任天堂の携帯用ゲーム機「ニンテンドー3DS」。全世界での累計販売台数が約7000万台となり、国内では1500タイトル以上のソフトがリリースされている人気のハードです。

マリオやゼルダといった任天堂の定番タイトルはもちろん、ドラゴンクエストをはじめとするビッグタイトル、モンスターハンターなどのオンラインプレイ可能なタイトルといった、さまざまなゲームが楽しめます。

そこで、今回はニンテンドー3DSのおすすめソフトをピックアップして、ジャンルごとに名作タイトルをご紹介。ゲームファンの方はもちろん、「子どもへのプレゼントに何のソフトを選べばいいの迷っている」という方も、ぜひ参考にしてみてください。

3DSのおすすめゲームソフト|新作ソフト編

ルイージマンション – 任天堂

2001年にニンテンドーゲームキューブで発売された『ルイージマンション』が3DSにリメイクされました。本作は、マリオブラザーズの弟・ルイージが初めて主人公になった作品。オバケが住む洋館を舞台に、行方不明となった兄・マリオを探すというアクションアドベンチャーゲームです。

ルイージは、某ゴーストハンターズのように掃除機〈オバキューム〉でオバケを吸い取ることが可能。ライトを当てるとオバケがひるむので、すかさずオバキュームで吸い込んでしまいましょう。ライトはニンテンドーゲームキューブ版と同じ”オリジナル”のほか、『ルイージマンション2』で登場した”ストロボ”も使うことができます。

また、本作は2人プレイに対応しているのもポイント。ソフトが2本あれば前身緑色の仲間と一緒に、すべてのステージを探索可能です。不気味な世界観でありながら、どこかコミカルな『ルイージマンション』。海外からの評価も高いおすすめの名作ゲームソフトです。

マリオ&ルイージRPG3 DX – 任天堂

2009年にニンテンドーDSでリリースされた『マリオ&ルイージRPG3!!!』をフルリメイクした作品。ゲームが苦手な方も遊べるように難易度が調整されたほか、大ボリュームの新モードも追加されたデラックスの名にふさわしいゲームソフトとなっています。

ある日突然、キノコ王国では、カラダが膨らんでコロコロと転がってしまう〈メタコロ病〉が蔓延してしまいます。原因不明の事態を解決するために立ち上がった「マリオ兄弟」。ライバル関係であるクッパと間接的に協力しながら、大冒険を繰り広げるという人気RPGです。

『マリオ&ルイージRPG3 DX』ではストーリー本編のほか、クッパの息子が主人公の『クッパJr.RPG』を収録。自分だけのクッパ軍団を編成して、バトルが楽しめます。本編では語られなかったストーリーが展開されるので、既にニンテンドーDS版をプレイした方にもおすすめ。1本のソフトで2本分のゲームが遊べる3DSソフトです。

ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス – アトラス

ゲームだけに留まらず、アニメやマンガなど、さまざまなジャンルで展開されている「ペルソナ」シリーズ。2018年11月29日に発売の『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』は、特に人気の高い4作品『P3』&『P3P』、『P4』、さらに『P5』がコラボした新作RPGです。

ゲームシステムは同メーカーの名作『世界樹の迷宮』をベースに、ペルソナ作品のアイテムやスキルなどを加えたモノ。総勢28名のキャラクターから好きなパーティを組んで、ダンジョンを探索していきましょう。

シリーズでおなじみの「ペルソナ」システムももちろん健在。特殊能力ペルソナを付け替えて、敵の弱点を突くのがバトルのコツです。敵がダウンしたら総攻撃のチャンス。総攻撃時にはちょっとしたキャラ同士の掛け合いがあるのでファンは必見です。ペルソナシリーズ経験者はもちろん、本格派RPGが好きな方はぜひチェックしてみてください。

3DSのおすすめゲームソフト|RPG編

ポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーン – 任天堂

子どもから大人まで、幅広い世代に愛されているポケットモンスターシリーズの最新作。本作『ウルトラサン・ウルトラムーン』は、前作『ポケットモンスター サン/ムーン』のストーリーに、本編では語られなかった裏ストーリーやオリジナルの要素を加えた作品となっています。

今回の舞台は、ハワイ諸島をモチーフにしたアローラ地方。エリアが変わったことでいわゆる“お約束”も一新。ポケモンシリーズを初めてプレイする方はもちろん、これまでのポケモンファンも新鮮な気持ちでプレイすることが可能です。

『ウルトラサン』と『ウルトラムーン』では、基本的なストーリーは同じですが、細かな展開や出てくるポケモンがやや異なります。物語を100%楽しみたい方やポケモンをコンプリートしたいという方は、それぞれがセットになった『ダブルパック』がおすすめです。

・ポケットモンスター ウルトラサン

・ポケットモンスター ウルトラムーン

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて – スクウェア・エニックス

国民的RPGソフト“ドラゴンクエストシリーズ”の最新作です。主人公は、かつて世界を救ったといわれる“勇者”の生まれ変わり。ドラクエシリーズにおける勇者とは、人々に慕われる英雄のような存在でしたが、本作ではなぜか“悪魔の子”と呼ばれ、兵士たちに追われる身となります。

今作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、PS4版と3DS版の2つのハードでリリースされています。3DS版は2Dモードで遊ぶことが可能。昔ながらのドット絵でプレイしたいという方には3DS版がおすすめです。冒険が進むといつでも3Dと2Dを切り替えられるので、立体的なグラフィックが好きという方も楽しめます。

また、ニンテンドー3DSの“すれちがい通信”を生かした遊び「時渡りの迷宮」が遊べるのもポイント。迷宮ではアイテムを手に入れられるほか、ファンが思わずニヤリとしてしまうような要素もあります。まだドラクエシリーズをプレイしたことがない方にもおすすめの3DSソフトです。

世界樹の迷宮X – アトラス

自分だけのキャラクターを作って冒険できる3DダンジョンRPG。ニンテンドー3DS最後の完全新作として『世界樹の迷宮X(クロス)』がリリースされました。本作の舞台は絶海の孤島〈レムリア〉。タイトルにクロスとあるように、今までのシリーズで人気だったゲームシステムを搭載しているのが特徴です。新職業「ヒーロー」を含む19種類のジョブからパーティを組み、未知のモンスターが徘徊するダンジョンに挑みましょう。

「世界樹の迷宮」シリーズの特徴である「マッピング」機能ももちろん健在。ニンテンドー3DSの下画面にダンジョンの地図を書いていくというシステムで、宝箱の位置や採取スポット、抜け穴の場所などを記した、自分だけのマップを作ることができます。自動で地図が作成される「オートマッピング」機能もあるため、冒険やバトルに集中したい方も安心。歯ごたえのあるRPGで遊びたい方におすすめのソフトです。

イナズマイレブン1・2・3!! 円堂守伝説 – レベルファイブ

ニンテンドーDSでリリースされたサッカーRPG「イナズマイレブン」シリーズのリメイク作品。1~3作目のバージョン違いを含めた計6本をすべてセットにしたソフトです。主人公は弱小サッカー部のキャプテン・円堂守。陸上部の生徒をスカウトしたり、心に傷を負った元・ストライカーを仲間にしたりと初めは寄せ集めのチームなのですが、日本一ひいては世界一を目指して、少年マンガのような熱いストーリーが展開されます。

サッカー(バトル)部分はアクション要素が強めです。野良試合や公式試合で勝つと経験値を取得。レベルが上がることで身体能力が高くなったり、必殺技を覚えたりと、ちゃんとしたRPGに仕上がっています。3DSに移植されるのに伴って、グラフィックが美しくなっているのもポイント。アニメも新シリーズが始まって、注目度が高まっているイナズマイレブン。シリーズの原点を知りたいという方におすすめの3DSソフトです。

マリオ&ルイージRPG1 DX – 任天堂

2003年にゲームボーイアドバンスでリリースされた名作RPG『マリオ&ルイージRPG』のフルリメイク版です。今作はピーチ姫の声を取り戻すために、マリオ&ルイージの兄弟が笑いあり、涙ありの冒険に出るというストーリー。兄弟で力を合わせる〈ブラザーアクション〉や〈ブラザーアタック〉を駆使して、さまざまな敵や困難を乗り越えましょう。

また、今作はメインストーリーとは別に、新たな物語「クッパ軍団RPG」が追加されているのもポイントです。行方不明になってしまったクッパを探すため、手下たちが立ち上がるというストーリー。クリボー・ヘイホー・テレサ・ノコノコからリーダーを選び、最大8名のクッパ軍団を作りましょう。キャラクターは50種類以上。マリオ&ルイージの冒険とはまた違った面白さがあります。

グラフィックだけではなく、新しいコンテンツも追加された豪華なリメイク。マリオ&ルイージRPGシリーズをプレイしたことがない方はもちろん、リメイク元である『マリオ&ルイージRPG1』をプレイしたことがある方にもおすすめの3DSソフトです。

真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY – アトラス

2009年にリリースされたニンテンドーDSソフト『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』のリメイク版。真・女神転生シリーズでも屈指の名作といわれる作品にさまざまな追加要素を加えたほか、細部に微調整を施してさらに遊びやすくしているのが特徴です。

舞台は21世紀初頭の南極に突如として現れた亜空間“シュバルツバース”。その地で調査隊が目にしたものは神話・伝説・逸話に登場するような天使や悪魔といった超自然的な存在でした。プレイヤーは調査隊の一員として、異界の地を探索するというRPGです。仲間にできる悪魔は約350種類。自分だけのパーティを組んで謎を解き明かしましょう。

荒廃した世界、個性的な悪魔たち、そしてひとつ違えたらボコボコにされてゲームオーバーになるという骨太なゲームデザイン。いわゆる王道のRPGとはいえませんが、独特の世界観に魅せられるファンは多いので、「手ごたえのあるRPGをやりたい」という方におすすめしたい3DSソフトです。

テイルズ オブ ジ アビス – バンダイナムコエンターテインメント

2005年にリリースされたPS2用RPG『テイルズ オブ ジ アビス』のニンテンドー3DS版です。テイルズオブシリーズ10周年記念作品として作られた本作は、シリーズ中でも屈指の人気作。ソフトがCDからカートリッジになったことでロード時間が大幅に短縮され、さらに遊びやすくなっています。

主人公は、公爵家の一人息子・ルーク。ある日、屋敷に不法侵入してきた少女・ティアとの出会いによって、運命の歯車が動き始めます。「自分は何のために生まれてきたのだろう」という誰もが一度は思い悩む“生まれた意味”を探すための物語です。

『テイルズ オブ ジ アビス』の魅力は、格闘ゲームのような戦闘システム。通常攻撃から必殺技につなげることで大ダメージを与えられます。敵の攻撃範囲から出ればノーダメージでやり過ごすことも可能。立ち回りによっては、格上の相手を倒せるのも魅力です。テイルズオブシリーズにおける不朽の名作。RPG好きな方はぜひプレイしてみてください。

Newニンテンドー3DS専用 Xenoblade ゼノブレイド – 任天堂

任天堂の据置型ゲーム機の「Wii」でリリースされたオープンワールド型RPG『ゼノブレイド』。圧倒的なストーリーや雄大なフィールド、やりこみ要素などが評判となり、今もなお名作として語り継がれているソフトです。Wii版はプレミアが付いていたのですが、この度のリメイクによって気軽に遊べるようになりました。

本作の魅力は「探索」。遥か遠くまで広がる大地をシームレスに移動できます。SFとファンタジーが融合した不思議な世界を冒険しましょう。また、爽快感あふれるバトルも魅力です。主人公シュルクは、“神剣モナド”の力によって少し先の未来を見ることが可能。大ダメージを受ける技を華麗に避けたり、攻撃される前に無効化したりと、対処方法はさまざま。危険と紙一重のスリルある戦いが楽しめます。

今回、Newニンテンドー3DSへの移植に伴って立体視に対応。世界に奥行きが生まれるだけでなく、バトルの臨場感も大幅にアップしました。携帯機で本格的なオープンワールド型RPGを楽しみたい方におすすめです。なお、本作はNewニンテンドー3DS専用。旧3DSではプレイできないので注意してください。

3DSのおすすめゲームソフト|アクション編

メイド イン ワリオ ゴージャス – 任天堂

「メイドインワリオ」シリーズの最新作がニンテンドー3DSで登場。5秒程度の短いプチゲームを連続してクリアしていく”瞬間アクションゲーム”です。本作は集大成的な位置づけで、シリーズ最多の300種類のプチゲームを収録。知らないおじさんの鼻毛を抜いたり、ネコが雨に濡れないように傘をさしてあげたり、トイレットペーパーを回転させて使い切ったりと、個性的なゲームが楽しめます。

各キャラクターたちから出題されるプチゲームをクリアしていく「ストーリー」をはじめ、一度遊んだゲームを練習できる「ずかん」、特殊条件をクリアしてコインを稼ぐ「ミッション」、ミニゲームやBGMなど200以上の景品を獲得できる「ガチャコロン」といった4つのゲームモードを搭載。やりこみ要素も十分なおすすめの3DSソフトです。

スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS – 任天堂

スーパーマリオのコースを自由に作成&遊ぶことができる人気ソフト。ザコ敵をたくさん配置して誰にもクリアできないような難しいコースを作ったり、面白いギミックを組み合わせて思わずアッと驚かせるコースにしたり、コインやブロックを使ってイラストを書いてみたり、楽しみ方はさまざまです。

『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』では、すぐに遊べる任天堂のオリジナルコースが100コースも収録されているので、作るのが苦手という方も安心。また、インターネットに接続すればWii U版に投稿された人気コースで遊ぶことができます。クリア率10%以下などの超難関コースにもチャレンジすることが可能です。

ニンテンドー3DSの“すれちがい通信”を使って、ユーザー同士でコースを交換できるのも魅力。魅力的なコースを作りたい方も、それをクリアしたい方も、そして両方楽しみたい方にもおすすめの3DSソフトです。

New スーパーマリオブラザーズ 2 – 任天堂

さらわれてしまったピーチ姫を助けるために、マリオとルイージがさまざまなステージにチャレンジする横スクロールアクションゲーム。ファミコンで発売された『マリオブラザーズ』のシステムを現代風に遊びやすくアレンジしているのが特徴です。

本作では、アクションゲーム初心者の方も安心してプレイできるように「アシスト機能」が採用されています。同じステージで5回ミスをすると、無敵になれる〈無敵このは〉が出現。先に進めない状態、いわゆる“詰み”を防止できます。もちろん、アイテムを取らずに頑張ることも可能です。

また、ローカル通信を利用した2人協力プレイにも対応。プレイヤーはそれぞれマリオとルイージを操作して、2人で協力しながらステージを攻略することができます。友達や家族と一緒に遊んでも盛り上がるおすすめ3DSソフトです。

モンスターハンターダブルクロス – カプコン

3DSソフト『モンスターハンタークロス』の後継作です。前作の4大モンスターに引き続き、新たにメインモンスターを2体追加。さらに、過去作に登場したディアブロス・ベリオロス・ラオシャンロンといった人気モンスターも数多く追加されています。

クロスシリーズの特徴といえば“狩猟スタイル”。今作のダブルクロスでは、既存スタイルのギルド・ストライカー・エリアル・ブシドーのほか、攻め続けることで自身を強化する〈ブレイブスタイル〉と、サポート能力に長けた〈レンキンスタイル〉が新たに追加されました。既存スタイルについても新しい必殺技(狩技)が実装され、よりスタイリッシュな狩りを楽しめます。

もちろん、モンスターハンターシリーズ最大の魅力である「マルチプレイ」にも対応。家族・友人・恋人と顔を合わせながらワイワイと楽しむローカルプレイ、そしてインターネット経由でさまざまな人と遊べるインターネットマルチプレイができます。ひとりでも十分面白いのですが、みんなと協力プレイをしたい方にもおすすめの3DSソフトです。

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D – 任天堂

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D』は、2000年にNINTENDO64でリリースされたアクションゲームです。仮面をかぶった小鬼に大切なモノを奪われてしまった少年・リンク。必死に追いかけているうちに、あと3日で破滅する滅びの世界に迷い込んでしまいます。時のオカリナによって時間をさかのぼり、世界を危機から救い出しましょう。

本作は、仮面やお面によって特殊能力を得られるのが特徴。半人半魚の「ゾーラの仮面」を身に着けて水の中を素早く泳いだり、「巨人の仮面」で体が大きくなったり、「まことのお面」をかぶることで動物の心を読んだりと、さまざまなことが可能です。

3DSへの移植に伴って、グラフィックが向上。また、64版は途中セーブができなかったのですが、3DS版ではセーブポイントが設置されたので、いつでも気軽にプレイできるようになりました。まだプレイしたことない方はもちろん、かつてクリアできなかった方にもおすすめの3DSソフトです。

ショベルナイト – 任天堂

主人公は、稀代の英雄ショベルナイト。剣の代わりにショベルを使って、敵を殴ったり、宝を掘ったりと、大冒険を繰り広げるゲームです。邪悪な魔女エンチャントレスを倒して、世界に平和を取り戻しましょう。

本作は、レトロテイストな2D横スクロールアクションゲーム。昔懐かしいファミコンのようなグラフィックとサウンドが特徴です。難易度はやや高めですが、ミスをしても直前のチェックポイントから何度でもやり直せるので安心。アクションゲームが苦手という方も気軽にスタイリッシュショベルアクションを楽しめます。

なお、『ショベルナイト』は無料でアップデートすることが可能。第1弾では悪の組織の幹部・プレイグナイト、第2弾では鎌を操るスペクターナイトが使えるようになります。レトロな雰囲気が楽しめるおすすめの3DSソフトです。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS – 任天堂

「大乱闘スマッシュブラザーズ」は、マリオやピカチュウ、リンクなど、任天堂をはじめとする人気キャラクターたちが所狭しと大乱闘する人気アクションゲームです。ライバルを攻撃して画面外に叩き出したら勝利というシンプルなルールですが、奥深さも随所にあり、海外では賞金を懸けた大会も開催されています。

今作は、シリーズ最多のファイターを収録。任天堂の人気キャラクターをはじめ、パックマンやロックマンといった、他メーカーからのゲストキャラも登場します。有料ダウンロードコンテンツとして『ストリートファイター』からは流浪の格闘家・リュウ、『ファイナルファンタジー7』からは元ソルジャー・クラウドも参戦。ゲーム業界の垣根を超えたドリームマッチが楽しめます。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』は、最大4人で対戦できる「大乱闘」のほか、コンピューターと戦う1人用モード「シンプル」、ミニゲームで遊べる「競技場」など、さまざまなモードを収録。Wi-Fiに接続すれば、「インターネット対戦」も可能です。子どものころからスマブラで遊んでいた方はもちろん、初めてシリーズを楽しむ方にもおすすめしたい3DSソフトです。

ロックマン クラシックス コレクション – カプコン

海外では”MEGA MAN”として親しまれている大人気アクションゲーム「ロックマン」シリーズ。本作はファミリーコンピュータ版としてリリースされた6作品と追加モードを収録したお得なゲームソフトです。

収録タイトルは『ロックマン』から『ロックマン6 史上最大の戦い!!』までの6作品。当時のグラフィック・サウンド・難易度はそのままに、骨太なアクションが楽しめます。さらに、各ステージやボスをリミックスした「チャレンジモード」を搭載。本編の難易度では物足りない上級者にピッタリのモードです。

また、ロックマンシリーズの貴重な資料などを閲覧できる「ミュージアムモード」も魅力。設定資料をはじめ、ラフ稿や決定稿、当時の広告宣材など、さまざまなデータが収録されています。レトロゲームが好きな方はもちろん、ファンアイテムとしておすすめの3DSソフトです。

メトロイド サムスリターンズ – 任天堂

メトロイドシリーズは、賞金稼ぎのサムス・アランを主人公とした2Dアクションゲーム。本作は1992年にゲームボーイ用ソフトとしてリリースされた『メトロイド2』のフルリメイク作品です。グラフィックがニンテンドー3DS仕様に刷新されたほか、新しいアクション要素・能力などを追加。さらに遊びやすくチューニングされているなど、ほぼ新作と言っても過言ではありません。

Lボタンを押しながらスティックを操作することで360°好きな場所を狙える「フリーエイム」、敵をひるませて強力な攻撃を与える「メレーカウンター」、特殊ゲージを使用してさまざまなスキルを発現できる「エイオンアビリティ」など、ゲームボーイ版にはなかった新要素を搭載。従来よりもスタイリッシュなバトルが楽しめるようになりました。

オリジナル版と比べて遊びやすくなったとはいえ、元々が高難易度なのでほかのゲームソフトと比べるとやや難しめです。敵の攻撃力も高く、気を抜くとすぐに倒されてしまうので要注意。骨太なアクションゲームで遊びたい方におすすめの3DSソフトです。

3DSのおすすめゲームソフト|レースゲーム編

マリオカート7 – 任天堂

マリオシリーズのキャラクターたちがレースを繰り広げる『マリオカート7』。コースは全32コース。歴代シリーズでおなじみのサーキットのほか、今作は空を飛んだり、海に潜ったりと、個性的なステージも追加されています。

マリオカートの魅力は、勝利には“運”が必要なところ。通常のレースゲームはミスをしない限りは上手い人が必ず勝ってしまうのですが、マリオカートはさまざまなアイテムを使ってレースの展開を有利にすることが可能。大人も子どもも一緒にワイワイと遊べます。

また、『マリオカート7』は通信プレイにも対応可能。3DSを持ち寄ってみんなでプレイをしたり、インターネット経由で世界のプレイヤーと最大8名のマルチプレイをしたり、さまざまな人と遊ぶことができます。3DS用のレースゲームを探している方にはぜひおすすめしたいソフトです。

3DSのおすすめゲームソフト|アドベンチャー編

進め!キノピオ隊長 – 任天堂

Wii Uでリリースされた『進め!キノピオ隊長』がパワーアップしてニンテンドー3DSで登場しました。本作は、お笑い芸人・よゐこの二人がさまざまなゲームにチャレンジするWEB番組「よゐこの○○で○○生活」でも取り上げられた人気箱庭アドベンチャー。キノピオ隊長を操作して、お宝を探しながらゴールを目指すというゲームです。

マップにはパズル的な仕掛けが施されており、ぐるぐると見まわしたり、地形を動かしたりと結構アタマを使うのがポイント。計算通りになったときは思わずガッツポーズをしたくなるような爽快感があります。低年齢向けのようでありながら、意外と奥深い『進め!キノピオ隊長』。子どもから大人まで遊べるおすすめの3DSソフトです。

名探偵ピカチュウ – ポケモン

『名探偵ピカチュウ』は、いつものキュートなピカチュウ……ではなく、ダンディーなおじさんピカチュウと共に事件を解決するアドベンチャーゲームです。舞台は、ライムシティ。人間とポケモンが助け合って暮らしていたところ、温厚だったポケモンたちが突然凶暴化する事件が相次いで発生してしまいます。主人公・ティムとなって、名探偵ピカチュウと共に事件の真相を暴きましょう。

ストーリーは、ポケモンシリーズ最大ボリュームのムービーシーンで描かれます。「てだすけモード」を使えば、いつでもピカチュウが次にすべきことを教えてくれるので、小さなお子さんでもひとりで遊べるのが魅力。年齢を問わず、ポケモン好きの方におすすめの3DSソフトです。

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- – カプコン

法廷を舞台にした逆転裁判シリーズ。プレイヤーは弁護士となって、無実の罪を着せられた依頼人を弁護するという推理アドベンチャーゲームです。なお、同シリーズは舞台化や映画化もされるなど、ゲームの枠を飛び越えて多くの人々に愛されている人気タイトルとしても知られています。

『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』は、新シリーズ・大逆転裁判の2作目で、舞台は19世紀末の大日本帝国と大英帝国。弁護士の成歩堂龍ノ介となって、怪事件に挑みましょう。

ただし、弁護士といっても本格的な法律知識は必要ありません。基本的な流れとしては、証言や証拠品に〈ムジュン〉を見つけてそれを指摘するだけ。本作ではシリーズおなじみの探偵パートや尋問のほか、名探偵シャーロック・ホームズと一緒に推理する共同推理など、謎解き要素も多めです。個性的なキャラクターたちによる掛け合いは必見。シリーズ初心者でも十分楽しめる、おすすめのゲームです。

逆転裁判123 成歩堂セレクション – カプコン

裁判をテーマにしたアドベンチャーゲーム「逆転裁判」シリーズ。新米弁護士の成歩堂龍一として法廷に立ち、無実の依頼人たちを救うという法廷バトルゲームです。現場の状況や証拠品、目撃者の証言などを武器に、真犯人を暴いていくのが魅力。推理小説や刑事ドラマが好きな方におすすめです。

『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は、ニンテンドーDSで発売された『逆転裁判 蘇る逆転』と『逆転裁判2』、そして『逆転裁判3』といった逆裁シリーズの初期作品3部作を収録したバリューパックです。ニンテンドー3DSの移植にともなってグラフィックが高解像度化。もちろん立体視にも対応しています。

個性的すぎるキャラクターやクスッと笑ってしまうセリフ回し、感動的なストーリーといったように、読み物として面白いのもポイント。「逆転裁判」シリーズの原点に触れたい方におすすめのゲームソフトです。

探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK – アークシステムワークス

1987年にファミリーコンピュータのディスクシステム用ソフトとして発売された「探偵 神宮寺三郎」シリーズ。ハードボイルドな名探偵・神宮寺三郎を主人公に、優れたシナリオや心温まるストーリーが展開される推理アドベンチャーゲームです。

『探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK』はシリーズ30周年を記念した作品。ストーリー本編のほか、携帯アプリ版として配信されていた『鬼姫伝』と『愛ゆえに』『勿忘草の想い』『揺らめくひととせ』さらにパロディ作品の『謎の事件簿3DS出張版 学園祭密室事件』の計6タイトルを収録。1本で大ボリュームのシナリオが楽しめます。

また、本作は豪華声優陣を起用しているのもポイント。主人公の神宮寺三郎役は小杉十郎太氏、助手の御苑洋子役に能登麻美子氏など、ベテラン声優による演技によって没入感がアップしています。未プレイの方はもちろん、昔からのファンにもおすすめの3DSソフトです。

ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX – バンダイナムコエンターテインメント

ゲームセンターで稼働中の『ドラゴンボールヒーローズ』。トレーディングカードをゲームに反映できるのが特徴で、子どもから大人まで大人気のゲームです。本作は、このヒーローズにオリジナル要素を加えた3DSソフト『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』の完全版です。

本作には、RPG要素がある〈アルティメットヒーローズモード〉のほか、オリジナルミッションが作成できる〈アルティメットクリエイションモード〉、そして36弾分のミッションが実装された〈アーケードモード〉が収録されています。

また、全国のユーザーデータとマッチングして疑似対戦できる〈天下一武道会モード〉も搭載。ドラゴンボールファンが楽しめるのはもちろん、アーケード版のシミュレーターとしても遊べます。やり込み要素も十分なおすすめの3DSソフトです。

3DSのおすすめゲームソフト|シミュレーション編

Girls Mode 4 スター☆スタイリスト – 任天堂

セレクトショップの店長としてお客さんをコーディネートできる「ガールズモードシリーズ」の最新作。遊びながらファッションセンスを磨くことができるため、小さな女の子から大人の女性まで幅広い層から支持されている人気ゲームです。

収録されているファッションアイテムは2万点以上。トップスやパンツだけでなく、帽子・ネックレス・バッグといった小物も豊富です。さらに本作ではネイルやブレスレットなどの新カテゴリも追加され、よりリアルにおしゃれを楽しめるようになっています。

『Girls Mode 4 スター☆スタイリスト』では、型紙やカラーを選び、自分だけのファッションアイテムを製作することが可能。インターネットに接続すれば、全国のプレイヤーたちとオリジナルの衣服などを売買できます。お子さんへのプレゼントにもおすすめの3DSソフトです。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+ – 任天堂

どうぶつたちが暮らす村に移り住み、スローライフを楽しめる「どうぶつの森シリーズ」。電車に揺られて小さな村にたどり着いたプレイヤーは、突然村長に任命されてしまいます。個性豊かなどうぶつたちと交流をしながら、自宅をコーディネートしたり、釣りをしたり、虫採りをしたりと、好きな時間を過ごしてください。

本作は、2012年に発売された『とびだせ どうぶつの森』のアップデート版です。新たにamiiboやamiiboカードに対応。ほかにも遊びやすさが改善されたほか、新しい家具の販売、倉庫の増設など、さまざまな要素も追加されています。

『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』はインターネット通信も可能です。自分の村に友達を呼んだり、逆に遊びに行ったり、南の島で一緒にミニゲームで遊ぶことができます。目的がないゆえに遊び方は無限大。長く楽しめる3DSソフトを探している方におすすめです。

牧場物語 ふたごの村+ – マーベラス

牧場物語とは、牧場で動物の世話をしたり、作物を作ったり、村の人々と交流したりするスローライフシミュレーションゲーム。今作の『牧場物語 ふたごの村+』は、ニンテンドーDSの人気ソフト『牧場物語 ふたごの村』を3DS版にリメイクしたものです。

“ふたごの村”という名前の通り、今作にはふたつの村があります。ひとつは動物がたくさんいる〈ブルーベル村〉、もうひとつは作物づくりが盛んな〈このはな村〉です。それぞれの村を行き来しながら、牧場を大きくしていきましょう。牧場生活以外にも、山に入って山菜採りや虫取りをしたり、川や浅瀬で魚を取ったり、さまざまな遊びが楽しめます。

また、通信機能を使えば最大4人のマルチプレイをすることも可能。ローカルプレイはもちろん、インターネットでの通信プレイにも対応しています。親子で一緒に作物を育てたりして遊んでみてはどうでしょうか。

3DSのおすすめゲームソフト|リズムゲーム編

アイドルタイムプリパラ 夢オールスターライブ! – タカラトミーアーツ

小さな子どもはもちろん、「プリパラおじさん」や「プリパラおばさん」と呼ばれる大人たちにも人気な『アイドルタイムプリパラ』。マイキャラを中心にアイドルユニットを作成して、ライブを行うというリズムゲームです。

アーケード版ではプレイ時間に制限があるのですが、3DSならば時間を気にせずに遊ぶことができます。トップス・ボトムス・シューズなどのアイテムが豊富で、カラーリングも自由に設定可能。コーデの組み合わせは1億通り以上で、じっくりとコーデを選びたい方におすすめです。

また、本作はアーケード版と連動できるのもポイント。3DSで作ったコーデセットやマイキャラパーツなどをアーケードゲームでも使うことができます。アーケード版のプリパラが好きな方はもちろん、プリパラをとことん極めたい方にもおすすめのゲームです。

リズム天国 ザ・ベスト+ – 任天堂

リズムに乗ってボタンを押すだけで楽しめる「リズム天国シリーズ」。いわゆる音ゲーは楽譜通りに目押しするのが一般的ですが、本シリーズには楽譜がなく、リズムに乗らないとクリアできません。まさに”音”を”楽”しむゲームと言えるでしょう。

本作はシリーズ集大成のベスト版。1作目のゲームボーイアドバンス版『リズム天国』をはじめ、DS版『リズム天国ゴールド』、Wii版『みんなのリズム天国』のそれぞれの作品から人気楽曲をピックアップ。さらに、本作オリジナル曲も30種類以上収録しており、合わせて100種類以上のリズムゲームを遊ぶことができます。

また、最大4人で遊べるマルチプレイモードを採用。みんなでリズムに乗りながら、さまざまなお題をクリアしていきましょう。単なるベスト版ではなく、新要素もたくさん加わった人気作。子どもも気軽にプレイできるおすすめの3DSソフトです。

3DSのおすすめゲームソフト|パズル編

超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido – 任天堂

〈第一次スシ大戦〉後の世界。スシを独占する帝国軍を打倒するため、主人公・ムサシが各地でスシバトルを繰り広げるアクションパズルゲームです。果たして、ムサシは帝国軍を倒して「史上最高に美味いスシ」を食べられるのでしょうか。

ツッコミどころに困らない『超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido』。本作は、無さそうで無かった回転寿司をモチーフにしたゲームソフトです。スシバトルは簡単。レーンから流れてくるスシをタッチペンで繋いで食べ、残った皿を相手にぶつけるだけ。高級皿なほど相手に与えられるダメージが大きくなります。

また、対戦プレイに対応しているのもポイント。対面形式で遊べるローカル通信をはじめ、日本国内のフレンドやプレイヤーと戦えるオンラインプレイも可能です。一見するとカオスなゲームですが、世界観やルールがしっかりと作りこまれているのが魅力。新感覚のパズルが楽しめるおすすめの3DSソフトです。

3DSのおすすめゲームソフト|テーブルゲーム編

SIMPLEシリーズ for ニンテンドー3DS Vol.1 THE 麻雀 – D3パブリッシャー

シンプルなゲームデザインにすることで価格を抑えたSIMPLEシリーズ。ニンテンドー3DS用のVol.1として麻雀がリリースされました。手軽にプレイできる〈フリー対戦〉のほか、リーグのトップを目指す〈M-1リーグ〉、そして指定されたミッションをクリアする〈チャレンジ〉など、さまざまなゲームモードが収録されています。

インターネットを経由して全国のプレイヤーと対戦することも可能。ランキング機能も搭載されているので、自分がどの程度の実力があるのかを知ることができます。また、3DSとソフトを持ち寄ってプレイする〈ローカルプレイ〉のほか、ソフト1本で最大4人まで対局できる〈ダウンロードプレイ〉も楽しめます。コスパ高すぎです。

麻雀の用語・ルールをはじめ、得点結果を簡単に算出できる麻雀計算機能が収録されているのもポイント。麻雀好きの方はもちろん、これから麻雀を学びたいという方にもおすすめしたい3DSソフトです。

遊んで将棋が強くなる! 銀星将棋DX – シルバースタージャパン

プレイステーションやパソコンなどで人気だった将棋ソフト、銀星将棋シリーズの3DS版が登場。CPUまたは人間と対局できる〈通常対局〉をはじめ、実力に応じたレベルのCPUと戦う〈レーティング対局〉、そして得意戦法を持った個性的なキャラクターと対戦する〈将棋道場〉など、さまざまな対局が楽しめます。

また、将棋を知らない方でも一から教えてくれる〈将棋教室〉が搭載されているのもポイント。基本的なルールから、駒の動かし方、戦法などを学ぶことができます。さらに、全100問の〈詰将棋〉も搭載されています。

可愛らしいイラストのため子供向けかと思いきや、内容は本格派です。将棋の練習としてはもちろん、脳のトレーニングにもピッタリ。将棋の経験者から入門者まで、幅広い層におすすめの3DSソフトです。

3DSのおすすめゲームソフト|パーティゲーム編

マリオパーティ100 ミニゲームコレクション – 任天堂

パーティゲームの決定版とも言えるマリオパーティシリーズ。マリオやルイージ、ピーチ姫などの人気キャラクターを操作しながら、さまざまなミニゲームで競い合うゲームです。本作は、1998年に「NINTENDO64」でリリースされた『マリオパーティ』から、WiiUの『マリオパーティ10』までのミニゲームを厳選。合計100種類のゲームを収録しています。

遊べるモードも豊富。スゴロクのようにボードをめぐる「ミニゲームマッチ」をはじめ、ミニゲームの勝敗数を競う「かちぬきバトル」、1人用の「ミニゲームアイランド」など、さまざまなバトルが楽しめます。

また、『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』は、ソフトが1本あれば最大4人と遊ぶことが可能。友人や家族、恋人と一緒にマリオパーティで楽しみましょう。ゲームの腕前に関わらず子どもから大人までみんなで遊べる、おすすめの3DSソフトです。

カービィ バトルデラックス! – 任天堂

誕生25周年を迎えた『星のカービィ』。ピンクのまんまるボディが特徴的で、敵を吸い込むことで能力をコピーできる未確認生物・カービィ。ゲームだけではなく、アニメ、マンガでも大活躍するなど、マリオやピカチュウと並ぶ任天堂の人気キャラクターです。

今作は、カービィ同士で戦いを繰り広げる対戦型アクションゲーム。10種類の競技の中から3つを選んでバトルを開始します。円形のコロシアムで戦う「バトルロイヤル」、リンゴを奪い合う「あつめて!リンゴマッチ」、巨大ロボを倒す「VS ロボボンカース」など、いずれも白熱する競技ばかり。個性豊かな15のコピー能力を使って、うまくライバルを出し抜きましょう。

ひとりでもプレイできるストーリーモードのほか、1本のソフトで最大4人と遊べるローカルプレイ、インターネットに繋げばオンライン対戦プレイが可能です。オンラインでは勝敗によってレーティングが変化するので、より熱いバトルが楽しめます。ひと試合が短いので、気軽に遊べるのもポイント。通勤・通学時でも楽しめるおすすめの3DSゲームです。

番外編:3DSのおすすめゲームソフト|ダウンロードソフト編

Minecraft: New Nintendo 3DS Edition – 日本マイクロソフト

世界で最も売れているPCゲームとされる「マインクラフト」。ブロックで構成される箱庭世界を探検できるゲームソフトです。ランダム生成された世界は広大で、何をするのも自由。自分の家を作ったり、宝探しをしたり、モンスターを倒したりと、好きなことをして過ごすことができます。

『Minecraft: New Nintendo 3DS Edition』は、新型のNew 3DSシリーズでのみ遊べるバージョンです。ニンテンドー3DSならではのデュアルスクリーンを活用して、片方ではゲームワールドを表示しながら、もう片方では建築キットを見るなど直感的な操作が可能。マインクラフトはニンテンドースイッチやWii Uでもリリースされていますが、いつでもどこでもプレイしたい方は3DS版がおすすめです。

Dr. MARIO ギャクテン!特効薬 & 細菌撲滅 – 任天堂

同じ色のカプセルとウイルスを4つ繋げて消す『Dr. MARIO』、L字型のカプセルでウイルスを消す『Dr. LUIGI』、そしてタッチペンで操作する『細菌撲滅』が遊べるパズルゲームです。本作は逆転の切り札「特効薬」が登場。特定のウイルスを全滅させたり、縦一列を全部消したり、一定範囲のマスをすべて消したりと、従来よりも戦略的なパズルを楽しむことができます。

『Dr. MARIO ギャクテン!特効薬 & 細菌撲滅』は対戦プレイも可能。ソフトが1本あれば、本作を持っていない人とも対戦して遊べます。また、インターネットに繋いでいればネットワーク対戦を楽しめるのも魅力。ファミコンのころからDr. MARIOをやりこんでいた方はもちろん、対戦型パズルゲームが好きな方におすすめの3DSソフトです。

ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ… – スクウェア・エニックス

1988年にファミリーコンピュータ用にリリースされたRPG『ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…』のリメイク版。発売当時は学校や会社をズル休みする人が増えるなど、社会現象になった大人気ゲームソフトです。主人公は戦士・オルテガの息子。16歳の誕生日を迎えた日、王様から魔王・バラモス討伐の使命を与えられます。しかし、魔王・バラモスにはとある秘密があり……。

本作は、キャラクターメイキングシステムが導入されているのがポイントです。最初の村にある〈ルイーダの酒場〉というところでは自由に仲間キャラクターを作成することが可能。友達の名前を付けたり、アニメやマンガのキャラクターの名前を付けたりと、好きなキャラと一緒に冒険することができます。「戦士」や「魔法使い」など、職業によって個性を出せるのもポイントです。

リメイクに伴ってグラフィックが向上。緻密なドット絵で描かれたグラフィックは現在でも通用するレベルです。昔ながらのシステムを引き継ぎつつ、新たに生まれ変わった名作ソフト。レトロゲームが好きな方はもちろん、オリジナル版をやりこんだ方にもおすすめです。

番外編:3DSのおすすめゲームソフト|バーチャルコンソール編

スーパーマリオワールド – 任天堂

『スーパーマリオワールド』は、1990年に発売されたスーパーファミコン用のゲームソフト。クッパにさらわれてしまったピーチ姫を助けるために、マリオとルイージたちが冒険を繰り広げる横スクロールアクションゲームです。スーパーファミコン本体と当時にリリースされたビッグタイトルで、スーパーマリオブラザーズシリーズの4作目にあたります。

シリーズではおなじみの恐竜・ヨッシーが初めて登場することで有名。バラエティに富んだステージには仕掛けや謎解きが盛りだくさん。隠しゴールなども存在するのでやりこみ要素も十分です。かといって難しすぎるわけではないので、子どもから大人まで楽しめるのが魅力。今遊んでも盛り上がるおすすめの3DSゲームです。ただし、本作はNewニンテンドー3DS専用ソフトなので旧型の方は注意しましょう。

ファイナルファンタジーVI – スクウェア・エニックス

『ファイナルファンタジーVI』は、1994年にスーパーファミコンで発売されたRPGです。スーパーファミコンでは最後にリリースされたFFシリーズで、2Dドットで表現されたグラフィックが特徴。細部まで描き込まれており、もはやアートと言っても過言ではないほどの高い完成度を誇ります。

また、本作は「メインプレイヤーキャラクターの全員が主人公」という、FFシリーズでは珍しいスタイルを採用。ひとりひとりにストーリーが設定されており、まるで群像劇のような人間ドラマを楽しめるのが魅力です。普通にプレイしていると見つからないような隠しキャラ・アイテム・イベントなど、やりこみ要素も盛りだくさん。ストーリーは独立しているのでFFシリーズをプレイしたことがない方はもちろん、初めてRPGを遊ぶという方にもおすすめの3DSソフトです。

MOTHER2 ギーグの逆襲 – 任天堂

1994年にスーパーファミコン用ソフトとしてリリースされたRPGソフト『MOTHER2 ギーグの逆襲』。舞台は199X年。田舎町オネットに住む少年・ネスは、ある日、未来から来た生物に自分が救世主であることを告げられ、世界を救う大冒険へと旅立ちます。

本作の特徴は、コピーライターの糸井重里がプロデュースしているところ。広告業界のプロによる斬新なアイデアが詰まった作品として知られています。特にセリフ回しが独特で、発売当時に読んだセリフを今でも覚えているという方も少なくありません。また、BGMに名曲が多いのもポイント。前作『MOTHER』にも収録されている楽曲「エイトメロディーズ」は、学校の教科書に掲載されたこともあります。

キャッチコピーが「大人も子どもも、おねーさんも。」であるように、年齢を問わずに遊べるのも魅力です。子どもでも遊べる難易度でありながら、大人も心を揺さぶられる感動のストーリー。まだプレイしたことがない子どもはもちろん、子どものころに遊んだ大人もぜひプレイしてみてください。なお、本作はNewニンテンドー3DS専用ソフトなので、旧3DSではプレイできません。ご注意してください。

ライブ・ア・ライブ – スクウェア・エニックス

1994年にスーパーファミコンでリリースされた『ライブ・ア・ライブ』。当時、「ファイナルファンタジー」や「ロマンシング サ・ガ」といった名作を次々と生み出していたスクウェアが開発したゲームソフトです。本作は異なる場所・時代を舞台に、それぞれの主人公たちによる7つ(+α)のシナリオが楽しめるオムニバス形式のRPGとなっています。

シナリオはいずれもジャンルがバラバラ。正統派RPGのように進む「近未来編」もあれば、バトルのみで進む「現代編」、アドベンチャーゲームのようにテキスト中心の「SF編」など、型破りのモノばかりです。また、キャラクターデザインは当時、小学館で連載を持っていた人気マンガ家というのもポイント。個性的なキャラクターたちによる魅力的なストーリーが展開されます。

今もなおスクウェア作品の隠れた名作として語り継がれている『ライブ・ア・ライブ』。長らくリメイクされていなかったのですが、この度、バーチャルコンソールソフトとしてニンテンドー3DSでプレイできるようになりました。レトロゲーム好きの方にはぜひプレイして欲しいおすすめのタイトルです。

ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女 – 任天堂

『ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女』は、1998年にスーパーファミコン用ソフトとして登場したアドベンチャーゲーム。元々は1989年にファミリーコンピュータのディスクシステム用に発売された作品で、本作はグラフィックやゲームシステムを刷新したリメイク作品を移植したものです。

探偵助手として、女子高生の殺人事件について調べていた主人公。調査を進めるうちに、学校で怪談として語られている「うしろの少女」と奇妙なつながりがあることが発覚します。聞き込みをしたり、怪しい場所を調べたりしながら事件の真相を明らかにしましょう。

タイトルに「PARTⅡ」とありますが、前作『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』の前日譚に当たる作品のため、未プレイの方も気にせず遊ぶことができます。サスペンスが好きな方はもちろん、ホラー系の読み物が好きな方にもおすすめの3DSソフトです。