トレンドアイテムとして注目の「開襟シャツ」。襟元が大きく開いたクラシックなデザインや首回りがゆったりとした着心地のよさで人気沸騰中です。カジュアルなデニムパンツからシックなスラックスパンツまで幅広いメンズコーデを楽しめます。

今回はそんな開襟シャツのおすすめメンズブランドから、おすすめコーデまでをご紹介します。

開襟シャツとは?

By: amazon.co.jp

開襟(かいきん)シャツとは、襟元が大きく開いたシャツのことで、襟元の第一ボタンがないのも開襟シャツの特徴です。主に夏服のアロハシャツなどが代表的なデザインのひとつで、夏用の学生シャツなどでも多く用いられています。トレンドアイテムとして夏用だけではなく、1年を通して着回しが効く長袖タイプもおすすめです。

襟元が大きく開いている開襟シャツは、ほとんどのアイテムで襟が立たないためにネクタイができません。どうしてもネクタイをしたい場合は、襟芯などを後付けしてアレンジをする必要があります。

開襟シャツの選び方

夏にフルで着る「半袖開襟シャツ」or 3シーズンで着る「長袖開襟シャツ」

By: rakuten.co.jp

襟元が大きく開いているため、涼しく着用できるのも開襟シャツの魅力。そのため、半袖のアイテムとして夏メインでの着用も外せません。毎年夏のコーデで主軸となりがちなTシャツコーデからのマンネリ化も打破できます。また、半袖の開襟シャツとロンTなどを組み合わせることで、春から秋にかけて長く着用できるのもおすすめです。

反面、トレンドとして長袖の開襟シャツも多く、春秋冬の3シーズンで長く着用可能。春や秋は開襟シャツ1枚で着用し、冬はニットやコートと合わせて着回せます。まずは、半袖タイプの開襟シャツか長袖タイプの開襟シャツかを選ぶことで季節ごとのコーデの幅を広げられます。

やわらかく滑らかな「素材感」

By: amazon.co.jp

襟付きのシャツは、フォーマルシーンでも活用できるようなパリッとした綿素材が一般的ですが、開襟シャツはノーネクタイのカジュアルメインで着回す印象が強いので、幅広い素材感を楽しめる魅力があります。

トレンドは「レーヨン」や「サテン」などのやわらかく滑らかな素材や、「ナイロン」「ポリエステル」のようなシックなコーデにも相性のよい素材。それぞれの素材感にストレッチ性のあるポリウレタンが合わさることでさらに着やすい素材感の開襟シャツが人気です。

素材感は色やデザイン、季節感も大きく変わってくるため、コーデの幅をさらに広げる大切なポイントです。

ゆったりとした「シルエット」

By: amazon.co.jp

素材感とともに、着回しのキーワードと言えるのがシルエットです。シルエットは見た目だけではなく、着心地と実用性もポイント。

首元が大きく開いている開襟シャツの大きな魅力は「着やすさ」です。ゆったりとしたリラックスできるシルエットを選ぶことで、着心地がよくなります。

ゆったりとしたシルエットを選ぶポイントは、普段着用しているサイズよりワンサイズ上のサイズをチョイスすること。少し大きめな印象が、簡単にトレンドを意識したおしゃれな開襟シャツコーデを演出してくれます。

しかし、大きなサイズを選ぶことに慣れていない方も少なくはないはず。ワンサイズ上をチョイスする際は、パリッとした硬めの素材感を選ぶと横に大きなシルエットになってしまうので注意しましょう。まずは生地が落ちやすいやわらかで滑らかな素材感をチョイスするのがおすすめです。

クラシックでモダンな「カラー」

By: rakuten.co.jp

開襟シャツがトレンドアイテムとして人気沸騰中な理由のひとつに、ファッショントレンドの「クラシック」回帰があります。クラシックなコーデを手軽に印象付ける開襟シャツだからこそ、注目が集まっています。

そこでトレンドを取り入れた開襟シャツを選ぶうえで外せないおすすめポイントがカラーです。無地の開襟シャツであればブラウンやカーキがおすすめ。模様・柄・デザイン入りの開襟シャツはオレンジやレッドなどクラシックな色味が人気です。

開襟シャツのおすすめ

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’) FITTY FLAX ポプリン開襟シャツ

アダムエロペ(ADAM ET ROPE') FITTY FLAX ポプリン開襟シャツ

洗練されたシンプルスタイルを提案するセレクトショップ「アダムエロペ」の長袖開襟シャツ。ポリエステル・麻の混紡素材を使用することで、豊かな風合いとケアのしやすさを両立しています。

ゆとりのあるリラックスしたシルエットがポイント。ネックの開きを控えめに設定しているため、1枚でも着用しやすい汎用性に優れたアイテムです。

ビーミング by ビームス(B:MING by BEAMS) 総柄パターン開襟シャツ

ビーミング by ビームス(B:MING by BEAMS) 総柄パターン開襟シャツ

現代的なファッションやライフスタイルを提案する「ビーミング by ビームス」の長袖開襟シャツ。サファリテイストの総柄テキスタイルが目を引きます。

リネンとレーヨンの混紡素材を採用しており、着心地はさらりと快適。抜け感のある独特のテイストで、1枚で着用するのはもちろん羽織りとしてもおすすめしたいアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) バティック柄プリントドットエア開襟シャツ

ナノ・ユニバース(nano・universe) バティック柄プリントドットエア開襟シャツ

ヨーロピアントラディショナルをベースにしたモダンなコレクションが魅力のセレクトショップ「ナノ・ユニバース」の開襟シャツ。通気性に優れたドットエア素材を選択しており、春夏にも着用しやすい仕上がりとなっています。

また、メンズライクなバティック柄が落ち着いた印象を演出。カットソーの上に羽織る、ジャケットとレイヤードするなど、幅広いスタイルで活躍してくれるアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) ストレッチオープンカラーシャツ

ナノ・ユニバース(nano・universe) ストレッチオープンカラーシャツ

ストレッチ性のあるポリエステル生地を採用した長袖タイプの開襟シャツ。ネイビー・ブラック・グレーといった定番色をはじめとする豊富なカラーバリエーションが用意されています。

幅広いコーディネートに取り入れやすい無地のシンプルデザインがポイント。総柄のボトムスと合わせれば、春夏らしい季節感を演出できます。

ナノ・ユニバース(nano・universe) 裏配色オンブレー開襟シャツ

ナノ・ユニバース(nano・universe) 裏配色オンブレー開襟シャツ

味わい深い表情が魅力のオンブレチェックを採用した開襟シャツ。裏面の格子柄をポイントカラーで強調しているため、袖の折り返しが着こなしのアクセントになります。

また、ブランドロゴ入りのボタンを搭載するなど、ディテールへのこだわりがポイント。肌触りのよいコットン生地は微起毛仕様で、肌寒い季節にも重宝します。

Blonde rush 開襟シャツ

Blonde rush 開襟シャツ

高級感のある光沢を放つレーヨン素材を使用した開襟シャツ。襟元やフラップポケットに配されたポイントカラーや裾のクラッシュ加工など、こだわりの意匠が目を引きます。

トレンドを意識し、肩を落としたルーズシルエットを自然。トップスとして1枚で着用すればコーディネートの主役となる存在感抜群のアイテムです。

ジャンジ(Giangi) オープンカラーショートスリーブ

ジャンジ(Giangi) オープンカラーショートスリーブ

イタリア・ナポリのシャツメーカーが手掛けるオリジナルブランド「ジャンジ」の開襟シャツ。リネン素材をスリット入りのデザインで仕上げることで、独特のリラックステイストが完成しています。

また、白・コーラル・ブルーといった春らしい爽やかなカラーリング展開がポイント。清潔感のある着こなしを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

エチュード(Etudes) クラシックフィットチェッカーシャツ

エチュード(Etudes) クラシックフィットチェッカーシャツ

ファッションやアートなど多岐にわたって活躍するデザイナーチーム「エチュード」の開襟シャツ。チェッカーフラッグ柄を大胆に取り入れたインパクトのあるデザインが目を引きます。

濃紺デニムやスラックスなど、落ち着いたテイストのボトムスと合わせるのがおすすめ。コーディネートにアクセントを加えたい場合に重宝するアイテムです。

スペンディーズストア(SPENDY’S Store) 総柄オープンBIGシャツ

スペンディーズストア(SPENDY'S Store) 総柄オープンBIGシャツ

アクティブなスタイルのアイテムをリーズナブルな価格で提供する「スペンディーズストア」の開襟シャツ。レトロな雰囲気たっぷりの総柄デザインが強烈な個性を発揮しています。

サラリとした風合いのファブリックを採用しているため、汗ばむ季節にも着心地は快適。ゆとりのあるシルエットでトレンドを意識した着こなしが楽しめます。

ベイフロー(BAYFLOW) フェイクスエード開襟シャツ

ベイフロー(BAYFLOW) フェイクスエード開襟シャツ

健康的でスタイリッシュなライフスタイルを提案する「ベイフロー」の開襟シャツ。温かみのあるフェイクスエードを使用し、秋冬らしい季節感を表現しています。

ゆったりめのシルエットと胸元のフラップポケットによる存在感抜群のデザインで、コーディネートの主役となってくれるアイテムです。

ケスティンエア(KESTINHARE) クラモンドシャツ

ケスティンエア(KESTINHARE) クラモンドシャツ

スコットランドの新鋭ブランド「ケスティンエア」の開襟シャツ。肌触りのよいテンセル生地にあしらわれた花模様のプリントがリラックス感を演出しています。

軽量で通気性に優れているので、着心地はバッチリ。リゾートテイストのおしゃれを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

カベル(KABEL) ラムウール開襟シャツ

カベル(KABEL) ラムウール開襟シャツ

2018年にスタートした日本発ファッションブランド「カベル」の開襟シャツ。胸元の開いたネックデザインと風通しのよいルーズシルエットによる涼しげな仕上がりが目を引きます。

また、ラムウールの繊細な生地感がポイント。落ち着いた雰囲気のダークトーン2色展開で、品のよいカジュアルスタイルを完成させるのにもってこいのアイテムです。

ディーゼル(DIESEL) 開襟シャツ S-EAGLE-SHORT

ディーゼル(DIESEL) 開襟シャツ S-EAGLE-SHORT

イタリアを代表するカジュアルウェアブランド「ディーゼル」の開襟シャツ。両面にスカジャン風の刺繍デザインをあしらい、オリエンタルなムードを演出しています。

ハーフパンツやジーンズといったカジュアルテイストのボトムスとラフに合わせるのがおすすめ。リラックスした休日スタイルで重宝するアイテムです。

開襟シャツのメンズコーデ

派手色の開襟シャツを主役にしたレイヤードスタイル

By: zozo.jp

ビビッドなオレンジ色の開襟シャツを主役にしたカジュアルスタイル。シンプルな白Tとレイヤードすることで、インパクトのあるトップスをコーディネートにうまく落とし込んでいます。また、ブラックの帽子とスニーカーのコンビネーションは全身の雰囲気を落ち着けたい場合におすすめのテクニックです。

ゆったりとしたシルエットの開襟シャツをスタイリッシュに着こなす

By: zozo.jp

ビッグシルエットの開襟シャツを1枚でラフに着用したコーディネート。細身のスラックスとの組み合わせによるシルエットのギャップがポイントです。また、トップス・ボトムス・サンダルをダークトーンのカラーリングで統一し、スタイリッシュな雰囲気を演出しています。

開襟シャツでジャケットスタイルをカジュアルダウン

By: zozo.jp

ジャケットとチノパンを合わせた定番のフォーマルスタイルです。インナーにはストライプ柄の開襟シャツを選択し、全体の雰囲気の程よいカジュアルダウンに成功。各アイテムのサイジングに気を配ることで、コーディネートの完成度を高めています。

柄物の開襟シャツを上品に着こなす

By: zozo.jp

総柄のデザインが目を引く開襟シャツをトップスに選択。スラックスやローファーといったベーシックなアイテムを合わせることで、リラックス感と品のよさを兼ね備えた着こなしが完成しています。また、涼しげな首元や足首が演出する夏らしい季節感がポイントです。