ワードローブに1着は持っておきたい「デニムシャツ」。気軽に着用できるファッションアイテムとして、幅広い世代に人気の高いアイテムです。

そこで今回はデニムシャツのおすすめ製品やコーディネートをご紹介。デニムシャツに興味を持っている方はぜひチェックしてみてください。

デニムシャツとは?

By: rakuten.co.jp

デニムシャツとは、デニム素材を用いてつくられたシャツのことを指します。ジーンズに次いで人気が高い、デニムの王道アイテムのひとつです。柄やプリントが施されたデザイン性の高いモノから、伸縮性や保温性などが備わった機能的なモノまで、幅広いタイプのアイテムが揃っています。

インディゴブルーと呼ばれる色合いが基本カラーとされていますが、ほかにもサックスやブラックなど、カラーバリエーションは豊富です。また、ポケットの有無や配置、生地の厚さやサイズ感などで雰囲気が大きく変わるなど、注目すべきポイントが多くあります。

季節や着用シーン、また自分のファッションスタイルなどに合わせて選びましょう。

デニムシャツの魅力

By: rakuten.co.jp

デニムシャツの大きな魅力はジーンズのように経年変化を楽しめる点です。長く着用することで色合いに変化が生まれ、ほかにはない個性的なアイテムに成長します。

また、オールシーズン着用できるのもデニムシャツの魅力のひとつ。春夏であれば生地が薄く通気性の高いモノ、秋冬であれば生地の厚い裏起毛のついたモノなど、シーズンごとに使い分けられます。ほかにも暑い時期は爽やかなサックス、寒い時期は暗めのインディゴブルーなど、カラーで使い分けることも可能です。

デニムシャツのおすすめ

エルエルビーン(L.L.Bean) レイクウォッシュデニムシャツ

エルエルビーン(L.L.Bean) レイクウォッシュデニムシャツ

ウォッシュ加工が施され、長年着用し続けたかのようなこなれ感を演出できるデニムシャツです。3重縫いで仕上げられた丈夫なつくりで、洗濯機で洗えるので、アウトドアなどにも安心して着用できます。

素材はコットンデニムが用いられており肌触りも良好。両胸にボタンポケットがあり、左ポケットにはペンを収納できるなど機能性にも優れています。

全体的にゆったりとしたサイズ感。アウトドアから普段着まで、幅広い用途で着用できるデニムシャツです。

エドウィン(EDWIN) デニムシャツ

エドウィン(EDWIN) デニムシャツ

定番デザインのデニムシャツです。オーソドックスなルックスのため、トレンドに流されることなく長く着用できます。

シンプルにシャツとしても利用できますが、インナーの上に羽織って軽めのジャケットとしても着用可能。1枚プラスすることで、いつものコーデを新鮮なモノにできます。

着まわしやすいデニムシャツを探している方はチェックしてみてください。

エドウィン(EDWIN) ボタンダウンデニムシャツ

エドウィン(EDWIN) ボタンダウンデニムシャツ

6.5オンスのデニムを利用した、ゆったりめのシルエットが特徴のアイテムです。生地にはムラがなく、またボタンダウンが採用されているため、スマートな印象に仕上がっています。

ボトムスを選ばないシンプルなデザインが特徴です。胸元には「EDWIN」のロゴが入ったワッペンが施され、さりげないアクセントとして全体の雰囲気を引き締めています。

さまざまなコーデに合わせやすい万能タイプのデニムシャツです。

リーバイス(Levi’s) デニムウエスタンシャツ

リーバイス(Levi's) デニムウエスタンシャツ

6.8オンスのデニム生地が使用されており、全体的に適度な厚みのあるデニムウエスタンシャツ。ウエスタンヨークやフラップポケット、また人工パールのスナップボタンが使用されるなど、定番要素をしっかりおさえたデザインが特徴です。

インディゴブルーなどの人気カラーから、フランネルが用いられたチェック柄のモノまでラインナップが豊富。アメカジ好きの方なら必ず持っておきたい王道アイテムです。

リーバイス(Levi’s) クラシックウエスタンシャツ

リーバイス(Levi's) クラシックウエスタンシャツ

モダンクラシックなルックスのデニムシャツ。ボタンの代わりにスナップが採用され、ヨークが取り除かれた現代的なデザインが特徴です。ライトオンスデニム素材が使われており着心地は良好。ウエスタンスタイルのディテールがカジュアルさを演出します。

胸元にフラップポケットが施され、その脇にはリーバイスのレッドタブを配置。シンプルなルックスのなかにもリーバイスらしさを感じられます。

ライトブルーの色合いが爽やかな、定番デニムシャツです。

ジースターロー(G-Star-Raw) Bristum Utility Straight Shirt長袖デニムシャツ

ジースターロー(G-Star-Raw) Bristum Utility Straight Shirt長袖デニムシャツ

ワークウェアを現代的にアレンジした「Uniform of the Freeカプセルコレクション」のひとつ。「ジースターロー」の伝統的な製法と、現代的な素材が上手く融合した人気アイテムです。

生地はコットン素材の7オンスデニム。厚手の生地が使われ耐久性に優れており、経年変化を楽しみながら長く着用できます。シンプルなデザインなのでボトムスを選ばず、さまざまなコーデに合わせられます。

ジースターロー(G-Star-Raw) Scutar Utility Overshirt デニムオーバーシャツ

ジースターロー(G-Star-Raw) Scutar Utility Overshirt デニムオーバーシャツ

デザイン性に優れたデニムオーバーシャツです。テーラードのようなデザインが施されたアイテムで、おしゃれな雰囲気を演出します。

コットンのデニム生地が使われており、肩周りの設計も巧みで着心地が良好。また、左胸にボタン付きポケット、右胸に縫い付けポケットがあり機能性も充分です。

フロント中央に採用された3D効果のある縫い込みが、全体に立体感を持たせています。シックで大人っぽいコーデにおすすめのデニムシャツです。

リー(Lee) デニムウエスタンシャツ

リー(Lee) デニムウエスタンシャツ

ショルダーヨークやスナップボタンといった要素が多く盛り込まれた、王道スタイルのデニムウエスタンシャツです。タイトなシルエットと、生地と同じ色のステッチが違和感なく合わさり、上品な雰囲気に仕上がっています。

カラーはインディゴブルーで、全体のデザインもシンプル。ジャケットと合わせてインナー使用もできるうえに、Tシャツの上に羽織ればライトアウターとしての着用もできます。

ウエスタンなルックスが好きな方におすすめの定番デニムシャツです。

ヌーディージーンズ(NUDIE JEANS) ALBERT LIGHT STRUCTURE デニムシャツ

ヌーディージーンズ(NUDIE JEANS) ALBERT LIGHT STRUCTURE デニムシャツ

オーガニックコットン素材が使われた7.25オンスの長袖デニムシャツ。ウォッシュ加工が強めに加えられており、購入後すぐでもこなれ感を演出できます。

カラーは薄目のブルー。左胸についたポケットと、そこに施されたブランドロゴがさりげないアクセントとして全体の雰囲気を引き締めます。

シンプルなルックスで、さまざまなコーデと合わせやすく便利。またリラックスフィットのため、外出時だけでなくおうち時間での着用にも適しています。

ヌーディージーンズ(NUDIE JEANS) フィテッドシャツ

ヌーディージーンズ(NUDIE JEANS) フィテッドシャツ

細身のシルエットが際立つ大人っぽいデニムシャツ。シンプルなルックスなので、さまざまなアイテムとの相性も良好です。淡いブルーと無地のデザインが、上品でエレガントな雰囲気を演出します。

オーガニックコットンが用いられたデニム生地は着心地がよく、日常使いはもちろん、きれいめコーデの際にもおすすめです。

ハットなどの小物とも合わせやすいなど、アイデア次第でコーデの幅を広げられるのも魅力。1枚は持っておきたいおしゃれなデニムシャツです。

レミ レリーフ(REMI RELIEF) ウエスタンデニムシャツ

レミ レリーフ(REMI RELIEF) ウエスタンデニムシャツ

アメリカンカジュアルの再構築をコンセプトに持つ「レミレリーフ」から発売されている製品。古きよき時代のアメリカを感じられるスタイルが魅力です。素材にはコットンが用いられ着心地は良好。特殊加工が施されたデザインにはヴィンテージ感が漂います。

カラーは定番のインディゴブルー。職人がひとつずつ丁寧につくり上げたスエードパッチとスタッズが、アクセントとして存在感を放ちます。アメカジ好きの方ならおさえておきたいアイテムです。

レミ レリーフ(REMI RELIEF) ノーマルウエスタンデニムシャツ

レミ レリーフ(REMI RELIEF) ノーマルウエスタンデニムシャツ

コンパクトでモダンなシルエットが魅力のアイテムです。1枚着ているだけで様になるバランスのよさが特徴。シンプルなデザインのため、さまざまなコーデに合わせられます。

デニム生地は厚みがありますが、肌触りが柔らかで着心地は良好。色落ちやダメージ加工が施され、ルックスには自然なユーズド感が漂います。どこか大人っぽい渋みがある、アメリカンスタイルの定番デニムシャツです。

ハイダウェイ(HIDEAWAYS) ジャカードデニム七分丈ブルゾン

ハイダウェイ(HIDEAWAYS) ジャカードデニム七分丈ブルゾン

春先の着用におすすめのアイテム。カジュアルながら高級感も漂うルックスが特徴です。メタリックボタンが採用され男らしい雰囲気があります。

衿に採用されているのはイタリアンカラー。衿立ちに優れており、首元をすっきり見せます。爽やかなコーデと合わせたいときに便利です。

コットン98%とポリウレタン2%の混紡素材で着心地も良好。ちょっとした外出時に気軽に羽織れるデニムシャツです。

ディーゼル(DIESEL) 長袖デニムシャツ

ディーゼル(DIESEL) 長袖デニムシャツ

イーグルのエンブロイダリーが胸元で存在感を発揮する、個性溢れるデニムシャツ。カラーはシンプルな薄目のインディゴブルーですが、肩部分後方にも和柄の刺繍が施されており、インパクトのあるルックスが特徴です。シャツのように着用することはもちろん、ジャケットのように羽織っても使えます。

裾部分にフリンジディティールが施されており、ほかにはないユニークな着こなしが可能。ひと味違うコーデを目指している方におすすめのデニムシャツです。

トミーヒルフィガー(Tommy Hilfiger) ウエスタンデニムシャツ

トミーヒルフィガー(Tommy Hilfiger) ウエスタンデニムシャツ

「トミーヒルフィガー」らしい、アメリカンな雰囲気が際立つデニムシャツ。1枚着としての使用はもちろん、ジャケットのように羽織って使うことにも便利な定番アイテムです。

ウォッシュ加工が施されており、おしゃれなルックスに仕上がっています。ボタン付きの胸ポケットや、トミーヒルフィガーのブランドカラーである赤青白の刺繍がさりげないアクセントに。シンプルながら個性的なルックスのウエスタンデニムシャツです。

スコッチアンドソーダ(SCOTCH & SODA) ウエスタンデニムシャツ

スコッチアンドソーダ(SCOTCH & SODA) ウエスタンデニムシャツ

濃いインディゴブルーのカラーリングが渋い、綿麻混紡素材のデニムシャツです。シャリ感のある素朴な見た目で、着れば着るほど味が出ます。また、綿麻素材ならではの柔らかな肌触りが特徴です。

オレンジ色のステッチが際立つデザインで、デニムシャツらしい男らしいルックス。スナップボタンやバックヨーク、フラップポケットなど、ウエスタンシャツの定番要素がふんだんに備えられています。

レギュラーフィットのサイジングでスタイリングもしやすい、着回しに便利なアイテムです。

ビッチ(VICCI) 長袖デニムシャツ

ビッチ(VICCI) 長袖デニムシャツ

6.5オンスのライトオンデニムで、ジャケットのように羽織って着用するのに適したデニムシャツ。色落ち加工が施されており、ヴィンテージ感漂うシックで男らしいルックスが魅力です。

デザインがシンプルで使い勝手がよく、スキニーパンツをはじめ、スラックスやジーンズなど、ボトムスを選ばず着用できます。普段のカジュアルコーデを、格上げできるアイテムです。

デニムシャツのおすすめコーデ

テーパードパンツと合わせたきれいめコーデ

By: wear.jp

テーパードパンツとインディゴブルーのデニムシャツを合わせた、きれいめコーデです。全体的に細身のアイテムを選ぶことで、スッキリとした印象に仕上がっています。

見た目はシックな雰囲気に仕上がっていますが、ブラックのニット帽がカジュアルさを演出。また、足下に暖色系の革靴を選んでいるのもポイントです。シンプルな色合いに華やかさをプラスしています。春先や秋口におすすめのコーデです。

テーラードジャケットと合わせたシックなカジュアルコーデ

By: wear.jp

デニムシャツの上にブルー系のテーラードジャケットを合わせたカジュアルコーデです。ベージュのチノパンとブラックのローファーを着用することで、シックに仕上げています。

淡い色合いのデニムシャツで堅苦しさを解消しているのがポイント。大人っぽさと若々しさを同時に演出できます。街歩きからオフィスカジュアルまで、幅広いシーンで活用できるコーデです。

デニムオンデニムのワークスタイルコーデ

By: wear.jp

インディゴブルーのデニムシャツとジーンズを合わせた、ワークスタイルコーデ。同じ素材を組み合わせることで、全体に統一感を持たせています。

足下はレザーのブーツ。黒っぽい色合いのモノを選ぶことで、ワイルドな印象に仕上げています。武骨さが漂う組み合わせですが、シャツの下にホワイトのパーカーを着用し野暮ったさを解消。男っぽい雰囲気のなかに爽やかさを感じられるコーデです。

チェスターコートと合わせたシャープなコーデ

By: wear.jp

チェスターコートとブルーのデニムシャツを合わせたコーデです。メルトン素材のコートが高級感を演出。あえてデニムシャツをタックインすることで、よりスマートな雰囲気を醸し出せます。

ボトムスは裾幅の狭い9分丈パンツ。下半身を細く見せることで、全体的にシャープなシルエットに仕上げています。またホワイトのスニーカーで足下を明るくさせるのもポイントです。大人っぽくありながら、どこか遊び心のある印象を演出できます。