ここ数シーズン継続してメンズファッションのトレンド素材になっているデニム。ファッションにおけるベーシックな素材であるため、トレンド素材を使いたいと思っても、ついついジーンズなどの定番アイテムを着てしまいますよね。そこでおすすめするのが、今回紹介するデニムTシャツ。

夏のファッションは着る枚数が限られるためマンネリになりがちですが、デニムTシャツはそこに新たなスパイスを加えてくれます。デニムTシャツでコーデの幅を広げましょう。

この夏おすすめのデニムTシャツ

グローバルワーク(GLOBAL WORK) デニムフハクTEE

ドロップショルダーのゆったりしたシルエットのデニムTシャツ。ウォッシュ加工で色落ちさせていることや、首元や袖を切りっぱなしにしていることがポイント。

切りっぱなしになった部分からデニムならではの味わい深さを感じられ、コーディネート全体の雰囲気もガラッと変えてくれるでしょう。

チャンピオン(Champion) リバースウィーブTシャツ C3-H307

脇にゆとりを持たせる別布や袖のつけ方など、チャンピオンらしいスポーティーな要素を融合させたデニムTシャツ。左袖にはアイコンであるブランドロゴが刺繍されています。

春秋にはアウターのインナーに、夏にはコーディネートとの主役として、1枚で活躍してくれます。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) インディゴクルーネックポケットTシャツ

色落ち感が全くない、きれいなインディゴブルーのデニムTシャツ。幅広い世代の男性が着用できる1着と言えます。シルエットもオーソドックスなものを採用しており、着こなしやすいです。

また、着用して洗濯するごとに独自の経年変化が生まれてくるのもポイント。

アーバンリサーチ ロッソメン(URBAN RESEARCH ROSSO MEN) プルオーバーライトデニムシャツ

デニムシャツのようなデザインをしたTシャツ。1枚でコーディネートの主役になってくれ、簡単におしゃれなスタイルを作り出せます。首元がキーネックという鍵穴のようなネックラインになっているのがポイント。

コーディネートのアクセントとして活躍してくれますよ。

ナノ・ユニバース(nano・universe) プリントパッチワークポケットTシャツ

胸ポケットと襟元にアメリカンな柄デザインがあしらわれているデニムTシャツ。インディゴ染めされた素材とも見事にマッチしていますね。シンプルになりがちな夏のファッションですが、これならシンプルなスタイルにもキッチリ映えてくれるでしょう。

シルエットもオーソドックスなシルエットで使いやすさ抜群です。

チャオパニック(Ciaopanic) インディゴ染めポケTee

程よく色落ちされたビンテージデザインでストリートな着こなしができるデニムTシャツです。身幅に少しだけゆとりをもたせていることで、その雰囲気がより強調されています。ベーシックなデニムTシャツですが、コーディネートで存在感を発揮してくれるでしょう。

デニムTシャツを着たことがないメンズにおすすめ。

ニコアンド(niko and...) ヴィンテージケミカルTシャツ

ケミカルウォッシュのデニムTシャツ。シンプルなコーディネートに合わせてもあっという間におしゃれに見せてくれます。色味も爽やかなので、春夏のシーズンにぴったりと言えるでしょう。ストリートなコーディネートに合わせてお楽しみください。

フリークスストア(FREAK'S STORE) インディゴワッフル ビッグシルエット サーマル

商品価格 ¥4,968

ワッフル生地という柔らかい素材を使用したTシャツ。着心地抜群です。ビッグシルエットでトレンド感もミックスされています。オーソドックスなデニムTシャツとは少し違う風合いを持っているため、差別化したスタイルを作りたい時におすすめです。

ディーゼル(DIESEL) インディゴブルー メンズ デジタルデニムプリント Tシャツ

パッチワークデザインのように見えますが、全てプリント。パッチワークやデニムを切れっぱなしにした状態を表現しています。こういったところにディーゼルのこだわりがあります。

シルエットはオーソドックスな形をしているので、切り替え部分だけを見せてインナーにも使いやすいでしょう。

レイジブルー(RAGEBLUE) インディゴ染めジャガードTシャツ

シンプルなデニムTシャツですが、首元だけリブデザインを採用。スポーティーな要素がプラスされていて、コーディネートに変化をつけてくれます。ルーズなサイズ感と左胸にポケットをプラスしているのもポイント。

流行りのスポーツミックスコーデとも合わせやすい1品。

デニムTシャツのメンズコーデ

トーンの違うデニムアイテムで揃えたデニムオンデニムコーデ

By: wear.jp

トップスをデニムTシャツ、ボトムもジーンズを合わせたデニムオンデニムコーデ。デニムのトーンは違いますが、全体をゆったりしたサイズ感で揃えているため、コーディネートに統一感が生まれています。足元の赤色コンバースが差し色として活躍。

ホワイトアイテムでデニムTシャツを爽やかに見せる

By: zozo.jp

カジュアルなデニムTシャツを白色アイテムと組み合わせて爽やかな雰囲気を演出。トップスがルーズなので、ボトム・シューズをスマートにしてバランスよくコーディネートされているのもポイント高いです。夏のシーズンにぴったりなスタイル。

ケミカルの特徴を生かしてストリートライクにスタイリング

By: zozo.jp

ストリートな雰囲気強めなケミカルデニムのTシャツ。それにスウェットパンツとスニーカーを加え、ストリートテイストにスタイリングしています。頭にキャップをかぶったり金のネックレスをつけたりすると、よりストリートらしくなるでしょう。

シンプルな組み合わせながら遊び心あるコーデもおすすめ

By: zozo.jp

トップにデザイン性高いデニムTシャツを選んだり、ボトムをワイドなスラックスにしたりしているのに足元はサンダル。シンプルながら遊び心を感じるコーデです。シックなカラーでまとめているため、異なるテイストのアイテム同士でも、まとまって見えています。

上品な雰囲気に仕上げたスタイルはボトムとシューズがポイント

By: zozo.jp

シャツのようなデニムTシャツを使った上品なスタイル。トラウザーとレザーシューズがポイント。シャツのようなデザインとカジュアルなデニム素材Tシャツを着ながら、きれい目なアイテムで品がプラスされています。大人メンズにおすすめのコーディネート。

ルーズなサイズ感でトレンド感あるリラックスカジュアル

By: zozo.jp

1つ目のコーディネートのようにルーズなサイズ感をメインとしたスタイルですが、ベーシックなアイテムでシンプルにまとめているのが特徴。リラックス感が出て、力が入り過ぎていないラフな印象を与えられます。

シックなカラーをメインにしてデニムTシャツをスマートに見せる

By: zozo.jp

デニムTシャツ以外はモノトーンカラーで統一したスタイリッシュコーデ。カジュアルなデニムTシャツもモノトーンカラーに囲まれれば、上品なシャツのように見えます。デートや食事のシーンにおすすめです。

鉄板のアメカジコーデは真似しやすく明日から挑戦できる

By: zozo.jp

デニムといえばやはりアメカジコーデは外せません。このようにグリーン系のカーゴパンツと合わせれば、簡単に鉄板アメカジコーデが完成します。真似しやすいのでぜひチャレンジしてみてくださいね。