手軽に心拍数などのデータを計測できる「活動量計」。ウェアラブルデバイスとも呼ばれ、手首などに身に付けて健康管理ができるアイテムです。

そこで今回は、活動量計のおすすめモデルをご紹介。シンプルなモデルはもちろん、GPS機能が搭載されている製品などもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

活動量計とは?

By: amazon.co.jp

活動量計とは腕時計のように手首に取り付けたり衣類に装着したりして、活動量・歩数・脈拍・運動量・酸素摂取量・睡眠状態などを計測するアイテム。スマートフォンと連動できるモデルも発売されており、電話やメール、SNSの着信を知らせてくれたり、アプリで活動量やトレーニング履歴を記録できたりと便利です。

とくに、GPSを搭載しているモデルは走行スピードの計測や距離、コースを確認できるほか、防水性に優れているタイプはスイミングでのエクササイズにも活用できます。さらには、スマホ探索機能や遠隔撮影できるタイプなどもあり、用途別にさまざまなモデルのなかから選択可能です。

活動量計の種類

リストバンド型

By: amazon.co.jp

リストバンド型とは腕時計のように手首に装着して使用する活動量計で、多くのモデルで採用されています。バンドを使用して手首にしっかりと巻きつけるため、心拍数や睡眠状態を計測する際に正確なデータが得られるのが特徴です。

また、腕時計として使用したい場合にもおすすめ。モデルによってはスマートフォンと連携して電話やメール、LINEの通知などが受け取れる機能もあり便利です。一方で、常に腕に装着していないとで正確なデータが得られないため、付けっぱなしが苦手な方には向いていません。

アンクレット型

By: amazon.co.jp

足首に装着するタイプの活動量計です。足首に装着することにより下半身の運動量を正確に測れるほか、リストバンド型と比べて装着しているのがわかりにくいのがポイント。ビジネスシーンで活動量計を装着しているのを知られたくない場合に便利です。

ただ、足首専用の活動量計はあまり販売されていないのが難点。バンドの長さによっては手首と足首の両方で使用できるタイプもあります。また、ちょっとした足の動きでも計測してしまうため、注意しながら使用しましょう。

クリップ型

By: amazon.co.jp

活動量計の主流はリストバンド型ですが、スーツや作業着などに装着できるクリップ型のモデルもあります。リストバンド型と比べて種類は少ないですが、体への密着感がないほかポケットなどに収めておけば装着しているのがわかりにくいのがメリットです。

一方で、体に密着させないため心拍数を測定する機能が付いていないほか、測定データも不正確な場合もあるのがデメリット。多機能タイプよりも歩数や歩行距離、活動量など基本的な項目を気軽に測定したい方におすすめのタイプです。

活動量計の選び方

使用目的で選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計は多くのメーカーから発売されており、搭載されている機能もさまざまなので使用する目的に合わせて選択しましょう。主にジムやランニング、スイミングなどトレーニングで使用するなら防水性に優れたモデルがおすすめ。雨や汗で壊れる心配がありません。

また、防水性のないモデルは手洗いなどでかかる少しの水分にも注意が必要です。トレーニングや健康管理でデータを保存したい場合には、Bluetooth接続でスマートフォンと連動するモデルがおすすめ。心拍数や睡眠状態を記録できるタイプなら、今後のトレーニングや生活にも役立ちます。

本体の重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計の多くは常に身につけておくモノなので、なるべく軽いモデルがおすすめです。とくに正確なデータをとるべく装着する場合は入浴中や就寝中などもつけっぱなしになるため、コンパクトで軽量、着け心地の軽いモデルを選びましょう。

衣類に装着したりポケットに入れて持ち歩いたりするクリップ式であれば、それほど重さは気になりません。手首に装着するウェラブル端末としてリストバンド型を選択する場合は、重量をしっかりとチェックしましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計の基本機能には、歩数や移動距離を測定して消費カロリーを算出するのはもちろん、睡眠を管理する睡眠計の機能もあります。睡眠管理といっても、時間だけ計測するモノから深さまで把握できるモノなど、性能の高さもさまざまです。

基本機能だけでなく、スマホと連携して着信の確認ができるかなどで選ぶのもおすすめ。また、なかには心拍計などからストレス度合いを把握したり、ランニング記録を残したりするのに便利なGPS機能付きのモデルもあります。自分がどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして、製品を選びましょう。

防水性能の有無で選ぶ

雨の日でも運動をする方や、水中でトレーニングをする方は防水性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。また、防水でも対応できる水深が異なるので、水中で使う方は、対応できる水深までしっかりチェックしておくことが必要です。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計を選ぶうえでデザインもポイント。活動量計を装着した際にストレスにならないかどうかは、継続して使い続けられるかに関わってくるので重要です。

また、活動量計はカラーや柄が豊富で、高級感があるモノやポップなイメージのモノもあります。長く使うモノであれば、見た目のよさも考えて選ぶのがおすすめです。

活動量計のおすすめメーカー

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンはGPS搭載機器を開発している企業で、主にアクションカメラやドライブレコーダー、ウェアラブル端末などを開発しています。

なかでも最近注目を集めているのが活動量計で、GPS機能を搭載しているのはもちろん、カジュアルさやスポーティなデザインも人気の理由です。

ガーミンの活動量計は「vivofit」「vivosmart」「vivoactive」の3シリーズを展開。「vivofit」は活動量計において必要な機能を搭載したスタンダードモデル、「vivosmart」はスマホとの連携に強い現代型のモデル、「vivoactive」はスポーツモードを強化したモデルです。

フィットビット(Fitbit)

By: amazon.co.jp

活動量計を販売しているメーカーのなかでも、高い性能で人気のあるメーカー。価格は総じて比較的高めですが、しっかりとした性能の活動量計を選びたい方におすすめです。

優れた性能でコンパクトなところも魅力。なお、アプリもリリースしており、本体とアプリの連携によって心拍数計・睡眠状態・運動能力を効率的に把握できるので、健康志向の方はぜひチェックしておきましょう。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

シンプルで洗練されたデザインの機種が揃うソニー。老若男女を問わずマッチするのが特徴です。軽量設計のアイテムが多いので、手首や足首への負担も少ないことも人気の理由。体型に合わせてベルトをスムーズに調節できるのも魅力です。

また、アクティブトラッカー機能に定評があり、手軽に心拍数や消費カロリーなどの測定が可能なところもポイント。眠りの深さを自動計測できるほか、その日の睡眠の状態を確認することも可能です。自分の活動バランスを知れる、パーソナル性の高い活動量計を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

活動量計のおすすめモデル

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー Alta HR Black L FB408SBKL-CJK

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー Alta HR Black L FB408SBKL-CJK

多くのモデルをラインナップしている「フィットビット」のリストバンド型活動量計です。バンドをスモールとラージから選択できます。また、ラージは足首への装着も可能。汗や水しぶきに対応する生活防水タイプなので、ランニングやサイクリングなどにおすすめのモデルです。

歩数・移動距離・消費カロリーなどを計測して記録できるほか、心拍数の計測も可能。運動強度の最適化や安静時の心拍数を測定する際に便利です。また、Bluetooth接続でスマートフォンと連動できるのもポイント。睡眠状態を計測してスマホに送信すれば健康管理にも役立ちます。

GanRiver スマートブレスレット ウェアラブルスマートウォッチ

GanRiver スマートブレスレット ウェアラブルスマートウォッチ

大きめの液晶ディスプレイで表示を確認しやすいリストバンド型の活動量計です。IP67相当の防水性を搭載しており、汗や水しぶきに対応しているのが特徴。ジムでのトレーニングやランニングの際におすすめのモデルです。

搭載された心拍計はリアルタイムで計測できるほか、睡眠計も搭載しており便利。自動的に睡眠状況を記録して、翌朝にはアプリでスマートフォンに保存できます。また、カメラ遠隔操作機能やスマートフォンの紛失防止機能など、さまざまな機能を搭載した便利なモデルです。

ガーミン(GARMIN) リストバンド型 活動量計 vivofit3

ガーミン(GARMIN) リストバンド型 活動量計 vivofit3

スタイリッシュなデザインが特徴のリストバンド型活動量計。電池寿命は24時間使用で約1年間と長寿命で、電池切れの心配をせずに使用できます。また、重さわずか26gと軽量なのも特徴。24時間365日つけっぱなしでも重さの気にならないモデルを探している方におすすめです。

一定時間動きがないと運動を促してくれるムーブバーが便利。1時間動きがないと1本バーを表示し、以後15分ごとにバーが追加されるので体を動かすことを常に意識できます。

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー FB403BK-JPN

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー FB403BK-JPN

スリムなデザインが印象的な活動量計です。水深50mの耐水性を備えているのが特徴で、装着したまま泳ぐことが可能。水泳でのアクティビティ内容を自動で記録してくれ、スイミングのエクササイズで使用する際におすすめのモデルです。

また、歩数・移動距離・消費カロリーなども記録できるため健康管理にも役立ちます。自動睡眠記録機能を搭載しているのもポイント。任意の時間を設定すれば、サイレントアラームによる目覚まし時計代わりとしても便利です。

ファーウェイ(HUAWEI) Band 2 Pro スマートウォッチ

ファーウェイ(HUAWEI) Band 2 Pro スマートウォッチ

スマートフォンやタブレットで人気のファーウェイのリストバンド型活動量計。充電式で連続使用は21日間で、USBケーブルを使用して簡単に充電できます。GPS機能を搭載しているのがポイント。移動距離や走行スピードを測定できてランニングなどのトレーニング管理におすすめです。

また、優れた防水防塵機能を搭載しているのも特徴。5気圧防水でスイミングにも安心して使用できます。

ポラール(POLAR) 活動量計+リスト型心拍計 A370

ポラール(POLAR) 活動量計+リスト型心拍計 A370

カラータッチスクリーンを装備したリストバンド型活動量計です。視認性に優れており、運動中でもすばやい操作を可能にしています。GPSを内蔵しており、速度や距離の計測やルートの地図上表示も可能。ランニングのトレーニング管理におすすめのモデルです。

心拍トレーニング製品に力を入れているポーラならではの、心拍計機能の充実ぶりも特徴。5分ごとの24時間心拍計測機能のほか、Bluetooth接続すればスマートフォンに心拍数の表示もできます。また、睡眠分析機能「Polar Sleep Plus」も搭載。睡眠状態を分析して睡眠の質を1~5の数値で評価できて便利です。

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズムBASIC AM-111-SV

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズムBASIC AM-111-SV

クリップ型の活動量計で、スライドグリップとストラップが付属しています。手首に装着したくない方におすすめのモデルです。安静時の代謝量計測や24時間カロリズムグラフを表示でき、日々の活動量を手軽にチェックしたい場合に適しています。

また、活動エネルギー量や脂肪燃焼量を表示できるのもポイント。7日間メモリー機能を利用すれば、ダイエットの1週間目標が設定しやすく便利です。

パナソニック(Panasonic) 活動量計 デイカロリ EW-NK32-K

パナソニック(Panasonic) 活動量計 デイカロリ  EW-NK32-K

パナソニックのクリップ型活動量計。クリップを使って衣類に装着したりポケットに入れて持ち歩いたりと、手首に装着したくない場合に最適です。歩数・活動量・消費カロリーを表示するほか、時間の区間計測機能を搭載しています。

雨に濡れたり汗をかいたりしても安心して使える防水機能を搭載しているのもポイント。安くシンプルな活動量計を手軽に使用したい方におすすめのモデルです。

ガーミン(GARMIN) GPS アクティブトラッカー vivosport Slate 010-01789-72

ガーミン(GARMIN) GPS アクティブトラッカー vivosport Slate 010-01789-72

リチウムイオンバッテリーを使用するリストバンド型活動量計。満充電で丸7日間稼働できるモデルです。サイクリングアプリ・カーディオアプリ・筋トレアプリなどを内蔵。トレーニングに活用したい方におすすめです。

搭載している心拍計は光学式タイプ。本体にセンサーを内蔵しており、血中ヘモグロビンに光を当てることによって脈拍を読み取って正確な計測が可能です。また、GPSを内蔵しているのもポイント。ルートやペースも確認できるので、トレーニング内容を振り返りたい場合に便利です。

ガーミン(GARMIN) Instinct

ガーミン(GARMIN)  Instinct

アメリカ国防省MIL規格に準拠した活動量計。耐熱性・防水性・耐衝撃性に優れており、登山やトレイルランニングなど過酷な状況下で使用できるモデルを探している方におすすめのモデルです。GPSを搭載しているほか、GLONASS・みちびき・Galileoなど複数の衛星測位システムにも対応しており、精度の高い測位を実現しています。

また、高度・気圧・方位を測定できるセンサーも内蔵。登山時の活動量を正確に測定してモニタリングできるほか、現在地からの目的地までの距離や方位を指定してポイントを登録できます。

ソニー(SONY) SmartBand 2 SWR12

ソニー(SONY)  SmartBand 2 SWR12

シンプルなデザインが特徴のリストバンド型活動量計です。睡眠時間や消費カロリーを記録できるほか、心拍数の計測も可能。計測したデータはアプリを使って簡単にチェックできます。

また、メディアコントロール機能が便利。タップ操作によってスマートフォンの音楽ライブラリの再生・停止・曲送り・曲戻しができ、音楽を聴きながらランニングやトレーニングを楽しみたい方におすすめです。

フィットビット(Fitbit) Charge 3

フィットビット(Fitbit) Charge 3

大型タッチスクリーンを搭載したリストバンド型活動量計です。スクリーンは周囲の明るさに合わせて自動調節するバックライトを搭載。各種データや通知を天候や時間にかかわらず確認しやすいモデルです。

GPS内蔵でランニングに最適なほか、水深50mまで耐えられる防水性もポイント。スイミングなど装着したままシャワーを浴びたいシーンにおすすめです。充電によって24時間使用で7日間の連続使用が可能。頻繁な充電が煩わしい方にも最適です。

また、座ったままの状態が長いと通知してくれる「運動リマインダー」を搭載。運動を促してくれるのでトレーニングの意識を常に持ちたい方に最適です。

リストバンド活動量計のAmazonランキングをチェック

リストバンド活動量計のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。