太陽光を利用してスマホやタブレットなどの充電ができるソーラー充電器。コンセントからの充電を必要としないので、登山などのアウトドアシーンや災害時などでも役に立つアイテムです。

そこで今回は、ソーラー充電器の選び方とおすすめモデルをご紹介。たっぷり太陽光が取り込める大型のモデルから持ち運びに便利なコンパクトタイプまでピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ソーラー充電器とは?

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器は、太陽光で発電した電気によりスマホやタブレットなどのモバイル機器を充電できるアイテムです。

現在さまざまなソーラー充電器が開発されており、薄型でコンパクトなモノから多くの太陽光を取り込めるモデルまで豊富なバリエーションを揃えているのもポイント。電源が確保できないアウトドアシーンや災害時で特に活躍してくれます。

ソーラー充電器の選び方

種類で選ぶ

折りたたみタイプ

By: amazon.co.jp

電源が十分に確保できないシーンでもモバイル端末を充電したい方におすすめなのが「折りたたみタイプ」のソーラー充電器。大半の製品がソーラーパネルを複数枚用意しており、太陽光による発電量が大きいのがメリットです。

製品を選ぶ際は電力の総ワット数を確認しておくのがポイント。なお、携行性を重視する方は折りたたみ時のサイズや重量もチェックしておきましょう。

小型(コンパクト)タイプ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器のなかでも日常的に携帯したい方に便利なのが「コンパクトタイプ」。本体サイズの都合上、太陽光を取り込むソーラーパネルの総面積が十分に確保できないので発電量が小さいのはデメリットですが、持ち運びに便利なのでモバイルバッテリー感覚で使用できるのが特徴です。

なお、購入を検討する際は出力用のUSBポート数をチェックするのもポイント。また、太陽光が取り込みやすいように使い勝手にも配慮されているかなど、機能面の充実度も確認しておきましょう。

変換効率の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器を選ぶ際は、どのくらい効率よく発電してくれるのかという点を確認するのが大切。そのため、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合を表した「変換効率」をチェックしておくのがおすすめです。変換効率は理論的に30%が限界とされており、なるべく30%に近い数値のモノを選ぶと効率よく充電ができるということになります。

充電スピードで選ぶ

By: amazon.co.jp

早く充電するためには、電流の強さを表す「A(アンペア)」の数値が大きいモノを選びましょう。基本的には数値が大きければ大きいほど充電スピードが早くなります。

目安としてスマホ1台を充電したい場合は1Aあれば十分。タブレットの充電は2Aあると安心して使えます。複数台のモバイル機器を同時に充電したい場合は、アンペア数だけではなく本体のUSBポート数もチェックするのがおすすめです。

耐久性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器は基本的に屋外での使用が多いアイテム。耐久性が低いと少しぶつけたり濡れたりするだけですぐに壊れてしまい不便なので、頑丈なモデルを選ぶのがおすすめです。さらに防水・防塵性能が備えられているソーラー充電器であれば安心して使えます。

アウトドアシーンで使う場合は温度変化に耐えられるモデルを選ぶのがおすすめ。基本的にどの製品も耐久性を考慮して作られていますが、その性能はメーカーやモデルによってある程度の差があるので購入する前に必ず確かめておきましょう。

過放電・過充電防止装置の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器のバッテリーが全くないままで放置をすると「過放電」という状態になり劣化してしまいます。逆に充電をし過ぎて「過充電」という状態になると、バッテリーが劣化するだけではなく発火してしまう可能性もあるため非常に危険。これらのトラブルを防ぐためにも、ソーラー充電器を選ぶときは過放電・過充電防止装置が搭載されているかどうかをチェックするのが大切です。

ソーラー充電器のおすすめモデル|折りたたみタイプ

ラブパワー(RAVPower) 折りたたみ式ソーラーチャージャー 24W RP-PC005

防水性と耐久性が高いナイロン素材を採用しており、アウトドアでも使いやすいソーラー充電器。変換効率21.5〜23.5%のソーラーパネルを装備して最大出力が24Wと大きいのがメリットです。USB3ポートを備えて各ポート5V・ 2.4A、合計で最大4.8Aまで出力可能。スマホはもちろん、タブレットの充電にも対応しています。

USBポートに接続されたデバイスに応じて最適な電流を供給する「iSmartテクノロジー」を採用。USBポートにデバイスを接続するだけの簡単操作なのがポイントです。本体の四隅にステンレス製フックがあるので、バックパックやテントなどに吊り下げることも容易に対応できます。

折りたたんだ時のサイズは縦305×横160×厚さ25mmで重量745g。おすすめの高出力型ソーラー充電器です。

suaoki ソーラーチャージャー 25W

コストが安い多結晶パネルに比べて効率が高い「単結晶ソーラーパネル」を4枚採用している折りたたみ式ソーラー充電器。ソーラー充電器の発電効率は20%前後が一般的ですが、本モデルは25%と発電効率が高いのがメリットです。

USBポートは2つあり、1ポートあたり最大2.1A、合計で最大3.4A(25W)で出力できるのもポイント。各USBポートは接続された機器を自動的に検出し、最適な状態で電源供給できます。

収納サイズは260×160×18mmで、重量749g。シートに防水性の高いポリエステル素材を使用しているのもアウトドアシーンでは強みです。満足度の高い折りたたみ式ソーラー充電器を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

X-DRAGON ソーラーチャージャー XD-SC-010-BORA

防水キャンバス地素材を採用したソーラーパネル5枚を搭載することによって、20000mAh大容量バッテリーを充電可能にした折りたたみ式ソーラー充電器です。iPhone Xなら5回、iPad miniであれば2回フル充電できます。サイズは長さ155×幅80×厚さ25mmで、重量は523gです。

2.1AのUSBポートを搭載し、合計で最大2.4Aまで出力することが可能。懐中電灯として使える「照明」に加え、モールス信号SOSの間隔で点滅する「SOS」、そして素早く点滅する「ストロボ」と3つのモードを備えているのもポイントです。

Iusam Direct モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 20000mAh

4枚のソーラーパネルを備えた、容量20000mAhの折りたたみ式ソーラー充電器。折りたたみ時のサイズは長さ155×幅85×厚さ30mmで、重量は535gです。

特徴はワイヤレス給電の国際規格Qi(チー)に対応している点。iPhone 8やNexus 7、AQUOS PHONE ZETAといったワイヤレス給電に対応したデバイスであれば、ケーブルを必要とせず本体上部に置くだけで充電が可能。出力用のUSBポートを2ポート搭載しているので、同時に3台まで充電できます。

過放電や過充電時に充電を自動で停止する保護回路やバッテリー残量表示インジケーター、そしてフラッシュ機能付きのLED照明も搭載。充実したソーラー充電器です。

ソーラー充電器のおすすめモデル|小型(コンパクト)タイプ

ラブパワー(RAVPower) モバイルバッテリー 10000mAh RP-PB082

容量10000mAhを搭載したソーラー充電器です。長さ155×幅85×厚さ30mm。iPhone 8なら約3回フル充電できます。ソーラー充電のほかコンセントからも充電可能なので、汎用性の高いタイプです。

「iSmart2.0出力自動判別機能」を搭載しているので接続された機器に合わせて電力を供給するので効率的に充電できます。さらに過放電や過充電そしてはショートなどの際は自動で充電停止する安全保護機能を搭載。ソーラー式LEDフラッシュライトのほか、LED4灯の残量表示インジケーターが搭載しているのもポイントです。

KEDRON モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 24000mAh

2.4AのUSBポートのほか、2.1AのmicroUSBとLightningのポートも備えたソーラー充電器。容量は24000mAhで、1度に3台のデバイスを急速充電できるのが特徴です。

サイズは長さ166×幅85×厚さ22mmで、重量は499g。過電圧や過電流、回路ショートの際は自動で充電を停止する保護機能付きで安全性も配慮されているのもポイント。白青赤の3色で電気残量を示すインジケーターも見やすくて便利です。

TSSIBE モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 24000mAh

microUSBとLightning、USB Type-Cと3種のUSB入力ポートを備えているソーラー充電器。24000mAhの大容量バッテリーに加えて2.4Aの出力ポートも4つ備えて、合計最大で4.8Aの充電が可能です。

iPhone Xを6回、iPad Airも3回充電できるのが目安。LEDランプを2つ搭載しており、懐中電灯としても利用することが可能です。

VNOOKY ソーラーチャージャーモバイルバッテリー 16000mAh

サイズが長さ142×幅75×厚さ13mmで、重量240gと軽量コンパクトなソーラー充電器です。USBケーブルを内蔵しているのが大きなメリット。しかもケーブルには変換用のType-CおよびLightningコネクタを備えたアダプターが付属しているので、さまざまな機種に対応できます。

サイズの割に容量は16000mAhと上々。iPad miniなら約2回フル充電できます。トラブル時には自動で充電を停止する保護回路も付いているので、過充電や加熱の際でも安心です。また、残量表示用の4つのLEDも搭載。コンパクトなソーラー充電器を探している方におすすめします。

ソーラー充電器のおすすめモデル|登山タイプ

ラブパワー(RAVPower) ソーラーパワーバンク

防水性と防塵性が高いほか、衝撃にも強いタフなソーラー充電器。本製品はIP66で、防水効果に関しては「全方向からの水の強い直接かけられても有害な影響を受けない」レベル、防塵効果に関しては「粉塵の侵入が完全に防護」レベルとなっているのが特徴です。

モバイルバッテリー容量は25000mAh。iPhone Xなら6回以上、iPad Miniも3回以上充電できる大容量なのがポイント。microとType-Cのほか、2つの入力用USBポートを採用しており、使い勝手は良好です。

一方、出力用ポートはQuick ChargeとUSB-CさらにiSmartポートの3タイプで同時に最大6.4Aという大きな電流で充電可能です。ソーラー充電表示LEDおよびバッテリー残量表示LED機能が付いているのもポイント。野外で気兼ねなく使えるソーラー充電器を求めている方は要チェックです。

X-DRAGON ソーラーチャージャー 10000mAh XD-SC-005-BLA

4枚のソーラーパネルと取り外し可能な10000mAhモバイルバッテリーがセットになった、折りたたみ式のソーラー充電器です。折りたたんだ時のサイズは長さ155×幅80×厚さ28mmとコンパクトで、重量も395g。太陽光のほかにAC電源やUSBから5V2Aで蓄電できる入力ポートを備えているのもポイントです。

連続点灯して懐中電灯として使える「照明」や国際救援信号である「SOS信号灯」、そして連続して点滅する「ストロボ」の3モードが備わっているので、災害対策の用途もカバー。また、ソーラーパネル部の生地は防水性キャンバスを採用しているのでアウトドアでの使用も安心です。

普段はモバイルバッテリー単体で、そしてアウトドアや災害時はソーラーパネルを取り付けてソーラー充電器として利用できるので、ソーラー充電器のなかでも汎用性のモデルを求めている方におすすめです。

AQI ソーラーチャージャー 16000mAh Moniko1020-AQI

防水規格のIPXレベル5をクリアしている防水性が高いモデル。天気の移り変わりが激しい登山時でもしっかり対応できるのが特徴です。バッテリーは16000mAの大容量。スマホなら7回程度、タブレットは約3回フル充電できる仕様です。

1Aと2Aの2つの出力用USBポートを搭載。1Aポートはスマホ、2AポートはiPadなどのタブレットを急速充電できます。過電圧や過電流そして加熱などの時に自動で動作停止する保護機能を搭載しているのもポイント。

サイズは長さ780×幅60×厚さ18mmとコンパクトにまとまっているほか、重量273gと軽いので持ち運びにも便利。6つのLEDを使った照明を備えているので、登山などのアウトドアや災害時に照明としても利用できる便利なソーラー充電器です。

YU SHUN ソーラーチャージャー 20000mAh

2Aで蓄電できる入力ポートと2つの出力用USBポートを搭載した容量20000mAhのソーラー充電器です。接続されたデバイスを自動的に検知して、デバイスに必要な電力を供給する機能がついて、フル充電すればiPhone 8なら5回以上充電できます。サイズは長さ161.5×幅81×厚さ22mmで、重量は330gです。

懐中電灯やSOS信号として使えるLED照明は約20時間連続して点灯することが可能。ストラップやライターの機能も付いているので、キャンプなどでも重宝するソーラー充電器です。