザコンビネーション高画質」により、映像のモスキートノイズを制御し、字幕までクッキリとした緻密で高画質な映像が楽しめます。レグザ対応の4K対応テレビを使っている方に、おすすめの4Kチューナーです。

フナイ(FUNAI) 新4K衛星放送対応テレビチューナー FT-4KS10

機能が充実している割に価格が安い4Kチューナーです。フナイの4K対応テレビはもちろん、他社製の4K対応テレビであってもHDMIケーブルで接続するだけで4K放送が楽しめます。

さらに、「Googleアシスタント」を搭載。専用リモコンのマイクをオンにしてリモコンに話しかけるだけで、Google検索、ニュースや天気予報の確認、IoT照明などの遠隔操作、ネットショップへの注文などができて便利です。

サイズは、幅230×奥行137×高さ44mmと比較的コンパクト。ハードディスクをUSB端子に接続すれば、4K放送の録画も可能です。

マスプロ電工(MASPRO) 新4K衛星放送対応テレビチューナー FT-4KS10

「BT.2020」の広色域に対応した、マスプロ電工の4Kチューナーです。BT.2020とは、新たに設定された色域規格のこと。最新の色域規格で自然界の色彩をほぼ100%再現し、実際に目で見える色により近い表現が可能です。

また、HLG方式のHDRに対応しているので高精細かつ、明暗表現が豊かでより現実に近い美しい映像が見られる点も魅力。外付けのハードディスクを接続すれば、4K放送の録画も可能です。

さらに、4K画質をフルハイビジョンに変換する「ダウンコンバート出力機能」を搭載。4K対応テレビを持っていない方でも、自宅の2Kテレビで4K放送が楽しめる点も魅力の4Kチューナーです。

ピクセラ(PIXELA) 4K Smart Tuner PIX-SMB400

ゲームや音楽が存分に楽しめる「Android TV」を搭載した4Kチューナーです。専用リモコンから「Google アシスタント」ボタンを押して話しかけるだけで、見たい番組を検索可能。さらに、便利なNetflix専用ボタンも付いています。

4K放送を視聴する際は、4K対応テレビにHDMIケーブルをつなぐだけと簡単。また、LANケーブルでネット接続することで、「Android TV」の多彩なコンテンツを楽しめます。

テレビ視聴アプリ「Xit(サイト)」にも対応しており、Google HomeやAmazon Echoに話しかけるだけで操作可能。家事で手を離せないときやリモコンを探すのが面倒なときに重宝します。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 新4K衛星放送対応チューナー REC-ON HVT-4KBC

主にコンピュータの周辺機器を製造・販売している精密機器メーカー「アイ・オー・データ」の4Kチューナーです。HDMI端子を搭載する4K対応テレビにHDMIケーブルを接続するだけで4K放送が楽しめます。

付属のリモコンは他社製の4Kテレビにも対応しており、電源オン・オフ、入力切換、音量調節といった操作が可能。また、外付けハードディスクを接続すれば4K放送を録画できます。さらには、約2mの18Gbps対応のハイスピードHDMIケーブルが付属しているので、購入後すぐに4K放送が楽しめる点も魅力です。