最近のスニーカーは90年代テイストのアイテムが再熱しており、特に厚底で高さのあるフォルムのハイテクスニーカーに注目が集まっています。

そこで今回は、ハイテクスニーカーのおすすめモデルをご紹介。コレクターはもちろん、かつて履いていたハイテクスニーカーを懐かしんで「再び手にしたい」と考えている方も、ぜひチェックしてみてください。

ハイテクスニーカーとは?

By: amazon.co.jp

ハイテクスニーカーとは、その名の通り「高機能なスニーカー」のことを指します。斬新で近未来的なデザインが多いのが特徴で、卓越した技術を用いて履き心地やクッション性を高めている製品が多く揃っています。

例えば、ソールやヒール部分にエアクッションを施したナイキの「ナイキエア」や、シューズ内に空気を送り込むことでソックスのようなニット素材が足にやさしくフィットするリーボックの「ザ・ポンプテクノロジー」などの技術を搭載したスニーカーが代表的です。

ハイテクスニーカーの選び方

サイズ

By: rakuten.co.jp

ハイテクスニーカーを選ぶ際は、自分の足に合うサイズを選ぶことが大切。同サイズであっても、メーカーごとに縦の長さや甲の高さ、横幅などが異なるため注意が必要です。

最適なサイズの目安は、足のつま先に1~1.5cmほどの余裕ができるモノといわれています。そのほかにも、足幅の一番広い部分が痛みなくフィットしているかや、かかとがしっかりと固定されているかどうかもチェックしましょう。

靴ひもを締めてもかかとが浮いてしまう場合は、靴擦れなどの原因になることもあるため、より小さなサイズにした方が無難です。靴下の厚みも考慮しながら、自分に合ったサイズのスニーカーを選びましょう。

軽量性

軽快なフットワークを叶えるためには、軽量な素材で作られたモノを選ぶのがおすすめ。特に、メッシュやナイロン素材を多用したハイテクスニーカーは軽い傾向にあり、歩行時の足への負担を軽減する効果が期待できます。

そのほかにも、高強度のファイバーを使用したナイキの「フライニット」や、1本の糸で編み上げる「シームレス エンジニアリング」を採用したアディダスの「プライムニット」など、軽量化を追求したモデルが多くリリースされているのでチェックしてみてください。

クッション性

By: amazon.co.jp

歩行時に生じる衝撃を吸収してくれるクッション性も、ハイテクスニーカーを選ぶ上で重視しておきたいポイントのひとつです。ハイテクスニーカーの多くは、ブランド独自の技術を使ってソールの弾力性を高めています。

クッション性が高いといわれている代表的なモデルは、ナイキの「エアマックス」やリーボックの「インスタポンプフューリー」などです。いずれもフォルムやテクノロジーを継承しつつ、アップデートされたモデルが現在でもリリースされています。長時間歩いても疲れにくいハイテクスニーカーが欲しいという方は、クッション性の高いアイテムを選びましょう。

希少性やトレンド

By: amazon.co.jp

希少性の高いハイテクスニーカーも注目度の高いアイテム。例えば、アディダスとカニエ・ウェストがコラボレーションすることで生まれた「イージーブースト」や、ナイキの人気ハイテクスニーカー「ヴェイパーマックス」とオフホワイトのコラボレーションアイテム「ザ テン」などは特に人気が高いモデルです。

また、鮮やかな色彩が際立ついわゆるネオンカラーMIXの90年代テイストのスニーカーや、厚底でボッテリとしたフォルムのダッドスニーカーも最近のトレンドなので、気になる方はチェックしておきましょう。

ハイテクスニーカーのおすすめブランド

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

世界的に有名なアメリカのスポーツ用品ブランド「ナイキ」。サッカーや野球など、さまざま競技のトップアスリート達を支えるため、最新技術の研究や製品開発を行っています。

同ブランドの製品の魅力は、機能性が高いのはもちろん、デザイン性にも優れている点。スニーカーの種類も豊富で、自分好みの一足が見つかります。

リーボック(Reebok)

By: amazon.co.jp

1900年創業のイギリスのブランド。シュータン部分に配置されたポンプを押すことでアッパー内部へ空気を送り、足とスニーカーを密着させる独自技術を搭載した「インスタポンプフューリー」が有名で、ハイテクスニーカーを牽引したブランドとしても知られています。

個性的なデザインのアイテムが多く、コーディネートのポイントになるハイテクスニーカーを探しているという方におすすめのブランドです。

プーマ(PUMA)

By: amazon.co.jp

サッカー用品を扱うスポーツブランドとして広く認知されている「プーマ」。同ブランドのスニーカーの側面には、フォームストライプと呼ばれる流線型のラインが施されているのが特徴です。

90年代に発売された「ディスクブレイズ」は、プーマのハイテクスニーカー の代表的モデル。アッパー部分にあるダイヤルを回すだけで、フィット感を調整できるのが特徴です。ファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行っており、デザイン性の高いハイテクスニーカーが手に入ります。

ハイテクスニーカーのおすすめ人気モデル

ナイキ(NIKE) AIR MAX 90 ESSENTIAL

ナイキ(NIKE) AIR MAX 90 ESSENTIAL

90年代に登場し、ハイテクスニーカーブームを牽引したことで知られている「エアマックス90」のオールホワイトカラーモデル。爽やかな印象で、足元に軽やかさをプラスしてくれます。

衝撃吸収システム「ビジブルマックスエア」を、ヒールだけでなくアッパーにも搭載しているのが特徴。クッション性に優れており、快適な履き心地を体感できるおすすめのハイテクスニーカーです。

また、アッパー部分にレザーを使用することで、耐久性を向上させているのもポイント。さらに、通気性のよいメッシュ素材を一部に用いているため、長時間履いてもムレにくくオールシーズン快適に使えます。

ナイキ(NIKE) Air Max 95 OG

ナイキ(NIKE) Air Max 95 OG

「エアマックス90」と人気を二分する「エアマックス95」。絶大な人気を誇るファーストモデル、通称「イエローグラデ」で使用されていたネオンイエローの代わりに、ビビッドなレッドを配したアップデートモデルです。

アッパー部分に施されたグレーベースの美しいグラデーションカラーと、人体構造からインスピレーションを得てデザインされたアッパーやアウトソールが特徴で、個性的な足元を叶えてくれます。

「ビジブルエアユニット」をヒールだけでなくソール全体に配置しているのもポイント。クッション性が高く、快適な履き心地を味わえます。イエローグラデに勝るとも劣らないインパクトのあるカラーリングがポイントの一足です。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 720

ナイキ(NIKE) AIR MAX 720

2019年に誕生した「エアマックス720」。高さのあるエアヒールユニットが特徴の「エアマックス270」から着想を得たモデルで、抜群のクッション性を有しています。従来モデルよりも厚い32mmのエアをソール全体に搭載しているのが特徴。衝撃を吸収して快適な歩行をサポートします。

機能性の高さはもちろん、曲線を強調したアッパーや光に当たると色が変化する素材を採用するなど、デザイン性の高さも魅力のひとつです。

ナイキ(NIKE) VAPORMAX FLYKNIT 2

ナイキ(NIKE) VAPORMAX FLYKNIT 2

近未来的なデザインが目を引く「ヴェイパーマックス」。従来のエアマックスシリーズではゴムの層で覆われていたビジブルエアユニットを、単独でアウトソールに採用しているのが特徴 。効率的にエアを使用することを重視してデザインされており、優れたクッション性を発揮して歩行時の足への負担を軽減してくれます。

エアユニットの上には軽量でサポート性に優れたフライニットアッパーを配置。足と一体化するような柔らかな履き心地を体感できます。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのハイテクスニーカーです。

ナイキ(NIKE) ハラチ E.D.G.E TXT

ナイキの人気クラシックモデル「エアハラチ」をモダンにアップデートした「ハラチE.D.G.E TXT」。シュータンとアッパーが一体になったブーティー構造の「ハラチフィットシステム」を採用しており、足に吸いつくような優れたフィット感を実現します。

アッパー部分には、通気性に優れたメッシュ素材を使用。汗をかいても蒸れにくく、快適な履き心地が長時間持続します。さらに、アッパーとソールのエッジには、シューズの形状を保持するラバーポッド構造を採用しているのもポイント。安定感のある歩行をサポートするおすすめのハイテクスニーカーです。

リーボック(Reebok) Reebok CLASSIC × KICKS LAB. FURYLITE

リーボック(Reebok) Reebok CLASSIC × KICKS LAB. FURYLITE

インスタポンプフューリーにインスパイアされて誕生したスリッポンタイプの「フューリーライト」。本製品は、スニーカーセレクトショップ「KICKS LAB.」とのコラボレーションモデルで、インスタポンプフューリーの歴代モデルから人気のカラーをピックアップし、左右非対称に配置しているのが特徴です。

甲部分には、軽量で通気性のよいメッシュ素材を採用。また、軽量性・クッション性・耐久性に優れる「3D ウルトラライトソール」を搭載しており、快適な履き心地を実現します。ほかの人と被りにくい、個性的なハイテクスニーカーを探しているという方におすすめです。

リーボック(Reebok) INSTAPUMP FURY OG V65752 V65752

圧縮炭酸ガスを注入した「ポンプチェンバー」が搭載されたハイテクスニーカー。「ポンプチェンバー」の採用により、シューレースがなくても足にしっかりフィットするので、靴ひもが苦手な方にもおすすめです。

また、シンプルなカラーながら独創的なフォルムも魅力。ファッションにアクセント加えたいときにも活躍するハイテクスニーカーです。

プーマ(PUMA) BLAZE OF GLORY SOFT

プーマ(PUMA) BLAZE OF GLORY SOFT

90年代に発表されたクラシックランニングシューズの代表的なモデル「ディスク」のシューレースタイプです。ミッドソールには優れた衝撃吸収性を持つクッショニング機能「トライノミックシステム」を搭載。ランニングシューズとして誕生したモデルならではの快適な履き心地を体感できます。

アッパーには柔らかなスウェード素材を採用。シンプルなデザインで、カジュアルコーデはもちろん、きれいめスタイルとも相性のよいおすすめのハイテクスニーカーです。

プーマ(PUMA) DISC BLAZE ELECTRIC

プーマ(PUMA) DISC BLAZE ELECTRIC

プーマのハイテクスニーカーのなかでも特に人気の高い「ディスクブレイズ」。足の甲部分にあるダイヤルを回すことでフィット感を調節する「ブレイズシステム」を搭載しているのが特徴です。

ソールにはプーマのクッショニング技術「トライノミックシステム」を採用。路面状況に関わらず、足に掛かる負担を軽減して自然な歩行を促します。

機能性の高さはもちろん、スタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。程よいボリューム感があり、コーディネート全体をバランスよく仕上げてくれるおすすめのハイテクスニーカーです。

アディダスオリジナルス(adidas Originals) エキップメント サポート ADV BY9583

アディダスオリジナルス(adidas Originals) エキップメント サポート ADV BY9583

90年代に登場した「エキップメント」シリーズ。踵部に配置された柔らかな成型TPUサポートピースと、スポーティーな装いのメッシュと合成ヌバックを組み合わせたアッパーが特徴です。

軽さとクッション性に優れた圧縮成型EVAミッドソールを採用しているのもポイント。履き口は、足首をしっかりとホールドしてくれるスリッポン仕様で、長時間着用しても疲れにくいおすすめのハイテクスニーカーです。

アディダスオリジナルス(adidas Originals) TUBULAR SHADOW STRETCH スニーカー BB8819

アディダスオリジナルス(adidas Originals) TUBULAR SHADOW STRETCH スニーカー BB8819

1994年に登場したランニングシューズ「チューブラー」をモダンにアップデートした一足。アッパーに施されたキルティングがモチーフのエンボス加工が特徴です。

シュータンには足をしっかり固定するホールドバンドを搭載しており、スリッポン感覚で気軽に履けます。ソールには、密度の異なる2つのEVA素材を採用することでクッション性を高めているのも魅力。

さらに、インソールには通気性とクッション性に優れた「オーソライト」を採用しており、ムレを抑えて快適な履き心地を実現します。

ニューバランス(new balance) M990 GL4

ニューバランス(new balance) M990 GL4

1982年にランニングシューズとして発売された「990」の12代目モデル。衝撃吸収性に優れたENCAPミッドソールを採用しているのが特徴で、優れたサポート性と安定性、クッション性を発揮し、長時間歩いても疲れにくいのが魅力です。

また、爪先や踵、アッパー部分にリフレクター素材を使用しており、夜間時の視認性を向上させているのもポイント。D・2E・4Eの3種類のワイズ展開で、自分の足幅に合ったスニーカーを選べます。デザイン性の高さはもちろん、履き心地のよさにもこだわりたいという方におすすめのハイテクスニーカーです。

アシックスタイガー(ASICSTIGER) GEL-MAI

アシックスタイガー(ASICSTIGER) GEL-MAI

カタカナのブランドロゴが目を引く個性的なデザインのハイテクスニーカー。日本で誕生した総合スポーツ用品メーカー「アシックスタイガー」が、1990年代に発売したランニングシューズ「ゲルマイ」の復刻モデルです。

アッパーと靴ひもを結ぶ位置をアシンメトリーに設計し、足首の周りに靴ひもの通し穴を配置。巾着袋のようにひもを引っ張って絞ることで、足の甲から足首まで締められる独特な構造が特徴です。

さらに、ミッドソールにはブランドが独自開発したスポンジ剤「シューズゲル」を搭載し、クッション性を向上させているのもポイント。存在感のあるハイテクスニーカーを探しているという方におすすめです。

ハイテクスニーカーのメンズコーデ

ベーシックコーデにハイテクスニーカーを合わせて抜け感を演出

By: wear.jp

パーカー×スキニーデニムの定番カジュアルコーデと、デザイン性の高いハイテクスニーカーは相性良好。ベーシックコーデに個性的なハイテクスニーカーを合わせることで、ワンランク上のおしゃれな着こなしを楽しめます。

ボリュームのあるトップスに、細身のボトムスを合わせることで、バランスのよいコーデに仕上げているのもポイント。王道で真似をしやすいおすすめのコーデです。

ハイテクスニーカーにセットアップを合わせて大人っぽく履きこなす

By: wear.jp

アイテム選びを間違えてしまうと、子供っぽく見えてしまうこともあるスポーツミックスコーデ。キャップ・パーカー・スニーカーなどのスポーティーなアイテムにあえてきれい目なセットアップを合わせることで、スタイリッシュな大人のコーデを実現しています。

さらに、全体をグレーで統一することで、カジュアルだけど上品な雰囲気を演出。ハイテクスニーカーを大人っぽく着こなしたいという方におすすめのコーディネートです。

トレンド感満載コーデにハイテクスニーカーでアクセントをプラス

By: wear.jp

トレンドのゆったりとしたサイズ感のアイテムを使った、リラックスムード漂うスポーティーコーデ。足元にはビビッドカラーのハイテクスニーカーを合わせることで、適度な抜け感を演出しています。

小物の色を合わせることで、統一感のあるコーデに仕上げているのもポイントです。

モノトーンコーデをハイテクスニーカーでハズす

By: wear.jp

一歩間違えると単調で重たい印象を与えてしまうモノトーンコーデには、鮮やかな色のハイテクスニーカーを合わせてアクセントをプラス。コーデにメリハリが生まれて、こなれ感のあるスタイリングに仕上がります。

「派手なハイテクスニーカーを取り入れたい」「足元が主役のコーデにチャレンジしたい」と考えている方におすすめのスタイルです。

アンクル丈パンツに合わせてソックスとのコーデを楽しむ

By: wear.jp

ボリューム感のあるハイテクスニーカーにアンクル丈のボトムスを合わせて、ソックスとのコーデを楽しむのもおすすめ。ソックスの色を変えるだけで手軽に雰囲気を変えることが可能です。フルレングスのボトムスをロールアップしても、おしゃれに仕上がります。