アウトドアシーンや災害時の電源確保に重宝するのが「ソーラー充電器」です。内蔵のソーラーパネルに太陽光を当てるだけで発電できるので、コンセントがない場所や使えない状況でもスマホやタブレットが使えます。

ただし、さまざまなモデルがあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのソーラー充電器をご紹介します。

ソーラー充電器とは?

By: ravpower.jp

ソーラー充電器とは太陽光を利用して発電できる充電器のこと。ソーラーチャージャーとも呼ばれます。住宅の屋根などに設置しているソーラーパネルを小型化したようなモノを本体に備えており、パネル部分に太陽の光を当てることでエネルギーを電力に変換できます。

野外などコンセントがない場所でも電源を確保できるのがソーラー充電器のメリット。太陽光さえあれば発電できるので、アウトドアシーンや災害時でもスマホなどの電化製品を充電して利用し続けられます。

ただし、曇りや雨の日など太陽光が弱い環境では発電に時間がかかってしまうのがデメリット。また、ソーラー充電器の発電量はパネルの面積と変換効率に左右されますが、大型のソーラーパネルを備えるモノを選ぶと持ち運びが難しくなります。

ソーラー充電器の種類

アウトドアや災害時に役立つ「折りたたみタイプ」

By: ravpower.jp

折りたたみタイプのソーラー充電器は、展開すると大型のソーラーパネルに変形できるのが特徴。十分な受光面積を確保でき、太陽光による発電量が増えるので、スマホなどの電化製品を高速で充電できます。アウトドアシーンの電源確保や災害時の備えとしてもおすすめです。

ただし、内部に発電した電力を蓄電できるバッテリーを内蔵していないモノが大半なので注意。充電に利用する際は発電時に機器をケーブルで繋げたり、一度モバイルバッテリーに蓄電したりする必要があります。また、折りたたんでもある程度の大きさと重さがあるので持ち運びが不便なのも難点です。

小さくて持ち運びやすい「コンパクトタイプ」

By: amazon.co.jp

コンパクトタイプのソーラー充電器は、モバイルバッテリーの上部にソーラーパネルを搭載した形状を採用しているのが特徴。通常のモバイルバッテリーと同様にコンセントからの蓄電が可能なほか、太陽光によって発電した電力も内部に蓄電できます。また、小型・軽量で持ち運びに優れているのも魅力です。

しかし、ソーラーパネルの面積が小さいので発電量は折りたたみタイプには遠く及ばないのが難点。太陽光発電だけでスマホなどの充電をすると膨大な時間がかかるため、基本的にコンパクトタイプのソーラー充電器での太陽光発電はサブ機能として捉えておくのがおすすめです。また、安全に使用するために電気用品安全法の基準を満たした証である「PSEマーク」が付いているかも確認しておきましょう。

ソーラー充電器の選び方

バッテリー容量をチェック

By: amazon.co.jp

コンパクトタイプのソーラー充電器はモバイルバッテリーを内蔵しています。バッテリー容量はmAh(ミリアンペアアワー)という単位で表記されますが、数値が多くなるほど大量の電力を蓄電でき、スマホなどで複数回のフル充電ができるのがポイント。特に野外で使用する場合は、バッテリー容量に余裕のある20000mAh以上のモデルがおすすめです。

ただし、充電に使用できるのはバッテリー容量の6〜7割程度なので注意。例えば、バッテリー容量が20000mAhの場合、実際に機器の充電で使用できるのは12000〜14000mAhまでで、iPhone SE(第2世代)では約6回のフル充電ができます。

変換効率をチェック

By: ravpower.jp

効率よく太陽光発電を利用するためには変換効率も重要。変換効率とは、ソーラーパネルが太陽光発電を行う際に太陽光エネルギーから電力を生成できる割合のことで、効率が高くなるほど限られた受光面積や光量の下でも多くの電力が発電できます。

ソーラー充電器の場合、変換効率が20~25%程度のモデルを選ぶのがおすすめ。効率よく太陽光発電を利用したい場合は、製品のスペック表を忘れずに確認しておきましょう。

充電スピードをチェック

By: ankerjapan.com

スマホなど電化製品の充電スピードを高めたい場合は、ソーラー充電器で使用できる電流量に注目。A(アンペア)という単位で表記されますが、この数値が大きくなるほど多くの電流を出力でき、機器を高速で充電できます。

スマホ1台を普通に充電する分には出力時の電流量が1Aあれば十分。ただし、スマホを短時間で急速充電したり、タブレットなど大型の機器を充電したりしたい場合は2A以上、スマホとタブレットを同時に充電したい場合は合計で3A以上の電流出力に対応するモデルを選びましょう。

USBポートの種類と数をチェック

By: ankerjapan.com

スマホとタブレットを一緒に充電するなど複数の機器で同時に使用したい場合は、複数個のUSBポートを搭載したモデルが便利。一度にまとめて充電できるので時間の節約にも役立ちます。

USBポートの形状にはUSB Type-AとUSB Type-Cの2種類があるのもポイント。充電したい機器に付属するUSBケーブルのコネクタ形状に合ったUSBポートを搭載するモノを選べば、変換アダプターを介さずに直接繋げて充電できます。

なお、複数の機器を同時に充電したい場合はUSBポートの数だけではなく、各ポートが出力できる電流量も重要。ポートごとに出力電流が決められている場合もありますが、大半のモデルでは多くのポートを同時に利用するほど各ポートに出力電流が分散されるので、急速充電を利用したい場合は注意しましょう。

ソーラー充電器のおすすめ|折りたたみタイプ

アンカー(ANKER) PowerPort Solar Lite

携帯性に優れたコンパクトな折りたたみ式ソーラー充電器です。重さは約350gで、収納時のサイズは28×16cmと折りたたみタイプとしては小型・軽量なのが特徴。持ち運びが簡単なので、移動の多い登山やハイキングでの使用におすすめです。

モバイルバッテリーにも使われているAnker独自技術の「PowerIQテクノロジー」を採用。晴れた日は最大2.1Aの電流出力が可能なため、スマホの急速充電やタブレットの充電が快適に行えます。

ザックやテントへの取り付けに便利な鉄製ループを搭載。また、充電は防水性に優れたポリエステル製のポケット内で行えるので、アウトドアシーンでも重宝します。

ラヴパワー(RAVPower) ソーラーチャージャー 16W RP-PC008

アウトドアのお供としても人気のある折りたたみ式ソーラー充電器です。3枚のソーラーパネルを備えながら、折りたたむとA4用紙よりもコンパクトに収納できるのが特徴。重さも約450gと軽いので気軽に持ち運べます。

また、太陽光発電時の変換効率が21.5〜23.5%と高いのも魅力。太陽エネルギーを無駄にせずスマホなどの機器を充電できます。加えて、ポート毎に2.4Aの出力が可能なUSB Type-Aポートを2基搭載しており、スマホ2台を同時に急速充電できるのもポイントです。

表面には防水・防塵性に優れた布地を採用。充電中に急な小雨に見舞われても安心して使えます。

ラヴパワー(RAVPower) ソーラーチャージャー 21W RP-PC118

長距離登山にも重宝する折りたたみ式ソーラー充電器です。重さは約600gで、収納時のサイズは約15×29.5cm。最大21Wの高出力に対応しながら高圧力一体成形技術によってコンパクトに収まっているので、移動の妨げにならないのが魅力です。

また、変換効率が21.5〜23.5%と高いのもポイント。USB Type-Aポートを2基備えており、ポート毎に2.4Aの電流出力に対応しています。また、充電中はLEDインジケーターが赤く点灯するので、充電状態をひと目で確認できるのも特徴です。

IPX4相当の生活防水性能に対応。加えて、工業用強度のソーラーパネルを搭載しているので、アウトドアシーンでのハードな使い方にも耐えられます。

オールパワーズ(ALLPOWERS) ソーラーチャージャー 80W AP-SP18V60W

9枚のソーラーパネルを有する折りたたみ式の中型ソーラー充電器です。重量は約1.8kgとやや重めですが、携帯に便利な手提げやテントへの取り付けに重宝するフックを搭載。

独自の「iSolarテクノロジー」によって、22〜25%の優れた変換効率が期待できます。さらに、最大3A対応のDCポートも内蔵しており、付属する10種類のコネクターを装着すれば、さまざまなメーカーのノートパソコンが充電可能です。水濡れや摩擦に強いPETソーラーパネルを採用。野外でも安心して使用できるおすすめのモデルです。

スアオキ(suaoki) ソーラーチャージャー 120W SCB-120

キャンプや災害時の電源確保に役立つ、折りたたみ式の大型ソーラー充電器です。重さは約4.97kg、収納サイズは約幅53×奥行き52.7×厚さ6cm。20%以上の変換効率が期待できる高効率ソーラーパネルを搭載しているため、曇りや日暮れなどの弱光環境でも使用できます。

最大3AのUSB Type-Aポートと最大6.66AのDCポートに加えて、USB Type-Cポートも搭載。急速充電規格であるQC3.0を採用しているので、スマホやタブレットの充電時間を大幅に短縮できます。

また、DC-SAEが付属するので車のバッテリーも充電可能。ソーラーパネルの背面にはスタンドが搭載されており、野外での設置がしやすいのも魅力です。

ソーラー充電器のおすすめ|コンパクトタイプ

ブレイバー(BLAVOR) ソーラーモバイルバッテリー 18W 20000mAh PN-W12

USB PDとワイヤレス充電にも対応するソーラーモバイルバッテリーです。20000mAhのバッテリーを内蔵。出力ポートは2基のUSB Type-A(各3A)と1基のUSB Type-C(3A)を搭載しています。

USB Type-Cは電力とデータの同時伝送が可能なUSB PDに対応。最大18Wの電力を放出できるのでスマホを急速充電したり、タブレットやノートパソコンを充電したりもできます。さらに、裏面にワイヤレス充電ポートも備えているのもポイントです。

本体の周囲は衝撃に強いシリコン製のバンパーで保護されており、USBポートには密閉性の高いカバーを搭載。さらに、登山に役立つコンパスや救難信号を送信できるSOS機能、懐中電灯として使える高輝度LEDライトも備えています。

ツネオ(TSUNEO) ソーラー充電モバイルバッテリー 24000mAh LEDライト付き

24000mAhの大容量バッテリーを搭載するソーラーモバイルバッテリーです。iPhone Xを6回以上、iPad Airを2回以上フル充電が可能。アウトドアシーンでもバッテリー切れを心配せずに楽しめます。

また、4基のUSB Type-Aポートを搭載しているため、最大4台のスマホを同時に充電可能。さらに、入力方式はmicroUSBとLightningの2種類に対応するので、iPhone付属のLightningケーブルと充電器でも内蔵バッテリーを充電可能。多機能なLEDライトも搭載したおすすめのモデルです。

ファイブスター(5Star) ソーラー充電モバイルバッテリー 25000mAh

アウトドアや防災にも役に立つ高性能なソーラーモバイルバッテリーです。4.5%の高い変換効率が期待でき、取り外し可能な4枚のソーラーパネルを搭載。加えて、microUSBやUSB Type-Cによる内蔵バッテリー充電にも対応するので、シーンに応じて多彩な充電方法が利用できます。

25000mAhの大容量バッテリーを搭載。出力専用のUSB Type-Aポート2基を備えており、1ポート単体で最大2A、2ポート合計で最大3Aの出力が可能なので、スマホの急速充電やスマホとタブレットの同時充電ができます。

IPX6相当の耐水性と耐衝撃性を有するので、多少の雨であれば安心して使用可能。比較的リーズナブルながら機能性に優れたおすすめのアイテムです。

ファンクス(FUNKS) 脱着式ソーラーチャージャー 20000mAh

折りたたみ式ソーラーパネルを備えたソーラーモバイルバッテリーです。展開すると4枚のソーラーパネルで太陽光発電が行えるのが特徴。ソーラーパネルは変換効率21%と高効率なことに加え、本体から自在に脱着もできます。

合計2Aの出力に対応する2基のUSB Type-Aポートを搭載しているので、スマホの急速充電やタブレットの充電もできます。バッテリー容量は20000mAhで、残量はLEDインジケーターで確認可能。加えて、常時点灯・点滅・SOS救難信号の3モードに対応するLEDライトも搭載しています。