最近のスニーカーは90年代テイストのアイテムが再熱しており、特に厚底で体高のあるフォルムのハイテクスニーカーに注目が集まっています。

そこで今回はハイテクスニーカーのおすすめモデルをご紹介。コレクターはもちろん、かつて履いていたハイテクスニーカーを懐かしみ「再び手にしたい」と考えている方も、ぜひチェックしてみてください。

ハイテクスニーカーとは?

By: amazon.co.jp

ハイテクスニーカーとはその名の通り「高機能なスニーカー」のこと。ソールやヒール部分にエアクッションを施したナイキの「NIKE AIR」やシューズ内に空気を送り込むことでソックスのようなニット素材が足にやさしくフィットするリーボックの「ザ・ポンプテクノロジー」が代表的で、卓越した技術を使って履き心地やクッション性を高めているのが特徴です。

デザインは斬新で近未来的なものが多いのもポイント。素材はローテクスニーカーと同じくレザーや合皮、ナイロンが主ですが、軽さや丈夫さに優れるものを採用しています。

ハイテクスニーカーの選び方

履き心地

By: rakuten.co.jp

ハイテクスニーカーを選ぶ際は、まず履き心地を調べておきましょう。自分の足にフィットしそうか、靴ズレの心配はないかなどはスニーカーを選ぶ上で共通していることですが、ハイテクスニーカーの場合は動きやすさも考慮して、重さや通気性もチェックしましょう。

軽量性

ハイテクスニーカーは見た目のインパクトから存在感と重厚感のあるモデルが数多くラインナップしていますが、より軽量な素材で作られたものを選んでおくと、快適なフットワークが可能となります。特にメッシュ素材やナイロン素材を多用したハイテクスニーカーは軽い傾向にあるため、おすすめです。

さらに軽量性を重視する方は高強度のファイバーを使用したナイキの「フライニット」や1本の糸で編み上げる“シームレス エンジニアリング”を採用したアディダスの「プライムニット」など、軽量化に着手した機能もしっかりとチェックしておきましょう。

クッション性

By: amazon.co.jp

クッション性もハイテクスニーカーを選ぶ上で重視しておきたいポイントのひとつ。クッション性が高いと言われている代表的なモデルはナイキの「エアマックス」やリーボックの「インスタポンプフューリー」などで、いずれもフォルムやテクノロジーを継承しつつ、アップデートされたモデルが現在でもリリースされています。

各製品はブランド独自の技術を使ってソールの弾力性を高めており、機能性が充実しているシューズに仕上がっています。

希少性

By: amazon.co.jp

最近は希少性の高いハイテクスニーカーも注目度の高いアイテム。例えば、アディダスとカニエ・ウェストがコラボレーションすることで生まれた「YEEZY BOOST」、ナイキの人気ハイテクスニーカー「VAPORMAX」とオフホワイトのコラボレーションアイテム「THE TEN」などは特に人気が高いモデルです。

また、鮮やかな色彩が際立ついわゆる“ネオンカラーMIX”の90年代テイストのスニーカーや厚底でボッテリとしたフォルムのダッド・スニーカーも最近のトレンドなので、気になる方はチェックしておきましょう。

ハイテクスニーカーのおすすめ人気モデル

ナイキ(NIKE) AirMax1 ウルトラ エッセンシャル

1987年に生まれたエアマックスの記念すべき第1号のアップデートモデル。クッション性の高い「Nike Air」を搭載し、履き心地を高めているのが特徴です。

オリジナルの「エアマックス1」との違いは素材や配色などで、1987年当時に発売されていたものよりは軽量化されています。王道のハイテクスニーカーを求めている方におすすめです。

ナイキ(NIKE) AirMax90 LEATHER

シリーズの中でも特に人気の高い「エアマックス90」。ハイテクスニーカーブームの立役者としても知られている存在です。

「ビジブルマックスエア」と呼ばれる衝撃吸収システムをヒールだけでなくアッパーにも搭載しているのが特徴。他のエアマックスシリーズと同様にクッション性に優れるのはもちろんのこと、アッパー素材にレザーを使用することで耐久性を向上させているのもポイントです。

ナイキ(NIKE) AirMax95 OG

「エアマックス90」と人気を二分する「エアマックス95」。その中でも通称“イエローグラデ”と呼ばれるカラーは絶大な人気を誇ります。

90と95の違いは見た目だけでなく機能にもあり、「ビジブルエアユニット」をヒールだけでなくソール全体に配置しているのはポイント。際立つハイテクスニーカーを求めている方はもちろん、「発売当時憧れていたけど、“エアマックス狩り”が怖くてなかなか手が出せなかった」という方も、ぜひチェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) Roshe One メンズ

禅や瞑想の発想を元に作られたナイキの「ローシ」シリーズ。シンプルで無駄のないフォルムが特徴のアイテムです。メッシュのアッパーや軽量なソールを採用しているのもポイント。軽快なフットワークが持続するのも魅力です。

また、コーディネートし使いやすいデザインに仕上がっているため、使い勝手も良好。機能性が高いながらも気軽に履けるスニカーを求めている方におすすめです。

ナイキ(NIKE) AIR VAPORMAX

本製品の「ヴェイパーマックス」は効率的にエアを使用することを重視してデザインされているのが特徴。目を引くクリア素材のソール部分にクッション性の高いエアが施されており、足の負担を減らすことに貢献しています。

個性的なデザインをしているため、コーディネートする際はワントーンにまとめるのがおすすめ。鮮やかなネオンカラーテイストではなく、無骨なハイテクスニーカーを求めている方におすすめです。

ナイキ(NIKE) AIR VAPORMAX FLYKNIT 2

ナイキの「ヴェイパーマックス」シリーズにおけるフライニット素材を採用したモデル。フライニットとはナイキの開発したポリエステル糸を使ったニット素材のことで、通気性や軽量性、ホールド力に優れます。

ヒールからソール部分にかけてクッショニングを可視化できるのもポイント。軽さと柔軟性を両立したおすすめの1足です。

ナイキ(NIKE) AIR HUARACHE

フィット感を重視して作られたハイテクスニーカー「エアハラチ」。カラーバリエーションが豊富なので、無機質なモノトーンのアイテムからワンポイントとして足元をかざせるパステルカラーを採用したモデルなど、コーデに合わせてお気に入りの色を選ぶことができるのも魅力です。

なお、本製品は引き締まった履き心地となるので注意は必要。購入の際はいつもの大きさからワンサイズもしくはハーフサイズ大きめのものを購入するのがおすすめです。

アディダス(ADIDAS) NMD_R2 プライムニット メンズ

アディダスの人気ハイテクスニーカー「NMD_R2」のプライムニット採用モデル。プライムニットとはポリエステル糸を編み込んで作ったニット素材のことで、フィット感のある履き心地のほか、軽さと丈夫さを兼ね備えているのも特徴です。

スタイリッシュなデザインに仕上がっているのもポイント。アクティブなシーンはもちろん、タウンユースにもおすすめの1足です。

アディダス(ADIDAS) TUBLAR INVADER STRAP


バスケットボールシューズをベースにデザインされたミッドカットのチュブラーシューズ。柔軟でしなやかなアッパーを備えているほか、靴紐とは別にフィッティング調節用のストラップを搭載してホールド力を高めているのが特徴です。

アディダス(ADIDAS) EQT SUPPORT ADV

90年代に登場し、現在も継承されている「エキップメント」シリーズ。スポーティーな装いのメッシュと合成ヌバックを組み合わせたアッパーを施し、スタイリッシュなデザインに仕上げているのが特徴です。

軽さとクッショニングに優れた圧縮成型EVAミッドソールを採用しているのもポイント。シンプルなコーディネートにも合わせやすいので、汎用性の高いハイテクスニーカーを求めている方におすすめです。

アディダス(ADIDAS) PROPHERE メンズ

ストリートシーンに映えるアディダスのハイテクシューズ。ニット素材を採用しているほか、スリーストライプにはヌバック素材を使用しているのが特徴です。

また、伸縮性のある履き口を採用することで使い勝手も良好。また、ポリウレタンを用いた構築的なミッドソールや深溝の足裏を搭載することによって、軽快なフットワークが持続するのもポイントです。

アディダス ワイスリー(ADIDAS Y-3) ZX800インスパイア

アディダスと日本のファッションブランドであるヨウジ・ヤマモトがコラボして生まれた「Y-3」。本製品は「デジタル・フォレスト」と呼ばれるテクノロジーと自然の融合をテーマにしたコレクションから生まれたモデルで、厚いソールとかかとを覆うネオプレン素材を採用しているのが特徴です。

Reebok(リーボック) INSTA PUMP FURY OG

昨今のハイテクスニーカーブームを語る上で欠かせない存在と言えるリーボックの「インスタポンプフューリー」。フィット感を高めるポンプシステムにセパレートタイプのソールを搭載した本モデルはブランドを象徴するアイテムとして高い人気を維持し続けています。

コーディネートとしては特にシューズをアピールできるジョガーパンツと合わせるのがおすすめ。カラーラインナップによって雰囲気を変えられるので、シンプルなカラーはもちろん、ビビットカラーのシューズもぜひ試してみてください。

Reebok(リーボック) FURY LITE 2

リーボックで人気となった「インスタポンプフューリー」の発売から2年経った1996年にリリースされたのが「インスタポンプフューリーロード」。本製品はその復刻版です。

ミッドソールとアウトソールの一体型による軽量化のほか、クッション性や耐久性にも優れている「3D ULTRALITE SOLE」を採用しており、履き心地は良好です。

ニューバランス(NewBalance) MH1500TK

ニューバランスのフラッグシップモデル「1500」のハイカットモデル。アッパーに撥水加工を施すなど機能性が高いのが特徴です。

1989年の発売当時から変わることなく採用されている一体成型ミッドソールもポイント。クッション性に優れ、履き心地がよく、歩きやすいのが魅力な1足です。

ニューバランス(NewBalance) M999

ニューバランスを代表する900シリーズをハイテクスニーカー仕様にしたアイテム。色使いが秀逸なニューバランスの中でも本製品は特に奇抜なカラーを数多くラインアップしているのが特徴です。

軽さや履き心地はもちろん、ソールのグリップ力の高さも良好なので、長く気楽に履き続けられるハイテクスニーカーがほしいという方におすすめです。

プーマ(PUMA) DISC BLAZE

「ディスクブレイズ」はプーマのハイテクスニーカーの中でも特に人気の高いモデル。足の甲の部分にあるディスクダイヤルを回すことでフィット感を調節する「ブレイズシステム」を搭載しているのが特徴です。

また、ソールにはプーマのクッショニング技術「トライノミックシステム」が搭載され、路面に関わらず足に掛かる負担を軽減。スタイリッシュなフォルムも魅力の1足です。

プーマ(PUMA) TSUGI コオリ

本製品はその名の通り、日本の冬からインスピレーションを得たアイテム。クッション機能のあるIGNITEフォームをミットソールに採用したハイテクスニーカーで、アウトソールには深い切り込みが入っているのが特徴です。

ハイテクスニーカーのメンズコーデ

ハイテクスニーカーを取り入れた王道スポーツミックス

By: wear.jp

パーカーと細身のパンツ、ハイテクスニーカーの組み合わせは定番コーデのひとつ。トップスはボリュームのあるもの、ボトムスは細身のものにすることで綺麗なシルエットを作り出しているのも見逃せないポイントです。

全体をあえて暗色でまとめることで靴を際立たせています。王道で真似をしやすいため、これからハイテクスニーカーを買う方におすすめのコーデです。

大人の雰囲気が漂うセットアップコーデ

By: wear.jp

アイテム選びを間違えてしまうと途端に子供臭さが出てしまうスポーツミックス。このコーデではキャップ、パーカーとスポーティな品をチョイスしつつも、セットアップを取り入れることで大人な雰囲気を醸し出しています。

ハイテクスニーカーを履いてみたいけど、どう使いこなせば良いのか分からない、アダルトなコーデに挑戦したい方におすすめです。

トレンドを意識したストリートスタイルもハイテクスニーカーの得意分野

By: wear.jp

統一感のある黒が主体のスタイルに赤のビッグシルエットインナーを取り入れることで、トレンドを意識したコーデにまとめ上げています。

このスタイリングにおけるハイテクスニーカーの役割は「緩衝材」と言えるでしょう。真っ黒なアイテムが多い中モノクロのシューズを合わせることで、黒い服の持つ重さを軽減しています。

ワイドなスタイルで魅せるハイテクスニーカーの新定番

By: wear.jp

少し前までハイテクスニーカーを使ったストリートスタイルには細身のパンツを合わせるのが定番でした。しかし、こちらのコーデではあえてゆったりとしたワイドパンツを履くことで定番を覆しています。

使用しているハイテクスニーカーはビビッドカラーが目立つ派手なものですが、バッグと色を合わせることで浮いてしまわないよう工夫をしています。

個性的なコーデにチャレンジしたい、派手なハイテクスニーカーを取り入れたスタイルをしたいと考えている方におすすめです。

ハイテクスニーカーを引き立てたいならスキニーが最適解

By: wear.jp

ジョガーパンツ、アンクル丈のボトムスなどハイテクスニーカーを引き立てるパンツは数多く存在します。その中でもスキニーは最も相性の良いアイテムと言えるでしょう。

トレンド感のあるオーバーサイズのトレーナーにぴったりとしたスキニーパンツ。そこにハイテクスニーカーを取り入れることで流行を意識した綺麗目なコーデが完成します。裾を折り込むことで靴を目立たせているのも見逃せません。

重たくなりがちなモノトーンコーデをハイテクスニーカーでハズす

By: zozo.jp

タイトなモノトーンコーデは重たくなりがち。しかし、ハイテクスニーカーを使えば雰囲気を壊すことなく適度なヌケ感を出すことができます。

こちらのスタイリングでは色使いを統一させていますが、ワントーンコーデやモノトーンコーデなど同色や少ない色でまとめたスタイルに鮮やかな色のハイテクスニーカーをチョイスするのもおすすめです。