オペラシューズは、もともと紳士向けの靴を女性用にアレンジしたモノです。しかし、最近はその反対にメンズ用のスリッポンタイプが人気。上品でありながらもラフに履けるので、サンダルやスニーカー感覚でコーディネートできます。

そこで今回は、おすすめのオペラシューズをご紹介。さらにオペラシューズの選び方やおすすめコーデなども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

オペラシューズとは?

By: amazon.co.jp

オペラシューズは、16世紀ごろにヨーロッパで紳士用の礼服に合わせて履く靴として登場。男性が、オペラ鑑賞や夜のパーティーなどのフォーマルな場へ参加するときに利用されていました。

オペラシューズは男性向けの靴を起源としていますが、フラットで履きやすいことから現在では女性向けのシューズとして定着しています。しかし最近、オペラシューズのデザイン性と機能性の高さが相まって、再び男性から注目集めています。

オペラシューズはその起源から、サテンやエナメルなどの光沢がある素材や、甲にリボンが付いたモノなど華美なデザインが豊富。一方、現在メンズの間で主流となっているのは、甲に切り込みが入ったシンプルなオペラシューズです。ただし、スエード生地やカラフルな柄などのオペラシューズも増え、メンズ向けのオペラシューズもデザインが多様化してきています。

オペラシューズ自体に上品な印象があるため、カジュアルなファッションとコーディネートしても、ラフになりすぎずキレイめに仕上がるのが嬉しいポイントです。

オペラシューズの選び方

つま先よりもかかとに合うサイズ感

By: rakuten.co.jp

サイズをあわせる際に注目するべき足の部位は、靴の種類によって異なります。スニーカーやドレスシューズなどは、つま先を合わせてサイズを選びますが、オペラシューズはその逆。かかとに合わせてサイズを選ぶのが大切なポイントです。

オペラシューズはつま先付近の幅が狭いので、つま先で合わせると大きめのサイズを選ばなければなりません。そのため、かかとに合わせて選んだ方がベストなサイズのオペラシューズを見つけられます。

最初はレザーやスエードなどの素材がおすすめ

By: amazon.co.jp

初めてオペラシューズを購入する方は、レザーやスエードなどの素材のモノがおすすめです。オペラシューズはラフに履けて、かつ上品さも演出できるのが魅力。レザーやスエード素材を選べば、より高級感を表現しやすいというメリットがあります。

色はグレーやブラックなど暗めがベスト

By: amazon.co.jp

オペラシューズのカラーには、明暗さまざまなバリエーションが展開されています。明るめの色もよいですが、やはり選ぶなら暗い色がおすすめ。シックな色のオペラシューズを選ぶことで引き締まった印象が強まり、色気のある男性をアピールできます。

また、オペラシューズは裸足で履くことやくるぶしを見せて履くことが多いアイテム。グレーやブラックなら、メンズらしい無骨さも演出できるためおすすめです。

オペラシューズのメンズブランド

サントーニ(Santoni)

By: rakuten.co.jp

「サントーニ」は、1975年に創業したイタリアが誇る高級シューズブランドです。ハンドメイドにこだわっていて、世界中の男女に広く愛用されています。伝統と革新をテーマとし、あえて定番シューズを作らず、次々と新しいコレクションを展開しているのも大きな魅力です。

カジュアルからフォーマルまでバリエーションの幅が広いのも特徴。オペラシューズだけでも、レザー素材とローカットスニーカーをミックスした斬新なタイプや、タッセルをあしらったクラシカルなモデルなど、多様なアイテムを展開しています。

高級紳士靴工房からスタートした技術力があるブランドなので、遊び心があるデザインでありながら、品質は折り紙付き。履けば履くほど足に馴染んでいく、長く愛用できるオペラシューズを見つけられます。

パドローネ(PADRONE)

By: rakuten.co.jp

「パドローネ」は、1977年に創業した日本のシューズメーカー。パドローネとはイタリア語で「雇い主」を意味し、雇い主=親方の下で技術を学び、古きよき伝統を継承していきたいとの想いが込められています。

その理念通り、パドローネのシューズは一貫して自社工場で製造。手作業で仕上げているため、1足ずつ表情が異なるのが特徴です。

また、中敷きにはヌメ革を使用するなど、履き心地や軽さを重視しているのも魅力。シンプルでオーソドックスな色・デザインのオペラシューズを展開しているので、カジュアルからフォーマルまでTPOを選ばず履きまわせるのもおすすめポイントです。

オペラシューズのおすすめ

サントーニ(Santoni) パテントレザープレーントゥスリッポン

サントーニ(Santoni) パテントレザープレーントゥスリッポン

イタリア創業の高級シューズブランドが作るオペラシューズ。革表面にエナメルコーティング加工をしたパテントレザーを使用していることが大きな特徴です。品のよい光沢が美しく、エレガントな雰囲気を楽します。

エナメル加工されたパテントレザーは耐久性と耐水性が高く、実用性が高いことも魅力のひとつです。レザーはあえてシワのある素材を使用。高級感と同時に程よい抜け感を感じます。

シンプルなデザインのオペラシューズなので、シーズンやスタイルを選ばず履き回しが可能です。パーティーシーンはもちろん、カジュアルシーンの足元におすすめ。デニムやスラックスに合わせることで、嫌味のない上品な雰囲気をプラスしてくれます。

サントーニ(Santoni) イントレチャートレザープレーントゥスリッポン

サントーニ(Santoni) イントレチャートレザープレーントゥスリッポン

編み込まれたイントレチャートレザーが特徴の、爽やかでおしゃれな雰囲気を楽しめるサントーニのオペラシューズ。他のオペラシューズにはない独特なデザイン性は、大人の休日にぴったりです。

幾重にも色を重ねて染め上げることであえて色ムラを作る「パティーヌ」という革の染色技法を採用。場所ごとで微妙に異なる色の濃さのグラデーションにより、非常に美しいカラーに仕上がっています。特に爪先から甲にかけてのグラデーションは圧巻の美しさ。

イタリアブランドらしい上品さと高級感を感じながらも、涼しげな印象やラフな印象も感じられるのが魅力です。シンプルになりがちな夏場の足元をおしゃれに彩ってくれます。

パドローネ(PADRONE) オペラヴァンプシューズ

パドローネ(PADRONE) オペラヴァンプシューズ

1977年に創業した日本のシューズメーカーであるパドローネが、1足1足ずつ丁寧に手作業で作り上げるオペラシューズ。トゥー部分など全体的に丸みのあるフォルムが、カジュアルで親しみやすい印象です。

きめ細かい柔らかさと強度を兼ね備えた牛革である「キップレザー」を採用。さらに使用するレザーはタンニンでなめし、オイルをしっかり含ませることで柔らかくしっとりとした質感に仕上げています。

非常にシンプルなデザインですが、素材など細かいところまでこだわりを感じられる、国産ならではのオペラシューズです。20代など若い男性でもカジュアルに履きこなせます。程よい気品も感じるため、ビジネスカジュアルでの着用にもおすすめです。

ムッシュニコル(MONSIEUR NICOLE) レザーオペラパンプス

ムッシュニコル(MONSIEUR NICOLE) レザーオペラパンプス

1974年にスタートし、高品質で伝統的な素材に現代性をミックスしたスタイルをテーマに掲げる日本のメンズファッションブランド。洗練されたデザインと大人っぽい印象のオペラシューズです。

レザーには牛革を使用。適度な柔らかさがありながら、丈夫さや高い耐久性が大きな特徴です。程よく上品な光沢感とシックで落ち着いたデザインは、足元をモードな雰囲気に仕上げてくれます。

「ダイヤカットエンボスレザー」「迷彩柄エンボスレザー」の2パターン展開。ビジネスシーンなら無地の「ダイヤカットエンボスレザー」、カジュアルシーンや少し外したビジネスカジュアルシーンなら「迷彩柄エンボスレザー」がおすすめです。

ムッシュニコル(MONSIEUR NICOLE)タッセル付きスリッポン

ムッシュニコル(MONSIEUR NICOLE)タッセル付きスリッポン

日本のアパレルブランド「ニコル」が展開する大人向けのメンズファッションブランド「ムッシュニコル」のタッセル付きオペラシューズ。製造工程の全てを国内で行う「Made in JAPAN」にこだわっており、海外ブランドにはない細かい部分の品質にまで魅力が詰まっています。

品質の高さと大人っぽいエレガントなデザイン性が魅力的です。レザーに履きめが細かく毛足の長いスウェード素材を採用。あたたかみのある柔らかい雰囲気を演出することが可能です。

シンプルなデザインが多いオペラシューズですが、タッセルを付けることで小慣れ感のあるおしゃれなデザインに仕上がっています。ビジネスシーンからカジュアルシーンまで、あらゆるシーンで足元を上品に魅せてくれるオペラシューズです。

ゴーサンゴーイチプールオム(5351 POUR LES HOMMES) ゴートレザースリッポン

ゴーサンゴーイチプールオム(5351 POUR LES HOMMES) ゴートレザースリッポン

日本で高い知名度を誇るファッションブランド「アバハウス」が展開するメンズブランド。「ジェントルでエレガントな部分と不良っぽさの共存」というブランドコンセプトの通り、品のよさとスタイリッシュなデザインが特徴のオペラシューズです。

素材にはやぎ革であるゴートレザーのスウェードを使用。牛革よりも丈夫で強いことが特徴のレザーで、耐摩耗性にも優れています。スウェード素材の独特な風合いは、高級感の中に優しい印象を与えることが可能です。

フォーマルなスタイルに合わせれば、程よいアクセントを加えられておすすめ。シックで落ちついたデザインと長年愛用できる丈夫さを兼ね備えた、大人の1足です。

リベルタス(LIBERTAS) スリッポン LIB17-1L3T02

リベルタス(LIBERTAS) スリッポン LIB17-1L3T02

2008年に、製靴メーカーで経験を積んだデザイナー山本史人氏が立ち上げたシューズブランド。ラテン語で「自由」を意味するリベルタスは、一般的な革靴にカジュアルなテイストを加えた「ファッションとして楽しむ靴」を作ることを得意としています。

製造工程のすべてを国内の厳選された工房で行い、さらに熟練職人による手作業で作られる、高品質なオペラシューズです。柔らかい革質が特徴のステアレザーを使用。レザー表面にワックスをしっかりと塗り込むことで、独特の色むらと光沢感に仕上がっています。

履き口の周りにはヌバック素材を配することで、カジュアルで自由なデザイン性をプラス。ステアレザーとヌバックの質感の違いにより、お互いのよさが引き立っています。デニムとの相性がよいので、カジュアルスタイルにおすすめです。

アレキサンダーマックイーン(AlexaderMcQueen) オペラシューズ/SCARPA

アレキサンダーマックイーン(AlexaderMcQueen) オペラシューズ/SCARPA

1992年にファッション業界を代表する天才デザイナー・アレキサンダー・マックイーン氏が立ち上げた、イギリスのファッションブランド。世界的な人気を集めるハイブランドとして、ファッショニスタたちから愛されています。

本製品は、斬新なセンスで知られるアレキサンダーマックイーンの、美しいエナメル素材がポイント。アッパーのエナメル素材と甲部分のサテン生地のキルティングが特徴的です。華やかさと高級感を全面に感じつつ、カジュアルなディティールを含んだ独特なデザインが大きな魅力になっています。

同ブランドのアイテムは、結婚式などのフォーマルシーンやパーティーシーンにぴったりです。いつもとは雰囲気の違う華やかなシーンを華麗に彩ってくれます。

マグナーニ(MAGNANI) ベルベット タッセルローファー オペラシューズ

マグナーニ(MAGNANI) ベルベット タッセルローファー オペラシューズ

1954年スペイン創業のシューズブランド。「クオリティ」と「デザイン」を重視する靴作りが世界中で評判を集めるマグナーニの、エレガントさが魅力のオペラシューズです。

ベルベット素材を使用したアッパーは、上品でシックな大人の雰囲気を演出。甲に配されたタッセルにより、おしゃれなデザインとカジュアルなテイストに仕上がっています。フォーマルシーンでもカジュアルシーンでもおしゃれに履きこなすことが可能です。

ソールには返りがよく足馴染みのよさが特徴のスーパーフレックスソールを採用。マグナーニの革靴の特徴である履き心地のよさもしっかりと味わえます。

アンバイルシウス(AN by LUCIUS) プレーンオペラシューズ

アンバイルシウス(AN by LUCIUS) プレーンオペラシューズ

日本のシューズメーカー「サンスイトレーディング」が展開するドレスシューズブランド「ルシウス」のセカンドライン。モードさとカジュアル感をうまくミックスした大人のシューズを展開するブランドです。

品のよさを感じるレザーの質感とシンプルでありながらスタイリッシュなフォルムは、どんなスタイルにも合わせられます。フォーマルにおいてもカジュアルにおいても、コーディネートのアクセントとして活躍してくれるのが魅力です。

豊富なカラーを取り揃えているため、自分のスタイルや好みでお気に入りの1足が見つかります。また価格がリーズナブルなのもポイントで、一般的なオペラシューズよりも手軽に手に入れられるため、若い男性にもおすすめです。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) ヌバックレザーオペラスリッポンシューズ

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) ヌバックレザーオペラスリッポンシューズ

2003年に長尾亘氏によって設立された日本のファッションブランド。「Made in JAPAN」によるきめ細かさと職人的物づくりが魅力です。アッパーにはマットな質感のヌバックレザーを使用。シンプルで履き回しできるデイリーユースにおすすめ。

デザインは、縫製からソールまですべてをブラックでまとめてシックに仕上げているのがポイント。ソールにはラバーソールを採用しているほか、コルクチップを含ませることでクッション性に優れています。履き心地のよさも実現しているため、長時間の着用も疲れません。

また、独自で特殊加工したフッ素を、レザーの繊維に定着させ吸水率を約80%低下にすることを実現。撥水性が高く、汚れやシミが付きにくい仕様に仕上がっています。雨の日でも汚れを気にせず着用することが可能です。

ヴァリジスタ(VARISISTA) 2WAY オペラシューズ ZD175

ヴァリジスタ(VARISISTA) 2WAY オペラシューズ ZD175

2011年よりスタートした東京発の新進気鋭のデザイナーズシューズブランド。技術力の高い日本の職人が、ひとつずつ丁寧に手作りで製造した品質の高さと、程よいトレンド感を取り入れた製品が人気です。

本製品は、潔いプレーンなデザインとフォルムが特徴。見た目からもわかるように、重量を軽くした手軽さとシンプルさが大きな魅力です。牛革を使用した柔らかい質感は、履き心地のよさも実現しています。

踵を踏んでスニーカーやスリッポンのような感覚で履くことも可能。スーツを着用するビジネス、フォーマルシーンよりも、カジュアルシーンや普段使いにおすすめです。スリッポンは欲しいけどキャンパス生地などのカジュアルなものは苦手、という方にはぴったりといえます。

ミソグラフィー(mythography) オペラシューズ

ミソグラフィー(mythography) オペラシューズ

2012にデザイナーの宮城秀貴氏によって創業した、メンズレザーシューズブランド。グッドイヤーウェルト製法にこだわり、高いデザイン性と高いクオリティを持つ靴を作り続けています。

本製品は、毎シーズンリリースされ人気を集める定番のオペラシューズ。程よくトレンド間を感じるデザインと、シックで大人っぽいブラックの質感によって非常におしゃれに仕上がっています。

発色のよい羊スウェードを使用したアッパーは、どんなパンツにも合わせることが可能。9分丈のスラックスやチノパンと合わせることで、今っぽい足元を演出できておすすめです。

リーガル(REGAL) オペラパンプス

リーガル(REGAL) オペラパンプス

明治35年創業の日本を代表する有名革靴ブランド。コストパフォーマンスの高い革靴が評判を得ており、日本でも長年愛され続けています。

本製品は高級なエナメル素材を使用した、パーティーシーンにぴったりのオペラシューズ。正統派なフォーマルシューズとして利用できる、気品と華やかさ溢れるデザインが大きな魅力です。

甲部分に配された大きなサテンのリボンがアクセントとして存在感をだしているのがポイント。美しいフォルムとリボンのバランスは、エレガントな雰囲気を演出できます。リーガルの特徴である履き心地のよさもしっかり備わっています。

オペラシューズのおすすめメンズコーデ

ナチュラルカラーのオペラシューズを合わせたキレイめカジュアルコーデ

By: wear.jp

全体的に落ち着いた大人のカラーを取り入れたキレイめなカジュアルコーデ。ベージュのパンツにベージュのオペラシューズを合わせることで、柔らかくおしゃれな雰囲気を演出しています。ロールアップして、くるぶしまで見せていることもポイントです。

トップスのデニムシャツとグレーのセーターは、コーディネートに爽やかな印象を加えています。シャツのボタンを1番上まで閉めている点や、メガネで上品な雰囲気をさらにプラスすることが可能。年代問わずおすすめのコーディネートです。

半パンとオペラシューズで外す夏のカジュアルジャケットコード

By: wear.jp

上半身はかっちりとしたイメージのジャケット、下半身はラフな半パンを合わせたジャケットコーデ。爽やかな印象とフォーマルな印象がミックスしたスタイルで、夏場におすすめです。

足元に合わせたブラックのオペラシューズは、カジュアルな下半身を大人っぽくまとめています。半パンは迷彩デザインだけでなく、カーキやベージュカラーでも代用が可能。インナーはシンプルな無地Tシャツにすることも重要なポイントです。

オペラシューズでセットアップをカジュアルに外す

By: wear.jp

上下グレーのセットアップをカジュアルに着崩したコーディネート。インナーにはブラックの無地Tを合わせて、ラフで男らしい雰囲気を演出しています。首元のアクセサリーとメガネは、より無骨な印象です。

足元は、フォーマルさとカジュアルさを兼ね備えたブラックのオペラシューズ。9分丈のパンツにすることで、オペラシューズが程よく存在感を発揮しています。インナーのTシャツとシューズのカラーを合わせることで、より全体をシックなスタイルにまとめることが可能です。

ルーズなスラックスとオペラシューズを合わせたゆるめカジュアルコーデ

By: wear.jp

ルーズなパンツにオペラシューズを合わせることで、より今っぽく現代的なシルエットのコーディネートに仕上がっています。裸足でなくあえて白のソックスを履くことで、足元にワンアクセント加えていることもポイントです。

トップスもルーズでゆるいカットソーを合わせてラフでカジュアルな印象をさらに強めています。トップスの淡いピンクとパンツのグレーの相性も抜群。さらにオペラシューズのブラックで全体を引き締めています。