アウトドアシーンや災害時の電源確保に重宝するのが「ソーラー充電器」です。内蔵のソーラーパネルに太陽光を当てるだけで発電できるので、コンセントがない場所や使えない状況でもスマホやタブレットが使えます。

しかし、さまざまなモデルがあるため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのソーラー充電器をご紹介します。

ソーラー充電器とは?

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器とは太陽光を利用して発電できる充電器のこと。ソーラーチャージャーとも呼ばれます。住宅の屋根などに設置しているソーラーパネルを小型化したようなモノを本体に備えており、パネル部分に太陽の光を当てることでエネルギーを電力に変換できるのが特徴です。

野外などコンセントがない場所でも電源を確保できるのがソーラー充電器のメリット。太陽光さえあれば発電できるので、アウトドアシーンや災害時でもスマホなどの電化製品を充電して利用できます。

ただし、曇りや雨の日など太陽光が弱い環境では発電に時間がかかってしまうのがデメリット。また、ソーラー充電器の発電量はパネルの面積と変換効率に左右されますが、大型のソーラーパネルを備えるモノを選ぶと持ち運びが難しくなる点には留意しておきましょう。

ソーラー充電器の種類

アウトドアや災害時に役立つ「折りたたみタイプ」

折りたたみタイプのソーラー充電器は、展開すると大型のソーラーパネルに変形できるのが特徴。十分な受光面積を確保でき、太陽光による発電量が増えるので、スマホなどの電化製品を高速で充電できます。アウトドアシーンの電源確保や災害時の備えとしてもおすすめです。

ただし、内部に発電した電力を蓄電できるバッテリーを内蔵していないモノが大半なので注意。充電に利用する際は発電時に機器をケーブルで繋げたり、一度モバイルバッテリーに蓄電したりする必要があります。また、折りたたんでもある程度の大きさと重さがある点には留意しておきましょう。

小さくて持ち運びやすい「コンパクトタイプ」

By: amazon.co.jp

コンパクトタイプのソーラー充電器は、モバイルバッテリーの上部にソーラーパネルを搭載した形状を採用しているのが特徴。通常のモバイルバッテリーと同様にコンセントからの蓄電が可能なほか、太陽光によって発電した電力も内部に蓄電できます。また、小型・軽量で持ち運びに優れているのも魅力です。

しかし、ソーラーパネルの面積が小さいので発電量は少ないのが難点。太陽光発電だけでスマホなどの充電をすると膨大な時間がかかるため、基本的にコンパクトタイプのソーラー充電器での太陽光発電はサブ機能として捉えておくのがおすすめです。

ソーラー充電器の選び方

バッテリー容量をチェック

By: amazon.co.jp

コンパクトタイプのソーラー充電器はモバイルバッテリーを内蔵しています。バッテリー容量はmAh(ミリアンペアアワー)という単位で表記されますが、数値が多くなるほど大量の電力を蓄電でき、スマホなどを複数回フル充電できるのがポイント。特に野外で使用する場合は、バッテリー容量に余裕のある20000mAh以上のモデルがおすすめです。

ただし、充電に使用できるのはバッテリー容量の6〜7割程度なので注意。例えば、バッテリー容量が20000mAhの場合、実際に機器の充電で使用できるのは12000〜14000mAhまでで、iPhone SE(第2世代)では約6回のフル充電ができます。

充電スピードをチェック

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器の充電スピードは「変換効率」と「出力電流」の2項目を確認しましょう。変換効率とは、光エネルギーから電気エネルギーへどれだけ効率的に変換できるかを表した値。市販されている製品は20〜25%前後のモノが多く、数字が大きいほど変換効率に優れたモデルです。

同面積のソーラーパネルと同容量のバッテリーを搭載する製品を単純比較した場合、変換効率の高いモデルの方がより速くフル充電可能。一方、出力電流は「A(アンペア)」という単位で表され、出力電流が大きな製品ほど、接続したデバイスを速く充電できます。

スマホやタブレットをできるだけ速く充電したい方には、2A以上など出力電流の大きなモデルがおすすめです。

USBポートの種類と数をチェック

スマホとタブレットを一緒に充電するなど複数の機器で同時に使用したい場合は、複数個のUSBポートを搭載したモデルが便利。一度にまとめて充電できるので時間の節約にも役立ちます。

USBポートの形状にはUSB Type-AとUSB Type-Cの2種類があるのもポイント。充電したい機器に付属するUSBケーブルのコネクタ形状に合ったUSBポートを搭載するモノを選べば、変換アダプタを介さずに直接繋げて充電できます。

なお、複数の機器を同時に充電したい場合はUSBポートの数だけではなく、各ポートが出力できる電流量も重要。ポートごとに出力電流が決められている場合もありますが、大半のモデルでは多くのポートを同時に利用するほど各ポートに出力電流が分散されるので、急速充電を利用したい場合は注意しましょう。

プラスαの機能をチェック

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器を屋外で使用する機会が多い方は、防水・防塵機能があるかどうかもよくチェックしておきましょう。突然の雨や夜露など多少水に濡れても心配ないうえ、アウトドアでも安心して使用が可能です。

コンパクトモデルのなかにはLEDライトを備えた製品もあり、懐中電灯代わりとして活躍します。また、災害発生時の備えとしてソーラー充電器の購入を検討している方には、ラジオ機能付きモデルもおすすめ。停電やネットの利用が困難な状況下でも、しっかりと情報確認がおこなえます。

ソーラー充電器のおすすめ|折りたたみタイプ

アンカー(ANKER) PowerPort Solar

短時間で充電を済ませたい方におすすめのモデル

2つのUSBポートを備えており、同時に2台のデバイスが充電できるソーラー充電器です。本ブランド独自の「PowerIQテクノロジー」を搭載しているのが特徴。接続されたデバイスの種類を自動的に検出し、最適な条件で高速充電がおこなえます。各ポート最大2.4A出力まで対応しているなど、短時間で充電を済ませたい方におすすめのモデルです。

また、本体重量は約420gと非常に軽量。折りたたみ時の厚さも約2.8cmと薄いので、容易に持ち運べます。さらに、コーナー部に穴が設けられているため、リュックやテントなどに吊り下げることが可能です。

ラブパワー(RAVPower) ソーラー充電器 RP-PC118

高圧力一体成型技術により薄型化を実現したモデル

高効率のソーラーパネルを3枚搭載した折りたたみ式のモデルです。最大出力2.4AのUSBポートを2つ搭載しており、最大21Wの給電が可能。また、給電の有無がひと目で分かるLEDインジケーターを備えています。

高圧力一体成型技術により薄型化を実現しているのも特徴。折りたたみ時の最厚部は約1.1cm、展開するとわずか0.28cmと、持ち運びやすいのが魅力です。さらに、IPX4等級の防水性能を搭載しているので、多少水に濡れても安心して使用が可能です。

BigBlue 28W ソーラー充電器

デバイスへの充電状況が正確に把握できる

デジタル表示パネルを備えたソーラー充電器です。本体からの出力電流値が数字で確認できるため、デバイスへの充電状況が正確に把握できます。また、高効率パネルを採用しており、2つのUSBポート合わせて最大28Wの給電が可能。ジッパー付きのポケットで充電中のデバイスをしっかりと保護します。

自動再充電機能を搭載しているのも特徴。日陰などでデバイスへの充電が中断した場合でも、日光が当たると自動で充電を再開します。再接続などの面倒な操作が不要のため、手軽さを求める方におすすめの機能です。

Rockpals 60W ソーラー充電器

ポータブル電源への充電ができる、ソーラー充電器を探している方におすすめのモデルです。変換効率23.5%の高効率パネルを4枚搭載しており、大電力の供給が可能。また、複数のアタッチメントが付属しているため、多様な種類のポータブル電源に対応できます。アウトドアユースはもちろん、災害発生時の備えにも適したモデルです。

大容量モデルながらコンパクトに折りたためるのも本モデルの特徴。ハンドル付きなので容易に持ち運べます。Quick Charge3.0対応のUSBポートを搭載しているのもポイント。さらに、最大2.4A出力のUSBポートを2つ備えているため、3台のデバイスが高速で充電できます。

ELECAENTA 30W ソーラー充電器

キャンプやトレッキングなどのアウトドアシーンで活躍するソーラー充電器です。付属のフックでテントやバックパックへの吊り下げが容易。また、オートリトライ機能を搭載しているため、曇りや晴れなど天気が変化しても毎回リセットする手間はかかりません。食事をしたり歩いたりしているあいだに、スマホやモバイルバッテリーの充電がおこなえます。

出力ポートはUSB Type-A×2とType-C×1を採用。Type-Aポートの1つはQuick Charge3.0に、Type-Cは最大18WのPower Deliveryに対応しています。多様なデバイスに対して、急速充電できる製品が欲しい方におすすめのモデルです。

ソーラー充電器のおすすめ|コンパクトタイプ

アンカー(ANKER) PowerCore Solar 20000

モバイルバッテリーなどの製品で世界的にも人気のブランド「アンカー」が販売する、コンパクトタイプのソーラー充電器です。IP65等級の防塵・防水性能を備えているのが特徴。多少雨に濡れたり砂がかかったりしても心配いりません。アウドドアシーンで安心して使える製品を求める方におすすめのモデルです。

20000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも本モデルの特徴。iPhone 12を約5回フル充電できるなど、連泊のキャンプでも電池残量を心配せずにスマホが利用できます。また、最大18Wの給電に対応するUSB Type-Cポートと、最大12WのType-Aポートを備えており、デバイスを2台同時に急速充電することが可能です。

totobay ソーラー充電器 30000mAh

6個の高輝度LEDを搭載したソーラー充電器です。懐中電灯代わりに便利なほか、フラッシュやSOSモードを備えるなど緊急時の救助要請にも活躍。アウトドア用途をはじめ、防災アイテムとしてもおすすめのモデルです。

容量30000mAhの非常に大きなバッテリーを内蔵しており、iPhone Xを8回程度フル充電できるのも特徴。また、大容量モデルながら重さは415gと軽量のため、バックパックなどに吊り下げて楽に移動することが可能です。

DeliToo ソーラー充電器 30000mAh

microUSB・Type-C・Lightningと3種類のケーブルを内蔵した製品です。iPhoneやAndroidスマホなど、さまざまなモバイルデバイスに対応できるのが特徴。ケーブルを持ち歩く必要がないため、外出時の荷物を極力減らしたい方におすすめのソーラー充電器です。また、USB Type-Aポートが付いているので、ケーブルさえ準備すれば最大4台のデバイスを同時に充電できます。

パススルー機能を搭載しているのも本モデルの特徴。USB充電器を利用し本体を充電しながら、デバイスへも給電ができるので重宝します。

Becharming 折りたたみ式 ソーラー充電器 26800mAh

折りたたみ式のソーラーパネルが付属したソーラー充電器です。本体上のパネルと合わせ、合計4枚のソーラーパネルで発電できるのが特徴。より高速な本体充電を実現しています。また、付属のパネルはマグネットバーによる脱着式を採用しているため、充電完了後は簡単に取り外すことも可能です。

2つのUSBポートを搭載しているので、2台のデバイスを同時に充電できるのも魅力。太陽光による発電性能に優れた製品を探している方は、一度チェックしてみてください。

Aoomsi ソーラー充電器 30000mAh

ワイヤレス充電機能を搭載したソーラー充電器です。デバイスを置くだけでスマートに充電したい方におすすめのモデル。Lightning・Type-C・microUSBケーブルを内蔵しているため、ワイヤレス充電非対応のモデルでも利用することが可能です。

2つのUSB Type-Aポートを利用すれば、6台同時充電にも対応が可能。30000mAhの大容量バッテリーを内蔵しているので、iPhone Xなら約7回フル充電がおこなえます。ただし、太陽光のみでの本体充電には150時間程度を要するため、ACアダプタなどでフル充電してから出かけるようにしましょう。

ソーラー充電器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ソーラー充電器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。