登山やサイクリングなどのアクティビティでは、方位や高度などのデータが気になるところ。スマホアプリを活用すれば確認できますが、カバンやポケットから取り出してチェックするのは少々面倒です。

そんなときにおすすめなのが「スマートウォッチ」。スマホと連携させれば、データ管理ができるので便利です。そこで今回は、耐久性と機能性に優れたカシオのスマートウォッチのおすすめ人気モデルをご紹介します。

カシオ(CASIO)

カシオは1946年創業の老舗電子機器メーカー。電卓や電子辞書、デジタルカメラなどあらゆる電子機器を製造・販売していますが、その中でも世界的に有名なのが時計です。

大ヒットを飛ばしたG-SHOCKのほかにもさまざまな時計ブランドを持つカシオは、幅広い世代に愛される時計メーカーとして知られています。

カシオの特長

カシオの腕時計の大きな特長のひとつである耐久性。落下強度10m・防水性能10気圧・電池性能10年の「トリプル10」を開発思想に掲げたG-SHOCKは、耐久性に優れた腕時計としてヒットしました。それまでの腕時計は繊細なモノばかりでしたが、G-SHOCKの登場によりその概念が覆されたのです。

また、カシオの腕時計は高性能なシリーズを豊富に揃えているという特長もあります。耐久性に加えてストップウォッチタイマーやアラームなどの便利な機能を備えているG-SHOCKをはじめ、本格的なアウトドアウォッチシリーズであるプロトレックは高度・気圧・方位・温度が計測できるトリプルセンサーを搭載。

BluetootやGPSを搭載した電波時計のオシアナスは、高級腕時計にも負けないエレガントなデザインでビジネスシーンにもおすすめです。カシオらしい独創性にあふれたブランドが数多く展開されています。

カシオのスマートウォッチおすすめ人気モデル

カシオ(CASIO) スマートアウトドアウォッチ WSD-F10

釣りやヨットなどのマリンレジャーやマリンスポーツが趣味という方におすすめの製品。スマートウォッチでありながら5気圧防水を搭載しているモデルとして話題になりました。

方位・気圧・高度・日の出/日の入り時刻・タイドグラフ・活動グラフなどを計測する専用アプリが搭載されており、天候の変化や活動量がリアルタイムで確認可能です。音声認識マイクを搭載しているので、両手が離せないときでも操作できます。カシオオリジナルのAndroidアプリをインストールすれば、スマホとスマートウォッチの連携ができるため便利です。

カシオ(CASIO) プロトレックスマート WSD-F20

Android Wear 2.0を採用したスマートウォッチ。事前に地図をダウンロードしておけば、海や山などの電波が安定しない場所でもオフラインでデータを表示できます。

方位・高度・気圧計測・日の出/日の入りはもちろん、圧力センサーや加速度センサーを使えば自然環境の変化や活動量の計測も可能です。休憩のタイミングや残りの高度など、アクティビティ中に知らせて欲しい情報を自動で通知してくれる「MOMENT SETTER」というアプリも搭載されています。

カシオ(CASIO) スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート WSD-F20X

ウィンタースポーツ向けのスマートウォッチ。バンド部分が取り外しでき、ロングタイプのクロスバンドに付け替えれば厚手のウェアの上からでも着用できます。

アクティビティアプリのスノーモードでは、スキーやスノーボードなどの軌跡やトップスピードを表示可能です。また、新しく搭載された「プレイス」を活用すれば、あらかじめGoogleカレンダーに登録された予定と場所を選択することで、文字盤の背景に地図を表示できます。シンプルなデザインでどんなファッションにも合うスマートウォッチです。