手軽に心拍数などのデータを計測できる「活動量計」。ウェアラブルデバイスとも呼ばれますが、腰回りや手首などに身に付けて健康管理ができるアイテムです。

そこで今回は、活動量計のおすすめモデルをご紹介。シンプルなモデルはもちろん、GPS機能が搭載されている製品などもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

活動量計とは?

By: amazon.co.jp

活動量計とは歩行中だけでなく、家事や仕事など、さまざまな活動から1日の総消費カロリーを計測する便利なアイテム。ポケットに入れて持ち歩くタイプもありますが、現在はウェアラブル端末として活用できるリストバンド型のモノが主流です。

活動量計の選び方

目的を明確にする

活動量計を選ぶ際は、日常生活においての消費カロリーを計測したいのか、睡眠の管理もしたいのか、トレーニング用に使いたいのかなど、使う目的によっておすすめの製品が異なります。

そのうえで、活動量を選ぶ際にどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして製品を選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計の基本機能には、歩数や移動距離を測定し消費カロリーを算出するのはもちろん、睡眠を管理する睡眠計の機能もあります。睡眠管理といっても、時間だけ計測するモノや、浅い・深いなど睡眠の質まで把握できるモノなど、性能の高さもさまざまです。

また、基本機能の有無だけでなく、スマホと連携して着信の確認ができるかなど、その他の便利機能で選ぶのもおすすめ。活動量計の便利機能のなかには、心拍計などからストレス度合いを把握したり、ランニング記録を残したりするのに便利なGPS機能付きのモデルもあります。自分がどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして、製品を選びましょう。

付ける場所で選ぶ

手首(リストバンド)タイプ

活動量計の多くのモデルが手首に装着するタイプです。手首は特に違和感なく付けられる場所なので、多くの方が手首に付けられる活動量計を選んでいます。

しかし、仕事柄手首に付けられなかったり、作業がしにくかったりする方もいるでしょう。その場合は、手首ではなく違う場所に付けられる活動量計を選ぶことをおすすめします。

足首タイプ

活動量計は手首に取り付けるタイプが多いですが、足首タイプも販売されています。手首に装着できない方は、足首のタイプを選ぶと一日中付けられるでしょう。また、手首にモノを付けるのが苦手という方にもおすすめです。

防水性能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

雨の日でも運動をする方や、水中でトレーニングをする方は防水性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。また、防水でも対応できる水深が異なるので、水中で使う方は、対応水深までチェックしておくといいでしょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計を選ぶ上でデザインも重要なポイントです。大切なのは活動量計を装着した際に邪魔にならないかどうか。例えば、トレーニング用に使うのであればトレーニングの邪魔にならないモノを、寝るときも付けるのであれば睡眠を妨げないモノを選ぶことが大切です。

また、活動量計にはカラーや柄、高級感があるモノやポップなイメージの活動量計もあります。長く使うモノであれば、見た目のよさも考えて選ぶのもおすすめです。

活動量計のおすすめメーカー

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンはGPS機器メーカーを開発している企業で、主にアクションカメラやドライブレコーダー、ウェアラブル端末などの製品を開発しています。

その中でも最近注目を集めているのが活動量計。GPS機能の性能はもちろんデザインにも力を入れており、カジュアルさやスポーティなデザインも人気の理由です。GPS搭載の活動量計が多いですが、製品によっては搭載されていないモデルもあるので、GPSが目的の方は購入前に確認しておきましょう。

ガーミンの活動量計は「vivofit」「vivosmart」「vivoactive」の3つのシリーズが展開されています。「vivofit」は活動量計において必要な機能を搭載したスタンダードモデル。「vivosmart」はスマホとの連携に強く、スマホからさまざまな情報を知れる現代型モデル。「vivoactive」はスポーツモードを強化したモデルです。

フィットビット(Fitbit)

By: amazon.co.jp

活動量計を販売しているメーカーのなかでも、高い性能で人気のあるメーカー。平均価格は比較的高価ですが、しっかりとした性能の活動量計を選びたい方におすすめです。

常に新しい活動量計を展開しており、2017年に発売された「Fitbit Alta HR」は、心拍数計が内蔵されたモデルでありながら既存モデルよりも約25%ものスリム化を実現しています。

優れた性能でコンパクトなところも魅力。また、フィットビットは活動量計と一緒にアプリもリリースしており、2つを合わせることで心拍数計・睡眠状態・運動能力向上の効率化に役立ちます。

活動量計のおすすめランキング

第1位 ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー 活動量計 VIVOFIT3

デザイン性と機能性の高さを兼ね備えた活動量計です。ボタン電池ひとつで約1年間稼働する電池持ちのよさが特徴。ディスプレイにはバックライトが搭載されており、歩数・カロリー・距離・強度・時刻の表示が分かりやすいのもポイントです。

また、一定時間動きがないと「ムーブバー」が表示され、適度な運動を促します。睡眠時間と睡眠中の動きを管理することも可能。日常生活に寄り添いながら健康維持をササポートするおすすめの活動量計です。

第2位 フィットビット(Fitbit) フィットネスリストバンド Alta HR FB408SBKL-CJK

世界でもトップクラスのスリムボディに心拍計を搭載しているモデルです。睡眠が”見える化”できる機能が搭載されているのも魅力。睡眠の時間やサイクルを自動で記録でき、浅い・深いなど詳細な睡眠の情報を把握できます。

特に睡眠は自分では把握しづらい部分なので、しっかりと計測したい方におすすめ。また、歩数や移動距離、消費カロリーを自動で記録する基本的な機能も搭載しています。

これらを記録することで体型維持をするサポートや、健康管理にも効果を発揮。その他にも着信やテキスト、カレンダーイベント表示にも対応しており、通知機能もしっかりしています。

あらゆるライフスタイルに活用できる活動量計ですが、特にダイエットやトレーニングを本格的に行いたい方におすすめの活動量計です。

第3位 GanRiver スマートブレスレット SW328

1台でさまざまな計測ができる多機能な活動量計です。歩数計や心拍計のほかに睡眠計も搭載。運動だけでなく健康のために自分の睡眠も把握できます。

また、着信通知も搭載されているので、運動中に大切な電話がかかってきた場合も安心。音楽操作機能で、スマホ本体を取り出すことなく楽曲の選択・再生ができるのも魅力です。

さらに、ダイエット中の方におすすめの「長座注意通知機能」も採用されています。防水機能は手洗い程度なら取り外す必要のないIP67相当。スイミングなどには使用できませんが、ランニングや普段使いにおすすめの活動量計です。

第4位 ガーミン(GARMIN) 活動量計 vivofit2 140745

本モデルは、365日24時間活動を記録できる活動量計です。バッテリー寿命は約1年。電池交換の心配もなく長く使用できるのが魅力です。

ステップ数・ゴール・距離・消費カロリー・時刻・日付・心拍数などさまざまなデータを記録できます。特にランニングやウォーキング、ライフログなどがおすすめです。

また、ムーブバーが搭載されており、一定時間動きがないとアラームで運動を促します。睡眠時間も記録できるので、睡眠の質も毎日チェック可能。さらに、軽く防水仕様を備えているのも魅力。女性でも身に付けやすいおすすめの活動量計です。

第5位 フィットビット(Fitbit) 心拍計 Charge2 FB407SBKL-JPN

大きなスクリーンで操作性に優れた活動量計。心拍数計が搭載されており、自動で継続的に計測できるため特別な操作は不要。測り忘れなどがなく、常にリアルタイムで心拍数を把握可能です。

また、有酸素運動によるフィットネススコアが年齢と性別に応じて表示されるため、現状把握や目標設定にも役立ちます。さらに、「ガイド付きの呼吸セッション機能」も搭載。心拍数に適した呼吸セッションをサポートしてくれるので、ヨガなどのレッスンを受けている女性にもおすすめです。

専用アプリがあるのもポイント。200機種以上のデバイスに対応し、スマートフォンと連携すればより見やすく、毎日のアクティビティを一目で確認することが可能です。

第6位 フィットビット(Fitbit) フィットネスリストバンド Flex2 FB403BK-JPN

水深50mまでの防水性能を備えた活動量計。スイミングでも使用でき、泳ぎを取り入れたトレーニングやダイエットをしている方におすすめです。また、水泳以外にも入浴中も取り外す必要がなく、24時間いつでも装着できます。

デザインは、スリム印象が強いため女性にもおすすめ。その他にも、着信などをバイブレーションで知らせる機能や、1時間に250歩以上動かないと運動を促す機能も搭載されています。

さらに、アプリと連携することで食事や水分の摂取量を把握し、体格指数や体重などを記録する機能も搭載。本格的な活動量計を探している方におすすめです。

第7位 タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム AM-161-BK

iPhoneやAndroidで測定データを管理できるタニタの活動量計です。Bluetoothでスマホに接続し測定データを転送可能。また、Bluetooth対応の体組成形と併用すれば、運動の成果だけでなく体の変化を簡単に把握できます。

本モデルは、比較的価格が安いのも魅力。活動量計の購入にあまりコストをかけたくない方におすすめのモデルです。

第8位 ソニー(SONY) ウェアラブル活動量計・心拍計 SWR12JP B

心拍や睡眠、活動情報を記録するソニーの活動量計。計測した情報はアプリで簡単に確認できます。アプリと連携することでストレスレベルの表示ができるのも魅力です。

日常生活のどこでストレスレベルが上がるのかをチェックできるため、運動時だけでなく私生活でも活躍。また、ミュージックアプリでの音楽操作ができる「メディアコントロール機能」も搭載。普段の生活でも幅広く役立ちます。

第9位 スント(SUUNTO) 3FITNESS SS050053000

アウトドア向けの腕時計を多く展開しているスントの活動量計機能付きフィットネスウォッチ。ランニングやウォーキングをはじめ70種類以上のスポーツに対応しており、普段からさまざまなジャンルのスポーツを行っている方に最適です。

専用アプリを利用してスマホと連携させれば、画面上でアクティビティのログや睡眠データを確認可能。GPSによるルートの追跡もできます。

カラーバリエーションはオーシャン・オールブラック・ゴールド・ブラック・サクラの5種類。おしゃれなデザインなので、普段の腕時計として使うのもおすすめです。

第10位 MISFIT 活動量計 0812554021741

上品なデザインが特徴的な活動量計。普段のファッションにも馴染み、軽量なので女性でも使いやすいモデルです。睡眠中の活用もおすすめ。また、水深50mまでに対応する防水仕様のため、スイミングなどのトレーニングや入浴でも外す必要がないのも便利です。

さらに、スマホカメラのシャッターや音楽アプリの操作ができるのもポイント。スマホの着信やLINEの通知もバイブレーションとライトで通知します。トレーニングやダイエットはもちろん、日常生活を便利にするおすすめの活動量計です。

第11位 Huawei ウェアラブル 活動量計 Talkband B2/White

多機能で楽しみながら健康管理もできる次世代の活動量計です。ヘッドセット機能が搭載されており、ディスプレイを取り外して耳に装着することでハンズフリー通話ができるのも特徴。Bluetooth接続で、AndroidやiPhoneを使って簡単に通話できます。

また、タッチスクリーンが採用されているため、スムーズな操作が可能。さらに、IP57の防水防塵仕様なので、ホコリの侵入を防ぎ、一時的な水没などで故障するリスクを軽減できるのもポイント。女性にもおすすめできる上品なデザインも魅力の活動量計です。

第12位 タニタ(TANITA) 活動量計 AM-140

1日分の総消費カロリーの測定を、安静・生活・歩き・走りに分けて表示できる活動量計。他メーカーのモノと比べてリーズナブルな価格もポイントです。

散歩やランニングをした時間や距離のほか、消費カロリーや脂肪燃焼量などを測定できます。また、ウォーキングとランニングを自動で判断可能。日々のトレーニングをさらに効果的にサポートします。

第13位 ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー 活動量計 vivosmart HR J 19557E

光学式心拍計が内蔵された活動量計。装着する人の肌色に応じて自動で光の強弱を調節するため、より正確に心拍を計測できます。日常生活において基本的なステップ・距離・カロリー・心拍数などを表示し、日々の健康をサポート。

また、スマホと連携することで音楽のコントロールや天候情報の収集、通知の確認もできます。フィットネスやトレーニングなどにおすすめの活動量計です。

第14位 MISFIT Vapor Jet MIS7004

活動量計はもちろん、音楽コントロール機能も備えたモデルです。ワイヤレス音楽プレーヤ「スタンドアローン」を採用されており、ミュージックアプリから曲をダウンロードして音楽を再生できます。

また、GPS機能を搭載しているのも魅力。歩く速度や距離、時間の測定ができるため、ランニング中も走った距離を瞬時に把握できます。さらに、水深50mの防水に対応しているため、プールはもちろん、突然の雨に遭遇しても安心。トレーニングの向上に役立つおすすめの活動量計です。

第15位 タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズムBASIC AM-111-SV

シンプルな設計で、はじめて使用する方でもスムーズに操作できる持ち運びタイプの活動量計。軽量なので持ち運びのストレスにならない点も魅力です。

さらに、スライドクリップが搭載されているので、ポケットに入れるだけでなく服に付けて活用できるのもポイント。価格もリーズナブルなので、活動エネルギー量や脂肪燃焼量、歩数など基本的な機能だけあればよいという方におすすめのモデルです。

第16位 itDEAL スマートブレスレット 防水 活動量計 tnsb001

血圧測定や歩数記録ができる活動量計。ウォーキングで何歩歩いたかの確認や、血圧測定で健康状態を計測できます。また、長時間座っていると注意を促したり、水分補給の注意を行ったりしてくれるので健康管理にもおすすめです。

さらに、スマホカメラの遠隔操作やスマホ探しなどの機能が搭載されているのも魅力。IP67等級の防水性を備えているので、雨や数秒の水没であれば問題なく使い続けられます。

カラーはブラックのほか、ブルーやパープルなどを展開。デザイン面にも配慮されたおすすめの活動量計です。

第17位 タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム EZシリーズ EZ-061-RD

本モデルには、5つのダイエットコースが搭載されています。複数のコースを用意することで、ユーザーの方法や目標に合ったダイエットをサポートします。

また、日付や時刻・体重などを設定後、身に付けて表示を確認するだけのシンプル設定なので、はじめて活動量計を利用する方にもおすすめ。身に付け方は胸ポケットに入れるか、ストラップで装着が可能です。

リストバンド活動量計のAmazonランキングをチェック

リストバンド活動量計のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。