手軽に心拍数などのデータを計測できる「活動量計」。ウェアラブルデバイスとも呼ばれますが、腰回りや手首などに身に付けて健康管理ができるアイテムです。

そこで今回は、活動量計のおすすめモデルをご紹介。シンプルなモデルはもちろん、GPS機能が搭載されている製品などもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

活動量計とは?

By: amazon.co.jp

活動量計とは歩行中だけでなく、家事や仕事など、さまざまな活動から1日の総消費カロリーを計測する便利なアイテム。ポケットに入れて持ち歩くタイプもありますが、現在はウェアラブル端末として活用できるリストバンド型のモノが主流です。

活動量計の選び方

使用目的で選ぶ

活動量計を選ぶ際は、日常生活においての消費カロリーを計測したいのか、睡眠の管理もしたいのか、トレーニング用に使いたいのかなど、使う目的によっておすすめの製品が異なります。

そのうえで、活動量を選ぶ際にどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして製品を選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計の基本機能には、歩数や移動距離を測定し消費カロリーを算出するのはもちろん、睡眠を管理する睡眠計の機能もあります。睡眠管理といっても、時間だけ計測するモノや、浅い・深いなど睡眠の質まで把握できるモノなど、性能の高さもさまざまです。

また、基本機能の有無だけでなく、スマホと連携して着信の確認ができるかなど、その他の便利機能で選ぶのもおすすめ。活動量計の便利機能のなかには、心拍計などからストレス度合いを把握したり、ランニング記録を残したりするのに便利なGPS機能付きのモデルもあります。自分がどんな目的で活動量計を使いたいのかをイメージして、製品を選びましょう。

付ける場所で選ぶ

手首(リストバンド)タイプ

活動量計の多くのモデルが手首に装着するタイプです。手首は特に違和感なく付けられる場所なので、多くの方が手首に付けられる活動量計を選んでいます。

しかし、仕事柄手首に付けられなかったり、作業がしにくかったりする方もいるでしょう。その場合は、手首ではなく違う場所に付けられる活動量計を選ぶことをおすすめします。

足首タイプ

活動量計は手首に取り付けるタイプが多いですが、足首タイプも販売されています。手首に装着できない方は、足首のタイプを選ぶと一日中付けられるでしょう。また、手首にモノを付けるのが苦手という方にもおすすめです。

防水性能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

雨の日でも運動をする方や、水中でトレーニングをする方は防水性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。また、防水でも対応できる水深が異なるので、水中で使う方は、対応水深までチェックしておくといいでしょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

活動量計を選ぶ上でデザインも重要なポイントです。大切なのは活動量計を装着した際に邪魔にならないかどうか。例えば、トレーニング用に使うのであればトレーニングの邪魔にならないモノを、寝るときも付けるのであれば睡眠を妨げないモノを選ぶことが大切です。

また、活動量計にはカラーや柄、高級感があるモノやポップなイメージの活動量計もあります。長く使うモノであれば、見た目のよさも考えて選ぶのもおすすめです。

活動量計のおすすめメーカー

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンはGPS機器メーカーを開発している企業で、主にアクションカメラやドライブレコーダー、ウェアラブル端末などの製品を開発しています。

その中でも最近注目を集めているのが活動量計。GPS機能の性能はもちろんデザインにも力を入れており、カジュアルさやスポーティなデザインも人気の理由です。GPS搭載の活動量計が多いですが、製品によっては搭載されていないモデルもあるので、GPSが目的の方は購入前に確認しておきましょう。

ガーミンの活動量計は「vivofit」「vivosmart」「vivoactive」の3つのシリーズが展開されています。「vivofit」は活動量計において必要な機能を搭載したスタンダードモデル。「vivosmart」はスマホとの連携に強く、スマホからさまざまな情報を知れる現代型モデル。「vivoactive」はスポーツモードを強化したモデルです。

フィットビット(Fitbit)

By: amazon.co.jp

活動量計を販売しているメーカーのなかでも、高い性能で人気のあるメーカー。平均価格は比較的高価ですが、しっかりとした性能の活動量計を選びたい方におすすめです。

常に新しい活動量計を展開しており、2017年に発売された「Fitbit Alta HR」は、心拍数計が内蔵されたモデルでありながら既存モデルよりも約25%ものスリム化を実現しています。

優れた性能でコンパクトなところも魅力。また、フィットビットは活動量計と一緒にアプリもリリースしており、2つを合わせることで心拍数計・睡眠状態・運動能力向上の効率化に役立ちます。

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

見た目がカジュアルで性別を問わず馴染みやすく、比較的リーズナブルなのがタニタの特徴です。「健康をはかる」といったコンセプトがあるタニタならではの機能設計で、活動量計初心者でもわかりやすい使用方法がポイントです。

タニタの活動量計はどれも、リストバンド型ではなくネックストラップやクリップで取り付けるタイプ。さらにタニタこだわりの計測方法に特徴があり、消費カロリーを測定する「呼気分析法(間接熱量測定)」のデータと、体組成情報を組み合わせる方法によって、より正確な消費エネルギー量を推定してくれます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

SONYの活動量計はどの機種もシンプルで洗練されたデザインなので、シーンや老若男女を問わずマッチします。軽量設計なので、手首や足首への負担も少ないことも人気の理由。体型に合わせてベルト調節も可能です。充電ケーブルが要らず、USBの差し込み口に挿して直接充電できます。充電時間も早く、1回の充電で5日間ほど使えます。

さらにソニーはアクティブトラッカー機能に定評があり、手軽に心拍数や消費カロリーなどの測定が可能なところもポイント。睡眠に悩みがある方は、眠りの深さを自動計測し、その日の睡眠の状態を確認することができます。自分の活動バランスを知ることができる、パーソナル性の高い活動量計です。

活動量計のおすすめランキング

第1位 フィットビット(Fitbit) フィットネスリストバンド Charge2 FB407S

フィットビットの活動量計には、睡眠ステージ機能があり、各睡眠ステージ(覚醒・浅い睡眠・深い睡眠・レム睡眠)の時間や目覚めの時間を自動で計測してくれます。また、Bluetooth Low Energy搭載でワイヤレス同期が可能。「Bluetooth Low Energy」は略してBLEとも呼ばれ、従来のBluetoothに比べて低消費電力での稼働が可能なため、その汎用性に注目が集まっている新しい無線通信の規格です。

パソコンやiPhone・Androidスマホと同期してデータ管理が可能です。心拍数や血圧も計測できるので、総合的な健康管理に役立ちます。

防滴対応なので、汗など多少の水濡れにも強く、各種クラウド連携やデザイン性などが人気の理由。クラウド活用により記録管理に優れており、操作性も直感的なので自然と「使う楽しさ」を感じられます。

第2位 ガーミン(GARMIN) ランニングウォッチ GPS ForeAthlete 235J

ランナーに人気のガーミンの活動量計です。ワークアウトやインターバルトレーニング、ラン&ウォークに適した機能設計が特徴。

実際に心拍数を計測した数値ではなく、ヘモグロビン数から逆算して心拍数を割り出す「光学式」を採用しています。ただし、ヘモグロビン濃度が測定結果に影響するので注意が必要です。

ほかにも、最大酸素摂取量が計測できるなど、ランニングペースを管理するのに便利な機能が充実しています。重量は約42gなので、運動の邪魔にならず、完全防水なのも嬉しいポイント。約200時間分のトレーニングデータが保存可能なので、後からデータを見返したい人にも便利です。

第3位 ソニー(SONY) リストバンド型活動量計 SmartWatch 3 SWR50

スマートな見た目だけでなく、活動量計の機能に加えて電話着信やgmail・LINEなどを確認できる便利なスマートウォッチ。多機能ながら軽量で、普段は時計代わりに使ったり、外出先や運動中に音声でメールの作成・送信ができたりなど、まさにスマートな使い心地です。

肝心のフィットネス機能は、加速度センサーやGPSを搭載していることで、歩数や消費カロリーだけでなく位置情報も一緒に記録できます。さまざまなフィットネスアプリとの連携ができるのが特徴で、「Lifelog」アプリがプリインストールされています。

ほかにも、防水防塵機能IP68や音楽再生機能、端末紛失防止機能などスマートフォンに近い機能が多く搭載されているので、活動量計としてだけでなくスマートフォンとの連携を重視する人におすすめです。

第4位 タニタ(TANITA) カロリズムエキスパート AM-140

タニタの高性能活動量計。24時間グラフや分析グラフが見やすく、総消費エネルギー量・安静時代謝量・活動エネルギー量・脂肪燃焼量などを継続的に記録できます。

本モデルは、従来モデルと比較して処理性能が約2倍。6秒ごとに行動判別を行う新アルゴリズム「カロリズムエンジンPRO」搭載で、人間の活動を「走り」「歩き」「生活」「安静」の4つに分けて計測します。行動別の消費カロリーや時間、脂肪燃焼量などを表示してくれる、高精度なデータ計測が可能です。

計測機能のほかにも、充電が長持ちしたり、3way装着取付クリップが付属していたりなど、日常でストレスなく使うための細かい工夫が施されています。

第5位 Sympa スマートウォッチ

心拍数・血圧測定・移動距離・歩数・消費カロリー量などを計測してくれるほか、LINEや着信の通知機能も搭載。運動データの分析、睡眠時間や長座注意、さらにはカメラの遠隔操作、アラーム機能まで備えており、多機能でありながらリーズナブルな価格が魅力の活動量計です。

わずか20gの超軽量タイプなので、体に負担をかけません。トレーニング中だけでなく、日々の生活に負担なく使える便利さが魅力です。スマホに専用アプリをダウンロードすればデータの同期が可能。充電はUSB接続なので、ケーブルが不要なところも嬉しいポイントです。

第6位 タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム AM-120

タニタ製品のなかでは価格が少し高めですが、いわゆる「歩数計」としても人気があり、歩数・距離・歩行時間などを正確に測れるのはもちろん、脂肪燃焼量や総消費エネルギー量・安静時代謝量・活動エネルギー量など詳細なデータを簡単に実測できます。

また、METs(メッツ)機能がついているところが人気のポイント。METsとは、身体活動の強度を表す単位であり、詳細に活動量を測るためには欠かせない指標です。たとえば、同じ消費活動でも、「歩く」と「走る」では運動強度が違います。それらを考慮して計測できるので、より正確で効果的な消費活動を計測できます。

他にも、1週間ごとに過去12週間分のメモリを記録しておけるなど、長期的な健康管理やダイエットのモチベーションを上げるために適した機能が充実しています。

第7位 フィットビット(Fitbit) スマートブレスレット AltaHR FB408GM

活動量計の機能のなかでも、睡眠のデータ解析に優れているフィットビットの活動量計です。寝ている間も心拍数を計測するため、単純な睡眠時間だけでなく、睡眠の質も測定してくれます。浅い眠りと深い眠りの時間帯を自動でグラフ化してくれるので、確認も簡単。

電池持ちもよく、1週間ほど充電なしで使用可能。運動療法と食事療法をトータルで管理したい人におすすめです。定期的に表示されるメッセージ機能で健康維持のアドバイスもしてくれるので、モチベーションアップにつながります。

PCやスマホとワイヤレス同期が可能なので、データ管理もスムーズ。防滴対応なので、汗にも強く安心して使用できます。

第8位 タニタ(TANITA) 活動量計カロリズム AM-160

ブラックとシルバーの2色展開で男性人気も高く、なによりiPhoneとデータ共有ができる優れもの。バックライト機能搭載なので、夜や暗い場所での活動にも便利です。

Bluetooth 4.0対応の体組成計と活動量計カロリズムAM-160を一緒に使えば、行動とカラダの変化がひと目で確認可能。体組成データが最新のデータに自動更新され、従来のカロリズムシリーズよりも処理性能が2倍の「カロリズムエンジンPRO」を搭載していることで、測定精度に優れています。

体組成計と併用しながら、iPhone連携で簡単に行動別消費カロリーや活動時間、脂肪燃焼量などを分析・表示できる「スプリット機能」では、登山・マラソン・ゴルフなど一時的な活動の時間だけのデータを測定して、その記録を長期的にメモリに保護できます。

第9位 JACAGG スマートウォッチ

メッセージアラート機能がついており、電話着信・LINE・SMSメッセージ・Facebook・Skypeなどの通知を確認できます。本機は表示時間が短く、通知があったときにすぐ確認しないと表示が消えてしまうため注意が必要です。

リーズナブルで軽量という点が人気の本モデル。ベルトの穴も多いので男女問わずフィットしやすいのも魅力。ベルトの素材は薄く柔らかいシリコンなので、金属アレルギーの方やかぶれやすい敏感肌の方にも使いやすい製品です。

第10位 ガーミン(GARMIN) 活動量計 vivoactive3

50m防水で、スイミングにも適した活動量計です。VO2Max機能や、15種類以上のスポーツアプリが入っているなど、アクティブなスポーツマンに人気のある機種。たとえば、ヨガやサイクリング・ゴルフ・スノーボードにも対応する種類豊富なスポーツモードがあります。

ガーミンはセンサー機能に定評があり、本機にも光学心拍計・気圧高度計・コンパス・加速度計・温度計などさまざまなセンサーが搭載されているのが特徴です。

本機に搭載されている反射型MIPディスプレイは、バックライトのON/OFFに関わらず画面は常時表示。太陽光の下でも見やすく、低消費電力なので長時間の使用も可能です。アスリートSNSのSTRAVAにも対応しているので、スポーツライフに適したの活動量計です。

リストバンド活動量計のAmazonランキングをチェック

リストバンド活動量計のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。