カジュアルスタイルに爽やかさをプラスするアイテムとして最適な「ダンガリーシャツ」。ライトアウターとしてサラリと羽織るもよし、インナーで色を効かせるもよしと、コーディネートのバリエーションが広いのも魅力です。

そこで今回は、ダンガリーシャツのおすすめモデルをご紹介します。選ぶ時にチェックすべきポイントのほか、着こなしの参考になるコーディネート例についても解説しているのでぜひチェックしてみてください。

ダンガリーシャツとは?

By: amazon.co.jp

ダンガリーシャツとは、その名の通り「ダンガリー」と呼ばれる生地から作られたシャツのこと。ダンガリー生地とは縦糸に白系の糸、横糸に色味のある糸を用いた綾織物を指します。

見た目はデニムと似ていますが、デニム生地は糸の使い方がダンガリー生地と逆。縦糸にインディゴなど色味のある糸、横糸に白糸を用いて織られます。ダンガリーシャツは白糸の色が強く出るため、デニムシャツに比べて色が淡いのが特徴です。

ただし、最近では生地の種類に関わらずインディゴカラーのシャツ全般を指して「デニムシャツ」と呼ぶことも。ブランドによっても呼び名が異なるなど、境界が曖昧になっているのが実情です。

ダンガリーシャツの選び方

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

カジュアルなダンガリーシャツの代表といえるのが、ワークシャツのデザインをベースとしたアイテム。両胸にポケットがあり、動きやすいよう設計されているのが特徴です。古着のような加工が施されているモノも豊富に揃っています。

アメカジ好きの方なら、ウエスタンシャツのデザインを取り入れたアイテムもおすすめ。肩周りのヨークが、クラシックな雰囲気を演出します。スナップボタンを採用しているのもウエスタンシャツの特徴です。

また、ダンガリーシャツを大人らしく着こなしたい方は、ドレスシャツタイプのアイテムをチェックしてみましょう。1枚で着てもきれいめにまとまり、ジャケパンスタイルのインナーとしても重宝します。

サイズ感・シルエットをチェック

By: amazon.co.jp

サイズ感やシルエットは、着回しのしやすさや見た目の印象を大きく左右する重要なポイントです。ダンガリーシャツの汎用性をより活かすなら、ベーシックなレギュラーフィットのアイテムがおすすめ。1枚で着るのはもちろん、サッと羽織ったり、インナーとして取り入れたりと、あらゆる着こなしに対応できます。

逆に、タイトなアイテムできれいめにまとめたい、ビッグシルエットのアイテムでルーズにコーデしたいなど、着こなしのイメージが明確な場合は目的に合ったモノを選ぶのもアリ。着こなしの幅はやや限定されるものの、レギュラーフィットのアイテムでは出せない新鮮さをコーデにプラスできます。

色味をチェック

By: amazon.co.jp

ダンガリーシャツは色の淡いモノが一般的ですが、ブランドによってはデニムシャツに近い濃色のアイテムも展開しています。手持ち服との相性や、着用する季節を考慮しつつ、コーデしやすい色味のモノをチョイスしましょう。

淡色のダンガリーシャツは爽やかな雰囲気で、春夏のコーディネートに最適。シンプルなインナーにサッと羽織るだけで様になり、ちょっとした外出にも重宝します。

反対に、濃色のダンガリーシャツは秋冬に取り入れるのがおすすめ。暑さの残る秋口にはライトアウターとして、冬にはニットやコートの下にレイヤードするインナーとして活躍します。

ダンガリーシャツのおすすめモデル

リーバイス(LEVI’S) クラシックウエスタンダンガリーシャツ

リーバイス(LEVI'S) クラシックウエスタンダンガリーシャツ

大人のアメカジスタイルを楽しみたい方におすすめの1着です。デザインは、ウエスタンヨークや両胸のポケット、スナップボタンなど、ウエスタンシャツの基本ディテールを踏襲してクラシックな印象に。サイズ感はタイトに仕上げられているため、都会的な着こなしにもマッチします。

汎用性が高く、特にカジュアルの定番ボトムスであるデニムやチノパンとの相性は抜群。カラーバリエーションが豊富なので、季節や着こなしに合わせてカラーの異なるモノを揃えるのもおすすめです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) ダンガリーシャツ

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) ダンガリーシャツ

オーガニックコットンを採用したこだわりのデニムを数多く展開する「ヌーディージーンズ」のおすすめダンガリーシャツです。素材はもちろんコットン100%。天然素材ならではの肌触りのよさが実感できます。

インディゴ糸と白糸がそれぞれに存在感を示す、表情豊かな生地の質感も魅力。Tシャツ×ダンガリーシャツ×チノパンのような定番カジュアルコーデも、どこか洗練された雰囲気に仕上がります。デザインだけでなく、素材感や肌触りにもこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

エーグル(AIGLE) プリマロフトダンガリーシャツ

エーグル(AIGLE) プリマロフトダンガリーシャツ

機能性・実用性を追求するモノ作りに定評のある「エーグル」からは、高機能素材を採用したこだわりのダンガリーシャツがリリースされています。「プリマロフト社」が開発した撥水糸から作られたダンガリー生地は吸汗速乾性に優れ、快適な着心地が持続。汗ばむ季節もノンストレスで着用できます。

また、ワークシャツのディテールを踏襲しつつ、現代的なカジュアルスタイルに取り入れやすいモダンなデザインに仕上げている点も本製品の特徴。カラーは爽やかなライトブルーとシックなダークネイビーの2色展開です。

アバクロンビー アンド フィッチ(Abercrombie & Fitch) 長袖ダンガリーシャツ

アバクロンビー アンド フィッチ(Abercrombie & Fitch) 長袖ダンガリーシャツ

ウォッシュ加工によって生み出される、着古したようなくたっとした表情が魅力のおすすめアイテム。着用したての頃からヴィンテージの風合いが楽しめます。

襟を省いたノーカラータイプのアイテムなので、ベーシックな襟付きのダンガリーシャツと比べ、よりカジュアルに着こなせるのも本製品の特徴です。1枚でざっくりと着こなすもよし、ハイネックインナーとのレイヤードで襟元の表情の変化を楽しむもよし。一歩進んだおしゃれを目指す方は、ぜひチェックしてみてください。

ベンデイビス(BEN DAVIS) ダンガリーシャツ

ベンデイビス(BEN DAVIS) ダンガリーシャツ

アメリカのワークウェアブランド「ベンデイビス」のダンガリーシャツは、男らしいスタイリングにマッチするおすすめアイテム。ややゆったりとしたシルエットながら、レギュラーサイズなのでラフになりすぎず着こなせます。また、シンプルなインナーにサッと羽織るだけで出かけられる気軽さも魅力です。

左胸のポケット上には、デザインのアクセントとなるブランドロゴワッペンを配置。裾付近にはベンデイビスのアイコンであるゴリラのイラストが描かれたブランドタグもあしらわれています。

キャバリア(CavariA) 日本製スタンドカラー長袖ダンガリーシャツ

キャバリア(CavariA) 日本製スタンドカラー長袖ダンガリーシャツ

大人らしく、かつトレンド感のある着こなしが叶うおすすめの1着です。ゆったりとしたビッグシルエットが、リラックスした雰囲気を演出。タイトなボトムスと合わせてYシルエットを作れば、簡単に好バランスなコーデが完成します。

襟元はスタンドカラーで、落ち着いた印象に。シンプルなデザインながら、シルエットやディテールで変化を出すことで新鮮なアイテムに仕上がっています。ベーシックなダンガリーシャツを既に持っている方も、ぜひチェックしてみてください。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) ダンガリー ショートワイドシャツ

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) ダンガリー ショートワイドシャツ

洗練されたアイテムが揃うセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」が、オリジナル製品としてリリースしたダンガリーシャツ。カジュアルさを抑えた大人らしい雰囲気が魅力です。着丈がやや長めで、タックインとタックアウトでは着こなしの印象が大きく異なります。

ウォッシュ加工を施した淡いブルーのダンガリー生地は、爽やかさ抜群。1枚でサラリと着ても、アウターの下に着込んでも映えます。スラックスと合わせてきれいめに着こなすほか、ジャケパンスタイルのハズしアイテムとして投入するのもおすすめです。

エルアールジー(LRG) DUNGAREE SHIRT

エルアールジー(LRG) DUNGAREE SHIRT

ストリート系のファッションアイテムを扱うブランドとして人気を集める「エルアールジー」のダンガリーシャツは、どこかポップな雰囲気。カラフルな縞模様のボックスをあちこちにあしらった遊び心のあるデザインが、個性ある着こなしを演出してくれます。

シルエットはややゆったりめ。同じくゆるめシルエットのデニムと合わせれば、こなれたストリートスタイルが完成します。また、上品な素材感を活かし、大人カジュアルに取り入れるのもおすすめです。

エポカウォモ(EPOCA UOMO) ガーゼインディゴダンガリーシャツ

エポカウォモ(EPOCA UOMO) ガーゼインディゴダンガリーシャツ

ダンガリーシャツを大人らしく着こなしたい方におすすめの1着。ほどよく体にフィットする細身のシルエットと、立体的な縦のラインがドレッシーな雰囲気を醸し出します。ブランド名が刻まれたデザイン性の高いボタンも注目ポイントです。

ダンガリーシャツは一般的にカジュアル度の高いアイテムですが、本製品はきれいめスタイルにも難なくマッチ。サラリと羽織るラフなスタイリングでも、どことなく上品にまとまります。

ガス(GAS) kant wy99

ガス(GAS) kant wy99

イタリアの人気デニムブランド「ガス」の定番ダンガリーシャツ。胸ポケットの刺繍や、ブランドロゴ入りのスナップボタンなど、ディテールへのこだわりが感じられる1着です。濃淡のあるグラデーションカラーも目を引きます。

スリムフィットの「KANT」シリーズのアイテムで、背ダーツが入っているため、バックスタイルまでスタイリッシュな印象に。生地が薄めなのでニットの下に着用するインナーとしても重宝します。きれいめカジュアルを格上げするアイテムとして、ぜひ取り入れてみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ロングスリーブダンガリーシャツ

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ロングスリーブダンガリーシャツ

ファッション性と機能性を兼ね備えた、アウトドアブランドならではのおすすめダンガリーシャツ。コットンとポリエチレンの混紡生地には接触涼感機能が付加されており、夏場やアクティブな場面でも涼やかに着用できます。

合わせるアイテムを選ばない、ごくシンプルなデザインも魅力。着回し力が高く、デイリーに活躍します。タウンユースはもちろん、アウトドアスタイルをおしゃれにコーディネートしたい方にもおすすめです。

フィナモレ(FINAMORE) ボタンダウンダンガリーシャツ

フィナモレ(FINAMORE) ボタンダウンダンガリーシャツ

老舗シャツメーカー「フィナモレ」のダンガリーシャツは、カジュアルなアイテムとは一線を画すエレガントな雰囲気が魅力です。スラックスと合わせれば、それだけできれいめカジュアルスタイルが完成。着丈が短めに設計されているため、タックアウトで着用してもおしゃれにまとまります。

襟元はボタンダウンのデザインで、襟の形がキレイに保たれるためジャケパンスタイルのインナーにも最適。ダンガリーシャツの生地感や色味は好きだけど、カジュアルすぎる雰囲気が苦手、という方はぜひチェックしてみてください。

ラコステ(LACOSTE) コットンリネンダブルフェイスリバーシブルシャツ

ラコステ(LACOSTE) コットンリネンダブルフェイスリバーシブルシャツ

1枚でブリーチ・ワンウォッシュの2通りのカラーを楽しめる、リバーシブルタイプのダンガリーシャツ。ワードローブに取り入れれば、着こなしの幅がグッと広がる優秀アイテムです。表裏ともに、デザインはごくシンプル。胸ポケットにあしらわれたラコステのロゴマークも生地と同色でさりげない印象です。

生地の素材は、コットンとリネン。コットン100%のアイテムに比べて涼感がプラスされており、春夏のコーディネートに最適です。

ディッキーズ(Dickies) 綿ダンガリー異素材使いL/Sシャツ

ディッキーズ(Dickies) 綿ダンガリー異素材使いL/Sシャツ

落ち着いた表情のダンガリー生地と、さまざまなチェック柄を組み合わせたパッチワーク生地のコントラストが映える1着です。パッチワーク地はシャツの下部だけでなく、背面側の袖にも配置。斬新な生地使いがおしゃれ心をくすぐります。

素材は綿100%で、汗をかきやすい季節のコーディネートにもぴったり。デザインのインパクトが強いため、コーデの際はほかの部分をシンプルにまとめるのがおすすめです。ひねりの効いたアイテムが好きな方はぜひチェックしてみてください。

ダンガリーシャツのメンズコーデ

肩の力が抜けたこなれカジュアルスタイル

By: wear.jp

オーバーサイズのダンガリーシャツをサラリと着こなしたお手本コーディネートです。ラフさが出すぎないよう、ボトムスにはタック入りのテーパードスラックスを投入。ゆるさと大人らしさのバランスが絶妙に保たれています。

また、落ち着いた配色も大人らしさをアップさせているポイント。ダンガリーシャツ以外の部分はブラックで統一し、シックな印象に仕上げています。おしゃれで、かつノンストレスなゆるめカジュアルは、大人の休日コーデにぴったりです。

センスが光る技ありレイヤードコーデ

By: wear.jp

おしゃれに魅せる工夫が随所に散りばめられた、大人のカジュアルコーディネートです。ダンガリーシャツは、キレイなインディゴカラーを効かせるインナーとして活用。さらにモックネックのカットソーと組み合わせることで、襟元を新鮮な表情に仕上げています。

また、ハイカットスニーカーの存在感を際立たせる足元のスタイリングもおしゃれ。ワイドパンツ×ハイカットスニーカーというボリューミーなアイテム同士を、ロールアップによりバランスよくまとめています。

ダウンベスト×ダンガリーシャツで作る好バランスカジュアル

By: wear.jp

秋やまだ肌寒い春先にダンガリーシャツを取り入れる際、バリエーションのひとつとして押さえておきたいのがダウンベストとの組み合わせ。特にブラックのダウンベストなら、ダンガリーシャツのインディゴブルーが映えてクールな着こなしが完成します。

さらに、デニム・ニット帽・スニーカーをすべてダークカラーでまとめているため、よりダンガリーシャツの存在感がアップ。アイテム1つ1つはシンプルで取り入れやすいモノばかりで、再現性が高いのも魅力です。

ダンガリーシャツをチラ見せして爽やかさアップ

By: wear.jp

コーディネートの脇役としても活躍できるのがダンガリーシャツの魅力の1つです。バスクシャツの襟元、裾からチラッとダンガリーシャツをのぞかせるだけで、コーデの爽やかさがグンとアップ。白シャツをレイヤードした場合と比べ、よりカジュアルな印象にまとまります。

また、レイヤードでしっかりと暖かさをキープしつつ、カラーリングはホワイト×ブルーを軸にして軽快な印象に。さらに、マスタードカラーのアウターを重ね、春らしい華やかな雰囲気もプラスしています。ダンガリーシャツの使い方のひとつとして、ぜひ参考にしてみてください。