近年持ち運ぶことが当たり前となったモバイルバッテリー。容量を大きくしたり、高速充電を可能にしたり、小型化したりとさまざまは工夫がなされていますが、今回ご紹介する「Triband plus」は「無くさない」ことを売りにしたウェアラブルモバイルバッテリー。ほかにもいくつか機能が付属しているので、それを余すことなくご紹介します!

このTriband plus、見た目はまるで腕時計のようなので、着けていてもなんら違和感はありません。しかし、実はベルト部分にはケーブルが内蔵されており、一方はUSB、もう一方はmicroUSBかLightningとなっているという斬新さ。本来なら文字盤がある部分には、800mAhのリチウム電池が内蔵されているので、スマホの充電が切れそう! という時は、Triband plusを腕から外し、スマホに接続すれば充電開始。もちろん、充電ケーブルとしても使えるというのも便利ですね。

さらに、8GB、16GB、32GBのフラッシュドライブも内蔵されているという驚きの仕様。フラッシュドライブを無くしがちの人にとって、身につけられるというのは大きなメリットになるでしょう。

また、ベルトのボタンを押せば、23ルーメンのフラッシュライトにもなるので、アウトドアや暗い夜道も安全ですね。現在このアイテムはクラウドファンディングサイト、Indiegogoにて出資を募集中。端子がmicroUSBならブラック、Lightningならホワイトの配色となっています。出資はフラッシュドライブの容量にあわせて、20、25、30ドルから可能です。