こなれ感のあるトップスをお探しの方におすすめなのが「ワークシャツ」。機能性と独特のデザイン性を兼ね備えたアイテムです。

そこで今回は、おしゃれなワークシャツのおすすめブランドをピックアップ。ワークシャツの選び方や定番コーデも併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ワークシャツとは?

By: rakuten.co.jp

坑夫や農民のための作業着がルーツのワークシャツ。実用性に優れた丈夫な仕上がりはもちろんのこと、無骨で男らしいルックスが魅力です。本格的なワークテイストが楽しめるモノからファッションブランドによるデザイン性の優れたモノまで、さまざまなワークシャツが展開されています。

ワークシャツの選び方

生地の厚さをチェック

By: rakuten.co.jp

ワークシャツを選ぶ上でまずチェックしたいのが生地。薄手のワークシャツはロングシーズン着まわせるのが魅力です。1枚で着用できるのはもちろん、ニットやスウェットなどのインナーとしても、さまざまなコーデで活躍します。

一方、羽織として着用したい方には、厚手のワークシャツがおすすめ。なかでも、裾がフラットなスクエアカットのワークシャツは、シャツジャケットのような着こなしが楽しめます。

個性的なワークシャツはコーデの主役になる

By: amazon.co.jp

ワークシャツを中心にスタイリングしたい方には、個性的なデザインのモノがおすすめ。ウェスタンスタイルを採用したモノやワッペンによる装飾・ダメージ加工が施されたアイテムは、独特のテイストが魅力です。

一方、プレーンなデザインで仕立てられたワークシャツは、汎用性に優れており、幅広いテイストにマッチします。

ワークシャツのおすすめメンズブランド

ディッキーズ(Dickies)

「ディッキーズ」は、1922年に設立されたアメリカの人気ワークカジュアルブランドです。“FIT YOU,FIT YOUR JOB”というポリシーのもと、働く人の声を反映したタフで機能的なワークウェアを展開。定番アイテムのワークシャツやワークパンツはカジュアルシーンでも人気を集めています。

ディッキーズ(Dickies) SHORT SLEEVE WORK SHIRT

夏のコーディネートで活躍する、クラシックなデザインのワークシャツです。「VISA」と呼ばれる機能性素材を採用しており、防汚効果に優れているのが特徴。さらに、吸湿発散性にも優れており、汗ばむ季節も快適に過ごせます。

また、シンプルなデザインで汎用性が高いのも魅力。やや長めの丈感により、ほどよくルーズな雰囲気を醸し出せます。カラーラインナップも豊富で、好みの色味が見つかりやすいのも嬉しいポイントです。

ディッキーズ(Dickies) Relaxed Fit Long Sleeve Chambray Shirt

ワードローブに揃えておけば、ロングシーズンの活躍が見込める優秀アイテムです。ほどよい光沢のあるシャンブレー生地を採用。ワークシャツ特有の無骨さが抑えられており、上品な着こなしにも対応可能です。生地はやや薄手でライトな着心地が楽しめます。

また、ブルー地に白のステッチがあしらわれたクリーンなカラーリングも魅力。シワが付きにくく汚れにも強いため、デイリーな着まわしに重宝します。左胸のポケットには便利なペンホルダー付きです。

ディッキーズ(Dickies) Long Sleeve Button-Down Denim Shirt

コットン100%の柔らかなデニム生地が採用された、おすすめのワークシャツです。ゆったりとしたサイズ感と丸みを帯びた裾のカットが特徴で、リラックス感のある着こなしを実現。チノパンとは特に相性がよく、王道のアメカジスタイルを楽しめます。

襟はボタンダウン仕様で、フロントボタンを開けて着用するときにルーズになりすぎないのも嬉しいポイント。一見シンプルなデザインですが、ブランドロゴ入りのボタンやブランドタグなど、ディテールの仕様にこだわりが感じられる1着です。

ベンデイビス(BEN DAVIS)

印象的な「スマイリングゴリラ」のロゴでお馴染みのワークウェアブランド「ベンデイビス」は、1935年にアメリカ・サンフランシスコで創業。ワークウェア特有の無骨さを残しながら、トレンドもしっかりと取り入れて現代の着こなしに合わせやすいサイズ感に仕上げているのが特徴です。

ベンデイビス(BEN DAVIS) Long Sleeve Striped 1/2 Zip

定番のヒッコリーストライプ柄生地を採用したおしゃれな1着。胸元にあしらわれたユニークなスマイリングゴリラのロゴも目を引きます。また、ワークシャツでは珍しいハーフジップデザインもポイント。ゆったりとしたボックスシルエットにより、無骨なワークスタイルが完成します。

コットン60%、ポリエステル40%の割合で混紡した生地は通気性が高く、快適な着心地が持続。さらにタフでガシガシ着用できるのもデイリーに着まわす上で大きなメリットです。

ベンデイビス(BEN DAVIS) TC TWILL WORK SHIRTS

秋冬を中心に活躍する、しっかりとした生地感のおすすめワークシャツです。コットンとポリエステルが混紡されたツイル素材は、ハリ感のある表情が特徴。素材感を最大限に活かすため、デザインはシンプルに仕上げられています。

カラーはブラックとベージュがラインナップ。どちらも着まわしやすいカラーで、ボトムスを選ばず幅広いコーデに活躍します。第一ボタンを開け閉めがしやすいスナップ仕様にするなど、細かい部分までこだわりが感じられるアイテムです。

リーバイス(LEVI’S)

いわずと知れたデニムのパイオニアブランド「リーバイス」。現在はメインアイテムであるデニムのほか、ワークシャツ・スウェット・パーカーなどのカジュアルウェアも多数展開しています。流行に左右されず着こなせるシンプルなアイテムが多く、初めてワークシャツを購入する方にもおすすめのブランドです。

リーバイス(LEVI’S) クラシック ウエスタンシャツ

肩周りのウエスタンヨークが目を引く、クラシックなデニムワークシャツ。パールドットのボタンがほどよいアクセントになっています。カラーは自分だけの色落ちを楽しめるリンス、こなれ感のあるダークウォッシュ、そして古着のような風合いのストーンの3色展開です。

Tシャツの上にサラッと羽織ったり、ジャケットのインナーとして着用したりと、着こなしのバリエーションは無限大。コーデ次第でロングシーズン活躍します。トレンドに関係なく長く愛用できるおすすめアイテムです。

リーバイス(LEVI’S) クラシックワークチェックシャツ

秋冬の定番素材であるフランネルを採用したおすすめワークシャツ。あたたかみのある表情と、柔らかく優しい肌触りが魅力です。

また、華やかなチェック柄で、シンプルなボトムスと合わせるだけで様になるのも大きな魅力。柄が大きくインパクトがあるため、インナーとして着用して少しのぞかせるだけでもおしゃれです。カラーはブラック・レッド・ブルーの3色がラインナップしています。

リー(Lee)

リーバイスと並び、デニムの定番ブランドとして広く知られる「リー」。ジッパーフライのデニムを世界で初めて手掛けたことでも有名です。また、歴史ある老舗ブランドながら、トレンドの要素を取り入れた旬なファッションアイテムを積極的に展開する姿勢も魅力。若い世代からも支持されているブランドです。

リー(Lee) メンズワークシャツ

一見シンプルに見えるデザインのなかに、リーならではのこだわりが詰め込まれたおすすめワークシャツです。胸ポケットはプリーツ入りで、立体的な表情が特徴。左袖にはペン挿しポケットを配置し、ワーク感の強いアイテムに仕上げています。

カラーは深みのあるインディゴネイビーと、爽やかなホワイト×ブルーのヒッコリーストライプがラインナップ。生地はストレッチが効いており、ストレスフリーな着心地が実感できます。

リー(Lee) メンズウエスタンチェックシャツ

華やかな4色のカラーがラインナップしているチェック柄ワークシャツ。コンパクトなサイズ感で、トップスはもちろんインナーとしても取り入れやすいのが魅力です。デニムジャケットの下に着込んで少しのぞかせるだけでも存在感があります。

また、ディテールにもこだわりが満載です。ヨーク部分はチェック柄生地を斜めに配置してちょっとしたアクセントに。胸ポケットは切り替えデザインで、柄が左右対称になるよう作られています。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

「ヌーディージーンズ」は、2001年に創業したスウェーデン生まれのデニムブランド。トレンドを追いかけることはせず、長く穿き続けて“第二の肌”になるようなデニム作りを行っています。シルエットの美しさに定評があり、スタイリッシュな着こなしを目指す方には特におすすめのブランドです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) HENRY BATISTE GARMENT DYE シャツ

素材の質感にこだわる大人の男性におすすめのきれいめワークシャツです。綿100%の生地は、天然素材ならではのナチュラルな表情が魅力。装飾を抑えたシンプルなデザインゆえ、優しい素材感がより際立ちます。

生地はやや薄手で、春夏にサラリと着こなすのに最適。また、ラフすぎずタイトすぎない絶妙なサイズ感もポイントで、1枚でシンプルに着用しても様になります。

シップスジェットブルー(SHIPS JET BLUE)

セレクトショップ「シップス」の派生ブランドとして誕生した「シップスジェットブルー」。シンプルで使いやすく、かつトレンドを上手く落とし込んだアイテムが揃っています。2018年にコンセプトを刷新し、新生シップスジェットブルーがスタート。毎日を快適に過ごすための“ライフサイズ・ウェア”を提案しています。

シップスジェットブルー(SHIPS JET BLUE) POWRPROducts撥水ミリタリーシャツジャケット

現代的な着こなしにマッチするデザイン性と、ワークシャツならではの優れた機能性を兼ね備えたおすすめアイテムです。微起毛のあたたかみのある生地には「POWRPROducts」と呼ばれる撥水加工が施されており、水や汚れに強いタフな仕様に。

生地はしっかりと厚みがありながら、ストレッチが効いているため着心地も良好。コーディネートの際は、ジャケットのようにサッと羽織るのがおすすめです。

シップスジェットブルー(SHIPS JET BLUE) SHELTECHデニムシャツ

春は羽織りもの、秋冬はレイヤードスタイルのインナーとして活躍する万能デニムワークシャツ。無骨なアメカジスタイルからきれいめカジュアルまで幅広く使える汎用性の高さが魅力です。

そして、本アイテムの最大の特徴は機能性素材「シェルテック」を採用している点。UPF50+の紫外線防止機能に加え、接触冷感機能と吸水速乾性も兼ね備えた優れものです。アウトドアを満喫するアクティブな休日にも重宝します。

アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)

「アーバンリサーチドアーズ」は、“今の暮らしをここちよく”をコンセプトに、デイリーウェアから雑貨まで幅広く展開するセレクトショップ。ウェアは気負うことなく着用できるシンプルかつリラックス感のあるモノが揃っています。毎日の着まわしの軸となるベーシックアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS) ユーティリティシャツ

ゆったりとしたボックスシルエットが特徴のおすすめアイテムです。クラシックな作りのワークシャツとは一線を画すモダンな雰囲気が魅力。丈夫なブロークンツイル素材を採用しており、扱いに神経質にならずガシガシ着用できるのも嬉しいポイントです。

Tシャツの上からラフに羽織れば、リラックス感のある旬な着こなしに。また、大きめのサイズ感を活かしてパーカーなどの厚めインナーとレイヤードしてもおしゃれです。

ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn)

「ナイジェル・ケーボン」は、アウターウェアのスペシャリストとして知られる、デザイナーのナイジェル・ケーボンが自身の名を冠したファッションブランド。ヴィンテージクロージングから着想を得たタイムレスなデザインが特徴です。オリジナリティが光るディテールの仕様も魅力で、周りに差をつける1着が見つかります。

ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn) 50’S MEDICAL SHIRT

ナイジェル・ケーボンの定番アイテムとして長きにわたり愛され続けている「メディカルシャツ」。負荷がかかりやすい部分を二重構造にしたタフな作りが特徴です。また、二重構造によるムレを防ぐため、脇の下と背中にはベンチレーション用のアイレットが配置されています。

本モデルの鮮やかなカラーリングは、仕事内容によってシャツが色分けされていた米軍航空母艦のデッキクルーから着想を得たモノ。着込むほどに味わい深い色味へと変化していくため、自分だけの1着に育てる楽しみがあります。

ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn) WORK WEAR SHIRT WASHABLE WOOLENS

ワークシャツでは珍しい、ウール100%で作られたおすすめの1着です。ウォッシャブルウールを採用しているため、自宅でケアが可能。ムラ感のある独特な生地の表情により、シンプルながら新鮮な印象のアイテムに仕上がっています。

肩部分には、デザインのアクセントとなるワッペンを配置。胸ポケットのほか、スマホなどすぐに取り出したい小物の収納に便利なオープンポケットも備えており、使い勝手にも優れています。

シュガーケーン(SUGAR CANE)

アメカジ愛好家から根強い支持を集める日本のワークウェアブランド「シュガーケーン」。デニムを中心に、ヴィンテージワークウェアの仕様を踏襲した本格派アイテムが揃います。タフで男らしい王道ワークシャツを探すなら、チェックしておきたいブランドです。

シュガーケーン(SUGAR CANE) レッドウォバッシュストライプ 長袖ワークシャツ

コーデの主役として活躍する華やかなデザインのワークシャツです。ドット状に色抜きを行い、ストライプ柄を作り出す「ウォバッシュストライプ」と呼ばれる生地を採用。ヴィンテージ感溢れるデザインはもちろん、旧式の織り機で作られた生地は美しい経年変化も楽しめます。

左右非対称のポケットデザインやレトロな風合いの鉄製ドーナツボタンなど、ディテールにもこだわりが満載。デニムやチノパン、カーゴパンツなどの定番ボトムスとの相性がよく、コーディネートしやすいおすすめアイテムです。

シュガーケーン(SUGAR CANE) ジーンコード ストライプ ワークシャツ

ヴィンテージワークウェアの仕様を随所に落とし込んだ、本格的な1着です。片方の胸ポケットは、フラップを開けなくてもペンが出し入れできるペンホルダー付き。裾はチェーンステッチの糸を残した「空環仕上げ」と呼ばれるディテールを再現しています。

また、ワークテイスト溢れる二重の肘当てもおしゃれ心をくすぐるポイント。細やかな縦縞模様が施されたジーンストライプ生地はほどよい硬さがあり、タフな風合いに仕上げられています。カラーはブラック・ブルー・レッドの3色展開で、色違いで揃えるのもおすすめです。

シェーブル(CHEVRE)

フランス発のワークウェアブランド「シェーブル」。古きよきワークウェアの雰囲気を残しつつ、現代的な解釈やフランスブランドらしい遊び心をプラスした魅力的なファッションアイテムを展開しています。優しくナチュラルな雰囲気のデザインを好む方には特におすすめのブランドです。

シェーブル(CHEVRE) プルオーバーシャツ

こなれ感のあるコーディネートを叶えてくれるプルオーバータイプのワークシャツです。ゆったりとしたシルエットとゆるやかにラウンドした裾のフォルムが、柔らかい雰囲気を演出。どこか懐かしさを感じさせるチンストラップ仕様のスタンドカラーもポイントです。

ブルー×ホワイトの爽やかなカラーリングにより自然と清潔感溢れる着こなしに。気軽にサッと着用できる春夏用トップスとしてワードローブに揃えておきたい1着です。

ワークシャツのおすすめメンズコーデ

ワーク感満載の大人アメカジコーデ

By: wear.jp

ワークシャツ・ヒッコリーパンツ・エンジニアブーツと、無骨なアイテムを組み合わせた王道アメカジスタイル。全体的にゆるめのシルエットですが、ブラックのインナーが全体を引き締めてルーズすぎない着こなしにまとまっています。

また、パンツのインディゴカラーを引き立てる全体のカラーリングバランスも絶妙。メインにブラウンをチョイスしているため、落ち着きのある大人の雰囲気に仕上がっています。ワークテイスト満載のおしゃれなコーディネートをぜひ参考にしてみてください。

アクティブな休日にぴったりの軽快カジュアルスタイル

By: wear.jp

ベージュのワークシャツをサッと羽織り、軽快に仕上げた春夏コーデです。白Tシャツをインナーに取り入れることで、全体がグッと軽やかな印象に。クロップド丈のパンツで抜け感を演出しているのもポイントです。

さらに、キャップやスニーカーを合わせることでスポーティな要素もプラス。ホワイト・ベージュ・ブラックのベーシックなカラーリングに、アクセントカラーの赤が効いています。

ホワイトを効かせた洗練デニムオンデニムコーデ

By: wear.jp

オーバーサイズのデニムワークシャツをおしゃれに取り入れたデニムオンデニムコーデ。上下のデニム生地はあえてカラーに差があるモノをチョイスしてメリハリをつけ、のっぺりとした印象になるのを防いでいます。

さらにインナーのホワイトを効かせることで、ワークスタイルにありがちな野暮ったさを解消。デニムオンデニムの着こなしがおしゃれにキマらないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

リラックス感と引き締めのバランスを参考に

By: wear.jp

ストライプ柄の爽やかなワークシャツを主役に構成した大人カジュアルスタイルです。バンドカラータイプのアイテムなので、首周りがスッキリとした印象に。インナーには柔らかな色味のスウェットをチョイスし、リラックス感のある着こなしに仕上げています。

ルーズになりすぎないよう、下半身はブラックで統一して引き締め。裾にかけて徐々に細くなるテーパードシルエットのパンツをセレクトしているのも、野暮ったく見えないポイントです。