メンズスニーカーとして代表的なブランドのひとつであるバンズ。日本でも多くのシューズショップで販売されており、多くの男性が一度は履いた経験があるはず。

そこで今回は、バンズのスニーカーで人気のモデルをご紹介します。スニーカー選びに迷っている方は、チェックしてみてください。

バンズ(VANS)とは?

バンズは、1966年にアメリカの南カリフォルニアで設立されました。「バンズ」というブランド名は、創設者のポール・ヴァン・ドーレンという名前が由来です。

ブランドとしてのスタートは、シューズのセレクトからでした。そして、バンズがスタートした10年後の1977年には、最初のモデルであるオーセンティックが誕生。発売直後から南カリフォルニアのサーファーやスケーターから絶大な支持を得て、その後世界中へと広まりました。

バンズスニーカーの魅力

バンズスニーカーの魅力は、シンプルなデザインとつま先に向かって細くなっていくスタイリッシュなシルエット。どんなファッションにも合わせられる汎用性の高さを備えており、コーディネートの悩みもすぐに解決してくれます。

また、ボトムのシルエットを選ばないのもポイント。タイトとルーズ、どちらのボトムを穿いても相性抜群です。

バンズのメンズスニーカーおすすめモデル

AUTHENTIC

バンズが創業された1966年に作られたバンズ初めてのモデルであり、バンズを語る上で外すことのできない看板スニーカー。数あるバンズスニーカーの中でも定番モデルとして、40年以上愛され続けています。

グリップに優れしたしなやかなワッフルソールが、スケーターに気に入られたことで人気が拡大。それをきっかけに、サーファーやファッション好きに広まっていきました。

クラシックでシンプルなデザインは、年齢や性別、スタイルを問いません。キャンバス素材のカジュアルな雰囲気と、豊富なカラーバリエーションも人気のひとつ。ストリートスタイルやキレイめスタイルなどどんなコーデにも適用可能なスニーカーです。

バンズ(VANS) Authentic 44 DX

創業当時のアナハイム工場で生産されていた時代のディテールを再現したモデルです。オリジナルモデルのクラシックな雰囲気は残しつつ、インソールにはポリウレタンをベース素材にした「ULTRA CUSH」を採用。軽量化と高いクッション性を実現しています。

淡いブルーカラーは、バンズらしいカリフォルニアの雰囲気を演出。シンプルで夏の涼しさを感じるカラーとデザインは、デニムやハーフパンツの相性抜群です。

バンズ(VANS) Authentic Mix Checker

バンズの定番デザインであるチェック柄に一癖加えたデザインのモデル。3パターンの異なる大きさのチェック柄がデザインされています。

存在のあるデザインなので、コーディネートのアクセントとして活躍。細めのパンツや太めのパンツにもぴったりなので、コーデに合わせやすいのも魅力です。

バンズ(VANS) Authentic BLACK/BLACK

アッパー、ソールともにブラックで統一したシックなモデル。アッパーのキャンパス生地とソールの素材の質感の違いが、ブラックのコントラストを生み出しています。

ストリートやパンク、キレイめなスタイルにも、ブラックの渋さでコーデを引き締めることが可能。シンプルで男らしいオールブラックに、バックステッチの赤色とガムソールの茶色がよいアクセントになっています。

オールドスクール(OLD SKOOL)

バンズを代表するモデルとして高い人気を集め続けるオールドスクール。通称ジャズの愛称で親しまれています。バンズの象徴的なデザインとして知られる、両サイドの「サーフライン」が初めて採用されたモデルです。

クッション性の高いソールは、フィット感のある抜群の履き心地が大きな特徴。また、撥水素材で水に強く、吸湿速乾性にも優れる、実用性と耐久性を兼ね備えたスニーカーとしても知られています。

バンズの中でもよりスニーカーらしいデザインで、特にストリートを中心に人気です。一見シンプルに見えるデザインですが、実際に履くことで奥深いデザインの魅力を実感できます。

バンズ(VANS) OLD SKOOL

バンズの定番モデルであるオールドスクールの中でも1番人気の定番カラー。白と黒の2色使いで、シンプルながらクールな印象を与えます。

コーディネートの邪魔をしないカラーとデザインは、すべてのスタイルにおすすめです。スニーカー好きなら、1足は持っておきたいモデルです。

バンズ(VANS) OLD SKOOL Flame

ストリートシーンから絶大な人気を集めるファイヤーパターンのオールドスクール。ファイヤーパターンのインパクトあるデザインは、ファッションのアクセントとして活躍します。

細めのパンツと合わせることで、ストリートでありながらパンキッシュな雰囲気も演出できます。白黒のシンプルなデザインに飽きた、というメンズにおすすめです。

バンズ(VANS) OLD SKOOL VINTAGE

経年変化を思わせるような風合いとカラーが特徴のオールドスクール。アッパーはすべてスエード素材で、カジュアルでありながらどこか品を感じます。

一般的なオールドスクールには採用されている、ソール上部を1周する黒いラインをあえて排除。オールホワイトのソールは、清潔感とクラシック感を醸し出しています。30代や40代の大人におすすめのスニーカーです。

ERA

バンズが初めて開発したスニーカーであるオーセンティックをベースにして作られたモデル。オーセンティックのデザインはそのままに、履き心地のよさをプラスしたことが大きな特徴です。

履き口にパッドを入れることで、スケート時の強い衝撃を吸収。その履き心地のよさからスケーターから絶大な人気を集めました。また、クッション性も高くストレスなく履けることから、さまざまなスポーツシーンでも活躍します。

オーセンティックと比べると、見た目に少しボリューム感があることも魅力のひとつ。カラフルなカラーバリエーションがあり、自分だけの1足を見つけられます。履き心地のよさに加えて価格がリーズナブルなので、価格重視の方にもおすすめです。

バンズ(VANS) ERA White/Checker

ホワイトとチェックのバランスが絶妙な1足。チェックは好きだけど、アッパーすべてがチェックだと派手すぎて苦手、というメンズにおすすめです。

エラのシャープなフォルムとホワイト×チェックの相性は抜群。キレイめスタイルのコーデに程よいアクセントを加えられます。

バンズ(VANS) ERA 95 DX

1966年当時にカリフォルニア州アナハイムの工場で製造されていたクラシックモデルを再現したスニーカー。ポリウレタンをベース素材にした「ULTRA CUSH」をインソールに使用することで、当時のデザインに加えて抜群の履き心地を実現しています。

深みのあるイエローと爽やかなホワイトが印象的なアッパーは、エラのフォルムがより際立つデザインに仕上がっているのがポイント。クラシックな雰囲気を感じる大人っぽい1足は、キレイめなカジュアルコーデにおすすめです。

バンズ(VANS) ERA TRUE WHITE

清潔感と爽やかさ全快のオールホワイトのデザインが魅力のモデルです。ストリートっぽい印象は残しつつも、ホワイトの美しさが際立ちます。

バンズのステッチとソール上部の黒いラインがアクセントとなり、ホワイトをより美しく演出。キレイめスタイルはもちろん、ストリートスタイルの外しアイテムとしてもおすすめです。

CHUKKA

スケーターのためのスニーカーを作り続けてきたバンズの中で、カジュアルラインとして登場したチャッカ。革靴などで見られるチャッカブーツの形状を採用し、外羽根式のシンプルなフォルムに仕上げています。

一般的なチャッカブーツではシューレースホールの数が2つ穴なのに対し、バンズは「4つか5つ穴」ということが特徴。あくまでスケートボードシューズブランドであることを主張したディテールにバンズのこだわりを感じます。

キャンパス生地以外にもスエード生地を使用しているデザインも多いこと、程よく丸みのあるフォルムなど、他のバンズのスニーカーにはない魅力が人気です。ハイカットタイプのチャッカブーツとローカットタイプのチャッカローがラインナップされています。

タイトめなパンツに合わせてもゆったりルーズなパンツに合わせても、カッコよくコーデできます。

バンズ(VANS) CHUKKA BOOT BLACK/WHITE

ハイカットタイプであるチャッカブーツの魅力をシンプルに堪能できるブラックとホワイトのデザインが特徴のモデル。アッパーは牛革のスエードで、大人っぽい落ち着いた印象を与えます。

デニムやチノパンなどカジュアルコーデに合わせれば、スニーカーとは一味違う品をプラスすることが可能。カッチリ過ぎない軽めのジャケットスタイルに合わせることもおすすめです。

バンズ(VANS) CHUKKA BOOT 49A 50th anniversary

大人っぽい印象のチャッカのフォルムをよい意味で崩してくれる総柄のモデル。バンズの50周年を記念して作られており、これまでのバンズの歴史が詰まったデザインに仕上がっています。

華やかな総柄デザインと丸みのあるフォルムが相性抜群。あえて半パンと合わせてみるのもおすすめです。

バンズ(VANS) Chukka Low Pro

チャッカのローカットモデルであるチャッカロー。オールブラックで、シックな男らしいデザインです。

チャッカのカジュアルなフォルム、スエード素材の上品さと、バンズらしいスケートシューズとしてのストリート感が見事にマッチしています。太めのゆったりしたパンツに合わせれば、ルーズなパンツを小ぎれいで大人っぽい印象にまとめられるスニーカーです。

SK8-HI

オールドスクールをベースに作られたハイカットモデル。通称スケハイとして、スケーターを中心に人気を集めています。

スケートハイの特徴は、スケボーをするために特化したスニーカーであること。特に、くるぶしとアキレス腱を保護するアンクルパッドは、怪我に悩まされることの多いスケーターから支持を得ました。また、爪先部分の補強のために採用したスエードレザーは、デザイン面にも一癖アクセントを加えています。

シャープでありながら男らしさやストリート感を感じるデザインは、スケーターだけでなくサーファーやロッカー、パンクの間でも愛されるモデルです。

バンズ(VANS) SK8-HI

黒と迷彩柄のコントラストがカッコよいモデル。シックな迷彩柄と全体を引き締めるブラックによって、必要以上に派手すぎないデザインに仕上がっています。

30代や40代のメンズでも履ける程よいデザインで、ラフで小粋な大人を演出することが可能。シャープなシルエットは、細めのパンツとの相性抜群です。

バンズ(VANS) SK8-HI

スケートハイ定番のカラーとして人気のモデル。ネイビー×ブラック×ホワイトの配色で、全体的にバランスのよいデザインです。

デニムはもちろん、チノパンやカーゴパンツなど、どんなパンツに合わせられます。カラーも合わせやすい3色を使用しているため、1足持っていると履き回しが効くスニーカーです。

バンズ(VANS) SK8-HI JAPAN LIMITED BLK/WHT CHECK

バンズ定番のチェック柄とブラックのデザインがおしゃれな定番カラーです。軽くて柔らかいアウトソールを採用したことが大きな特徴で、従来のモデルより44%の軽量化を実現しています。定番のデザインはそのままに、よりよい履き心地を追求したモデルです。

ブラックデニムと合わせれば、ロックやパンクスタイルを演出でき、カジュアルに合わせれば程よいアクセントを加えられます。

COURT ICON

隠れた名作として知られるコートアイコン。他のバンズとは一線を画すデザインで、アッパーのサイド部分にワンポイントでデザインされたスケートデッキロゴの刺繍が特徴。シンプルな中にもスケートシューズブランドであるバンズの遊び心を感じます。

ポリウレタンをベース素材にした、「ULTRA CUSH」という技術を採用したソールを使用。スケート時の大きな衝撃から足を守る高いクッション性を備えています。定番モデルと比べ履いている人が少なく、人と被りにくいということも魅力のひとつです。

バンズ(VANS) COURT ICON MUSTARD

マスタードカラーがキレイなモデル。ヒール部分のホワイトのステッチが特徴で、後ろからの見た目によりカジュアルな印象を与えています。

カーゴパンツや太めのチノパンなど、ルーズなスタイルに合わせるとラフなおしゃれを楽しむことが可能です。

バンズ(VANS) COURT ICON Scooter Marshmallow

鮮やかな赤色とカジュアルなキャンパス生地の相性が抜群なモデル。インパクトのある赤色により、コートアイコンのスケートデッキロゴの刺繍がより際立ちます。シンプルになりがちな夏場の差し色としておすすめのスニーカーです。

バンズ(VANS) COURT ICON Salton Leather

アッパー部分にレザーを使用した、上品なストリートスタイルを楽しめるスニーカー。キャンパス生地が定番のコートアイコンですが、あえてレザー素材にすることで上品さがプラスされています。

アッパーのブラックのレザー、真っ白のソール、靴底のガムソールのバランスが特徴的なデザインです。レザーの上品な質感が印象的なため、キレイめスタイルにも合わせられます。

スリッポン(SLIP ON)

1979年に発売され大流行したバンズを代表するモデル。発売当時スケーター、BMXライダーたちから支持されたことで、世界的に人気が爆発しました。

簡単にすぐ履けてすぐにスケボーができるというコンセプトのもとに作られたスニーカーです。「SLIP(足を滑らせて)」して「ON(履ける)」するという意味を込めて、「SLIP-ON」と名付けられています。

多くのブランドから紐を使わないスニーカーが販売されていますが、その元祖がバンズのスリッポン。スリッポンからバンズの存在を知ったという方も多い、バンズの代表作です。シンプルなデザインで、どんなパンツにも合わせられます。

バンズ(VANS) CLASSIC SLIP-ON BLK & WHTCHCKERBOARD/WHT

シンプルで無駄のないフォルムのスリッポンに、インパクトのあるチェック柄がマッチしたモデルです。

ちょっとした軽い服装の時など、ラフに履いているだけでも様になるのが魅力。コーデを気にせず、手軽に履けるスニーカーを探している方におすすめです。

バンズ(VANS) CLASSIC SLIP-ON BLACK/BLACK

ポップな印象のスリッポンをシックでカッコよい印象に仕上げた1足。無骨な雰囲気を醸し出すオールブラックのボディに対し、ヒールパッチの赤色がよいアクセントになったデザインです。

黒色が足元を渋くまとめてくれるため、細めのパンツにも太めのパンツに合わせられます。

バンズ(VANS) SLIP-O CLASSIC SLIP-ON

スエード生地をアッパーに採用した、高級感を感じるスリッポン。バンズ定番のキャンパス生地ではなく、品を感じるスエードを採用することでキレイめな印象に仕上がっています。

毛足の長いスエードを採用しており、見た目からも上質な生地感を感じ取れるのが特徴。カジュアルすぎるスリッポンが苦手、という大人のメンズにおすすめです。

HALF CAB

現在のファッションシーンで、スケーターたちから支持を集めるモデル。プロスケーターであるスティーブ・キャバレロ氏のシグネチャーモデルとしてリリースされました。

履き心地のよさから本気でスケボーをしたいというメンズから、圧倒的な人気を集めています。クッション性に優れた履き心地と、ベロと履き口に大量の中綿を詰めることで高めた足首のサポート力が人気の理由。また、ローカットとハイカットの間であるミッドトップであることも大きな特徴です。

ボリュームある見た目と肉厚なフォルムの存在感は、どんなスタイルに合わせてもスケーターっぽさを演出できます。上半身にボリュームが出る冬のコーデにおいて、足元にもボリュームを出してくれるアイテムです。

バンズ(VANS) HALF CAB BLACK

ハーフキャブではおなじみの定番カラー。黒色と白色の絶妙なバランスと、アッパーのスエードがシンプルでありながらクールなデザインに仕上がっています。

白色のソールと太めのシューレースの存在感が、ボリュームあるフォルムと相性抜群。どんなスタイルにも合わせられる万能なスニーカーです。

バンズ(VANS) HALF CAB MONO BLACK

全体をカーキで統一した大人の男らしさを感じるモデル。パーツによって微妙に濃淡の違いがあるカーキを使用しており、おしゃれな雰囲気も楽しめます。

アメカジスタイルとシンプルな色使いになりやすいストリートスタイルにおすすめです。

バンズ(VANS) HALF CAB BLACK OUTSOLE

ボリューミーな印象のハーフキャブを、よりスタイリッシュに魅せてくれるカラーリングが特徴的なモデルです。

ホワイトのスエードを採用したアッパーが、ストリートな印象に上品さをプラス。ブラックのソールが全体を引き締め、ストリート感もしっかり際立たせています。大人のラフなコーデを上品に仕上げたい時におすすめのスニーカーです。

バンズスニーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バンズスニーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。