ハンドスピナーは、指先で手軽に遊べるおもちゃです。回転させて技を競えるのはもちろん、手持ち無沙汰なときのストレス解消グッズとして活用できるので、現在でも根強い人気があります。

ハンドスピナーにはさまざまなタイプや材質のモノが販売されており、どれを選ぶべきか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ハンドスピナーの選び方を踏まえたうえで、おすすめの製品をご紹介します。

ハンドスピナーとは?

ハンドスピナーとは、指先だけで回して遊べるおもちゃのこと。アメリカを起源にしており、英語圏ではフィジェットスピナー(fidget spinner)と呼ばれています。

回転を支えるボールベアリング機構を、本体の中央部に内蔵しているのがハンドスピナーの特徴。ベアリング部を親指と人差し指で支え、本体から突き出た羽根を別の指で弾くことで、独楽のように継続して回転させられます。

3枚の羽根を備えた標準的なトライタイプや、2枚羽根のトルクバータイプなど、ハンドスピナーには多くの種類が存在。また、最近では素材にさまざまなモノが使われた製品もあり、回転時の持続時間や挙動の違いが楽しめます。

ハンドスピナーはなぜ流行った?現在は?

By: amazon.co.jp

ハンドスピナー誕生のきっかけは、重症筋無力症の患者を娘に持つアメリカ人の母親によって考案されたことです。病気で衰えた筋力でも手軽に遊びやすいほか、ペン回しのように精神を落ち着けるリラックス効果も期待できると謳われていました。当初は、筋無力症や自閉症の子供たちをサポートする道具として広まったといわれています。

2016年にオリジナル製品の特許が切れたことで、ハンドスピナーは一般にも普及を開始。指先だけで手軽に遊べるおもちゃとして、また、手持ち無沙汰のときに役立つストレス解消グッズとしても歓迎され、世界中でブームを巻き起こしました。現在では流行は一旦落ち着きましたが、子供から大人まで幅広く遊べるおもちゃとして根強い人気があります。

ハンドスピナーの選び方

タイプで選ぶ

トライタイプ

By: spingear.jp

一般的に多く普及しているのがトライタイプのハンドスピナーです。トライ(Tri)の名称の通り、ベアリング部から3枚の羽根が突き出ているのが特徴。回転方向の転換がスムーズに行えるように設計されているため、回転時の安定性に優れています。

トライタイプのハンドスピナーは重量バランスが絶妙に保たれており、アクロバティックな扱いがしやすいのもポイント。指先はもちろん、手のひらの上でも回転を持続しやすいので、遊びながら多彩なトリックに挑戦したい方におすすめです。

トルクバータイプ

By: rakuten.co.jp

トルクバータイプのハンドスピナーは、シンプルな構造を採用しています。ベアリング部の左右に、2枚の羽根が直線状に伸びているのが特徴。別名でストレートタイプとも呼ばれています。

トルクバータイプのハンドスピナーは外周に重量を持たせた設計を採用しているので、回転の持続時間が長いのがポイント。安定性は低いため机など平らな場所で使用する必要はありますが、回転時間を競いたい方や、集中力を高めるのに使いたい方におすすめです。

水道型

By: spingear.jp

高いカスタマイズ性を持っているのが水道型のハンドスピナーです。水道の蛇口のように、中央のベアリング部から6枚の羽根が突き出た形状をしているのが特徴。各羽根はウェイトパーツとしての役割を持っており、自由に取り外せます。

水道型のハンドスピナーは羽根の数を調節することで、回転の持続時間や回り方を変更できるのがポイント。羽根を減らすと軽くなって回転時間は長くなり、増やすと回り方が不規則になります。多彩なスタイルでハンドスピナーを楽しみたい方におすすめです。

サークルタイプ

By: rakuten.co.jp

初心者でも扱いやすいのがサークルタイプのハンドスピナーです。回転体としてバランスの取れた形である、円盤型の形状を採用しているのが特徴。ほかのタイプと比べて面積が大きいため、回転時の見た目が大きく変化します。

サークルタイプのハンドスピナーは重量が円周上に均等配分されているので、回転時の安定性に優れているのがポイント。子供や初心者の方でも扱いやすく、軽い力でも長く回しやすいため、初めてハンドスピナーで遊ぶ方にもおすすめです。

素材で選ぶ

価格が安い「プラスチック製」

By: spingear.jp

プラスチック製のハンドスピナーは安い価格で入手できるのが特徴。おもちゃとしてのハンドスピナーの魅力を気軽に味わえるので、初心者の方はもちろん、子供へのプレゼントとしてもおすすめです。

本体が軽量なため回転の持続時間が長く、特別なテクニックがなくても十分に楽しめます。ただし、金属製のモノと比べて強度が低く、不意の落下で破損してしまう場合もあるので、取り扱いには注意しましょう。

耐久性が高い「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のハンドスピナーは、優れた耐久性を備えているのが特徴。ハードに扱っても傷つきにくいのはもちろん、落下などの衝撃で変形しにくいため、使用頻度の高い方や積極的にトリックを使って遊びたい方におすすめです。

錆びにくい性質を備えているので、美しい外観を維持しつつ長く愛用できるのも、ステンレス製ハンドスピナーの魅力。ただし、ほかの素材のモノと比べて重量が重く、回転音がやや大きい点には留意しておきましょう。

滑りがよくしっかり回る「銅製」

By: rakuten.co.jp

銅製のハンドスピナーは、回転が持続しやすい性質を持っているのが特徴です。銅は金属のなかでも滑りやすい素材。銅のベアリングを採用したモノは、回転状態を長く維持できます。仲間と回転時間を競い合いたい方にもおすすめです。

耐久性にも優れているので、トリックを積極的に使って遊んでも長く愛用できるのもポイント。ただし、製品全体に銅が使われているモノは重いほか、錆が出やすいデメリットもあります。外観を美しく保つには、定期的なメンテナンスが必要です。

回転時間が長いモノを選ぼう

By: rakuten.co.jp

回転時間の長さもハンドスピナー選びでは重要なポイントです。すぐに回転を止めてしまうモノよりも、回転状態を長く維持できるモノの方が指で弾く頻度を少なくできます。遊ぶ際の手数を効果的に減らせるのがメリットです。

単に回転している状態を眺めたり、トリックを使わずに遊んだりしたい場合は、回転時間が1〜2分程度のモノでも十分。複雑なトリックを多用してアクロバティックに遊んだり、作業に対する集中力を高めたりしたい場合は、回転時間が3分以上続くモノを選ぶのがおすすめです。

静音タイプがおすすめ

外出先で使用する場合は、静音タイプのハンドスピナーがおすすめです。ハンドスピナーは回転の際に独特な音が出るのが特徴。また、プラスチック製よりも金属製のモノの方が、羽根の数が少ないモノよりも多いモノの方が、より音が大きく目立ちます。

ハンドスピナーを使用している方にとっては心地よい回転音でも、周囲の方にとっては迷惑になってしまうことも。特に、集中力を高めるために図書館や自習室など公共の場で使う場合は、回転音を抑えた静音設計のモノを選びましょう。

ハンドスピナーのおすすめ

スピンギア(Spin Gear) カラフルスピナー FS06

初心者にも人気のあるトライタイプのハンドスピナーです。ベーシックな3枚羽根形状を採用しており、本体の素材にはプラスチック、ベアリングの素材にはスチールを使用。価格が安く、扱いも簡単なので、初めてハンドスピナーを遊ぶ方にもおすすめです。

外周部分にはベアリングに似せたウェイトパーツを搭載しており、シンプルながらデザインが洗練されているのもポイント。また、日中に蓄積した光を発する蓄光タイプのモノを含めて、全11種類のカラーバリエーションが用意されています。

東京の高円寺に実店舗を構えてヨーヨーや独楽などを販売するスキルトイ専門店が、開発を手掛けているのも魅力。本製品も品質の高さには定評があるため、子供へのプレゼントとしても安心して購入できます。

スピンギア(Spin Gear) ハンドスピナーTri FS01

小型で遊びやすいトライタイプのハンドスピナーです。プラスチック製の本体は直径約6.38cmと、一般的なモノと比べて一回り小さく設計されているのが特徴。重量配分に無駄がなく、小さくてもよく回るので、手の小さな方や子供にもおすすめです。

通常よりもやや小ぶりのスチール製ベアリングを採用することで、本体の小型化を実現しているのもポイント。ベアリングの内径は通常サイズのモノと同じです。高さが合えば共通のキャップを使用できるため、簡単なカスタマイズを楽しめます。

全部で6種類のカラーバリエーションが用意されているのも魅力。重さは33gと軽量コンパクトで、価格も安いので、ハンドスピナーの魅力を手軽に味わえます。

Yomaxer トライスピナー ナイロンPA

競技用としても活躍できる、トライタイプのハンドスピナーです。本体の素材に耐衝撃性と柔軟性に優れたナイロンを使っているのが特徴。ハードな扱いをして地面に落としても破損しにくいため、トリックの練習に使いたい方にもおすすめです。

セラミックボールを使用した、センターベアリングを搭載しているのもポイント。スチール製のモノと比べて回転時間にあまり差はありませんが、回り出しが滑らかなので、軽い力で弾いても爽快な回り心地を楽しめます。

トリック練習用のハンドスピナーとしては手頃な価格で入手できるのも魅力。また、キャップ部分にヨーヨー用のシリコンパッドを装着するとグリップが増し、指の収まりも向上するため、トリックが行いやすくなります。

SHULLIN アルミニウム合金ハンドスピナー

スタイリッシュに楽しめるトライタイプのハンドスピナーです。本体の素材にアルミニウム合金を使っているのが特徴。丈夫で摩耗や錆に対する耐久性も備えており、上質な外観も楽しめるので、おしゃれなストレス解消グッズとしてもおすすめです。

ステンレススチール製のボールベアリングを搭載しているのもポイント。滑りがよいため、2〜4分と長時間の回転が可能です。また、静音設計を採用しており、公共の場でも静かに使用できるので、作業の合間に集中力を高める際にも重宝します。

本体のサイズは直径7.3×厚さ0.74cmで、高い堅牢性を備えながら重量70gと軽いのも魅力。持ち運びが苦にならないため、外出先へも気軽に携帯できます。

FIGROL LED指スピナー 7

回りながら発光するトライタイプのハンドスピナーです。周辺部分にLEDライトを内蔵しているのが特徴。光の軌跡を眺めていると集中力を高めやすいと謳われており、子供の知育や作業中の休憩時間などにもおすすめです。

本体の素材にはABSプラスチックが採用されているので軽く、扱いやすいのもポイント。また、中央部には低摩擦のセラミックベアリングが搭載されており、滑りやすいため、軽い力で弾いても回転状態を長く持続できます。

回転時は振動と音がやや目立ちますが、回転の持続時間が2〜5分とやや長めなのも魅力。周辺部分のLEDライトは押すと光り始め、押した回数によって点灯時の色が変化します。

スピンギア(Spin Gear) ヘヴィトルクバー改 FS05S

回転時間の長さに特化して開発された、トルクバータイプのハンドスピナーです。本体は真鍮削り出しで、中心部分を軽くしつつ、外周部分に重量を集中させた設計を採用。回転効率が高められているので、回転速度を競い合いたい方におすすめです。

ヨーヨーに使われているモノと同じCサイズの大口径ベアリングが搭載されているのも、回転を長く持続できるポイント。また、別売りの超高精度ベアリングへの交換も可能なため、最長回転記録を狙う上級者の方にもぴったりです。

本体の重さは約96gで、真鍮の重量感によってパワフルな高速回転が楽しめるのも魅力。中央部分にシリコンステッカーを貼るとグリップが増すので、机の上で回す際の安定性がより向上します。

HY-MS Hand Spinner

長時間の高速回転が楽しめる、トルクバータイプのハンドスピナーです。本体の全てに、銅と亜鉛の合金である「真鍮」を高精度に加工した素材を採用。緻密に管理された重量配分によって、パワフルで速い回転が味わえます。

中央部に高品質なボールベアリングを搭載しているのもポイント。回転の持続時間は約3〜5分で、高速スピンの状態を長く安定して持続できます。また、回転時の雑音を抑えた静音設計が採用されているため、公共の場での使用にもおすすめです。

素材に真鍮を使用しながら、重さ105g、サイズ6.5×2.5×1.5cmと軽量コンパクトなのも魅力。ポケットに入るミニサイズなので、外出先へも簡単に携帯できます。

Anzmtosn Golden Fidget Snitch Spinners

中世の魔法具のような外観を持つ、トルクバータイプのハンドスピナー。ファンタジー好きの方はもちろん、子供へのプレゼントとしてもおすすめです。

本体の素材に軽量かつ丈夫なアルミニウム合金が採用されているのもポイント。表面には黄金色の塗装が施されているので、照明のなかで回転させると華やかな輝きが楽しめます。

ステンレススチール製のベアリングを内蔵しているのも特徴。高いグリップ力によって、指の上でも安定した高速回転が楽しめます。また、静音設計が採用されており、図書館や自習室などでも使いやすい仕様です。

スピンギア(Spin Gear) ハンドスピナー FS15 MOD

By: spingear.jp

多彩なカスタマイズで楽しめる、水道タイプのハンドスピナーです。アルミ製の本体から6個の真鍮製ウェイトが規則正しく配置されているのが特徴。ウェイトは自由に取り外し可能で、数を変えることで回り方も不規則に変化するため、ハンドスピナーをさまざまなスタイルで遊びたい方におすすめです。

本体の重量は99g、サイズは直径6×高さ1.9cmで、ウェイトの着脱部分にM4のネジ切りが採用されているのもポイント。M4ネジを持つヨーヨーのパーツなども取りつけられるので、自由度の高いアレンジが楽しめます。

ヨーヨーのモノと同じ、Cサイズのベアリングが搭載されているのも魅力。新しい機構によってベアリングのロック方式が変更されており、ウェイトの数に限らず安定した動きで回転します。

RISEPRO ヘキサゴンハンドスピナー

手頃な価格で入手できる水道タイプのハンドスピナーです。本体とウェイトには、真鍮をコンピュータで精密加工した素材を採用。重厚かつ高速な回転がリーズナブルな価格で楽しめるため、コスパ重視の方にもおすすめです。

6本の真鍮製ウェイトは自由に取り外し可能。ウェイトの本数を変えることで、回転のパターンや持続時間も変化するので、カスタマイズによって理想の回転を追究できます。

中央部には滑りのよいセラミック製のボールベアリングを採用。回転時間は3〜5分程度と長く、高速回転もスムーズに楽しめます。また、重さ99g、直径6.7cmと軽量コンパクトなため、持ち運びも簡単です。

スピンギア(Spin Gear) ハンドスピナー ダブルホイール FS03D

個性的な回り方が楽しめる、サークルタイプのハンドスピナーです。プラスチック製の本体の外周に、真鍮リングが搭載されているのが特徴。回転体として理想的な形状と重量配分を兼ね備えることで、軽い力で弾いてもスムーズに動き、長く回転できます。

ダブル構造を採用したことで、2倍のトルク感を味わえるのもポイント。また、上下のホイールをそれぞれ逆向きで回転させると、互いに打ち消し合いながら回り続ける不思議な「Zeroトルク」を体験できます。

重さは66.3g、直径5.91×高さ1.94cmと軽量コンパクトなので、手軽に遊べるのも魅力。回転体にこだわりのある方や、一味違ったハンドスピナーを試してみたい方にもおすすめです。

XinSiChen ハンドスピナールーレットキーホルダー

多彩な用途に活用できるサークルタイプのハンドスピナーです。航海の安全を願う幸運のお守りとして知られる、帆船の舵をモチーフにデザインされているのが特徴。本体は銀メッキを施した真鍮製で、アームの1本にはルビー色の守護石が嵌め込まれています。

舵の回転軸は上下両方から支えられている構造なので、軽い力で弾いてもスムーズに回転させられるのがポイント。サイズは直径8.3×高さ3.6cmで、キーホルダーとしても使えるようにキーリングが搭載されています。

外周に、サイコロの目を模した装飾があしらわれているのも魅力。ハンドスピナーとして以外に、ボードゲームなどに使うルーレットとしても役立ちます。多目的に使えるハンドスピナーを探している方におすすめです。

DMaos Fidget Spinner

スタイリッシュなギアタイプのハンドスピナーです。自転車のチェーンを模したデザインを採用。回転の持続時間はあまり長くありませんが、手のひらで手軽に回転させられるので、作業間の休憩や集中力アップなどにおすすめです。

歯車の形をした2個のベアリングを搭載しているのもポイント。素材には耐久性の高いステンレスが採用されています。チェーンは高品質なスチールが使われており、自転車のように滑らかな動きで回転可能です。

本体の重量は80gと軽いため、片手で遊びやすいのも魅力。また、本製品は2個重ねた状態でも使用でき、それぞれを別々の向きに回転させることで、複雑な動きも楽しめます。ハンドスピナーとしてはやや高級な製品ですが、おしゃれなアイテムを探している方はチェックしてみてください。

おもちゃの神様 ハンドスピナー ギアナイン

おしゃれなストレス解消グッズとして人気のある、ギアタイプのハンドスピナーです。アルミニウム合金のベースに銅を使用した9個の歯車を搭載しているのが特徴。メカニックな外観デザインで回転が楽しめるので、メカ好きの方にもおすすめです。

セラミックボールを内蔵したステンレス製のボールベアリングを搭載しているのもポイント。9個の歯車と連動することで大回転を生み出します。回転の持続時間は約1分間。回転中は、歯車の機械仕掛けが精密に動く様子を楽しめます。

本体は重さ109g、幅6.5×奥行き6.5×高さ2.5cmと携帯しやすいのも魅力。解体やメンテナンスの際に使える専用ドライバーや、持ち運びの際に重宝する収納ケースが付属します。

Sxosyo ハンドスピナー 3つセット

子供向けに開発されたハンドスピナーのセットです。シリコン素材で作られた3枚羽根・4枚羽根・5枚羽根からなる3種類のハンドスピナーを同梱。それぞれ回転時の挙動が異なるため、さまざまな遊び方を楽しめます。

安い価格ながら、カラーの外周部分にプッシュポップ機能を搭載しているのもポイント。指で押し込んで繰り返し遊べるプッシュポップバブルとしても使用できるので、子供のおもちゃとして重宝します。

本体はシリコン製のため、汚れても簡単に水洗いできるのが魅力。10歳以上の子供に贈るプレゼントとしておすすめです。

ハンドスピナーの売れ筋ランキングをチェック

ハンドスピナーのランキングをチェックしたい方はこちら。