手軽に心拍数などのデータを計測できる「活動量計」。ウェアラブルデバイスとも呼ばれますが、腰回りや手首などに身に付けて健康管理ができるアイテムです。

今回は、活動量計のおすすめモデルをご紹介。シンプルなモデルはもちろん、GPS機能が搭載されている製品などもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

活動量計とは?

By: amazon.co.jp

活動量計とは歩行中だけでなく、家事や仕事など、さまざまな活動から1日の総消費カロリーを計測する便利なアイテム。ポケットに入れて持ち歩くタイプもありますが、現在はウェアラブル端末として活用できるリストバンド型のモノが主流です。

活動量計の選び方

使用目的で選ぶ

活動量計を選ぶ際は、日常生活における消費カロリーを計測したいのか、睡眠の管理をしたいのか、トレーニング用に使いたいのかなど、使う目的によっておすすめの製品が異なります。

そのうえで、活動量を選ぶ際にどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして製品を選びましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計の基本機能のなかには、歩数や移動距離を測定し消費カロリーを算出するのはもちろん、睡眠を管理する睡眠計の機能も存在しています。睡眠管理といっても、時間だけ計測するモノや、浅い・深いなど睡眠の質まで把握できるモノなど、性能の高さもさまざまです。

そのほか、スマホと連携して着信の確認ができるかなどで選ぶのもおすすめ。活動量計の便利機能のなかには、心拍計などからストレス度合いを把握したり、ランニング記録を残したりするのに便利なGPS機能付きのモデルもあります。どんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして、製品を選びましょう。

防水性能の有無で選ぶ

雨の日でも運動をする方や、水中でトレーニングをする方は防水性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。また、防水でも対応できる水深が異なるので、水中で使う方は、対応できる水深までしっかりチェックしておきましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計を装着した際にストレスにならないかどうかは、継続して使い続けられるかに関わります。そのため、活動量計を選ぶうえでデザインもポイントです。

また、カラー・柄が施されたモノや高級感があるモノ、ポップなイメージの活動量計もあります。長く使うモノであれば、見た目のよさも考えて選ぶのもおすすめです。

活動量計のおすすめメーカー

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンはGPS機器メーカーを開発している企業で、主にアクションカメラやドライブレコーダー、ウェアラブル端末などの製品を開発しています。

なかでも、最近注目を集めているのが活動量計。GPS機能を搭載しているのはもちろん、カジュアルさやスポーティなデザインも人気の理由です。

ガーミンの活動量計は「vivofit」「vivosmart」「vivoactive」の3シリーズを展開。「vivofit」は活動量計において必要な機能を搭載したスタンダードモデル、「vivosmart」はスマホとの連携に強いス現代型のモデル、「vivoactive」はスポーツモードを強化したモデルです。

フィットビット(Fitbit)

By: amazon.co.jp

活動量計を販売しているメーカーのなかでも、高い性能で人気のあるメーカー。価格は総じて比較的高めですが、しっかりとした性能の活動量計を選びたい方におすすめです。

優れた性能でコンパクトなところも魅力。なお、同メーカーはアプリも展開しており、その使い勝手も良好です。本体とアプリの連携によって、心拍数計・睡眠状態・運動能力を効率的に把握できるので、健康志向の方はぜひチェックしておきましょう。

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

タニタの活動量計は、見た目がカジュアルで性別を問わず馴染みやすく、比較的リーズナブルなのが特徴。使い勝手に配慮した設計を採用しており、ガジェットに不慣れなユーザーでも迷わず使えます。

さらに、同社の活動量計はリストバンド型ではなく、ネックストラップやクリップで取り付けるタイプを採用しているのも魅力。計測方法にもこだわりがあり、消費カロリーを測定する「呼気分析法(間接熱量測定)」のデータと体組成情報を組み合わせることで、より正確な消費エネルギー量を推定します。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

シンプルで洗練されたデザインの機種が揃うソニー。老若男女を問わずマッチするのが特徴です。軽量設計なので、手首や足首への負担も少ないことも人気の理由。体型に合わせて、ベルトをスムーズに調節できるのも魅力です。

同社製品はアクティブトラッカー機能に定評があり、手軽に心拍数や消費カロリーなどが測定できるのもポイント。眠りの深さを自動計測できるほか、その日の睡眠状態の確認も可能です。自分の活動バランスがわかる、パーソナル性の高い活動量計を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

活動量計のおすすめモデル

ガーミン(GARMIN) vivosport Slate

ガーミン(GARMIN) vivosport Slate

日常的にスポーツを楽しんでいる方におすすめの活動量計。メーカー独自の機能「Move IQ」によって自動的にトレーニングを認識してくれるので、ちょっとした合間の運動でもしっかりとデータを残せるのが特徴です。

また、手首で心拍数を測定するElevateが備わっているのも魅力。運動中に摂取可能な酸素の最大量を表す「VO2 max」とフィットネス年齢を推計できるほか、HRV(心拍変動)も記録可能です。

さらに、GPSを内蔵しているので、ルート確認がしっかりとできるのもポイント。時間やペースをデータとして見える化できるので、トレーニング内容を振り返る際に便利です。運動を日課としたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

ガーミン(GARMIN) Instinct

ガーミン(GARMIN) Instinct

タフなアウトドドアウォッチ仕様の活動量計。耐衝撃性・耐熱性・耐水性に優れており、シーンを問わず安心して身に付けられるのが特徴です。

また、衛星測位システムはGPS・GLONASS・みちびき・Galileoに対応しており、精度が高いのもポイント。ランニングやウォーキングはもちろん、スイミング・クライミング・スキー・スノーボード・ヨガなど、幅広いエクササイズやアクティビティに対応できるのも魅力です。汎用性の高いアイテムを探している方は、ぜひ候補として検討しておきましょう。

ガーミン(GARMIN) vivosmart 4

ガーミン(GARMIN) vivosmart 4

スリム形状でスマートに身に付けられる活動量計。サイズとしてはレギュラーとラージの2種類があり、それぞれ重さは20g以下と軽量なのが特徴です。

GPSは内蔵されていませんが、ウォーキング距離などのデータ計測がしっかりできるのもポイント。また、本製品は「Body Batteryエネルギーモニター」が備わっており、ストレスや心拍数の変動(HRV)、睡眠・活動データを組み合わせて、身体のエネルギー残量を測定できるのも魅力です。気軽に活動量計を取り入れたい方はもちろん、より計画的に運動を取り入れたいと考えている方もぜひチェックしておきましょう。

Withings Steel HR Sport

Withings Steel HR Sport

見た目は腕時計そのものですが、活動量計としても使える便利なアイテム。心拍数を測定できるほか、「マルチスポーツ追跡」に対応しており、トレーニング時間や消費カロリーを確認できるのが特徴です。

また、睡眠のパターンを記録できるのもポイント。睡眠時間や眠りの深さ、規則性、夜起きた回数などに基づいてスコアを算出し、アプリ経由で確認できます。時計としても活動量計としても使えるアイテムを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

フィットビット(Fitbit) Charge 3

フィットビット(Fitbit) Charge 3

デジタル腕時計のような、スタイリッシュなデザインが特徴の活動量計。24時間心拍数を測定できるほか、1日の消費カロリーを把握できるのが特徴です。

また、さまざまなエクササイズに対応できるのもポイント。スイミングに関しては水深50mまでの耐水性能が備わっているほか、プールでのタイム測定も可能です。

さらに、座ったままの状態が長い場合には、運動を促す「運動リマインダー」が用意されているのも魅力。睡眠時間も自動的に記録できるので、健康状態をしっかり管理したい方はぜひチェックしておきましょう。

ソニー(SONY) SmartBand 2 SWR12

ソニー(SONY) SmartBand 2 SWR12

リストバンド型の活動量計。シンプルな仕様で、手軽に身に付けられるのが特徴です。睡眠時間や消費カロリーのほか、心拍数を記録できるのもポイント。各種データはアプリ経由で管理でき、スマホで簡単にチェックできます。

また、「メディアコントロール機能」が搭載されているのも魅力。活動量計をタップ操作することで、スマホ内の音楽の再生・停止・曲送り・曲戻しができます。価格もリーズナブルなので、コスパ重視で活動量計を選びたい方はぜひ候補としておさえておきましょう。

タニタ(TANITA) カロリズムSlim

タニタ(TANITA) カロリズムSlim

リストバンド型ではないものの、重さ約20gとスリムかつ軽量な活動量計。サイズは83×28.5×9.4mmで、胸ポケットやカバンの内ポケットなどに収まる大きさにまとまっているのが特徴です。

また、減量したい体重と期限を設定することで消費目標を自動計算してくれる「ダイエットサポート機能」が備わっているほか、1時間単位で活動量の変化をグラフで確認できるのもポイント。コンパクトタイプの活動量計を探している方におすすめアイテムです。

ポラール(POLAR) A370

ポラール(POLAR) A370

100種類以上のアクティビティに対応できる活動量計。パソコンやモバイル機器と連携させることで、エクササイズの記録をデータ化し、簡単に進捗を確認できるのが特徴です。

また、消費カロリーはもちろん、心拍数や睡眠の状況を確認できるのもポイント。トレーニングがどのような効果をもたらしているか参考になるので、プランを再考する際にも便利です。汎用性の高い活動量計を探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

Mio Slice

Mio Slice

移動距離や歩数はもちろん、睡眠サイクルや消費カロリーも測定できるアイテム。ユーザーの心拍数から必要な活動量を「100PAI」と設定して、7日間でクリアを目指す仕様になっているのが特徴です。

ちなみに、「PAI」とはパーソナル・アクティビティ・インテリジェンスの頭文字のアルファベットを組み合わせた造語で、健康な生活を送るために必要な活動量を数値化したシステムのこと。ゲーム感覚で楽しめる製品なので、エクササイズを習慣化したい方はぜひ候補として検討してみてください。

itDEAL スマートブレスレット

itDEAL スマートブレスレット

心拍数とともに血圧も計測できると謳う活動量計。本製品は医療用のデバイスではないので目安程度ですが、データとして記録できるのが特徴です。

ほかの製品同様、歩数や消費カロリーは計測できたり、睡眠の質をアプリ経由で把握できたりと、機能はひと通り網羅。防水レベルはIP67相当で、汗・雨・水しぶき程度であればカバーできます。スマホと連携すれば、着信をバイブレーション通知できるのも魅力。価格帯としては安価なので、活動量計を試してみたいと思っている方はぜひチェックしておきましょう。

シャオミ(Xiaomi) Mi band 3

シャオミ(Xiaomi) Mi band 3

スリムなリストバンド型の活動量計。5気圧防水に対応しており、プールやシャワールームの際にわざわざ外す必要もないので便利です。

また、リーズナブルな価格もポイント。それでいて、運動時間・歩数・移動距離がデータ化できるほか、心拍数をアプリで把握できるなど、ひと通りの機能は揃っています。なお、本製品は今日・明日・明後日の天気予報を表示できるのも魅力。気軽に活動量計を導入したいと考えている方におすすめのアイテムです。

リストバンド活動量計のAmazonランキングをチェック

リストバンド活動量計のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。