演劇やミュージカルなどのエンタメシーンで活用する方が多い「オペラグラス」。ステージと観客席との視点距離が近づき、より舞台を堪能できるのが特徴です。シンプルなモノから上品なデザインのモノまで、さまざまなモデルが発売されています。

そこで今回は、オペラグラスのおすすめモデルをピックアップ。観劇・観賞用として用いられている低倍率双眼鏡もあわせてご紹介します。気になる方はチェックしてみてください。

オペラグラスとは?

By: amazon.co.jp

「オペラグラス」とは名前の通り、オペラ・バレエ・演劇など、観劇の際に用いられる双眼鏡の一種です。長時間使用しても手が疲れにくく、持ち運びしやすいコンパクトさがポイント。腕を持ち上げることなく見られる、ハンドル付きのオペラグラスもラインナップされています。

倍率は3倍前後のモノが主流。低倍率な製品の場合、手ブレも気になりにくいのがメリットです。また、デザイン性の高いモデルが多いのも特徴。カラーバリエーションも豊富で、ゴールドなど華やかな色使いのモノも揃っています。

オペラグラスと双眼鏡の違い

By: amazon.co.jp

オペラグラスと双眼鏡は、おもに構造が異なります。オペラグラスが採用しているのは「ガリレオ式」。ガリレオ・ガリレイが制作して天体観測に用いた望遠鏡と同じで、凸レンズと凹レンズを組みあわせたシンプルな構造となっています。価格が安く、倍率が低いのが特徴です。

一方、双眼鏡は凸レンズのほかにプリズムを使用しているのが特徴。ガリレオ式と比べて部品が多いので価格は高くなりますが、倍率を高くできます。双眼鏡はプリズムの仕組みによって、「ポロプリズム式」と「ダハプリズム式」にわけることが可能です。

ポロプリズム式は、同じ形のプリズムを2つ使って光をZ字に反射させる方式。構造上やや本体が大きめになってしまうものの、プリズムの加工が比較的簡単なため、価格が安いのが魅力です。ダハプリズム式は、屋根のような形をしたダハプリズムと補助プリズムを組みわせた方式。光軸が一直線になるのが特徴で、高倍率ながらコンパクトに作れます。しかし、加工が難しいので価格も高めです。

双眼鏡について詳しく知りたい方はこちら

オペラグラスの選び方

倍率で選ぶ

小規模な会場なら~4倍程度がおすすめ

By: amazon.co.jp

収容人数の少ない小規模なコンサート会場やステージに近いアリーナ席でオペラグラスを使う場合は、倍率が4倍以下のモノを選ぶと快適に使えます。ステージから非常に近い位置で高倍率のオペラグラスを使うと、見にくいだけでなく手ブレも起こりやすくなるため、対象物と自分との距離を考えてオペラグラスを選びましょう。

また、低倍率のオペラグラスははっきり見えるので、目に負担がかかりにくいのがポイント。手ブレもしにくいため、動きのあるスポーツ観戦にも適しています。

人数規模の大きな場所では4倍以上を

By: amazon.co.jp

規模が大きな会場で使用する場合は、遠くがはっきり見える倍率4倍以上のモノを選ぶのがおすすめ。倍率10倍のオペラグラスを使用すると、100m先のステージに対して10mまで近づいたような状態で見えます。

4~10倍のオペラグラスはコンサートや舞台だけでなく、登山やキャンプで遠くの景色を楽しむのにもぴったり。広い場所で遠くを見たい場合は、対象物と自分との距離を考えて高倍率のモノを選んでみてください。

明るさで選ぶ

オペラグラスや低倍率双眼鏡を選ぶときに重要なのが「明るさ」です。コンサート会場などは薄暗いことが多いので、快適に鑑賞するためにも明るく見える製品を選びましょう。明るさの目安となるのがひとみ径です。接眼レンズの中に見える円のことで、「対物レンズ有効径÷倍率」で算出できます。

明るい場所なら、2~3mm程度のひとみ径で十分。室内会場のような薄暗い場所では3~5mm、照明を落としたような暗い場所も見たいときは5mm以上のモノがおすすめです。

また、より明るさを重視したい方は、レンズのコーティングもチェックしましょう。コーティングによって光のロスを抑えることで、コントラストが高く鮮やかに見えます。ミドルクラス以上のモデルは、コーティング加工されたモノが主流。一方、安価なモデルの場合はコーティングされていないことが多いため、購入する際は機能性と価格帯のバランスを確認しておきましょう。

視界の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

オペラグラスの視界性能を表す数値が「実視界」と「見掛け視界」です。実視界とは、オペラグラスを動かさず観測できる範囲を対物レンズ中心から測った角度。倍率が高いほど狭くなります。選ぶ際の目安としては、実視界7°以上のモデルが見やすいのでおすすめです。

なお、見掛け視界とは、オペラグラスで観測した場合に、視野角度がどのくらいあるのかを表した数値。見掛け視界60°以上のモノは、「広視界タイプ」と呼ばれ、ワイドな画角を確保できます。複数の演者や、スポーツ選手やダンサーのようなダイナミックな動きを見たい場合におすすめです。

軽いモノなら長時間使用も可能

By: olympus-imaging.jp

オペラグラスを長時間に及ぶ観劇などに使用する場合は、重さが負担にならないモデルを選びましょう。オペラやミュージカルは上演時間が3時間を超える作品もあるため、重いモデルを使用すると次第に腕が疲れて観劇に集中できなくなる恐れがあります。

体格や腕力に応じて適切な重さはまちまちですが、重量が200g以下のモデルであれば小柄な男性や女性でも負担を感じにくいのでおすすめ。また、しっかり握れるグリップ形状を採用したモノや、腕をあまり挙げずに使用できるハンドルが搭載されたモノを選ぶと、長時間の観劇でも快適に使えます。

メガネをかけたまま使用したいなら「アイレリーフ」をチェック

By: amazon.co.jp

「アイレリーフ」とは、オペラグラスや双眼鏡をのぞいたときに、視野全体を見られる接眼レンズと眼の距離のことです。アイレリーフが長いモノほど、視界全体が見やすく、メガネをかけたままでも使用できます。

通常、メガネをかけたままオペラグラスをのぞくと、接眼レンズと眼の距離は離れてしまいます。そのため、アイレリーフが短いモノを使用すると、視野全体を見にくくなるのが懸念点です。

メガネをかけたままオペラグラスを使用したい方は、アイレリーフが15mm以上のモノを目安に選びましょう。また、裸眼とメガネの着用時の両方で快適に使用したいのであれば、アイレリーフを調節できるモデルがおすすめです。

オペラグラスのおすすめメーカー

ビクセン(Vixen)

By: amazon.co.jp

ビクセンは埼玉の所沢市に本社を置く1954年創業の総合光学機器メーカーです。「星を見せる会社」になるというビジョンを掲げており、主力製品の天体望遠鏡は国内で60%という業界首位のシェアを保有。双眼鏡や顕微鏡の開発にも力を入れています。

ビクセンはシンプルな構造のオペラグラスから、高性能な小型双眼鏡まで多彩な製品をラインナップしているのが特徴。高品質ながらリーズナブルな製品も多いため、コスパ重視のユーザーからも人気があります。また、コールマンとコラボしたアウトドア用の双眼鏡を販売しているのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS)

By: olympus-imaging.jp

オリンパスは東京の新宿区に本社を構える1919年創業の光学機器・医療機器メーカーです。75%という世界トップレベルのシェアを占める内視鏡などの医療機器が主力製品。加えて、小型軽量システムで高画質撮影が楽しめるミラーレス一眼カメラのほか、双眼鏡やICレコーダーなども開発しています。

オリンパスは卓越した光学技術を発揮した、明るく見やすい双眼鏡を製造しているのが特徴。高倍率ながら携帯性の優れたモデルや、防水性能を備えたアウトドア対応モデルなども販売しています。また、操作性がシンプルでわかりやすく、初心者でも手軽に使えるのが魅力です。

オペラグラスのおすすめモデル|~4倍

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 コンパクトオペラ3×28

軽量で扱いやすく価格も手頃なオペラグラスです。プリズムを使用しないレンズ片側2枚構成の「ガリレオ式」を採用。原始的でシンプルな構造ながら重さ約60gと軽く、サイズもコンパクトなので観劇でも気軽に使用できます。

3倍と低倍率なので、手ブレなどが気になりにくく手持ちで扱いやすいのも特徴。また、合焦機構を搭載しているので、美術館の絵画やステージ上の演者など見たいモノまでの距離に合わせて適切にピントを調節できます。

また、携帯に重宝するネックストラップが付属。本体は軽いので首から長時間下げていても快適に使用できます。価格が安く手軽に使えるおすすめのオペラグラスです。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 at4 M4×18

観劇や美術鑑賞はもちろん、自然観察でも活躍できる小型双眼鏡です。55cmの近距離からでもピントを合わせられるのが特徴。足元に咲いた花などを拡大して鮮明に観察できるので、自然観察や登山などにもおすすめです。

本製品は、レンズとプリズムの全面に3層以上の反射予防コーティングを施した「PFMコート」仕様。反射が抑えられており、日中の野外でもクリアな視界を確保できます。また、ひとみ径4.5mm、実視界9.2°と高性能なのもポイント。明るく広い視野で目的の対象物が見つけられます。

倍率4倍に対応しながら重さは約145gと軽量。アウトドアシーンでもおしゃれに持ち歩ける、サコッシュバッグ風のメッシュケースが付属するのも魅力のおすすめ製品です。

ニコン(Nikon) 双眼鏡 遊 4×10D CF

小型軽量で普段のお出かけにも気軽に持ち出せる小型双眼鏡です。高級感のある優雅なデザインが際立つフラットなスリムボディが特徴。厚さ19mm、重さ65gと軽量コンパクトなので、演劇観賞はもちろん、アウトドアシーンで使うのにもおすすめです。

全てのレンズとプリズムに上質な多層膜コーティングを採用しているのがポイント。小型ボディで倍率4倍を実現しながら反射を抑えた明るく見やすい視界を確保しています。

眼幅調節とピント合わせだけのシンプル操作で、初心者も簡単に使用可能。最短合焦距離は1.2mと短めなため、美術館の絵画鑑賞などにも活躍します。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 薄型オペラグラス Pliant 3×25 スリム

折り畳めばシャツのポケットにも収納できる薄型のオペラグラスです。幅115×奥行き64×厚さ20mmと4インチクラスの小型スマホとほぼ同じサイズなのが特徴。重さも65gと軽いので、スマホのような感覚で手軽に持ち歩けます。また、価格が安いので、手軽に入手できるオペラグラスを探している方にもおすすめです。

デザインにはスタイリッシュなメタリックカラーを採用。使用するときはオペラグラスの蓋を開いてピントを合わせるだけと操作も簡単です。最短で2m先にピントが合わせられるので、観劇はもちろん、美術館で芸術作品を鑑賞する際にも活用できます。

レイメイ藤井 オペラグラス SPALDING RXB1505A

変形機構を備えたスポーティーなオペラグラスです。重さ約55gの本体は折り畳めるのでバッグへの収納や携帯が簡単。さらに、片側のレンズだけを折り曲げてグリップ付きの単眼鏡としても使えるため、長時間のスポーツ観戦などで腕にかかる負担を軽減できます。

3倍と低倍率なので手ブレがしにくいのも特徴。ピント調節が不要なフリーフォーカス式を採用しているので、ステージを動き回るアーティストや素早く動くスポーツ選手にも瞬時にピントを合わせられます。

31〜71mmまでの眼幅調節機能を備えているのもおすすめポイント。小さな子供から大人まで幅広いユーザーの眼幅に対応しています。

ミザールテック(MIZAR-TEC) 高級オペラグラス BOH-350

優雅なひとときを演出するおしゃれな高級オペラグラスです。金メッキが随所に施されたゴージャスなデザインが特徴。アクセサリー感覚で使えるので、ドレスアップしてオペラ観劇やクラシックコンサートなどを楽しむ際におすすめです。

重さ185gの軽量ボディに伸縮可能なハンドルを搭載しているのもポイント。縮めた状態では約9cm、伸ばした状態では約16cmの高さが確保できるため、長時間のオペラ鑑賞でも腕にかかる負担を軽減できます。

倍率は3倍で、最短合焦距離は約2.5mと観劇にぴったり。入荷時に検査と調節を1台1台行っているため、品質面でも安心して購入できるのも魅力です。携帯に役立つ専用のポーチも付属します。

エッシェンバッハ(ESCHENBACH) オペラグラス カルメン 4452

世界中のセレブが観劇で愛用しているドイツ製の高級オペラグラスです。高級感あふれるアンティーク調の本体には倍率3倍、口径25mmの対物レンズを搭載。アクロマートレンズによって視界に余分な色かぶれが現れる色収差が補正されるので、照明が複雑に飛び交う劇場でもクリアで高精細な見え味を実現します。

重さ約154gと軽量コンパクトなのも特徴。オペラや演劇の鑑賞を、より優雅に楽しみたい方へおすすめです。

オペラグラスのおすすめモデル|4倍以上

オリンパス(OLYMPUS) 双眼鏡 8×21 DPC I

重さ約170gの小型・軽量ボディと曲面美を生かしたおしゃれなデザインが魅力のオペラグラスです。周辺部の歪みが補正できる非球面レンズを含む4群6枚のレンズ構成を採用。また、全てのレンズとプリズムにコーティングと、目に入る紫外線をカットするUVプロテクションが施されているのも特徴です。明るく見やすい視野を確保しつつ、目に優しい環境で使用できます。

視力に合わせて調節できる視度調節機構や、滑りにくいラバー加工のグリップを搭載するなど機能面も充実。さらに、8倍の倍率ながら最短合焦距離が2.2mと短いので、美術館や博物館でのアート鑑賞や見本市の見学などにもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) 双眼鏡 Trip light 8×21 RC II

旅行や山歩きに重宝する持ち運びに便利な小型双眼鏡です。折り畳み機構を備えており、使わないときは小さく畳んで収納できるのが特徴。また、重さ約190gと軽く、コンサートや観劇など長時間使っても疲れにくいのも魅力です。

倍率は8倍で、コンパクトながらひとみ径が2.6と見やすい設計を採用。美術館や博物館など薄暗い場所でも快適に使用できます。また、眼幅合わせやピント合わせなどの操作も簡単。初心者でも気軽に野鳥観察やスポーツ観戦が楽しめます。

視度調節リングを利用すれば左右の視力が異なる方でも安心。加えて、裸眼時と眼鏡使用時の両方に対応できる引き出し式の目当てリングも搭載しています。

オリンパス(OLYMPUS) 双眼鏡 10×21 RC II WP

アウトドアシーンでの利用にもおすすめのスタイリッシュな小型双眼鏡です。水深1mの水中に5分間つけても浸水しないと謳われている、優れた防水性能を備えているのが特徴。沢登りや野鳥観察など双眼鏡に水滴がかかる恐れのあるシーンでも、故障のリスクを軽減して使用できます。

光学系にはダハプリズム式を採用。10倍の高倍率にもかかわらず重さ約215gと軽く携帯性に優れているのが特徴です。初心者に優しい操作性もポイントで、双眼鏡を初めて使う方でも眼幅合わせ・ピント合わせ・視度調節などの操作が簡単に行えます。

ひとみ径は2.1mmで、実視界は5.1°。使わないときは折り畳んでコンパクトに収納できるので、山歩きや旅行にも活躍します。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナ M6×21

コンパクトながら高コントラストで見やすい小型双眼鏡です。ひとみ径3.5mm、見掛け視界45.5°により明るくのぞきやすい視野を確保。劇場での観劇や夜の野外ライブも鮮明な見え味で鑑賞が楽しめます。

レンズ面に5層の反射予防膜を施した「PFM5コート」を採用しているのもポイント。表面反射によって生じる光のロスを少なく抑えることで、高コントラストでくっきりと見やすい視野を実現しています。

重さは約185gと軽く持ち運びも簡単。付属のアダプターでカメラ用三脚に取り付ければ、鳥や星などの手ブレが気になりやすい目標を見る際にも安定した状態で観察が可能です。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナ HD8×21W

ライブやコンサートの鑑賞に活躍するおすすめの小型双眼鏡です。バッグに入れても邪魔にならない小型設計ながら倍率8倍に対応。重さ約190gと軽く、折り畳み機構も備えているので、フェスなどにも気軽に持って行けます。

ひとみ径2.6mm、見掛け視界45.5°と通常使用には十分な性能を搭載。レンズ全面に反射を防ぐ多層膜コートの「フーリーマルチコーティング」を施しているため、複雑な光が飛び交うライブ会場でも明るい視界と優れたコントラストを確保できます。

本体の素材にはアルミ合金を使用しているのでコンパクトながら頑丈。防水設計も採用しているので、野外ライブで放水や急な雨に遭った場合でも安心して使えます。

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 コールマン HR8×25WP

名門キャンプ用品メーカー「コールマン」とコラボした小型双眼鏡です。アウトドアでの使用を前提にした堅牢な設計を採用。加えて、内部に窒素ガスを充填させることで高い防水性能を確保しており、結露しにくいので水辺での観察や星空観察にも重宝します。

倍率は扱いやすい8倍を採用。ダハプリズムの弱点であるハレーションを低減する「フェイズコート」を施しているので、ポロプリズム機並みの高コントラストでクリアな視界が得られます。ひとみ径が3.1mmと明るいのもポイントです。

アイレリーフ16mmのハイアイポイント仕様で、眼鏡をかけた状態でものぞきやすいのも特徴。滑りにくいラバー外装や、手袋をした状態でも回しやすい大型ピントリングを採用するなど操作性が高いのも魅力です。

ニコン(Nikon) 双眼鏡 ACULON T02 8×21

ライブやコンサートなどの楽しい時間をポップに彩るおすすめの小型双眼鏡です。重さ約195gの軽量コンパクトなボディで8倍の倍率に対応。多少離れた場所にある席からでも、最前列にいるような臨場感でアーティストをより身近に感じられます。

レンズやプリズムに光の透過率が高まる多層膜コーティングを採用。光が少なく視界の見にくいコンサートホールや劇場のほか、曇天下の屋外競技場や夜の野外ライブでも明るく鮮明な視界が得られます。

豊富なカラーバリエーションも魅力。大好きなアーティストのテーマカラーや応援しているチームのカラーに合わせて選べば、より充実した一体感でライブが楽しめます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) フラット双眼鏡 雅 8×18

優雅なひとときを演出するおしゃれな小型双眼鏡です。上品な佇まいを醸し出すフラットデザインの本体は、スーツのポケットにも収納が可能。重さ約118gと軽量コンパクトで気軽に持ち運べるので、歌舞伎・舞台・コンサートなどの鑑賞にもおすすめです。

最新の光学設計を採用することで、小型ながら明るくクリアな視界を実現。さらに、非球面レンズによって視野周辺部の歪曲が補正されているため、視野に違和感が少なく、長時間のぞいていても疲れにくいのが特徴です。

のぞき口は横方向に視野を広くとった四角い視界の設計を採用しているので、観劇時に舞台全体を見渡したい場合にも重宝します。