有線タイプの充電器の代わりにワイヤレスチャージャーを使えば、スマホにケーブルを接続しなくてもスムーズに充電を始められて便利です。しかし、スマホ対応ワイヤレスチャージャーにはさまざまなモデルがあるため、自分のライフスタイルや考え方に合わせて、適切な製品を選ぶ必要があります。

今回は、スマホ対応ワイヤレスチャージャーの選び方についてお伝えし、スマホにおすすめのワイヤレスチャージャーをご紹介。

スマホ対応ワイヤレスチャージャーの選び方

スマホをワイヤレスで充電するためには、スマホと充電器の両方がQiなどのワイヤレス充電に対応している必要があります。スマホが対応していないとワイヤレスチャージャーを購入しても充電ができないので、購入する際は自分のスマホがワイヤレス充電に対応しているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

コイルの数で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホ対応ワイヤレスチャージャーは、モデルによって採用されているコイルの個数が異なります。そして、内蔵されているコイルの数が多い製品であるほど、スマホを置く位置に気を付けなくても正しく認識して充電可能です。

その一方で、採用されているコイルの数が少ないモデルほど、スマホを置く場所に気を付けないと充電器が感知できず、充電が正しく行われにくくなります。

また、内蔵されているコイルの数が多いモデルほど、値段が割高になりがちです。そのため、予算を考慮しつつ、使い勝手のよいワイヤレスチャージャーを選択しましょう。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスでの充電は、有線での充電に比べて、充電完了までに時間がかかる傾向にあります。しかし、出力が大きいワイヤレスチャージャーであるほど、出力が弱いワイヤレス充電器と比較して短時間での充電が可能です。

そのため、スマホ対応ワイヤレスチャージャーを選ぶ際には、出力の大きさも重要なポイント。しかし、スマホによって対応できる出力の大きさが異なるので、手持ちのスマホの対応出力を確認しておきましょう。

機能面で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスチャージャーの中には、「急速充電機能」や「温度調節機能」をもつモデルが存在します。急速充電機能をもつモデルであれば、通常の充電速度に比べて素早く充電できるため、急な電池切れでも安心です。

また、温度調節機能がある製品の場合、充電時のスマホや充電器本体の発熱を抑え、スマホの内蔵バッテリーやワイヤレスチャージャーの寿命が短くなるのを防ぎます。

多くの機能をもつ製品ほど、価格が高くなる傾向にあるため、予算を考えながら必要な機能を備えたワイヤレスチャージャーを選びましょう。

置き方で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホ対応ワイヤレスチャージャーの中には、スマホを立てかける箇所が付属したスタンド型と、充電器の上にスマホを寝かせた状態で設置するパッド型の2種類が存在します。

充電中のスマホを使って動画を見たり通知をチェックしたりしたい場合、スタンド型を選ぶのがおすすめです。外出時にワイヤレスチャージャーを持ち運びたい場合には、カバンなどでかさばりにくいパッド型を選ぶのがよいでしょう。

スマホ対応ワイヤレスチャージャーのおすすめ

アンカー(Anker) PowerPort Wireless 5 Stand A2523011

多くのユーザーに支持される充電製品ブランド、アンカーがリリースしているスマホ対応ワイヤレスチャージャー。スマホを水平・垂直の状態で置いても充電でき、充電しながらスマホを操作可能なのが魅力です。

また、充電中に本体から生じる熱を抑えるように設計されており、これによってスマホが高熱を帯びることなく、安全に充電できます。業界最先端の充電技術によって、iPhoneを充電する際に一般のワイヤレス充電器よりも30分ほど充電時間が短くて済むのも魅力のひとつです。

ナナミ(NANAMI) Qi 急速ワイヤレスチャージャー 220

本体内部に2つのコイルを備えることで、広めの充電面積をもつワイヤレスチャージャー。これにより、スマホを置くときの向きやずれを気にすることなく充電が可能です。

本体底部には滑り止め用のゴムが4箇所付いており、不意に体やモノが充電器に当たってしまっても本体が倒れにくくなっています。過充電を防止する機能も備えているので、スマホ内臓バッテリーの寿命を長持ちさせやすいのも嬉しいポイント。

アンカー(ANKER) PowerPort Wireless シングルコイル ワイヤレス充電器 AK-A2511011

コンパクトサイズの円盤型のスマホ対応ワイヤレスチャージャー。仕事などで外出する際にも、手軽に持ち運びしやすいのが大きな特徴です。

また、温度調節機能を搭載し、充電器本体の温度が42℃以上に達しないよう設計されているので、高熱による充電器本体の破損やスマホの故障を抑えられます。

本体側面には、赤色のLEDランプと青色のLEDランプが付いており、充電可能なときには赤色のLEDランプが点灯し、充電が始まったときに青色のLEDランプが点灯。充電が完了した際には、赤色と青色両方のLEDランプが点灯します。スマホの充電状況がひと目でわかるので便利です。

アンカー(Anker) PowerPort Wireless 10 Qi認証済み プレミアムワイヤレス充電器 43206-8109

角が丸い四角形のようなボディをしたワイヤレスチャージャー。通常の充電速度であるノーマル充電モードに加え、より素早く充電できる急速充電モードを選べるのが特徴です。

本体の底部に滑り止め機能付きの充電パッドを備えており、充電中に机の揺れなどでスマホの位置がずれるのを抑えられます。独自のマルチ保護技術によって、温度管理や電子回路のショート防止などのさまざまな保護機能を備えており、安全面を重視。長期間安心して使えるのおすすめのモデルです。

チョーテック(CHOETECH) 車載ワイヤレス充電器 T510

チョーテックがリリースしている車載タイプのワイヤレスチャージャー。本体のスタンドにはゲル吸盤が付属しており、フロントガラスやダッシュボードなどの平面ではない場所でもしっかりと固定できます。

これにより、運転中などの激しい振動でもスマホが落下しにくいのがメリット。また、コイルを3つ内蔵しており、縦向き横向きの両方で充電が可能。ドライブなどで頻繁に車を利用する方におすすめのワイヤレスチャージャーです。

シンメン(Xingmeng) QI急速ワイヤレス充電器 43206-21669

ヨットのようなフォルムをしたワイヤレスチャージャー。コイルを2つ採用しており、コイル1つのみのモデルよりも広い充電面積が確保されています。これにより、スマホの位置を気にすることなく充電できて便利です。

本体底部の手前側にはライトが搭載されており、未使用時には緑色、充電中や充電が完了したときには青色に光ります。この機能により、スマホの充電が正しく行われているかどうかがひと目でチェックできるのも特徴。

本体底部の左右4箇所には、滑り止め用のラバーが採用されており、傾いた場所でも滑らずに使用できるのも魅力のひとつです。

アンカー(Anker) PowerWave 7.5 Stand ワイヤレス充電器 AK-B2522521

アンカーがリリースしている白いカラーリングのスマホ対応ワイヤレスチャージャー。本体内部に冷却ファンと高性能チップが組み込まれており、一般的なワイヤレスチャージャーに比べて、充電速度が約30%向上しているのがメリット。

新しいモデルのiPhoneに加え、サムスンの主要モデルスマホにも対応するなど、使用可能な機器が多いのも魅力のひとつです。充電する際、スマホを縦・横どちらに置いても充電できるため、充電中のスマホを使って映像などを視聴できます。

アンカー(Anker) PowerPort Wireless 5 Pad 第2世代 Qi ワイヤレス充電器 AK-A2518011

直径100mmほどの黒い円盤型をしたスマホ対応ワイヤレスチャージャー。スマホに取り付けたケースが5mm以上の厚みをもつモノでなければ、ケースを装着したまま充電できるのが特徴です。

充電するスマホの異物探知や温度管理などのシステムが採用されており、スマホからの放熱などの異常が起こらないように設計されています。これにより、従来のワイヤレスチャージャーと比べて、スマホが高温になる危険性が軽減されているのもポイントです。

本体表面には、クッションのような性質を持つラバー素材が使われており、充電のためにスマホを本体にセットした際、互いに傷つきにくいのも魅力のひとつ。

チョーテック(CHOETECH) Qi認証済み ワイヤレス充電器 T511

チョーテックがリリースしている角が丸い正方形型のワイヤレスチャージャー。縦91.5×横91.5×厚さ10.2mmほどで、重さは約45gと軽量。外出時も手軽に持ち運びやすいモデルです。

WPCといった第三者機関にて認証を受けたモデルであるため、高品質かつ安心・安全に使い続けられるのもメリット。本体側面の前方部に内蔵されているLEDライトは目に優しく、充電の状態をひと目でチェックできるのも魅力です。

ラブパワー(RAVPower) ワイヤレス充電器 RP-PC069JP

ラブパワーがリリースしているスタンド型のワイヤレスチャージャー。ショートや過充電、過電圧を防ぐための安全機能がいくつも採用されており、安心して使用できます。

本体底部の前方にLEDライトが搭載され、光の色や点滅で充電の状態がひと目でチェックできるのもメリット。急速充電モードも備えており、従来のワイヤレスチャージャーと比較して約半分の時間で、iPhoneやサムスンのスマホの充電できるのも魅力です。

アンカー(Anker) PowerWave 7.5 ワイヤレス充電器 AK-B2514521

ワイヤレス充電器業界でも屈指の人気を誇るブランドのアンカーがリリースしているスマホ対応ワイヤレスチャージャー。新しいモデルのiPhoneやサムスンのスマホのほとんどに対応しているのが特徴です。

また、スマホに取り付けたケースの厚さが5mm未満であり、金属や磁気がないモノであれば、いちいちケースを外すことなく充電できるのも魅力のひとつ。一般的に出回っているワイヤレスチャージャーに比べ、1時間以上早く充電できるのもポイントです。

番外編|Qi未対応のスマホでもワイヤレス充電を使おう

By: amazon.co.jp

ワイヤレスチャージャーを使用したい場合、使う充電器と充電するスマホの両方がQiに対応していなければなりません。現在出回っているiPhoneやAndroid端末などのスマホの中には、まだQiに対応していないモデルが多く存在します。

しかし、Qi未対応のiPhoneやスマホであっても、ワイヤレスチャージャーのアダプタを接続することで、Qiを使ったワイヤレス充電が可能です。

端子の形が合っていたときも、microUSB端子の向きが上下反対の場合は対応できません。そのため、スマホ対応ワイヤレスチャージャーを買うときには、端子の形に加えて、microUSB端子の向きもチェックしておきましょう。

また、スマホ対応ワイヤレスチャージャーを選ぶときには、接続用ケーブルの長さにも十分に注意する必要があります。実際、接続用ケーブルの長さは、ワイヤレスチャージャーのモデルごとに違うので、自分にとって使いやすいと思える長さのモノを選びましょう。

ワイヤレスチャージャーのAmazonランキングをチェック

ワイヤレスチャージャーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。