演劇やミュージカルなどのエンタメシーンで活用する方が多い「オペラグラス」。メインステージと観客席との視点の距離が近づき、より舞台を堪能できるのが特徴です。手軽に使えるシンプルなモノから気品が感じられる上品なデザインのモノまで、さまざまなモデルがラインナップされています。

そこで今回は、オペラグラスのおすすめモデルをピックアップ。また、オペラグラスと同じく、観劇・観賞用として用いられている低倍率双眼鏡もあわせてご紹介します。気になる方はチェックしてみてください。

オペラグラスとは?

By: amazon.co.jp

「オペラグラス」とは名前の通り、オペラやバレエ、そして演劇など、主として観劇の際に用いられる双眼鏡の一種です。長時間使用しても手が疲れにくく、持ち運びしやすいコンパクトさがポイント。腕を持ち上げることなく見られる、ハンドルつきのオペラグラスもラインナップされています。

倍率は3倍前後のモノが主流。低倍率なので手ブレもほとんど気になりません。また、デザイン性の高いモデルが多いのも特徴。カラーバリエーションも豊富で、ゴールドなど華やかな色使いのモノも揃っています。

オペラグラスと双眼鏡の違い

By: amazon.co.jp

オペラグラスと双眼鏡は、おもに構造が異なります。オペラグラスが採用しているのは「ガリレオ式」。ガリレオ・ガリレイが制作して天体観測に用いた望遠鏡と同じで、凸レンズと凹レンズを組みあわせたシンプルな構造となっています。価格が安い一方、倍率が低いのが特徴です。

一方、双眼鏡は凸レンズのほかにプリズムを使用しているのが特徴。ガリレオ式と比べて部品が多いので価格は高くなりますが、倍率を高くできます。双眼鏡はプリズムの仕組みによって、「ポロプリズム式」と「ダハプリズム式」にわけることが可能です。

ポロプリズム式は、同じ形のプリズムを2つ使って光をZ字に反射させる方式。構造上やや本体が大きめになってしまうものの、プリズムの加工が比較的簡単なため、価格が安いのが魅力です。ダハプリズム式は、屋根のような形をしたダハプリズムと補助プリズムを組みわせた方式。光軸が一直線になるのが特徴で、高倍率ながらコンパクトに作れます。しかし、加工が難しいので価格も高めです。

双眼鏡について詳しく知りたい方はこちら

オペラグラスの選び方

倍率で選ぶ

小規模な会場なら~4倍程度がおすすめ

By: amazon.co.jp

収容人数の少ない小規模なコンサート会場やステージに近いアリーナ席でオペラグラスを使う場合は、倍率が4倍以下のモノを選ぶと快適に使えます。ステージからかなり近い位置で高倍率のオペラグラスを使うと、見にくいだけでなく手ブレも起こりやすくなるため、対象物と自分との距離を考えてオペラグラスを選びましょう。

また、低倍率のオペラグラスははっきり見えるので、目に負担がかかりにくいのがポイント。手ブレもしにくいため、動きのあるスポーツ観戦にも適しています。

人数規模の大きな場所では4倍以上を

By: amazon.co.jp

規模が大きな会場で使用する場合は、遠くがはっきり見える倍率4倍以上のモノを選ぶのがおすすめ。倍率10倍のオペラグラスを使用すると、100m先のステージに対して10mまで近づいたような状態で見えます。

4~10倍のオペラグラスはコンサートや舞台だけでなく、登山やキャンプで遠くの景色を楽しむのにも最適。広い場所で遠くを見たい場合は、対象物と自分との距離を考えて高倍率のモノを選んでみてください。

明るさで選ぶ

オペラグラスや低倍率双眼鏡を選ぶときに重要なのが「明るさ」です。コンサート会場などは薄暗いことが多いので、ストレスなく鑑賞するためにも明るく見える製品を選びましょう。明るさの目安となるのがひとみ径です。接眼レンズの中に見える円のことで、「対物レンズ有効径÷倍率」で算出できます。

明るい場所なら、2~3mm程度のひとみ径で十分。室内会場のような薄暗い場所では3~5mm、照明を落としたような暗い場所も見たいときは5mm以上のモノがおすすめです。

また、より明るさを重視したい方は、レンズのコーティングもチェックしましょう。コーティングによって光のロスを抑えることで、コントラストが高く鮮やかに見えます。ミドルクラス以上のモデルは、コーティング加工されたモノが主流。一方、安価なモデルの場合はコーティングされていないことが多いため、購入する際は機能性と価格帯のバランスを確認しておきましょう。

視界の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

オペラグラスの視界性能を表す数値が「実視界」と「見掛け視界」です。実視界とは、オペラグラスを動かさず観測できる範囲を対物レンズ中心から測った角度。倍率が高いほど狭くなります。選ぶ際の目安としては、実視界7°以上のモデルが見やすいのでおすすめです。

なお、見掛け視界とは、オペラグラスで観測した場合に、視野角度がどのくらいあるのかを表した数値。見掛け視界60°以上のモノは、「広視界タイプ」と呼ばれ、ワイドな画角を確保できます。複数の演者や、スポーツ選手やダンサーのようなダイナミックな動きを見たい場合におすすめです。

軽さや持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

スポーツ観戦や舞台観賞などでオペラグラスを使う場合は、長時間持っていても負担を感じにくい軽さ重視のモデルがおすすめです。軽量かつ折りたたみが可能なモノであれば、ポケットやカバンにもスマートに入れられるためラクに持ち運べます。倍率や明るさで選ぶのも重要ですが、ぜひ軽さや折りたたみの可否もあわせてチェックしてみてください。

メガネをかけたまま使用したいなら「アイレリーフ」をチェック

By: amazon.co.jp

「アイレリーフ」とは、オペラグラスや双眼鏡をのぞいたときに、視野全体を見られる接眼レンズと眼の距離のことです。アイレリーフが長いモノほど、視界全体が見やすく、メガネをかけたままでも使用できます。

通常、メガネをかけたままオペラグラスを除くと、接眼レンズと眼の距離は離れてしまいます。そのため、アイレリーフが短いモノを使用すると、視野全体を見られません。

メガネをかけたままオペラグラスを使用したい方は、アイレリーフが15mm以上のモノを目安に選びましょう。また、裸眼とメガネの着用時のどちらにも快適に使用したいのであれば、アイレリーフを調節できるモデルがおすすめです。

【倍率順】オペラグラスのおすすめモデル

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) Pliant 2.5×18 ウルトラコンパクト

コンパクトサイズで、重量を35gに抑えた軽量なオペラグラスです。サイズは幅100×厚み25×高さ39mmと小さく、バッグやポケットへ収納が可能。倍率は2.5倍に対応し、観劇や絵画鑑賞でもう少し対象物を大きく見たい、という方に適したモデルです。

IF構造(インディビジュアルフォーカス式)を採用し、ピント位置を左右の目で合わせることが可能。気軽に購入できる価格なので、お試しで購入しやすいのもポイントです。カラーバリエーションはブルー・ピンク・ブラックの計3色をラインナップしています。

ミザールテック(MIZAR-TEC) オペラグラス ペット400

リーズナブルな価格かつ、使い勝手も良好なオペラグラス。入手しやすいため、初めてオペラグラスを使う方におすすめのモデルです。高さ66×幅98×厚み32mmとコンパクトなサイズも嬉しいポイント。重さは85gと軽量なのに加えて、ストラップが付属しているので携帯にも便利です。

倍率は3倍で手ブレが起きにくく、観劇やコンサートをアリーナ席から楽しむのにぴったり。眼幅の調節機能も搭載し、使う人を選ばないモデルです。

ミザールテック(MIZAR-TEC) オペラグラス BOH-350

高級感のあるデザインで、所有欲を満たせるオペラグラスです。本体に真鍮などの貴金属を使用し、クラシックコンサートや観劇といったシーンにマッチしたモデル。倍率は3倍かつ、至近距離でもピントが合わせやすい仕様のため、使い勝手も良好です。

ハンドル付きのため、片手で使用できる点も魅力。ハンドルを伸ばしたときの長さは約160mm、短くしたときは約90mmと、シーンに合わせて調節もできます。また、ハンドルを折りたためば、コンパクトに収納も可能。専用ポーチも付属しており、持ち運ぶのにも便利です。

ミザールテック(MIZAR-TEC) オペラグラス B-25

サイズが高さ65×幅118×厚み19mmと薄型のオペラグラスです。カバンだけでなく、ポケットにも収まるサイズで、携帯しやすいモデル。観劇やコンサートなどで、欲しいときにポケットからすぐに取り出せます。重量は80gと軽量で、携帯していても負担になりません。

倍率は3倍で、近めのモノを大きく見たいときに役立ちます。ピント調節にも対応し、視認性を向上しているのも嬉しいポイント。カラーは全3色をラインナップし、スケルトンカラーでかわいらしいデザインなのも特徴です。

ニコン(Nikon) 遊 4×10D CF

フラットな形状かつ、高級感のあるデザインのオペラグラス。高さ52×幅93×厚さ19mmのコンパクトサイズで、携帯しやすいモデルです。重量も65gと非常に軽量。使用時は、眼幅とピント調節だけの簡単操作で使えます。

倍率は4倍、最短合焦距離は1.2mに対応し、観劇、観戦などでの使用にぴったりの製品です。実視界も広く、ステージ全体を快適に楽しむことも可能。レンズには多層膜コーティングを施し、明るい視界も実現しています。

カラーバリエーションは全部で4色をラインナップ。いずれもシンプルなデザインが魅力のモデルです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ウルトラビューH 6×21DH FMC

コンパクトサイズで、クリアな見え味を楽しめるオペラグラスです。本体の大きさは、幅110×高さ91×厚み37mm。手のひらで包み込むように握れるため、ブレが少なく使えます。重量は200gと軽量なので、ポケットやカバンに入れても負担がかかりません。

本製品は、コンサートや観劇に適した倍率6倍のモデルです。20~30m先のステージ上の人物をしっかりと確認できます。実視界も8.5°で、広い視界を楽しめるのもポイントです。

視野調節用のリングには凹凸を設けており、操作性を向上。本体の材質にアルミダイキャストを採用することで、耐久性も有しています。また、別売りの「三脚取付けホルダー KTH-001」にも対応可能。長時間使用する際に便利です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) Do・Nature 7×18 STV-B07B

「センターフォーカス式」を採用し、優れた見え味を楽しめるオペラグラス。中央にあるピントリングを使うことで、両目のピントを同時に合わせられます。倍率は7倍に対応。ハイキングやミュージカルなど、幅広いシーンで活用できます。

本体サイズは、高さ73×幅97×厚み37mmとコンパクト。重量も125gと軽量です。本製品に付属するハンドストラップを使えば、使用時に落としてしまう危険性も最小限に抑えられます。値段も安価のため、入手しやすいのも嬉しいポイントです。

ペンタックス(PENTAX) AD 8×25 WP 62881

シャープな見え味を楽しめる、折りたたみ式のオペラグラスです。レンズには「フルマルチコーティング」、「透過率アップコーティング」を採用し、光の透過率を向上。対象物をくっきりと見ることができます。倍率は8倍のため、コンサートや登山などの遠くの景色を見たい方にぴったりの製品です。

JIS保護等級6級相当の防水機能も完備し、悪天候でも安心して使用できます。また、窒素ガスを封入しているため、温度差によるレンズの曇りも防止。アイレリーフは20mm以上で、メガネをかけたままでも快適に使えます。

未使用時は、付属の専用ケースやネックストラップを使うことで、携行しやすくなります。折りたたみも可能なので、荷物の邪魔にもなりません。

ビクセン(Vixen) コールマンH8×25 14583-6

アウトドア用品の人気メーカー「コールマン」とタイアップしたモデル。アウトドアでの使用にマッチしたカラーリングとデザインが特徴です。本体の材質にアルミ合金を採用しているため、屋外でも安心して使える強度を有します。

サイズも高さ約12cmとコンパクトで、頻繁に持ち歩く方にぴったりの製品です。ポケットやバッグに収納しやすいモデルのため、街中や美術館などでの使用にもおすすめ。ネックストラップやケースも付属しているので、持ち運びもラクラクです。

倍率は8倍に対応し、遠くのモノをはっきりと視認したいときに便利。レンズ全面には、マルチコーティングも施しており、明るい視界を楽しめます。レッドやグリーン、ターコイズブルーなどのカラーバリエーションがあり、服装や持ち物に合わせて選べるモデルです。

ビクセン(Vixen) ニューアペックスHR8×24 1645-09

持ち運びやすく、優れた使用感が人気のオペラグラスです。本製品は折りたたみ式かつ、重さもわずか220gと軽量。付属のケースを使えば、収納の際にも便利です。倍率は8倍で、遠くを見るのにぴったりの製品。コンサートやスポーツ観戦など、幅広いシーンで活用できます。

レンズ全面に多層膜コーティングを施しており、夕方や暗い場所でも見やすいモデル。防水機能も搭載し、雨や雪などを気にせず使える点も魅力です。本体の材質は、アルミ合金ダイキャストボディを採用しているので、耐久性にも優れています。

目当て部分は、自在に出し入れができる機能もあるので、誰でも使いやすいモデルです。

ビクセン(Vixen) アリーナM8×25 1347-00

ボディ全体に曲線がある、かわいいデザインが特徴のオペラグラス。マルチコート加工を施した製品で、光のロスを最小限に抑えます。明るくてクリアな視界が得られるので、観劇を見るのにおすすめです。倍率は8倍に対応し、後方の席からでもハッキリと視認できます。

本体の材質にアルミダイキャストを採用し、耐衝撃性は良好。ハイアイポイント設計により、長時間使用しても目が疲れにくい構造です。また、メガネをかけたままでも、広い視野を見ることが可能。デザイン性と機能性を求める方におすすめの製品です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) クラッシーエアー 8×21DH MC-BL

サイズがコンパクトかつ、折りたたみも可能な、携帯性を重視したオペラグラスです。眼幅最大時の本体サイズは、長さ84.4×幅105.3×厚み35.1mm。折りたたみ時は、手のひらに収まるほどコンパクトになります。重量も170gと軽量のため、持ち運びの際に負担がかかりません。

本製品にはネックストラップが付属し、使用していないときは首にかけておけます。長さ調節も可能で、使う人に合わせられる点も便利。倍率は8倍で、観劇だけでなく、アウトドアでも活用できます。レインプルーフ機能を搭載しているため、突然の雨でも安心です。

また、アイレリーフの調節も可能で、眼鏡の有無に関わらずに使用できます。見口径も大きめに取っていることから、まつ毛が当たりにくくなっているのも嬉しいポイントです。

ニコン(Nikon) ACULON T02 8×21 ACT028X21

豊富なカラーバリエーションをラインナップした、初心者でも扱いやすいオペラグラスです。本製品の倍率は8倍で、遠くからでもステージ上の人物や、景色をはっきりと見ることが可能。レンズには多層膜コーティングを施しているため、屋内や夜の野外コンサートでも、明るい視界が得られます。

サイズは、高さ87×幅104×厚み34mmとコンパクト。重量は195gと軽量のため、負担になりにくく、あらゆる場所に持ち運べます。付属のネックストラップを使えば、首からぶら下げることが可能。すぐに使いたいときに便利です。

アイレリーフ・ピント・眼幅・視度は調節が可能で、誰でも快適に使用できる点が魅力。操作性に優れているため、オペラグラスのエントリーモデルとしてもおすすめです。

本製品は、ホワイトやレッド、イエローなど、カラーラインナップも豊富。使うシーンや自身のコーディネートに合わせることで、おしゃれも楽しめます。

パーソナルアルファ(personal-α) 10×22 6.5° 430025

多機能で、コストパフォーマンスに優れたオペラグラス。倍率は10倍で、ライブやスポーツ観戦などに使いやすいモデルです。実視界も6.5°で、広々と景色を楽しむことが可能。また、重量は137gと軽量で、長時間使用しても疲れにくい特徴があります。

眼幅・ピント・視度の調節も可能で、使い勝手は良好です。操作性にも優れているため、初心者でもクリアな視界を楽しめます。本製品は使用時や持ち運びに便利な、リストストラップ・クロス・ケースが付属しているのも嬉しいポイントです。

機能が豊富ながらも、価格が安い点も魅力。遠くの景色を見たい方や、お試しでオペラグラスを使いたい方におすすめの製品です。

オリンパス(OLYMPUS) Trip light 10×21 RC II

携帯性に特化し、デザインも優れたオペラグラス。本製品は折りたたみが可能で、手のひらに収まるほどまでコンパクトになります。

また、重量も190gと軽く、コンサートや観劇などで長時間使用しても、疲れにくいのが特徴です。暗い場所での使用にも適しており、美術館や博物館のような、薄暗い場所でも活躍します。

倍率は10倍で、ピント合わせや眼幅の調節も簡単なため初心者でも安心して使用可能。アイレリーフや視度の調節にも対応し、メガネを装着している方や、左右の視力が異なる方でも使いやすいモデルです。