感度の高いおしゃれな男性から支持を集めているデニムTシャツ。人気ブランドからも個性の光るデニムTシャツがリリースされおり、ワンパターンになりがちなTシャツコーディネートに新鮮さをプラスしてくれる注目アイテムです。

そこで今回はデニムTシャツのおすすめアイテムをピックアップ。選び方や参考となるコーディネートなどもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

デニムTシャツの選び方

シルエットをチェック

By: amazon.co.jp

1枚で着ても、鮮やかなブルーが印象的で様になるデニムTシャツ。デザインはもちろんですが、シルエットによってもコーディネートの雰囲気がガラリと変わるため、選ぶ際にはしっかりとチェックしておきたいポイントです。

爽やかさを前面に出すならコンパクトなシルエットのジャストサイズアイテムを選ぶのがベター。よりラフな装いを重視する方はビッグシルエットのデニムTシャツがおすすめです。

染まり具合も重要ポイント

By: amazon.co.jp

インディゴで染められたデニムTシャツはアイテムによって濃淡が異なるのもポイント。いずれにせよ、単一で染められたアイテムはシンプルで落ち着いた配色なので全体のコーディネートもそれを意識して組み立てましょう。なお、グラデーションが施されたタイプはエスニック調であることが多いので、身につけるアクセサリーにも配慮するのがおすすめです。

着回しやすさ重視ならシンプルデザインを

By: amazon.co.jp

新鮮なおしゃれを楽しめるアイテムとして人気のデニムTシャツ。デザインのバリエーションも豊富ですが、最初にチャレンジする時は無地のシンプルなモノをチョイスするのがおすすめです。1枚でも様になり、また季節によってはアウターと組み合わせてさまざまなコーディネートが楽しめます。

デニムTシャツのおすすめ人気モデル

チャンピオン(Champion) リバースウィーブTシャツ

スポーティな雰囲気にクラシカルな風合いをプラスしたデニムTシャツ。「ヘビーガーメントウォッシュ加工」により素材感が強調され、更に洗濯時の縮みも軽減されています。チノパンやショートパンツを合わせて、軽快なコーディネートを意識するのがおすすめです。

アディダス(adidas) TKO Indigo S/S Tee

特殊な転写技術によりデニムのリアルさを表現したプリントTシャツです。見た目は完全にデニムですが、ポリエステル100%の生地なので速乾性に優れ、肌触りも良好。キャップやスニーカーと合わせて、スポーティなコーデを楽しみたい方におすすめの1着です。

アズールバイマウジー(AZUL by moussy) インディゴワッフルVネック半袖プルオーバー

長年愛用したよう質感が魅力のデニムTシャツ。深めのVネックや裾に入ったスリットなど、ディテールにこだわりスッキリとしたシルエットに仕上がっています。インナーにタンクトップを取り入れたレイヤードスタイルも合うアイテムです。

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) JE MORGAN×BEAMS LIGHTS 別注 カノコインディゴポケットTシャツ

ビームスライツが世界的なサーマルウエアブランド「ジェーイーモーガンロングジョーンズ(JEMORGAN LONG JOHNS)」に別注した特別なアイテムです。ゆとりのあるボックスシルエットで、カジュアルな着こなしにぴったり。シンプルなおすすめデニムTシャツです。

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) インディゴ5分袖Tシャツ

ゆったりシルエットが特徴のデニムTシャツ。袖に入ったラインがアクセントとなり、カジュアルな印象に仕上がるのが特徴です。肘が隠れる程度の5分袖Tシャツなので、夏はもちろん春に1枚サラリと着るトップスとしても重宝します。

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) インディゴサシコポケットTシャツ

「刺し子」と呼ばれる表情豊かな生地が特徴のアイテム。裾の長さを前後で変えているほか、ネック脇にはジップが付いており、着脱もスムーズ。着丈はやや長めで、リラックス感のある着こなしにマッチします。

コロンビア(Columbia) ブルーブルックショートスリーブクルー

エドウィンやリーバイスなどのデニムブランドと関わりが深い本澤裕治氏とコラボしたアイテム。速乾性と防臭機能に優れた素材を採用し、紫外線もカットしてくれるので夏も快適に過ごせます。アウトドアウエアとして開発されたアイテムですが、タウンユースにもおすすめです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) プリントパッチワークポケットTシャツ

襟と胸ポケットのパッチワークデザインが目を引くデニムTシャツ。胸ポケットに施された赤糸のステッチや、スリット入りで前後差のある裾など、ディテールにもこだわっているのが特徴で、コーディネートの主役として活躍が期待できるおすすめの1着です。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER) インディゴポケットロンT

アメカジスタイルを得意とするクリフメイヤーのデニムTシャツです。肩周りのステッチラインとライトオンスデニムを採用したユニークなフォルムのポケットがアクセントとなっているのが特徴。春先から秋まで活躍するアイテムを探している方におすすめです。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER) バンダナPT×刺繍インディゴTEE

中央にバンダナ柄プリントを施したアメカジテイストのデニムTシャツ。バンダナ柄にはカラフルな刺繍もプラスして、より存在感が際立つ仕上がりとなっています。トレンド感のあるややワイドなシルエットもポイント。新鮮なコーディネートが楽しめる1着です。

スノーピーク(snow peak) キャンピングインディゴプルオーバー

腹部に大きなポケットをあしらったインパクトのあるデニムTシャツです。下部に施されたポケットは3つに分かれており、ちょっとした小物を収納する際にも便利。やや大きめサイズを選び、ゆったりと着こなすのがおすすめです。

シップス(SHIPS) Champion×SHIPS 別注 リバースウィーブ インディゴジャージーポケットT

シップスとチャンピオンのコラボアイテム。袖丈やネック周りなど、サイズをミリ単位で調整することにより絶妙なフィット感を生み出しています。ヴィンテージ仕様のVガゼットもポイントです。

サニーレーベル(Sonny Label) ポケット付きロングTシャツ

アーバンリサーチがプロデュースするブランド「サニーレーベル」からリリースされたロングTシャツ。オーソドックスなフォルムとデザインで、着回しやすいのが特徴です。肉厚なコットン生地を採用し、ロングシーズン着用できるのもポイント。そのまま1枚で着るのはもちろん、インナーとしても活躍してくれるアイテムです。

サニーレーベル(Sonny Label) JEMORGAN×SonnyLabel 度詰め天竺ビッグTシャツ

サニーレーベルと「ジェーイーモーガンロングジョーンズ」のコラボアイテムです。耐久性の高い「度詰め天竺」を採用しているため、洗濯をしてもくたびれにくいのがメリット。ビッグシルエットを取り入れ、シンプルながらトレンド感のあるデザインに仕上がっています。気兼ねなくヘビーローテーションできるおすすめのデニムTシャツです。

サニーレーベル(Sonny Label) メンズTシャツ インディゴ飾りリブプルオーバー

ウォッシュ加工を施した生地の風合いが魅力の長袖デニムTシャツです。袖と裾にリブを入れているのがポイント。スウェットなど、ゆるめのボトムスを合わせてラフに着こなすのがおすすめです。

ステュディオ・ダ・ルチザン(Studio D’artisan) リアルエイジングインディゴTシャツ

人気デニムメーカーとして知られる「ステュディオ・ダ・ルチザン」のデニムTシャツ。長年愛用したかのような色落ち感とアタリを再現しているのが特徴です。インディゴとベージュの糸で編み込まれた生地の豊かな表情もポイント。ワンランク上のデニムTシャツを求めている方におすすめです。

ヴィタル ムッシュ ニコル(Vital MONSIEUR NICOLE) 切り替えインディゴTシャツ

柄生地やニット生地でアクセントを付けたおしゃれなデニムTシャツ。ライトなアウターを羽織る際に便利なほか、ベーシックなボトムスを合わせるだけでコーディネートが仕上がるおすすめのアイテムです。

チャムス(CHUMS) ブービーフェイスTシャツインディゴ

チャムスのロゴがプリントしたデニムTシャツです。生地はコットン100%で、柔らかな肌触りと型崩れしにくいのがポイント。白や淡いベージュなど、ライトカラーのボトムスを合わせてキレイなインディゴカラーを楽しみたい方におすすめの1枚です。

ヘインズ(Hanes) HANES SPORTSWEAR Vネックポケット付Tシャツ

快適な着心地にこだわるヘインズのデニムTシャツです。スポーツウェアシリーズのアイテムで、夏に最適なサラリとした生地感が特徴。着こなしやすいシンプルなデザインなので、初めてデニムTシャツにチャレンジする方におすすめです。

エクストララージ(XLARGE) XLARGE×Columbia BLUE BROOK XL SHORT SLEEVE TEE

サイドにエクストララージのトレードマーク「OGゴリラ」、そしてバックにコロンビアのビッグロゴを配したコラボデニムTシャツです。ラフなシルエットなので、ストリートスタイルにおすすめ。紫外線をカットしてくれる高機能素材が採用されており、屋外での活動が長い日にも安心して着用できるのもポイントです。

デニムTシャツのメンズコーデ

バランスが絶妙な上級者コーディネート

By: wear.jp

ビッグシルエットのデニムTシャツをサラリと着こなしたお手本コーディネートです。ややラフな印象のカーキパンツは、アンクル丈のモノを選ぶことで爽やかさをプラス。そして足元にはサンダルでもスニーカーでもなく、あえてきれいめシューズを投入している点がおしゃれです。

デニムTシャツ×白系アイテムは夏にぴったり

By: wear.jp

白系アイテムと合わせると、デニムTシャツのカラーがより映えます。ショートパンツもベージュ系のライトカラーで、インディゴカラーとの相性は抜群。リラックス感のあるスタイリングですが、コンパクトシルエットのデニムTシャツなのでラフすぎる印象もありません。取り入れやすい組み合わせなので、夏コーデの参考にしてみてください。

白シャツで作る大人カジュアルスタイル

By: wear.jp

デニムTシャツに白シャツをインしてレイヤードスタイルに。カジュアルなアイテムが多いコーディネートですが、シャツを取り入れることで落ち着きのある雰囲気に仕上がっています。ボトムスをロールアップ&スリッポンで軽快さを演出しているのもポイントです。

インディゴカラーで統一感を

By: wear.jp

トップス、帽子、シューズの3点にインディゴカラーを取り入れ、統一感を出したコーディネートです。ボトムスにはベージュのワイドパンツを合わせ、春夏にふさわしいカラーリングに。やや個性の強いデニムTシャツも、小物と色をリンクさせると取り入れやすくなります。

小物を効かせたスタイリッシュコーデ

By: wear.jp

デニムTシャツにスキニーパンツとスニーカーを合わせたスタイリッシュなコーディネート。ベーシックな組み合わせながらも、存在感のあるハットとアクセサリーでワンランク上のおしゃれコーデに仕上げています。白のタンクトップを使ったレイヤードもおしゃれポイントです。

着こなしに差をつけるバンダナ使いに注目

By: wear.jp

シンプルなデニムTシャツに、バンダナを合わせて華やかさをプラス。一見組み合わせが難しそうなチェックパンツも、バンダナと色をリンクさせているため見事に調和しています。デニムTシャツを取り入れたコーディネートのバリエーションを増やしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

即実践できる優秀スポーティコーデ

By: wear.jp

アメカジテイストの長袖デニムTシャツに、キャップとスニーカーでスポーティな要素をプラスした爽やかなコーデ。ボトムスにはジョガーパンツを投入し、スッキリとしたシルエットを作り上げています。定番アイテムの組み合わせなので、デニムTシャツを買い足せばすぐに実践できるのも嬉しいポイント。春、秋におすすめのコーディネートです。

絶妙な小物の使い方を参考に

By: wear.jp

ゆったりとしたカジュアルテイストのデニムTシャツを、あえてきれいめスタイルに落とし込んでいる点がおしゃれ。全体の色味はブルー、ネイビー、白の3色でまとめられており、落ち着いた印象です。Tシャツのスタイリングがカジュアル一辺倒になりがちな方は、このコーデを参考に小物で変化を持たせてみてはいかがでしょうか。

個性の光るデニムオンデニムコーデ

By: wear.jp

腹部にポケットが付いた個性的なデニムTシャツに、デニムのアウター、ボトムスを合わせた上級デニムオンデニム。野暮ったくならないよう、メガネやネックレスで引き締めポイントを作っている点も注目です。難しいと思われがちなデニムオンデニムコーデは、アイテム同士の色に差を付けるとメリハリが出て着こなしやすくなります。

デニムTシャツをミリタリーテイストに着こなす

By: wear.jp

鮮やかなブルーが印象的なデニムTシャツに、カーゴショーツや迷彩柄バックパックといったミリタリーテイストのアイテムを合わせたスタイリング。かっちりめのヘンリーネックアイテムをチョイスしてラフすぎない雰囲気にまとめています。ロングブリムハットで個性を出しているのも参考にしたいポイントです。