サンダルやスニーカーなどラフな履物に頼る機会が多くなる夏。足元を少し上品にまとめたい時には、エスパドリーユをセレクトするのがおすすめです。靴底に麻を用いた涼感のあるデザインで、爽やかな印象をキープできます。

そこで今回は、エスパドリーユのおすすめブランドと人気アイテムをピックアップしました。おしゃれに履きこなすためのコーディネート例もご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

エスパドリーユとは?

履きやすいカジュアルシューズ

By: rakuten.co.jp

涼し気な足元を演出できるエスパドリーユは、夏にぴったりのカジュアルシューズ。多くのアイテムは留め具や靴紐のないスリッポンの形状をしており、スムーズな着脱が可能です。

素材も特徴的で、靴底にはジュートと呼ばれる麻素材が用いられています。通気性が高く、夏に素足で履いても快適です。なかには、足が触れる部分にジュートを採用し、アウトソールに合成底を用いたスニーカーに近い構造のモノも存在。

アッパーには、主にキャンバス地が使われています。しかし、最近では、エスパドリーユの人気の高さからレザーやメッシュなどの素材を採用したアイテムも数多く登場しています。

魅力はこなれ感と爽やかさ

By: amazon.co.jp

サンダルほどラフにならず、大人らしい着こなしにマッチするのがエスパドリーユの大きな魅力。特にアンクル丈のパンツとの相性が良好で、上品かつ爽やかなコーディネートが実現します。

ジャケットを用いたきれいめのコーデにも使えるエスパドリーユですが、フォーマルなシーンでは不向きです。リゾートでのラフな着こなしに合わせたり、街着に合わせるおしゃれ靴として着用したりと、あくまでカジュアルシーン向きの靴であることを認識しておきましょう。

エスパドリーユの選び方

色や柄をチェック

By: rakuten.co.jp

コーデに馴染む落ち着いた色味のモノから、インパクトのある柄を配した個性的なモノまで、エスパドリーユのデザインはさまざま。購入前に自分のワードローブを見返し、手持ち服との相性を考慮しつつアイテムをチョイスしましょう。

どんなコーディネートにも合う汎用性を重視するなら、シンプルな無地のデザインがおすすめ。柄物のシャツやショートパンツとも難なく調和します。カラーはホワイト、ネイビー、ブルーなどが使いやすくおすすめです。

逆に、シンプルコーデのアクセントとして使うならポップなカラーや柄を取り入れたアイテムも検討したいところ。華やかなレッドやオレンジ、夏らしいボーダー柄などが人気です。

かかと部分をチェック

By: amazon.co.jp

通常、かかとを踏んで靴を履くことはあまりないですが、エスパドリーユに限っては問題ありません。もちろんシーンを考慮した上での判断が必要ですが、ちょっとした外出やビーチで着用する場合には、サンダルのような感覚で履けて便利です。

ほとんどのエスパドリーユはかかと部分が柔らかく、つぶして歩けるよう作られています。ただし、素材や構造によってはかかと部分が傷みやすく、いざ普通に着用しようと思ったときにきれいな状態で履けないことも。購入前に、かかとを踏んで歩いても問題ないアイテムかどうかチェックしておきましょう。

エスパドリーユのおすすめブランド

ガイモ(GAIMO)

「ガイモ」は、スペインで1978年に設立されたシューズブランド。エスパドリーユをメインに、靴底にジュートを用いたサンダル、ブーツなどを展開しています。特徴は、ハンドメイドによる優しい風合いと履き心地のよさ。日本では百貨店などでもガイモのアイテムを取り扱っており、注目を集めています。

ガイモ(GAIMO) 切り替えスリッポンエスパドリーユ

大人の足元をさりげなく飾る、上品かつリラックス感のあるデザインのエスパドリーユです。アッパーはスエードの切り替えで素材感を強調。メリハリのあるカラーリングで、コーディネートのアクセントとしても活用できます。

靴底には、涼感があり歩きやすさにも配慮されたジュート巻きソールを採用。接地面には合成底が用いられているため、スニーカーに近い感覚で歩けます。汎用性も申し分なく、ワードローブに加えれば夏のヘビロテアイテムとして活躍する1足です。

ガイモ(GAIMO) バックストラップエスパドリーユ

かかと部分にストラップが付いた、サンダルタイプのエスパドリーユです。甲を覆う生地は、細いストライプ柄で爽やかな印象。ブラック、ベージュと落ち着いた色味がラインナップしています。

また、通常のエスパドリーユはサイズ選びがとてもシビアですが、本製品はバックストラップで調節できるので安心。靴擦れしやすい方にもおすすめです。街履きはもちろん、ビーチやリゾート地での観光にも重宝します。

ガイモ(GAIMO) キャンバスエスパドリーユスリッポン

トロピカルなプリントが目を引く、個性的な1足。無地Tシャツ×ショートパンツやポロシャツ×チノパンのようなシンプルコーデに投入するだけで、グッとおしゃれに仕上がります。

アッパーにキャンバス地、靴底にジュート巻きソールを採用したオーソドックスな仕様。かかと部分が柔らかく、かかとを踏んでの着用も可能です。夏コーデのアクセントとして使えるアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

カスタニエール(Castaner)

エスパドリーユで有名なブランド「カスタニエール」。1927年にスタートした老舗ブランドです。カスタニエールが躍進を遂げたのは1960年代に「イヴ・サンローラン」のエスパドリーユ製作を手がけたことから、一気に人気ブランドの仲間入りを果たしました。

カスタニエール(Castaner) PABLO

スタンダードなデザインで、夏コーデに幅広く対応できるおすすめアイテムです。プルタブのトリコロールカラーが、ほどよいアクセントに。アッパーにはウォッシュ加工が施されたキャンバス地が採用されており、履き始めからこなれた雰囲気が楽しめます。

そして、足元をスッキリと見せてくれる美しいフォルムは、エスパドリーユを知り尽くした老舗ブランドならではの魅力。やや堅苦しさのあるジャケパンスタイルに合わせ、ハズしアイテムとして使うのもおすすめです。

カスタニエール(Castaner) JONATHAN

おしゃれと快適さの両方を実現するエスパドリーユです。デザインはごくシンプルで、合わせる服を選びません。また、アッパーのキャンバス地は吸水速乾性に優れ、汗ばむ夏の蒸れを解消してくれます。

本製品はかかとに芯がないため、踏んで歩くことも可能。その他にも、着脱がスムーズなゴム入りの履き口、歩きやすいラバーの靴底など快適さを向上させる工夫が満載です。

カスタニエール(Castaner) NACHO

カジュアルなエスパドリーユとは一線を画す、ドレス感満載の1足です。コインローファーのデザインとスエード素材を採用したアッパーは、革靴そのもの。春夏のきれいめスタイルにおすすめです。

しかし、あくまでも靴底はエスパドリーユ本来の作りで、通気性やジュートならではの涼感は健在。スマートな外観を保ちつつ、快適な履き心地が実現する優れモノです。オーソドックスなエスパドリーユを既に持っている方も、ぜひチェックしてみてください。

ソルドス(SOLUDOS)

「ソルドス」は、2010年に設立されたシューズブランド。高感度なショップが立ち並ぶニューヨーク・ソーホー地区を拠点とするソルドスには、デザイン性の高いエスパドリーユが豊富に揃っています。インパクトがありつつも華美な装飾ではなく、上品かつ遊び心に満ちたデザインが魅力です。

ソルドス(SOLUDOS) Men’s Derby Lace-Up

シューレースを加えることで、よりカジュアルな表情へと進化したレースアップタイプのエスパドリーユ。その分、サイドが引き締まったフォルムでスタイリッシュさをプラスし、大人顔のアイテムに仕上げています。

カラーは夏コーデに馴染みやすいダークグレーとダークブルーの2色展開。スニーカーと同じ感覚でスタイリングできるため、エスパドリーユに初トライする方でもコーデに取り入れやすくおすすめです。

ソルドス(SOLUDOS) Men’s Dry Martini Smoking Slipper

シンプルかつ印象的な刺繍をアッパーに施した、ユニークなエスパドリーユです。グラスに注がれているのはドライマティーニ。そして、もう片方の刺繍はドライマティーニに添えられるオリーブです。

キャンバス地はストーンウォッシュ加工により、どこか懐かしさのある風合いに。こなれ感のあるオフホワイトの色味は、肩肘張らないカジュアルスタイルと絶妙にマッチします。全体をシンプルに仕上げつつ、大人らしい遊び心を表現したセンス溢れる1足です。

アグ(UGG)

ムートンブーツの大ヒットにより、日本でもお馴染みのブランドとなった「アグ」。ブーツだけでなく、内側にボアを配したモカシンやスニーカーも揃います。なかでも特に着脱が容易で、冷えた足を温めてくれるスリッポンはサーファーを中心に人気です。エスパドリーユもそのひとつとしてラインナップしています。

アグ(UGG) KAS

随所にアグらしさが見て取れる、おすすめエスパドリーユです。履き口には伸縮性のゴムを配し、着脱をイージーに。フットベッドはコルク製で、履き込むほど足に馴染み、耐久性に優れているのが特徴です。

さらに、かかと内側にはアグを象徴するボアを配置し、履き心地をアップ。アッパーデザインはシンプルながら、ヒール部分にのみレザー素材が採用されており、素材感の違いが楽しめます。

サルヴィ(SALVI)

「サルヴィ」は、エスパドリーユの本場であるスペイン生まれのメーカー。最大の特徴は、アッパーからソールまですべてを自社製造している点です。特にソールは、履き心地や歩きやすさを重視しているのが魅力。品質の高さゆえ、多くのセレクトショップから注目を集めています。

サルヴィ(SALVI) エスパドリーユ スエードシューズ

アッパーにスエード素材を採用し、品よく仕上げたエスパドリーユ。キャンバス地に比べて高級感があり、ジャケパンスタイルなどかっちりめの着こなしにも合わせやすい1足です。

足の形に沿ったソールは歩きやすく、長時間履いても快適。リゾート地での散策、観光でも頼りになります。夏だけでなく、春のコーディネートにも取り入れやすいおすすめアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

国内外のおしゃれなアイテムが揃うセレクトショップ「ナノ・ユニバース」。ラインナップしているアイテムの傾向としては、きれいめの着こなしにマッチする都会的なデザインのモノが豊富です。リゾート感が強すぎない、タウンユース仕様のエスパドリーユを探している方はぜひチェックしてみてください。

ナノ・ユニバース(nano・universe) Bevan エスパ

クラシックな雰囲気が香る、きれいめデザインのエスパドリーユ。レザー素材のアッパーが、大人らしい落ち着いたスタイリングをサポートしてくれます。ドレス感を強調するリボンのアクセントもポイントです。

エスパドリーユの活躍時期は基本的に夏ですが、本製品は春やまだ暑さの残る秋口のコーディネートに取り入れるのもおすすめ。アンクル丈のパンツと合わせれば、スマートなフォルムがより際立ちます。

トムス(TOMS)

トムスは、「One for One」のビジネス形態により注目を集めるブランドです。靴が1足購入されるたびに、発展途上国の子ども達に新しい靴を贈る活動を行っています。2010年には、子供たちに100万足以上の靴を贈れるほど大きなプロジェクトへと発展しました。

トムス(TOMS) MENS UNIVERSITY CLASSICS

素朴な表情が魅力のシンプルエスパドリーユは、トムスの定番アイテムです。コロンと丸みを帯びたフォルムが愛らしく、メンズ・レディース問わず人気。本製品はインソールにスエード素材を採用しており、履き心地も良好です。

ストライプを用いたデザインは、夏コーデのワンポイントに最適。総柄でない分控えめな印象で、さりげないおしゃれが楽しめます。コーデに取り入れやすい落ち着いた色味がラインナップしているため、色違いで揃えるのもおすすめです。

リビエラ(Rivieras)

スペイン・コスタブランカで誕生したシューズブランド「リビエラ」。ブーツやドレッシーなシューズまでラインナップしていますが、最も有名なのはスリッポンタイプのスニーカーです。エスパドリーユの基本仕様を踏襲した爽やかなスニーカーは、夏の定番シューズとして多くのファンを魅了しています。

リビエラ(Rivieras) Classic 20℃

幅広いシーンに馴染む、リビエラの定番アイテム。ジュートを巻き付けたエスパドリーユならではの作りはそのままに、タウンユースに洗練されたデザインのシューズへと昇華させています。

クラシックコレクションは、10℃、20℃、30℃とそれぞれの気温に適したアッパーを採用しているのが特徴。本製品は20℃台での着用が推奨されているモデルで、前方にメッシュ、後方にキャンバスが用いられています。優れた通気性で夏を快適に過ごせる1足です。

シップス(SHIPS)

「シップス」は、多くのレーベルを展開する株式会社シップスのメインレーベル。セレクトショップとしてインポートアイテムを扱うほか、ブランドのスタイルを前面に押し出すオリジナルアイテムもラインナップしています。落ち着いたデザイン、色味のアイテムが多く、大人のリアルクローズを見つけるのに最適なブランドです。

シップス(SHIPS) メッシュスリッポン

シンプルなデザインと美しいフォルムで、上品な大人スタイルを演出するシップスのオリジナルアイテムです。細かい編み込みが目を引くアッパーは、通気性も良好。エスパドリーユの本場であるスペインで作られている点にも、こだわりが感じられます。

また、カラーバリエーションの豊富さも本製品の魅力。どんな服にも馴染む定番色が欲しい、またはコーデのアクセントとなるカラーが欲しいというニーズのどちらをも満たすカをラインナップしています。

ケンゾー(KENZO)

「ケンゾー」は、日本人デザイナーの高田賢三氏が設立したファッションブランドです。1970年、パリコレクションにデビューし、独創的なデザインが脚光を浴びました。なかでも、ブランドの定番といえるアイテムが「タイガースウェット」。インパクトのある虎のアイコンは、他にもさまざまなアイテムにあ
しらわれています。

ケンゾー(KENZO) CLASSIC ESPADRILLES TIGER

エッジの効いたデザインが個性的なエスパドリーユです。アッパーにあしらわれた虎の刺繍が、堂々と個性を主張。シンプルコーデに投入すれば、よりその存在感を発揮します。

かかと内側には、柔らかなスエード生地を配置。かかとをつぶし、こなれた印象で履きこなすのもおすすめです。カラーリングによっても印象が異なるため、ぜひお気に入りのカラーがないかチェックしてみてください。

クリスチャンルブタン(Christian Louboutin)

多くの女優、モデルから支持される高級靴ブランド「クリスチャンルブタン」。現在はメンズラインも取り扱っています。同ブランドは、赤いマニキュアを塗ったようなレッドソールが特徴。他の人とかぶらない、特別感のある1足を探している方は要チェックです。

クリスチャンルブタン(Christian Louboutin) CARIO LOUBI FLAT

南国風のパッチがあしらわれた、遊び心溢れるアイテム。シックなブラックのアッパーに、カラフルな色彩が映えます。

靴底は、ジュートソールとレッドソールを組み合わせたクリスチャンルブタンらしい構造。インソールにも斜めストライプの柄を配するなど、見えにくい部分にまで洒落感を醸すディテールが詰め込まれています。ラグジュアリーな雰囲気は、リゾートでの着用にもぴったりです。

メンズにおすすめのエスパドリーユコーデ

カジュアルコーデがグッと大人顔に

By: wear.jp

ビッグシルエットのTシャツにコーデュロイショートパンツ、ニット帽を合わせた夏のカジュアルコーディネート。サンダルやスニーカーだとやんちゃな雰囲気が出てしまうところですが、エスパドリーユならしっかり大人顔に仕上がります。

全体を落ち着いた色味でまとめつつ、エスパドリーユは白をチョイスして足元に軽快さをプラス。履き口のカラーラインもほどよいアクセントを実現しています。

落ち着きのある夏のモノトーンコーデ

By: wear.jp

黒のリネンカーディガンとシルエットのキレイなホワイトデニムを組み合わせた、上品なモノトーンコーデ。かしこまりすぎず、かつきちんとした印象を与えたいデートシーンなどにおすすめです。

アンクル丈のパンツに合わせたのは、レザーアッパーのエスパドリーユ。革靴とは異なる絶妙なきれいめ感があり、こなれた印象にまとまっています。レザーは素足で履くと蒸れそうで心配という方は、外観に響かないインナーソックスを着用するのがおすすめです。

くすみブルーで爽やかさと大人らしさを両立

By: wear.jp

アクティブな大人の休日コーデにおすすめしたい、軽快でおしゃれな着こなし。体温調節がしやすく、海に出かける時にもぴったりです。

ポイントは、カーディガンとエスパドリーユのカラーリング。色味をリンクさせることで全体に統一感が出ています。くすみブルーは主張が強すぎず、かつ無難な印象にもならない優秀カラー。カラーアイテムを取り入れるのが苦手な方も、ぜひトライしてみてください。

ベージュでまとめた洗練アロハコーデ

By: wear.jp

アロハシャツ×エスパドリーユは、夏らしさを前面に出せるおすすめの組み合わせ。どちらもリゾート感の強いアイテムですが、ベージュカラーでまとめることで街着としても違和感のないコーディネートへと昇華させています。

ボトムスには、足首がハッキリと見える短めのアンクルチノパンツをチョイス。大人顔のレザーエスパドリーユと見事にマッチしています。

定番マリンコーデは小物と足元で差をつける

By: wear.jp

ボーダーTシャツにテーラードジャケットを羽織って、ラフさを抑えた大人マリンコーデ。ベーシックなアイテムで構成しつつ、ベレー帽やアンクレットで遊び心をプラスしています。

足元はスニーカーや革靴でも合いますが、エスパドリーユなら洒落感のあるこなれたスタイリングに。定番コーデだからこそ、ぜひ小物や足元でおしゃれに差をつけてみてください。

即おしゃれが叶うセットアップ×エスパドリーユ

By: wear.jp

涼感のある生地で作られたセットアップとエスパドリーユを合わせた、好感度高めの夏コーディネート。全身を白で統一するのは一見難易度が高そうに感じられますが、オフホワイトなら自然で柔らかい印象に仕上がります。

ジャケット×ショートパンツのセットアップは、上下の組み合わせに悩むことなくおしゃれが叶う夏の人気アイテム。上品な雰囲気のエスパドリーユとも相性がよく、即おしゃれな着こなしが実現します。

エスパドリーユの赤を差し色に

By: wear.jp

随所に遊び心のあるアイテムを配置した、洒落感溢れるコーディネートです。夏らしい白地のドットシャツや斜めがけしたサコッシュが軽快な印象を醸し出しています。

そして、最も注目すべきは足元のスタイリングです。もともとアンクル丈のパンツを更にロールアップし、夏らしさを強調。エスパドリーユはアクセントカラーとなる赤をチョイスし、ほどよい個性をプラスしています。