最近のスニーカーは90年代テイストのモデルが再熱しており、特に厚底で高さのあるフォルムの「ハイテクスニーカー」に注目が集まっています。

そこで今回は、ハイテクスニーカーのおすすめモデルをご紹介。コレクターはもちろん、かつて履いていたハイテクスニーカーを懐かしんで再び手にしたいと考えている方も、ぜひチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

ハイテクスニーカーとは?

By: amazon.co.jp

ハイテクスニーカーとは、その名の通り「高機能なスニーカー」のこと。斬新で近未来的なデザインが特徴で、卓越した技術を用いて履き心地やクッション性を高めている製品が多く揃っています。

例えば、ソールやヒール部分にエアクッションを施したナイキの「ナイキエア」や、シューズ内に空気を送り込むことでソックスのようなニット素材が足にやさしくフィットするリーボックの「ザ・ポンプテクノロジー」などの技術を搭載したスニーカーが代表的です。

ハイテクスニーカーの選び方

サイズ

By: amazon.co.jp

ハイテクスニーカーを選ぶ際は、自分の足に合うサイズを選ぶことが大切。同サイズであっても、メーカーごとに縦の長さや甲の高さ、横幅などが異なるため注意が必要です。

適したサイズの目安は、足のつま先に1~1.5cmほどの余裕ができるモノといわれています。そのほかにも、足幅の一番広い部分が痛みなくフィットしているかどうかや、かかとがしっかりと固定されているかどうかもチェックしておきましょう。

靴ひもを締めてもかかとが浮いてしまう場合は、靴擦れなどの原因になることもあるので、より小さなサイズにした方が無難です。靴下の厚みも考慮しながら、自分に合ったサイズのスニーカーを選ぶようにしましょう。

軽量性

軽快なフットワークを叶えるためには、軽量な素材で作られたモノを選ぶのがおすすめ。特に、メッシュやナイロン素材を多用したハイテクスニーカーは軽い傾向にあり、歩行時の足への負担を軽減する効果が期待できます。

そのほかにも、高強度のファイバーを使用したナイキの「フライニット」など、軽量化を追求したモデルも展開されているのでチェックしてみてください。

クッション性

By: amazon.co.jp

歩行時に生じる衝撃を吸収するクッション性も、ハイテクスニーカーを選ぶうえで重視しておきたいポイントのひとつです。ハイテクスニーカーの多くは、ブランド独自の技術を使ってソールの弾力性を高めています。

クッション性が高いといわれている代表的なモデルは、ナイキの「エアマックス」やリーボックの「インスタポンプフューリー」などです。いずれもフォルムやテクノロジーを継承しつつ、アップデートされたモデルが現在でも発売されています。長時間歩いても疲れにくいハイテクスニーカーが欲しい方は、クッション性の高いモデルをチェックしてみてください。

希少性やトレンド

By: amazon.co.jp

希少性の高いハイテクスニーカーも注目しておきたいところ。例えば、ナイキの人気ハイテクスニーカー「ヴェイパーマックス」などは特に人気を集めています。

また、鮮やかな色彩が際立ついわゆるネオンカラーMIXの90年代テイストのスニーカーや、厚底でボッテリとしたフォルムのダッドスニーカーも最近のトレンドなので、気になる方はチェックしておきましょう。

ハイテクスニーカーのおすすめブランド

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

世界的に有名なアメリカのスポーツ用品ブランド「ナイキ」。サッカーや野球など、さまざま競技のトップアスリート達を支えるため、最新技術の研究や製品開発を行っています。

同ブランドの製品の魅力は、機能性が高いのはもちろん、デザイン性にも優れている点。スニーカーの種類も豊富で、自分好みの1足が見つかりやすいおすすめブランドです。

リーボック(Reebok)

By: amazon.co.jp

リーボックは1900年創業のイギリスのブランドです。シュータン部分に配置されたポンプを押すことでアッパー内部へ空気を送り、足とスニーカーを密着させる独自技術を搭載した「インスタポンプフューリー」が有名。ハイテクスニーカーを牽引したブランドとしても知られています。

個性的なデザインのモデルが多く、コーディネートのポイントになるハイテクスニーカーを探している方におすすめのブランドです。

プーマ(PUMA)

By: amazon.co.jp

サッカー用品を扱うスポーツブランドとして広く認知されている「プーマ」。同ブランドのスニーカーの側面には、フォームストライプと呼ばれる流線型のラインが施されているのが特徴です。

90年代に発売された「ディスクブレイズ」は、プーマのハイテクスニーカーの代表的モデル。アッパー部分にあるダイヤルを回すだけで、フィット感を調節できるのが特徴です。ファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行っており、デザイン性の高いハイテクスニーカーもラインナップされています。

ハイテクスニーカーのおすすめ人気モデル

ナイキ(NIKE) エア ヴェイパーマックス 360

ブランド内でも人気の高い、「ヴェイパーマックス」シリーズのハイテクスニーカーです。人気シリーズである「エアマックス 360」をデザインのベースにしたモデルで、内部にエアを搭載した凹凸のあるソールデザインが特徴。高機能ながら、ポップでカジュアルな雰囲気を演出しています。

アッパーには軽くて柔軟性に優れた素材を採用。長時間履いても疲れにくく、スポーツやアウトドアなどの際にも活躍します。ハイテクスニーカーならではの華やかなデザインで、特にデニムやハーフパンツなどのカジュアルなアイテムと好相性です。

ナイキ(NIKE) エアマックス フュージョン

ソール部分にエアを搭載した「エアマックス」シリーズのハイテクスニーカー。デザイン性と快適さを両立した斬新なルックスが特徴です。ボリューム感のあるフォルムで、90年代を思い起こさせるようなレトロでクラシックな見た目なのもポイント。ソール部分が厚いため、スタイルアップ効果も望めます。

ソールや履き口にはクッション性に優れた素材を採用し、履き心地を向上。また、ベーシックなモノトーンカラーで、さまざまなアイテムに合わせやすいのも魅力です。カジュアルにもきれいめにも履きこなせます。

ナイキ(NIKE) エピック リアクト フライニット 2

華やかなゴールドカラーが目を引くハイテクスニーカーです。優れた軽量性と滑らかな履き心地が特徴。また、アッパーが足に優しくフィットするため、負担が少なく歩きやすいのもポイントです。

足裏には、耐久性に優れた「ナイキ リアクトテクノロジー」を採用。柔軟性と反発性を兼ね備えたソールが快適な履き心地を実現している、おすすめのモデルです。

リーボック(Reebok) インスタポンプフューリー ブースト

リーボックの人気モデル「インスタポンプフューリー」のハイテクスニーカーです。甲部分に配置したポンプチェンバーで空気を注入しフィット感を調節する「ザ・ポンプテクノロジー」を搭載。シューレースがほどける煩わしさがないのが魅力です。

1994年に発売された「シトロン」に採用されていたシトロンイエローを採用。ハイテクスニーカーの代表モデルともいえるモデルで、はじめて購入する方にもおすすめです。

リーボック(Reebok) クエスチョン ミッド

元プロバスケットボール選手のアレン・アイバーソン氏が着用していたシューズより着想を得て作られた、「クエスチョン ミッド」シリーズ。光沢のあるトゥが特徴的なハイテクスニーカーです。ソールには衝撃吸収システムのヘクサライトを搭載。クッション性が高く、安定した履き心地を実現しています。

ハイテクスニーカーならではのボリューミーなシルエットもポイント。コーデの主役になる存在感ですが、モノトーンカラーのため合わせるアイテムを選ばないのも魅力です。

プーマ(PUMA) ディスクブレイズ セル

クリーンなホワイトカラーが人気のハイテクスニーカーです。甲部分に取り付けられた円形のパーツを回しフィット感を調節する「ディスクシステム」を搭載。快適な履き心地と、高い機能性を兼ね備えた人気のモデルです。

マットな素材とツヤ感のある素材を組み合わせるなど、細部までこだわっているのもポイント。爽やかでスポーティな印象を与えるおすすめのハイテクスニーカーです。

プーマ(PUMA) リキッドセル オプティック シアー

カラフルな配色が特徴的なハイテクスニーカー。衝撃吸収や運動能力サポートなどの機能を備えた「セル」をベースに、最新テクノロジーを駆使し現代版へアップデートした「リキッドセル」を搭載したモデルです。クッション性に優れた軽やかな履き心地で、タウンユースはもちろん、スポーツシーンなど幅広い場面で活躍します。

90年代を彷彿とさせるカラフルでポップな色使いもポイント。スポーティな装いや、ストリートファッションなどとも好相性です。

プーマ(PUMA) トレイルフォックス オーバーランド

2000年代のはじめに登場した「トレイルフォックス」を、現代版にアップデートしたモデル。ピンクとベージュの淡いカラーの組み合わせや、ギザギザのデザインになったソールが個性的でおしゃれなハイテクスニーカーです。

ソールにはクッション性の高いEVAミッドソールを採用。長時間履いても疲れにくく、快適な履き心地を実現しているおすすめのモデルです。

アディダス(adidas) オリジナルス NMD R1 ブーストシューズ

シンプルで洗練されたルックスと、高い機能性を兼ね備えたハイテクスニーカーです。通気性に優れたニットアッパーを採用しており、柔らかく足にフィットします。

ミッドソールには、クッション性と反発性を両立したアディダス独自の「ブーストフォーム」を採用。新感覚の履き心地を楽しめるハイテクスニーカーです。

アディダス(adidas) ウルトラブースト PB

スタイリッシュなデザインが魅力のハイテクスニーカー。アディダスが手掛けた素材のなかで最も軽いとされている「セラーメッシュ」をアッパーに採用。通気性にも優れた軽やかな履き心地が特徴です。軽量な素材ですが内側にしっかりと足を支えるサポートがあるため疲れにくく、スポーツシーンでも活躍します。

シンプルな見た目で、さまざまなボトムスと合わせやすいのもポイント。デニムやハーフパンツはもちろん、きれいめなアイテムとも馴染みます。洗練されたフォルムのハイテクスニーカーが好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

ニューバランス(new balance) M990 V5 スニーカー

高い機能性とファッション性を兼ね備えており、普段履きに適したハイテクスニーカーです。シャープでスタイリッシュなデザインで、カジュアルにもきれいめにも履きこなせる優れモノ。ジャケパンスタイルなどにも合わせやすく、汎用性に優れています。

アッパーはスエードとメッシュの組み合わせで、高級感のある見た目と通気性を両立させているのもポイント。ヒールにあしらわれた「V」のロゴがほどよいアクセントになったおすすめのモデルです。

ニューバランス(new balance) M1300 CLS スニーカー

1985年に発表された初代「1300」のアップデートモデル。初代モデルの履き心地やデザイン性はそのままに、経年劣化の軽減や通気性の向上など、よりユーザーに寄り添ったアップデートが施されています。当時を思い起こさせるクラシカルなルックスで、幅広い年代に人気のハイテクスニーカーです。

サイドアッパーにはブランドアイコンでもあるNロゴマークを配置。ビッグサイズのロゴがカジュアルな雰囲気を演出します。

アシックス(Asics) ゲルライト V

1980年代に発売された「VICKKA」にインスパイアされたモデルです。かかと部分には、クッション性を高めるためのゲルを配置。安定性を高めるために設計された当時のソールを再現しています。軽量で長時間履いても疲れにくく、タウンユースからスポーツシーンまでさまざまな場面で活躍するハイテクスニーカーです。

シュータンとアッパーを一体化させた「モノソック構造」により、履きやすさと歩きやすさを実現。また、伸縮性が高い素材を採用しているため、フィット感が高いのもポイントです。

アシックス(Asics) ゲルマイ スニーカー

1990年代に発売されたモデル「ゲルマイ」の復刻シューズです。1点で足の甲から足首まで締められるようにした巾着のようなデザインが特徴。フィット感を高めるため、足首周辺にもシューレースの通し穴を配置しています。

ミッドソールにはアシックスが独自に開発した「フューズゲル」を搭載。クッション性を高め、歩行時の負担を軽減する効果が期待できるおすすめのモデルです。

アシックスタイガー(asics Tiger) ゲル ディアブロ

1990年代に発売されたランニングシューズの「ゲル ディアブロ」の復刻版モデル。ボッテリしたフォルムが特徴のダッドスニーカーで、レトロなデザインが魅力です。

厚めのソールはクッション性が高く、軽量なため快適な履き心地。長時間履いても疲れにくく、デイリーユースに適したハイテクスニーカーです。

ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE) ボンダイ7

ボリューム感のあるシルエットが特徴的なハイテクスニーカーです。クッション性に優れたEVAミッドソールにより、快適な履き心地を実感。長時間の歩行や運動時にも活躍します。

アッパーには通気性に優れたエンジニアードメッシュ素材を採用しており、蒸れにくさに配慮されているのもポイント。サイドに入った大きめのブランドロゴがほどよいアクセントになっている、おしゃれなハイテクスニーカーです。

ハイテクスニーカーの楽天市場ランキングをチェック

ハイテクスニーカーの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ハイテクスニーカーのメンズコーデ

こなれ感のあるワントーンコーデ

By: nike.com

上下ともにスウェットでまとめた、ゆったりしたコーデです。クリーム系のカラーで揃えており、柔らかな印象を与えてくれます。柄のシャツを重ね着し、あえて裾から出すことで、野暮ったくならずコーデを引き締めているのがポイントです。

足元には、透明なヒールクリップとメッシュのアッパー素材が特徴的なハイテクスニーカーをチョイス。個性的なデザインながら、ライトグレーの淡い色味で全体のコーデとマッチしています。

デニムジャケットが主役のカジュアルコーデ

By: nike.com

絶妙なウォッシュ加工を施したデニムジャケットが主役のコーデです。ピンクのTシャツを重ね着することで、コーデに遊び心をプラスしています。ボトムスはブラックのスキニーパンツのため、すっきりしたスタイルに仕上がっているのがポイント。

足元には、グラデーションがかったヒールが魅力のハイテクスニーカーを合わせています。ヒール部分は、デニムジャケットのカラーとリンクしており、まとまりのあるコーデに。ショッピングなどタウンユースにおすすめのコーデです。

レッドカラーでアクセントを効かせたストリートコーデ

By: reebok.jp

小物使いがおしゃれなコーデです。トップスとボトムスはアースカラーと落ち着いた色味でまとめていますが、ニット帽とハイテクスニーカーのレッドカラーが差し色になっており、コーデにアクセントを効かせています。

メガネやアクセサリーはシルバーで統一されており、グレーのスウェットとマッチしているのもポイント。全体的にややオーバーサイズであるため、ストリート感のあるクールなコーデに仕上がっています。