手軽に心拍数などのデータを計測できる「活動量計」。ウェアラブルデバイスとも呼ばれますが、腰回りや手首などに身に付けて健康管理ができるアイテムです。

そこで今回は、活動量計のおすすめモデルをご紹介。シンプルなモデルはもちろん、GPS機能が搭載されている製品などもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

活動量計とは?

By: amazon.co.jp

活動量計とは歩行中だけでなく、家事や仕事など、さまざまな活動から1日の総消費カロリーを計測する便利なアイテム。ポケットに入れて持ち歩くタイプもありますが、現在はウェアラブル端末として活用できるリストバンド型のモノが主流です。

活動量計の選び方

使用目的で選ぶ

活動量計を選ぶ際は、日常生活においての消費カロリーを計測したいのか、睡眠の管理もしたいのか、トレーニング用に使いたいのかなど、使う目的によっておすすめの製品が異なります。

そのうえで、活動量を選ぶ際にどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして製品を選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計の基本機能には、歩数や移動距離を測定し消費カロリーを算出するのはもちろん、睡眠を管理する睡眠計の機能もあります。睡眠管理といっても、時間だけ計測するモノや、浅い・深いなど睡眠の質まで把握できるモノなど、性能の高さもさまざまです。

また、基本機能だけでなく、スマホと連携して着信の確認ができるかなどで選ぶのもおすすめ。活動量計の便利機能のなかには、心拍計などからストレス度合いを把握したり、ランニング記録を残したりするのに便利なGPS機能付きのモデルもあります。自分がどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして、製品を選びましょう。

防水性能の有無で選ぶ

雨の日でも運動をする方や、水中でトレーニングをする方は防水性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。また、防水でも対応できる水深が異なるので、水中で使う方は、対応できる水深までしっかりチェックしておきましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計を選ぶ上でデザインもポイント。活動量計を装着した際にストレスにならないかどうかは継続して使い続けられるかに関わってくる問題なので重要です。

また、活動量計にはカラーや柄、高級感があるモノやポップなイメージの活動量計もあります。長く使うモノであれば、見た目のよさも考えて選ぶのもおすすめです。

活動量計のおすすめメーカー

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンはGPS機器メーカーを開発している企業で、主にアクションカメラやドライブレコーダー、ウェアラブル端末などの製品を開発しています。

そのなかでも最近注目を集めているのが活動量計で、GPS機能を搭載しているのはもちろん、カジュアルさやスポーティなデザインも人気の理由です。

ガーミンの活動量計は「vivofit」「vivosmart」「vivoactive」の3シリーズを展開。「vivofit」は活動量計において必要な機能を搭載したスタンダードモデル、「vivosmart」はスマホとの連携に強いス現代型のモデル、「vivoactive」はスポーツモードを強化したモデルとなっています。

フィットビット(Fitbit)

By: amazon.co.jp

活動量計を販売しているメーカーのなかでも、高い性能で人気のあるメーカー。価格は総じて比較的高めですが、しっかりとした性能の活動量計を選びたい方におすすめです。

優れた性能でコンパクトなところも魅力。なお、同メーカーはアプリもリリースしており、その使い勝手も良好です。本体とアプリの連携によって、心拍数計・睡眠状態・運動能力を効率的に把握できるので、健康志向の方はぜひチェックしておきましょう。

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

タニタの活動量計は見た目がカジュアルで性別を問わず馴染みやすく、比較的リーズナブルなのが特徴。使い勝手に配慮した設計を採用しており、ガジェットに不慣れたユーザーでもわかりやすい使用感がポイントです。

同社の活動量計はリストバンド型ではなく、ネックストラップやクリップで取り付けるタイプを採用しているのも魅力。計測方法にもこだわりがあり、消費カロリーを測定する「呼気分析法(間接熱量測定)」のデータと、体組成情報を組み合わせる方法によって、より正確な消費エネルギー量を推定してくれます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

シンプルで洗練されたデザインの機種が揃うソニー。老若男女を問わずマッチするのが特徴です。軽量設計なので、手首や足首への負担も少ないことも人気の理由。体型に合わせてベルトをスムーズに調節できるのも魅力です。

同社製品はアクティブトラッカー機能に定評があり、手軽に心拍数や消費カロリーなどの測定が可能なところもポイント。眠りの深さを自動計測できるほか、その日の睡眠の状態を確認することも可能です。自分の活動バランスを知ることができる、パーソナル性の高い活動量計を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

活動量計のおすすめモデル

ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー vivosmart 4 レギュラー 010-01995-60

ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー vivosmart 4 レギュラー 010-01995-60

心拍計と気圧高度計、そして加速度計を内蔵した、Bluetooth対応の活動量計です。心拍数の間隔から、ストレスレベルを計測して、表示できます。また、睡眠モニターは睡眠の深さやレム睡眠状態、さらには身体の動きを記録。専用アプリで睡眠の質を確認できるのがメリットです。

ユニークな機能が、「Body Batteryエネルギーモニター」。ストレス・心拍数・睡眠・活動などのデータなどをもとに、身体のエネルギー量を推定します。休息が必要な時には、アラームで知らせてくれるので、過剰な運動を防げるのもメリットです。

ウォーキング・水泳・サイクリングなど、スポーツ各種の計測機能を内蔵しているのもポイント。筋トレの際は、種目・回数・セット数、運動時間・休憩時間を記録できます。

データは、「Garmin Connectオンラインコミュニティ」へ出力可能。パソコンなどで、データの確認・編集・シェアもできます。

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー Charge3 FB410GMBK-CJK

フィットビット(Fitbit)  フィットネストラッカー Charge3 FB410GMBK-CJK

ランニングや水泳そしてヨガなど、15種類以上の多彩なエクササイズモードを内蔵した活動量計です。心拍・加速度・高度を計測できるセンサーを搭載。Bluetoothに対応しており、iPhoneやAndroid端末とスムーズに通信することが可能なほか、スマホの電話やテキストメッセージの着信も通知できます。

歩数そして消費カロリーに加えて、睡眠状態を記録できるのがポイント。レム睡眠の状態も測定できます。スマホのGPS機能を利用すれば、ランニングやサイクリングの距離も正確に計測可能です。

50mという高い防水性を備えており、水泳やマリンスポーツでも利用できます。タッチスクリーンタイプのディスプレイは、グレースケール有機ELを採用。視認性も優れています。デザイン性が高い活動量計を探している方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) リストバンド型活動量計 SmartBand 2 SWR12

ソニー(SONY) リストバンド型活動量計 SmartBand 2 SWR12

加速度・心拍センサーを内蔵した、ソニーのスマートウォッチタイプ活動量計です。心拍数をはじめ、ストレスレベル、そして消費カロリーなど各種情報を、スマホで簡単にチェックできます。通信はBluetooth4.1およびNFCに対応しており、スマホとのペアリングもラクラクです。Android4.4以上、およびiOS8.2以上のスマホと連携できます。

睡眠情報が充実しているのが、本モデルの特徴。付けているだけで、眠りに入ったかどうかを検知して、睡眠の質を記録します。便利な機能が「スマートウェイクアップ機能」。時間帯を設定しておけば、睡眠の浅い時にリストバンドのバイブレーションで起こしてくれます。そのため、快適に目覚められるのがメリットです。

また、「メディアコントロール機能」を搭載しており、スマホ内の音楽を再生可能。本体をタップするだけの簡単操作で、再生・停止、そして曲送りや曲戻しができます。日常的なライフログを簡単に記録できる、おすすめの活動量計です。

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム Bluetooth機能搭載 AM-161

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム Bluetooth機能搭載 AM-161

Bluetooth通信に対応しており、iPhoneやAndroidスマホへデータ転送できる、タニタの活動量計です。「カロリズムエンジンPRO」を搭載しているのがポイント。従来モデルに比べて処理性能が2倍になっているため。6秒ごとに活動量を判定できます。

各種活動を「走り」「歩き」「生活」「安静」の4ジャンルに自動分類。ジャンル別に消費カロリーと活動時間、そして脂肪燃焼量などを分析・表示します。Bluetooth通信対モデルとしては価格が5000円台と比較的安価なのもポイント。コスパ重視で活動量計を選びたい方におすすめです。

フィットビット(Fitbit) アクティブトラッカー Flex 2 FB403-JPN

フィットビット(Fitbit)  アクティブトラッカー Flex 2 FB403-JPN

ディスプレイを省いた、シンプルデザインが特徴的な活動量計。水泳をする際でも着用できるのが特徴です。「Bluetooth Low Energy」に対応しており、低電力でスマホやパソコンとワイヤレス同期可能。スマホへの着信・SMSの通知をLEDやバイブレーションで知らせるのも便利です。

自動運動記録「SmartTrack」を備えているのもポイント。運動の種類を自動認識するため、ランニングやサイクリングなど、モード切り替えなしに記録できます。

専用アプリ「fitbit」を利用すれば、食事や水分摂取量、そして体格指数(BMI)を記録することが可能。摂取カロリー管理では、たんぱく質や炭水化物そして脂質が自動で計算されるので、体重管理に役立てられます。

睡眠時間と睡眠の質を自動で記録する機能も搭載。同社の活動量計としては機能がシンプルですが、価格は1万円前後とリーズナブルなので、「初めて活動量計の購入を検討している」という方におすすめです。

ガーミン(GARMIN) GPSアウトドアスマートウォッチ Instinct

ガーミン(GARMIN) GPSアウトドアスマートウォッチ Instinct

アメリカ国防総省のMIL規格「MIL-STD-810G」に準拠した、耐水・耐熱・耐衝撃性が高いスマートウォッチです。GPSと3軸電子コンパス、および気圧高度計を内蔵しています。さらに、ガリレオなど3つの衛星測位システムに対応しており、正確な位置情報を取得できるのがメリット。そのため、登山やトレッキングで使用しても安心なモデルです。

光学式心拍計と加速度計を備えているのもポイント。心拍数の変動や、加速度計で求められた動きのデータから、ストレスレベルそして睡眠の質などを判定できます。

スポーツするときに便利なのが「マルチスポーツ機能」。登山やランニング、水泳、筋トレなど25種類以上のスポーツにも及ぶ活動量計測に対応できます。運動時間・消費カロリー・心拍数・距離・スピードを記録可能です。アウトドアアクティビティをはじめ、幅広いスポーツを楽しむ方におすすめの活動量計です。

フィットビット(Fitbit) スマートウォッチ Versa FB505GMBK-CJK

フィットビット(Fitbit) スマートウォッチ Versa FB505GMBK-CJK

大きめのディスプレイを搭載したスマートウォッチ。Bluetoothに対応しており、iPhoneやAndroidスマホとワイヤレス接続できます。スマホへの着信やテキストメッセージの通知機能を搭載。なお、Androidスマホとペアリングした際は、本モデルからメッセージへのクイック返信ができます。

睡眠や安静時心拍数、そして有酸素運動フィットネスレベルを計測・分析するため、1日着用すれば体調管理に役立てられます。エクササイズモードも15種類以上と豊富です。睡眠の記録にステージ制を採用しているのが特徴。自動で「覚醒」「浅い睡眠」「深い睡眠」「レム睡眠」に分けて、それぞれの時間と起床時間を記録します。

300曲以上の音楽の保存と再生が可能、Bluetoothヘッドフォンにも対応しています。50mと防水性が高いのもメリットな、高機能活動量計です。

タニタ(TANITA) カロリズムエキスパートプラス AM-143

タニタ(TANITA) カロリズムエキスパートプラス AM-143

タニタの活動量計カロリズムシリーズのハイエンドモデルです。総消費エネルギー量と安静時代謝量、そして活動エネルギー量を1kcal単位で記録できます。また、活動時間も記録可能。「走行判定機能」を搭載しているのもポイントです。それぞれのデータは、「走行」「歩行」「生活」の3つのジャンルに分類されて表示されるので、日常の行動を簡単に把握できます。

活動量や分析データをグラフ表示できるのもメリット。メモリー保護機能を備えており、最大14日分の活動量を保存できます。ボタン型電池2個で約6ヶ月駆動可能な活動量計です。

ソニー(SONY) リストバンド型活動量計 SmartBand Talk SWR30

ソニー(SONY) リストバンド型活動量計 SmartBand Talk SWR30

シンプルでスタイリッシュなデザインの活動量計です。Bluetooth3.0に対応しており、Android4.4以上のスマホと連携できます。

手元でのハンズフリー通話に対応しているのはもちろん、Androidアプリ「ボイスコントロール」を活用すれば、話しかけるだけで電話やメール、スケジュールなどをスムーズに確認することができます。

防水・防塵対応してあるため、キャンプやトレッキングでも使い勝手は良好。発売から数年が経ち、1万円以下と価格が落ち着いているので、お得感の高い活動量計を探している方におすすめです。

itDEAL スマートブレスレット 完全防水

itDEAL スマートブレスレット 完全防水

Bluetooth4.0に対応した、多機能なスマートウォッチです。移動距離・歩数・カロリー消費量を計測することが可能。Bluetoothで連携させた専用アプリで、活動の履歴を確認できます。

さらに、心拍数および血圧計測機能を搭載しており、日常的な健康管理に役立つのがメリット。リアルタイムで表示できるほか、アプリで過去のデータをチェックできます。着信やメールはもちろん、FacebookやLINEなどの通知をバイブレーションで知らせてくれるのもポイントです。

就寝中、体がどれだけ動いているかなどから睡眠の質を確認することも可能。さらに長座した場合に、座りすぎを注意してくれるのも魅力です。

本体を丸洗いできる防水性を備えており、雨の日のジョギングやプール、アウトドアシーンにも対応。価格は4000円前後と安価なので、「とりあえず活動量計がほしい」という方におすすめの活動量計です。

オムロン(OMRON) 活動量計 カロリスキャン HJA-306

オムロン(OMRON) 活動量計 カロリスキャン HJA-306

オムロンのポケットインタイプの活動量計。歩行やジョギングだけでなく、デスクワークや掃除、洗濯など、さまざまな活動による1日の消費カロリーを表示します。カロリー量のほかに、脂肪燃焼量や歩数、移動距離などを計測可能です。

7日間のデータをメモリできるため、1週間の活動量を確認可能。電源はボタン型乾電池CR2032を1個使用しており、約6ヶ月間稼働できます。価格が1000円台と格安なのもメリット。約25gと軽量なため、ポケットに入れて日常的に利用しやすい活動量計です。

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム ダイエット

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム ダイエット

目標達成に最適なダイエットプランを表示してくれる、タニタのダイエット向け活動量計です。目標は、減量目標値と達成期限を入力するだけと簡単に設定できます。1日の消費エネルギー量と摂取エネルギー量目標値が表示されるので、それにしたがって効率的にダイエット可能です。

目標値に対する、1日消費エネルギー量の達成率、そして達成期限に対しての達成率をパーセント表示します。また、24時間の活動量をグラフで確認可能。機能はシンプルですが、14日間分のデータをメモリできるリーズナブルな活動量計です。

リストバンド活動量計のAmazonランキングをチェック

リストバンド活動量計のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。