ケーブルを介してスマホやタブレットなどの充電が行える「USB充電器」。最近では、充電器とケーブルが一体型になったタイプや急速充電ができるタイプ、複数の端末を同時に充電できるタイプなど、さまざまなアイテムがラインナップされています。

そこで今回は、USB充電器の選び方とおすすめの製品をご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

USB充電器とは?

By: owltech.co.jp

USB充電器とは、家庭用コンセントに差し込める電源プラグとUSBポートが搭載された、スマホやタブレットなどのUSBデバイスを充電できる機器です。USBケーブルを差し込むだけで簡単に充電できる手軽さが魅力。

USB充電器には複数のポートが搭載されており、いくつかのデバイスを同時に充電できるモノや、急速に充電できるモノなどさまざまなタイプが登場しています。スマホやタブレットだけでなく、最近ではゲーム機やカメラなどもUSB充電を採用しているモノが増えているので、USB充電器を1台持っておくと重宝します。

USB充電器の選び方

USBポートの数で選ぶ

By: amazon.co.jp

搭載しているUSBポートの数は、使い勝手に大きく影響する重要なポイントです。スマホやタブレット、ノートパソコンなど複数のデバイスを日常的に使用する方は、しっかりとチェックしておきましょう。

基本的にUSB充電器は製品全体での合計出力が決まっており、同時に多くのデバイスを接続すると充電速度が落ちる場合もあります。また、すべてのデバイスを同時に充電する機会は少ないので、デバイスと同数のUSBポートが必要とは限りません。

そのため、所持しているデバイスの数が多い方は、USBポートを2〜3つ搭載したモデルがおすすめ。反対に、普段使用するデバイスの数が少ない方は、USBポートを1〜2つ搭載したモデルで十分です。

急速充電に対応しているかチェック

By: elecom.co.jp

急速充電に対応している製品なら、急いでいるときも素早くデバイスを充電できるので便利です。急速充電に数値などの基準はありませんが、対応している規格はあるのでチェックしておきましょう。

Qualcomm社による「Quick Charge」と呼ばれる規格は、主にAndroid端末で採用されています。例えば、Quick Charge 3.0に対応していればUSB充電の約4倍のスピードでフル充電が可能。ただし、デバイスによって対応していないモデルもあるので注意しておきましょう。

そのほか、「USB Power Delivery」といったUSB Type-Cに採用されている規格があります。対応しているデバイスは多くありませんが、iPhone 11やiPad Proなど最近のApple製品では採用されているので、あわせてチェックしておきましょう。

本体のサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

USB充電器を選ぶ際には本体のサイズも要チェック。コンセントにプラグを差し込む際、本体が大きすぎるとほかのプラグスペースを埋めてしまう可能性があります。電源タップを使用している場合は特に圧迫しがちなので、コンパクトなモノがおすすめです。

安全性で選ぶ

By: amazon.co.jp

USB充電器のなかには、安全性に配慮した保護回路付きのモノもラインナップ。保護回路は充電時に過電流や過電圧、異常発熱などが発生した際に自動的に給電を止める機能のことで、端末を保護するだけでなく発火のリスクを軽減できます。

USB充電器のおすすめモデル

アンカー(ANKER) PowerPort 2 Elite A2023121

安全性を重視する方におすすめのUSB充電器です。異常高電圧を防ぐ「サージ保護」や「ショート防止」「温度管理」など多重保護システムを採用しています。また、外装には強固な加工を施しており、地面への落下や物体との摩擦によって傷が付きにくいのが特徴。

AC100ー240Vの入力電圧に対応しているため、海外旅行や出張にも活躍します。約61×58×29mmのコンパクトサイズに加え、約95gと軽量に設計されており、持ち運びにも便利なモデルです。

アンカー(ANKER) PowerCore III Fusion 5000 A1624021

モバイルバッテリー一体型のUSB充電器です。4850mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、電源が設置されていない外出先でもスマートフォンやタブレットを充電できます。また、本体をコンセントに直接差し込むだけで充電でき、約2時間40分でフル充電を行えるのが便利。

フルスピード充電に対応しているのも本製品の魅力です。最大18Wの出力によって、iPhone 11をわずか30分で最大50%まで充電できます。さらに。低電流モードを搭載しているため、イヤホンなどの小型電子機器への給電も可能なモデルです。

アンカー(ANKER) PowerPort Atom III Slim Four Ports A2045511

新素材の窒化ガリウムを採用したUSB充電器です。人工衛星や産業用機械などに用いられており、発熱を抑えて効率的に充電できます。また、サージ保護機能や電子回路ショート対策が施されているため、安全性に優れているのもポイントです。

UBS PD対応のUSB Type-Cポートを1基、USB Type-Aポートを3基搭載しており、ノートパソコンやスマートフォンを同時に充電可能。複数デバイスをまとめて充電したい方におすすめです。約89×86×18mmの薄型デザインを採用しており、省スペースで設置できます。

ラブパワー(RAVPower) USB 充電器 RP-UC11

効率的に給電できるUSB充電器です。メーカー独自技術「iSmart」によって、接続したデバイスに応じて最適な電流値での充電が可能。また、2基のポートはそれぞれ最大2.4Aに対応しており、スマートフォンやタブレットなどを同時に充電できます。

安全性に優れているのも本製品のポイントです。過充電・過放電・過熱・ショートによる損害を抑え、本体とデバイスを保護します。さらに、約53×53×27mmのコンパクトサイズは携帯に便利なほか、AC100-240Vの入力電圧対応しているため、海外旅行や出張にもおすすめのモデルです。

オーキー(Aukey) Omnia USB充電器 PA-B3

最大65Wでの出力に対応したUSB充電器です。USB PDを採用しており、Nintendo SwitchやMacBookシリーズも充電できます。また、USB Type-Aポートも1基装備しているため、スマートフォンへの同時充電も可能。

コンパクトサイズも魅力的なポイントです。52×52×30mmの寸法はカバンに入れても荷物になりにくく、折り畳み式のプラグも携帯時に便利。さらに、電流や電圧の異常を監視する「Dynamic Detect機能」を採用しており、安全面を重視する方におすすめのモデルです。

サテチ(Satechi) 75W デュアル Type-C PDトラベルチャージャー ST-MC2TCAM

利便性に優れたUSB充電器です。60Wと18Wの出力が可能なUSB PD対応のType-Cポートを搭載しており、スマートフォンからノートパソコンまで幅広いデバイスへの充電を行えます。また、USB Type-Aポートも2基搭載し、接続する機器に応じて使い分けできるのが便利です。

本体は、100ー240Vでの入力電圧に対応しており、海外で使用したい方にもおすすめ。スペースグレーのシンプルなデザインも特徴で、ビジネスシーンにもぴったりなモデルです。

エレコム(ELECOM) USB 充電器 EC-ACD01

全6基のポートを搭載したUSB充電器です。合計最大60Wの高出力を可能としており、スマートフォンやタブレットをまとめて充電できるのがポイント。また、高性能ICによって、iPhoneやAndroid端末を自動で判別することで、最適な出力で充電する「おまかせ充電」に対応しています。

1.5mのロングケーブルを採用しており、コンセントから離れた場所での設置にも便利。作業場や寝室などで使用する方にもおすすめです。ブラック・ホワイトの2カラーをラインナップしています。

チョーテック(CHOETECH) USB-C 急速充電器 Q6006

幅広い機器へ給電できるUSB充電器です。USB PDに対応しており、最大61Wの電力でMacBookやNintendo Switchへの充電も可能。また、最新素材の窒化ガリウムを採用しており、従来のシリコン半導体に比べて、電力損失や発熱量が抑えられているのがポイントです。

さらに、折り畳み式のプラグを搭載しており、携帯性を重視する方にも適しています。約114gの軽量設計で、携帯性も良好です。電気用品安全法の基準にクリアしたPSEマークを取得しているうえ、過充電や過放電などの保護システムを内蔵。安全面に配慮されたおすすめのモデルです。

Rampow USB急速充電器 JPRAMPOW-RBA13

Qualcomm社のQuick Charge2.0、3.0に準拠したUSB充電器です。デバイスへの効率的な給電を可能としており、充電時間を短縮したい方におすすめ。また、2基のポートで合計39Wの出力に対応し、スマートフォンやタブレットをまとめて充電できます。

さらに、折り畳み式のプラグタイプであるほか、58×60×28.5mmのコンパクトサイズで、リュックやパソコンケースに入れてもかさばりにくいのがポイント。持ち運びやすさを重視する方にもおすすめです。AC100ー240Vの電圧に対応しているため、世界各国への旅行や出張にも活躍します。

OMKUY USB充電器 mo-02

機能性を重視する方におすすめの充電器です。USB Type-CケーブルとLightningケーブルを搭載しており、本体1台だけでAndroidやiPhone端末への充電が可能。また、AC100ー240の電圧に対応しており、海外で使用する際に変圧器を必要としません。

モバイルバッテリー機能を搭載しているのも本製品の魅力。15000mAhの大容量で、iPhone 11を約3.2回、iPhone 8を約5回フル充電できます。さらに、過電流・過電圧・過熱・電子回路のショート対策など保護機能を備えており、安全性にも優れたモデルです。

HUNDA USB PD 充電器 HDD28-01

2種類のポートを搭載したUSB充電器です。2基のUSB Type-Cポートと3基のQuick Charge 3.0対応USBポートを搭載し、合計96Wでの高出力が可能。スマートフォンやノートパソコンをまとめて充電できるほか、デバイスを自動的に判別することで、最適な電流値によって給電します。

マルチ保護システムも魅力的なポイントです。過充電・過放電・過熱・電子回路のショートを防ぎ、本体だけでなく接続した機器を安全に保護します。縦置き用のスタンドを付属しており、狭いスペースでの設置にも便利なモデルです。

Nimaso 4ポート USB PD 充電器

据え置き用としておすすめのUSB充電器です。縦置き専用のスタンドを付属しており、デスクの狭いスペースにも設置しやすいのが特徴。最大出力60Wが可能なUSB PD対応のType-Cポートを搭載しているため、MacBookシリーズを含むノートパソコンやNintendo Switchの充電を行えます。

効率的に充電できるのも魅力的なポイントです。接続するデバイスを自動的に判別することで、機器の仕様に合わせて最適な電力を供給します。安全性を示すPSEに準拠しているほか、過充電・過電流といった保護システムを備えており、安定性を重視する方にも適したモデルです。

Ewin USBコンセント EW-CB025

使い勝手に優れたUSB充電器です。1.5mのロングコードを採用しており、コンセントから離れているオフィス環境や寝室などでの設置に便利。また、スマートICチップを内蔵しているため、接続したデバイスに応じて最適な出力で充電できます。

最大1400Wでの出力が可能なACポートを搭載している点も魅力。消費電力の高いドライヤーや掃除機などの家電製品にも対応しており、日常生活に使用できます。さらに、4基のUSBポートは、最大18Wの出力が可能なQuickCharge 3.0に準拠し、対応デバイスへの効率的な給電を行えるモデルです。

Ewin 電源タップ USB充電ポート付 JX-AC-177

3基のACポートと4基のUSBポートを搭載したUSB充電器です。USBポートのうち1口はQuickCharge 3.0に対応しています。また、コードの長さは25cmと短めで、本体内部に収納できるため、旅行や出張用にも便利。

効率的に充電できるスマートICチップも本製品のポイントです。接続したデバイスを自動的に判別し、最適な電流値での給電を可能としています。さらに、電気用品安全法に準拠したPSEマークを取得しているほか、過電流保護システムを搭載しており、安心して使用できるモデルです。

Wisan USBコンセント YHY-24004500

自宅やオフィスでの据え置き用に便利なUSB充電器です。10基のACポートと4基のUSBポートを搭載しており、スマートフォンやノートパソコンの充電、さらに家電製品への電源供給としても使用できます。また、本体で過負荷を検知すると自動的に出力を停止する安全機能を備えているため、安全性に優れているのも魅力。

省エネ効果を期待する方にもおすすめです。本体タップ上の電源スイッチを切り替えることで、待機電流を抑えられます。140×120×260mmの縦に長いタワーデザインで、スペースが限られている場所でも設置しやすいモデルです。

USB充電器のAmazonランキングをチェック

USB充電器のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。