数多くのスニーカーを手掛けているナイキは、世界中のユーザーから高い支持を集めています。なかでもエアマックスは、同社が手掛けたモデルで特に人気のあるスニーカーです。

そこで今回は、エアマックスに注目。30年以上経っても人気が衰えることのないスニーカーのおすすめモデルをご紹介します。

エアマックスとは?

エアマックスとは、スニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連のアイテムを手掛けるナイキが生み出した、名作スニーカー。1987年に最初の製品が発売され、30年以上経つ今も根強い人気を有するアイテムです。

エアマックス 1から始まり、95や90など数々の名作を生み出した同シリーズは、ソール部分に独自のクッショニングシステムである「Air」を搭載していることが特徴で、快適な履き心地が話題になりました。

特に1995年に発売された「Air Max 95」は、スニーカーブームを象徴するもので、当時はあまりにも人気が高く「エアマックス狩り」という事件が問題視されるなど、社会現象にもなったことで有名です。

エアマックスのシリーズのおすすめモデル

エアマックス 90

1990年に発売されたエアマックス 90は、エアマックスシリーズの3代目モデル。ナイキのロングセラーシューズとして今もなお人気の高いスニーカーです。

さまざまなパーツを組み合わせて作られているアッパーが特徴的。メッシュとレザーを組み合わせた斬新なデザインで、メンズ・レディース問わず人気があります。

ナイキ(NIKE) エアマックス 90 CN8490-002

デザインだけでなく履きやすさも良好

どんなコーデにも合わせやすい、黒を基調にしたエアマックス 90の王道モデルです。黒と白の配色は、カジュアルなスニーカーでもきれいめなスタイルにマッチする便利なカラーで、トレンドが変わっても重宝します。パネルに隠れたスウッシュは、黒と白のコントラストで、より際立つデザインが魅力です。

ヒール部分には「Max Airユニット」を搭載。クッション性が高く、快適な履き心地です。

ナイキ(NIKE) エアマックス 90 プレミアム CJ0611-102

配色がおしゃれなクラシックアイテム

鮮やかなブルーとシックなネイビーを組み合わせた、クールな配色が魅力のモデル。TPUパーツが目を引くデザインです。スウッシュは小ぶりながら、全貌が見えるのが特徴。スウッシュがパネルに隠れるモノが多いなか、ユニークなデザインです。

また、派手すぎないカラーリングで、これまで黒や白のシンプルな色のスニーカーしか履いてこなかった方でも、チャレンジしやすいのがポイント。シンプルなコーデの主役としても映えるおしゃれな1足です。

エアマックス 95

1995年に発売されたエアマックス 95は、人体構造からインスピレーションを受けて作られたデザインが印象的。ミッドソールは背骨、グラデーションのついたパネルは筋肉、シューレースは肋骨と、シューズ全体で人体を表現しています。

メッシュ素材を取り入れたモデルが多いのもポイント。通気性がよく、長時間の外出にもおすすめのシリーズです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 95 エッセンシャル CT1268-100

人気ラインのオールホワイトでスタイリッシュに

キレイめなスタイルにも合わせやすい白を基調にしたモデル。シンプルなカラーリングながら、ボリューム感やアッパーのグラデーションパネルで十分な存在感を放ちます。履き口の下に小さく刺繍されたスウッシュは、主張しすぎない落ち着いた印象です。

また、ぽってりしたフォルムなので、トレンドのダッドスニーカーとしても活用可能。カジュアルなコーデはもちろん、キレイめコーデのハズしアイテムにもおすすめです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 95 オリジナル CT1689-001

ファーストカラーである「イエローグラデ」の復刻モデル。オリジナルデザインをできる限り忠実に再現しています。前方とかかとに入ったビジブルエアがポイント。クッション性の高いモデルを探している方に適しています。

一見派手なイエローですが、グレーを基調にしているので、色物のスニーカーが初めての方でも合わせやすい1足。履くだけで存在感のあるスニーカーです。イエローが映えるので、シンプルなコーデのポイントとして合わせてみてください。

エアマックス 97

1997年に発売されたエアマックス 97は、波打つようなアッパーが特徴。日本の新幹線からインスピレーションを受けて作られており、近未来的なデザインが魅力です。

ソール全体に搭載されたビジブルエアもポイント。目を引く個性的なアイテムを探している方におすすめのシリーズです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 97 921826-101

クリーンなデザインのエアマックス 97。ホワイト1色のカラーリングがきれいで、カジュアルな作りながら、スタイリッシュなコーデにも取り入れられます。スラックスや細身のパンツで、エアマックスのボリューム感を活かすのが、おしゃれに履きこなすコツです。

以前はソールの一部だけに使われていたビジブルエアが、エアマックス 97ではソール全体に搭載。おしゃれなランニングシューズとしてもおすすめです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 97 DH1083-001

黒を基調にしたモノトーン配色のおすすめモデル。パイピングに使用している白や、スウッシュの赤がエッジを効かせており、シンプルながらインパクトのあるモデルです。

1本だけ白を使用したパイピングにより波が強調され、より洗練されたデザインに。黒ベースのクールな配色なので、カジュアルなコーデのシメに重宝します。

ソール全体に搭載されたビジブルエアなど、特徴的なデザインで周りと差をつけるおしゃれな1足が欲しい方におすすめです。

エアマックス 200

2019年に発売されたエアマックス 200。従来のエアマックスに比べて、エアが200%増加したことから名づけられたといわれています。

メッシュとスエードを組み合わせたスタイリッシュなモデルをはじめ、流れる溶岩や打ち寄せる波など、自然のエネルギーをイメージしたアッパーデザインを採用したモデルなどが特徴的です。

ナイキ(NIKE) エアマックス 200 AQ2568-003

ブラック1色で、スポーツ・通勤・お出かけと、さまざまなシーンで活躍するおすすめモデル。ソールの色まで黒で統一しており、重厚感があるので、きれいめなスタイリングにも合わせられます。

ソールに厚みはあるもののスタイリッシュなフォルムで、見た目がすっきりしているのも魅力です。カジュアルすぎるのが苦手な方にもおすすめ。また、シュータンの「AIR」と「200」を掛け合わせたロゴも、おしゃれなポイントです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 200 BV5485-002

グレー×グリーンの配色がおしゃれなモデル。さまざまなコーデに合わせやすいグレーは、カジュアルにもきれいめにもマッチするので、着回しの幅が広がります。シンプルなコーデでも、鮮やかなグリーンがアクセントとして効くのがポイントです。

かかとに搭載されたエアユニットはボリューム感があり、軽快な履き心地を実現。ウォーキングなどのスポーツ用としても活躍します。また、アッパーにはメッシュ素材を使用しており、通気性があるのもポイントです。

エアマックス 270

2018年に発売されたエアマックス 270。ヒールユニットは厚さが32mmあり、柔らかい履き心地が特徴です。

エアマックス 270以前のシリーズはランニングシューズ向けに開発されたエアユニットを使用していましたが、エアマックス 270はライフスタイル向けのエアユニットを搭載しています。

ナイキ(NIKE) エアマックス 270 リアクト SE CT1265-300

ビジブルエアと、クッション性・耐久性を兼ね備えたリアクトソールを搭載するモデル。白を基調としており、爽やかなブルーやグリーンが目を引きます。全体的に明るく、ポップな配色なので、履くだけでコーデの主役になる1足です。

軽量で反発力があり、弾むような履き心地が特徴。ランニングシューズとしても活躍します。また、デイリーコーデにスポーツテイストを足したいときなど、さまざまなシーンで役立つおすすめのシューズです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 270 AH8050-002

黒を基調とした、ナイキのシンボルマークであるスウッシュが際立つおすすめのモデルです。メッシュ素材を用いたアッパーデザインで、スポーティなコーデにおすすめ。後ろから見た際のソールの存在感がポイントです。

履き心地は柔らかく、ふわっと軽い足取りで歩きやすいのも魅力。アクティブなシーンでも活躍します。デザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

エアマックス 720

2019年に発売されたエアマックス 720。「720」は、縦横どちらから見てもエアが360°見えることが由来とされています。

かかとからはみ出るエアユニットが特徴です。エアユニットの厚みは38mmと、エアマックス 270を超える高さ。ソールを覆うエアが、近未来的な雰囲気を醸し出すおしゃれなモデルです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 720 CT5229-100

エアユニットに鮮やかなグリーンのグラデーションがかかったモデル。ところどころにグラデーションカラーが施されており、ファッションのアクセントになります。

また、斬新なデザインながら白を基調にした配色で、さまざまなコーデにマッチするのもポイント。細身のパンツやハーフパンツで、エアマックス 720を引き立たせたスタイリングがおすすめです。

ナイキ(NIKE) エアマックス 720 AO2924-700

広大な砂漠を連想させるような、ブラウンとベージュのグラデーションカラーが特徴のモデル。ブラウンやベージュといったアースカラーは、カジュアルな洋服との相性がよく、デイリーユースしやすいのがポイントです。

また、大きなエアユニットにより足を包み込むように支えられるのもメリット。機能性とデザイン性を兼ね備えたスニーカーを求める方におすすめです。

ヴェイパーマックス

2017年に発売したヴェイパーマックスは「空気の上を走る」をコンセプトに作られたハイテクモデル。量を抑えたエアを効率的に使用することに重きを置いて設計されています。

エアユニットは凹凸のある形状で、立体感のあるデザインが魅力。リサイクル素材を多く使用したサステナブルなシューズなども展開されています。

ナイキ(NIKE) エア ヴェイパーマックス 2021FK DH4084-100

ナイキ独自の「FlyKint」を搭載したモデル。伸縮性があり、履き口は足にフィットしやすいので、快適に着用できます。スウッシュにはステッチを施しており、FlyKintのソフトな印象にぴったりです。

ソールにはリサイクルラバーを用いて、強度を高めているのがポイント。クッション性やグリップ力にも優れています。全体を白で統一した、クールでおしゃれな雰囲気が魅力です。

ナイキ(NIKE) エア ヴェイパーマックス 2020FK CJ6740-002

シュータンのカラーがポイントになったおすすめのモデル。ニットのように編まれた生地は、黒でも重たい印象になりすぎないのがポイントです。また、かかと部分にはマーブル模様の異素材を配し、単調すぎないデザインになっています。

スタイリッシュなフォルムなので、きれいめコーデのハズしアイテムとしてもおすすめです。デイリーユースできるモデルを探している方は、チェックしてみてください。

エアマックスの楽天市場ランキングをチェック

エアマックスの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

エアマックスのおすすめコーデ

ウールコート×エアマックス 90のきれいめカジュアルコーデ

By: wear.jp

ウールのステンカラーコートとエアマックス 90を合わせたきれいめコーデ。重厚感あるコートと、シューズのレトロな雰囲気がマッチしたおしゃれなスタイリングです。

カジュアルなスニーカーも、ウールコートやスラックスなどキレイめなアイテムと合わせることで、トレンドのミックススタイルに。また、パンツをロールアップすることで、シューズの存在感もアップし、よりおしゃれなコーデになります。

シンプルな配色のコーデに、エアマックス 90のイエローが映える、バランスのよいスタイリングです。

オールブラック×エアマックス 95の大人カジュアルコーデ

By: wear.jp

オールブラックのモノトーンコーデに、エアマックス 95を掛け合わせた大人カジュアルなコーデ。トップスとボトムスの色を合わせることで、足元が映えるスタイリングになっています。

センタープレスが入ったきれいめなパンツとコーデを組むことで、カジュアルすぎない雰囲気に。ボリュームがあるエアマックスでも、全体がスッキリ見えるのがポイントです。エアマックスを大人カジュアルに履きこなすなら、モノトーンに合わせてみてください。

ミリタリー×エアマックス 97のストリートカジュアルコーデ

By: wear.jp

オーバーサイズのミリタリージャケットとエアマックス 97を合わせたカジュアルコーデ。丈の短いアンクルパンツを持ってくることで、エアマックス 97を上手に引き立たせたスタイリングです。

また、オーバーサイズジャケットの下に、Gジャン・タートルネックをレイヤード。単調な印象になるのを回避しています。さらに、パンツの裾からソックスを覗かせ、すっきりした印象に仕上げているのもコーデのポイントです。

ワイドパンツ×ヴェイパーマックスのレトロカジュアルコーデ

By: wear.jp

ワイドパンツとヴェイパーマックスを合わせたカジュアルコーデ。コーデュロイ素材のパンツと合わせることで、どこかレトロな雰囲気を感じるおしゃれなスタイリングに仕上がります。

また、カジュアルなアイテム同士の組み合わせながら、コーデに使う色を2色に絞っているので、まとまった印象になっているのも魅力です。

さらに、ヴェイパーマックスが引き立つパンツの丈感もポイント。スニーカーにパンツの裾が被りすぎないことで、オーバーサイズのコーデでもすっきりした印象になります。