ハイテクスニーカーとは、ブランド独自の最新技術を取り入れ、なおかつデザイン性の高さが評価されているアイテム。90年代にブームが起き、今もなお進化を続けています。30代以上の方にはなんとなく懐かしく、10代~20代の方には新鮮に映るのではないでしょうか。近年のスニーカートレンドに引き続く、2016年スニーカーブームの中でも注目されているアイテムの1つです。でも、他と比較して何が快適なの?

今回は、ハイテクスニーカーが「ハイテク」であるポイントと、おすすめハイテクスニーカーのモデルをご紹介します。

ポイント1:ソール

ソールには、着地時に足が受ける衝撃を確実に吸収するような、クッショニング素材を用いた衝撃吸収機能、そしてその衝撃を推進力に変換する機能、蹴り出しのときにしっかりと地面をとらえ、力強く蹴ることのできるグリップ力といった機能性があります。アウトソール(靴底)を見ても、いろんな機能があると感じることができますね。

ポイント2:履き心地

靴と足にできるだけ無駄な隙間が生まれないようにと、開発された技術です。ソックスのように足を包み込む柔らかい履き心地や、ポンプシステムという、空気をシューズ内に送り込んでフィット感を調整するといったもの、通気性を重視し、メッシュ素材でサイド部分が構成されているものまで、履き心地を追及した結果はさまざま。

ポイント3:軽さ

スニーカーの能力を落とすことなく、軽くすることで幅広い年代や長く歩けるスニーカーを目指して作られた技術です。重たい靴もおしゃれですが、足がそれだけで疲れてしまいます。2012年オリンピックに向けて、ニット構造加工を施し、複数の素材やカッティング技術といった無駄を省き、軽量化に成功したフィットニットがナイキより発表されたことも記憶に新しいですね。

おすすめ商品

ナイキ(NIKE) Flyknit Air Max

スポーツするする人に贈られた、オリンピックに向けて開発された技術、FLYKNITのハイテクスニーカーです。サポート力のあるフィット感と、優れたクッショニング、バネのような反発力を兼ね備えた、立体感のあるクッションミッドソールが高い衝撃吸収力を実現。暗がりでも目立つ再帰反射(リフレクティブ)素材を使用しているので夜のランニングやウォーキングにも安心。

ナイキ(NIKE) WMNS AIR HUARACHE RUN ULTRA

エアマックスが発売される前にナイキを支えたハラチシリーズ。メキシコの伝統的な履物「ワラチ」からインスパイアされたナイキの代表的なアイテムの1つとして、ハラチフィットシステムが発表された。ヒールのラバーストラップも大きなポイントのひとつ。軽量で通気性にも優れた立体的なデザインとワンポイントとなるロゴも人気の秘密です。

リーボック(Reebok) インスタポンプ フューリー V65752

本気のハイテクスニーカーが欲しい方に。これぞハイテクスニーカーというような機能美とデザイン性を持った人気スニーカーです。シューレースがなくても足にフィットさせることができるザ・ポンプ・テクノロジー搭載。無機質なワントーンカラーを意識し大人の雰囲気に。重厚感も演出されており、メンズにぴったりのアイテム。

リーボック(Reebok) ジーポンプ フュージョン スタッシュ

おしゃれは足元からという方に。カラフルなデザインがコーディネートのポイントになるハイテクスニーカー。デザインだけではなく機能性や履き心地や軽量感は、Reebokの高いクオリティで充実。購入された方からも大満足、ヘビーローテーション決定という声多数。

アディダス(adidas) チューブラーランナー

つややかさのある合皮とレザーにより光沢感や彩度を放っており、上品な印象のハイテクスニーカー。より高さのあるインソール(ソックライナー)の構造を取り入れており、ハイカットシューズのような印象に。靴とソール部分の配色により、目をひく魅せるスニーカーになっています。カラーは3色展開。