太陽光を利用してスマホやタブレットなどの充電ができるソーラー充電器。コンセントからの充電を必要としないので、登山などのアウトドアシーンや災害時などでも役に立つアイテムです。

一方で、モバイルバッテリーと比べて使用シーンが限られてくるので、いざ購入するとなると迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回はソーラー充電器のおすすめモデルをご紹介。使い方や選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ソーラー充電器とは?

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器は、太陽光で発電した電気によりスマホやタブレットなどのモバイル機器を充電できるアイテムです。

現在さまざまなソーラー充電器が開発されており、薄型でコンパクトなモノから多くの太陽光を取り込めるモデルまで豊富なバリエーションを揃えているのもポイント。電源が確保できないアウトドアシーンや災害時で特に活躍してくれます。

ソーラー充電器の選び方

種類で選ぶ

折りたたみタイプ

By: amazon.co.jp

電源が十分に確保できないシーンでもモバイル端末を充電したい方におすすめなのが「折りたたみタイプ」のソーラー充電器。大半の製品がソーラーパネルを複数枚用意しており、太陽光による発電量が大きいのがメリットです。

製品を選ぶ際は電力の総ワット数を確認しておくのがポイント。なお、携行性を重視する方は折りたたみ時のサイズや重量もチェックしておきましょう。

小型(コンパクト)タイプ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器のなかでも日常的に携帯したい方に便利なのが「コンパクトタイプ」。本体サイズの都合上、太陽光を取り込むソーラーパネルの総面積が十分に確保できないので発電量が小さいのはデメリットですが、持ち運びに便利なのでモバイルバッテリー感覚で使用できるのが特徴です。

なお、購入を検討する際は出力用のUSBポート数をチェックするのもポイント。また、太陽光が取り込みやすいように使い勝手にも配慮されているかなど、機能面の充実度も確認しておきましょう。

アウトドアタイプ

By: amazon.co.jp

最近はアウトドアシーンにおいても、写真を撮影したり地図アプリを活用したりと、スマホを使用するシーンは多いもの。また、登山などで道に迷ったり、万が一ケガをしたりした際は緊急連絡手段としても役立つので、バッテリー切れは避けたいところです。

アウトドアでのソーラー充電器は、耐久性に優れていることが重要。特に、耐衝撃性だけでなく、防水機能や防塵機能を備えたものだと、雨天時やビーチのような場所でも安心して使えます。また、LEDライトがオプションでついていると、暗い場所や夜間にちょっとした灯りがほしいときに便利です。

変換効率の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器を選ぶ際は、どのくらい効率よく発電してくれるのかという点を確認するのが大切。そのため、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合を表した「変換効率」をチェックしておきましょう。

なお、変換効率は理論的に30%が限界とされており、なるべく30%に近い数値のモノを選ぶのがおすすめです。

充電スピードで選ぶ

By: amazon.co.jp

早く充電するためには、電流の強さを表す「A(アンペア)」の数値が大きいモノを選びましょう。基本的には数値が大きければ大きいほど充電スピードが早くなります。

目安としてスマホ1台を充電したい場合は1Aあれば十分。タブレットの充電は2Aあると安心して使えます。なお、複数台のモバイル機器を同時に充電したい場合は、アンペア数だけではなく本体のUSBポート数もチェックしておくと安心です。

耐久性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器は基本的に屋外での使用が多いアイテム。ちょっとした衝突ですぐに壊れてしまうモノは使い物にならないので、頑丈なモデルを選ぶのがおすすめです。さらに防水・防塵性能が備えられているソーラー充電器であれば安心して使えます。

また、アウトドアシーンで使う場合は温度変化に耐えられるかどうかもポイント。性能はメーカーやモデルによってある程度の差があるので、気になる方は購入する前にチェックしておきましょう。

過放電・過充電防止装置の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラー充電器のバッテリーが全くないままで放置をすると「過放電」という状態になり、劣化してしまいます。逆に充電をし過ぎて「過充電」という状態になると、バッテリーが劣化するだけではなく発火してしまう可能性もあるため非常に危険です。

トラブルを防ぐためにも、ソーラー充電器を選ぶときは過放電・過充電防止装置が搭載されているかどうかを確認しておきましょう。

ソーラー充電器のおすすめモデル|折りたたみタイプ

Suaoki ソーラーチャージャー

折りたたむとブリーフケースのように気軽に持ち運べるソーラー充電器。広げると自立するので、屋外やアウトドアシーンでは据え置きで充電できるのがメリットです。

高品質のサンパワーソーラーパネルを使用しているため、22~23%という高い変換効率を有しているのも特徴。USBポートだけでなくDCポートも搭載しているほか、10種類のDC変換プラグも付いているので、スマホやタブレットはもちろん、ノートパソコンの充電も可能です。

「TIR-Cテクノロジー」により、接続した端末に最適な電流で充電できるのも魅力。過熱や過充電にも配慮しているほか、防水機能も搭載されているのもポイントです。汎用性の高いソーラー充電器を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

QIMMAOL モバイルバッテリー

4枚のパネルを折りたたんで持ち運べるソーラー充電器。25000mAhの大容量でiPhone 8なら約9回充電できます。2口のUSBポートを搭載しており、一度に複数デバイスの同時充電が可能です。

本体カバーは防水性に優れている上に、接続口はシリコン製のフタがついているので屋外での使用も安心。また、過放電や過電圧を防ぐ保護機能や夜間の使用に便利なLEDライトも搭載しています。アウトドアシーンはもちろん災害時にもおすすめです。

ソーラー充電器のおすすめモデル|小型(コンパクト)タイプ

RUIPUA 大容量 ソーラーチャージャー

モバイルバッテリー付きのソーラー充電器。スマホなら機種によって回数は異なりますがおよそ5~7回、タブレットならおよそ3回の充電が可能です。

USBポートは3つ。高品質なA+リチウムポリマー電池を採用しているため、最大2.1Aでスピーディに充電できるのがポイントです。また、自動識別機能がついており、接続した端末に合わせて最適な出力で充電が可能。過熱や過充電、過放電の際は自動で充電を停止するのもポイントです。

下部にはLEDライトが2つ付いているので、アウトドアでのちょっとした灯りや、緊急時のSOS発信などにも便利。コンパクトで場所をとらず、気軽に使用できるおすすめのソーラー充電器です。

LiberFlyer Chargi-Q mini

13.2×6.8cmの手のひらに収まるソーラー充電器。複数のデバイスを一度に充電できる2口のUSBポートを搭載しています。バッテリー容量は8000mAh。iPhone 8なら約3回、iPhone Xは約2.5回充電できます。

本体は3通りの方法で充電可能です。ソーラー充電に加え、microUSBによる給電と停電時や夜間にも便利な手回し発電に対応。ソーラー充電をする場合は、電源を入れた状態で日光の下に置いておく必要があります。

本体にはアウトドアシーンにもおすすめの完全防水プラスチックを使用。災害時などに便利なLEDライトも搭載しています。また、過充電や過放電を防ぐ全保護集積回路を採用し、安全に使えることも魅力です。

ソーラー充電器のおすすめモデル|アウトドアタイプ

soluser モバイルバッテリーソーラーチャージャー

ブラックとオレンジのカラーがスタイリッシュなアウトドア仕様のソーラー充電器。容量としてはスマホを約3回充電できます。

本体の充電量はライトで示されるので、どれくらい充電できたかがひと目でわかるのも便利。USBポートは2基ついているので、2台の端末を同時に接続できます。

USBポート部分には水や砂などが入らないように保護カバーが付いているのもポイント。また、耐衝撃性にも優れており、1mの高さからの落下にも対応できます。

下部には2つのLEDライトが付いており、最大40時間の連続点灯が可能。夜間や暗い場所であれば懐中電灯のように使えるほか、フラッシュモードを使えばSOS発信にも役立ちます。

生活防水設計で、雨天時にもしっかり対応できるのも魅力。コーナーにはカラビナがついているので、ズボンのベルトループやバックパックなどに簡単に引っかけて持ち運べます。タフなアウトドアシーンでも気兼ねなく使えるソーラー充電器を探している方はぜひチェックしておきましょう。