手軽に心拍数などのデータを計測できる「活動量計」。ウェアラブルデバイスの一種で、手首などに身につけて健康管理ができるアイテムです。

そこで今回は、活動量計のおすすめモデルをご紹介。シンプルなモデルはもちろん、GPS機能が搭載されている製品などもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

活動量計とは?

By: amazon.co.jp

活動量計とは、運動量・歩数・脈拍・酸素摂取量・消費カロリー・睡眠状態などを計測できるアイテムです。手首にはめたり、衣類に装着したりして使用。ランニング・サイクリング・筋トレ・ヨガといった本格的なトレーニング・エクササイズから、健康管理やダイエットまでさまざまな用途で活躍します。

スマホやタブレットと連携できるモデルにも注目。電話やSNSの通知を知らせるほか、活動量やトレーニング履歴をチェックできるため便利です。アプリと同期させて自分専用のワークアウトを作成できるモノや、プロのコーチからアドバイスを受けられるモデルもあります。

活動量計とスマートウォッチの違い

By: amazon.co.jp

活動量計は日々の運動量の計測や健康管理に特化したアイテム。一方、スマートウォッチは活動量計と時計が一体化したウェラブルデバイスであり、活動量計としての機能はモデルによって異なります。見た目は一般的な腕時計と同様、大きなディスプレイを搭載しているのが特徴です。

活動量計のディスプレイはコンパクトなタイプが主流。就寝時に睡眠データを取りたいときなど、24時間つけっぱなしでもストレスを感じさせません。身体に直接身につけるのに違和感がある場合は、クリップ型も選択できます。

スマートウォッチは大きなカラー液晶ディスプレイを搭載しているため、充電が長持ちしないモノも。活動量計でコンパクトなディスプレイを搭載したモデルなら、1回の充電で長期間使用できるほか、ボタン電池式で長期間交換の必要がないタイプも販売されています。

活動量計の選び方

種類で選ぶ

腕時計感覚で使える「リストバンド型」

By: amazon.co.jp

リストバンド型とは腕時計のように手首に装着して使用する活動量計で、多くのモデルで採用されています。バンドを使用して手首にしっかりと巻きつけるため、心拍数や睡眠状態を計測する際に正確なデータが得られるのが特徴です。

また、腕時計として使用したい場合にもおすすめ。モデルによってはスマホと連携して電話やメール、LINEの通知などが受け取れる機能もあり便利です。一方で、常に腕に装着していないとで正確なデータが得られないため、つけっぱなしが苦手な方には向いていません。

足首に装着する「アンクレット型」

By: amazon.co.jp

足首に装着するタイプの活動量計です。足首に装着することにより下半身の運動量を正確に測れるほか、リストバンド型と比べて装着しているのがわかりにくいのがポイント。ビジネスシーンで活動量計を装着しているのを知られたくない場合に便利です。

ただ、足首専用の活動量計はあまり販売されていないのが難点。バンドの長さによっては手首と足首の両方で使用できるタイプもあります。また、ちょっとした足の動きでも計測してしまうため、注意しながら使用しましょう。

衣服に装着できる「クリップ型」

By: amazon.co.jp

活動量計の主流はリストバンド型ですが、スーツや作業着などに装着できるクリップ型のモデルもあります。リストバンド型と比べて種類は少ないですが、体への密着感がないほか、ポケットなどに収めておけば装着しているのがわかりにくいのがメリットです。

一方で、体に密着させないため心拍数を測定する機能がついていないほか、測定データも不正確な場合があるのがデメリット。多機能タイプよりも歩数や歩行距離、活動量など基本的な項目を気軽に測定したい方におすすめのタイプです。
     

ライフログ記録をチェック

歩数

活動量計の基本機能ともいえる歩数の記録。歩くことが多い方やエクササイズでウォーキングを習慣にしている方に便利な機能です。

特にGPS機能が内蔵されたモノは、歩いたルート・距離・速度などを測定できます。専用アプリを活用することで、成果を客観的に見直せるのが魅力です。目標を決めて振り返りをすれば、歩くことへのモチベーションにも繋がります。

心拍数

By: polar.com

心拍数の測定が搭載されているモノは、心拍の変化を目で見て自身の体調を確認できます。日常生活で異常がないかチェックするのに便利です。

さらに、運動中の負荷を管理しやすいので、ランニングやサイクリングなどの有酸素運動をする機会が多い方におすすめ。目標心拍数をキープすることで、より効率的に有酸素運動ができます。

消費カロリー

By: amazon.co.jp

消費カロリーは、ダイエット目的の方にとってモチベーションアップに繋がる記録です。運動時だけでなく、デスクワークや家事なども含めた普段の生活で消費したカロリーと、基礎代謝を合計した総消費カロリーをチェックできる製品が多く展開されています。

総消費カロリーを確認することで、摂取カロリーのコントロールがしやすくなるのがメリットです。

睡眠

By: amazon.co.jp

睡眠を測定できるモノは、自分ではなかなか把握できない睡眠の質を知るのに便利です。睡眠時間だけでなく、レム睡眠やノンレム睡眠といった眠りの深さなども細かく測定するモデルが数多くラインナップしています。

加速度センサーやジャイロセンサー、心拍モニターなどの機能が自動的に眠りに入ったのを感知して測定を開始するモノ、ベットサイドに置くタイプなどのスイッチをオンにしてから測定を開始するモノに分かれるのが特徴。就寝中の傾向を確認できるので、睡眠の質をより向上させたい方におすすめです。

スマホ連動機能をチェック

By: amazon.co.jp

活動量計のなかには、Bluetooth通信を利用してスマホやタブレットなどと連動させられるモデルもあります。ただし、同期できるデバイスが端末によって変わるので、事前に自分のスマホで使えるか確認しておきましょう。

iOSの「ヘルスケア」やAndroidの「Google Fit」、製品専用のアプリなどを連動させることでライフログを記録できるため、自分の活動を分かりやすく確認できます。さらに、電話やLINE、テキストメッセージなどの通知を受け取れるモノもあるのが魅力です。

防水性能をチェック

雨の日でも運動をする方や、水中でトレーニングする方は防水性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。また、水中で使う方は、対応できる水深までしっかりチェックしておく必要があります。

電源をチェック

By: amazon.co.jp

活動量計の電源には、充電式と電池式の2種類があります。充電式は定期的に充電する手間はかかるものの、電池を購入する必要がなくコストを抑えられるのがメリット。満充電で連続して使用できる時間はディスプレイの大きさや内蔵された機能によって異なり、1回の充電で5日間以上使用できるモデルがおすすめです。

電池式は、主に薄くコンパクトなボタン電池を使用します。ディスプレイを搭載していないタイプやクリップ型に多く採用され、1年程度交換の必要がないモデルもあるのでチェックしてみてください。

デザインで選ぶ

By: garmin.co.jp

活動量計を選ぶうえでは、デザインも大事なポイント。活動量計を装着した際にストレスにならないかどうかは、継続して使い続けられるかに関わってくるので重要です。

また、活動量計はカラーや柄が豊富で、高級感があるモノやポップなイメージのモノもあります。長く使うモノであれば、見た目のよさも考えて選ぶのがおすすめです。

活動量計のおすすめメーカー

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンはGPS搭載機器を開発している企業で、主にアクションカメラやドライブレコーダー、ウェアラブル端末などを開発しています。なかでも最近注目を集めているのが活動量計で、GPS機能を搭載しているのはもちろん、カジュアルでスポーティなデザインも人気の理由です。

ガーミンの活動量計は「vivofit」「vivosmart」「vivoactive」の3シリーズを展開。「vivofit」は活動量計において必要な機能を搭載したスタンダードモデル、「vivosmart」はスマホとの連携に強い現代型のモデル、「vivoactive」はスポーツモードを強化したモデルです。

フィットビット(Fitbit)

By: amazon.co.jp

活動量計を発売しているメーカーのなかでも、高い性能で人気のあるメーカー。価格は比較的高めですが、しっかりとした性能の活動量計を選びたい方におすすめです。

優れた性能でコンパクトなところも魅力。また、独自のアプリもリリースしており、本体とアプリの連携によって心拍数計・睡眠状態・運動能力を効率的に把握できます。健康志向の方はぜひチェックしておきましょう。

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

タニタの活動量計は、クリップ式やネックストラップ式のモデルが主流です。6秒ごとに走り・歩き・生活・安静の4つの行動を自動で分類する「カロリズムエンジンPRO」を搭載しているモデルは、行動別に消費カロリーや脂肪燃焼量などを分析し表示します。

運動時のデータだけでなく、普段の生活のデータも確認したい方におすすめです。デザインは幅広く、年齢や性別問わず馴染みやすいモノをラインナップしています。

オムロン(OMRON)

By: amazon.co.jp

オムロンは、体重計やマッサージ機器なども幅広く取り扱っているヘルスケアメーカー。活動量計は、服のポケットなどに入れて使用するモデルを主に展開しています。

シンプルな作りで簡単に操作できるのが魅力。1日の総消費カロリーを測定できる「カロリスキャン」は、摂取カロリーと活動量のコントロールが行いやすいため、ダイエットしたい方におすすめです。

活動量計のおすすめ

ガーミン(GARMIN) 活動量計 アクティブトラッカー vivosmart4

ディスプレイに金属ベゼルをあしらった、スタイリッシュなデザインが魅力の活動量計です。ディスプレイは明るさが必要な場面でのみオンになる仕様で、周囲の光量に合わせて自動調節。直射日光下でも見やすい視認性を確保しています。

日々の歩数や消費カロリー、運動量を記録するほか、睡眠モニター機能も搭載。浅い睡眠や深い眠りなどを記録し、アプリで睡眠状態をチェックできます。心拍数から最大酸素摂取量を計測できるのも特徴。自分に最適なトレーニングレベルを把握できるため、より質の高いトレーニングに役立てたい方におすすめのモデルです。

スマホとペアリングすれば、天気予報を確認したりスマホ内の音楽を再生したりできるのも便利。着信も受け取れるほかAndroidスマホなら、事前に設定されたテキストメッセージでの応答も可能です。

ガーミン(GARMIN) 活動量計 vivoactive4

大きなディスプレイを搭載した活動量計。見た目は一般的な時計と変わらないため、ビジネスシーンなど活動量計をさり気なく使用したい場合におすすめのモデルです。スイムやランニング、バイクなど20種類以上のスポーツアプリを内蔵。ディスプレイに動画ワークアウトを表示したり、パーソナルランニングコーチからアドバイスを受けたりできます。

SpotifyやAmazon Musicなど音楽ストリーミングサービスから直接ダウンロードできるのも魅力。スマホなしで音楽を聴きながらトレーニングを楽しめます。スマホとペアリングして電子メールやテキストを受信できるほか、Androidスマホなら返信も可能。クレジットカードを登録すれば、Google PayでSuicaへチャージできるのも便利です。

ガーミン(GARMIN) 活動量計 アクティブトラッカー vivofit4

コンパクトなカラーディスプレイを搭載した活動量計です。電源にボタン電池を使用するタイプで、約1年間電池交換が不要。防水機能の搭載でスイミングやシャワーで装着したまま使えるなど、24時間365日休まず活動を記録できるおすすめモデルです。

常時表示のカラーディスプレイは直射日光の下でも見やすい仕様。カラーテーマやウォッチフェイス、テキストフレーズを好みにカスタマイズできるのも魅力です。トレーニングの際は「Move IQ機能」により自動で検出されるので、手動で開始・停止する必要がないのも便利。ランニングやバイク、スイムなどさまざまなアクティビティを自動で記録します。

記録したデータは専用アプリ「Garmin Connect」を利用してスマホで確認可能。活動レベルを数値で表示するほか、データを友人と共有することも可能です。

ガーミン(GARMIN) アクティブトラッカー vivosport Slate 010-01789-70

光学式心拍計を搭載している活動量計です。本体裏側のセンサーで血中のヘモグロビンに光を当てて、流量の違いから脈拍を読み取る仕組み。高速データ処理で最大酸素摂取量を予測できるため、より質の高いトレーニングに活かしたい方におすすめのモデルです。

スリムなデザインで重さ50g以下と、長時間の使用でもストレスなく装着できるタイプ。リチウムイオンバッテリーを搭載した充電式で、24時間7日間駆動できるロングライフを実現しています。GPSにくわえて、日本の準天頂衛生みちびきにも対応。正確なデータ計測を可能にしています。

フィットビット(Fitbit) Charge4 フィットネストラッカー FB417BKBK-FRCJK

フィットビット(Fitbit) Charge4 フィットネストラッカー FB417BKBK-FRCJK

GPS搭載により、スマホなしでも運動を記録できる活動量計。エクササイズの前に目標を設定しておけば、達成度をリアルタイムに確認できるおすすめモデルです。歩数・距離・階段数・消費カロリーのほか、心拍ゾーンも1日中記録。目標達成度をチェックして健康管理に役立てられます。

運動強度はエクササイズ後にスマホアプリで把握可能。効率的なワークアウト作成に活用できます。小型軽量でストレスなく装着できるほか、長時間駆動するバッテリーを内蔵。フル充電で最大7日間使用できるため、充電の手間を省けます。

フィットビット(Fitbit) InspireHR フィットネストラッカー FB413BKBK-FRCJK

心拍センサー搭載で24時間心拍数を記録できる活動量計です。安静時の心拍数や心拍数ゾーンを正確に測定。ワークアウトの効果を最大限に高めたい方におすすめのモデルです。睡眠ステージを表示する機能も搭載。深い睡眠や浅い睡眠、レム睡眠の時間をアプリで確認できます。

ランニングやバイク、ヨガなど15種類以上のエクササイズモードを内蔵。距離や時間、消費カロリーの目標値を設定しておけば、目標達成をリアルタイムにチェックできます。Fitbitアプリで心肺機能のフィットネススコアを測定できるのも便利。体力レベルの改善に役立ちます。

フィットビット(Fitbit) Charge3 フィットネストラッカー スペシャルエディション FB410GMWT-CJK

比較的大きめのタッチスクリーンディスプレイを搭載した活動量計です。生理サイクルの詳しいデータをディスプレイに表示する機能を搭載。Fitbitアプリで期間や症状を記録できるなど、女性の健康管理機能に役立つおすすめモデルです。

水深50mでも耐えられる防水性を備えており、スイムやシャワーなどで装着したまま使用可能。スマホのGPSに接続すれば、ランニングやサイクリングのペースや距離をリアルタイムに記録できます。睡眠データを測定してレポートで確認できるのも便利。正しい睡眠習慣を身につけたい方にもぴったりです。

フィットビット(Fitbit) フィットネストラッカー Alta HR FB408SBKL-CJK

スリムなデザインが特徴の活動量計。リストバンド型ながら、足首に装着するアンクレット型としても使用できるモデルです。ウォーキングやランニングなど下半身の運動量を正確に測定できるほか、さり気なく装着できるのがポイント。ビジネスシーンで活動量計の装着を見られたくない場合におすすめです。

着信をディスプレイに表示して知らせるため、大事な連絡の見逃しを防げるのも便利。心拍計を搭載しており、消費カロリーや運動強度、安静時心拍数を正確に計測します。

ポラール(POLAR) 活動量計+リスト型心拍計 A370

心拍計を搭載したリストバンド型活動量計です。手首に装着するだけで継続的に心拍数を計測。最大心拍数と最低心拍数から、活動量や消費カロリーを正確に把握できます。高度な睡眠分析機能も搭載しているなど、生活習慣の改善に役立つおすすめモデルです。

GPS機能を搭載しており、速度・距離・ルートを正確に記録。30m防水で汗をかいたり、雨で濡れたりしても安心して使用できます。専用アプリのほか、iOSの「ヘルスケア」やAndroidの「Google Fit」などさまざまなアプリに対応しているのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) 活動量計 SmartBand 2 SWR12

加速度センサー搭載で、睡眠や消費カロリーなどさまざまなライフログを記録できる活動量計です。心拍センサーも搭載しており、ストレスレベルを測定可能。時間単位でのストレスレベルの推移や睡眠、ウォーキング時の心拍の変化を計測できるおすすめモデルです。

Xperiaスマホと連携して、消費カロリーや歩数情報などさまざまなログデータをグラフや数値で確認可能。iOS専用ホストアプリケーションをインストールすれば、iOSスマホでも設定やログ情報をチェックできます。

エプソン(EPSON) 活動量計 PS-100TS

高精度脈拍センサーと加速度センサーを搭載した活動量計です。腕に装着するだけで、脈拍をリアルタイムで計測。スマホと連携して、脈拍の推移と活動量からエクササイズや睡眠などの活動レベルを確認できます。

リアルタイムで運動強度をチェックできるのもポイント。5段階のトレーニングゾーンで運動効率を向上できるなど、本格的なトレーニングに活用したい方にもおすすめのモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) 活動量計 Band 4 pro

「0.95インチAMOLEDカラータッチスクリーン」を搭載した活動量計。高い彩度とコントラストで見やすいおすすめモデルです。GPSを内蔵しているため、スマホを携帯せずに正確なデータの取得が可能。ランニングやサイクリング、スイムなどさまざまなアクティビティをサポートします。

高い精度で心拍数をモニタリングできるのも魅力。心拍数を24時間リアルタイムに計測し、最大平均心拍数を超えたら振動で知らせます。手首を上げるだけでメッセージや着信を確認できるのも便利。Androidスマホなら、音楽の再生コントロールにも対応します。

タニタ(TANITA) 活動量計 AM-161

「カロリズムエンジンPRO」を搭載した活動量計です。従来モデルと比較して2倍の処理能力を実現ており、6秒ごとに行動を判別。走り・歩き・生活・安静の4つの行動から消費カロリーや活動時間、脂肪燃焼量を表示します。

スーツのポケットにすっぽりと収まるコンパクトサイズも特徴。直接身につけるのに違和感がある方におすすめのモデルです。Bluetooth接続対応でスマホにデータを送信してアプリで管理。同社のBluetooth対応体組成計を組み合わせれば、さらに精度の高い健康管理に役立ちます。

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズムエキスパート AM-142

スーツのポケットに入れたり、スライドクリップで衣類につけたりして使用するクリップ型活動量計。ウォーキングやジョギングはもちろん、家事や仕事中の行動も分析して健康管理に役立てられるおすすめモデルです。

1日の行動を走り・歩き・生活・安静の4つの項目に自動で分類。気になる活動時間だけの消費カロリーや歩数、距離を計測する「スプリット機能」を搭載しています。ボタン電池を2個するタイプで、1日16時間の使用で約6ヶ月電池交換が不要です。

オムロン(OMRON) 活動量計 カロリスキャン HJA-404

気圧センサーと加速度センサーを搭載した活動量計です。平地での歩行と階段歩行を識別し、階段上り歩数や早歩き歩数を個別にカウントします。ポケットに入れて使用できるタイプで、手軽に健康管理をはじめたい方におすすめのモデルです。

毎日の目標活動カロリー達成度をインジケーターで知らせる機能も便利。モチベーションを高めながら健康づくりを行えます。ボタン電池を使用し、約3ヶ月が寿命の目安です。

パナソニック(Panasonic) 活動量計 EW-NK63

シンプルで使いやすいデザインを採用した活動量計。ベルトを利用して腰部に取り付けるタイプで、さり気なく手軽に使いたい方におすすめのモデルです。下を見るだけで数値が分かる形状で、取り外して確認する手間は不要。防水機能も備えており、突然の雨でも心配ありません。

Androidスマホと連携すると、本体をタッチするだけでデータ転送が可能。専用アプリに1ヶ月の目標数値を設定しておけば、目標までの達成率をいつでもチェックできます。動いた分だけのカロリー値をチェックできる「ポイント計測機能」も便利。ウォーキング時のカロリー値を把握しやすく、ダイエットに役立ちます。

リストバンド活動量計のAmazonランキングをチェック

リストバンド活動量計のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。