演劇やミュージカルなどのエンタメシーンで活用する方が多い「オペラグラス」。メインステージと観客席との視点の距離が近づき、より舞台を堪能できるのが特徴です。

手軽に使えるシンプルなモデルから気品が感じられる高貴なアイテムまでさまざまなモデルがラインナップされています。そこで今回はオペラグラスのおすすめモデルをご紹介。双眼鏡との違いや選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

オペラグラスとは?

By: amazon.co.jp

「オペラグラス」とはその名の通り、オペラやバレエそして演劇など、主として観劇の際に用いられる双眼鏡です。長時間使用しても手が疲れにくく、持ち運びしやすいコンパクトさがポイント。腕を持ち上げることなく見られるハンドル付きのオペラグラスもラインナップされています。

倍率は3倍前後のモノが主流。広い会場で使用する時は、より高倍率でアーティストを確認しやすい5〜8倍ほどのモデルがおすすめです。また、オペラグラスはドレスアップした装いにマッチした、デザイン性の高いモデルが多いのも特徴。カラーバリエーションも豊富で、ゴールドなど華やかな色使いのモノも揃っています。

オペラグラスと双眼鏡の違い

By: amazon.co.jp

オペラグラスと双眼鏡は、見える距離と見え方に違いがあります。どちらも遠くを見るという観点から言えば、双眼鏡という大きな括りになりますが、双眼鏡の内部機構を単純化したのがオペラグラスです。一方、双眼鏡は携帯することを考慮し、望遠鏡を小さくしたモノと考えましょう。

オペラグラスの種類は3つで、「ガリレオ式」「ポロプリズム式」「ダハプリズム式」があります。ガリレオ式は古くからあるタイプで、2枚のレンズを採用しているのが特徴。シンプルな構造を採用しているため、倍率がそれほど高くないのが懸念点です。

一方、ポロプリズム式は光の屈折や反射を利用する仕様。比較的高い倍率に設定できるのがポイントです。また、「ダハプリズム式」は光軸が一直線になる構造を採用。高倍率ながらコンパクトかつスタイリッシュなデザインの製品が数多くあります。なお、ポロプリズム式とダハプリズム式は双眼鏡にも用いられる方式で、ガリレオ式と比べると総じて価格が高くなるため、注意しておきましょう。

オペラグラスの選び方

倍率で選ぶ

By: amazon.co.jp

従来のオペラグラスは、シンプルな構造のガリレオ式双眼鏡なので、3〜4倍ほどのモデルが主流でした。しかし、現在では、ダハプリズム式あるいはポロプリズム式モデルも登場しているので、より高倍率の5〜8倍オペラグラスも数多くラインナップしています。

小さい劇場や前列席などでは3倍でも充分と言えますが、大きな劇場の2階席などでは見えにくいこともあります。その場合は、5〜8倍程度のオペラグラスやコンパクトタイプの双眼鏡を選びましょう。

なお、10倍以上の双眼鏡では手ブレしやすくなります。劇場やコンサート会場ではオーバースペック気味になるので、製品を選ぶ際には倍率が高すぎないかどうかも考慮しておきましょう。

明るさで選ぶ

オペラグラスの明るさは倍率と対物レンズの有効径が関係してきます。倍率が低く、対物レンズ有効径が大きいほど像が明るくなるのがポイントで、オペラグラスの場合は、倍率3〜8倍、そして対物レンズ有効径が15〜28mmほどのモデルが一般的です。

明るさを示す指標は「ひとみ径」と「明るさ」。ひとみ径は「対物レンズ有効径÷倍率」、明るさは「ひとみ径の2乗」で表されます。例えば、倍率8倍で対物レンズ有効径25mmモデルのひとみ径は約3、明るさは約9です。

なお、より明るさを重視したい方はレンズのコーティングをチェックしましょう。コーティングは光の反射を軽減することにより、光量ロスを抑えるのが特徴。価格帯的にミドルクラス以上のモデルはコーティング加工されたモノが主流です。一方、安価なモデルの場合はコーティングされていないことが多いので、購入する際は機能性と価格帯のバランスをチェックしておきましょう。

視界の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

オペラグラスの視界性能を表す数値が、「実視界」と「見掛け視界」です。実視界はオペラグラスを動かさず観測できる範囲を対物レンズ中心から測った角度です。選ぶ際の目安としては、実視界7°以上のモデルがおすすめです。

なお、見掛け視界は、オペラグラスで観測した場合と、同じ大きさに肉眼で見える位置からの視界を角度で表した数値。見掛け視界60°以上のモノは、「広視界タイプ」と呼ばれ、見かけ視界の狭いモデルと比較した場合、倍率が同一であってもワイドな画角を確保することができます。

メガネの方向けの選び方

By: amazon.co.jp

裸眼と違って、メガネをかけてオペラグラスを見ると、接眼レンズと目の間の距離が離れてしまいます。その場合、像の周辺が欠けてしまうことがあるので、メガネを使用する方はオペラグラスのアイレリーフをチェックしましょう。

「アイレリーフ」とは双眼鏡を覗き込んだ時の肉眼の位置と目にもっとも近い「接眼レンズ」までの距離を示す数値。一般的には、この距離が長いほど覗きやすく、長時間の使用でも目が疲れにくくなるのが特徴です。

目安としては10mm以上で、それ以下になると十分な視野が確保できず、双眼鏡を覗き込んだ際に景色の周りにフチが見える「ケラレ」という現象が発生しやすくなります。

メガネをかけている方はアイレリーフの長いモデルがおすすめ。メガネをかけていても見やすく、長時間使用しても疲れにくいのがメリットです。メガネをかけている方はアイレリーフが15mm以上あると安心。なお、アイレリーフが長いモデルのことを「ハイアイポイント」と言います。

オペラグラスのおすすめ人気モデル

ニコン(Nikon) 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D CF

ニコン(Nikon) 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D CF

視界の広さと明るさを有したニコンの8倍望遠鏡です。対物レンズ有効径25mmで、見掛け視界は59.7°。構造は密閉性が高いダハプリズム式を採用しており、サイズが長さ103×幅114×厚さ43mmとコンパクトです。重量は300g。折りたためて携行しやすいのがメリットです。

レンズにマルチコーティングを施しており、光量ロスを軽減可能。そのため、明るくコントラストが高い像を得られます。ボディにチッ素ガスを充填した本格防水仕様。コンサートはもちろん、アウトドアでも使いやすい双眼鏡です。

ペンタックス(PENTAX) Papilio II 6.5×21

ペンタックス(PENTAX) Papilio II 6.5×21

最短約50cmという圧倒的な近距離でピント合わせができる、ペンタックスの人気双眼鏡です。博物館での資料や工芸品の鑑賞、そしてアウトドアにおける昆虫・植物の細かい観察などもしやすいのがメリット。6.5倍という初心者でも扱いやすい倍率で、対物レンズ有効径は21mmです。

「ピント連動対物レンズ位置補正機構」を採用しており、近くの対象物も左右の視界の範囲がほぼ一致しています。また、ピント調整ノブの動きも軽いため、遠近ともにピントを合わせやすいのがメリットです。アイレリーフが15mmと長いハイアイポイント仕様で、メガネを外さなくても快適に利用できます。

レンズはマルチコーティング加工。フレアやゴーストを軽減でき、明るい視界を実現しています。ボディにラバーコートを採用しているので、グリップ性も良好。三脚にも取付できます。幅広いシーンで利用しやすい双眼鏡です。

オリンパス(OLYMPUS) DPC I 8X21

オリンパス(OLYMPUS) DPC I 8X21

メタリック調のカラーリングを採用した、オリンパスのオシャレなポリプリズム式双眼鏡です。倍率は8倍で、対物レンズ有効径21mm。重量は170gと8倍双眼鏡としては軽量なので、使用中に腕が疲れにくく、携行しやすいのがメリットです。

すべてのレンズとプリズムはコーティング済み。光の損失が少ないので、像のコントラストが高いのがポイントです。さらに、非球面レンズを採用したことにより、視界の周辺部でもクリアな像を実現しています。

最短合焦距離が2.2mと短いため、美術館や博物館などで比較的近くのモノを観察しやすいのが特徴。安い価格ながら、視度調整機構も搭載しており、基本機能が充実した双眼鏡です。

オリンパス(OLYMPUS) ZOOM PC I 8-16×25

オリンパス(OLYMPUS) ZOOM PC I 8-16×25

8倍から16倍まで倍率を変えられるズーム機能を搭載した、オリンパスの双眼鏡です。対物レンズ有効径は25mm。アイレリーフが12〜15mmと長いので、メガネを掛けている方が長時間使いやすいのがポイントです。

対物レンズにマルチコーティングを施してあるほか、レンズ全面とプリズムは単層コーティングされています。光量ロスが少なく、明るい像を得られるのがメリットです。また、プリズムには高屈折率のBaK4プリズムを採用。視界の周辺部までクリアに見えます。

レンズの一部にはUVプロテクションを施しており、紫外線を効果的に軽減。野外フェスなど、紫外線が気になるアウトドアで使用しても安心です。サイズは長さ114×幅111×厚さ48mmで、重量は315g。ズーム双眼鏡としては、比較的軽量コンパクトです。スタジアムやドームなど、大きな会場で観劇することの多い方におすすめします。

オリンパス(OLYMPUS) Trip light 8×21

オリンパス(OLYMPUS) Trip light 8x21

軽量コンパクトなオリンパスの8倍双眼鏡です。サイズが長さ88×幅106×厚さ38mmで、重量は190g。使わない時は折りたためるので、携行性も良好です。

アイレリーフは11.5mm。メガネを掛けている時は目当てリングを収納し、裸眼時は引き出して使えます。メガネを掛けたままでも使用しやすいのがポイント。視度調整機能も搭載しており、リングを調整するだけで、左右の視力が異なる方も利用できます。

接眼・対物レンズはそれぞれマルチコーティング済み。その他のレンズやプリズムにも単層コーティングが施されており、光の損失を抑制しています。軽量なので、コンサートなどで長時間使用する方におすすめの双眼鏡です。

ビクセン(Vixen) オペラグラス 3×28

ビクセン(Vixen) オペラグラス 3×28

ビクセンのリーズナブルでコンパクトなオペラグラスです。サイズは長さ65×幅116×厚さ20mm。重量が60gと軽く、折りたたむと20mmと薄いので、上着のポケットに入れて持ち歩いても、気にならないのがメリットです。

倍率は3倍。子供の学芸会や美術館などの比較的狭い会場での利用が適しています。また、低倍率のため視界が広く、対象を視野に収めやすいのがポイントです。コンサートなどでサブ双眼鏡として使用しても便利。千円前後で手軽に入手できるオペラグラスです。

ビクセン(Vixen) アリーナスポーツ M 8×25

ビクセン(Vixen) アリーナスポーツ M 8×25

スポーツ、特に強い照明のナイトゲームを観戦する用途として開発されたビクセンの双眼鏡です。倍率8倍で、対物レンズ有効径25mm。サイズは長さ101×幅116×厚さ50mm、重量約290gです。

すべてのレンズやプリズムには、3層以上の高品質多層膜コーティング済み。特に、新開発のオーロラコートを施しているのがポイントです。LEDなどの照明から発せられる波長を軽減することにより、像劣化の原因となるゴーストや散乱光といった現象を軽減できるため、強い照明が使われるコンサートなどにおすすめします。

また、アイレリーフは16mmと長いハイアイポイント設計。メガネを掛けたまま長時間使用しても見やすいのがメリットです。

ビクセン(Vixen) アリーナ HD 8×21WP

ビクセン(Vixen) アリーナ HD 8×21WP

ブルー・グリーン・ピンクというカラフルなモデルがラインナップされた、ビクセンの8倍双眼鏡です。サイズは長さ67×幅91×厚さ48mmで、重量190g。バックに入れて持ち歩いても気にならないサイズと重量です。

レンズ全面に反射防止多層膜コートを施しており、光の損失が軽減されています。そのため、視界が明るいのがメリット。また、平面性を考慮して設計されているので、視界周辺の像も良好です。

ボディの素材は丈夫なアルミ合金製。さらに、ウォータープルーフ仕様のため、雨などが気になる野外フェスなどでも使用しやすい双眼鏡です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) Do・Nature オペラグラス 3×28

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) Do・Nature オペラグラス 3×28

カメラレンズフィルター大手ケンコー・トキナーの3倍オペラグラスです。サイズが長さ67×幅103×厚さ35mmとコンパクトなので、持ち運びしやすいのがメリット。さらに重量68gと超軽量です。対物レンズ有効径は28mm。眼幅調整機能を搭載しており、大人から子供までユーザーの眼の幅に合わせて使用できます。

価格がリーズナブルなので、初めてオペラグラスを買うという方や、家族で気軽に使い回せるオペラグラスを探している方におすすめのモデルです。