旅行やスポーツ、アウトドアなど幅広いシーンで活躍する「ダッフルバッグ」。かさばる荷物を簡単に収納できる大容量のアイテムが多く、耐久性に優れているのが魅力のアイテムです。

今回は、おすすめのダッフルバッグをピックアップ。選び方やおすすめブランドも紹介しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ダッフルバッグとは?

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグは円筒形の大容量バッグで、着替えやタオルなどで荷物が多くなりがちなスポーツシーンやアウトドアシーンなどに適したアイテム。軍人や船員が使う丈夫な布製バッグをルーツとしており、耐久性に優れているモデルが多いのが特徴です。

ダッフルバッグのなかには、防水機能を備えたモノもラインナップ。悪天候の際にも活躍します。

ダッフルバッグのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグのメリットのひとつが、耐久性の高さ。スポーツやアウトドアシーンでの使用を前提としたタフな作りのモノが多いため、アクティブに使用できます。丈夫なので活躍の幅も広く、キャンプやジムなどはもちろん、旅行用バッグにもぴったり。ひとつ持っていれば、さまざまなシーンで使えます。

また、ポリエステルやナイロンなど軽量な素材を採用しているアイテムが多く、比較的軽量なのも魅力。小さく折りたたんで収納できるモノなら、保管にも場所を取りにくいので便利です。

デメリット

By: amazon.co.jp

大容量でたくさん荷物を詰め込めるダッフルバッグですが、手提げもしくは肩掛けで持ち歩くモノが主流のため、腕や肩に負担がかかりやすいのがデメリット。重い荷物を長時間持ち運ぶのには不向きなので、移動時間が長くなりそうな旅行ではスーツケースと併用するなどの工夫が必要です。

リュックにもなる3WAYアイテムなら、腕や肩への負担を軽減できるのがメリット。スポーツシーンやアウトドアシーンでの使い勝手もよいので、ぜひチェックしてみてください。

ダッフルバッグの選び方

容量・サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグは容量30L程度の小さめのモノから、100L程度の大容量サイズまでバリエーションが豊富。用途に合わせて適切なサイズのアイテムを選びましょう。

旅行の場合は、宿泊日数によって選ぶサイズが異なります。目安としては、日帰りや1泊の小旅行なら30L、2~3泊なら50Lあると安心。長期旅行の場合は60L以上のサイズがおすすめです。

ジム通いや週末のアウトドア用なら、30~50L程度のモノをチェック。また、本格的なアウトドアシーンなどでは、60~100Lほどの容量がある大型ダッフルバッグが活躍します。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

アクティブなシーンで活躍することの多いダッフルバッグは、防水性能も重要なポイントです。

撥水コーティングが施されたアイテムは、水や汚れなどをサッと拭き取れて便利。ただし、多量の水にさらされた場合は生地に水が染み込む可能性があります。

また、防水性を備えたモノなら、生地の内部や裏側に水を通しにくいのが特徴。用途に適したダッフルバッグを選んでみてください。

機能面をチェック

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグは手持ちと肩掛けができる2WAYタイプが主流ですが、リュックとしても使える3WAYタイプも展開されています。長時間の移動が想定される場合や、険しい山道を歩く登山などには移動が楽な3WAYタイプがおすすめです。

また、メインコンパートメントのほかにシューズや汚れた物を収納できるポケットを備えたアイテムは、スポーツやアウトドアシーンにぴったり。そのほか、小物用ポケットの有無や開口部の構造などもチェックしておきましょう。

ダッフルバッグのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

「ザ・ノース・フェイス」は、日本でも高い知名度を有するアメリカの人気アウトドアブランド。アウトドアシーンでタフに使える耐久性と、タウンユースに適したファッション性を兼ね揃えたアイテムを展開しています。

ダッフルバッグは、普段使いに適したモノから防水性に優れたアウトドア向けのモノまでバリエーションが豊富です。

パタゴニア(patagonia)

By: amazon.co.jp

登山用品を製造する小さな会社としてスタートし、現在では多くのアウトドア愛好家から支持を得ている人気ブランドの「パタゴニア」。機能的かつ地球環境に優しい製品作りを行っているのが特徴です。

細部までこだわった、使い勝手のよいダッフルバッグを多数ラインナップ。アウトドアシーンに適したモノを求めている方におすすめです。

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

シューズ・ウェア・バッグなど、幅広いスポーツ用品を展開する人気ブランド「ナイキ」。おしゃれなアイテムは、スポーツシーンのみならずファッションシーンでも注目を集めています。

デザイン性を重視している方は、ぜひチェックしてみてください。

ダッフルバッグのおすすめ人気モデル

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BC Duffel S

サイドにあしらわれたブランドロゴが目を引く、50L容量のダッフルバッグ。防水性が備わっているため、雨の日でも気兼ねなく使えるのがメリットです。

素材には、リサイクルポリエステルを使用。TPEファブリックラミネートをほどこしており、耐久性に優れているのがポイントです。

グラブハンドルを4つ搭載しているので、荷揚げや運搬にも便利。さらに、リュックとしても使えるため、荷物の重さによって持ち方を変えられます。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Escape Duffel

ユニークなデザインのダッフルバッグ。円形の生地にドローコードを配することで、立体的なバッグに変化するのが特徴です。

素材には、撥水加工を施した210デニールのリサイクルナイロンを採用。雨の日やレジャーシーンなどに適したアイテムです。

容量26Lなので、普段使いにも便利。また、ショルダー掛けできる長めのストラップが付いているのもメリットです。

パタゴニア(patagonia) BLACK HOLE DUFFEL 55L

グリーンで統一されたボディが目を引く、容量55Lのダッフルバッグです。フロントにあしらわれたブランドロゴや各パーツでトーンが異なるグリーンの配色は、背負うだけでコーデのアクセントになります。

耐摩耗性・耐久性に優れているため、キャンプギアやスポーツ用品などの重い荷物の収納にも便利。また、大容量なので、長期旅行にも適しています。

手持ちだけでなく、リュックとして使えるのもメリット。登山など、長時間の移動にも活躍します。

ナイキ(NIKE) ブラジリア トレーニングダッフルバッグ 41L

フロントにあしらわれたナイキのスウッシュマークが魅力のダッフルバッグです。41L容量なのでトレーニングなどのスポーツシーンだけでなく、旅行などにも使用できます。

サイドコンパートメントにシューズを収納できるのがメリット。トレーニングギアとシューズを分けて入れられます。トレーニング用のダッフルバッグを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ポーター(PORTER) フォース2WAYダッフルバッグ

ミリタリーな風合いがかっこいいダッフルバッグです。バッグ本体の生地とフロントポケットの生地に、異なるカラーを採用しています。また、バッグ内部はオレンジの生地を使用しているのも魅力です。

取り外し可能なポーチが備わっているため、貴重品や小物を分けて収納が可能。ミニタリーテイストのダッフルバッグを求めている方におすすめです。

アンダーアーマー(Under Armour) UAアンディナイアブル 5.0 ダッフルバッグ Mサイズ 58L

グレーとブラックのコントラストが魅力の58L容量のダッフルバッグ。撥水加工を施しているため、悪天候でも使用可能です。

上部大型ポケットは通気性を備えており、シューズや濡れてしまったウェアを収納するのに便利。小物を分けて収納できるのが嬉しいポイントです。ショルダーストラップ付きなので、持ち運びも快適に行なえます。

アンダーアーマー(Under Armour) UAコンテイン デュオ ミディアム ダッフル 50L

リュックとしても使える2WAY仕様のダッフルバッグ。大容量の50Lタイプで、パソコンを収納できるのがメリットです。

リュックの背面にメッシュ素材を採用しており、通気性にも優れているのもポイント。さらに、撥水加工も施されているため、悪天候でも気兼ねなく使用可能です。ビジネスシーンの活用にも適しています。

アンダーアーマー(Under Armour) UAフェイバリット ダッフル 30L

フロントやショルダーストラップにあしらわれたブランドロゴがアクセントのダッフルバッグ。容量30Lとコンパクトで、1泊程度の旅行やジム用に適したサイズです。

表面に撥水加工が施されており、雨の日でも気兼ねなく使用できるのがポイント。また、ショルダーストラップは付属しているので、持ち運びしやすいのもメリットです。さらに、外側にもポケットを備えており、小物などをスムーズに取り出せます。

マムート(MAMMUT) カーゴン Cargon 40L

鮮やかなオレンジのカラーが目を引く、容量40Lのダッフルバッグ。インパクトのあるカラーリングだけでなく、フロントにあしらわれたブランドロゴも、おしゃれなポイントです。

手持ちだけでなく、リュックとして使える2WAY仕様。また、ショルダーストラップを付けてハンドルタイプとしても使用できます。自分好みにカスタマイズできるのが魅力です。

グレゴリー(GREGORY) SUPPLY DUFFEL 120

フロントにあしらわれたグレゴリーのロゴが映える、容量120Lのダッフルバッグ。2つの持ち手を1つにまとめられるストラップが備わっているため、荷物が多いときでも持ちやすいのが特徴です。

ショルダーストラップは取り外しが可能。肩掛けにしたり、斜め掛けにしたりと必要に応じてカスタマイズできるのがメリットです。また、サイドにポケットを配置しているため、小物を分けて収納できます。

グレゴリー(GREGORY) STASH DUFFEL DX 45

シンプルなデザインが魅力のダッフルバッグ。容量45Lで、1泊程度の旅行やトレーニングの際に適したサイズです。

手持ちだけでなく、リュックとしても使える2WAY仕様。外ポケットも備わっているので、貴重品や小物を入れるのにも便利です。アクティブなレジャーシーンにはもちろん、タウンユースでも活躍します。

アディダス(adidas) シューズポケット付き ダッフルバッグ

ホワイトとブラックのシンプルな配色を採用しているゴルフ用ダッフルバッグ。正面やサイドにもポケットを備えており、収納力に優れているのが特徴です。

ベンチレーションを搭載したサイドポケットは、通気性がよくシューズを収納するのに便利。さまざまなポケットを配置しているので、小物などをまとめて収納したい方におすすめです。

アディダス(adidas) イーピーエスチーム ダッフルバッグ50

素材にリサイクルポリエステルを使用しており、耐久性に優れた容量50Lのダッフルバッグ。開口部が大きいため、ウェアやシューズなどをスムーズに取り出しやすいのが特徴です。また、ギアなどの大きいアイテムをまとめて持ち運べます。

ダッフルバッグ・バックパック・ハンドキャリーとして使用できる3WAY仕様。シーンに合わせて使い分けられるのがメリットです。

プーマ(PUMA) プーマ チャレンジャー ダッフルバッグS 35L

フロントに大きくあしらわれたブランドロゴが目を引く、容量35Lのダッフルバッグ。手持ちとショルダーの2WAY仕様を採用しています。

サイドにシューズ入れが備わっているため、スポーツシーンにも適したアイテム。ショルダーストラップにはパッドが付いているので、快適に背負えるのもメリットです。また、フロントにはDリングを配置しており、お気に入りのストラップやキーホルダーを取り付けられます。

バートン(BURTON) エクスパンダブル ダッフルバッグ 60L

おしゃれなデザインが魅力の容量60Lのダッフルバッグです。ショルダーストラップはバックパックストラップに変更が可能なため、必要に応じて持ち方を変えられるのが特徴。また、荷物が増えてしまったときは、ロールトップを調節して容量を増やせるのも便利です。

ボトムに耐水性の高い素材を使用しているのがポイント。汚れが付きにくいため、レジャーシーンにも適したアイテムです。

エルエルビーン(L.L.Bean) エル・エル・ビーン・ストアウェイ・ダッフル

エメラルドカラーが目を引く、容量約25Lのダッフルバッグです。再生ポリエステル素材を使用しており、軽量で持ち運びやすいのが特徴。また、ショルダーストラップが備わっているのもメリットです。

片側にメッシュ素材のボトル用ポケットを配置しているのもポイント。旅行やジムに適したダッフルバッグを求めている方におすすめです。

ケルティ(KELTY) パッカブルダッフルバッグ

ポップなデザインが魅力のダッフルバッグです。撥水性を備えているナイロン素材に加え、生地の裏側にポリウレタンコーティングを施しているのが特徴。水の侵入を軽減できます。

パッカブル仕様を採用しており、使わないときはコンパクトできるのがメリット。また、旅行先に持っていくサブバッグやエコバッグとしても便利です。

サテライト(Satellite) And Studios ダッフルショルダー

ショルダーバッグ・リュックとしても使える2WAY仕様のダッフルバッグ。荷物の重さによって持ち運び方を変えられるのが特徴です。50Lの大容量かつ撥水加工が施されているため、さまざまなシーンで活用できます。

年代を問わずに使えるシンプルなデザインも魅力。フロントにあしらわれたブランドロゴは、主張しすぎない小さめのデザインのため、カジュアルなスタイリングともマッチします。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) MISSION DUFFLE 90

3WAY仕様でさまざまな持ち方が可能な、容量90Lのダッフルバッグ。手持ち・ショルダー・リュックと、荷物の重さやシーンに合わせてカスタマイズできます。サイドポケットやシューズ用のポケットなどを配置しており、機能性に優れているのもポイントです。

撥水性の高い生地を採用しているので、レジャーシーンやスポーツシーンなどにもぴったり。荷物が多い方やアウトドアで使いたい方におすすめのダッフルバッグです。

エフシーイー(F/CE.) AU 3WAY BIG DUFFLE

耐久性に優れた容量61Lのダッフルバッグ。3WAY仕様なため、手提げ・ショルダー・リュックとシーンに合わせて持ち運びできるのが特徴です。

3泊4日を想定して作られており、インナーに仕切りを施しているのがポイント。さらに、軽量バックルを採用しているのもメリットです。長期の出張や旅行などに適したダッフルバッグを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ワームデザインラボ(wdl.) DELTA 3WAY DUFFLE

フロントに備わっている大きめのポケットやベルトが目を引く、3WAYダッフルバッグ。無骨なミリタリー風のデザインで、旅行やビジネスシーンだけでなく、デイリーユースでも活躍するアイテムです。

サイドにシューズポケットを配置しているため、メインポケットを開けなくても収納できるのがポイント。折りたたみ傘やペットボトルを入れるなど、さまざまな使い方ができます。

1680デニールナイロンを採用しているため、高強度かつ軽量なのもメリット。また、強撥水加工を施しているため、急な悪天候でも気兼ねなく使えます。

ダッフルバッグの売れ筋ランキングをチェック

ダッフルバッグのランキングをチェックしたい方はこちら。