トレンドアイテムとして注目の「開襟シャツ」。襟元が大きく開いたクラシックなデザインや首回りがゆったりとした着心地のよさで人気沸騰中です。カジュアルなデニムパンツからシックなスラックスパンツまで幅広いメンズコーデを楽しめます。

そこで今回は、そんな開襟シャツのおすすめアイテムをピックアップ。メンズコーデについてもあわせてご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

開襟シャツとは?

By: amazon.co.jp

開襟(かいきん)シャツとは、襟元が大きく開いたシャツのこと。襟元の第一ボタンがないのが特徴です。主に夏服のアロハシャツなどが代表的なデザインのひとつで、夏用の学生シャツなどでも多く用いられています。また、トレンドアイテムとして夏用だけではなく、1年を通して着回しが効く長袖タイプもおすすめです。

なお、開襟シャツはほとんどのアイテムで襟が立たず、ネクタイができないので注意が必要。どうしてもネクタイをしたい場合は、襟芯などを後付けしてアレンジをする必要があります。

開襟シャツの選び方

夏にフルで着る「半袖開襟シャツ」or 3シーズンで着る「長袖開襟シャツ」

By: rakuten.co.jp

襟元が大きく開いているため、涼しく着用できるのも開襟シャツの魅力。毎年夏のコーデで主軸となりがちなTシャツコーデからのマンネリ化から解放されたい方におすすめです。また、半袖の開襟シャツとロンTなどを組み合わせることで、春から秋にかけて長く着用できます。

さらに、長袖の開襟シャツも多く、春秋冬の3シーズンで長く着用可能。春や秋は開襟シャツ1枚で着用し、冬はニットやコートと合わせて着回せるのでチェックしてみてください。

やわらかく滑らかな「素材感」

By: rakuten.co.jp

襟付きのシャツは、フォーマルシーンでも活用できるようなパリッとした綿素材が一般的ですが、開襟シャツはノーネクタイのカジュアルメインで着回しやすく、幅広い素材感を楽しめるのが魅力です。

トレンドは「レーヨン」「サテン」などのやわらかく滑らかな素材。シックなコーデにも相性良好です。素材感は色やデザイン、季節感も大きく変わってくるため、しっかりとチェックしておきましょう。

ゆったりとした「シルエット」

By: rakuten.co.jp

シルエットもしっかりとチェックしておきたいところ。ゆったりとしたリラックスできるシルエットを選ぶことで、着心地がよくなります。

そのため、選ぶ際は普段着用しているシャツよりワンサイズ上のモノをチョイスするのがおすすめ。少し大きめなアイテムを着用することで、トレンドを意識したおしゃれな開襟シャツコーデを演出します。

クラシックでモダンな「カラー」

By: rakuten.co.jp

トレンドを取り入れた開襟シャツを選ぶうえで、カラーも外せないポイント。落ち着いた印象を与えたい場合は、ブラウンやカーキがおすすめです。

一方で、個性的な印象を与えたい場合は、オレンジなど明るい色味のモノを要チェック。カラーによって相手に与える印象も大きく変わるため、しっかりとチェックしておきましょう。

開襟シャツのおすすめ|長袖

ウィゴー(WEGO) フォトプリント開襟ビッグシャツ

バックにあしらわれた大きなフォトプリントとフロントのビッグロゴが特徴的な開襟シャツです。シャツのベースは無地のため派手すぎず、さまざまなボトムスと合わせやすいのがポイント。カジュアルからモードまで幅広い着こなしが楽しめます。

ドロップショルダーやワイドめな身幅などゆったりしたシルエットで着心地も良好。ラフな雰囲気がデイリーユースにぴったりです。

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) ヘンプ ブレンデッド ファイバー オープンカラーシャツ

旅行作家である山下マヌー氏と、オーダーメイドスーツカンパニーの「ハリートイト」とのコラボ製品です。リネン調のポリエステルを素材に採用。麻のナチュラルな風合いを再現しつつも、シワになりにくいのが特徴です。

身幅にゆとりを持たせたボックスシルエットがリラックスムードを演出。両胸に配置した大きめの胸ポケットがほどよいアクセントになっています。また、さまざまなコーデに取り入れられる着回し力の高さもポイントです。

シップス(SHIPS) オープンカラー ロングスリーブシャツ

優れた吸水速乾性や肌離れのよさが特徴の、「リランチェ」というポリエステル素材を採用した開襟シャツです。ポリエステルの扱いやすさはそのままに天然素材のような風合いを実現。長袖ですがドライタッチで清涼感があるため、夏場の着用にもおすすめです。

タイトすぎずオーバーサイズすぎないほどよいゆったり感で、さまざまなアイテムと合わせやすいのも魅力。ワイドパンツからスキニーパンツまでボトムスを選ばず着用できます。ブラック・ベージュ・グリーン・オリーブの4色展開で、どのカラーも上品で大人っぽい印象です。

インプローブス(improves) ドットオープンカラーシャツ

大きいドット柄が華やかでポップな印象を与える開襟シャツです。遊び心のあるデザインで、個性的なファッションが好きな方におすすめ。1枚でコーデの主役になるアイテムです。

素材にはレーヨン100%の生地を採用。シルクに似た光沢と手触りが特徴で、手入れが簡単ながらも高級感があります。シワになりにくいため持ち運びしやすく、季節の変わり目などにも便利。ややルーズめなシルエットでこなれ感を演出できるアイテムです。

コーエン(coen) コットンレーヨンチェックオープンカラーシャツ

大柄のチェックが目を引くカジュアルな開襟シャツです。大柄ですがチェックの色が1色で統一されているため派手になりすぎず、さまざまなコーデに取り入れやすいデザインに仕上がっています。ゆったりしたシルエットで着心地に優れているのもポイントです。

レーヨン混のコットンを素材に採用しており、コットンの風合いはありながらも落ち感がありシワになりにくい仕上がり。ブラックとマスタードの2色展開で、好みに合わせてカラーを選べるおすすめアイテムです。

アドポーション(ADOPOSION) ポリトロリラックスオープンカラーシャツ

「ポリトロ」と呼ばれるポリエステルトロピカル生地を素材に採用した開襟シャツです。ほどよい光沢感と軽量さが特徴で、風通しもよく良好な着心地を楽しめます。

ゆったりとリラックス感のあるボックスシルエットで休日のコーデにおすすめ。また、着丈は長くなりすぎないよう調節されているので、野暮ったくならずスタイリッシュに仕上がるのもポイントです。カラーは5色をラインナップしています。

マーカ(marka) サイドスリットオープンカラーシャツ

アウターライクなシルエットが特徴の開襟シャツです。袖や裾が長めに設定されていたり、身幅がゆったり作られていたりとリラックス感のあるフォルムが魅力。カーディガンのように気負わず着られるのがポイントです。

袖口のカフスをなくすことで袖をまくりやすくなり、暑い季節にも着やすい仕様。ワキのシルエットを深めに設定し動きを出すなど、シンプルなデザインながらも細部にこだわりが詰まっています。リネン混のレーヨン素材で、高級感のあるシルクのような光沢と柔らかい肌触りが人気の開襟シャツです。

ユナイテッドアスレ(United Athle) T/Cオープンカラー ロングスリーブシャツ

ポリエステル65%、綿35%の割合で配合された素材をツイルという縫い方で仕上げた「T/Cツイル」を使用した開襟シャツです。ほどよい厚みのある生地で、スタイリッシュな雰囲気を醸し出します。耐久性が高く、長く着続けられるのもポイント。シンプルながらも存在感のある開襟シャツです。

左胸の胸ポケットにペンポケットを備えているのもポイント。ほどよくかっちりした印象のため、ビジネスシーンでも活躍します。素材にポリエステルが配合されており、シワになりにくいおすすめアイテムです。

ステューシー(STUSSY) カラーブロックレーヨン オープンカラーシャツ

一枚でコーデの主役になる華やかな開襟シャツです。身頃・袖・襟・ポケットなどパーツ毎に配色を切り替えたマルチカラーのシャツは存在感があり、ポップな印象を与えます。カジュアルファッションや、個性的なファッションが好きな方にもおすすめです。

素材にはレーヨンとポリエステルを混紡した柔らかな生地を採用。さらりとした肌触りで快適な着心地を実現しています。遊び心のあるデザインですがシルエットはスタンダードなため、さまざまなボトムスと合わせやすいのも魅力。ワイドパンツともスキニーパンツとも好相性な開襟シャツです。

開襟シャツのおすすめ|半袖

ウィゴー(WEGO) オープンカラー半袖シャツ

ポリエステル100%を採用した開襟シャツです。シワになりにくく手入れが簡単で、デイリーユースにおすすめ。さらりとした肌触りで、暑い季節でも快適に過ごせます。

シンプルでベーシックなシルエットのため着回しやすく、さまざまなアイテムに合わせやすいのも魅力。ほどよくゆとりのあるフォルムで、インナーを合わせて羽織りとしても、1枚でトップスとしても楽しめる開襟シャツです。

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’) エバレット ボックスシルエット オープンカラーシャツ

吸水速乾性に優れたポリエステル100%素材の開襟シャツです。独特のシャリ感と軽さが特徴で、シワになりにくく手入れも簡単。持ち歩きにも便利なアイテムです。身幅が広めのボックスシルエットで、インナーを選ばず着用できるのもポイント。ボタンを留めれば1枚でトップスとしても活躍します。

落ち着いたダークブラウンにホワイトのボタンがほどよいアクセントに。シンプルなデザインで、デニムやスラックス、チノパンなどさまざまなボトムスと合わせやすいのも魅力です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ショートスリーブ クライミング サマーシャツ

リネンライクな風合いが特徴的な、ポリエステル素材を採用した開襟シャツです。メッシュ生地のため通気性や速乾性に優れており、さらりとしたドライな着心地で夏場も快適に過ごせます。静電気の発生を抑える静電ケア設計を採用するなど、見た目だけでなく機能性にもこだわったアイテムです。

生地にはトレンドのペイズリーパターンを採用。落ち着いた色合いなので、華やかさはありつつもシックで大人っぽい雰囲気を演出します。リラックス感のあるルックスで、トラベルやレジャーなどのシーンにもおすすめの開襟シャツです。

フレッドペリー(FRED PERRY) オープンカラー半袖シャツ

華やかなアプリコットカラーが人気の開襟シャツ。ボーリングシャツをイメージして作られており、襟の配色がよいアクセントになっています。袖口の裏にも襟と同じ配色が施されており、折り返して着用することで違った表情を楽しめるのもポイントです。

柔らかい手触りと高級感のある光沢が特徴のテンセルを素材に採用。カジュアルなデザインながらも上品で、さまざまなシーンで活躍します。吸湿性も高く、汗をかく季節にもぴったりの開襟シャツです。

レイジブルー(RAGEBLUE) PTレーヨンストライプ 開襟シャツ

ストライプ柄の開襟シャツです。太めのストライプでほどよいインパクトがあり、1枚でコーデの主役になるアイテム。柄入りの開襟シャツを初めて購入する方にもおすすめです。

肩を落としたドロップショルダーや、ゆとりのある身幅など全体的にリラックスした雰囲気を演出。クラシカルなデザインながらもかっちりしすぎず、トレンド感のある仕上がりです。素材には滑らかな肌触りが特徴のレーヨンを採用。さらりとした着心地で汗をかいても不快感の少ない開襟シャツです。

ナノ・ユニバース(nano universe) フェイクスエード オープンカラーシャツ

フェイクスエードを素材に採用した開襟シャツです。起毛感のある生地は上品でスタイリッシュな印象。フェイクスエードならではの深みのある色合いもポイントです。生地を軽く仕上げているため、春夏でも着やすい仕上がりになっています。

また、フェイクスエードが高級感を演出しており、リラックスした雰囲気になりすぎないのもポイント。トップスとしてはもちろん、Tシャツなどの上から羽織るのもおすすめです。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI) ポリトロオープンカラーシャツ

吸水速乾性のある素材「クールマックス」を採用した開襟シャツです。ドライな着心地で汗をかく季節にも安心。べたつかず爽やかに着こなせます。また、テカりがなく高級感のある仕上がりなのもポイントです。

ややオーバーサイズなシルエットで、1枚で着てもサマになるのも魅力。スキニーパンツやワイドパンツなど幅広いアイテムとマッチします。胸元は涼しげながらも脱力感の出すぎない開き具合に調節されており、大人カジュアルにぴったりな開襟シャツです。

グローバルワーク(GLOBAL WORK) カイテキオープンカラーシャツ

ゆったりしたボックスシルエットが特徴の開襟シャツです。やや落ち感のある肩と、ゆとりのある身幅がリラックスムードを演出。さらりとしたレーヨン混ポリエステルの生地は触り心地がよく、羽織りやすいため持ち歩きにもおすすめです。タウンユースはもちろん、トラベルやレジャーなど幅広いシーンで活躍します。

左胸の大きめな胸ポケットにはボタンをあしらい、シンプルな開襟シャツのほどよいアクセントに。カラーも豊富にラインナップされており、好みのモノを見つけやすいのも魅力です。

カンゴール(KANGOL) サテン オープンカラーシャツ

胸元にブランドアイコンであるカンガルーの刺繍が入った開襟シャツです。ややゆとりのあるシルエットながら、オーバーサイズすぎないため爽やかで上品な印象を与えます。また、シンプルなデザインなので、シーンを選ばず着用可能です。

滑らかな光沢感のあるサテン素材で、高級感のある仕上がりになっているのもポイント。スタイリッシュな見た目で、モードなファッションなどとも好相性です。

開襟シャツのおすすめメンズコーデ

くすみカラーの開襟シャツでクラシカルなコーデ

By: wear.jp

くすみ感のあるブラウンの開襟シャツを使ったクラシカルな雰囲気のコーデです。オーバーサイズのシャツは動きやすく、風通しもよいため暑い季節でも涼しく過ごせるのが魅力。ボトムスにはタイトなスキニーパンツをチョイスし、ゆったりした雰囲気になりすぎるのを防ぎます。

パンツの裾がカットオフになっていたり足元にサンダルを合わせたりと、かっちりしすぎないカジュアルさも演出。日常使いしやすくタウンユースに適したコーデです。

きれいめカラーの開襟シャツで上品コーデ

By: wear.jp

爽やかなライトブルーの開襟シャツをトップスとして着用しているコーデ。前ボタンをしっかり留めて裾をパンツにインすることで、上品でクラシカルな印象に。きれいめカラーのトップスによって華やかな雰囲気になるため、デイリーユースはもちろんお出かけ着としてもおすすめです。

スラックスやローファーなど、かっちりしたイメージのアイテムでまとめるのも上品なコーデを作るポイント。固くなりすぎないよう短め丈のスラックスからソックスを覗かせるなど、全体的にバランスのよいコーデです。

オーバーサイズの開襟シャツをライトアウターとして着こなす

By: wear.jp

オーバーサイズの開襟シャツをライトアウターとして合わせたコーデ。肩や袖、胴回りなどはゆったりとしたサイズ感ですが、丈は短めに作られているためのっぺりした印象になるのを防げるのがポイントです。目線が上がることでスタイルアップ効果も期待できます。

インナーには落ち着いたブラウンのTシャツをチョイスし大人っぽい印象に。オフの日に着やすいよう足元はサンダルでカジュアルダウンしています。ライトアウターとして着用している開襟シャツは脱ぎ着できるので、気温の変わりやすい春秋におすすめです。

落ち着いたカラーの開襟シャツでシックに

By: wear.jp

深みのあるブラウンの開襟シャツがシックでダンディな印象のコーデです。起毛感のある素材で作られた開襟シャツはあたたかみがあり、秋冬のコーデにぴったり。ジャケット代わりにさっと羽織れるのが魅力です。

首元にはスカーフを巻き無地で揃えたコーデのアクセントに。ホワイトのパンツは裾をロールアップし、抜け感を演出しています。落ち着いた雰囲気を保つためインナーとシューズはブラックで統一。まとまりのある大人っぽいコーデが好きな方におすすめです。