オペラシューズは、もともと紳士向けの靴を女性用にアレンジしたモノです。しかし、最近はその反対にメンズ用のスリッポンタイプが人気。上品ながらもラフに履けるので、サンダルやスニーカー感覚でコーディネートできます。

そこで今回は、おすすめのオペラシューズをご紹介。さらにオペラシューズの選び方やおすすめコーデなども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

オペラシューズとは?

By: zozo.jp

オペラシューズは、16世紀ごろにヨーロッパで紳士用の礼服に合わせて履く靴として登場。男性が、オペラ鑑賞や夜のパーティーなどのフォーマルな場へ参加するときに利用されていました。

もともと男性向けの靴を起源としていますが、フラットで履きやすいことから女性向けのシューズとして定着。しかし、最近はオペラシューズのデザイン性と機能性の高さが相まって、再び男性から注目を集めています。

フォーマルなシーンで着用されていたことから、サテンやエナメルなどの光沢がある素材や、甲にリボンが付いたモノなど華美なデザインが豊富。一方、現在メンズの間で主流となっているのは、甲に切り込みが入ったシンプルなオペラシューズです。ただし、スエード生地やカラフルな柄のモノも増え、メンズ向けモデルもデザインが多様化してきています。

シューズ自体に上品な印象があるため、カジュアルなファッションとあわせてもキレイめに仕上がるのが嬉しいポイントです。

オペラシューズの選び方

つま先よりもかかとに合うサイズ感

By: zozo.jp

サイズをあわせる際に注目するべき足の部位は、靴の種類によって異なります。スニーカーやドレスシューズなどは、つま先を合わせてサイズを選びますが、オペラシューズはその逆。かかとに合わせてサイズを選ぶのが大切なポイントです。

オペラシューズはつま先付近の幅が狭いので、つま先で合わせると大きめのサイズを選ばなければなりません。そのため、かかとに合わせて選んだ方がベストなサイズのオペラシューズを見つけられます。

最初はレザーやスエードなどの素材がおすすめ

By: zozo.jp

初めてオペラシューズを購入する方は、レザーやスエードなどの素材のモノがおすすめです。オペラシューズはラフに履けて、かつ上品さも演出できるのが魅力。レザーやスエード素材を選べば、より高級感を表現しやすいというメリットがあります。

色はグレーやブラックなど暗めがベスト

By: zozo.jp

オペラシューズのカラーは、さまざまなバリエーションが展開されています。明るめの色もよいですが、選ぶなら暗い色がおすすめ。シックな色のオペラシューズを選ぶことで引き締まった印象が強まり、色気のある男性をアピールできます。

また、オペラシューズは裸足で履くことやくるぶしを見せて履くことが多いアイテム。グレーやブラックなら、メンズらしい無骨さも演出できるためおすすめです。

オペラシューズのメンズブランド

サントーニ(santoni)

By: santonishoes.com

「サントーニ」は、1975年に創業したイタリアが誇る高級シューズブランドです。ハンドメイドにこだわっており、世界中の男女に広く愛用されています。伝統と革新をテーマとし、あえて定番シューズを作らず、次々と新しいコレクションを展開しているのも大きな魅力です。

カジュアルからフォーマルまでバリエーションの幅が広いのも特徴。オペラシューズだけでも、レザー素材とローカットスニーカーをミックスした斬新なタイプや、タッセルをあしらったクラシカルなモデルなど、多様なアイテムを展開しています。

高級紳士靴工房からスタートした技術力があるブランドなので、遊び心があるデザインながら、品質は折り紙付き。履けば履くほど足に馴染んでいく、長く愛用できるオペラシューズを見つけられます。

パドローネ(PADRONE)

By: zozo.jp

「パドローネ」は、1977年に創業した日本のシューズメーカー。パドローネとはイタリア語で「雇い主」を意味し、雇い主=親方の下で技術を学び、古きよき伝統を継承していきたいとの想いが込められています。

その理念通り、パドローネのシューズは一貫して自社工場で製造。手作業で仕上げているため、1足ずつ表情が異なるのが特徴です。

また、中敷きにはヌメ革を使用するなど、履き心地や軽さを重視しているのも魅力。シンプルでオーソドックスな色・デザインのオペラシューズを展開しているので、カジュアルからフォーマルまでTPOを選ばず履きまわせるのもおすすめポイントです。

オペラシューズのおすすめ

パドローネ(PADRONE) SIDE GORE SHOES VITO

脱ぎ履きがしやすいサイドゴア仕様のオペラシューズです。上質な革をなめしたキップレザーを採用しており、程よい光沢や柔らかさを持ち合わせています。熟練職人の手によって作られた品質のよいアイテムです。

つま先にかけて程よいボリュームのあるシルエットが特徴。カジュアルなコーデにも使いやすいデザインながら、大人のメンズコーデにマッチします。シンプルで上品なオペラシューズを探している方におすすめです。

サントーニ(santoni) アンティークドレザー メンズローファー

アンティーク仕上げのレザーを使用したオペラシューズ。絶妙なツヤのあるグラデーションカラーが特徴です。ラウンドトゥのクラシックなシルエットで、カジュアルからフォーマルまで幅広いコーデに使用できます。

グッドイヤーウェルト製法を用いて作られており、耐久性に優れているのがポイント。ソールの張替えが可能なため、よいモノを長く大切に使いたい方におすすめの1足です。

サントーニ(santoni) メンズ ブラウンスエード タッセルローファー

ブラウンスエードを使用したタッセル付きのオペラシューズです。立体感のあるモカシン縫いがポイント。スマートなシルエットにより、紳士的で洗練された着こなしに仕上がります。

あたたかみを感じる色味で、秋冬コーデとも好相性のアイテム。カジュアルコーデのアクセントとして使えるほか、フォーマルなジャケパンスタイルをこなれた印象に仕上げたいときにも活躍します。

マグナーニ(MAGNANNI) プレーントゥスリッポン

By: magnanni.co.jp

スペインで誕生したシューズブランド「マグナーニ」のオペラシューズ。美しいツヤのあるブラックレザーを採用しており、上品な雰囲気を演出できます。シンプルなプレーントゥで、先端に向かって細くなっているスマートなデザインが魅力です。

カジュアルなメンズコーデを上品にまとめたいときや、スーツスタイルをこなれた印象に見せたいときなど、幅広いコーデに活用できるアイテム。流行やシーンを問わないため、長く大切に使いたい方におすすめのオペラシューズです。

マグナーニ(MAGNANNI) FLEX エプロンフロント スリップオン

By: magnanni.co.jp

毛足が短くなめらかなスエード素材を使用したオペラシューズです。上質な素材を活かし装飾を省いたシンプルなデザインで、カジュアルにもドレッシーにも活用可能。スマートなシルエットにより、洗練された着こなしに仕上がります。

バランスの取れた木型を採用。ボロネーゼ製法で作られており、ソフトな足あたりを実現しています。上品な雰囲気と履き心地のよさを兼ね備えた1足です。

バーウィック(Berwick) 4950FLSGDB

しなやかで柔らかいスエードを使用したオペラシューズ。毛足が長いスエードを用いており、毛並みの陰影が味のある風合いを生み出しています。スマートですっきりとした印象に仕上がる、マッケイ製法専用の木型を採用しているのがポイントです。

オリジナルの混合ソールを採用し、接地面をラバーにしているのが特徴。耐滑性を持ちつつ、通気性も兼ね備えています。

シンプルなデザインでコーデを選ばず使用できるのもポイント。美しいフォルムにこだわりたい方におすすめのオペラシューズです。

リーガル(REGAL) オペラパンプス

ビジネスパーソンから高い支持を得ているメーカー「リーガル」のオペラシューズ。光沢のあるエナメル素材にフラットリボンがあしらわれており、パーティシーンに活躍する華やかなデザインに仕上がっています。

先端に向かって細くなっているスマートなシルエットが特徴。履くだけでエレガントな着こなしに仕上がり、コーデにアクセントをプラスしたいときにも重宝します。

内側はボルドーカラーで、ゴールドのブランドロゴが刻印されているのがポイント。細部までこだわり抜かれたデザインです。

クインクラシコ(Queen Classico) タッセルローファー

関東や関西を中心に店舗を展開するシューズブランド「クインクラシコ」のタッセル付きオペラシューズ。品質とデザインにこだわって作られた日本製のアイテムです。

アッパーにはスエードを使用し、小ぶりなタッセルがアクセントになっています。アッパーのダブルステッチや履き口のパイピングなど、細部にまで工夫が凝らされた仕様。スマートなシルエットも魅力です。

ソールには雨にも強い合成底を採用しています。グリップ力のあるソールパターンで、実用性を兼ね備えているのもポイントです。

クインクラシコ(Queen Classico) オペラシューズ スリッポン 87001

柔らかなスエードを使用したシンプルなデザインのオペラシューズ。無駄を削ぎ落としたフォルムで、カジュアルからキレイめまでコーデを選ばずに使えるのが魅力です。

アウトソールには合成ラバー素材を採用。靴底の中心部分には異なるパターンを用いており、グリップ力を高めているのがポイントです。履き口は広めで脱ぎ履きがしやすく、かかとはホールド感を高めて脱げにくいよう設計されています。

履き心地と実用性にこだわりたい方におすすめです。

アルフレッドバニスター(alfredoBANNISTER) シュリンクレザー オペラシューズ

細かなシボが特徴のシュリンクレザーを使用したオペラシューズ。シンプルながらも表情があり、こなれたメンズコーデに仕上がります。ほんのり光沢があるため、洗練された大人の雰囲気を演出したいときにおすすめです。

クセのないスッキリとしたラウンドトゥで、汎用性の高いアイテム。深めに入ったカッティングが足元をきれいに見せます。

中反発のクッション入りインソールを採用しているほか、芯材が薄いことで軽量化も実現。履き心地のよさを持ち合わせたアイテムです。

アルフレッドバニスター(alfredoBANNISTER) ALL IN ONE PRODUCTS オペラススリッポン

切り替えデザインが特徴的なオペラシューズです。ひとひねり効いた見た目ながら使いやすく、幅広いメンズコーデに対応します。

かかと部分の硬い芯材をなくし、通気性のある低中反発材のクッションをインソールに採用。足入れ時や歩行時にストレスがかかりにくいよう、履き心地にこだわって設計されています。

ソックスを合わせたトレンドスタイルに馴染むため、おしゃれに敏感な方にもおすすめのアイテムです。

ヴァリジスタ(VARISISTA) フロントゴア スエードオペラシューズ

ドライビングシューズデザインを採用したオペラシューズ。アッパーには毛足の長いスエード素材を使用しており、柔らかくあたたかみのある雰囲気を演出できます。フロントゴア仕様のため、着脱がしやすく履き心地も良好です。

ワイドパンツから細身のパンツまで、幅広いメンズコーデにマッチ。カラーバリエーションが豊富なので、色違いで揃えても活躍します。

デデス(Dedes) SFW オペラスリッポン

シンセティックPUレザーを使用したシンプルなオペラシューズ。無駄を省いたデザインで、コーディネートを選ばず使いやすいのが魅力です。シンプルなブラックのほか、エナメルブラックとエナメルホワイトの合計3色を展開しており、好みに合わせて選択できます。

程よくスマートなラウンドトゥを採用。季節を通して履けるデザインなので、1足あると重宝します。低価格で購入できるため、取り入れやすいおすすめのオペラシューズです。

デデス(Dedes) 踵が踏めるオペラシューズ

かかとを踏んで、バブーシュのように履くこともできるオペラシューズです。アッパーに本革を使用したシンプルなデザインが特徴。汎用性の高いラウンドトゥのため、1足あると重宝します。

クッション性のあるインソールを使用しており、快適な履き心地も兼ね備えた仕様。日本製ながら、比較的低価格で購入しやすい点も魅力です。休日のメンズコーデをこなれた印象に見せたいときに活躍します。

ビカーシ(BICASH) レザーローファー ヒールオペラシューズ

カジュアルにもキレイめにも使いやすい、ベーシックなオペラシューズ。アッパーに上質な牛革を使用し、素材を活かしたシンプルなデザインに仕上がっています。素材や色のパターンが複数展開されているので、色違いで揃えるのもおすすめです。

レザーの産地として有名なバングラデシュの自社工場にて、熟練職人がハンドメイドで製作したこだわりの1足。カッティングが深めに入っており、足元を美しく見せます。ソックスと合わせたトレンドスタイルにもぴったりです。

オペラシューズのおすすめメンズコーデ

落ち着きと爽やかさのあるレイヤードスタイル

By: wear.jp

ネイビーのVネックカーディガンに黒のブルゾンを合わせたレイヤードスタイル。カーディガンのインナーにクルーネックの白Tシャツをプラスすることで、全体が明るく見えます。

ボトムスにはグリーンのタック入りスラックス、足元には黒のオペラシューズを使用。チラッと見える白ソックスがポイントです。差し色をプラスすることにより、落ち着いたコーデが若々しい印象に仕上がります。

差し色で明るさをプラスした秋のダークトーンコーデ

By: wear.jp

パープルのオーバーサイズセーターにグレーのスラックスを合わせた秋のメンズコーデ。首元に見える白のインナーが爽やかなアクセントになっています。

足元には黒のオペラシューズを使用。オペラシューズのカッティングから覗くイエローのソックスがポイントです。ダークトーンのコーデは、インナーやカラーソックスを取り入れるだけでぱっと明るい印象に仕上がります。

オフィスカジュアルにおすすめのジャケパンスタイル

By: wear.jp

オフィスカジュアルに使えるジャケパンコーデ。グレーのポロシャツにブラウンのパンツを合わせ、黒のジャケットで引き締めているのがポイントです。ダークブラウンのベルトでウエストマークをすれば、脚長効果も相まってすっきりとした印象になります。

素足にブラウンのオペラシューズを合わせているのが特徴。抜け感が出て、こなれた着こなしに仕上がります。キレイめな雰囲気を演出しつつ、おしゃれなメンズコーデに仕上げたいときにおすすめです。

清潔感と品格が漂うブルゾンコーデ

By: wear.jp

白のTシャツ・パンツに、ベージュのブルゾンを羽織った爽やかなメンズコーデです。首元にブラウンのスカーフをプラスしているのがポイント。淡いトーンでまとめたコーデを、黒のクラッチバッグやベルトで引き締め、メリハリを出しています。

足首が見える足元には、ブラウンのオペラシューズを使用。首元のスカーフとオペラシューズの色を統一させることで、まとまりのあるコーデが完成します。爽やかさが漂いつつ、上品さもあるおすすめのメンズコーデです。