数多くのスニーカーを手掛けている「ナイキ」は、世界中のユーザーから高い支持を集めています。なかでもエアマックスは、同社が手掛けたモデルで最も人気のあるスニーカーです。

今回はそんなエアマックスに注目。30年以上経っても人気が衰えることのないスニーカーの人気モデルを厳選してご紹介します。

エアマックスとは?

By: amazon.co.jp

エアマックスとは、スニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連の製品を数多く手掛けるナイキが生み出した、不動の名作スニーカー。1987年に最初の製品が発売され、30周年記念を迎えた今も根強い人気を誇るアイテムです。

エアマックス1から始まり、95や90など数々の名作を生み出した同ブランドは、ソール部分に最新鋭のクッショニングシステムである「AIR」を搭載していることが特徴で、快適な履き心地が話題になりました。

特に1995年に発売された「Air Max 95」は、スニーカーブームを象徴するもので、当時はあまりにも人気が高く「エアマックス狩り」という事件が問題視されるなど、社会現象にもなったことで有名です。

エアマックスの人気モデル

ナイキ(NIKE) AIR MAX 720

ナイキ(NIKE) AIR MAX 720

ナイキのなかで最も厚みのある大型AIRユニットを搭載している「AIR MAX 720」。さらに、足裏の通気性も向上されており、快適な履き心地を実現しています。

近未来を感じさせる独創的なデザインで、コーデを引き立ててくれるのもポイントです。オールブラックのカラーリングは存在感が抜群。個性的なスニーカーを探している方におすすめです。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 93

ナイキ(NIKE) AIR MAX 93

エアを可視化できるアウトソール「ビジブルエア」がサイドだけでなく、背面にまで広がった「Air Max 93」。よりスポーティーなデザインを採用しており、ランニングに使用する方も多いモデルです。

フィッティングに関しては、タン部分とインナー部分を一体化させた「ハラチシステム」を採用。シューレースなしでもしっかりと足にフィットするのが特徴です。ちょっとした運動用のシューズを探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 95

ナイキ(NIKE) AIR MAX 95

「Air Max 95」は発売当初から人気を博し、エアマックスシリーズの知名度を一気に上げたともいわれている1足。一時期は価格高騰により「エアマックス狩り」という社会現象まで起こしたほどで、時代を象徴するスニーカーとして知られています。

人体をイメージしたデザインを採用しており、アッパー部分は筋肉を、クリアパーツは背骨をモチーフとしているのも特徴。また、同シリーズにおいて初めてソールの前部分にも「ビジブルエア」を採用しています。当時なかなか手が出せなかった方はもちろん、厚底でボッテリとしたフォルムのダッドスニーカーを探している方も、ぜひ購入を検討してみてください。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 95 PRM

ナイキ(NIKE) AIR MAX 95 PRM

「Air Max 95 PRM」は素材に合皮を採用したモデル。高級感があり、より足元を飾りたい方におすすめのモデルです。

厚底でボッテリとしたフォルムなので、ダサかっこいいダッドスニーカーを探している方にも最適。オーバーサイズのトップスにボトムスは太めなど、緩めのコーデを好む方はぜひチェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 97 ULTRA 17

ナイキ(NIKE) AIR MAX 97 ULTRA 17

「Air Max 97」は、エアマックスシリーズにおいて初めてソールのほぼ全面にビジブルエアユニットを採用したアイテムです。当時のハイテクスニーカーブームを牽引したモデルで、時代を象徴する1足として知られています。

なかでも本モデルはアッパーにメッシュとニットをミックスした仕様で、さらなる軽量化を図っているのが特徴。縫製糸を使わず、特殊な技術でアッパーの補強パーツを一体化させているのも注目すべきポイントです。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 180

ナイキ(NIKE) AIR MAX 180

「Air Max 180」は、大型のエアユニットを採用したスニーカー。発売は1991年と年数は経過していますが、根強い人気のあるロングセラーモデルとして知られています。

クラシックなテイストがありながらも、スポーティーなフォルムに仕上がっているのが特徴。屋外はもちろん、室内用のエクササイズシューズとしてもおすすめです。

ナイキ(NIKE) AIR VAPORMAX 2019

ナイキ(NIKE) AIR VAPORMAX 2019

「AIR VAPORMAX 2019」は、ハイテク感溢れるデザインを採用したスニーカー。半透明のウーブン素材を採用することによって、伸縮性が高いのが特徴です。

軽量で柔軟な「エアマックスクッショニング」を搭載しており、履き心地は快適。シューレースはループを通す仕様で、しっかりとホールドできるのが魅力です。カラーラインナップも豊富に取り揃っているので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ナイキ(NIKE) Air Max 90

ナイキ(NIKE) Air Max 90

1990年に誕生したエアマックス30周年を記念して作られたモデルです。右足のシューレースデュブレには「1990」、左足のシューレースデュブレには「2020」と書かれれています。シューレースにワックス加工が施されているのもポイントです。

ヒール部分には、高いクッショニングを発揮する「Max Airユニット」が採用されています。シンプルで上品なデザインも魅力。エアマックスファン待望のおすすめのエアマックスです。

ナイキ(NIKE) WMNS AIR MAX 90

ナイキ(NIKE) WMNS AIR MAX 90

エアマックスの女性ラインである「WMNS Air Max」シリーズ。本製品は1990年に発売された「Nike Air Max 90」で、カプセル化された不活性ガスを増量し、オリジナルの「Air Max 1」をアップグレードさせたモデルとして知られています。

ほかのモデル同様、「ビジブルエアユニット」を搭載しており、アッパーには耐久性に優れたレザーとメッシュを採用。快適な履き心地が持続する、おすすめモデルです。

ナイキ(NIKE) WMNS AIR MAX 95 LX

ナイキ(NIKE) WMNS AIR MAX 95 LX

「WMNS Air Max 95 LX」は、「Air Max 95」のウィメンズライン。LXと名の付く本モデルはよりラグジュアリーなカラーリングを採用しており、メンズラインよりも落ち着いた雰囲気に仕上がっているのが特徴です。

厚底でボッテリとしたダッドスニーカー仕様のフォルムではあるものの、やや引き締まった印象で、アクティブなシーンに履くスニーカーとしてもおすすめ。ジム用のスニーカーを探している女性はぜひチェックしておきましょう。

ナイキ(NIKE) 270 リアクト ウィンター

ナイキ(NIKE) 270 リアクト ウィンター

シリーズのなかでも履き心地のよさに定評のあるエアマックス。また、軽量性と柔軟性に優れているところも魅力です。つま先からかかとにはラバー素材を使用することで、耐久性とトラクションが確保されています。

また、斬新で存在感のあるカラーリングや、アキレス腱部分に描かれた縦型のロゴもポイント。機能性とデザイン性に優れたおすすめのモデルです。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 1

ナイキ(NIKE) AIR MAX 1

世界ではじめてビジブルエアを搭載した「AIR MAX 1」。ビジブルエアとは、内部のエアバッグが見えるように、ミッドソール部分に窓を設けた仕様です。そのため、スニーカーに体重を乗せた際にかかる圧をエアバッグから逃せます。

グレーを基調としたカラーリングは、さまざまな服に合わせやすいのが魅力。シンプルなデザインのエアマックスを探している方におすすめです。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 2 LIGHT

ナイキ(NIKE) AIR MAX 2 LIGHT

ひとつのエアユニットに2種類の圧力システムを搭載した「AIR MAX2 LIGHT」。クッション性だけでなく反発性も兼ね備え、履き心地が向上しました。メッシュ素材のアッパーなので、通気性がよく快適に過ごせるのもポイント。

カラーは、ホワイトベースにピンクとブラックのアクセントが効いていておしゃれ。スポーツMIXのコーデにもマッチします。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 98 PRM

ナイキ(NIKE) AIR MAX 98 PRM

波のような流線のデザインが印象的な「AIR MAX 98 PRM」。モノトーンのアッパーに、ブルーやイエローなどの差し色がスタイリッシュな雰囲気を演出しています。スニーカーを主役としたコーデが好みの方におすすめです。

ビジブルエアはソール全体に搭載されており、一日中歩いても疲れくにいのが特徴。デザイン性と機能性に優れたモデルです。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 720 HORIZON

ナイキ(NIKE) AIR MAX 720 HORIZON

アッパーはもちろん、靴裏のデザインにもカラーが施されたエアマックス。履き口は、チェルシーブーツがイメージされています。雨天でもグリップ力の高さを発揮するのが特徴です。

また、フルレングスのブーティーが内臓されているため、暖かい状態が続くのもポイント。寒さの厳しい天候にも対応する冬におすすめのエアマックスです。

エアマックスのおすすめコーデ

リラックスカジュアルコーデ

By: wear.jp

ゆったりサイズのトップスとリラックス感のあるボトムスを合わせたコーディネート。全体のトーンに統一感を持たせ、清潔感のある白のエアマックスを合わせることで、都会的なスタイルに仕上げています。センタープレスの入ったボトムスを選んでいるのも、ゆるくなりすぎないポイントです。

赤のエアマックスが引き立つブラックコーデ

By: wear.jp

ブラックがメインのコーディネートに、赤のエアマックスをアクセントとして使ったスタイリング。細身のパンツを合わせることで、エアマックスの鮮やかな赤がより引き立ち、コーディネートの主役になっています。トップスにも同じカラーを持ってくることで、全体的に統一感を出しているのもポイントです。

派手色エアマックスをスパイスに

By: wear.jp

白シャツとスウェットパンツ、派手な蛍光色カラーのエアマックスという意外な組み合わせをスッキリまとめたコーディネート。白とグレーなど、トップスとボトムスをワントーンでまとめたコーディネートでは、インパクトのあるエアマックスがほどよいアクセントになります。派手な色のエアマックスを1つ持っておくと、モノトーンコーデで少し物足りなく感じた時に便利です。