旅行やスポーツなど、荷物が多くなりがちなシーンで活躍する「ダッフルバッグ」。少々ハードに扱っても平気な耐久性の高さも魅力で、スポーツメーカーやアウトドアブランドを中心にさまざまなアイテムがリリースされています。

この記事では、そんなダッフルバッグのおすすめ人気モデルをご紹介。自分に合ったアイテムを見つけるための選び方もお伝えします。ダッフルバッグを検討する際の参考にしてみてください

ダッフルバッグとは?

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグは元々、水平や船員が私物を入れていた頑丈な円筒状のバッグのことを指しました。しかし現在では、スポーツ時によく見かける横長のバッグや、口の部分を絞って開け閉めする縦長の円筒状バッグのことをダッフルバッグと呼ぶようになりました。

ダッフルバッグと形状が似ていて、違いが分かりにくいのが「ボストンバッグ」。両者とも定義が曖昧なため、見た目が似ているアイテムでもメーカーやブランドによって呼称が異なるケースも多いのが現状です。

ただし、ボストンバッグはカテゴリーが広いため、多くの場合ダッフルバッグはボストンバッグの一種と捉えられています。ダッフルバッグはボストンバッグのなかでも耐久性に優れ容量も大きめなため、アウトドアやスポーツといったシーンに適しているのが特徴です。

ダッフルバッグのメリット・デメリット

ダッフルバッグのメリット

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグの魅力としてまず挙げられるのは、容量の大きさです。例えばスポーツ時なら、着替え用の衣服やタオル、シューズなどたくさんの荷物を収納可能。スーツケースを持っていくほどではない、という場合の旅行にも重宝します。

また、大容量にもかかわらず軽量な点もメリット。素材によっては小さく折りたたむことも可能で、持ち運びや収納の際にも便利です。より軽さにこだわりたい場合には、ポリエステルやナイロン製のアイテムをチョイスしましょう。

さらに耐久性の高さもメリットです。丈夫な素材で作られているモノが多く、防水仕様のアイテムも多数ラインナップされています。特にアウトドアやマリンスポーツを楽しむ機会が多い方は、ひとつ持っていると便利です。

ダッフルバッグのデメリット

By: amazon.co.jp

一般的なダッフルバッグは手提げ、もしくはショルダーで持ち運ぶタイプが多く、長時間重い荷物を持つ場合は体への負担がかかってしまうことがあります。入れる荷物の重量によっては、リュックにもなる3WAYタイプを検討しましょう。

また、旅行に持っていく場合にはセキュリティ面がやや心配です。勝手にバッグを開けられることのないよう、別途カギを購入して付けることをおすすめします。

ダッフルバッグの選び方

防水性能の有無

By: amazon.co.jp

アウトドアや野外のスポーツに、雨はつきもの。防水仕様のダッフルバッグなら、突然の雨にも慌てずに済みます。防水加工が施されており、ファスナー部分も止水設計のモノならより安心です。

なお、「防水」は生地のなかに水が侵入しないこと、「耐水」は小雨程度であれば対応できること、撥水は生地の表面で水滴がはじかれることを指します。この記事では耐水と撥水に関しても防水としてくくっておりますのでご注意ください。

容量・サイズ選びも重要

By: amazon.co.jp

使うシーンによって、最適な容量やサイズは異なります。例えば、ジムやスポーツで使うデイリーユースのダッフルバッグを探しているならば容量30Lほどのややコンパクトなモノが持ち運びやすくおすすめです。

1泊旅行用なら、容量は50L以上あると安心。荷物の多いアウトドアシーンでも活躍してくれるサイズです。容量100Lを超えるサイズのダッフルバッグは、長期の海外旅行時に重宝します。

用途を限定せず、幅広く使いたい方は大きめサイズを選んでおくのがベター。使う可能性のある場面を想定して、ベストサイズのモノをチョイスしましょう。

使いやすいか機能面をチェック

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグは見た目が似通っているモノが多く、アイテムによって機能面で大きな違いがあります。まず、持ち運び方法を変えられるかどうかは重要なチェックポイント。手提げ・ショルダー・リュックの3WAYアイテムは使い勝手がよく人気です。

次に注目したいのは、ポケットの数と配置。たくさんの荷物を収納できるダッフルバッグだからこそ、ちょっとした小物を収納できるポケットがあると中身がごちゃごちゃせず便利です。また、収納スペースに仕切りがあるとより収納しやすくなります。

そしてメインスペースの開口部もチェックしておきましょう。U字型やフルオープン仕様のモノは、荷物の出し入れが簡単で中身も見やすいためおすすめです。

ダッフルバッグのおすすめ人気モデル

マムート(MAMMUT) Cargon

スイスの登山用品ブランドであるマムートのダッフルバッグです。過酷な登山にも耐えられるよう、頑丈なナイロン素材を採用。特に丈夫さが求められる底面は、摩擦耐性に優れた作りを採用しています。

また、手提げ・肩掛け・リュックとして使用できる3WAYタイプ。容量は40~140Lまでの5サイズ展開で、自分に合ったサイズ選びが可能です。バッグ側面にはブランドロゴがあしらわれており、デザインもおしゃれ。アウトドア派にぴったりのおすすめアイテムです。

マムート(MAMMUT) Cargo Light

従来の製品に対し、約50%の軽量化を実現したダッフルバッグ。最も容量の大きい90Lサイズでも670gと、持ち運びやすい軽さです。軽量モデルながら、メインルームは広々とした作りで収納力も良好です。

また、オーガナイザー付きで細かな小物も整理して収納することも可能。使わない時は、付属の収納袋に入れて保管できます。登山はもちろん、ジムなどのデイリーユースにもおすすめのダッフルバッグです。

グレゴリー(GREGORY) アルパカダッフル

ダッフルバッグのラインナップが豊富なグレゴリーのなかでも人気の高いモデルです。特筆すべきはその頑丈さ。過酷な状況にさらされることの多いアウトドアにも最適な耐久性能を持つアイテムです。

3WAY仕様のためバックパックとしても使えます。また、カラーラインナップも豊富で、エッグプラントパープル・トゥルーブラック・フレームレッド・マリーンブルーから選択可能。タフなダッフルバッグを探している方はぜひチェックしてみてください。

プーマ(PUMA) PRELUDE DUFFLE

プーマの伝統デザイン、「フォームストライプ」を大胆にあしらったダッフルバッグです。シーンを選ばない万能フォルムで、スポーツはもちろん旅行にも活躍します。約430gと軽量なのも、使い勝手のよいポイントです。

メインルームの開口部はダブルジップで大きく開くため、大きめの荷物でも簡単に収納可能。内側・外側ともにポケットも充実しています。手を出しやすいリーズナブルな価格設定も魅力です。

チャムス(CHUMS) オールデイダッフルIIスウェットナイロン

スウェット×ナイロン生地の素材感がおしゃれなスモールダッフルバッグです。ツートンカラーのおしゃれなデザインで、タウンユースにも最適。コンパクトに見えてA4サイズも収納できるサイズ感も魅力です。

ポケットは内側に3つ、外側に2つ設けられています。外側ポケットは前面、背面ひとつずつ配置されており、必要なモノをサッと取り出せて便利です。手軽に持ち運べる小ぶりなダッフルバッグをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

ロスコ(Rothco) ダッフルバッグ ACUデジタルカモ

デジタルカモフラージュ柄が目を引く、ミリタリーブランドならではのこだわりが詰まった縦型ダッフルバッグです。ファスナーはなく、ハト目と金具のみでロックするシンプルな構造。実際に軍隊で使われており、本来の「ダッフルバッグ」そのものです。

素材は、ややザラつき感のあるキャンバス生地を採用。とことんミリタリーテイストにこだわった作りが、メンズのおしゃれ心をくすぐります。大容量で頑丈、そして安いと三拍子そろった優秀なアイテムです。

バートン(Burton) Burton Boothaus Bag 2.0

スノーボードブランドとして高い人気を誇るバートンが手がける、2WAYダッフルバッグ。メインコンパートメントのほかに、大きなサイドポケットも設けられた2ルーム構造です。サイドポケットに濡れたり汚れたりしたモノを収納することで、荷物全体に汚れやニオイが広がるのを防止できます。

メッシュポケットが内側に複数設けられているほか、外側にはグローブやゴーグルなどを収納するのに丁度よいサイズのアクセサリーポケットがあり収納力も良好。ウィンタースポーツや旅行用バッグにおすすめです。

アディダス(adidas) EPS チームバッグ

EPSチームバッグは、スポーツ合宿や遠征用に開発された「ENSEIシリーズ」の機能性をより高めた新モデル。耐摩耗性に優れた生地と、更に丈夫なコーティング生地を効果的に配置することでタフなダッフルバッグに仕上がっています。サイドにはシューズを収納できるスペースが設けられており、スポーツ用バッグとして最適です。

また、消臭・抗菌効果がある点も魅力。菌の繁殖を抑えニオイの発生を防ぎます。バックパックとして背負って使えるのも、人気のポイントです。

レックスドレイ(LEXDRAY) Beijing Duffel

スタイリッシュなバッグデザインに定評のあるレックスドレイからリリースされた、タウンユースに最適なダッフルバッグ。スッキリとしたフォルムと、オールブラックのカラーリングでカジュアルスタイルはもちろん、スーツとも合います。

ダッフルバッグとしては珍しく、PC収納用のラップトップコンパートメントも装備。また、コンパクトに見えますが、旅行用衣類なら2泊分、シューズであれば4足入る収納力の高さも魅力です。メッセンジャーバッグのように持ち運ぶことも可能で、手軽に使えるデイリーアイテムとして重宝します。

ポーター(PORTER) PORTER BOOTH PACK 3WAY DUFFLE BAG

日本を代表するバッグブランド、ポーターのこだわりが詰まった3WAYダッフルバッグ。メインルームはフルオープン仕様で、スーツケースのように全体を見渡しながらパッキングできます。TSAロックなどのカギを通すためのファスナースライダーを搭載するなど、旅行に便利な機能も満載です。

素材は高強度のコーデュラナイロンを採用。更に負荷のかかりやすい部位にはカンヌキステッチを施して強度を高めるなど、細部までこだわりが光ります。実用性を高める工夫が随所に散りばめられた逸品で、頼りになる旅行用ダッフルバッグとしておすすめです。

モンベル(mont-bell) エクスペディションダッフル

容量170Lと、ダッフルバッグのなかでも群を抜く大きさのアイテム。いくつかのバックパックをひとつにまとめて収納することも可能なため、空港で荷物を預ける際にも便利です。

素材には、420デニールの高密度ナイロンを採用。特大サイズながら重量は950gと軽量で、コンプレッションベルトによりコンパクトに圧縮もできます。かさばるギアも難なく収納できるため、ウィンタースポーツ用にもおすすめです。

ニューエラ(NEW ERA) ドラムダッフルバッグ ウッドランドカモ

アパレルブランドのアイテムらしい、スタイリッシュなデザインが魅力のドラム型ダッフルバッグです。ニューエラの定番パターンである「ウッドランドカモ」を全体にあしらいつつ、ダークトーンにまとめることで奇抜すぎず個性の光るデザインに仕上がっています。

小物を入れるスペースも豊富に設けられ、収納面も充実しています。ヘビーデューティーな作りで、アウトドアなどにも気兼ねなく使えるおすすめアイテムです。

リー(Lee) ダッフルバッグ

素材にデニム生地を採用した、リーブランドならではのおしゃれなダッフルバッグです。開口部を紐で絞る縦型タイプで、どこか懐かしさの感じられるデザイン。ブランドロゴがあしらわれた牛革ラベルがアクセントです。

ディテールにこだわった表面のポケットも、おしゃれ心をくすぐるポイント。濃いインディゴカラーとユーズドウォッシュの2タイプ展開で、どちらも経年変化が楽しめます。人とは違う個性派ダッフルバッグを探している方におすすめです。

オロビアンコ(Orobianco) DINAMICA ダッフルバッグ

「made in Italy」にこだわるオロビアンコが手がける、ハイセンスなダッフルバッグです。メイン素材には、上質なナイロンツイルを採用。部分的にレザーを配することで素材感が際立ち、より洗練されたデザインに仕上がっています。

パーツもひとつひとつがおしゃれで、ディテールへのこだわりが満載。バッグ内部にはブランドロゴをあしらった生地が使われています。上品な雰囲気で大人の男性にぴったりのアイテムです。

防水ダッフルバッグのおすすめ人気モデル

パタゴニア(patagonia) ブラックホール・ダッフル

実用性を重視するパタゴニアのブランドカラーが感じられる、シンプルなデザインのダッフルバッグ。素材には、防水性に優れたTPUフィルムをラミネートして、耐久性撥水加工を施したリップトップ・ポリエステルを採用しています。ただし、縫目やジッパーの防水処理は行っていません。

開口部は大きく開くU字型で、メインルームには荷物固定用のストラップ付きと収納のしやすい構造。すぐに取り出したいモノは、外側のジッパー式ポケットに収納できます。また、底面にはパッドが入っているためバッグが型くずれしにくいのも嬉しいポイントです。

ナイキ(NIKE) ヴェイパー マックス エア

スポーティなデザインが魅力のトレーニングダッフルバッグ。ポリウレタンコーティングを施すことにより、優れた耐水性を実現しています。また、メインルームにはコンパートメントが装備されており、キレイなモノと汚れたモノを分けて収納することが可能です。

そしてショルダーストラップの付け方を変えることで、ボディバッグとして使えるのもこのアイテムの特徴。底面の柄が前面に押し出され、まるで違うバッグかのように見えます。衣類やシューズをしっかり収納できるサイズで、ジム用におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BCダッフル

防水性と耐久性に優れた、アウトドアブランドならではの高機能ダッフルバッグ。水濡れや汚れに強いTPEラミネート素材を採用しているため、汚れた衣類やスポーツ用品も気兼ねなく収納できます。

XS~XXLまでと、充実したサイズ展開で用途に合わせて選べるのもポイント。収納用メッシュバッグが付属しており、大きなサイズでもコンパクトに格納できます。カラーや柄も豊富なので、デザインにこだわる方にもおすすめのアイテムです。

チャムス(CHUMS) ボックスエルダースリーウェイダッフル

シーンによって持ち運び方法を変えられる3WAYダッフルバッグです。バッグの表面・裏面ともに撥水コーティングが施されており、裁縫部分はシームテープによって更に撥水効果が高められています。

大容量で、アウトドアはもちろん1~2泊の旅行用バッグとしても優秀。また、オーソドックスなデザインなので、ひとつ持っていればさまざまなシーンで活躍してくれます。使える幅の広い万能ダッフルバッグです。

ザ フレンドリー スウィード (The Friendly Swede) ダッフルバッグ

優れた耐水性能と利便性で人気を集める、北欧ブランドからリリースされたダッフルバッグです。耐水ファスナーを採用することで、水がバッグ内に入るのを防止。

3WAY仕様で、荷物が重い時にはリュックとして持ち運びが可能です。サイズはあらゆる用途に対応できる60Lと90Lサイズがラインナップしています。

コロンビア(Columbia) ブレムナースロープ40Lダッフル

人気アウトドアブランド、コロンビアのダッフルバッグです。汎用性の高い40Lサイズで、特に毎日のジム通いや小旅行にはぴったりの大きさ。大きくあしらわれたコロンビアのブランドロゴもポイントです。

大きく開きパッキングしやすいメインルームの他に、シューズを収納できるサイドポケットも装備されています。バッグ表面に採用されているPUレザーは雨や水に強く、そしてやや光沢のある素材感も魅力。スタンダードで使いやすいダッフルバッグの代表アイテムです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Packable Collection Three Decker Duffel

タウンユースに最適なファッション性を兼ね備えた優秀アイテム。素材にはハニカム構造のリップストップナイロンが採用されており、軽量かつ耐久性に優れているのが特徴です。PUコーティングが施されているため、撥水性も兼ね備えています。普段のカジュアルスタイルにぴったりの高機能ダッフルバッグです。

ミステリーランチ(Mystery Ranch) ミッションダッフル

世界的に有名なバックパックブランド、ミステリーランチが手がけるハイクオリティーアイテム。丈夫なポリナイロン素材にTUPコーティングを施し、水にも強いとことんタフなダッフルバッグに仕上がっています。

また、ポケットが充実しているのも注目ポイント。内側に4つ、外側に1つジッパー付きポケットが設けられています。よいモノを長く愛用したいという方におすすめの防水ダッフルバッグです。

オルトリーブ(ORTLIEB) ダッフル

ドイツを代表するアウトドアブランド、オルトリーブのダッフルバッグです。リュックの様に背負うことも可能で、「タイジップ」と呼ばれる防水ジッパーを採用しているのが魅力。野外スポーツやアウトドアアクティビティにおすすめです。