近年注目を集めているドローンですが、ドローン航空法の施行により一部禁止事項や許可申請などの手続きが必要になりました。しかし、同法令で想定されているのは重量200g以上のドローン。つまり、重量が200gに満たない機種には適用されません。

そこで今回は、“ホビードローン”とも呼ばれる重量200g未満のドローンのおすすめモデルをご紹介します。空撮を高画質で楽しめる機種を中心にピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

200g未満だと何が良いの?

By: amazon.co.jp

2015年11月に施行されたドローン航空法は、個人がドローンを飛ばす際の条件を細かく記しています。その内容は飛行禁止区域や申請書類など多岐にわたり、趣味でドローンを楽しみたい方にとっては非常に高いハードルです。

ただし、ドローン航空法は対象を200g以上のドローンに限定しています。したがって、200g未満のドローンであればドローン航空法は適用されません。これが“ホビードローン”と呼ばれる所以で、気軽にドローンをはじめてみたい方にはおすすめの機種です。

とはいえ、ホビードローンであっても遵守すべき法令があるので注意は必要。具体的には、国の重要施設や重要文化財周辺の飛行を制限する小型無人機等飛行禁止法・重要文化財保護法や、敷地内でのドローンの飛行を禁止する公園条例などがあります。

200g未満のドローンの選び方

カメラの性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドローンの醍醐味といえば「空撮」です。ただし、200g未満のドローンで空撮をしたい場合にはカメラ性能の確認が不可欠。選び方の基準としては、720p以上のHD画質は最低限あった方がよいでしょう。また、リアルタイムで映像が確認できるFPV機能があれば、より楽しみが広がります。

無線LANの周波数で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドローンの操作は本体とコントローラーの無線通信によって行います。日本で販売されているドローンのほとんどは2.4GHz帯を使用していますが、これはWi-Fiと同じ規格です。

しかし、海外製のドローンは5.8GHz帯に対応したモデルも多くあります。日本では5.8GHz帯の使用が禁止されているため、2.4GHz帯に対応しているかどうかは、しっかりチェックしておきましょう。

200g未満の最強ドローンおすすめ

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS200

価格が1万円台前半とコスパ良好なドローン。気圧センサーによって高度を維持でき、ホバリングが安定するので初心者でも安心して使えます。ボタンひとつでホームポイントに機体が帰ってくる機能もありますので、機体の回収も簡単です。

また、スマホに専用アプリをインストールすれば、映像のリアルタイム表示や写真・動画撮影も可能。HD対応の720pカメラを搭載しているため、空撮用途にも画質は十分です。

ハブサン(HUBSAN) X4 DESIRE H502E

価格が2万円程度ながら、1回のフライトで12分飛行するドローン。動画720p、静止画1080pに対応したHDカメラを搭載し、4GBのマイクロSDカードも付属するためたっぷり空撮を楽しめます。なお、GPSユニットを搭載しているのも特長です。

通信が途切れたときに自動的に帰還する「フェイルセーフ機能」も装備。ドローン初心者の方におすすめしたいモデルです。

ハブサン(HUBSAN) X4 STAR PRO H507A

価格が2万円程度のスマホ操作専用ドローン。「ウェイポイント機能」と呼ばれるスマホ上のマップから飛行設定を行う機能を用いることによって、広範囲を撮影することも可能なモデルです。

また、別売りのWi-Fiレピーターを使用すれば最大300mまで操縦距離が伸ばせるのもポイント。気軽にドローンを楽しみたい方におすすめです。

ゼロテック(Zerotech) D100B-S

4Kビデオが撮影できる超高性能なドローン。重量199gに多種多様な機能を詰め込んだ高性能機です。カメラは1300万画素で、高性能なスマホに負けないレベルの映像を残すことが可能。GPSとGLONASSの2つの衛星の受信に加えて、高感度センサーによって風速8m/sの風に負けない安定した走行もポイントです。

使用後もプロペラを折りたたむことができ、ポケットに収納することが可能。なお、スタンダード版の他にデラックス版を用意しており、予備バッテリー・プロペラ・インナーバッグ・スクリュードライバーが付属します。

ジーフォース(G-FORCE) ESPADA GB100

アームを折りたたむだけでコンパクトに収納できるドローン。広視野角120度のカメラレンズで、精細な画像や映像が楽しめます。

操作方法は4パターンあり、ゲームのような直感的なコントローラーで操作する以外にも、スマホの傾きで操作したり、専用アプリでスマホ画面で操作可能。特に指でなぞった軌跡通りにドローンが飛んでいく「トラッキングフライトモード」は、初心者でもスムーズにドローンを操れるので便利です。

また、機体がどの方向を向いていても操縦者から見た方向に進んでいく「オリエンテーションモード」も搭載。操作性も良好のおすすめモデルです。

ジーフォース(G-FORCE) Hubsan X4 HD

価格が1万円程度のリーズナブルなドローン。40分程度の充電時間で約6分間の飛行が可能で、200万画素カメラや4GBのマイクロSDカード、室内でも安全に使用できるローターガードも付属しています。ラジコン感覚でドローンを楽しみたい方におすすめです。

エーイーイー(AEE) AirSelfie

手のひらサイズの高性能ドローン。わずか61gの本体で、プロペラが中に埋め込まれているため、余計なプロペラガードも必要しないのが特長です。

飛行時間は約3分間ですが、大容量バッテリーを内蔵したケースである「PowerBank」をフル充電しておけば、AirSelfieには25回程度充電することが可能。1080pカメラが搭載されているので、画質も十分です。

どんな場所だと大丈夫なの?

ドローンを楽しむ際にはしっかりとマナーを守ることが重要です。飛行エリアは必ず広い野外で、高い建物やその他の障害物がないところで飛ばしましょう。

さらに、天候の悪い日には飛ばさないことはもちろん、市街地、公共の場所、人が集まる場所では飛行を避けてください。また、飛行禁止エリアをしっかりと把握し、公園や河川敷なども含め国や自治体のルールを厳守し、ドローンのフライトが許可されている場所で利用しましょう。

なお、近年はドローンを飛ばすことができる地域を教えてくれるウェブサービスも登場しています。うまく活用して、ドローンを楽しんでください。