近年話題となっているドローンはラインナップが増え、その種類もさまざま。数千円で購入できるお手頃なホビードローンから、10万円を超える高性能タイプまで豊富に取り揃っています。

そこで今回は、数ある製品の中でも特に性能の高さに定評がある人気ドローンメーカー「パロット」をご紹介。ドローンに興味のある方や、購入予定の方はぜひ参考にしてください。

パロット(Parrot)

By: amazon.co.jp

パロットは、1994年に設立されたフランス企業。スマホやタブレット向けの周辺機器をはじめ、自動車向けのハンズフリー製品などを取り扱っています。そんなパロットを一躍ドローンメーカーとして有名にしたのが、2010年に自社で製造・販売したホビードローン「AR.Drone」です。

同製品は、コンピューターで機体をコントロールする「自動姿勢制御」や、撮影した映像をリアルタイムで確認できる「FPV機能」など、当時のホビードローンとしては目を引く技術を搭載していたので、発売と同時に世界中で大きな注目を集めました。

それ以降もHDカメラを搭載した「bebop2」や、アクロバティックな飛行が楽しめる「mambo」など、魅力的なドローンを数多くリリース。今では主要なドローンメーカーのひとつとして考えられているほどです。

パロット製ドローンの魅力

By: amazon.co.jp

パロットが販売するドローンの特長は安全性の高さ。プロペラ接触時に自動で電源が切れる「緊急停止機能」や、電波がロストしても自動で帰還する「自動帰還機能」、制限空域への侵入を防ぐ「制限機能」、軽量かつ保護力の高い「プロペラガード」など、ドローンをより快適に飛ばせる便利な機能が充実しているので、初心者の方でも安心して楽しめます。

また、スマートフォンやタブレットでリアルタイム映像を確認できる「FPV(First Person View)」や、ブレや歪みのない美しい映像が撮影できる「高解像度HDカメラ」などの機能も充実しているので、本格的な空撮を楽しみたい方にもおすすめです。

パロット製の人気ドローン

パロット(Parrot) Bebop 2 PF726073

本格的な空撮を楽しみたい方におすすめなのが「Bebop 2」。約25分の飛行が可能な「2700mAhバッテリー」が搭載されているので。高性能なドローンにも関わらず、その重さはわずか500gとかなり軽いため、持ち運び時の負担が少なく気軽に携帯できます。

なお、別売りのゴーグル型端末「Parrot FPV」と合わせて使えば、まるでコックピットにいるかのような感覚で操縦が楽しめるのも魅力のひとつ。水平方向なら最高時速は60km近くまで出すことができるため、1台で「空撮ドローン」と「レースドローン」の2通りの楽しみ方ができます。

パロット(Parrot) Mambo

「Mambo」は屋内でも気軽に楽しめるタイプのドローン。縦18×横18cmのコンパクトボディながら、専用のアタッチメントに付け替えれば、モノを掴んだり、球を発射したりと、さまざまなアクションが楽しめます。

コントローラーから手を放しても飛行し続ける「自動操縦」や、衝撃を検知するとプロペラの回転が自動で停止する「カットアウトシステム」など、機能が充実しているので、ドローン初心者の方でも安心して飛ばせるのが特長です。