お金と時間さえあれば、いつでも好きなところに旅行にいけるようになった現代。旅行が趣味という人も多いと思います。国内でゆったり温泉旅行、あるいはヨーロッパで古城を巡る旅ももちろん素敵ですが、もっと刺激的でスリリングな旅をしてみたいという人には、このロッジでの宿泊がピッタリかもしれません。

このロッジはnatura viveが提供する宿泊施設ですが、なんといっても驚きなのが、その宿泊施設がある場所です。なんと、南米ペルーの都市クスコにある「聖なる谷」の断崖絶壁に吊るされているんです。しかもここに到着するためには、この120メートル以上ある断崖絶壁をロッククライミングするか、滑車とワイヤーを使って滑り降りるジップラインという2つのアクセス方法しかありません。ロッジに向かうだけでも冒険をしなければいけません。

さて、ロッジの居心地はというと、ロッジ自体は全部で3棟あり、1棟は長さ7.3m、高さと幅が2.4m。そして寝室とダイニング、バスルームの3つに区分けされています。バスルームもとても清潔感がありますね。

窓は6つ、換気口は4つも取り付けてあるので、室内の空気は新鮮。太陽光発電も行っていて、室内の照明は4つ、読書灯もついているので、快適な暮らしがおくれそうです。ロッジはアルミニウムをポリカーボネイトで構成されており、カーテンはついているものの、壁のほとんどは透明なので、ベッドに寝っころがりながら抜群の景色を楽しめそう。

到着するまでのスリルに加え、まるで自然と一体化しているかのような景色を楽しめるロッジ。普段はなかなか味わえない達成感や感動を、得られるのではないでしょうか。