旅行やスポーツ、アウトドアなど幅広いシーンで活躍する「ダッフルバッグ」。かさばる荷物も難なく収納できる大容量のアイテムが多く、耐久性に優れているのも魅力です。

今回は、ダッフルバッグのおすすめブランドと人気アイテムをピックアップ。スポーツ、アウトドアシーンで重宝する防水ダッフルバッグもご紹介します。また、選び方のポイントもまとめているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ダッフルバッグとは?

By: patagonia.jp

ダッフルバッグは円筒形の大容量バッグで、着替えやタオルなどで荷物が多くなりがちなスポーツやアウトドアなどのシーンに適したアイテム。軍人や船員が使う丈夫な布製バッグをルーツとしており、耐久性に優れているモデルが多いのが特徴です。なかには防水機能を備えたモノもあり、アクティブな趣味を持つ方から人気を集めています。

ダッフルバッグのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグのメリットのひとつが、耐久性の高さ。スポーツやアウトドアシーンでの使用を前提としたタフな作りのモノが多いため、扱いに神経質にならずに使えます。丈夫さゆえに活躍の幅も広く、家族とのキャンプやジム通いはもちろん、旅行用バッグにもぴったり。ひとつ持っていればさまざまなシーンで使えます。

また、ポリエステルやナイロンなど軽量な素材を採用しているアイテムが多く、バッグ自体が軽いのも魅力。付属バッグに小さく折りたたんで収納できるモノなら、保管にも場所を取らないためより便利です。

デメリット

By: amazon.co.jp

大容量でたくさん荷物を詰め込めるダッフルバッグですが、手提げもしくは肩掛けで持ち歩くモノが一般的で、腕や肩に負担がかかりやすいのがデメリット。重い荷物を長時間持ち運ぶのには不向きなので、移動時間が長くなりそうな旅行ではスーツケースと併用するなどの工夫が必要です。

しかし、リュックにもなる3WAYアイテムなら、腕や肩への負担を軽減できるため移動がグッとスムーズになります。スポーツシーンやアウトドアでの使い勝手もよいので、ぜひチェックしてみてください。

ダッフルバッグの選び方

容量・サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ダッフルバッグは容量30L程度の小さめのモノから、100Lを超える大容量サイズまでバリエーションが豊富。用途に合わせて適切なサイズのアイテムを選びましょう。

旅行の場合は、泊数によって選ぶべきサイズが異なります。目安としては、日帰りや1泊の小旅行ならば30L、2~3泊なら50Lあると安心。長期旅行の場合は60L以上のサイズがおすすめですが、重量も増すのでスーツケースとの併用も検討してみてください。

ジム通いや週末のアウトドア用ならば、30~50L程度のサイズがおすすめ。また、本格的なアウトドアアクティビティや遠征などでは、60~100Lほどの容量がある大型ダッフルバッグが活躍します。

防水性能をチェック

By: rakuten.co.jp

アクティブなシーンで活躍することの多いダッフルバッグは防水性能も重要なポイント。水に強いアイテムの場合、「撥水」「耐水」「防水」などと表記されていますが、意味に違いがあるため注意が必要です。

まず、撥水とは生地の表面についた水を弾くことを表します。撥水コーティングが施されたアイテムは、水や水性の汚れをサッと拭き取れて便利。ただし、多量の水にさらされた場合は生地に水が染み込みます。

また、耐水と防水はほとんど同じ意味合いで用いられ、生地の内部や裏側に水を通さないことを示す言葉です。より高い防水性を求める場合は、縫い目に防水加工が施されているか、防水ファスナーを採用しているかという点にも注目してみてください。

機能面をチェック

By: amazon.co.jp

一般的なダッフルバッグは手持ちと肩掛けができる2WAYタイプが主流ですが、最近ではリュックとしても背負える3WAYタイプも数多く展開されています。長時間の移動が想定される場合や、ゴツゴツした山道を歩く登山などには移動が楽な3WAYタイプがおすすめです。

また、収納部の作りも要チェック。メインコンパートメントのほかにシューズや汚れ物を収納できるポケットを備えたアイテムは、スポーツやアウトドアシーンにぴったりです。そのほか、小物用ポケットの有無や開口部の構造なども、使い勝手を大きく左右するポイントなのでチェックしておきましょう。

ダッフルバッグのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: rakuten.co.jp

「ザ・ノース・フェイス」は、日本でも高い知名度を有するアメリカの人気アウトドアブランド。アウトドアシーンでタフに使える耐久性と、タウンユースに適したファッション性を兼備したアイテムが揃います。ダッフルバッグは、普段使いに適したモノから防水性に優れたアウトドア向けのモノまでバリエーション豊富です。

パタゴニア(patagonia)

By: rakuten.co.jp

登山用品を製造する小さな会社としてスタートし、現在では多くのアウトドア愛好家から支持を得る人気ブランドへと成長した「パタゴニア」。機能的かつ地球環境に優しい製品づくりを行っているのが特徴です。細やかな部分まで配慮が行き届いた、使い勝手のよいダッフルバッグがラインナップしています。

ナイキ(NIKE)

By: nike.com

シューズやウェア、バッグなど幅広いスポーツ用品を展開する人気ブランド「ナイキ」。快適でおしゃれなアイテムは、スポーツシーンのみならずファッションシーンでも注目を集めています。スタイリッシュなデザインを好む方や、ジム用ダッフルバッグを探している方には特におすすめのブランドです。

ダッフルバッグのおすすめ人気モデル

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BCダッフル M

本格的なアウトドアや遠征にも対応できる大容量ダッフルバッグです。容量は71L。1人分であれば6泊分程度の荷物を収納することが可能で、家族での旅行用バッグにもおすすめです。

メイン収納部はD字型に大きく開くので、荷物の取り出しもスムーズ。内側には視認性の高いメッシュポケットが2つ設けられており、小物を分けて収納できます。

TPEラミネート素材を採用しているため、少し濡れたり汚れたりしてもサッと拭き取ることが可能。ねじれにくくクッション性に優れたショルダーハーネスが付属しているのも魅力です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) マイルストーンダッフル

マルチに使える容量50Lのおすすめダッフルバッグ。広々としたメインコンパートメントを備えており、1~3泊分程度の荷物をザクザク収納できます。

サイドにシューズを入れられるポケットがあり、スポーツシーンにもおすすめ。また、外での着替えや荷物置きとして使えるパッド入りのストレッチマットが付属しており、アウトドアブランドならではの配慮も感じられます。

素材にはマットな表情のカーボネートコーティング素材を採用。シンプルなワンカラーデザインで、どんなコーディネートにも合わせられます。

パタゴニア(patagonia) ブラックホール・ダッフル 40L

リサイクルポリエステルを採用した人気のダッフルバッグです。TPUフィルムをラミネートすることで耐久性を高めており、タフに使えるのが魅力。撥水加工も施されているため、急な天候変化にも対応可能です。

容量40Lと扱いやすいサイズ感もポイント。休日のキャンプや気軽な小旅行に重宝します。ほとんどの飛行機で機内持ち込みできるサイズなので空の旅も快適です。

手持ち用ハンドルはラフな扱いにも耐えられるよう補強されています。取り外し可能なショルダーストラップも備えた便利なアイテムです。

ナイキ(NIKE) ブラジリア ダッフル S

スウッシュロゴがワンポイントになったシンプルかつスタイリッシュなダッフルバッグです。容量は41L。タオルや着替えをたっぷり収納できる広々としたメインコンパートメントを備えており、ジム通いにぴったりです。

サイドにはシューズ収納に適したポケットを配置。そのほか、ジッパーポケットが外側、内側に1つずつあり、小物の収納にも配慮されています。価格も安く、コストパフォーマンスに優れたおすすめアイテムです。

グレゴリー(GREGORY) スタッシュダッフル DX65

シンプルな構造で使い勝手のよいおすすめのダッフルバッグ。大きなメインコンパートメントと、旅行先でサッと取り出したい書類や小物を入れるのに便利なファスナーポケットを備えています。

デザインもシンプルに仕上げられており、さまざまな服装にマッチ。シーンに応じて手持ち・肩掛け・リュックと持ち方を変えられるのも便利なポイントです。

また、65Lの容量に対して本体重量は678gと軽量。付属の収納袋に入れてコンパクトに携帯でき、保管時も場所を取りません。

バートン(BURTON) Multipath 60L エクスパンダブル ダッフルバッグ

雨や雪を弾く耐久性の高い素材を採用したタフなダッフルバッグ。ジムやアウトドアなど、アクティブなシーンで重宝します。底面には耐水性の高い素材が採用されているため、地面に荷物を置く場合も安心です。

容量は60Lと、長期旅行や荷物の多いアウトドアアクティビティにも対応できるサイズ。開口部はロールトップ式になっており、ロールトップ部分を広げることでさらに10L容量を増やせます。背中に当たる部分とショルダーストラップはパッド入りで、背負うときの体への負担を軽減するよう設計されているのも嬉しいポイントです。

ポーター(PORTER) FORCE 2WAY DUFFLE BAG

軍用品からインスピレーションを得た、ミリタリー感のあるデザインが人気のダッフルバッグ。シンプルなカラーリングながら、微妙に生地の色に差を出しているのがポイントです。内装にはミリタリージャケットを思わせるオレンジのエマージェンシーカラーが採用されています。

容量は26Lと小さめで、気軽な日帰り旅行やデイリーユースにぴったり。外側に3つ、内側に2つのポケットを備えており、小物をスッキリと収納できます。片方の内側ポケットは取り外しが可能で、ポーチとしても使える優れモノです。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) WPロールダッフル

幅広くアウトドアシーンをサポートするノルウェーのブランド「ヘリーハンセン」のおすすめダッフルバッグ。最大の特徴は、防水性の高さです。防水コーティングを施した生地を採用しており、開口部は水が入り込みにくいロールトップ式。水辺でのアクティビティやレジャーに持っていく際も安心です。

容量は45Lで、幅広いシーンに対応できる3WAY仕様。サイドにはグラブハンドルがあり、車にも楽に積み込めるのがポイントです。また、フロント部分のロゴをリフレクター仕様にすることで夜間の視認性も確保されています。

マムート(MAMMUT) Cargon 60L

優れた収納力と丈夫さ、機能性を兼ね備えた人気のダッフルバッグ。容量は60Lで、開口部はD字に大きく開くため、かさばる荷物の収納も楽にできます。

仕分けに便利なポケットが充実しているのも大きな魅力。使用頻度の高い小物を入れておくのに適した外側ポケットに加えて、内側には5つものポケットがあり、細々とした荷物もスッキリと整頓できます。また、荷物をしっかりと固定できる2本のコンプレッションストラップのほか、カラビナなどを取り付けられるデイジーチェーンも備えるなど、使い勝手を向上させる機能も満載です。

オークリー(OAKLEY) Enduro 2.0 Duffle Bag

シックな表情のヘザーグレーで仕上げたおしゃれなダッフルバッグです。部分的にキルティングデザインを取り入れてアクセントに。また、ファスナーの引き手にロゴ入りのジャガード生地を採用するなど、細部までこだわりが感じられます。

容量は約27Lと普段使いしやすいサイズ。メインルームのフラップ裏にはオーガナイズポケットが設けられており、バッグの中で散らばりがちな小物を整頓して収納できます。シューズ用のサイドポケットも備えているため、ジムなどのスポーツシーンにぴったりです。

チャムス(CHUMS) エコチャムスツーウェイボストン

リュックスタイルもおしゃれにキマるおすすめのダッフルバッグ。背負ったときには底面にプリントされた大きなブランドロゴが主張し、インパクトのあるバックスタイルを演出できます。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。シンプルな無地タイプと柄タイプが展開されており、色選びで個性を出せます。

素材にはリサイクルポリエステルから作られる「コーデュラ・エコメイド」を採用。耐久性に優れており、アウトドアやスポーツシーンでもタフに使えます。

マタドール(Matador) ADVANCED SERIES TRANSIT 30L ver2.0 DUFFLE BAG

軽量で携帯性の高いパッカブルギアを展開するアメリカ・コロラド州発のブランド「マタドール」のおすすめダッフルバッグです。折りたたんで付属のポーチに収納すれば、手のひらに収まるほどコンパクトに。容量は30Lで約142gと非常に軽量なので、旅行先で荷物が増えたときのために携帯するサブバッグにもおすすめです。

素材には強度が高く、防水性にも優れたコーデュラナイロンを採用しており悪天候にも対応可能。また、撥水ジッパーを用いることで、より水に強いアイテムに仕上げられています。

アンダーアーマー(Under Armour) UAアンディナイアブル4.0 ダッフル SM 41L

スポーツシーンに必要な荷物をひとつにまとめて、効率的に持ち歩ける人気のダッフルバッグ。着替えやタオル、飲み物などを入れるのに十分な41Lの容量を備えています。

撥水加工が施されており、ちょっとした水濡れや汚れが気になりにくいのもスポーツシーンにおいて大きなメリット。擦れやすい底面とサイドには耐久性、耐摩耗性に優れた素材を採用することでタフさをプラスしています。

サイドのポケットは通気性に優れた作りで、シューズや汚れた衣類を入れておくのに便利なスペース。内側には小物収納用のポケットも設けられています。

プーマ(PUMA) ジム ダッフル S

ジムの行き帰りをスタイリッシュに演出するおすすめのダッフルバッグです。サイズは縦約25cm×横44cm×マチ19cmとコンパクト。電車やバスで邪魔になりにくく、ジムのロッカーにも入れやすいため使い勝手は良好です。

ポケットは外側、内側に1つずつとシンプルな構造。底面はパッド入りで、かつ水や汚れに強いコーティング素材を採用しているため荷物を地面に置くときも安心です。

カラーはブラック・ダークデニム・ヘザーの3種類から選択可能。大きすぎず、軽快に持ち歩けるジム用ダッフルバッグを探している方は要チェックです。

スーリー(THULE) Chasm 70L

1942年に創業したスウェーデンブランド「スーリー」のおすすめダッフルバッグ。北欧ブランドらしいミニマルかつ機能的なデザインが魅力です。

開口部が大きく開くためバッグ内を見渡しやすく、楽にパッキング可能。靴下や下着などの小さい衣類や小物は、フラップ裏に設けられたメッシュポケットにスッキリ収納できます。

素材には耐久性、耐候性に優れたターポリンを採用しており、悪天候でも荷物をしっかりと保護。ジッパーの引き手は鍵を取り付けられる仕様で、防犯面にも配慮されています。

ザ・フレンドリー・スウェード(The Friendly Swede) SANDHAMN DUFFEL 60L

アクティブな大人にぴったりな人気のダッフルバッグです。ボディには防水性に優れたPVC生地を採用。縫い目やジッパー部分に防水処理が施されていないため完全防水ではないものの、多少の雨や水しぶきなら気にせず使えます。

シンプルなデザインでどんな服装にも合わせやすく、旅行や週末のアウトドア、スポーツシーンなどマルチに活躍。定番のベーシックカラーから、空港で見つけやすい鮮やかなカラーまで幅広くラインナップしています。

また、トライしやすい価格も人気の理由。コスパ重視の方にもおすすめのアイテムです。

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) TINO ダッフルバッグ

アメリカの人気ファッションブランド「トミーヒルフィガー」のおしゃれなダッフルバッグ。ブランドのロゴに使われているレッド・ホワイト・ブルーを用いたアイコニックな2種類のカラーが展開されており、装いに華やかさをプラスできます。ブランドロゴネームが刺繍で施されているのも、こだわりが感じられるポイントです。

シンプルな構造ながら、外側に1つ、内側に3つのポケットを備えており小物収納にも困りません。ファッション性と優れた収納力を兼備したおすすめアイテムです。

イーグルクリーク(Eaglecreek) カーゴハウラーダッフル 60L

丈夫で機能的なトラベルギアを展開するアメリカ・カリフォルニア州発のブランド「イーグルクリーク」のダッフルバッグ。600デニールのTPU素材を採用することで耐久性と軽量性の両立を実現しています。

シーンに応じて持ち方を変えられる3WAYアイテムで、旅行用バッグにおすすめ。サイドポケットを裏返して本体を収納できるパッカブル仕様なので携帯にも便利です。

また、メインルームは取り外し可能な仕切りを備えた機能的な作りで、パッキングも楽にできます。容量は63Lと、1週間程度の長期旅行にも対応できるサイズです。

ロスコ(Rothco) Canvas Shoulder Duffle Bag

本格的な作りのミリタリーアイテムが人気の「ロスコ」のダッフルバッグです。厚手のコットンキャンバスにヴィンテージ加工を施し、独特の風合いに仕上げているのが特徴。ミリタリーテイスト漂うカラーがラインナップしています。

便利な3WAYアイテムながら手頃な価格で、コストパフォーマンスが高いのも魅力。片方のサイドにファスナーポケット、もう片方のサイドにグラブハンドルを備えており、使い勝手も良好です。

シールライン(SealLine) プロジップダッフル 40L

完全防水のダッフルバッグ。生地にはPUコーティングが施されており、さらにYKKの「アクアシールジッパー」を採用することでファスナー部分の防水性も強化しています。

ハンドルが複数設けられているので、車への積み込みや船の上での移動も楽に行えます。キャンプなどのアウトドアはもちろん、ウォーターアクティビティなどにおすすめのアイテムです。