オペラシューズは、もともと紳士向けの靴を女性用にアレンジしたモノです。しかし、最近はその反対にメンズ用のスリッポンタイプが人気。上品でありながらもラフに履けるので、サンダルやスニーカー感覚でコーディネートできます。

そこで今回は、おすすめのオペラシューズをご紹介。さらにオペラシューズの選び方やおすすめコーデなども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

オペラシューズとは?

By: amazon.co.jp

オペラシューズは、16世紀ごろにヨーロッパで紳士用の礼服に合わせて履く靴として登場。男性が、オペラ鑑賞や夜のパーティーなどのフォーマルな場へ参加するときに利用されていました。

オペラシューズは男性向けの靴を起源としていますが、フラットで履きやすいことから現在では女性向けのシューズとして定着しています。ところが最近、オペラシューズのデザイン性と機能性の高さが相まって、再び男性の注目を集めているのです。

オペラシューズはその起源から、サテンやエナメルなどの光沢がある素材や、甲にリボンが付いたモノなど華美なデザインが豊富。一方、現在メンズの間で主流となっているのは、甲に切り込みが入ったシンプルなオペラシューズです。ただし、スエード生地やカラフルな柄などのオペラシューズも増え、メンズ向けのオペラシューズもデザインが多様化してきています。

オペラシューズ自体に上品な印象があるため、カジュアルなファッションとコーディネートしても、ラフになりすぎずキレイめに仕上がるのが嬉しいポイントです。

オペラシューズの選び方

つま先よりもかかとに合うサイズ感

かかと

By: zozo.jp

サイズをあわせる際に注目するべき足の部位は、靴の種類によって異なります。スニーカーやドレスシューズなどは、つま先を合わせてサイズを選びますが、オペラシューズはその逆。かかとに合わせてサイズを選ぶのが大切なポイントです。

オペラシューズはつま先付近の幅が狭いので、つま先で合わせると大きめのサイズを選ばなければなりません。したがって、かかとに合わせて選んだ方がベストなサイズのオペラシューズを見つけられます。

最初はレザーやスエードなどの素材がおすすめ

By: amazon.co.jp

初めてオペラシューズを購入する方は、レザーやスエードなどの素材のモノがおすすめです。オペラシューズはラフに履けて、かつ上品さも演出できるのが魅力。レザーやスエード素材を選べば、より高級感を表現しやすいというメリットがあります。

色はグレーやブラックなど暗めがベスト

シック

By: zozo.jp

オペラシューズのカラーには、明暗さまざまなバリエーションが展開されています。明るめの色もよいですが、やはり選ぶなら暗い色がおすすめ。シックな色のオペラシューズを選ぶことで引き締まった印象が強まり、色気のある男性をアピールできます。

また、オペラシューズは裸足で履くことやくるぶしを見せて履くことが多いアイテム。グレーやブラックなら、メンズらしい無骨さも演出できるためおすすめです。

オペラシューズのメンズブランド

サントーニ(Santoni)

By: Santoni

「サントーニ」は、1975年に創業したイタリアが誇る高級シューズブランドです。ハンドメイドにこだわっていて、世界中の男女に広く愛用されています。伝統と革新をテーマとし、あえて定番シューズを作らず、次々と新しいコレクションを展開しているのも大きな魅力です。

カジュアルからフォーマルまでバリエーションの幅が広いのも特徴。オペラシューズだけでも、レザー素材とローカットスニーカーをミックスした斬新なタイプや、タッセルをあしらったクラシカルなモデルなど、多様なアイテムを展開しています。

高級紳士靴工房からスタートした技術力があるブランドなので、遊び心があるデザインでありながら、品質は折り紙付き。履けば履くほど足に馴染んでいく、長く愛用できるオペラシューズを見つけられます。

パドローネ(PADRONE)

By: zozo.jp

「パドローネ」は、1977年に創業した日本のシューズメーカー。パドローネとはイタリア語で「雇い主」を意味し、雇い主=親方の下で技術を学び、古きよき伝統を継承していきたいとの想いが込められています。

その理念通り、パドローネのシューズは一貫して自社工場で製造。手作業で仕上げているため、1足ずつ表情が異なるのが特徴です。

また、中敷きにはヌメ革を使用するなど、履き心地や軽さを重視しているのも魅力。シンプルでオーソドックスな色・デザインのオペラシューズを展開しているので、カジュアルからフォーマルまでTPOを選ばず履きまわせるのもおすすめポイントです。

オペラシューズのおすすめ

サントーニ(Santoni) Garcia Tassel Loafer

イタリアの有名シューズブランド「サントーニ」のタッセル付きオペラシューズ。アッパーだけでなくインソールやソールもレザー素材のため、サントーニならではの高級感あふれる仕上がりになっています。

上品なオペラシューズなので、デニムを合わせてラフなコーデにきちんと感をプラスしたり、スーツなどをおしゃれに着こなしたりするのがおすすめです。

パドローネ(PADRONE) SLIP ON SHOES CIRO

日本のシューズブランド「パドローネ」のオペラシューズ。本製品はブランドのハイスタンダードラインで、素材に上質なベビーカーフレザーを採用しています。

柔らかく足に優しくフィットするため、ゴムなどを使用していなくても履き心地はバツグン。フォーマルからカジュアルまで、さまざまな場面で活躍するおすすめのオペラシューズです。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) WATER PROOF SHIRINK LEATHER OPERA SLIP-ON SHOES

光沢とソフトな質感が魅力のオペラシューズです。高品質な牛革を採用しているため、履き心地は良好。独自の特殊加工により撥水性が高く、シミや汚れにも強いため雨の日でも安心です。

また、コルクソールの効果による軽快さも魅力。高級感のあるデザインだけでなく、使用感にもこだわったおすすめの1足です。

ヴィクティム(VICTIM) VICTIM × Jalan Sriwijaya LEATHER SHOES

By: wear.net

老舗の靴工場である「ジャランスリワヤ」に別注したオペラシューズ。仕上げのアウトソール以外の工程をすべてハンドメイドで行う「ハンドソーンウェルテッド製法」による、優れた履き心地が魅力です。

アッパーには革の表面を起毛させた「ヌバック」を採用しており、大人っぽい仕上がり。きれいめコーデからカジュアルな着こなしまで対応できるおすすめのオペラシューズです。

アダムパテック(ADAM PATEK) オペラシューズ AMPK-S004

デイリーユースに最適なカバンなどを展開する「アダムパテック」による、スリッポンタイプのオペラシューズ。オペラシューズといえば本来シンプルなデザインが多いですが、本製品はヒール部分のプルストラップがワンポイントになっています。合成皮革のアッパーは雨水や汚れに強く、軽さと扱いやすさも魅力です。

シルバーバレットセレクト(SB select) デニムベロアオペラシューズ

デニムとベロア素材のバイカラーが特徴的なオペラシューズ。スマートなシルエットながらカジュアルな印象も与えられる1足です。インパクトのあるデザインなので、ショーツやアンクルカットパンツとの相性も良好。価格が比較的リーズナブルなのも嬉しいポイントです。

ハルタ(HARUTA) ドクターシューズ

学校指定靴のトップシェアを誇る「ハルタ」。ローファーのイメージが強いですが、ベーシックなモノからトレンドを取り入れたアイテムまで、幅広いデザインのシューズを展開しています。日本製で高品質な靴が人気です。

ドクターシューズは、通常のオペラシューズに対して独自のエッセンスを加えたモノ。側部を深く切り込んだ独創的な履き口は、脱ぎ履きのしやすさなど使用感にもこだわっています。靴幅はEEなので幅広の足の方にも対応。高級感のある皮革は、履き込めば履き込むほど足によく馴染んでいきます。

クレマン(KLEMAN) FLIX スリッポン オペラシューズ

フランスのシューズメーカー「クレマン」によるオペラシューズ。クレマンは消防署や公共施設から軍隊に至るまで、高品質なシューズを幅広く提供しています。

高級感ある細身のシルエットが特徴ですが、軍の基準をクリアするほどのタフさも魅力。武骨なスタイルはもちろん、キレイめな着こなしやカジュアルなスタイルにもさり気なく取り入れられる、おすすめのアイテムです。

ヴァリジスタ(VARISISTA) オペラシューズ ZD113

商品価格 ¥ 17,820

新進気鋭のデザイナーズシューズブランド「ヴァリジスタ」のオペラシューズ。ブランド独自のテイストを製品に落とし込み、高い技術力を誇る日本の職人の手でひとつひとつ丁寧に製造しています。

ブラックやボルドーといった定番カラーだけでなく、レオパード・ブラックエナメルの4色をラインナップ。スタイリングのポイントになるカラーバリエーションが豊富に揃えられていることも魅力のオペラシューズです。

エクスクラメーション(exclamation) ベロア調オペラシューズ

「靴で驚きを!」をコンセプトとしたシューズブランド「エクスクラメーション」のオペラシューズ。シンプルなデザインや落ち着いたカラーが多いオペラシューズですが、本製品は豊富なカラーバリエーションが特徴です。ブラックやグレーといった定番カラーはもちろん、ブルーやオレンジ、ピンクやレッドといったカラーも含めて全9色を展開しています。

ベロア調のアッパーは高級感があり、ポップなカラーリングは遊び心をスタイリングに取り入れることができます。色違いで揃えたいおしゃれアイテムです。

カルバンクライン プラチナム(Calvin Klein PLATINUM) オペラシューズ

リブランディングによって生まれ変わった「カルバンクライン プラチナム」のオペラシューズです。スムースレザーを使用し、余計な装飾を極力排除したデザインが特徴。シンプルな作りは、純粋に革の光沢が放つ高級感を演出してくれます。シンプルなスタイリングに合わて履きこなすのがおすすめのオペラシューズです。

デデス(Dedes)オペラスリッポン

「デデス」は気軽に履けるスタンダードな製品を低価格で展開するシューズブランド。本製品もリーズナブルな価格設定のため、オペラシューズ初心者でもチャレンジしやすいアイテムです。

合成皮革を使用しているため高級感があり、フィット感に優れ歩きやすいのも特徴。キレイめコーデに合わせてシンプルにまとめたり、ハズしアイテムとして利用したりするのもおすすめのオペラシューズです。

アンバイルシウス(AN by LUCIUS)プレーンオペラシューズ

By: ZOZOTOWN

「アンバイルシウス」はモードでありながらカジュアル感もある、こなれた大人のシューズを展開しているブランドです。シンプルでキレイなシルエットが特徴のオペラシューズなので、カジュアルコーデでも上品な足元を演出できます。

MA-1などのハードなアウターのハズしアイテムとして活用するだけでなく、コートやスキニーパンツを合わせてきちんとまとめたいときにもぴったりです。つま先が長く横から見たラインも美しいため、足長効果も期待できます。

定番色やブルー・グレーなどのおしゃれなカラーから、足元にアクセントをプラスできるカモフラ柄まで幅広いバリエーションが展開されているのも魅力のオペラシューズです。

オペラシューズをコーディネートに取り入れる際のポイント

カジュアルコーデに上品さを加える感覚で使う

着こなし2

By: wear.jp

シンプルながら、女性物のパンプスにも近い特徴的な形をしているオペラシューズは、どのようにコーディネートしたらよいか悩んでしまう方も多いアイテム。方法としては、カジュアルなスタイルにオペラシューズを合わせて上品さを加えるのがおすすめです。

カジュアルなスタイルにはスニーカーを合わせがちですが、カジュアルになりすぎないように、オペラシューズをアクセントとして取り入れてみましょう。

ルーズなシルエットのパンツと組み合わせない

着こなし1

By: wear.jp

タイトな形状が多いオペラシューズは、ワイドパンツなどルーズなシルエットのボトムと組み合わせると少々野暮ったく見えてしまいます。コーディネートを組む上でバランスはとても重要。バランスのよいコーディネートにするためには、ストレート・スキニー・テーパードシルエットのパンツの方がスッキリと見えて、おすすめです。

オペラシューズのおすすめメンズコーデ

シックなカラーでまとめた春のスタイリッシュコーデ

コーデ1

By: wear.jp

ストライプ柄のトップス・スキニーパンツ・ハットと、シンプルでスマートなアイテムを中心に組まれたスタイル。スタイリッシュな雰囲気に仕上げています。こういったスタイルではドレスシューズを合わせるのが定番ですが、そこにオペラシューズを採用。コーディネートのアクセントとして使えます。

カジュアルコーデに上品さを加えた王道スタイル

コーデ2

By: wear.jp

カジュアルコーデに上品さを加える感覚で使う際のよいお手本です。カジュアルアイテムの代表であるデニムにオペラシューズを合わせることで、コーディネートの幅が広がります。

また、トップスとボトム、ハットとシューズの色を揃えることで統一感も表現。カジュアルがよいけれど、カジュアル過ぎるのは嫌という方におすすめです。

モノトーンの配色でまとめた大人カジュアル

コーデ3

By: wear.jp

カーディガンやカットソーなどカジュアルなアイテムを、モノトーンの配色でまとめたスタイル。ボトムがスラックスのようなデザインなので、足元はオペラシューズでテイストを合わせています。白のカットソーがコーディネートに抜け感を与えており、暗い色でも重くなりません。

各アイテムのバランスが絶妙なラグジュアリーストリート

コーデ4

By: wear.jp

ラグジュアリーストリートにオペラシューズを組み合わせたコーデ。ストリートファッションの雰囲気だけではなく、高級感や上品さをプラスしたスタイルに仕上げています。

トップスは白のスウェットで、ボトムはテーパードシルエットのパンツ、足元は品よくオペラシューズをチョイス。ストリートなアイテムを小綺麗にまとめるのにもオペラシューズは最適です。

フォーマルを軽く崩したパーティースタイル

コーデ5

By: wear.jp

フォーマルなセットアップにオペラシューズを合わせれば、パーティースタイルにおすすめのコーデに仕上がります。ビジネスシーンでは不釣り合いな組み合わせも、パーティーなど華やかな場所では許容範囲。セットアップが暗い分、足元は軽やかに演出するためにベージュをチョイスしているのもポイントです。

ポケットチーフや、ボタンを少し開けているところにも遊び心が感じられます。オペラシューズは特に春夏のパーティーシーンで重宝するので、ぜひ試してください。

シンプルコーデもオペラシューズを使えばおしゃれ度急上昇

コーデ6

By: wear.jp

白のポケットTシャツにジーンズと、ベーシックアイテムで組まれたコーデ。オペラシューズやハットなどの小物が活きています。ベーシックカジュアルなスタイルですが、小物でアクセントをつけることでおしゃれ度が急上昇。オペラシューズのように品のあるモノを選べばきれいめなスタイルに格上げすることも可能です。

特徴のあるアイテムを使った男らしいスタイル

コーデ7

By: wear.jp

2色が使われたニットやチェックパンツ、スエード素材のオペラシューズなど、個性的なアイテム同士を組み合わせたスタイル。トップスからシューズまで色味を統一しているので、特徴的ながらまとまって見えます。また、採用している色がシックなカラーなので男らしさも演出。特徴のあるアイテムを男らしく着こなしています。

センスのある合わせ方をしている上級者テクニック

コーデ8

By: wear.jp

ブラウン系のノーカラーアウターとイージーパンツをメインにしたスタイルは渋さがポイント。ニット帽も同じ色味なので、その雰囲気がさらに助長されています。

一方、インナーは白ニットで足元はオペラシューズと違うテイストのアイテムをプラス。異なるテイストのアイテムさえも渋く見せてしまうオペラシューズのおしゃれな使い方です。

ファッションショーを思わせるようなモードコーデ

コーデ9

By: wear.jp

これまでのモノトーンコーデとは違い、モードな雰囲気に仕上げています。インナーにストライプシャツを使い、オペラシューズもモードなアイテムと馴染んで存在感を発揮。全身黒のコーディネートは重い印象になりがちですが、その点も払拭したおすすめコーデです。

爽やかなイメージが強い洗練されたカジュアルコーデ

コーデ10

By: wear.jp

カジュアルなアイテムを清涼感のある着こなしで魅せたコーデ。ボトムのロールアップもカジュアルさをプラスしています。ニットにデニムシャツといったトップスの合わせと揃えるようにチョイスしたオペラシューズがポイント。春夏の大人カジュアルにおすすめのコーデです。