コンパクトなボディに高精細のディスプレイを搭載した携帯用ゲーム機「PS Vita」。正面スクリーンと背部の両方にタッチパッドを搭載しているほか、静止画・動画・パノラマ写真が撮れるカメラ、本体の動きを察知するモーションセンサーなど、さまざまな機能を有しています。

また、ネットワーク機能を使って協力・対戦プレイをすることも可能。インターネットを使って見知らぬ人と遊んだり、本体を持ち寄ってワイワイ楽しめるのも魅力です。そこで、今回は人気携帯用ゲーム機「PS Vita」のおすすめソフトをジャンルごとにご紹介します。

PS Vitaのおすすめゲームソフト|RPG編

FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster TWIN PACK – スクウェア・エニックス

PS Vita用の『FINAL FANTASY X HD リマスター』と『FINAL FANTASY X -2 HD リマスター』が2本セットになったソフトです。FFシリーズの10作目にあたる本作は、死と破壊をもたらす巨大な魔物〈シン〉に立ち向かう少年少女たちの物語。切なく、そして美しいストーリーはFFシリーズでも高く評価されています。

HDになったことでグラフィックが大幅に向上。キャラクターはもちろん、フィールドやモンスターなどの描写がより精密になりました。また、BGMもリマスター&アレンジされているのもポイント。ほかにも、HD版ならではの要素が数多く収録されています。

海外版で新たに収録されたボスやミニゲームなども完全収録。すでに日本版をプレイしている方も新鮮な気持ちでプレイできます。スクウェア・エニックスが誇る超大作なので、すべてのゲームファンにおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

ペルソナ4 ザ・ゴールデン – アトラス

2008年にPS2対応ソフトとしてリリースされたRPG『ペルソナ4』のリメイク版です。主人公は、田舎町に引っ越してきた男子高校生。なんの変哲もない学校生活を送っていたところ、ある日を境に、奇妙な連続殺人事件に巻き込まれていきます。警察ですら手を焼く怪事件。解決できるかどうかはプレイヤーの手に委ねられているので、個性豊かな仲間たちとともに、心の力〈ペルソナ〉を用いて、犯人を見つけ出しましょう。

本作は、ペルソナシリーズでも最高傑作といわれる作品に、新たなストーリー・システム・BGMなどを多数追加。ハロウィンやバレンタインデーなど、PS2版にはなかった季節にまつわるイベントも大量に追加されています。また、細かな点をブラッシュアップして、さらに遊びやすく調整しているのもポイントです。

リメイクと言いつつ劣化してしまうタイトルも多いなか、『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』はグラフィックだけでなく、その他すべてにおいて完全上位互換といっても過言ではありません。プレイしたことない方はもちろん、PS2版をプレイした方にもおすすめしたいPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

イースVIII Lacrimosa of DANA – 日本ファルコム

30年以上にわたる歴史を持つアクションRPG「イースシリーズ」の完全新作です。主人公は冒険家・アドル。豪華客船のロンバルディア号に乗船していたところ、突如、巨大海洋生物に襲われて沈没。漂着した先は、“永遠に呪われた島”と呼ばれる〈セイレン島〉でした。漂着者たちと力を合わせて、島から脱出を図りましょう。

本作の魅力は「探索要素が豊富」なところ。広大なフィールドには冒険に役立つ宝箱をはじめ、島の発展に必要な採集ポイントなどが数多く点在しています。また、海や川などの水辺では釣りを楽しむことが可能。マップも詳細に作り込まれているのも魅力です。

また、冒険拠点の機能を拡充できる「漂流村」、仲間たちと力を合わせて強大な獣から村を守る「迎撃戦」など、新システムも搭載。やりこみ要素も十分です。シリーズを通して主人公は同じですが話は独立しているので、初めて同シリーズを楽しむ方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

魔界戦記 ディスガイア 4 Return – 日本一ソフトウェア

2011年にリリースされたPS3版『魔界戦記ディスガイア4』に新要素を追加。さらに、追加ダウンロードコンテンツをすべて収録した完全版です。主人公はかつて暴君と呼ばれていた吸血鬼・ヴァルバトーゼ。“魔界”における政府の腐敗を正すため、世直しをするというストーリーが展開されていきます。

本作はマス目状のマップで戦うシミュレーションRPG。戦士や魔法使い、盗賊などのユニットを配置して、敵を撃破していきましょう。また、ディスガイアシリーズの代名詞となっている“やりこみ”要素も充実。レベルは9999まで上げることが可能で、育成が進めば敵へのダメージが億を超えることも。ラスボスですらワンパンで倒せます。

また、キャラ同士の掛け合いが面白いのも魅力のひとつ。どんな苦難にもポジティブシンキングで立ち向かう主人公・ヴァルバトーゼは、ディスガイアシリーズでも屈指の人気キャラ。執事の狼男・フェンリッヒをはじめ、金にがめつい強欲天使・ブルカノなど、個性的なキャラクターがたくさん出てきます。笑いあり、涙ありの勧善懲悪ストーリー。やりこみゲーが好きな方はもちろん、物語重視の方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

チャイルド オブ ライト スペシャルエディション – ユービーアイソフト

『チャイルド オブ ライト』は、PS4やXbox Oneなどのマルチプラットフォームでリリースされた人気RPGソフトです。絵本のようなグラフィックや幻想的なBGMが特長。本ソフトは、ストーリー本編のほか、計7つのダウンロードコンテンツが収録されたスペシャルエディションとなっています。

舞台は、闇の女王によって光が奪われてしまった国〈レムリア〉。少女・オーロラとなって、光を取り戻すための旅に出発しましょう。海外メーカーが制作ソフトなのですが、日本の古典RPGによく見られるコマンド制を採用。レトロな戦闘システムである一方、200種類以上のスキルが用意されており、戦略的なバトルが楽しめます。

また、同作はアクションも豊富。移動中はレバーを引いたり、光を当てたりと、簡単なパズル要素もあります。道中には隠し宝箱もあるので、ぜひコンプリートを目指してみてください。古き良きRPGが遊びたいという方におすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|アクション編

進撃の巨人 – コーエーテクモゲームス

単行本の累計発行部数が6000万部を突破した『進撃の巨人』。人間を食らう巨人たちと、必死に抵抗する人類の物語を描いた作品です。その人気はマンガだけに留まらず、アニメや実写映画など、さまざまな媒体でメディアミックスされています。

2016年にPS Vitaでリリースされた『進撃の巨人』は、アニメ1期をベースに、ゲームオリジナルストーリーを加えたもの。エレンやミカサといった主要キャラクターを操作して、巨人たちを“駆逐”しましょう。原作と同じように、対巨人用装備〈立体機動装置〉によってフィールドを縦横無尽に駆け巡れるのが魅力。華麗に空中を舞いながら、巨人の弱点である“うなじ”に刃を突き立てたら勝利です。

また、オンラインを介して最大4人の協力プレイができるのもポイント。グロテスクな表現があるので万人にはおすすめできませんが、キャラゲーとしては非常に高いレベルで完成されています。原作ファンならばぜひプレイしておきたいPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

METAL GEAR SOLID HD EDITION – コナミデジタルエンタテインメント

メタルギアシリーズでも特に名作として知られる『METAL GEAR SOLID 2 サンズ・オブ・リバティ』(以下、MGS2)と『METAL GEAR SOLID 3 スネークイーター』(以下、MGS3)がセットになったソフトです。

MGS2は伝説の傭兵であるスネークと、もうひとりの主人公・雷電の活躍を描いた作品。そして、MGS3はスネークの父親であるビッグボスの始まりを描いた作品です。それぞれHDにリマスターされたことでグラフィックが飛躍的に向上。PS2版では表現できなかった細かな部分も鮮明に描かれています。

また、同作にはソリッド・スネークの初任務である『METAL GEAR』と、その続編にあたる『METAL GEAR 2 SOLID SNAKE』が収録されているのもポイント。昔のゲームソフトなので難易度は高めですが、これ1本でメタルギアシリーズが4作も遊べてしまうことを考えるとハイコスパなソフトと言えるでしょう。

キャラクターや設定は共通しているものの、それぞれの話が独立しているので順不同でも楽しむことが可能。メタルギアシリーズ初体験の方にもおすすめのPS Vitsソフトです。

▼プロモーション動画

朧村正(元禄怪奇譚DLC全4篇プロダクトコード入りパッケージ) – マーベラス

時は元禄、将軍・徳川綱吉の治世。主役となるのは抜け忍として命を狙われる少年・鬼助。そして、悪霊に体を乗っ取られた姫・百姫。妖刀名刀の類を携えて、鬼に逢っては鬼を斬り、仏に逢っては仏を斬るという和風アクションRPGです。

簡単操作で派手な剣戟(けんげき)を楽しめるのが魅力。連続切りやガード崩し攻撃、緊急回避などを組み合わせたスタイリッシュな立ち回りも可能ですが、ボタンをポチポチと押しているだけでも簡単に敵を倒せるので、アクションゲームが苦手な方にもおすすめです。

なお、本製品は2009年に任天堂Wii対応ソフトとしてリリースされた『朧村正』の移植版に、全4篇のDLCプロダクトコードを収録したもの。それぞれ、本編主人公の鬼助や百姫とは異なる4人の主人公を取り巻くオリジナルストーリーが楽しめます。その独特なセリフ回しや世界観から、国内はもちろん、海外でも高く評価されている人気作。PS Vitaを持っているのならばぜひプレイしておきたいおすすめのソフトです。

▼プロモーション動画

影牢 ~もう1人のプリンセス~ – コーエーテクモゲームス

2014年にリリースされた『影牢 ~ダークサイド プリンセス~』にさまざまな新要素を追加した完全版です。影牢シリーズは、トラップにはめて敵を倒していくという一風変わったアクションゲーム。ジャンプ台で吹っ飛ばしたところに巨大なギロチンが降ってきて大ダメージというように、自分の考えた通りにトラップが作動するとニヤリとなるゲームです。

新しいトラップが追加されて、シリーズでも最多の合計170種類以上。自ら設置しておきながらドン引きしてしまうようなエグい罠から、コメディでありがちの金ダライが落ちてくる罠、UFOが出てきて敵を連れ去るというシュールな罠など、さまざまなトラップがあります。さまざまな罠を設置して、敵を次々と葬っていきましょう。

『影牢 ~ダークサイド プリンセス~』は、ストーリーモードが遊びやすくなっているのもポイント。チャプターセレクト機能が追加されて、手軽にやりこめるようになりました。イタズラ好きな方におすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

ベルセルク無双 – コーエーテクモゲームス

人気マンガ『ベルセルク』と一騎当千の爽快感をコンセプトにした無双シリーズがコラボ。ベルセルクとは“剣と魔法の世界”を舞台に、剣士・ガッツの復讐劇を描いたダークファンタジーです。二度のTVアニメ化に加え映画化もされるなど、世界中で人気を博しているコミックです。

本作の特長は、「重厚感あふれる壮大なストーリー」。原作でも特に評価が高い黄金時代篇から、主人公ガッツがかけがえのない仲間を得る千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇まで収録されています。コミック版を補完するセリフやエピソードのほか、劇場版アニメから120分もの映像が追加されているなど、原作ファンも満足する仕上がりとなっています。

また、パワーで敵を圧倒する「斬潰(ざんかい)アクション」が楽しめるのもポイント。大剣・ドラゴンころしをはじめ、義手に仕込まれた大砲、弓を連続で撃てる連射ボウガンなどを使用して、原作通りに暴れまわることができます。同作をマンガで親しんでいる方はもちろん、ダークな世界観が好きな方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

ドラゴンボールZ BATTLE OF Z – バンダイナムコエンターテインメント

「ドラゴンボールZ」ゲームシリーズの完全新作が登場。本作はプレイヤー1人とCPUキャラクター3人でチームを組んで戦う共闘アクションです。登場キャラクターは約70名。マンガやアニメでは実現できないドリームマッチを再現できます。

ポールをパスするように敵に追撃をする〈メテオチェイン〉や仲間と同時に攻撃をする〈シンクロラッシュ〉など、大迫力のアクションが魅力。また、キャラクターはそれぞれ格闘タイプや気弾タイプなど、4つの戦闘スタイルに分類されているのもポイントです。個々の特性を生かしつつ、自分だけのチームを組んで、強大な敵を倒しましょう。

本作はオンラインプレイにも対応。マルチミッションは最大4人、チームバトルは最大8人でプレイできます。基本的な操作はシングルプレイと同じなので安心です。定型文でメッセージを送り合えるほか、ボイスチャットも可能。ドラゴンボールファンはもちろん、会話しながらワイワイと遊びたい方におすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|シミュレーション編

ファーミングシミュレーター 18 ポケット農園4 – オーイズミ・アミュージオ

リアルな農場経営が体験できる「ファーミングシミュレーター」シリーズ最新作。延々と農作物を育てては収穫して、マーケットに卸し、その資金を元手に重機を購入しては再び農作物を育てるという極めてストイックなゲームです。

ゲームの内容だけを見ると面白いのかどうか不安になってしまいますが、実際にプレイしてみるとなんとも言えない中毒性があり、気づいたら数時間経っていたということも。本作では農業のほか、林業や畜産にチャレンジすることも可能。多角経営を行い、どんどん農園を拡大していきましょう。

欧米ではとても人気のゲームで、シリーズの合計販売本数は800万本以上。実際の重機メーカーともコラボしているのもポイントで、本作では50種類以上の重機が登場します。スローライフで癒されたい方はもちろん、重機ファンにもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

スーパーロボット大戦V – バンダイナムコエンターテインメント

2017年にバンダイナムコエンターテインメントからリリースされた『スーパーロボット大戦V』。本作はスパロボシリーズ25周年を記念する作品です。

通称“スパロボシリーズ”は、さまざまなロボット作品の機体やパイロットが共演するクロスオーバー作品。ガンダムシリーズはもちろん、宇宙戦艦ヤマトやヱヴァンゲリヲンなど、全26作品のロボットが登場します。

『スーパーロボット大戦V』は、独立型の完全オリジナルストーリー。続き物ではないので本作のみで物語が完結します。しばらくスパロボから離れていた方はもちろん、初めてプレイする方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|シューティング編

KILLZONE: MERCENARY – ソニー・インタラクティブエンタテインメント

SFチックな世界観が特長の一人称視点シューティングゲーム「キルゾーンシリーズ」。主人公は傭兵のアラン・ダナー。要人警護の仕事を請け負っていた彼は、やがて大きな陰謀に巻き込まれていきます。携帯ゲーム機とは思えないグラフィックによるドラマティックな物語は必見です。

本作はストーリーモードのほか、オンラインを介したマルチプレイにも対応。全員が敵となる「マーセナリーウォーフェア」のほか、チーム対戦の「ゲリラウォーフェア」、そして2つのチームに分かれてさまざまなルールで戦う「ウォーゾーン」が楽しめます。ただし、オンラインプレイをする際には別途オンラインプレイチケットを購入する必要があるので注意しましょう。

また、追加ダウンロードコンテンツとして「ボットゾーントレーニング」が配信されています。AIを相手にオフラインマルチプレイができるモードで、本当に対人プレイをしているような体験が可能。気軽に腕を磨くことができます。一人称のシューティングゲームが初めてという方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|アドベンチャー編

ダンガンロンパ1・2 Reload – スパイク・チュンソフト

可愛らしいキャラクターたちがコロシアイをする「ダンガンロンパシリーズ」。本作にはPSP版でリリースされた『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』と『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』の2作品が収録されています。

閉鎖空間のなかで次々と起こる殺人事件。プレイヤーは探偵役となって、犯人を暴きます。ダンガンロンパシリーズの特徴はノンストップで推理しなければならないところ。推理小説ならば証言を読み返したりしてじっくりと犯人を考えることができますが、本作ではキャラクターたちが好き勝手に話し始めるなかで、矛盾点を見つけて指摘しなければなりません。ゲームならではのリアルタイム推理をお楽しみください。

また、公式サイトでは「ハイスピード推理アクション」と明記されているとおり、推理の途中でミニゲームが挟まれるのもポイント。パズルゲーム、リズムゲーム、レースゲームなど、ジャンルはさまざまです。脳の色々な部分を使うために推理パート中はいっぱいいっぱいになりますが、犯人を当てた時の達成感は言葉にできません。謎解きが好きな方にぜひプレイして欲しいおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動 – ソニー・インタラクティブエンタテインメント

『GRAVITY DAZE』は、重力をテーマにしたアクションアドベンチャーゲームです。舞台は〈重力嵐〉に襲われた空中都市「ヘキサヴィル」。プレイヤーは少女・キトゥンを操作して、街を危機から救い出すストーリーが展開されていきます。

本作の特長は「圧倒的な浮遊感を体験できる」ところ。主人公のキトゥンは、重力の向きを変更して、好きな方向に“落ちる”ことが可能。たとえば、重力方向を頭上に設定すれば、大空に向かってどんどん落下していきます。空を自由に飛び回るゲームは少なくありませんが、どこまでも落ちていく感覚を味わえるのが魅力です。

また、重力はさまざまな方向に設定できます。水平に落ちて高速移動をしたり、壁を走ったり、平らな地面をスキーのように滑走したりと、空間を縦横無尽に駆け巡ることが可能。タイトルのとおり、目のくらむような体験ができます。3D酔いする方はキツいかもしれませんが、興味がある方はぜひプレイして欲しいPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

VA-11 Hall-A(ヴァルハラ) – PLAYISM

海外で高評だったPCゲーム『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』をPS Vitaに移植したソフトです。舞台は西暦207X年、腐敗した政府と大企業が牛耳っている都市グリッチシティ。とある路地裏にあるバー『ヴァルハラ』のバーテンダーとなって、さまざまな客にカクテルを振舞いましょう。

本作は、「カクテルによって物語が分岐するシステム」を採用しているのがポイント。ヴァルハラに訪れた客はさまざまなカクテルを注文してきますが、何を提供するのかはプレイヤーの自由。客が本当に飲みたかったカクテルを出せれば、客は心を開いてくれて物語が変化していきます。逆に変なカクテルばかりを出すと心を閉ざされるどころか、お店をクビになることもあるので注意しましょう。

ヴァルハラに訪れる客も魅力的。人間はもちろん、アンドロイド、犬、ビン詰めにされた脳など、個性的すぎるメンツが揃っています。カクテルを通して、彼らとのトークも楽しめるおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|オープンワールド編

Minecraft: PlayStation Vita Edition – ソニーインタラクティブエンタテインメント

土や木も生き物もすべてがブロックで構成されている『マインクラフト』。オープンワールドのうち、サンドボックス型のジャンルにあたるゲームです。どこまでも広がる世界で何をするのかはプレイヤー次第。家や村を作るのもよし、武器や防具を作って冒険に出かけるのもよし、動物たちとのんびり暮らすのもよしと、自由に遊ぶことができます。

同作はさまざまなハードでリリースされている人気ゲームですが、PS Vita版は異なるハード間でデータを共有できる「クロスセーブ」に対応しているのがポイント。家ではPS4版やPS3版で遊び、外ではPS Vita版で遊ぶことが可能です。いつでもどこでもマイクラをプレイしたいという方にピッタリのソフトです。

もちろん、マルチプレイにも対応。ひとつのワールドに集まって、みんなでワイワイと遊ぶことができます。「バトル ミニゲーム」では対人バトルも可能。難しい設定も不要なので、ゲームに慣れていない方も安心です。大人から子どもまで大人気のマイクラ。ものづくりが好きな方におすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ – スクウェア・エニックス

『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』は、国民的RPG・ドラゴンクエストをベースに、マイクラの要素をプラスしたオリジナルタイトルです。舞台は、勇者が魔王側に寝返ってしまった世界。空には黒雲が立ち込め、大地は荒れ放題。かつて栄えていた都市も今や瓦礫の山です。ものづくりの力を持った〈ビルダー〉となって、街を復興させましょう。

ドラクエというとコマンド式の戦闘が有名ですが、本作はアクションRPGです。フィールドでウロウロしているモンスターを殴って、そのまま倒すことが可能。敵が魔法を使ってきたらブロックを壁にして戦ったり、攻撃範囲から出ることで無傷で戦ったりと、工夫次第では格上の敵を倒せるのも魅力です。

ブロックを使って建物などを作るサンドボックス型ゲームは、自由度が高すぎるため、「何をすればいいのかわからない」という方も少なくありません。しかし、本作は設計図どおりにブロックを置くことで、簡単に本格的な建物を建てることが可能。ゲームに慣れていない方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

テラリア – スパイク・チュンソフト

土や木などのブロックを集めて、自由に建築できるサンドボックス型のオープンワールドゲーム。『マインクラフト』が3D空間であるのに対して、本タイトルは2D空間なのが特徴です。フィールドには森・砂漠・溶岩・ダンジョンなど、さまざまなエリアが存在しており、どこを冒険するのかはプレイヤーに委ねられています。

『テラリア』には時間の概念があり、夜になるとゾンビや空飛ぶ目玉など、強めの敵が出てきます。これらの敵から身を守るために、拠点となる基地を作るのが重要。条件を満たすと商人やメカニックなど、冒険を手助けしてくれるNPCが住み着くこともあるので、どんどん拡充していきましょう。

また、『テラリア』は最大8人のオンラインマルチプレイにも対応。広大なマップをみんなでワイワイと探索したり、強大なボスと戦ったり、天にも届くような基地を作ったりと、さまざまな遊びが楽しめます。自由度の高さではマイクラに負けません。ものづくりが好きな方はもちろん、歯ごたえのあるバトルが楽しみたい方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|リズムアクション編

ミラクルガールズフェスティバル – セガゲームス

『ミラクルガールズフェスティバル』は、2015年にセガゲームスからリリースされたリズムアクションゲームです。「這いよれ! ニャル子さんF」や「ご注文はうさぎですか?」など、人気美少女系アニメ11作品から総勢47名ものキャラクターが登場。各タイトルの主題歌22曲がプレイできます。

キャラクターたちは、アニメのイメージを守りつつ、3Dモデル化されています。体格はもちろん、しぐさや表情、キャラクターの個性に至るまで完璧に再現。また、コスチュームを着替えさせられたり、録り下ろしのボイスが収録されていたりと、ファンにはたまらないゲームとなっています。

ゲームシステムは、本タイトルと同じくセガゲームスからリリースされている「初音ミク Project DIVA」シリーズと同じです。画面外から流れてくるコマンドがアイコンと重なった瞬間に対応するボタンを押すだけ。ファンの方はもちろん、リズムゲームに慣れていない方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

初音ミク -Project DIVA- X – セガゲームス

ボーカロイド・初音ミクをテーマにしたリズムアクションゲーム『初音ミク -Project DIVA- X』。メドレー楽曲を含む全30曲を収録。約300種類のモジュール(コスチューム)やアクセサリーに着せ替えられるのが魅力です。

本作は新たに「ライブクエスト」が追加されています。ボーカロイドのキャラクターたちと会話を楽しみながら、リズムゲームをプレイできるストーリーモードです。装備しているモジュールによってはボーナスが付いてクリアしやすくなるので、リズムゲームがあまり得意でない方にもおすすめです。

また、ボーカロイドとコミュニケーションが楽しめるのもポイント。好きなキャラクターにプレゼントをあげることもできます。贈ったアイテムによっては特別なイベントが起こるので、いろいろと試してみましょう。リズムゲーム好きな方はもちろん、アドベンチャーゲームが好きな方はぜひプレイしてみてください。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|ボード編

いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY – スクウェア・エニックス

友情破壊ゲームとして有名な「いただきストリートシリーズ」の最新作。国民的RPGの「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」の30周年記念にリリースされたコラボタイトルです。

いただきストリートは、スゴロクタイプのボードゲーム。サイコロを振って、止まったマスにお店を建てていきましょう。ライバルがお店に止まったら買い物料をゲット。最初に目標金額に達した人が優勝です。サイコロ運が悪くても、株を購入して大金を得ることが可能。運だけではなく、戦略も求められるゲームです。タッグを組んで1位の人を蹴落とすなど、盤面外でのやりとりも重要。ただし、白熱しすぎてリアルファイトになってしまうことも多いので、気を付けてください。

本作はドラクエやFFのキャラクターが多数参戦。マップは「竜王の城」や「ゴールドソーサー」など、各タイトルを象徴する場所です。それぞれルートが異なるのはもちろん、独自のギミックがあります。臨機応変に立ち回り、勝利をもぎ取りましょう。

また、本作は最大4人のマルチプレイに対応。1台のPS Vitaを順番に回して遊べる「ローカルプレイ」、本体を持ち寄って遊ぶ「アドホック通信プレイ」、そしてインターネットを介して遊ぶ「オンライン通信プレイ」から選べます。みんなでワイワイ遊べるソフトを探している方におすすめです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|ギャルゲー編

Fate/stay night [Realta Nua] – 角川ゲームス

アプリゲーム『Fate/Grand Order』をはじめ、アニメやコミック、映画など、さまざまなメディアで大人気の「Fateシリーズ」。本タイトルはその原点にあたる作品です。

舞台は、海と山に囲まれた街・冬木市。主人公の衛宮士郎は、ある日、何でも願いが叶う願望器〈聖杯〉をめぐる争いに巻き込まれてしまいます。本作は、七人の魔術師と七騎の英霊たちによる壮大なストーリーが魅力。クリアをするごとに新しいルートが解放され、計3つのシナリオが楽しめます。

『Fate/stay night [Realta Nua]』は、元々PCソフトをPS2版に移植したタイトルです。これをPS Vitaへ再移植するに伴って、新規オープニングムービー&BGMを追加。さらに、タッチスクリーンによる操作に対応しています。プレイ時間は60時間以上という大ボリューム。Fateシリーズの原点に触れたい方におすすめのソフトです。

▼プロモーション動画

リトルバスターズ! Converted Edition – プロトタイプ

『Kanon』や『CLANNAD』など、泣きゲーで有名なゲームブランドKeyの第4作目。2007年にPCでリリースされた『リトルバスターズ!』にさまざまな新要素を追加した移植版です。

本作は、ギャルゲーでありながら「友情」をテーマにした作品。可愛らしいヒロインたちとの恋愛模様だけでなく、男友達との熱い絆が描かれているのが特長です。むしろ、友情ストーリーの合間に恋愛が楽しめると言ったほうが近いかもしれません。

また、基本的にテキストベースのアドベンチャーゲームとなっていますが、ところどころに「野球」や「バトル」などのミニゲームが挟まれているのも魅力。結果によって、特殊な会話やイベントが発生することもあります。もちろん、スキップすることもできるので、ストーリーに集中したい方も安心です。

序盤はギャグ多めの展開でありながら、ストーリーが進むとシリアスな展開になっていくのもポイント。すべてのキャラクターを攻略した後に見られるラストシナリオは涙腺が緩みます。ギャルゲーが苦手な方にもおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|ダウンロードソフト編

PS Storeでは、PS Vita用のダウンロードソフトを購入することが可能。センスがキラリと光るインディーズゲームやパッケージでは流通できない作品など、尖ったソフトが配信されています。ただし、CERO Z(対象年齢18歳以上)のコンテンツを購入する場合は、クレジットカードまたはデビットカードの登録が必要になるので注意してください。

UNDERTALE – ハチノヨン

トビー・フォックス氏がほぼ一人で開発したというインディーズRPG『UNDERTALE(アンダーテール)』。主人公は、地底世界に落ちてしまった人間の子。基本的には謎解きをしながら、出会った敵やボスと戦うというRPGです。

しかし、本作の魅力は「敵を倒さなくてもいい」という点。一応、攻撃手段はあるものの、イヌをなでたり、剣士と話をして和解したりと、勝利条件はさまざま。強そうなボスですら友達になれます。暴力的な要素が苦手な方にもおすすめです。

また、本作は音楽面でも高く評価されています。作曲も開発者であるトビー・フォックス氏が兼任しているので、シーンとの相性もバッチリ。いい意味で手作り感にあふれた、おすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

ソルト アンド サンクチュアリ – Ska Studios, LLC

アメリカのインディーズソフトメーカーが開発した『ソルト アンド サンクチュアリ』。日本のアクションRPG『Demon’s Souls』にインスパイアを受けた作品で、本作も気を抜いたら一瞬で死んでしまうようなシビアな難易度になっています。

船が難破して、見知らぬ島に漂着した主人公。霧が深いその島にはゾンビや猛犬、盗賊などが徘徊しています。敵を倒すとソルトを取得。これを聖域である〈サンクチュアリ〉にささげることでレベルアップが可能です。しかし、敵に倒されてしまうとすべてのソルトを落としてしまうので、非常にスリルのある冒険が楽しめます。

『ソルト アンド サンクチュアリ』では、自由にキャラクターを作成できます。見た目はもちろん、性別、職業、出身地など、項目は豊富。また、どのスキルを覚えるかによって同じ職業でも個性がハッキリと出てきます。登場する装備・魔法・アイテムは600種類以上。1度クリアしても繰り返し遊べるおすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

ネバーエンディング ナイトメア – PLAYISM

『ネバーエンディング ナイトメア』は、メンタルヘルスの問題で苦しんでいた開発者が実体験を元にして製作したホラーゲームです。プレイヤーは主人公・トーマスを操作して、終わりが見えない悪夢の中をさまよいます。

操作はシンプルで、「歩く」「走る」「モノを食べる」。悪夢の中では、近寄ると殺しに来る敵、音を立てると殺しに来る敵、とにかく殺しに来る敵など、危険がいっぱい。基本的には隠れるか走って逃げるしか対抗手段がありません。ただし、トーマスは喘息持ちなので長くは走れないので、逃げ切るには工夫が必要です。

最近のホラーゲームでは攻撃手段を持ったものが多いのですが、本作は完全に「追われる型」。一応、エンディングはあるものの、あまり多くは語られません。ハッキリとしたストーリーを求めている方には向きませんが、ヒリヒリした恐怖感を体験したい方におすすめのPS Vitaソフトです。

▼プロモーション動画

PS Vitaのおすすめゲームソフト|ゲームアーカイブス編

ゲームアーカイブスとは、初代プレイステーションとPCエンジンなどのゲームを300円から購入できるダウンロードサービス。従来のハードと比べてグラフィックが向上しているだけでなく、ロード・セーブ時間も早くなっています。思い出のゲームを遊びたい方はもちろん、レトロゲームが好きな方におすすめです。

聖剣伝説 ~LEGEND OF MANA~ – スクウェア・エニックス

1999年にスクウェアからリリースされたプレイステーション用のアクションRPGソフト。聖剣伝説シリーズの外伝的な作品で、万物の源「マナ」を中心とした壮大な物語が繰り広げられます。緻密なドットで描かれたグラフィックはもはや芸術の域。絵本のような世界で個性豊かなキャラクターが所狭しと暴れまわります。

また、音楽が名曲ぞろいなのもポイント。ときに幻想的で、ときに勇敢な曲は、プレイ中に思わず聞き惚れてしまうことも少なくありません。スクウェア作品における名作中の名作。RPGが好きな方はぜひプレイしてみてください。

かまいたちの夜 特別篇 – スパイク・チュンソフト

1998年にチュンソフトからリリースされたサウンドノベル『かまいたちの夜 特別篇』。スーパーファミコン用に発売されたソフトをより遊びやすく調整。さらに、隠しシナリオを追加したリメイク版です。

真冬のペンションで起こった連続殺人事件。プレイヤーは宿泊客のひとりとして、事件の謎に挑みます。本作は選択肢によって、結末が変わるマルチエンディングシステムを採用。事件が起こる前に犯人を見つけてしまうことも可能です。

シナリオは小説家の我孫子武丸氏によるもので、歯ごたえのある本格推理が楽しめます。小説と違って、ただ読み進めるだけでは決して犯人は見つかりません。謎解きゲーや推理モノが好きな方におすすめのソフトです。